入門

日野センターアンダーフロアエンジン車

シャーシ 終戦後の1952年、箱型バスがリアエンジンバスに進化する中で、日野自動車だけはセンターアンダーフロアエンジンバスを登場させました。エンジンを車体後部に置くリアエンジンバスに対し、センターアンダーフロアエンジンバスは、車体中央部の床下にエンジンを吊り下げています。室内がフラットで床面積を最大限に活用できるメリットがあります。
センターアンダーフロアエンジンバスには「ブルーリボン号」の愛称がつけられ、日野の代名詞とも言える商品に育ちました。
しかし、他のメーカーのバスがリアエンジンバスに統一されていく中、日野も1960年にリア(アンダフロア)エンジンのRB10を発表。以後、センターアンダーフロアエンジンバスは比較的小型のバスや都市型バスなどの用途に限定されるようになり、更に1970年代後半に入ると一部の特装車のみにしか見られなくなりました。
ここでは、そんな「ブルーリボン号」の系譜をまとめてみました。

車形タイプ

表8-4-1 日野センターアンダーフロアエンジン車
年式1952-531953-541954-551955-571957-601960-621962-691970-75
原動機型式
(出力)
DS20
(110PS)
DS21
DS22
(125PS)
DS22
(125PS)
DS40
(150PS)
DS22
(125PS)
DS40
(150PS)
DS90
(135PS)
DS60
(155PS)
DS90
(140PS)
DS60
(155PS)
DS60
(160PS)
軸距4300mm   BK10
BK30
 BK11
BK32
 BT10
BT30
 BT11
BT31
BT51
BT71
 
4430mm      BN10
BN30
(1960〜)
 BN11
BN31
   
4800mmBD10
BD30
BD11
BD31
BD12
BD32
 BD13
BD33
 BD14
BD34
 BD15
BD35
  BT100
備考緑文字=中ドア専用シャーシ、下線=フレーム付
エアサス車は末尾P付(BN全車種と、BD14/34以降に存在)


日野BD ブルーリボン号 1952−1963

日野BDは1952年に「ブルーリボン号」の愛称で最初に登場したセンターアンダーフロアエンジンバスの標準型というべき系列。前ドア対応のBD10系列と中ドア専用のBD30系列があります。両者は、ホイールベースは同じですが、全長は異なります。末尾の数字はマイナーチェンジごとに0〜5まで増えていきます。このバリエーションの展開方法は、「ブルーリボン」シリーズ全体を通じて同じです。

日野BK ブルーリボンマイナー 1956−1960

日野BN ブルーリボン 1960−1962

日野BT 1961−1969

日野BT100 1970-1975

このページのTOPへ

Copyright "Age25". All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.