入門その頃のバス

日野自動車(9m車)

シャーシ 日野の9mサイズのリアエンジンバスは、1967年に登場したRD100が最初です。これまでこのクラスは、センターアンダーフロアエンジンの「ブルーリボン・マイナー」が担ってきましたが、大型バスがリア・アンダーフロアエンジンのRB系に切り替えられるのを追うように、このクラスもリアエンジンに切り替えられました。
その後もモデルチェンジを経て製造は続けられましたが、市場自体が小さいせいもあって、あまり目立つ存在にはならないまま終了しています。

日野RD 1967−1984

表4-13-1 日野RD
年式1967-19761976-19791980-1984
原動機型式
(出力)
DS70
(140PS)
EH300
(160PS)
EH700
(170PS)
軸距4300mmRD100RD300K-RD301
4800mmRD120(1969年〜)  
備考 
日野RD 第1期 1967−1976
自家用 日野RD100
RD100

撮影:山梨県(1980.5.17)

日野で初めての9mサイズのリアエンジンバスがRD100で、10mサイズのRE/RCより一足早く登場しています。
当初はヘッドライト2灯で、非常口も中央部にあるなど、RB/RCの特徴も併せ持っていました。1970年からRE/RCと同じ、角型ライドベゼルの4灯になりました。
車体スタイルはRE/RCと共通で、帝国ボディと金産ボディが主体です。

1969年に長尺のRD120が追加されていますが、RE100とあまり変わらない長さなので、普及はしていません。
RDはエンジン縦置きで、後面のエンジン通気孔は2カ所あります。
帝国ボディの場合、非常口窓は固定窓になります。

岩手県交通 日野RD120(1971年式)
岩22か16

撮影:花巻営業所(1985.8.27)

徳島バス 日野RD100
RD100

撮影:吉野川市(2013.3.2)

自家用 日野RD100(1969年式)
RD100

撮影:ヒツジさん様(伊那市 2004.7.4)

金産ボディの一例です。RE/RCの場合と同様に、側面の折り戸や最後部三角窓の形状が帝国自工と異なります。また、非常口窓がスタンディウィンドウつきになっているほか、側面の窓割が細かくなっている点などに特徴があります。

ボディの組み合わせ・・・帝国、金産、西工

日野RD 第2期 1976−1979
川中島バス 日野RD300(1977年式)
RD300

撮影:大町営業所(1989.3.6)

1976年にRDはモデルチェンジによりRD300となりました。長尺車は廃止されています。
外観的には、日野車体のサッシ窓のボディになったほか、左側面のエンジン通気孔がなくなり、後面のエンジン通気孔は一つになりました。
側面最後部の固定窓の幅が広いのがこの型式の特徴です。

自家用 日野RD300(1978年式)
RD300

撮影:上士幌町(2016.6.19)

自家用 日野RD300(1978年式)
RD300

撮影:一関市民様(衣川村 2003.9.22)

1978年からの日野ボディは正面ヒサシが浅いスタイルになりました。

ボディの組み合わせ・・・日野、西工

日野RD 第3期 1979−1984
弘南バス 日野K-RD301(1982年式)
RD301

撮影:弘南黒石駅(1985.3.20)

弘南バス 日野K-RD301(1982年式)
RD301

撮影:弘南黒石駅(1985.3.20)

昭和54年排ガス規制を受け、K-RD301にマイナーチェンジされました。大型車K-RE101などと同様に、後面のエンジン通気孔がなくなるなどの外観的変化があります。

ボディの組み合わせ・・・日野、西工

日野RK 1984−1990

表4-13-2 日野ブルーリボンRK
年式1984-1990
原動機型式
(出力)
H07C
(175PS)
軸距4350mmP-RK172BA
備考 

自家用 日野P-RK172BA
RK172A

撮影:一関市民様(国見平温泉 2003.10.5)

自家用 日野P-RK172BA
RK172A

撮影:一関市民様(衣川荘 2003.10.4)

1984年にそれまでのRDに代わってスケルトンボディのRKが登場しました。中型車をベースに大型車のボディを乗せた9m車は、やはり一部の事業者にしか普及しませんでした。
特にこのブルーリボンRKの場合、同じクラスのRT/RU17系が1986年に登場し、並行生産されており、1990年までカタログ上は残されていたものの、生産数は大幅に減っています。

ボディの組み合わせ・・・日野

日野RT/RU17 1986−1990

表4-13-3 日野RT/RU17
年式1986-19901990-1994
原動機型式
(出力)
H07C
(180PS)
H07D
(195PS)
軸距4400mmP-RT174AA/RU174AAU-RU3HJAA
備考RT=リーフサス、RU=エアサス

越後柏崎観光バス 日野P-RT174AA(1989年式)
RT174A

撮影:樋口一史様(栃尾車庫 2004.9.15)

1986年から、9mサイズの新型式の生産が始まりました。エンジン出力、車両サイズともにRKより若干アップグレードされているほか、エアサス仕様も設定されています。
ボディは大型車のHT/HUと同じスタイルで、後面は丸みがあり、1987年には側窓の縦寸法が拡大されています。
1990年に平成元年排ガス規制に対応してU-RU3HJAAにモデルチェンジされました。

ボディの組み合わせ・・・日野

中鉄バス 日野U-RU3HJAA
RU3HJAA

撮影:岡山駅(2011.11.3)

参考までに、1990年以降のU-についてもお見せします。
通常の大型車と同様、正面方向幕周りの形態が変わりました。
1994年に平成6年排ガス規制に対応し、KC-RU1JJCAにモデルチェンジが行われています。
なお、このRUという型式は、縦置きリアエンジンバスのエアサス車を指し、1994年以降のHIMRにも継承されています。

ボディの組み合わせ・・・日野

(注1)
日野9m車については、ぽると出版(2008)「バスのカタログ16 日野RD、ブルーリボンRK」(バスラマ108号)の中で詳しく記載されています。
ページ上部へ戻る

80s岩手県のバス“その頃”