入門

呉羽自工

ボディ 呉羽自動車工業は富山県にあるバスボディメーカーで、三菱自動車の系列であり、かなり早くから三菱自動車のシャーシにのみ架装するようになっています。三菱自動車では自社でもボディを製造しており、大型車では両社は競合の関係にあります。(中型車は100%呉羽自工が担当しています。)
呉羽のボディは三菱ボディと同じ基本スタイルですが、モデルチェンジが三菱ボディの後追いで行われることが多いほか、呉羽のほうが垢抜けないスタイルに見えます。こういった点では、日野自動車における帝国自工と金産自工との関係によく似ていると言えます。
1977年に完全に三菱自動車の系列となり、1985年に新呉羽自動車工業と改称、三菱自動車との関係をより深めています。その後、1993年に三菱自動車の100%子会社になるとともに三菱自動車バス製造(MBM)と改称、1998年からは三菱のバスボディすべてを製造する会社へと発展しています。

1955−1958頃

1958−1963


呉羽自工の系譜
  • 1944(昭和19)年 呉羽航空機を呉羽工業と改称し、バスボディ製造に着手
  • 1950(昭和25)年 呉羽自動車工業に改称
  • 1956(昭和31)年 三菱ふそう自動車(後の三菱自動車販売)と提携、三菱ふそうの標準ボディメーカーとなる
  • 1986(昭和61)年 新呉羽自動車工業と改称
  • 1993(平成5)年 三菱自動車バス製造と改称
  • 1998(平成10)年 三菱自動車工業より大型バスの製造を全面移管
  • 2003(平成15)年 三菱ふそうバス製造と改称

日本のバス1986
呉羽自工について詳しい本
呉羽自工について詳しく記載した書籍をご紹介します。
モータービークル臨時増刊として発刊された「日本のバス1986」で、呉羽自工の歴史を22ページほどの特集記事にまとめています。
終戦後に製造された貴重な写真から、三菱ボディに寄ったり離れたりしながら発達してきた様子が分かります。

このページのTOPへ

Copyright "Age25". All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.