入門

金産自工

ボディ 金産自工は、石川県金沢市に本社を置くバスボディメーカーで、戦後に航空機製造の技術を生かしてバスボディの製造を開始しました。主に日野車のボディに架装しています。同じ日野車に架装する帝国自工とは、スタイルに徐々に歩み寄りが見られ、1967年以降のボディではほとんど共通になっています。もっとも細部が異なり若干垢抜けないところなどは、三菱ボディと呉羽自工との関係にもよく似ています。
1975年に帝国自動車工業と合併し、日野車体工業となり、名実ともに日野自動車のボディメーカーとなりました。ここでは、日野車体になるまでのボディについて解説します。日野車体になってからのものは、帝国自動車工業の項をご覧ください。

1961−1964

1964−1967

1967−1975

日野車体への合併

日野車体工業

1975年4月に、金産自工は帝国自工と合併し、日野車体工業になります。
これにより、旧金産自工(日野車体金沢工場)は中型バス、小型バスを専門に製造する工場に役割分担されました。これに対して、旧帝国自工(日野車体横浜工場)は大型バスに特化されます。(注1)

金産自工の系譜
  • 1946(昭和21)年 金沢産業、バスボディ製造を開始
  • 1964(昭和39)年 金産自動車工業と改称
  • 1975(昭和50)年 帝国自動車工業と金産自動車工業が合併し、日野車体工業設立
  • 2004(平成16)年 いすゞバス製造とともにジェイ・バスに合併

金沢ボデーのアルバム
金産自工について詳しい本
金産自工について詳しく記載した書籍をご紹介します。
バスラマエクスプレスのNo7として2002年に発行された「金沢ボデーのアルバム」で、1冊76ページの特集本にまとめられています。
終戦直後に航空機材料のジュラルミンを使用して製作したバスボディから、トレーラーバス、センターアンダーフロアエンジンバスなど日野車のボディ製作の歴史などに触れ、巻末には1946〜75年の間のバス生産リストを掲載しています。
(注1)
1975年4月の日野車体工業設立により、これまでの帝国自工(日野車体工業横浜工場)は大型バスを、金産自工(日野車体工業金沢工場)は中型・小型バスを生産するよう役割分担がなされました。この経過時期にも車体は継続生産されていたため、どこからが日野車体による製造なのかは、明確ではありません。
kuri様によると、札幌市交通局に1975年4月に導入された大型バス(RE100)は帝国自工製、小型バス(BM320)は日野車体製であったとのことです。また、この日野車体製のBM320は、帝国自工の図面を継承していたとのことです。

このページのTOPへ

Copyright "Age25". All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.