入門

いすゞ自動車(観光タイプ)

シャーシ いすゞの貸切・高速タイプの車両の歴史は、BUの量産に先立って製作された国鉄の高速バス共同実験用の試作車BU20PA(1962年)に始まり、軽合金ボディを持つ高速バス専用車BU30P(1963年〜)を経て、BH(1969年〜)、CRA/CSAへとつながります。
貸切バスには、当初はBUの高出力バージョンを投入することが多かったようですが、CRA/CSAの登場により、路線バス系とは分化しています。
1980年代に「スーパークルーザー」、1990年代に「ガーラ」を登場させ、現在に続きます。
表5-1 いすゞ観光バスの系譜

系譜

いすゞBH 1969−1975

表5-1-1 いすゞBH
年式19691969-19721973-1975
原動機型式
(出力)
V170
(330PS)
V170
(300PS)
8MA1
(315PS)
軸距5600mm  BH21P
5650mm BH20P 
6400mmBH50P  
備考 


いすゞCRA/CSA 1975−1984

表5-1-2 いすゞCRA/CSA
年式1975-19791979-1984
原動機型式
(出力)
10PA1
(295PS)
10PA1
(295PS)
10PB1
(320PS)
軸距5800mmCRA580K-CRA580K-CSA580
6500mmCRA650K-CRA650K-CSA650
備考 


V10ロゴ
いすゞCRA/CSALV219には、V10エンジンを示すロゴマークがあり、車体の前部または後部に取り付けられていました。
このマークの形状によって、製造時期がわかります。

いすゞCRA
V10 初期のCRAは「V10」と表記されており、売り物の「ニューパワー」の文字が小さく入っています。

いすゞK-CRA/CSA
V10SV10SS 1980年以降のK-CRAは「V10S」、K-CSAは「V10SS」と表記されるようです。
なお、このロゴマークは、リアに表記される場合もあります。

いすゞLV
V10SS 1985年から観光バスもモデルチェンジされLVに移行しますが、ロゴの「V10SS」は表記はそのままで、SSの部分の色が緑色に変わりました。

いすゞLV 1985−

表5-1-3 いすゞLV
年式1985-19871987-19901991-1995
原動機型式
(出力)
10PC1-N
(295PS)
10PC1
(330PS)
10PC1-N
(295PS)
10PC1-S
(330PS)
10PD1
(305PS)
10PD1
(355PS)
軸距5450mm  P-LV719NP-LV719NU-LV771NU-LV771N
5800mmP-LV219QNP-LV219Q    
6150mm  P-LV719RP-LV719R(※)U-LV771RU-LV771R
6500mmP-LV219SNP-LV219S    
備考(※)P-LV719R(スーパーハイデッカー)は1986年から


いすゞLV219 1985−1987
いすゞLV719 スーパークルーザー 1986−1990
(注1)
いすゞCRA/CSAについては、ぽると出版(2008)「バスのカタログ17・18 いすゞCRA/CSAシリーズ」(バスラマ109号〜110号連載)の中で詳しく記載されています。

このページのTOPへ

Copyright "Age25". All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.