入門その頃のバス

センターアンダーフロアエンジンバス

シャーシ 終戦後の1952年、箱型バスがリアエンジンバスに進化する中で、日野自動車だけはセンターアンダーフロアエンジンバスを登場させました。エンジンを車体後部に置くリアエンジンバスに対し、センターアンダーフロアエンジンバスは、車体中央部の床下にエンジンを吊り下げています。室内がフラットで床面積を最大限に活用できるメリットがあります。
センターアンダーフロアエンジンバスには「ブルーリボン号」の愛称がつけられ、日野の代名詞とも言える商品に育ちました。
しかし、他のメーカーのバスがリアエンジンバスに統一されていく中、日野も1960年にリア(アンダフロア)エンジンのRB10を発表。以後、センターアンダーフロアエンジンバスは比較的小型のバスや都市型バスなどの用途に限定されるようになり、更に1970年代後半に入ると一部の特装車のみにしか見られなくなりました。
ここでは、そんな「ブルーリボン号」の系譜をまとめてみました。

車形タイプ

表8-4-1 日野センターアンダーフロアエンジン車
年式1952-531953-541954-551955-571957-601960-621962-691970-75
原動機型式
(出力)
DS20
(110PS)
DS21
DS22
(125PS)
DS22
(125PS)
DS40
(150PS)
DS22
(125PS)
DS40
(150PS)
DS90
(135PS)
DS60
(155PS)
DS90
(140PS)
DS60
(155PS)
DS60
(160PS)
軸距4300mm   BK10
BK30
 BK11
BK32
 BT10
BT30
 BT11
BT31
BT51
BT71
 
4430mm      BN10
BN30
(1960〜)
 BN11
BN31
   
4800mmBD10
BD30
BD11
BD31
BD12
BD32
 BD13
BD33
 BD14
BD34
 BD15
BD35
  BT100
備考緑文字=中ドア専用シャーシ、下線=フレーム付
エアサス車は末尾P付(BN全車種と、BD14/34以降に存在)

日野BD ブルーリボン号 1952−1963

日野BDは1952年に「ブルーリボン号」の愛称で最初に登場したセンターアンダーフロアエンジンバスの標準型というべき系列。前ドア対応のBD10系列と中ドア専用のBD30系列があります。両者は、ホイールベースは同じですが、全長は異なります。末尾の数字はマイナーチェンジごとに0〜5まで増えていきます。このバリエーションの展開方法は、「ブルーリボン」シリーズ全体を通じて同じです。

元明光バス 日野BD15(1961年式)
BD15

撮影:旅男K様(福山自動車時計博物館 2005.5.22)

前ドア対応シャーシはBD10系列を名乗り、1962年のBD15まで製造されています。エアサス車はBD14/34以降に設定があり、末尾にPが付きます。
ボディはフレーム付で、金沢、新日国が初期の標準で、やがて帝国ボディの比率が増えてきます。
リアエンジンバスのRB10が登場した後、それとサイズ・出力が変わらないBDは生産中止となりました。
写真は金産ボディ。

広島電鉄 日野BD34
BD34

撮影:板橋不二男様(平野営業所 1978)

広島電鉄 日野BD34
BD34

撮影:板橋不二男様(平野営業所 1978)

中ドア専用シャーシはBD30系列を名乗ります。ホイルベースは前ドアシャーシと同じですが、FOHが短い分全長は9.6mに抑えられています。
窓配置の上では、運転席横の横引き窓の前に小型窓がつくのが特徴。この小窓は、ボディメーカー、年式によっては、横引き窓の次位につくこともあります。
エンジンが床下中央部にあるため、非常口はボンネットバスなどと同じで後面につきます。
写真は金産ボディ。

ボディの組み合わせ・・・帝国、金産、新日国、富士、川崎、西工ほか

日野BK ブルーリボンマイナー 1956−1960

日野BK11
BK11

画像:日野自動車公式カタログより

1956年に登場したショートサイズのブルーリボンがBK「ブルーリボンマイナー」です。やはり、前ドア対応と中ドア専用の2種類が設定されています。前ドア対応シャーシには、年式によりBK10BK11があります。
前ドア次位に小窓のつく窓配置が特徴です。

岩手県交通 日野BK32(1960年式)
BK32

撮影:終点横川目様(北上市 2003.11.24)

中ドア専用シャーシは、年式によりBK30BK32があります。
写真は最終年式の車両で、帝国ボディがモデルチェンジにより正面連続窓のスタイルに変わっています。


ボディの組み合わせ・・・帝国、金産、新日国、富士、川崎、西工ほか

日野BN ブルーリボン 1960−1962

長野電鉄 日野BN11(1961年式)
BN11

撮影:飯山市(2010.7.24)

長野電鉄 日野BN11(1961年式)
BN11

撮影:ヒツジさん様(東御市 2004.7.11)

1960年に発売されたフレームレスモノコックボディのセンターアンダーフロアエンジン車。エアサスなどで重量が増すのを防ぐため、フレームレス化することで軽量化を図ったもの。長さは、BDBKの中間程度。
窓配置は「ブルーリボンマイナー」BKと変わりませんが、前ドア車の場合、前ドア次位の小窓の幅が広いため区別がつきます。
写真は金産ボディですが、上の方にあるBDと比べると、正面窓上がヒサシ状になっている点が異なります。この違いはシャーシや年式に関係なく存在するようです。

日野BT 1961−1969

長野電鉄 日野BT10
BT10

撮影:板橋不二男様(1976頃)

1961年にBKをモデルチェンジしBTへ移行しました。1963年にBD,BNが製造中止になると、センターアンダー車はBTのみになり、営業用バスでは短尺車の位置づけとなります。
外観的にBKとの区別は困難ですが、リアエンジンの日野RB10と同じ正面窓が連続窓になったボディへの切り替えがほぼ同時期でした。

伊予鉄道 日野BT51(1968年式)
BT51

撮影:板橋不二男様(松山駅 1977)

長野電鉄 日野BT51(1967年式)
BT51

撮影:板橋不二男様(信州中野駅 1976)

1962年に、これまでBDなどが搭載していた強力形エンジンを搭載したBT51/71が新設されました。
リアアンダーのRBと同じく、一般用、高速用、高トルク用(山岳用)の3種が選択できます。
帝国自工では1964年にボディスタイルのモデルチェンジを行い、後面が箱型に変わります。その場合、非常口は側面最後部につきます。

東武鉄道 日野BT51
BT51

撮影:板橋不二男様(鬼怒川営業所 1973)

こちらは東武鉄道に納入された富士重工製ボディ。
通常の大型車では1962年までに新造を終えているR11型ボディを架装します。中型バスやキャブオーバーバス、ナローボディなど、通常とサイズの異なる車種は、ボディのモデルチェンジを見送る傾向があります。

高知県交通 日野BT31
BT31

撮影:板橋不二男様(高知営業所 1974頃)

広島電鉄 日野BT71(1964年式)
BT71

撮影:板橋不二男様(加計営業所 1978)

日野BTのうち、中ドア専用シャーシがBT31/71です。
長さはBK30系列と同クラスです。写真は金産ボディの一例です。
この時期、ツーマン車は減少傾向にありましたが、狭隘路線や山岳路線用として、特定の事業者には好まれていたようです。


ボディの組み合わせ・・・帝国、金産、富士、西工

日野BT100 1970-1975

群馬中央バス 日野BT100H(1972年式)
BT100H

撮影:里の杜のメルファ7様(1986)

短尺車市場を担ってきたBTは1969年で生産終了となり、1970年以降は主に都市低床車や特装車用に、RE100並の長さを持つBT100が生産されています。これは前年からBT51改として市場に投入されていたものとほぼ同じです。
特に後ろドア部分のワンステップを可能にしたBT100Hは大阪市交通局などに多く導入されています。一部には、更にロングサイズにしたBT100改も導入されています。
しかし、リアエンジンバスによる低床モデルの開発が進んだため、このタイプの路線バスへの導入は1970年代前半でほぼ終わっています。その後は特装車中心になっています。

ボディの組み合わせ・・・帝国、金産

ページ上部へ戻る
メニュー

80s岩手県のバス“その頃”