入門

日産自動車

シャーシ 日産自動車のバス製造への関与は、トヨタ自動車と極めて近いものがあります。すなわち、ガソリンエンジンの中型サイズのリアエンジンバスから始まり、ディーゼルエンジンの大型バスの製造を始めるものの、サイズやパワーなどから一部のユーザーにとどまり、大型ディーゼル車メーカーとの系列化の中で、自らは大型バス製造を中止しています。
日産自動車の場合、当初からディーゼルエンジンは民生デイゼル(後の日産ディーゼル)から供給を受けており、日産ディーゼルの大型バスの下位モデルの位置づけでした。
表4-6 日産自動車大型バスの系譜

系譜

日産自動車

表4-6-1 日産リアエンジンバス
年式19541955-19561958-19591959-19621963-19661967-1968
原動機型式
(出力)
NBKE5KE21
(90PS)
UD3
(110PS)
UD3
(120PS)
UD3
(123PS)
UD3
(130PS)
軸距4200mmBU90MBU90MBU492    
4300mm
(フレーム付)
   UR591
NUR591
UR690
NUR690
UR690
NUR690
UR690
NUR690
4300mm
(フレームレス)
     JUR690
JNUR690
JUR690
JNUR690
備考緑文字=中ドア専用シャーシ、下線=フレーム付


日産BU系 コロナ 1954 - 1956
日産UR系 1958 - 1968

日産自動車の系譜
  • 1933(昭和8)年 自動車製造設立
  • 1934(昭和9)年 日産自動車と改称
  • 1937(昭和12)年 ニッサンバス90型製造開始
  • 1944(昭和19)年 日産重工業と改称
  • 1949(昭和24)年 日産自動車と改称
  • 1950(昭和25)年 民生デイゼル工業に資本参加
  • 1966(昭和41)年 プリンス自動車工業と合併
  • 1968(昭和43)年 大型バスの製造を中止
  • 1999(平成11)年 フランスのルノーと資本提携



(注1)
日産コロナについては、現時点で信頼性のある記述が発見できていません。下記の文献等の記述に基づいて仮説としました。
  1. 飯沼信義(2012)「思い出バス120景」によると、日産コロナは1952年にガソリンエンジンのBU90型5両が試作されたのち、1954年に正式販売されたとのこと。試作時は2段窓、正式販売時はバス窓で、いずれも新日国ボディ。
  2. 車史研(1987)「1960年代のバス」の巻末表に、ボンネットバスの項目で1954年にBU90/MBU90の型式がある。また、1955〜56年にMBU492の型式がある。本稿の表はこれを参考にしている。
  3. 佐藤信之(2010)「昭和のバス名車輛」には、MBU92のカタログ、図面が掲載されている。説明文としてNC型ガソリンエンジン搭載とあるが、製造年が1948年と記載されているなど、説明文の信頼性は低い。
(注2)
ジーゼルニュース社発行の「Diesel News」(1959年11月)によると、UR690/NUR690は発表時「ニッサンプラネット」という商品名がついています。

このページのTOPへ

Copyright "Age25". All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.