入門

三菱ボディ

ボディ 三菱自動車工業は、分社や合併を繰り返していますが、ボディメーカーとシャーシメーカーの系列化が進む前、ボディとシャーシを一貫して製造する唯一のメーカーだったと言えます。当初はトヨタやいすゞへの架装例もありましたが徐々に減り、トヨタのバス製造終了により三菱のみになりました。
同じ三菱自動車のシャーシに架装するメーカーに呉羽自工がありますが、呉羽とは大型バスでは共存の関係にあります。一方中型車の車体は呉羽が担当し、三菱では製造していません。
三菱のスタイルは、他メーカーとは一線を画した独特の展開をしているように見えます。丸みを持ったボディを長く製造するなど、路線バスでは他メーカーの後追いでモデルチェンジをする傾向があります。その一方で1982年のエアロバスに見られるような流行の流れを大きく変えるバスを発売する思い切りも見られます。
なお、呉羽自工の三菱子会社化などの流れの中で、1998年にはバスボディの製造を三菱自動車バス製造(旧呉羽)に集約し、本体でのバスボディ製造は中止されています。

1955−1963

1963−1964

1964−1967

1967−1975

1976−1978

1978−1984

1984−1996 エアロスターM


三菱ボディの系譜
  • 1950(昭和25)年 三菱重工業が3社に分割。東日本重工業、中日本重工業、西日本重工業となる。バスボディ製造は中日本重工業へ
  • 1952(昭和25)年 中日本重工業が新三菱重工業と改称
  • 1964(昭和39)年 合併により三菱重工業となる。同社名古屋自動車製作所が引き続きバスボディ製造を担当
  • 1970(昭和45)年 三菱重工業から三菱自動車工業が独立
  • 1996(平成8)年 大型路線バスボディを系列の三菱自動車バス製造(旧呉羽)へ集約
  • 1998(平成10)年 すべてのバスボディを三菱自動車バス製造へ集約し、バスボディ製造から撤退

(注1)
三菱ボディのボディ名称は参考文献によると、1953〜55年のパノラミックウィンドウを持つK2型、1955〜58年の台形の正面窓を持つK3型、1958〜67年のフレームレスモノコックボディに対応するK4型、1967〜78年のヒサシつきになったG4型、1978年にフルモデルチェンジを図ったB35型などがあります。
これらのボディ名称は、記号や数字の関連性がよく分からないことや、呼び方として一般化しているとは言えないことなどから、本文中では触れていません。

このページのTOPへ

Copyright "Age25". All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.