入門

ダブルデッカー(2階建てバス)

ボディ+シャーシ 1980年代にダブルデッカーブームが到来し、輸入車が大量に上陸し、更に国産のダブルデッカーも登場しました。当時の観光バス業界は、構造的にはスケルトンバスの登場、外観的にはセミデッカーやフルデッカーなどのインパクトのあるバリエーションの登場、車内設備ではサロンバスの登場など、豪華さや差別化が急速に進んでいました。こういった中で、最大のサイズを誇るダブルデッカーのインパクトは絶大でした。
1979年から西ドイツのネオプランをはじめ200両近いダブルデッカーが輸入され、1984年からは国産のダブルデッカーも加わっています。
しかし、日本の「道路運送車両法保安基準」の下、全高を3.8m以下に抑える必要があるため、1階席、2階席ともに天井が低く居住性が良くないことや、総重量が大きいため3軸を標準とすること、車両コストが高いことなどから、一定数以上の普及はせず、差別化の主流はスーパーハイデッカーへと移ってゆきます。
その結果、日産ディーゼル、日野は短期間で製造を中止し、いすゞはダブルデッカー自体を作らないままこのブームは終焉を迎えました。

日産デ スペースドリーム 1984-1988

表5-12-1 日産デ スペースドリーム
年式1984-1988 1993-19971998-2000
原動機型式
(出力)
RE10
(370PS)
 RF10
(420PS)
RH8
(400PS)
軸距5380mm+1300mm  RG620VRG550VBN
5440mm+1300mmP-GA66T   
備考1993年以降のRGは、ヨンケーレ製ボディを架装した逆輸入車(参考掲載)


日野 グランビュー 1985−1988

表5-12-2 日野グランビュー
年式1985-1988
原動機型式
(出力)
EF750T
(360PS)
軸距5675mm+1300mmP-RY638AA
備考  


三菱 エアロキング 1985-2005 2008-2010

表5-12-3 三菱エアロキング
年式1985-19891990-19951995-19992000-2005 2008-2010
原動機型式
(出力)
8DC9(T6)
(380PS)
8DC9(T6)
(380PS)
8M21
(420PS)
8M21-3
(430PS)
 6M70T4
(420PS)
軸距5700mm+1250mmP-MU515TAU-MU525TAKC-MU612TAMU612TX BKG-MU66JS
備考 


国産の2階建てバス試作車

1980年代の2階建てブームより前に、国産の2階建てバスが存在しています。いずれも2階建て特急電車「ビスタカー」で知られる近畿日本鉄道が所有する車両ですが、初期のものは1960年代に製造されていました。シャーシメーカーはいずれも日野自動車です。
(注1)
ぽると出版(2010)「The King −エアロキングの四半世紀−」によります。

このページのTOPへ

Copyright "Age25". All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.