入門その頃のバス

北村製作所(観光バス)

ボディ 北村製作所の観光バスタイプのボディは、1966〜74年の間に見られましたが、生産数はそう多くないようです。帝国自工などと同じく、正面を傾斜窓にしてスピード感を持たせたタイプと、路線タイプの窓を拡大したタイプとが並行生産されたようです。

1966 − 1974

群馬バス 日産デ5RA104(1968年式)
5RA104

撮影:板橋不二男様(伊香保営業所 1973.4.23)

群馬バス 日産デ5RA104(1968年式)
5RA104

撮影:板橋不二男様(伊香保営業所 1973.4.23)

高速バスの黎明期にスピード感を出すために正面に傾斜窓を採り入れた観光タイプが各ボディメーカーで作られましたが、北村製作所でも、それに類するボディスタイルが見られました。
車体断面は路線タイプボディと変わりませんが、正面窓に傾斜をつけ、後面は丸形になっています。

諏訪バス いすゞBU10KP
BU10KP

撮影:茅野営業所(1989.3.21)

1966年にモデルチェンジした路線バスタイプの正面窓を大型化したタイプ。後面は路線バスタイプと同じ形です。
写真の車両は、側面窓が傾斜メトロ窓で、側面最後部に縦長の固定窓があるのが特徴。

BU10KP

撮影:茅野営業所(1989.3.21)

ページ上部へ戻る

80s岩手県のバス“その頃”