入門

キャブオーバーエンジンバス

シャーシ キャブオーバーエンジンバス(COE)は、車体前部にエンジンを置いた箱型バスで、つまり、エンジンの上に運転台があることからこう呼ばれます。外観的には車体正面にグリルがあるのが特徴、車内には運転席横にエンジンの張り出しがあるのが特徴です。
戦後の乗客増に対応するため、ボンネットバスと共通のシャーシに箱型バスを乗せたものが主で、当初はボンネットバスからの改造車も多く見られました。しかし、箱型バスの主流がリアエンジンバスになる中で、キャブオーバーバスは9m以下の中型サイズの市場を埋めるにとどまり、またキャブオーバー専用シャーシも一部のメーカーのみに終わりました。
ここでは、1950年代後半以降の主要な車種のみを紹介します。なお、日野、三菱にはキャブオーバーバスのモデルはありませんでした。

車形タイプ

いすゞ自動車

表8-3-1 いすゞキャブオーバーバス
年式1949-195519621962-19651965-1970
原動機型式
(出力)
DA43
(85PS)
DA640
(130PS)
DA640
(130PS)
DA640
(130PS)
軸距4000mm BX721EBXD20EBF20
4300mmBX92BX731EBXD30E 
4400mm   BF30
備考緑文字=中ドア専用シャーシ


トヨタ自動車

表8-3-2 トヨタFB/DB
 
年式1960-19611961-19641965-1970
原動機型式
(出力)
F
(125PS)
2D
(130PS)
F
(130PS)
2D
(130PS)
F
(130PS)
2D
(130PS)
軸距3400mmFC80     
4370mmFB80CDB90CFB80CDB90CFB100CDB100C
4800mm     DB102C
4900mm DB92C DB92C  
5170mm DB95C DB95C DB105C
備考緑文字=中ドア専用シャーシ


日産自動車

表8-3-3 日産キャブスター
年式1956-1958195819591959-19641965-1971
原動機型式
(出力)
NC
(105PS)
NC
(105PS)
NC
(105PS)
KE25
(110PS)
P
(125PS)
P
(130PS)
軸距4300mmE590E591E592ME592E690E690
備考 


民生デイゼル

表8-3-4 民生KB2LC
年式1949
原動機型式
(出力)
KD2
(60PS)
軸距4350mmKB2LC
備考 


(注1)
鈴木文彦(1999)「日本のバス年代記」P.44

このページのTOPへ

Copyright "Age25". All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.