入門

輸入車

ボディ+シャーシ 日本の観光バスに輸入車が急増したのは、1970年代の終わりごろのことです。この時期、主要な高速道路網が完成し、バス旅行のバラエティ化が進んでいました。観光バスはサロンルーム、トイレ、給湯設備、音響設備の導入などデラックス化・重装備化の一途を辿っていました。また外観的にもハイデッカーや窓の大きいスマートな外観のバスが登場するなど、様々な付加価値が評価される時代になっていました。そういった中で、高速化や重装備に耐えられ、かつハイセンスな外観を持つ外国製バスは、差別化にはもってこいの存在でした。
差別化の主役となったのが2階建てバスで、1980年代初頭に、輸入車による2階建てバスブームが起こりました。2階建てバスは、外観上のインパクトに加え、流行中だった重装備と座席定員を両立できる点が評価され、貸切バスの看板車として全国的に導入が進みます。当初国産の2階建てバスに量産車がなかったことから、すべて輸入車で賄われ、日本向けにカスタマイズされた輸入2階建てバスの普及につながりました。
このブームを発端にして、1980年代には、外観的な差別化の観点から、スーパーハイデッカーやハイデッカータイプも含めた輸入貸切バスが相当数就役しています。

ネオプラン 1979-

バンホール 1982-

ドレクメーラー 1982-

MAN 1983-

メルセデス・ベンツ

ボルボ

イーグル・バス

(注1)
クラリオン(1985)「日本全国2階バス総登場」P.7−8
(注2)
九段書房(1989)「日本のバス1990」のP.23を参考にしました。
(注3)
和田由貴夫(1985)「全解説国産バスと輸入バス」日本のバス1986 P.72-94 にこの時期の輸入バスの状況と意義について、詳しく書かれています。

このページのTOPへ

Copyright "Age25". All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.