称名寺の銀杏

六義園の紅葉を観に行くつもりだったところ、新型コロナの感染が拡大しているので遠出はあきらめた。代わりに実家に近い称名寺へ行ってみた。

予想通り、人出は少なく、のんびりと色鮮やかな銀杏を眺めることができた。

小さな小さな赤ちゃんを抱いて散策している夫婦がいた。訊いてみるとまだ4ヶ月という。

娘が生まれたときには小金井公園のそばに住んでいた。毎週末、公園を散歩していたので、季節のめぐりがよくわかった。

自分にもあんな時代があったと懐かしく思い出した。

称名寺の裏には小高い丘の「市民の森」が広がっている。小学生の頃、ぐるっと歩いて金沢文庫駅まで戻った。あの時は父と一緒だった。

朝、遅く出てきたので境内を歩いているうちに昼近くになった。金沢文庫の展示は見ずに帰ることにした。

バスで金沢文庫駅に戻り、上大岡へ出て、百貨店でカキフライ定食を食べた。

秋が深まってきた。


称名寺 経蔵 称名寺の銀杏 称名寺、擬宝珠と銀杏 称名寺の銀杏 銀杏、逆光 銀杏の落ち葉 称名寺、阿字が池と太鼓橋 称名寺の椿