北緯40度の風景

大船渡バスセンターの謎

県都盛岡市に「盛岡バスセンター」が開設されてから、岩手県内の各地区に「バスセンター」の名前を持つ施設が数々誕生しています。その中の一つに「大船渡バスセンター」というのがあったのですが、私が岩手県にいた頃すでにその施設は存在せず、路線図を頼りに行ってみると「サンリアショッピングセンター」というバス停しかありませんでした。
そしてもう一つ、「盛(さかり)バスセンター」というのもあったという記述も見たことがあり、何がどこにどのように存在したかという事実は、分からずじまいでした。

大船渡バスセンターと盛バスセンター

1977年時点での方向幕の表示内容の色々

大船渡と盛との関係

大船渡バスセンターとはどんな場所だったのか

地図へ
(注1)
大船渡バスセンターについては、わんこ様を通じて、アミーゴ様や関係者の方々の情報をもとに整理しました。
(注2)
幣サイト掲示板過去ログのくにまん様(2002.10.5)によると、大船渡バスセンターは1965年に開業しており、2階はボウリング場になっていたそうです。
(注3)
鈴木文彦(2004)「岩手のバスいまむかし」によると1949年に岩手県南自動車の気仙営業所(後の大船渡営業所)が開設されたとのこと。

北緯40度の風景

Alacarte

このページのTOPへ

Copyright "Age25". All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.