入門

ボディとシャーシには複数の組み合わせがありました

ボディ+シャーシ 現在ほどボディメーカーの系列化が進んでいなかったため、一つのボディメーカーで複数のシャーシに架装していることが多く、ボディを見ただけでシャーシを見分けるのは困難でした。
ここでは、まず1960〜70年代を中心に見られたボディとシャーシの組み合わせを一覧にしてみます。系列化が進むことにより、その組み合わせは徐々にシンプルになってゆきます。
ボディメーカー シャーシメーカー 備考
川崎車体

川重車体

いすゞ自動車 指定車体
日野自動車工業 1972年まで
三菱自動車工業 1972年まで
トヨタ自動車 1972年まで
富士重工

富士重工

日産ディーゼル工業 指定車体
いすゞ自動車  
日野自動車工業  
三菱自動車工業  
日産自動車 1968年バス製造中止
トヨタ自動車 1974年バス製造中止
帝国自工→日野車体

帝国自工

日野自動車工業 指定車体
1975年以降の日野車体は系列
いすゞ自動車 1983年まで
最後は国鉄のみ
金産自工
(1975年に日野車体に合併)

金産自工

日野自動車工業 指定車体
日産ディーゼル工業 1972年まで
三菱自動車工業 1972年まで
日産自動車 1968年バス製造中止
三菱ボディ

三菱車体

三菱自動車工業 同一会社
トヨタ自動車 1967年まで
呉羽自工

呉羽自工

三菱自動車工業 指定車体
日野自動車工業 1967年まで
北村製作所

北村製作所

いすゞ自動車  
日産ディーゼル工業 1974年頃まで
三菱自動車工業 1972年まで
西日本車体

西日本車体

日産ディーゼル工業  
いすゞ自動車  
日野自動車工業  
三菱自動車工業  
トヨタ自動車 1974年バス製造中止
(注1) 会社名は、標準的なものを記載しています。幾度か社名変更を経ている会社もあります。
(注2) ボディとシャーシの組み合わせは、大方昭和40年代以降(1965年以降)を基本に記載。

このページのTOPへ

Copyright "Age25". All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.