入門

西日本車体

ボディ 西日本車体は西日本鉄道系列のボディメーカーで、北九州市に本社を置いており、近畿地方から西で多く見られるのが特徴です。また、特定のシャーシメーカーと系列関係を持たないため、主要4メーカーのシャーシに架装しているのも特徴になっています。
側窓下にRのあるスタイルが長く定着していましたが、1983年以降は比較的特徴のないスケルトンタイプに移行しています。その一方で、ユーザー系列なので大手メーカーの意向に縛られないことなどから、新しい試みの導入に積極的で、特に1990年代以降、夜行高速バスや低床路線バスの分野で他社にない製品を送り出しています。
なお、1980年代末期から、型式によっては日産ディーゼルの指定ボディになり、2003年から富士重工に代わりすべての日産ディーゼルのバスの指定ボディとなりました。その関係で全国的な展開を見せるようになりましたが、2010年に日産ディーゼルからの発注が中止されることを受け、事業を終了しました。

1961−1964

1964−1966

1966−1978 66MC

1978−1983 78MC

1983−1996 58MC


西日本車体の系譜
  • 1946(昭和21)年 西日本車体工業設立、バスボディ製造に着手
  • 2003(平成15)年 日産ディーゼルの指定メーカーになり、日デ車を全受注
  • 2007(平成19)年 三菱ふそうのOEM生産開始
  • 2010(平成22)年 日産ディーゼルからの発注中止に伴い、事業停止

西工の軌跡
西日本車体について詳しい本
西日本車体について詳しく記載した書籍をご紹介します。
バスラマスペシャルとして1冊にまとめられたこの本は、西日本車体が事業を終了するのに合わせるかのように出版されました。
西日本車体のバス製造の歴史や、関係者やスタッフの思い出話など、まるで社史のようにまとめられた1冊です。
(注1)
西日本車体は参考文献によると、78MCのようにモデルチェンジの年号を用いた車体名称を持っていますが、これは社内呼称であり、銘板等はもちろん車体に表記される種のものではありません。ただし、複数の書籍で用いられていることから、それなりに知られており、また年号にリンクするため分かりやすいことから本文中でも用いることにしました。
なお、このほかに、各年代のモデルを横断的に路線バスタイプはB型と呼ぶようです。

このページのTOPへ

Copyright "Age25". All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.