入門

日野自動車(9m車)

シャーシ 日野の9mサイズのリアエンジンバスは、1967年に登場したRD100が最初です。これまでこのクラスは、センターアンダーフロアエンジンの「ブルーリボン・マイナー」が担ってきましたが、大型バスがリア・アンダーフロアエンジンのRB系に切り替えられるのを追うように、このクラスもリアエンジンに切り替えられました。
その後もモデルチェンジを経て製造は続けられましたが、市場自体が小さいせいもあって、あまり目立つ存在にはならないまま終了しています。

日野RD 1967−1984

表4-13-1 日野RD
年式1967-19761976-19791980-1984
原動機型式
(出力)
DS70
(140PS)
EH300
(160PS)
EH700
(170PS)
軸距4300mmRD100RD300K-RD301
4800mmRD120(1969年〜)  
備考 


日野RD 第1期 1967−1976
日野RD 第2期 1976−1979
日野RD 第3期 1979−1984

日野RK 1984−1990

表4-13-2 日野ブルーリボンRK
年式1984-1990
原動機型式
(出力)
H07C
(175PS)
軸距4350mmP-RK172BA
備考 


日野RT/RU17 1986−1990

表4-13-3 日野RT/RU17
年式1986-19901990-1994
原動機型式
(出力)
H07C
(180PS)
H07D
(195PS)
軸距4400mmP-RT174AA/RU174AAU-RU3HJAA
備考RT=リーフサス、RU=エアサス


(注1)
日野9m車については、ぽると出版(2008)「バスのカタログ16 日野RD、ブルーリボンRK」(バスラマ108号)の中で詳しく記載されています。

このページのTOPへ

Copyright "Age25". All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.