入門その頃のバス

ボンネットバス(シャーシ編)

シャーシ ボンネットバスは、エンジンが運転席の前のボンネット部分に収納されているバスで、自動車としては標準的な形状を持っています。しかし、バスに関しては、収容力向上の目的から、終戦後の1950年代から箱型バスが主流になったため、1960年代以降にはほとんど作られなくなっています。
ここでは、主に1960年代に製造されたボンネットバスについて、シャーシメーカー別に解説します。
BH14 ボンネットバスのシャーシはエンジン部分をそのカバーとともに製造されるため、いわゆるボンネットの部分はボディとつながっているもののシャーシとなります。そのため、ボンネットの形状を見ることにより、シャーシメーカー、シャーシ型式などを見分けることができます。
右写真は、日野BH14のカタログに掲載されていたシャーシの写真です。多くの場合、ボンネットバスのシャーシとボンネットトラックのシャーシには共通性が高く、同じ時期に製造されたバスとトラックのボンネット形状はほとんど同じです。

車形タイプ

いすゞ自動車

いすゞでは、1948年にディーゼルエンジンを使用したバス専用シャーシのボンネットバスBX91を発売しています。翌年にはホイールベースを延長したBX95も発売し、大型化への布石としています。
その後、エンジンの改良や高出力化などを行いながら、BXは1962年にBXDと名前を変え、1967年まで製造されています。
また、トラックシャーシを流用した4輪駆動のTSDもあり、最終的には1979年までボンネットバスが製造されています。

いすゞBX系
表8-1-1 いすゞ BX系ボンネットバス
年式1948-19521952-19531953-19541955-1956
原動機型式
(出力)
DG32
( PS)
DA43
(85PS)
DG32
(90PS)
DA45
(90PS)
DG32
(105PS)
DA48
(100PS)
DG32
(105PS)
DA48
(100PS)
軸距4000mm      BX43BX41
4300mmBX80BX91BX81BX91BX81BX91BX81BX91
5000mm BX95
(1949〜)
BX85BX95BX85BX95BX85BX95
備考 
年式1956-19571958-19591959-19611961-19621962-1967
原動機型式
(出力)
GA110
(105PS)
DA110
(105PS)
DA120
(118PS)
GA110
(105PS)
DA120
(120PS)
DA120
(125PS)
DA640
(130PS)
DA640
(130PS)
軸距4000mmBX231BX131BX331BX231BX331BX521BX721BXD20
4300mmBX241BX141BX341BX241BX341BX531BX731BXD30
5200mmBX251
BX252
BX151
BX152
BX351
BX352
BX251
BX252
BX352BX552BX752BXD50
備考 
いすゞBX (1952〜55)
九州自動車博物館 いすゞBXD20(1967年式)
BXD20

撮影:小野澤正彦様(由布市 2009.11.29)

いすゞBXは、終戦後にTX型トラックシャーシをベースに開発されたボンネットバスシャーシで、改良を重ねながら約20年間にわたって生産されました。
写真の車両は後年に製造された車両ですが、改造により初期のボンネットを取り付ける改造を行ったものです。1952年から、ボンネット下部にメッキグリルが付きました。また、初期の車両はラジエーターグリルの目が細かいのが特徴です。

いすゞBX (1955〜59)
元札幌市交通局 いすゞBX95(1955年式)
BX95

撮影:小野澤正彦様(札幌市交通資料館 2010.8.21)

1955年から前と横のグリルが大きくなると同時に数を減らしています。
1956年にマイナーチェンジが行われ、3桁数字の型式になりました。ガソリンエンジンがBX200番代、ディーゼルエンジンの低出力がBX100番代、高出力がBX300番代に区分されました。

いすゞBX500・700・BXD (1959〜64)
東濃鉄道 いすゞBXD30(1965年式)
BXD30

撮影:恵那駅(2005.11.3)

1959年からディーゼルエンジン車に統一され、BX500系列となりますが、この時にボンネットの形状を変更しました。正面にはメッキグリルが付きます。
1961年にはエンジン型式の変更によりBX700系列へ移行、1962年には型式呼称の変更によりBXDとなりました。

いすゞBXD (1964〜67)
四国交通 いすゞBXD30(1966年式)
BXD30

撮影:小野澤正彦様(三好市 2008.10.13)

1964年に箱型バスと同時に前照灯4灯化が図られ、近代的なフロントグリルになりました。メッキグリルの形状も変更されています。
いすゞBXDは1967年には最終車両の生産を終えているようです。

いすゞTS系
いすゞTS11は1951年に開発された初の4輪駆動のトラックシャーシで、1952年にはバスに架装されて富士山麓電気鉄道に納車されています(注1)
その後、悪路を走行する自衛隊や営林署などに納車されたほか、岩手県北自動車や山形交通など積雪の山岳路を走る路線バスとしても導入例があります。これらは、通常のボンネットバスが生産終了した後も、その特殊なニーズから生産が続けられました。
岩手県北自動車 いすゞTSD40(1968年式)
TSD40

撮影:小野澤正彦様(宮古市 2011.7.22)

TSは1962年に他のいすゞ車同様にTSDと型式を変えています。ボンネットの形状は武骨な角型のまま変わりません。
1979年まで生産されたバスがあります。また、代替となる車両がない分、遅くまで現役で活躍し、保存された例も多く見られます。

トヨタ自動車

トヨタ自動車では中型のガソリンエンジンのボンネットバスを得意としていましたが、1957年にディーゼルエンジンを開発し、DB型を発売します。一部のトヨタユーザーには好まれたものの、ボンネットバス市場自体の縮小と、トヨタ自動車でのバス事業の縮小の中で、1970年までには製造を終えています。

表8-1-2 トヨタボンネットバス
年式1949-19511951-19541954-19551955-1957
原動機型式
(出力)
B
(82PS)
F
(95PS)
B
(85PS)
F
(95PS)
B
(85PS)
F
(105PS)
B
(85PS)
F
(105PS)
軸距4370mmBLFLBYFYBBFBBB60FB60
備考 
年式1957-195819591960-19641965-1970
原動機型式
(出力)
F
(105PS)
D
(110PS)
F
(110PS)
D
(110PS)
2D
(130PS)
F
(125PS)
2D
(130PS)
F
(130PS)
2D
(130PS)
軸距4370mmFB75DB75FB75DB75DB85FB80DB90FB100DB100
4800mm        DB102
4900mm DB70 DB70DB80 DB92  
5170mm      DB95 DB105
備考(※)F型エンジンは1961年に125PS→130PS

トヨタFY/BY (1952〜54)
元山梨交通 トヨタFY(1951年式)
FY

撮影:川上村(2011.11.5)

1951年頃から、トヨタのボンネットバスのライト周りは、丸みのある独特の形状になります。
ちょうどFY/BYの時期に当たるようです。

トヨタFB/DB (1954〜60)
自家用 トヨタFB60
FB60

撮影:七飯町(2012.4.21)

1954年のFB登場の時から、フロントグリルの形状が、丸みを維持したままシンプルなものに変わりました。ライト間のプレス形状は、下が広がった台形のような形で、その上部にTOYOTAのロゴが入ります。
トヨタのボンネットバスにディーゼルエンジンが加わるのは1957年のDB70からです。

トヨタFB/DB (1960〜64)
トヨタ博物館 トヨタFB80(1963年式)
FB80

撮影:小野澤正彦様(トヨタ博物館 2010.6.11)

1960年に若干マイナーチェンジし、写真の形状になりました。内側のプレス形状も外側に合わせたカーブを描き、フォグランプを内側に配置しています。

トヨタFB/DB (1964〜70)
福山自動車時計博物館 トヨタDB100(1967年式)
DB100

撮影:シンコー様(福山市 2008.8.13)

1964年に、FA100型トラックのモデルチェンジに続いて、バスもモデルチェンジによりDA100系列となり、4灯の角張ったフロントグリルに変わりました。
トヨタの公式サイトによると1975年まで生産されていたことになっています。

日産自動車

日産自動車では戦前の1937年に90型を製造して以来、ガソリンエンジンのボンネットバスを作り続けてきましたが、戦後はディーゼル化の波の中で、三菱と民生デイゼルからエンジンの供給を受けてディーゼルエンジンのボンネットバスを製造。中型サイズに特化して、1960年代末期まで製造されました。

表8-1-3 日産ボンネットバス
年式1956-1957195819591960-1969
原動機型式
(出力)
UD3
(100PS)
NC
(105PS)
KE21
(90PS)
UD3
(110PS)
NC
(105PS)
KE21
(90PS)
UD3
(120PS)
NC
(105PS)
KE21
(110PS)
UD3
(120→130PS)
軸距4300mmU590590M590U591/U592590M590U592592M592U690
5000mmUG590G590 UG591/UG592G590MG590UG592G592MG592UG690
備考UD3は1963年に123PS、1967年に130PSに出力強化 

日産590 (1956〜59)
元千曲バス 日産G590改(1958年式)
G590

撮影:旅男K様(福山自動車時計博物館 2005.5.22)

日産のボンネットバスはフロントグリルが2枚に分かれた独特の外観を持っています。1953年頃から金属製の飾りが付き、1956年頃から写真のような形状に変わりました。

日産690 (1960〜67)
自家用 日産U690(1964年式)
U690

撮影:小野澤正彦様(佐原市 2008.11.15)

1960年よりガソリンエンジンと三菱製エンジンはなくなり、日産ディーゼル供給のUD3型エンジンに一本化され、型式も690番代に変わりました。
この時、グリルの形状も変わり、縦目4灯の個性的なスタイルになりました。

日産590 (1967〜69)
日産UG690(1967年式)
UG690

画像:日産自動車公式取扱説明書(1967年発行)

1967年よりグリル形状が再度変わり、縦目から横目になりました。
この時期のバスとしての製造はほとんどありません。1969年には生産が終了しています。

日野自動車

日野自動車では、終戦後にトレーラーバスの製造を行うなど、大型バスを得意としています。1950年に発表されたBHは、堂々としたボンネット形状が独特で、1964年までスタイルを変えずに製造されました。(一部例外的に1966年まで製造)

表8-1-4 日野ボンネットバス
年式1950-19511952-195419551956-19571958-19601961-1966
原動機型式
(出力)
DS10
(110PS)
DS11
(110PS)
DS12
(125PS)
DS12
(125PS)
DS30
(150PS)
DS12
(125PS)
DS30
(150PS)
DS50
(155PS)
軸距4500mmBA10
(1951〜)
BA11BA12BA13 BA14  
5000mmBH10BH11BH12 BH13 BH14BH15
5500mm BF10
(1953〜)
BF12     
備考 

元上毛電気鉄道 日野BH15(1966年式)
BH15

撮影:日野オートプラザ(2005.3.26)

日野では1950年から大型ボンネットバスBH系の製造を始め、エンジンの改良を続けながら1960年代中頃まで製造されました。通称「剣道面」と呼ばれるボンネット先端の形状が特徴です。
大型車であったため、リアエンジンバスへの代替が可能であったことから、早くに生産終了となりました。

三菱自動車

三菱では終戦後にボンネットバスの製造を再開し、ガソリンエンジンのB1、ディーゼルエンジンの大型バスB2を製造、1950年からはB20系列へと発展しています。
日野自動車とともに大型のボンネットバスが得意分野であるため、リアエンジンバスの普及とともに市場が狭まり、1961年にボンネットバスの製造を中止しています。

表8-1-5 三菱ボンネットバス
年式1949-19551955-19581958-19591960-1961
原動機型式
(出力)
DB5
(130HP)
DB7
(130HP)
DB31
(155PS)
DB31
(165PS)
軸距4500mmB23(1950〜)B260B360B360
5220mmB25B280B380B380
5600mmB24(1950〜)B270B370B370
備考 

三菱B20 (1950〜55)
自家用 三菱B25(1950年式)
B25

撮影:旅男K様(置戸町 2012.6.24)

三菱では1946年にガソリンエンジンのB1を、1949年にディーゼルエンジンのB1Dを製造開始し、大型のディーゼルエンジンのボンネットバスの市場を開拓しました。
続いてB20系列が登場し、最大級のB24では全長11m級という大型のボンネットバスでした。
外観的には、メッキの装飾がついたグリルと、どっしりとした大きなフェンダが特徴です。

三菱B200/300 (1955〜61)
三菱B380
B380

画像:三菱ふそう自動車公式パンフレット(1960年発行)

1955年ごろにB200系列にモデルチェンジを図り、以降はボンネットのグリル形状が変わっています。
1958年にDB31型エンジン搭載にモデルチェンジを行い、B300系列になったものの、大型車のため早くに箱型バスにその役目を譲り、1961年で生産終了となりました。

民生デイゼル

民生デイゼル工業では、1950年に大型のボンネットバスの製造を始めたものの、日産ディーゼル工業になった直後の1961年までに製造を中止しており、大型車メーカーのボンネットバスの中では、比較的影の薄い存在です。
ホイルベース5mクラスで強力型エンジンを搭載した大型モデルと、日産自動車シャーシに自社エンジンを搭載する小型モデルの2種類に分類できます。
ボンネットの形状は四隅にRを持つ縦長のグリルを2本並べた優美なスタイルでしたが、1952年頃には日産自動車とよく似たスタイルに変わりました。なお、1955年には大型のB系のみ、剣道面スタイルに形を変えています。(注2)

表8-1-6 民生ボンネットバス
年式1950-19511951-19541955-19591960-1961
原動機型式
(出力)
KD2
(60PS)
KD3
(90PS)
KD2
(70→80PS)
KD3
(105PS)
UD3
(110PS)
UD4
(150PS)
UD4
(165PS)
軸距4200mm     B70SB70S
4300mmBS22 BS23(1952〜)
BS24(1953〜)
 BS60  
4350mm KB3L BN32   
4500mm     B70B70
4800mm   BN33(1952〜)BS70  
5000mm     B80B80
5300mm KB3B BE31(1952〜)   
備考 

民生 B80
B80

画像:民生デイゼル工業公式カタログ(1956年発行)

1955年に民生の大型ボンネットバスは搭載エンジンをUD4型にモデルチェンジするとともにB80となりました。ボンネットの形状は、鼻筋部分が若干傾斜した剣道面に変わりました。
なお、同時にモデルチェンジを行ったUD3型エンジンの小型車は、日産自動車と同じボンネット形状のまま推移しています。

(注1)
村上龍雄(1996)私の知っているバス達≪いすゞ自動車≫P.31
(注2)
ポルト出版(2012)UDマークのバス達
ページ上部へ戻る
メニュー

80s岩手県のバス“その頃”