世界文化遺産と冬の雨(後編)

話はちょっと戻りますが、伏見さんからサルベージの予定を聞いた私は、さっそく富士吉田市のビジネスホテルを予約し、サルベージには前泊で望むことを決めました。大体いつも、彼らのサルベージは仙台から夜通し走ってくるので、開始が朝早くになります。早起きが苦手な私は、自宅から富士宮市まで早朝に向かう自信がなかったのです。
しかし、前日に伏見さんに聞いた集合時間は6時30分と、予想以上の早い時間。同じ富士山の麓とは言っても、富士吉田市と富士宮市は富士山を挟んで真逆の方角。軽く1時間はかかります。せっかく「無料朝食」付ホテルに泊まったにもかかわらず、朝食を諦め、6時前にホテルを出ざるを得ませんでした。
まだ暗い国道139号線を走り出し、近くのセブンイレブンでセブンカフェの100円コーヒーを購入し、焼きとうもろこしの長渕剛風看板の前を通過し、空が白み始めた頃に山梨交通BUの廃車体付近を通過し、集合時間には間に合わなかったものの、サルベージ開始前に現場に到着することができたのでした。
(写真は、特記したものを除き、富士宮市で2014年2月2日に撮影)

手順4:車内の整理

手順5:セルフローダーに積み込む

手順6:運搬

おまけ:伏見さんがバンコクで・・・

2月の半ば頃、伏見さんはタイのバンコクへ行ったそうです。
多分、サルベージとは全く関係のない用事で行ったのだと想像しますが、バスの写真もほんの少し撮ってきていただけましたので、ご紹介します。
(注1)
ポンコツ屋 赤木様によると、この車両は新車時には茨城の事業所に配備され、数年で富士宮に転籍したそうです。活躍期間は短く、昭和40年代のうちに引退し、しばらくは山の中で休憩所代わりに使われ、その後に払い下げられました。エンジンオーバーホール実施から日が浅く、完全実働コンディションだったとのことです。

Alacarte

このページのTOPへ

Copyright "Age25". All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.