土を掘る 烏兎の庭 第三部
表紙 > 目次 > 箱庭  > 前月  >  今月  >  翌月

2007年10月


10/6/2007/SAT

ほどほどかげんの幸せ暮らし、ももせいづみ、オレンジページ、2006

日経新聞夕刊、生活面の連載が9月末で入れ替わった。5年間続いたという水曜日のももせいづみ「快適くらし予報」も連載終了。

連載が終わるので単行本を探したのではなかった。毎週、あたりまえのように読んでいてあえて単行本を探すこともなかった。ふと、連載が本になっているか調べて、読んでみたら、ちょうど連載終了の告知があった。

ももせの文章は、本の題名どおり、ほどほどかげんがいい。生活コラムにありがちな説教調や、私はこれで成功しましたという調子でもない。むしろ、小学生の作文のように私はこれからこうしたいで締めくくることが多いくらい。教えるにしろ伝えるにしろ、読者を見下したような態度の書き手が多いなかでは、へりくだった文章はよく目立つ。

「私はこれで上手くいきました」式の文章もある。ももせは、願いを紙に書くこと、公開すること、周りと共有することをすすめる。本では本文でもあとがきでも、それから連載の最終回でも、このことが繰り返されている。

私がかなえたい願いごとは何だろうか。

これまで何度か考えながら、言葉にはしてこなかったけど、本を作ってみたいと思う。本の書くのでもなければ、本を出すのでもない。本を自分で作ってみたい。

来年はちょうど年齢も区切りの年になる。この5年間に書いた文章から、気に入ったものを集めて紙に印刷して、表紙ではさんで、装丁をつけてみたい。

ももせのアイデアがほんとうに効くものかどうか、ここに書いて試してみることにする。

写真は、雑木林に差し込む西日。


表紙 > 目次 > 箱庭  > 前月  >  先頭  >  翌月

uto_midoriXyahoo.co.jp