入門

川崎車体(路線バス)

ボディ 川崎車体のバスボディ製造は、終戦後の1948(昭和23)年に川崎重工系の川崎航空機が製造したことから始まります。航空機製造の技術を生かしたバス製造を原点としています。いすゞ自動車との関係性が深く、モデルチェンジやマイナーチェンジはいすゞ自動車のシャーシに合わせて行われる傾向があります。
いすゞのほか、日野、三菱、トヨタなどへの架装も見られましたが、1972年以降いすゞのみに架装する車体メーカーとなりました。
デザインの特徴としては、先進的な思い切ったデザインを発表することが多く、好むユーザーが多い反面、一部には敬遠するユーザーもあったようです。
1986(昭和61)年にいすゞ自動車と共同出資によるアイ・ケイ・コーチに移行し、その後、1995(平成7)年にいすゞバス製造と改称し、2004(平成16)年には日野車体工業とともにジェイバスに合併され、発展的解消を遂げました。

1956−1959

1960−1964

1964−1965

1965−1972

1973−1980

1980−1984

1984−2000 キュービック

1984年にいすゞのLV登場と合わせて車体のフルモデルチェンジを実施、キュービックスタイルになりました。正面窓が下辺にカーブを描いた1枚ガラスとなり、両脇に縦長のセイフティウインドウを配した象徴的なスタイルになっています。
後発であるだけに、これまでの他メーカーの発表した新ボディに比べて細部まで丁寧にデザインされているように見えます。
いすゞLVはこのボディを架装することを前提に「キュービック」の愛称で登場しました。
2000年にいすゞ「エルガ」にモデルチェンジされるまで、基本的にこのボディスタイルで製造されています。本稿では基本的に1980年代までのバスを扱いますが、基本スタイルを継承しているため、2000年までの推移にも触れます。

シャーシの組み合わせ・・・いすゞ

初期形 1984−1990
中期形 1990−1995
後期形 1995−2000

川崎車体の系譜
  • 1948(昭和23)年 川崎航空機岐阜製作所でバスボディ第1号を生産
  • 1969(昭和44)年 川崎重工業に合併
  • 1974(昭和49)年 川重車体工業として独立
  • 1986(昭和61)年 いすゞ自動車と川崎重工業の共同出資によりアイ・ケイ・コーチ(IKC)設立
  • 1995(平成7)年 いすゞバス製造と改称
  • 2004(平成16)年 日野車体工業とともにジェイ・バスに合併

日本のバス1990
川崎車体について詳しい本
川崎車体について詳しく記載した書籍をご紹介します。
モータービークル増刊として1989年に発行された「日本のバス1990」です。この本に30ページほどを裂いて、「川崎航空機からアイ・ケイ・コーチへ」という川崎車体の40年ほどの歴史について、代表的な車両写真を添えて記述しています。
川崎車体は、終戦直後からアメリカ車の影響を受けた斬新な視野拡大窓の車両を製作していたり、1964年のモーターショー出品車は正面方向幕を既に窓ガラスに内蔵する形態をとっていたり、常に新しいボディスタイルを追求していたことが分かります。
(注1)
上記の「日本のバス1990」などによると、このボディは1964年の東京モーターショーに出品されたものをベースにしており、社内呼称「KBX」というそうです。

このページのTOPへ

Copyright "Age25". All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.