入門

日産ディーゼル(中型バス)

ボディ+シャーシ 日産ディーゼルが中型車市場に参入したのは、4メーカー中最も遅い1975年のことでした。当時の中型車市場は、自家用がほとんどを占めており、日産ディーゼルでも当初は自家用向けの観光型ボディのみの生産となっていました。
その後、他メーカー同様中型路線バス市場の拡大により路線バス用途の車両をラインナップに加え、また観光バスはデラックス化に対応するなど、バリエーションを増やしています。
型式は登場時からRMを主体とし、1988年に西日本車体専用シャーシの「スペースランナー」を発売、しばらく富士重工製ボディを並行生産されたのち、1995年にRMに統合しています。
ここでは、ボディスタイルの継承などの観点から、1999年までのKC-RMを含めて記述します。
表6-2 日産ディーゼル中型バスの系譜

系譜

日産デRM 1975−

表6-2-1 日産デRM
年式1975-19801980-19831984-19901990-1995
原動機型式
(出力)
ED6
(150PS)
FD6
(150PS)
FD6-T
(175PS)
FE6
(180PS)
FE6-T
(200PS)
FE6
(185PS)
FE6-T
(205PS)
軸距3750mmRM90EK-RM80E    
3850mm  P-RM81E/ER U-RM210ESN/EAN 
4280mm  P-RM81G/GRP-RM81GR
(1987年〜)
U-RM210GSN/GANU-RM210GSP/GAP
4290mmRM90GK-RM80G    
備考末尾R=エアサス(1987〜1990年)、末尾から2文字目A=エアサス(1990年〜) 


日産デRM 第1期 1975−1980
日産デRM 第2期 1980−1983
日産デRM 第3期 1984−1990
日産デRM 第4期 スペースランナー 1990−1995

日産デRB/JM スペースランナー 1988−1995

表6-2-2 日産デRB
年式1988-19901990-1994
原動機型式
(出力)
FE6
(180PS)
FE6-T
(200PS)
FE6
(185PS)
FE6-T
(205PS)
軸距3930mmP-RB80E/P-RB80ER
(P-RB80ET)
 U-JM210ESN/EAN
(U-JM210ETN)
 
4360mmP-RB80G/P-RB80GR
(P-RB80GT/P-RB80GS)
P-RB80GRU-JM210GSN/GAN
(U-JM210GTN/GCN)
U-JM210GAP
備考末尾R,S=エアサス(1988〜1990年)、末尾から2文字目A,C=エアサス(1990年〜)
( )内は路線用低床シャーシ 


日産デRM/JM スペースランナー 1995−1999

表6-2-3 日産デRM/JM
年式1995-1999
原動機型式
(出力)
FE6E
(195PS)
FE6TA
(235PS)
軸距3900mmKC-RM211ESN/RM211EAN 
4280mmKC-RM211GAN/GSNKC-RM250GAN/RM250GSN
KC-JM250GAN
備考末尾から2文字目A=エアサス


このページのTOPへ

Copyright "Age25". All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.