イタリア中部(南西)のロマネスク
                
           (トスカーナ/ウンブリア)
            Toscana/Umbria            
            
     
     イタリア中部(南西)の県

  
TOSCANA
     
1 Massa-Carrara (Massa)
     
2 Lucca
     
3 Pisa
     
4 Pistoia
 
     5 Prato
     
6 Firenze
     
7 Arezzo
      8 Siena
       
     9 Grosseto    
    10 Livorno      

  
UMBRIA
     
1 Perugia
     
2
Terni
     
   ここでも勝手にイタリア中部(南西)と名
  付けただけで、別段厳密な規定をしたわけで
  はない。エミリア・ロマーニャ州とマルケ州
  を併せた地域とは、アペニン山脈によって仕
  切られたその南西地方、と御理解頂きたい。
   この地域には、イタリアのルネサンス芸術
  を代表するフィレンツェ、ピーサ、シエナ、
  アッシジなどという魅力的な町が密集してお
  り、中世の芸術と宗教の中心地として栄えて
  きた歴史が奥深い。
   特にトスカーナは著名なワインの産地でも
  あり、旅する喜びを約束されている。
   イタリアならではの様式も見られ、ロマネ
  スク最大の魅力でもある多様な美意識を満喫
  するためのテキストには事欠かない。





            ピアン・ディ・スコの教区教会

 
                  Pieve di Santa Maria
                    Pian di Scó
               
Arezzo / Toscana
 
         

                   
     ルッカ
ドゥオーモ
       Lucca/Duomo
   
                          2 Lucca (Toscana)  

        
     城壁に囲まれた旧市街では、中世以降都市国家と
  して繁栄したルッカの栄光の面影を見ることが出来
  る。大聖堂以外のロマネスク教会だけでも、後述の
  聖ミケーレや聖ジョヴァンニ、聖シモーネ、聖アン
  ドレア、聖アレッサンドロ、聖ジュスト、聖フレデ
  ィアーノ等等、枚挙に暇無しである。

   聖堂は11〜13世紀に、聖マルティヌスに捧げ
  て建てられた。正面のファサードには、ピサ様式の
  最大の特徴である小円柱で構成された三段の小歩廊
  が設けられている。色大理石による細部の装飾には、
  洗練された意匠を見ることが出来る。

   三つの大きなアーチを構える玄関間とも言うべき
  柱廊が、もう一つの特徴を示している。アーチが左
  右非対称となっているのは、右側にそびえる13世
  紀の鐘塔の存在が影響しているらしい。
   柱廊内部の扉口には、聖マルティヌスの逸話など
  を描いた13世紀の素晴らしいレリーフが飾られて
  いる。
   ファサード以外の聖堂建築は、残念ながらゴシッ
  ク以降のものである。

   聖十字架伝説を生んだ「聖なる顔」と呼ばれる十
  字架像は身廊内の廟に飾られている12世紀の彫刻
  で、東方に起源を持つと考えられている。
        

       
  
     ルッカ聖ミケーレ・イン・フォロ教会
       Lucca/Chiesa di San Michele in Foro
   
                          2 Lucca (Toscana)
                   
        
     ローマ時代からの古い広場に面して、この大理石
  の堂々とした聖堂が建っている。
   ファサードは勿論だが、内陣、側壁、鐘塔、外陣
  全てがロマネスク様式のまま残されているので、ピ
  サ・ルッカ様式を最も顕著に残す建築の一つとされ
  ている。

   ファサードは四層の小柱廊や大理石の象嵌細工で
  飾られており、前に立って見上げる者を圧倒する。
   その高さが異常だが、本来はその高さまでの身廊
  を建設する予定であったらしい。現在の三層以上は、
  見せ掛けファサードのような感じである。

   写真の側壁は、上部に設けられた小歩廊と、下部
  の連続する盲アーチ列で飾られており、音楽が聴こ
  えてきそうな程の躍動感に満ちている。
   その奥に、ロンバルディア帯と小アーチで飾られ
  た、白亜の鐘楼が建っている。どうやら、ルッカの
  建築家は、壁面を石積みだけのままにしておくこと
  が出来なかったようだ。

   内部は見かけよりは質素な三廊式バシリカ聖堂で
  あり、落ち着いたロマネスクの静けさが感じられて
  嬉しかった。
          

   
  
     ピサドゥオーモ
       Pisa/Duomo
   
                          3 Pisa
(Toscana)  
        
     観光的にも著名なこの建築群を、ロマ
  ネスク様式という概念で御覧になる方は
  少ないかもしれない。
   しかし、手前の洗礼堂、大聖堂、そし
  て斜塔として知られる鐘楼と並ぶ、白亜
  の伽藍が創出する引き締まったような美
  しさの前では、そうした持って回ったよ
  うな様式論は無用、ということなのかも
  しれない。
   洗礼堂壁面のゴシック装飾以外は、い
  ずれも11〜12世紀に着工されたピサ
  様式と呼ばれるロマネスク建築である。
   連続する小円柱が作る装飾空間、多色
  大理石の組み合わせによる変化に富んだ
  壁面や幾何学模様にその特徴があるが、
  そうした表面的な装飾を無視して、純粋
  な建築の構造と平面プランだけを眺めて
  みると、そこには泰然たるロマネスク建
  築の姿が浮かび上がって来るのだった。
   その著名さと装飾過多が嫌いで取り上
  げなかったのだが、サルデーニャでピサ
  様式の魅力を知り、遅まきながら再認識
  したというのが“今更ながら”の理由な
  のである。
          

       
  
     ピサ(グラード)聖ピエトロ・ア・グラード教会
       Pisa (Grado)/Chiesa di San Pietro a Grado
   
                          3 Pisa (Toscana)  
        
        
     ピサの町の中心から西南に6キロ行くと、
  そこはもう見渡す限りの田園地帯である。
   聖ペテロがアンティオキアから来た船か
  ら上陸したと伝えらる場所に建てられた、
  三廊式のバシリカ聖堂である。

   聖堂内は博物館のようになっており、床
  下の基礎となった古代ローマの建物や初期
  キリスト教聖堂の遺構を、ガラス越しに眺
  められるようになったりしている。
   聖ペテロの説教した場所が示されており、
  歴史の堆積を感じさせる雰囲気に満ちた空
  間となっている。

   ピサ様式とは関連の無い素朴なロマネス
  ク建築で、横から眺めた長いバシリカ壁面
  の朴訥さや、写真の後陣に見られるロンバ
  ルディア帯や付け柱が特に美しく感じられ
  たのだった。
          

       
  
     ピストイアドゥオーモ
       Pistoia/Duomo
   
                          4 Pistoia
(Toscana)    
        
     ピサとフィレンツェの中間にあることで、
  小都市国家として歴史的にも重要な立場を
  占めてきた。旧市街を囲む城壁は14世紀
  のものだが、原形は古代ローマからであり、
  8世紀にはランゴバルド族の城壁があった
  という。

   ドゥオモは12〜13世紀の建築ではあ
  るが、17世紀に内陣が改造されており、
  鐘塔や後陣も後世の建築である。従って、
  純然たるロマネスクは、基礎的な三廊式プ
  ランとクリプト、そしてファサードにのみ
  残されている。
   写真は正面ファサードで、上部がピサ・
  ロマネスク様式の小円柱アーケードが構成
  する三層の小歩廊になっている。ルッカな
  どに比べると地味だが、幾何学模様などに
  は非凡な意匠が施されている。
   なお、ファサード下部の七つのアーチの
  柱廊部分は、14世紀に付け加えられたも
  ので、場所柄フィレンツェの影響が感じら
  れる。
   
          

      
  
     プラートドゥオーモ
       Prato/Duomo
   
                          5 Prato
(Toscana)    
        
     ここも旧市街を六角形の城壁が囲んでお
  り、かつてはやはり重要な都市国家の一つ
  であった。14世紀中頃に、フィレンツェ
  の統治下に入っている。

   聖堂は12〜13世紀に、ロマネスク様
  式で建築されたのだが、14世紀になって
  直ぐにゴシック様式が取り入れられている。
  節操がないというよりは、上手く調和させ
  たと考えたほうが良さそうだ。
   ファサードの縞模様が印象的で、これは
  白と濃緑色の大理石を使用したものである。
   聖堂の側面には、ピサ様式とも言える連
  続する盲アーケードが意匠されている。
   鐘塔は12〜14世紀のものとされてお
  り、解説には“ロマネスク・ゴシック”様
  式と記してあった。
   三廊式の身廊は緑色の大理石円柱で仕切
  られており、純粋な“ロマネスク”様式を
  見ることが出来る。

   中央礼拝堂に飾られた、ルネサンスの巨
  匠フィリッポ・リッピのフレスコ画は見逃
  せない。
          

       
  
     フィレンツェ聖ミニアート・アル・モンテ教会
       Firenze/Chiesa di San Miniato al Monte
   
                          6 Firenze (Toscana)  

        
     アルノ川対岸の山腹に建つ教会で、テラ
  スから眺めるフィレンツェ旧市街の展望は、
  静けさの分だけ観光名所のミケランジェロ
  広場より優れている。
   ドゥオモ広場に建つ聖ジョヴァンニ洗礼
  堂と共に、フィレンツェを代表するロマネ
  スク建築の傑作である。創建は 1013 年か
  らとのことであり、ゴシック・ルネサンス
  に先立つ建築として貴重である。
   緑色と白の大理石を組み合わせた幾何学
  模様のファサードが特徴で、フィレンツェ
  様式と呼ばれている。端正で古典的な風貌
  が魅力だが、ピサ様式ほどの普及は無く、
  むしろ後世のフィレンツェへの影響の方が
  大きかったようだ。
   三廊式の身廊や、クリプトとその上の一
  段高くなった後陣なども、多彩な大理石に
  よって飾られていた。
   身廊の床は大理石の象嵌敷きであり、遍
  く普及しなかったのは、こうした豪華さに
  あったのかもしれない。
   フィレンツェにもこんなロマネスクが、
  というお話をしてみたかったのである。
          

  New       
  
   サン・カシアーノ・イン・ヴァル・ディ・ペーザ
               
教会美術博物館
   San Casciano in Val di Pesa/Museo San Giuliano Ghelli
   
                          6 Firenze (Toscana)  

        
     フィレンツェの南20キロにある山上の町。
  この美術館は町の中心部に近いサンタ・マリア
  ・デル・ジェズ
(Santa Maria del Gesù) 教会
  の敷地内に建っている。
   A.ローレンツェッティやジョット工房など
  13〜14世紀の作品が展示される中に、カベ
    スタニー工房
(Le Maître de Cabestany) の作
  品が展示された部屋が在った。

   町の北西4キロにあるスガーナ (Sugana) の
  サン・ジョヴァンニ教区教会から移されたもの
  である。トスカーナには他に、サンタンティモ
  (Sant'Antimo) やプラート (Prato) 大聖堂の回
  廊に、カベスタニーの作品の存在が確認されて
  いる。

   円柱に彫られていたもので、幼児キリストの
  逸話が周囲表裏に描かれている。
   写真は、上が洗礼、下は受胎告知である。ち
  なみに、背後には誕生と羊飼いへのお告げ、が
  彫られている。
   カベスタニー特有の顔や肢体のデフォルメが
  顕著で、図像を絡ませる手法も一連の作品に共
  通していると思う。
   カベスタニーの拠点であったルシオンやカタ
  ルーニャと、トスカーナとを結ぶ線の存在がと
  てもミステリアスに感じられた。
                                                             

      
  
     アレッツォ聖マリア教区教会
       Arezzo/Pieve di Santa Maria
   
                          7 Arezzo
(Toscana)    
        
     この町を訪ねる大半の人の目的は、聖フラン
  チェスコ聖堂に飾られた、ピエロ・デラ・フラ
  ンチェスカのフレスコ画「聖十字架伝説」にあ
  るだろう。小生が初めて訪ねた時もそうだった
  のだが、後日そのすぐ近くに12世紀のロマネ
  スク教会があることを知ったのだった。

   教会を訪ねると、先ずは正面ファサードの豪
  華さに驚く。下部には五つのアーチが連続して
  おり、中央の扉口以外は全て盲アーチである。
  その上の層は、連続する盲小アーケードで、更
  に上の二層には小円柱が並ぶ小歩廊が設けられ
  ている。ピサやルッカの様式を、大胆に取り入
  れたファサードである、と言えるだろう。
   扉口や盲アーチのタンパン部分、内部の壁面
  などに魅力的な彫刻があるのだが、修復工事中
  で撮影は出来なかった。

   内部は三廊式で、祭壇下にクリプトがあるた
  めに祭室は中二階状になっている。写真は、左
  側廊からクリプトと祭室を眺めたものである。
   建築全体に修復の手が入っているので、何か
  妙に整然とした感が否めないのだが、この最も
  古い祭壇部分には、トスカーナ・ロマネスクを
  代表するような簡素だが威厳に満ちた風格とい
  ったものが感じられたのだった。
          

  New             
  
        ファルネータ大修道院
      Farneta/Abbazia di Farneta
   
                          7 Arezzo
(Toscana)    
        
     コルトーナ (Cortona) からシエナに向かう
  国道が、キアーナ
(Chiana) の谷を越える手前
  の丘の上に、このベネディクト派大修道院の遺
  構が残されている。
   9〜10世紀の創建だが、現在は付属教会の
  一部と、地下のクリプタが残されているだけで
  ある。

   教会は、単身廊に三つの後陣が付いたT字型
  のプランで、天井は木造、祭壇は数段の石段で
  やや高い位置に設けられている。身廊と祭室を
  仕切るアーチ壁に存在感がある。
   
   クリプタは三つの後陣それぞれの地下に半円
  形祭室が設けられており、それらは細い通路で
  結ばれている。
   中央の祭室が最も広く、四本の円柱が祭壇の
  前に立てられている。プリミティヴなクリプト
  らしく、薄い煉瓦状の石を積上げてあり、天井
  は交差穹窿状になっている。
   柱頭には、植物模様と人頭を組み合わせた素
  朴な図像が彫られている。

   写真は、後方から眺めた三後陣で、方形の祭
  室に三つの半円形が飛び出した格好はむしろ奇
  妙だが、ドイツのカロリング様式で見たような
  気もする。下の小さい窓は、半地下のクリプタ
  の窓である。
                                                             

  New             
  
     ピアン・ディ・スコ聖マリア教区教会
       Pian di Scó/Pieve di Santa Maria
   
                          7 Arezzo
(Toscana)    
        
     フィレンツェからアレッツ
  ォへ向かうA1号線の東側の
  山裾に、葡萄とオリーブが特
  産のこの町が在る。
   教会は中心の通りに面して
  建っており、12〜13世紀
  に建築された三廊式バシリカ
  様式の聖堂である。三後陣と
  鐘塔が、均整の取れた景色に
  なっている。
   身廊と祭室の柱頭に彫られ
  た彫刻が、陰影濃く自己主張
  しているように感じられた。
  写真はその内の一基で、正体
  不明の男達が、器のようなも
  のを持っている。ミステリア
  スで面白い。鷲や花をデフォ
  ルメした図像など、彫刻の森
  に遊ぶ気分になれる。
                                                             

  New             
  
      グロピーナ聖ピエトロ教会
       Gròpina/Chiesa di San Pietro
   
                          7 Arezzo
(Toscana)    
        
     今回の旅のルートを決定する際に、大きな目
  的の一つとなっていた教会である。
   先述のスコ
(Sco) から葡萄畑を抜け、南東
  に10キロ走る。駐車スペースも無い細い小
  道しかない寒村である。集落の入口に車を止め
  て、教会までしばらく歩く。

   三廊式バシリカ建築の聖堂は、11世紀初頭
  の創建と記されている。アーケードの柱頭には
  個性的でユーモラスな図像が彫られており、先
  ずは注目させられる。説話からの主題なのだろ
  うが、内容は不明である。葡萄蔓の図案など、
  高度なデフォルメが成されている。
   半円形祭室は二層で意匠されたアーケードに
  なっており、上層が開廊列柱、下層が盲アーケ
  ードという構成である。この内陣に対応した、
  外側裏手から見た後陣は素晴らしかった。

   最も注目させられたのが、身廊に設置された
  写真の説教壇である。何というユニークな装飾
  彫刻であろうか。全体を覆う精緻な彫刻とレリ
  ーフの全てが創造的で、他に類を見ない像容ば
  かりである。
   中央の彫刻は上から鷲、人物、獅子で、それ
  ぞれが福音書家のシンボルとして、聖ヨハネ、
  聖マタイ、聖マルコを表している。聖ルカの牛
  像は、その下の波型模様の中に潜んでいる
   両手を挙げた風変わりな十二使徒や、ねじれ
  た円柱など、見飽きることが無い。
                                                             

  New             
  
         ソカーナ教区教会
           Sócana/Pieve di Sócana
   
                          7 Arezzo
(Toscana)    
        
     グロピーナからこの村へは、遠回りとなる
  のでアレッツォ方面へは向かわず、背後のプ
  ラトマーニョ山地
(Pratomagno) を越えて
  行くことにする。とんでもない山道だが、絶
  景の連続に時間の経過は気にならなかった。
   ようやくたどり着いた麓の町はラッシーナ
  
(Rassina) という所で、ソカーナの村は東側
  に隣接した小さな集落だった。

   教会は村の中心広場に面しているので、そ
  の存在は直ぐに判ったのだが、扉口の鍵が閉
  まっていて聖堂へは入れなかった。広場に居
  た親爺に相談すると、鍵の管理者に連絡をし
  てくれ、直ぐに開けて貰えたのだった。

   ファサードは改造されたものだったが、聖
  堂は三身廊で天井は木造ながら、アーケード
  の美しいロマネスク建築であった。柱頭らし
  い装飾が成されてはいるが、角柱はアーケー
  ドと一体になったものだった。
   祭室は中央に半円形のドームが造られてい
  るが、左右の小祭室は方形だった。創建時に
  は三後陣だったとのことだったが、いつ改築
  されたかは判らなかった。
   写真は鐘塔とその後陣を眺めたものだが、
  塔の上部も新しそうだ。
   手前の遺構は教会以前に在ったエトルリア
  の神殿跡の一部で、近年発掘されたらしい。
                                                             

  New             
  
         ロメーナ教区教会
          Romena/Pieve di Romena
   
                          7 Arezzo
(Toscana)    
        
     ラッシーナの北20キロに
  
Pratovecchio プラートヴェ
  ッキオの町が在り、そこから
  南西へ1キロ程入った田園地
  帯にこの教会が建っていた。
   間口に比べ身廊が短いプラ
  ンだが、三廊式の美しい聖堂
  である。
   エンタシス状の円柱の柱頭
  には、オランテのような人物
  や鳥、渦巻模様など、グロピ
  ーナ風の創造的な彫刻が成さ
  れているのだが、やや修復が
  目立ちすぎる感がある。
   内陣も外陣も同様に、二層
  のアーケードで装飾されてい
  る。写真の外陣の眺めは、逆
  光だったが感動的だった。
                                                             

  New             
  
        スティア聖母被昇天教会
       Stia/Chiesa di Santa Maria Assunta
   
                          7 Arezzo
(Toscana)    
        
     プラートヴェッキオの町の
  2キロ北に在る町で、古い町
  並の残る地区にこの教会が建
  っている。外観はルネサンス
  風でとても入る気にはならな
  いが、内部はロマネスク建築
  一色であった。
   三廊式で、六連アーケード
  には個性的な柱頭彫刻が、展
  覧会のように並んで壮観だっ
  た。写真は、杓を持つ聖人と
  渦巻で、他にも天使や人魚、
  奇怪な動物や人面などがモチ
  ーフになっている。
   祭室は二層構造で、上部開
  口窓と下部にアーケードが意
  匠されている。
   ルネサンスの絵画が盛り沢
  山だったが、宿のあるサン・
  レオ
(San Leo) が遠いので
  今回はパスすることにした。
                                                             

   
  
     モンタルチーノ聖アンティモ大修道院
       Montalcino/Abbazia di Sant'Antimo

                          8 Siena
(Toscana)    
            
   トスカーナの銘酒ブルネッロ (Brunello) の産
  地として名高いモンタルチーノの町から、少し離
  れた山奥に在る。
   小さな峠を越えたあたりから、オリーブと糸杉
  に囲まれた広大な谷間が見え、その中心にこの美
  しい修道院が建っている。
   聖堂へと続く小道を下って行くと、均整の取れ
  た優雅な後陣と鐘塔が次第にくっきりと見えてく
  る。いかにもトスカーナらしいそんな美しい風景
  を眺めながらの修道院へのアプローチは、正にロ
  マネスク探訪の旅の至福の時間と言えるだろう。

   修道院付属教会の聖堂は三廊式のバジリカ形式
  で、トリビューンが備わっている。
   最大の特徴は、イタリアでは珍しい周歩廊が祭
  室の周りに作られ、三つの小礼拝堂が放射状に付
  けられていることである。フランスやスペインに
  見られる、巡礼路教会に似ているのである。

   身廊の列柱は荘厳で、柱頭には美しい彫刻が施
  されている。ダニエルとライオンの場面を彫った
  柱頭が特に印象深い。フランスのルシオン地方か
  ら来た
Maître de Cabestany カベスタニーの職
  人による作品だという。
   南門の扉口は角柱とマグサ石で構成された単純
  な門だが、マグサ石に有翼の怪獣や怪鳥が彫られ、
  柱は幾何学的な模様でびっしりと埋められている。
       

   
   
     サン・クイリコ・ドルチア聖クイリコ参事会教会
       San Quirico d'Orcia/Collegiata di San Quirico

                         8 Siena
(Toscana)  

         
   シエナの南東の町で、モンタルチーノ
  とピエンツァの間に位置している。高台
  に在る旧市街は城壁に囲まれており、こ
  の参事会教会は西側の壁に近い。
   写真は教会堂の南側面を写したもので
  余り装飾は無いが、きりっとした簡素で
  美しい建築である。12〜13世紀との
  ことだが、門はややゴシックにかかって
  いる。
   聖堂は、単身廊に翼廊の付いた十字形
  で、写真の手前の門が翼廊の南扉口であ
  る。翼廊には小さな祭室が付いており、
  後陣が見えるが角張っていて余り魅力は
  無い。
   西側の正面扉口は写真では見えていな
  いが、身廊南口に似ており、束ねた意匠
  の柱や鰐のような怪獣の彫刻が有る。こ
  の西扉口が最も古く、三つの異なった時
  代の扉口を見ることが出来て興味深い。
   旧市街は車通行禁止で、歴史的な家並
  を見ながらゆったりと歩くのは楽しい。
       

  New          
  
             キウージ大聖堂
                   Chiusi/Duomo

                          8 Siena
(Toscana)    
            
     ローマから太陽道路A1号線を北上して、ト
  スカーナに入った最初の町がこのキウージであ
  る。エトルリア以来栄えた古い町である。

   旧市街のやや東側にある小さな広場に、12
  世紀の鐘塔が建っており、少し離れて大聖堂の
  ファサードが並んでいる。

   聖堂は三廊式のバシリカで、写真で見る通り
  ラヴェンナ風の佇まいである。5〜6世紀に創
  建された古い歴史があり、12世紀に修復が行
  われたロマネスク建築である。
   アーケードの壁や祭室はラヴェンナの様に、
  美しいモザイクで埋め尽くされている。
   祭室の天井ドームのモザイクが特に素晴らし
  かったが、ビザンチンの主題として頻繁に取り
  上げられる“聖母の死”の場面である。しかし
  残念ながら、この一連のモザイクは近世の作で
  あるらしい。
   アーケードの円柱に用いられている素材は、
  ローマ時代の大理石円柱であり、いずれかの遺
  構からの転用であったと思われる。

   新しいとはいえ、モザイクの存在がラヴェン
  ナに似たビザンチンの雰囲気を感じさせてくれ
  る美しい聖堂だった。
   ローマ時代の古いモザイクの一部は、大聖堂
  に隣接する大聖堂博物館に展示されていた。
                                                             

  New          
  
       アッシアーノ聖アガタ教会
            Asciano/Chiesa di Sant'Agata

                          8 Siena
(Toscana)    
            
     シエナ (Siena) の南東25キロにある町で、
  都市国家であったシエナが14世紀に築いた城
  壁が現在も旧市街地を囲んでいる。
   町並には中世の面影が色濃く残っており、時
  間が止まったようなという表現がここではぴっ
  たりの町だ。

   教会は、中央広場に面して建つ11世紀創建
  のロマネスク建築である。
   三連の尖頭アーケードが意匠されたファサー
  ドは、中央の扉口も新しく、どうやらゴシック
  以降の改築が成されている。
   聖堂は袖廊の付いた単身廊に三後陣というプ
  ランで、ドーム状の交差部に八角形の鐘楼が立
  ち上がっている。
   身廊と交差部の間に仕切り壁が設けられてい
  るが、中央の大きな半円アーチの左右に、側廊
  に準ずるような小アーチが並んでアクセントと
  なっている。
   切石積みの壁面の材質感が、ロマエスク好き
  の美意識を刺激する。漆喰で塗り固められた壁
  面ほど味気ないものはないだろう。ここでは、
  ぎりぎりの修復が成されていて素晴らしい。
   身廊の天井は木造、祭室の天井は交差穹窿で
  あった。
   写真は、聖堂の南東後方からのもので、南袖
  廊の小後陣、八角鐘楼と背の高い鐘塔などが毅
  然と建っている。
   本来在った筈の北袖廊の小後陣は現在失われ
  ており、実質的には二後陣となっている。   
                                                             

  New          
  
      サン・ガルガーノシエピ山の隠者庵
           San Galgano/Eremo di Monte Siepi

                          8 Siena
(Toscana)    
            
     シエナの南西35キロの、人里離れた丘陵
  地帯にシトー派の聖ガルガーノ大修道院遺構
  が残されている。糸杉に囲まれた静寂な空間
  は魅力的だったが、目的はこのゴシックに改
  造された修道院ではなく、その背後に横たわ
  るシエピ山という小高い丘にあった。

   そこには、12世紀ロマネスク小教会が建
  っているからなのであった。修道院に車を止
  め、山道をしばらく登って行く。
   円形の聖堂を中心にして、玄関間や祈祷所
  などが連結して建てられている。
   教会
(Chiesa) ではなく Eremo と記さ
    れているが、“隠者の庵”とか“陰修士の住
  居”とかに訳されている。

   写真は、建築群中心の円形(集中式)プラ
  ンの、正面祭室部分を写したものである。
   円形の壁面、そして天井の頂点に集中する
  ドーム状の円蓋は、石灰岩と赤煉瓦を帯状に
  交互に積んだ意匠からは、とても鮮烈な印象
  を受けた。円蓋の天井中心を見上げると、数
  十本の帯状の同心円が、無限の宇宙を想像さ
  せる気になる。
   シトー派修道院の修道士のための“庵”に
  相応しく、横縞模様以外にはこれといった装
  飾は全く見られない、瞑想と修行だけのため
  の質素な空間であった。
                                                             

  New          
  
     アッバディア・イソラ聖サルヴァトーレ教会
          Abbadia Isola/Chiesa di San Salvatore

                          8 Siena
(Toscana)    
            
     シエナの北西15キロに、13世紀に築か
  れた円形の城壁に囲まれた町モンテリッジョ
  ーニ
(Monteriggioni) がある。葡萄畑の中
  に浮かぶ天空の山上都市と言える。
   そこから西へ3キロほど行くと、この小さ
  な寒村に到着する。

   町は聖サルヴァトーレ大修道院を中心にし
  て発展した門前町のようであった。
   写真は家並の間から見えた修道院付属教会
  のファサードである。11〜12世紀に創建
  されたもので、かなりの修復はあったのだろ
  うが、その当時の雰囲気を良く伝えている。
   素朴なロンバルディア帯装飾、二連のアー
  チ窓、三連盲アーケード、そして中央扉口な
  どロマネスク好きの目が引き付けられてしま
  う。扉口両サイドの太い円柱の断片は、豪快
  な付け柱の痕跡かもしれない。

   聖堂は三廊式バシリカで、アーケードには
  左右それぞれ5本の円柱と半円アーチが設け
  られている。柱頭彫刻は少ないが、中央祭室
  の右円柱に彫られたオランテのように両手を
  挙げた聖人像は出色であった。
   聖堂背後は崖地の草むらになっていて、後
  陣を眺めるにはやや苦労する。三つの半円形
  後陣が綺麗に並んでいるが、中央の後陣にの
  み付け柱とロンバルディア帯装飾が施されて
  いる。   
                                                             

  New          
  
       コネオ聖マリア大修道院
              Badia a Coneo/Abbazia di Santa Maria

                          8 Siena
(Toscana)    
            
     イソラの町の西にあるコッ
  レ
(Colle) の南西7キロ、全
  くの田園地帯の小高い丘に残
  る修道院の遺構である。
   ファサードの柱頭には、見
  るべき彫刻が多い。二人の人
  物と樹木はアダムとイヴを連
  想させるし、首の長い鳥や植
  物と人面など、廃墟に近い環
  境の中で静かに佇んでいた。
   扉口は開かなかったが、単
  身廊に三後陣というT字型平
  面プランは見えるようだ。
   写真は後陣の眺めだが、交
  差部に八角形のクーポラが建
  つのは予想通りだった。しか
  し、半円形後陣は中央のみで
  ある。実は、半円形の小祭室
  は、左右の袖廊の壁に覆われ
  て外からは見えなくなってい
  るのだった。
                                                             

  New
  
        チェッロレ聖母被昇天教区教会
             Cèllole/Pieve di Santa Maria Assunta

                          8 Siena
(Toscana)    
            
     観光地サン・ジミニャー
  ノ
(San Gimignano) の西
  北5キロにある教区教会で
  ある。糸杉と葡萄畑に囲ま
  れた辺鄙な場所だった。
   三廊式バシリカ建築で、
  七つのアーチが左右に並ぶ
  身廊は見事だった。13世
  紀に建造されたロマネスク
  様式で、峠は越した感があ
  るものの、素朴な柱頭彫刻
  など見応えがある。
   祭室は中央に半円形後陣
  が設けられており、七連の
  盲アーケードで飾られてい
  る。中央のみに窓が在り、
  他はアーケードの中や輪郭
  に渦巻や植物連続模様が施
  されている。
   辺鄙ゆえに残された珠玉
  の後期ロマネスク、と言え
  るだろう。   
                                                             

            
    
     ソヴァーナ聖ピエトロ・パオロ大聖堂
       Sovana/Cattedrale di Santi Pietro e Paolo

                         9 Grosseto
(Toscana)    
          
   トスカーナ南端部の辺境の町で、かつ
  ては見捨てられた城塞の廃墟しか残って
  いなかったそうである。町外れのこの教
  会は10世紀に起源を持つ古いもので、
  改修はされているが12世紀のロマネス
  ク建築を今日に伝えている。
   写真は西壁から見た三廊式の身廊で、
  色大理石の柱がアクセントになっている。
   天井は14世紀の改修の時に、構築さ
  れたという。
   柱頭彫刻に見るべきものが多く、アダ
  ムとイヴやダニエルと獅子を彫ったもの
  が特に目に付いた。
   プリミティヴな地下祭室の円柱が美し
  かったが、北側扉口の装飾が格別印象的
  だった。
   組紐、網目、渦巻といったケルティッ
  クなものや、鳥や花をモチーフとした数
  々の図案で飾られている。
           

           
            
       アッシジ聖ルフィーノ大聖堂
        Assisi/Duomo di San Ruffino

                         1 Perugia (Umbria)  

           
   アッシジへは行ったことがあったのだが、聖
  フランチェスコ聖堂と聖キアラ教会しか訪ねて
  いなかった。
   今回はアッシジの郊外に数泊し、未見のカル
  チェリやアンジェリなどといった聖フランチェ
  スコの遺跡を訪ねることが出来た。
   12世紀ロマネスク建築である、この大聖堂
  も初めての訪問だった。聖フランチェスコも聖
  キアラも、ここで洗礼を受けたのである。
   写真は聖堂西正面のファサードと塔である。
  均整のとれた美しいファサードであり、扉口を
  飾る彫刻は繊細で、相当の技量の持ち主が彫っ
  たのだろうと推量出来る。
   三つの門はいずれも、その門柱の基礎にライ
  オンを彫っている。イタリア・ロマネスクのパ
  ターンなのだが、余り卓越した意匠とは思えな
  いのだが、何故この当時に一世を風靡したのか
  は分からない。獅子が象徴する勇気・栄光・勝
  利は理解出来るのだが、日本の狛犬に余りにも
  似ているのが陳腐に感じる要因かもしれない。
   右側の建物は美術館になっており、地下へ降
  りていくと聖堂のクリプトへと入ることが出来
  る。最もプリミティヴな部分であり、フレスコ
  画や天井の低い空間からは、創建時の美意識が
  伝わってくるようだった。
   
               

 New
            
          フォリーニョ大聖堂
              Foligno/Duomo

                         1 Perugia (Umbria)  

           
   アッシジの南東にあり、人口5万人以上と
  いうウンブリア地方有数の大きな町である。
   州都であるペルージア
(Perugia) とスポレ
  ート
(Spoleto) の中間に位置している。
   ローマ以来の古い都市だが、現在の町はか
  なり近代化されており、旧市街の中心広場に
  この大聖堂が辛うじて残っている、というよ
  うな印象を受ける。
   
   写真は西正面のファサードで、制作された
  のは12世紀半ばである。南翼廊側にも扉口
  があり13世紀初頭のものだが、今回は修復
  中でテントの中だった。コズマーティのモザ
  イクなど、装飾が見事なのだが残念ながら見
  ることが出来なかった。
   正面ファサードは四段の装飾で、最下部に
  三連の扉口、二連と四連を組み合わせた開口
  アーケード、市松模様のモザイク、そして薔
  薇窓という構成になっている。
   ライオンの守る中央扉口は、アーチ部分に
  精巧な連続蔓草模様が彫られている。南門は
  これを更に発展させた完成度を示していると
  いうのだから、また残念が増幅した。
   薄いピンク色の切石を巧みに積んだ優雅な
  建築だが、内陣は近年にかなり改築されてお
  り、ロマネスクの片鱗を探すのに苦労するほ
  どである。クリプタが残されているが、これ
  も見学不能だった。
                

  
                   
     ベヴァーニャ聖シルヴェストロ教会
       Bevagna/Chiesa di San Silvestro

                         1 Perugia
(Umbria)    

           
   城壁に囲まれて静かにたたずむこの町は、古い
  石畳の小道や美しい広場と共に、そこここに色濃
  く歴史を残していた。
   城門の外に車を止め、細い路地を抜けると大き
  な広場に出る。そこには広場をはさんで、聖ミケ
  ーレ教会とこの教会とが向かい合って建っていた。
  どちらも重要なロマネスク建築なのだが、聖ミケ
  ーレは内陣が完全な修復中で見ることが不可能だ
  った。
   どちらも12世紀後半の建造だが、こちらのフ
  ァサードは未完とのことで、タンパンには何も彫
  られていなかった。
   写真で見る通り、ここも三廊バジリカ式身廊、
  上下二段の祭室というパターンだが、半円形外陣
  は一つであった。
   また、やや太めの円柱の柱頭には、気持ちばか
  りの植物模様が彫られている。柱間の半円アーチ
  のスパンが大きいので、狭い空間がかなりゆった
  りとして見える。
   地下のクリプトは清浄な雰囲気の静かな空間だ
  が、古代ローマの柱が数本利用されたりしていて、
  当時の石材利用は大らかだったのだなあと思わせ
  て面白かった。
   後陣の付け柱とロンバルディア帯装飾が印象的
  だった。  
         

  New            
            
       ベヴァーニャ聖ミケーレ・アルカンジェロ教会
       Bevagna/Chiesa di San Michele Arcangelo

                         1 Perugia (Umbria)  

           
     聖シルヴェストロ教会とは向かい合わせ、と
  いう何とも贅沢なロケーションだ。
   しかし、内部が修復中とのことで、聖堂内へ
  は入ることが出来なかった。

   こちらも12世紀後半の建造で、典雅なファ
  サードの右側に堂々とした鐘塔が合体した格好
  になっている。

   中央扉口の装飾には目を見張ってしまった。
  両側の柱部分には、連続する精巧な縦縞模様が
  彫られており、柱頭の天使像へと視線が導かれ
  る。特に左側の柱頭には龍と闘う大天使ミケー
  レ(ミカエル)が彫られており、この教会を象
  徴する図像となっている。右側の天使像も迫力
  に満ちており、この地方の彫刻のレヴェルの高
  さを示している。
   ヴシュール(アーチ帯状装飾)には、連続す
  る蔓草模様の彫刻と、外側にコズマティ風モザ
  イクがあしらわれている。

   三連アーチの開廊の上部に、横一列のロンバ
  ルディア帯風の装飾が成されている。併せて軒
  持ち送りに似た個性的な彫刻が帯の先端に連続
  して彫られている。龍や牛や羊、といった動物
  の頭が並んでいる。

   後陣へと回り込んでみると、いかにもロマネ
  スクらしい半円形祭室が聖堂から飛び出してい
  たのだった。粗々しい石積と付け柱の魅力。ロ
  マネスク巡りの嬉しい時間の一つである。
                                                               

  New           
            
     カステル・リタルディ聖グレゴリオ教区教会
       Castel Ritaldi/Pieve di San Gregorio

                         1 Perugia (Umbria)  

           
     サグランティーノ (Sagrantino) 種から造
  られる辛口ワインで知られるモンテファルコ
  
(Montefalco) の町から、葡萄畑を抜けて南
  へ10キロ行くとこの小さな集落へ出る。
   オリーヴやトリュフも名産の農村だが、そ
  の名は領主の城が在ったことに由来する。

   この教区教会は静かな村の外れ、糸杉に囲
  まれた眺めの良い場所に建っている。
   ここでは、正面のファサードに注目しなけ
  ればならない。大まかな構造は、半円アーチ
  扉口と丸窓があるだけの単純なものだが、詳
  細に眺めると彫られたレリーフや装飾彫刻が
  とても素晴らしいのである。

   扉口のアーチ部分に二重のヴシュールが設
  けられており、外側にライオンの口から延び
  た蔓草が渦を巻きながら繋がっているという
  意匠になっている。
   内側には葡萄の枝と蔓に絡まるライオンや
  鳥や猪や兎など、鳥獣戯画を思わせる楽しい
  場面が展開している。

   二本の円柱に挟まれた丸窓は単純だが、両
  側に彫られたマスクと人物像は彫りが鋭く興
  味深い。マスクは誰が見ても悪魔だろう。
   人物像の下に名前が彫られているので、誰
  の像かは直ぐに判った。いずれも預言者の像
  で、右はエゼキエル
(Ézechiel) で、左はエ
  レミア
(Jérémie) である。   
                                                               

           
           
     ジャーノ・デッルンブリア聖フェリーチェ大修道院
       Giano dell'Umbria/Abbazia di San Felice

                         1 Perugia
(Umbria)  
           
   山上都市モンテファルコ Montefalco
  で食事をしてから、私達はジャーノを訪
  ねたのだが、町のどこにもこの修道院は
  無かった。その筈で、ここから更に数キ
  ロ山道を入った崖地で、ようやく発見す
  ることが出来たのだった。
   さらに幸運なことに、通常は閉じられ
  た教会の扉が開いていた。司教がオルガ
  ンの練習をしていたのだった。
   お陰で私達は内陣を、BGM付きでゆ
  っくりと見学出来たのである。
   三廊バジリカ式身廊、柱頭彫刻の無い
  素朴な柱、上下二段の祭室、半円形外陣
  などがイタリア・ロマネスクの特徴なの
  だが、ここも法則通りの建築だった。
   写真は下段の地下祭室で、低い重厚な
  天井からのアーチを受けるか細い柱が妙
  に美しく感じられた。ここの柱頭には、
  鳥や動物を一筆書きで描いたような、素
  朴な浮彫が見られた。
         

          
            
     トーディ大聖堂
       Todi/Duomo

                         1 Perugia (Umbria)    

           
     エトルスキ時代、ローマ時代、中世と、三つの時代
  それぞれに築かれた三重の城郭が、この町の歴史の古
  さと重要さを物語っている。
   中世における町の活気を今日に伝える歴史的な建造
  物が居並ぶポポロ広場
(Piazza del Popolo) に面して、
  12世紀創建のこの優雅なファサードを持つ聖堂が建
  っている。

   バラ色と白色の大理石で出来たファサードは、三つ
  の扉口が付け柱で仕切られ、中央上部にはバラ窓が設
  けられている。この部分は13世紀以後に、ゴシック
  的な改修が行われたのであろう。
   聖堂内部は三廊式で、仕切りアーケードには、美し
  い柱頭彫刻の施された円柱が並んでいる。何故か一本
  おきに角柱が並立していた。円柱だけでは強度的に弱
  く、角柱部分が聖堂の主構造の一部になっているのだ
  ろう。

   クリプトは修復工事中で、中へ入ることが出来なか
  った。仕方なく聖堂背後へと回りこんでみると、狭い
  隣家との間に、写真のような見事な後陣を見ることが
  出来た。
   この教会では、この部分こそが、ロマネスク教会と
  しての“らしさ”を最大に発揮しているのかもしれな
  い。   
          

          
            
     スポレート大聖堂
       Spoleto/Duomo

                         1 Perugia (Umbria)  

           
     城壁に囲まれたこの古い町は、古代ローマ時代には
  ローマの自治都市であり、6〜8世紀にはランゴバル
  ド族の統治下になったこともある。

   この大聖堂は 1198 年に教皇イノケンティウス3世
  によって献堂されたもので、城壁内旧市街の東端に位
  置している。
   広場からは一段低い場所に建つ聖堂のファサードと、
  すっくと延びる鐘楼を見下ろすようになっている。
   ファサードは三層に分かれており、最上部には三つ
  のバラ窓とビザンチン風のモザイク画が飾られている。
  描かれているのは、玉座のキリストを中心にして立つ
  聖母マリアと福音書家聖ヨハネである。このモザイク
  は、1207 年の作品であるという。
   二層目には大きなバラ窓を中心にして、五つのバラ
  窓が意匠されている。中央のバラ窓の四隅に、四福音
  書家のシンボルが彫られている。
   最下部の柱廊付き玄関間はルネサンス時代の改造だ
  が、鐘塔と共に、暮れない夏の夕日の中に、均整の取
  れた絵になる光景を創出していた。

   内部は後世にかなり改築されており、身廊の床に残
  るモザイクだけが創建時代のものである。
   この寺に墓がある、フィリッポ・リッピのフレスコ
  画は必見である。
          

           
            
     スポレート聖ピエトロ教会
      Spoleto/Chiesa di San Pietro

                         1 Perugia
(Umbria)     

           
     町の最南端の城門を出てから、テッシ
  ーノ
(Tessino) 川を渡り、モンテルーコ
   (Monteluco)
の丘の麓へと登った所に、
  周囲を見晴らすような格好でこの教会が
  建っている。

   近世の修復もあって聖堂建築全体には
  余り興味が湧かないのだが、写真のファ
  サード扉口の両側に施されたレリーフ装
  飾彫刻は絶対に見逃せない。
   制作されたのは12〜13世紀であり、
  ロマネスクとしてはやや後期ということ
  もあって、ロマネスクの魅力である抽象
  性が失せ、ちょっとだけ古典的な写実性
  が顔を出している、と分析出来るだろう。

   四層の小盲アーチ列や擬人動物像、そ
  の外側には新約聖書の逸話や、様々な寓
  話を象徴した動物などが彫られている。
   伝統的な古代ローマの美意識が彫らせ
  たような、重厚な写実性すら感じさせる
  不思議なレリーフである。
          

           
          
   フェレンティッロ聖ピエトロ・イン・ヴァッレ大修道院
       Ferentillo/Abbazia di San Pietro in Valle

                         2 Terni (Umbria)  

                                    
          
   ローマの北に位置する、ウンブリア地
  方の最初の県がテルニである。県庁のあ
  るテルニ
(Terni) の町から、スポレート
  方面には行かず、ネーラ川に沿って渓谷
  を進むと城塞の町フェレンティッロに着
  く。
   修道院へは町からさらに渓谷を遡り、
  左手の山に入って急な斜面を登らねばな
  らない。
   創建が8世紀と伝えられる古い修道院
  だが、大半は12世紀の建築である。単
  身廊に翼廊の付いた、十字形の簡素な教
  会堂には、両側の壁にフレスコ画が残さ
  れていたが、かなり修復の手が後世に入
  っているように見えた。
   回廊の入口の側柱に彫られた聖ペテロ
  と聖パウロ像は、いかにもロマネスク的
  な愛らしい彫像で気に入ってしまった。
   周囲の環境は、修道院らしく人家も無
  い辺鄙な場所で、清浄な空気と神聖な光
  に満ち溢れていた。
                               

   このページTOP  次のページ (Roma) へ  前のページ (Emilia) へ 
     
ロマネスクTOPへ  日本庭園TOPへ  石造美術TOPへ 
        古代巨石文明TOPへ 
総合TOPへ  掲示板へ