入門

三菱自動車(観光タイプ)

シャーシ 三菱の高出力車の開発は1962年のAR820に遡り、その後フレームレスのMAR820/870が初期の高速バスに使用されています。本格的な市場展開は1967年のB9系の発売からで、安定した高速性能が評価され、後のMSへと発展しています。
最も大きなエポックとなったのは、1982年に発売されたエアロバスで、シャーシとボディの一体開発と言う手法と優れたボディスタイルから三菱の観光バスのシェアを一気に高めました。
ここでは、MS8系列「ニューエアロバス」が登場する前までのモデルを扱います。なお、B806は路線タイプのところで、「エアロキング」は2階建てバスのところで触れています。
表5-4 三菱観光バスの系譜

系譜

三菱B9 1967−1977

表5-4-1 三菱B9
年式1967-1977
原動機型式
(出力)
8DC2
(265PS)
8DC6
(300PS)
12DC2
(350PS)
軸距5700mmB905NB907N
(1971年〜)
 
6400mm  B906R
(1968〜74年)
6500mm B907S
(1971年〜)
 
備考B906Rは高速バス専用型式。


三菱MS 1976−

表5-4-2 三菱MS
年式1976-19801980-1982
原動機型式
(出力)
8DC4
(265PS)
8DC8
(305PS)
10DC6
(375PS)
8DC8
(275PS)
8DC9
(310PS)
10DC6
(375PS)
軸距5750mmMS512NMS513N K-MS613NK-MS615N 
6400mm  MS504Q
(1974年〜)
  K-MS504R
6500mmMS512RMS513R K-MS613SK-MS615S 
備考青文字=国鉄バス専用型式

年式1982-19881988-19901990-1992
原動機型式
(出力)
8DC8
(290PS)
8DC9
(320PS)
8DC9-T
(350PS)
8DC9
(320PS)
8DC11
(355PS)
8DC10
(335PS)
8DC11
(355PS)
軸距5750mmP-MS713NP-MS715N
P-MS725N
 P-MS715N
P-MS725N
 U-MS716N
U-MS726N
 
6400mm  P-MS735S
(1984〜86年)
    
6500mmP-MS713SP-MS715S
P-MS725S
 P-MS715S
P-MS725S
P-MS729SU-MS726SU-MS729S
備考MS72=独立懸架
青文字=国鉄バス専用型式


三菱MS 第1期 1976−1980
三菱MS 第2期 1980−1982
三菱MS 第3期 1982−1992
エアロクィーン 1988 - 1992

三菱MU エアロクィーンW 1985−1992

表5-4-3 三菱MU
年式1985-19901990-1992
原動機型式
(出力)
8DC9(T6)
(380PS)
8DC9(T6)
(380PS)
軸距6950(5700+1250)mmP-MU525TAU-MU525TA
備考ダブルデッカーのエアロキングはMU515TA


(注1)
ふそうB9については、ぽると出版(2006)「バスのカタログ4〜6 三菱ふそうB9系」(バスラマ95号〜97号連載)の中で詳しく記載されています。

このページのTOPへ

Copyright "Age25". All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.