入門

帝国自工→日野車体

ボディ 帝国自動車工業は、日野系列の車体メーカーで、戦後は日野のセンタアンダフロアエンジンバス「ブルーリボン」の開発などでともに歩んできました。同じ日野系列の金産自動車工業とは提携関係にありました。
帝国自工の歴史は1916年に設立された合資会社脇田車体工業所に遡ります。戦後に航空機製造からバスボディ製造を始めたメーカーが多い中で、大正時代からバスボディを製造してきた歴史を持つのは異色です。1930年に脇田自動車工業と改称、1937年には帝国自動車工業と改称され、その名称が長く続きました。1975年に金産自動車工業と合併して日野自動車工業となり、名実ともに日野自動車の車体部門となりました。
ボディスタイルの特徴は、おとなしめのデザインと言えるでしょう。スケルトン構造を真っ先に世に送り出したメーカーではありますが、構造面はともかくとしてスタイリングでの冒険は少ないようです。
国鉄の指定車体であったことから、日野系列化が進む中でも国鉄バスに限って1983年までいすゞ車にも架装しています。

1959−1964

1964−1967

1967−1976

1976−1978

1978−1983

1982−1983

1984−1985

1985−2000

1985年には、RT・RUが販売中止となり、HT・HUのみに統一されますが、その際にボディのマイナーチェンジが行われています。観光タイプと同様に後面に丸みがつくスタイルになっています。
初期形 1985−1987
中期形 1987−1990
後期形 1990−2000

帝国自工・日野車体の系譜
  • 1916(大正5)年 脇田自動車工業所設立
  • 1930(昭和5)年 脇田自動車工業と改称
  • 1937(昭和12)年 帝国自動車工業と改称
  • 1975(昭和50)年 帝国自動車工業と金産自動車工業が合併し、日野車体工業設立
  • 2004(平成16)年 いすゞバス製造とともにジェイ・バスに合併

日本のバス1988
帝国自工について詳しい本
帝国自工について詳しく記載した書籍をご紹介します。
モータービークル臨時増刊として発刊された「日本のバス1988」で、帝国自工から日野車体にかけての歴史を27ページほどの特集記事にまとめています。
戦前からバスボディ製造を始め、国鉄バス(省営バス)へ様々な試作的ボディを納入、戦後は日野ブルーリボンのボディやスケルトンバスなど新たな試みを行っていたことが分かります。

このページのTOPへ

Copyright "Age25". All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.