石塔(層塔・宝塔・宝篋印塔・五輪塔)
      (4) 近江(西部)の石塔巡拝 
                  
    
 黄金色に実った田圃の真ん中に、
何と国の重要文化財に指定された
石造宝塔が建っていた。
 畦道を渡って近づくのは大変だ
ったが、鎌倉期の素晴らしい宝塔
だった。石塔探訪の旅の魅力は、
こうした出会いの楽しさにあるの
だろう。

 湖西は高島市より西、湖東南は
近江八幡市・竜王町・湖南市・甲
賀市を含む以西を、近江(西部)
として掲載した。



         島八幡宮お旅所石造宝塔
                竜王町島
 
                                                         

      
                     
     延光院宝塔 (滋賀県近江八幡市奥島町)
   
                      
   近江八幡の長命寺へ、西国三十三ヶ所巡拝を目的
  に参詣した。時間が有ったら寄りたいと思っていた
  このお寺は、長命寺からは車で数分の場所だった。
   新築された本堂の前庭に、南北朝かと思われる石
  仏と並んで、この壮麗な石造宝塔が建っていた。

   先ず気に入ったのが、意外に太い相輪である。塔
  全体のバランスからして、やや太過ぎるのではない
  かと感じた。しかし、じっくりと見ている内に、こ
  の力強さこそ、釈迦の目の前で地中から湧出したと
  伝えられる宝塔の、天に向かって伸び上る勢いを良
  く表現している、と感じていた。

   笠の造形には、思わず目を見張ってしまった。
   屋根四隅の降棟が、前述の島八幡宮のものと同じ
  三本筋になっていたのである。
   年号が気になって調べてみると、こちらは何と徳
  治二年(1307)とあり、同じ鎌倉後期でも田んぼの宝
  塔より古いことが判明したのだった。
   笠裏には二重の垂木型を設けており、一重の首部
  と太い縁板状とが特徴だろう。
   塔身は円筒形で、ほとんど膨らみは無く、四方に
  扉形を彫り出してある。
   基礎の格狭間には開蓮華が意匠されており、細身
  の塔には勿体無いほどの堂々たる大きさである。
           

    
      
     池福寺宝篋印塔 (滋賀県近江八幡市池田本町)
    
                  
     近江八幡市の西南端に当るJR篠原駅の近く
  に池田本町が在り、市街と桐原小学校の間にこ
  の寺が建っている。

   宝篋印塔は本堂の手前、参道の左側に建って
  おり、苔むしていかにも古そうな面構えをして
  数個の台石に載せられていた。

   基礎は、正面にだけ輪郭を巻いた格狭間が彫
  られており、二段の上に塔身が載っている。

   塔身には、正面に坐した仏像が彫られ、他の
  面には辛うじて梵字らしきものが確認出来る。
  アクやタラークが読めるので、正面を阿弥陀如
  来座像とすれば金剛界四仏と解釈出来る。

   笠は、上六段下二段であり、隅飾も含め一石
  から彫り出されている。隅飾は摩滅していては
  っきりしないが、無地かもしれない。垂直に立
  っていることが、鎌倉中期と推定される大きな
  根拠となっている。塔身の大きさに比して、笠
  が堂々としていることも古塔を裏付けている。
   相輪は、伏鉢と請花が残り、九輪の内の六輪
  が残存している。
     

    
    
     安養寺跡五重塔 (滋賀県近江八幡市安養寺町)
    
    
     先述の篠原駅の東南に安養寺町が在り、西
  横関に通じる国道
477号線の路傍、小さな崖
  下にこの写真の石塔が建っている。
   かつて安養寺の寺域だった場所だが寺は跡
  形も無くなっており、石塔の背後には新幹線
  の高架までが見通せる農地が広がっている。

   国の重要文化財に指定されているだけに、
  均整の取れた堂々たる石造五重塔である。
   基礎部分に植栽が繁って良く見えないが、
  基礎には、輪郭の中に三茎蓮華を配した、格
  調高い格狭間が彫られている。

   塔身(初重軸部)には四方仏が、坐像の形
  式で彫られており、五重塔の泰然とした風貌
  の中心となっている。

   笠の幅の逓減率が割合大きいことと、軸部
  の背が幅に比して高いこと、そして軒の反り
  がたおやかである事などから、鎌倉中期の作
  品であることが推測出来そうである。
   相輪は下部が破損し修復してあるが、上部
  の宝珠、請花、九輪の一部などは生きていて
  かつての姿をどうにか留めているようだ。
   高さは
4.4m余、花崗岩製である。
                                         

      
                     
     篠田神社宝篋印塔 (滋賀県近江八幡市上田町)
      
      
   近江八幡市内に点在する宝篋印塔の内、鎌倉期の
  作を三基見た。次述の東川町のもの、先述の池福寺
  のもの、そしてここ篠田神社のものである。池福寺
  の塔は鎌倉中期と言われているのだが、残念なこと
  にかなり荒廃してしまっていた。

   この塔は、神社への参道の西端に祀られていた。
   基礎部分に正安三年(1301)の銘があり、鎌倉後期
  の作であることが立証されている。時代を物語るよ
  うに、周囲の空気を緊張させる程の威厳に満ちた壮
  麗な佇まいである。

   開き蓮華の彫られた格狭間が優雅な基礎、その上
  の複弁反花、金剛界四仏の梵字種子が四方に彫られ
  た塔身など、完璧とも言えそうなバランス感覚で造
  立されている。
   塔身の種子が、月輪内で蓮華に乗っているという
  のが珍しいかもしれない。
   隅飾が立派で、三弧の輪郭内に蓮華に乗る月輪が
  浮彫され、その中に梵字「ア」が彫られている。
   年代や地域が似ているからなのか、先述の弓削の
  阿弥陀寺宝篋印塔にとても類似しているように感じ
  られた。
   失われた相輪の位置に、小さな宝篋印塔の部材が
  置かれている。乾徳寺の項でも述べた通り、こうし
  た風潮は石造美術界の恥であり、管理者の見識が疑
  われるものと知るべきだろう。
   
     

     
   
     東川宝篋印塔 (滋賀県近江八幡市東川町)
      
      
   前述の弓削から日野川を渡った所が、近江八幡市
  の東川という集落だった。
   宝篋印塔は公民館にあるとのことで、訪ねてみる
  と、館前の広場一杯に地蔵盆の準備のため資材が積
  まれていた。
   宝篋印塔が目的だと東京からの来意を告げると、
  責任者の方は大層驚かれ、撮影が出来るように道具
  などを整理して下さった。

   高さが265
cmもある大型の塔で、何故このよ
  うな場所にあるのかは町の人も御存知ではなかった
  が、地元豪族の追善供養塔である事は確からしい。
   塔身に正和四年(1315)の銘が在り、れっきとした
  鎌倉末期の宝篋印塔なのである。
   相輪と基礎は後世のものだが、基礎上部の厚みの
  ある堂々とした複弁反花に圧倒される。このヴォリ
  ューム感溢れた事例は、そうは無いだろう。
   塔身には金剛界四仏の種子が彫られている。蓮華
  に乗る月輪の中に梵字があるが、在銘のアク(不空
  成就)部分にのみ月輪は無い。写真はタラークで、
  宝生如来を象徴している。
   隅飾は別石であり、三弧輪郭付きで微かに外側へ
  傾斜している。
   部分的に欠落はあるものの、当代の雄渾さを良く
  表した秀逸な宝篋印塔だろう。
     

       
   
     阿弥陀寺宝篋印塔 (滋賀県竜王町弓削)
      
      
   このお寺は竜王町の弓削(ゆげ)という里にあり、
  近江八幡市とは日野川を境界として隣接している。
   訪ねたのは八月地蔵盆の前で、里中に祭られた無
  数の石仏それぞれに、色とりどりの可愛い前垂れが
  結んであった。里人の篤い信仰心が感じられ、無味
  乾燥な都会暮らしを振り返らされていた。

   基礎に正安二年(1300)の銘があり、鎌倉後期を代
  表する古塔の一つであることが判る。
   基礎の格狭間には開いた蓮華文様が浮彫されてい
  て、関東の質実な宝篋印塔との違いを如実に知るこ
  とが出来る。
   更に、基礎の上段には複弁の反花が彫られている。

   塔身の梵字は比較的穏やかで、胎蔵界四仏の種子
  を表している。写真は「ア」で宝幢如来を象徴して
  おり、他の三面の梵字は「アー・アン・アク」であ
  る。胎蔵界四仏は余り知られていないのだが、ちな
  みに他の三仏は、開敷華王・無量寿・天鼓雷音、と
  されている。アン(無量寿)を阿弥陀と解釈する向
  きもあり、この件は研究不足をお詫びせねばならぬ。

   隅飾は三弧で、輪郭の中に月輪・梵字は通例なの
  だが、梵字が四方で変っているのが特徴である。写
  真の左隅飾は「ア」で、他に「アン・アク」が見ら
  れた。ここにも、胎蔵界四仏が彫り込まれているよ
  うだ。
   相輪は伏鉢、請花が完備し、九輪の内の二輪が残
  されている。
                               

      
   
     鏡山旧西光寺跡宝篋印塔 (滋賀県竜王町鏡)
      
      
     この宝篋印塔の前に立つと、直ぐに気が付く
  ことが二つある。
   一つは塔身の四隅に立った梟(フクロウ)ら
  しき鳥が彫られていること、もう一つは基礎部
  分の格狭間に向き合った二羽の孔雀が彫られて
  いることである。
   
   塔身の鳥形は宝篋印塔の原形とされる中国の
  銭弘俶(せんこうしゅく)塔に由来するもので、
  京都の北村美術館に在る旧妙真寺宝篋印塔と並
  び称されるものである。
   北村美術館の塔はほとんど見学不能であり、
  おまけに撮影禁止なので、ここの写真は大変貴
  重だと言える。
   塔身の梵字は、金剛界四方仏を象徴している。

   基礎の格狭間は背面を除く三方に彫られ、中
  にいずれも近江らしい模様である孔雀が意匠さ
  れている。石塔巡りの中で孔雀の文様を発見す
  ると、とても嬉しく感じるのは何故だろう。

   切石による二段の基壇、基礎上部の複弁反花
  座などが、この宝篋印塔の印象を壮麗なものに
  している。
   やや反った三弧の隅飾には輪郭・月輪・梵字
  が施されており、バン(金剛界大日)とカ(地
  蔵)が交互に彫られている。
   銘は無いが、総体的に鎌倉後期の塔と考えら
  れる。
                                         

      
   
     島八幡神社宝塔 (滋賀県竜王町島)
     
     
   島の集落の入口付近に八幡神社が在ったが、中世
  の宝塔らしき石造物は見当たらなかった。旧御旅所
  にある、と聞き探したが判らない。そうこうする内
  に、集落を抜けてしまったのだが、何と田んぼの真
  ん中に石塔が建っているではないか。
   細い畔を綱渡りのようにして進む。バランスを失
  えば、田んぼにグチャである。こんな場所に在る国
  指定重要文化財なんて、他に有るだろうか。

   宝塔の周囲だけは固められていたので、じっくり
  と眺めることは出来た。
   九輪の内、八輪より上を喪失しているが、伏鉢と
  請花の造りからも、豪快な相輪が想定出来そうだ。
   笠の特徴は先ず第一に、屋根四隅の降棟が三本筋
  になっていることだろう。類例は在るが、比較的珍
  しい部類ではある。
   次の特徴は、軒の形状である。下線は両端が微か
  に反っているだけで、ほぼ平らであり、上線は両端
  が極端に反っている。前述の西明寺塔に似ているよ
  うな気もする。
   屋根の裏に、二重の垂木型が設けられている。
   塔身の四面には扉形が彫られ、そこに銘があるそ
  うだがはっきりとは見えなかった。資料によれば、
  正和五年(1316)という鎌倉後期の作である。
   基礎は稲が繁ってとても見辛かったのだが、どう
  やら三茎蓮華と開蓮華を彫った格狭間が意匠されて
  いることが判った。
                                            

   
    
     地蔵堂七重塔 (滋賀県竜王町駕輿丁)
    
    
     前述の島とは県道を挟んだ反対側の集落で、
  賀輿丁(かよちょう)という珍しい地名である
  が、その名の由来は不明である。
   集落の中央辺りに地蔵堂が建っており、盛ん
  な信仰を示す赤い旗が立てられていた。

   案内板によれば廃福田寺に在ったものと伝わ
  るこの七重塔が、本堂の左手に小石仏と一緒に
  祀られている。
   花崗岩製で総高は
2.6m、正安二年(1300) 鎌
  倉後期の銘が確認されている。

   相輪は九輪の中間に折れた跡があるものの完
  存しているのが嬉しい。
   笠の配列は堂々とした鎌倉風であり、軒の厚
  さも反りも剛毅な気風を示している。逓減率も
  大きく、伝統的な様式を踏襲しているようだ。

   軸部初重には四方仏坐像が彫られており、顕
  教四仏と思われることから識別を試みたのだが
  明確な判定は出来なかった。西を阿弥陀とすれ
  ば、時計回りに弥勒、薬師、釈迦ということに
  なるのだが。
   基礎には、四面とも輪郭が巻かれ、三茎蓮華
  を彫った格狭間が意匠されている。残念ながら
  全体的にやや磨耗が激しく、美しさは半減して
  しまっている。   
               

   New
    
     西光寺宝塔 (滋賀県竜王町山之上)
    
    
     山之上は蒲生郡竜王町の最南端の地区で、国
  道477号と県道13号が交差している。
   西光寺はそんな山之上の集落のほぼ中心に建
  っている浄土宗の寺院である。天平期にあの良
  弁が開山したと伝わっている古刹である。

   改築された本堂前は広々とした境内で、伽藍
  や墓地が贅沢と思える程の広大な敷地の中に設
  けられている。

   写真は、鐘楼の前の無縁仏墓碑の横に置かれ
  た宝塔だが、以前は後方の地蔵堂横に後述の五
  重塔と並んで置かれていたそうだ。

   円筒形の塔身には、四面共に扉型が彫られて
  おり、正和元年(1312)鎌倉後期の年号が確認さ
  れているそうだ。
   緩やかな反りの笠、四隅の降棟、両端が反り
  上がった軒口、笠下の二段など、相輪は欠落し
  て別物が据えられてはいるものの、鎌倉後期ら
  しい特徴が随所に伺える。
   基礎は、輪郭ではなく壇上積様式で、格狭間
  の中に三面に開蓮華が意匠されている。残りの
  一面だけが宝瓶三茎蓮という、何とも洒落た演
  出なんだろうと感心した。  
               

   New   
    
     西光寺五重塔 (滋賀県竜王町山之上)
    
    
     広々とした境内に直接行かず、山門の左手か
  ら墓地の方へ進むと、直ぐ右手の無縁仏墓碑群
  の横に、写真の石造五重塔が建っていた。資料
  には、文保三年(1319)鎌倉後期の層塔があるこ
  とになっている。

   前述の項にも記したが、本堂改築と同時に墓
  地も整備され、多くの石塔も整然と整備された
  らしい。以前は、宝塔と並んで地蔵堂の脇に建
  っていたそうである。

   方形の基壇に載る基礎は、四方共に輪郭を巻
  いた中に格狭間が彫られている。
   塔身(初重軸部)には、舟形に彫りくぼめた
  中に如来座像が半肉彫されている。図像から判
  別出来そうなのは西方の阿弥陀如来くらいであ
  るが、四仏共図像というのは顕教四仏であるケ
  ースが大半である。金剛界四仏の場合には、一
  面を梵字にしたりすることが多いので、ここで
  は顕教四仏と解釈するのが最善だろう。
   各層の軒口は全体像からすると厚手で、ほぼ
  水平ながら上の線の両端が軽く反っている。
   屋根幅が最上部のみ急に短くなっているのが
  気になるところで、七重塔だった可能性も見え
  たような気がした。
   鎌倉後期と思われる層塔だが、これが文保塔
  なのかは確認出来なかった。 
                                         

       
    
     千原神社宝塔 (滋賀県野洲市井ノ口)
    
    
   旧中主町の井ノ口という里にある、愛らしい規模
  の神社である。古庭園で知られる兵主大社は、ここ
  から1キロほどの近さである。

   相輪は九輪部分の半分が喪失していて残念だが、
  他の作品を連想すれば、往時の姿を想像することは
  出来そうだ。

   降棟のある笠の軒は厚く、緩やかに反っているの
  で、古式の落ち着きが感じられる。
   笠裏に二段の垂木型が設けられており、また塔身
  の首部には二重の段が付けられている。

   写真にも見えるが、円筒形の塔身の正面のみに、
  扉形の変形とされる鳥居が彫られている。
   塔身の扉形は、湧出した宝塔内部に座す多宝仏の
  存在を暗示させる扉であり、結界の意が転じて鳥居
  という形になったものと思われる。
 
   基礎の格狭間は右側面のみに彫られており、写真
  には正面と左側面が写っている。ここには格狭間は
  無く、輪郭の中に直接三茎蓮華が彫ってある。勢い
  の感じられる見事な蓮華文様だ。
   右側面の格狭間の中には開蓮華が置かれ、そして
  基礎背面は無地であった。
   基礎左側面に文保三年(1319)の銘がある。鎌倉後
  期らしい風貌が、それを納得させてくれる。
                                               

   
    
     仏法寺宝篋印塔 (滋賀県野洲市井ノ口)
    
    
     前述の千原神社に隣接する寺で、兵主大社に
  も近く寺院や神社が密集した歴史的にも由緒深
  い地域である。

   本堂に向かって左側の植栽の中、百日紅の白
  い花を天蓋にして、この優雅な宝篋印塔が建っ
  ていた。
2.3mという背よりも高い大型の塔で、
  石材は花崗岩だろう。

   相輪は、宝珠から伏鉢までが完存しており、
  特に下の請花の連弁が繊細に彫られていて特徴
  的である。
   笠は上六段下二段と一般的だが、輪郭付き二
  弧の隅飾には月輪が彫られ、中に金剛界大日の
  種子バンが刻まれている。
   複弁反花座に載る塔身には、各面に全体が印
  刻された月輪が彫られ、中に蓮座に載る金剛界
  四仏の種子(梵字)が薬研彫りされている。写
  真の梵字は右がタラーク(宝生)、左はキリー
  ク(阿弥陀)である。
   月輪は線彫が通常で、全体が印刻された例は
  珍しく、丁寧で格調有る仕事が成されている。
   基礎は輪郭を巻いた格狭間が作られ、開蓮華
  模様が浮彫されている。文保三年(1319)鎌倉
  後期の年号が刻まれた秀麗な石塔である。
                                        

   
    
     兵主大社宝塔 (滋賀県野洲市五条)
    
    
     平安期池泉庭園の面影を残す庭園で知られて
  何度か訪ねたが、今回までこの石造宝塔の存在
  には気が付かないでいた。
   拝殿へと向かう参道と右手の建物の間の茂み
  の中に、写真の優美な宝塔が建っている。
   完存する相輪は豪快な造りで、鎌倉期の力強
  さが感じられる。
   笠上には露盤が設けられ、屋根の四隅には降
  棟、軒下には二段の垂木型が彫り出されており
  優雅な造りとなっている。軒両端の反りがやや
  大きいことからは南北朝初期が想定される。
   軸部は総体的に華奢で、特に首部の段形が細
  身であり、このあたりには南北朝らしさが出て
  いるようだ。塔身には扉型が線彫されている。
   基礎は四面に輪郭が巻かれ、格狭間の中に開
  蓮華が浮彫されている。格狭間にはやや力弱い
  部分が見られるので、鎌倉末期から南北朝初期
  と分析した。
   総合的に、限りなく鎌倉末期に近い南北朝の
  初期の作、だろうと勝手に決めた。

   製作年代の推理は楽しいもので、石塔の多様
  な美しさからは、年代や様式を超越したフォル
  ムそのものの魅力が受け取れるのである。
   その意味で本塔は、豪快な中に繊細さが感じ
  られる好みの傑作に違いない。
                                                 

   New   
    
     安楽寺宝塔 (滋賀県野洲市吉川)
    
    
     野洲川が琵琶湖へ流れ込む守山市の河口付近
  に隣接している野洲市の最北端の地区である。
  寺院が密集した集落の南端に、小さな観音堂の
  ような本堂の安楽寺が建っている。天台真盛宗
  と山門脇の石碑に彫られているが、大津坂本の
  西教寺が総本山の宗派だそうだ。

   写真の宝塔が、山門を入った左手に無数の五
  輪塔と一緒に祀られている。
   塔身の四方仏坐像以外には、全く装飾が成さ
  れていない簡素な宝塔である。
   舟形に彫りくぼめた光背の中に座す如来像な
  のだろうが、磨滅が激しく印相や蓮座の有無す
  ら判別出来ない。
   塔身上の首部も、また基礎の方形も素地のま
  まで、一切の装飾が見られない。純粋な造形美
  を見せる、という意味で、装飾過剰な塔との対
  極にあるように見える。

   笠の屋根は緩やかな傾斜で、先端が軽く反っ
  ている。軒口はやや厚く、両端は反り上がって
  いる。相輪は、九輪の途中から上が欠落してい
  る。全体的に古調で、鎌倉中期頃を想定させる
  が、笠の反り具合からは後期が考えられる。総
  じて、中期から後期へと移行するあたり、とす
  るのが正解だろう。
               

   New   
    
     薬師堂宝篋印塔 (滋賀県野洲市比留田)
    
    
     兵主大社の在る五条地区と隣接する比留田地
  区には、吉川と同様多くの寺院が密集して寺町
  を形成している。
   薬師堂には茅葺の見事な山門があり、門前に
  国宝薬師如来と書かれた石柱が建っている。オ
  ヤと思われたのだが、宝物館の中に旧国宝(現
  重文)の秘仏薬師如来像が安置されているそう
  である。現在は同地区の西得寺の所管になって
  いる。

   写真の宝篋印塔は山門を入った最奥右手に、
  無数の墓碑石仏と共に祀られていた。
   基礎は、背面のみ無地で、他の三方は輪郭を
  巻いた中に格狭間が彫られている。
   複弁反花に載る塔身は、四方に金剛界四仏の
  種子を薬研彫りしている。梵字の筆致に、鎌倉
  期の鋭い力強さは見られない。
   笠は上七段(比較的珍しい)下二段で、隅飾
  は三弧で輪郭を巻き中は無地、やや外側へ反っ
  ている。
   相輪は九輪から上の請花と宝珠を欠いている
  が、雰囲気は十分残っている。伏鉢の背が高い
  のは、南北朝以降の特徴だろう。
   全体的に、鎌倉期の堂々とした体躯を残しつ
  つ、随所に南北朝の特徴が見られるので、南北
  朝初期の制作だろうという推論を立てた。この
  勝手な振舞いが、石造美術巡りの楽しみの一つ
  なのである。 
                                  

   New   
    
     蓮長寺篋印 (滋賀県野洲市比留田)
    
    
     前述の薬師堂や西得寺とは同地区に建つ浄土
  真宗の寺院で、山門は無いが堂々たる本堂に存
  在感がある。本尊は阿弥陀如来で、重文の十一
  面観音像は見逃せない。(要予約)

   本堂の左手築山の奥に、写真の宝篋印塔が建
  っている。
   色々と特徴のある塔で、先ず目に付くのが笠
  の上段だろう。通常は六段(たまに七段)だが
  ここでは八段であり、更に段の両端に傾斜が付
  けられているので、段の無い降棟のように見え
  てしまう。
   もう一つは基礎で、背の低さも感じるが、輪
  郭を巻いた中が三区に仕切られていることであ
  る。事例は在るが、近江では珍しいものだ。

   塔身には四方仏の種子が、月輪の中に薬研彫
  りされている。写真はキリーク(阿弥陀)であ
  る。雄渾な筆致ではないが、彫りは決して浅い
  方ではなく、むしろ流麗な書体と言えるかもし
  れない。
   笠の隅飾は、一弧で素面であり、ほぼ垂直に
  立っている。相輪は、九輪の上三輪以下が欠落
  しており、堂々たる相輪が想像されるだけに残
  念である。
   全体的には鎌倉末期の制作、と推定される。
                                      

   New   
    
     江龍寺跡篋印 (滋賀県野洲市比江)
    
    
     旧中主町から野洲駅へと通じる県道を南へ進
  むと、比江という地区に差し掛かる。
   江龍寺の位置が地図にもナヴィにも載ってい
  ないので、比江の自治会館で所在を伺ったとこ
  ろ、この直ぐ裏だとのことだった。

   郡西国二十一番十一面観世音菩薩と記した立
  派な石碑と素朴な門が見つかったが、中は畑と
  空地と小さなお堂しか見当たらなかった。
   しかし、ここが江龍寺の跡地らしく、空地の
  片隅に写真の宝篋印塔が廃材と並んで置かれて
  いた。

   これが弘安二年(1279)鎌倉中期という、石造
  美術好きにとっては垂涎の年号を持つ宝篋印塔
  だと知って驚愕した。何たる無知と野放図。近
  江最古の年号を有する貴重な古塔であり、保存
  のための囲いだけでも施すべきだろう。

   やや大きめの基礎の背面に、弘安の年号が確
  認されたのだそうだ。
   笠は、上七段下二段で、一弧無地の隅飾は軒
  と一体に彫られている。相輪の別物は論外。
   基礎の大きさがアンバランスであり、おそら
  くは寄せ集めの可能性が濃いが、他の部石も古
  調な彫りであり、いずれにしても鎌倉後期は下
  らないと思われる至宝である。
   文化行政の恥であり、一刻も早い保存のため
  の最善の施策を切望するものである。 
                           

    
    
     円光寺九重塔 (滋賀県野洲市久野部)
    
    
     JR野洲駅に程近い久野部の交差点の北側
  に、天台宗の歓喜山円光寺と記した石柱と山
  門が見える。
   清楚な門内、美しい本堂手前の左手に、写
  真の石造九重塔が堂々と建っていた。

   良く見ると、様々な疑問点が浮かび上がっ
  てくる。先ず最初に感じるのは、一番上の笠
  は軒の反り具合も異質であり、どう見ても宝
  塔の笠のように見える。
   また、下三層と中三層、更に上三層の間の
  笠の幅の逓減に段差があり過ぎるように見え
  る。従来は十三重塔だったのでは、という説
  があるが、小生もその通りの印象を受けた。
   軸部初重には写真のように四方仏と思われ
  る仏像が浮彫されているが、背面のみに梵字
  の「タラーク(宝生)」が彫られていること
  から、金剛界四仏を表わしているものと思わ
  れる。仏像はやや摩滅気味だが、古風な落ち
  着きが感じられて嬉しくなる。

   様々な流転があったのだろうが、一歩下っ
  て全体像を見ると、屋根の軒の厚さ、両端の
  微かな反り、各層軸部の幅広さなど、古調を
  示す要素が多く、鎌倉期もかなり古い落ち着
  いた時代、少なくとも中期頃の作のように感
  じられた。古武士の風格、とでも言っておこ
  う。
                                           

   New   
    
     宝樹寺宝篋印塔 (滋賀県野洲市小篠原)
    
    
     野洲駅の南を国道8号線(旧中山道)が通っ
  ており、街道南側の田中山に向かって少し入っ
  た所に、この浄土宗の寺院が建っている。

   山門を入って直ぐ右手の塀際に、石仏と並ん
  で写真の宝篋印塔が、均整の取れた美しい姿を
  見せてくれていた。

   力強い容姿の相輪に目が向くが、宝珠から伏
  鉢までが豪壮な大きさで完存している。
   笠は上六段下二段で、隅飾は二弧、輪郭を巻
  いた中は素地であり、軒と一体化している。少
  し外側に反っているのが確認出来る。

   塔身には、金剛界四仏の種子が月輪内に薬研
  彫されており、くっきりとした梵字の筆致が好
  ましい。写真は左がキリーク(阿弥陀)で、右
  はタラーク(宝生)である。
   複弁反花の下の基礎は、輪郭を巻いた中に、
  大らかで形の良い格狭間が彫られている。この
  格狭間の形だけでも、鎌倉後期は下らないとい
  う制作年代の推定は可能だろう。もちろん、梵
  字の完成度や相輪の豪快さなどが、大きな決め
  手となることは当然である。
                            

   New   
    
     報恩寺五重塔 (滋賀県野洲市南桜)
    
    
     野洲市の東南端、名神高速が野洲川を渡る辺
  りが南桜地区である。
   報恩寺は集落の東に建つ浄土宗の寺院で、白
  鳳期の銅造聖観音立像は重要文化財に指定され
  ている。
   石造五重塔は、本堂背後の墓地に、無銘の板
  碑状墓碑や石碑と並んで建っていた。

   基礎は、四方に輪郭を巻いた中に格狭間が描
  かれている。
   塔身(初重軸部)には、二重の円光形に彫り
  くぼめた中に、四方仏の坐像が半肉彫されてい
  る。磨耗の為、各尊像の識別は不可能だった。
   各層の屋根は各軸部と一体で彫られており、
  屋根の勾配はほとんど見られない。軒口は厚目
  で、緩やかな曲線の反りを見せ、両端は微かに
  反っている。次掲の守山最明寺の五重塔に比べ
  ると、やや武骨な部分が見られるが、かなり似
  ているようにもおもえるので、この五重塔は鎌
  倉中期にやや近い後期であろう、と想定した。

   相輪部分は完全に喪失しており、明らかな別
  物が載せられている。おそらくは一石五輪塔の
  一部だろうと思われるが、このナンセンスな感
  覚だけは改めて頂きたい。妙な異物を載せるく
  らいなら、何も無い方がこの塔の美しさを守れ
  ると思うのだが。
                                     

       
       
     最明寺五重塔 (滋賀県守山市勝部)
        
       
   JR守山駅の西方、密集した住宅地の中にこの
  小さな寺が建っている。山門を入るとすぐ鐘楼が
  見えるが、石造五重塔はその脇左側、本堂との間
  にさりげなく置かれている。

   解説板によれば、建長二年(1250)鎌倉中期に北
  条時頼によって建てられたらしい。寺伝では "ら
  しい”と但し書があることから、確証は無いのだ
  ろうが、石塔の風格や様式から、ほぼその時代に
  近い造立であることは間違い無さそうだ。

   最初に目に入るのは、初層軸部の四方仏である。
  各仏像を特定するのは難しいが、いずれも舟形の
  光背を持ち、蓮華座に坐した仏像が彫り込まれて
  いる。
   やや磨耗が激しいが、屋根の軒はたおやかな反
  りを示しており、後期の剛毅な反りへと移行する
  前手の様式ではないかと思う。大らかでゆるやか
  な曲線を描いているから、なのである。
   相輪は失われているが、全体に古風な美しさを
  見せているこの塔は国の重要文化財の指定を受け
  ている。

  守山市は石造美術の密集する近江にあって、特に
  優れた作品が格別に集中した地域であり、国の文
  化財に指定されたものも数多い。   
                                         

    
    
     東門院五重塔 (滋賀県守山市勝部)
    
    
   前掲の最明寺からは歩いて10分ほどの位置に
  あり、かつては壮大な寺域と格式を誇っていたと
  いう。現在は大きなお堂も無く周辺はひっそりと
  しており、がらんとした境内の隅に鎌倉期の宝篋
  印塔や宝塔など、数基の石塔が並んでいる。その
  中央に建っているのが、この写真の石造五重塔で
  ある。

   基礎の石が低いこと、初重軸部の奥と手前に二
  石を使用していること、屋根の勾配がゆるく直線
  的であること、軒の反りが微妙であること、など
  など鎌倉時代も中期以前、かなり古式の前期まで
  さかのぼれるかも知れない。

   軸部は二石を合わせた格好になっているため、
  前に薬師、後方に阿弥陀の各像が彫られ、側面に
  は何も彫られていない。これは、百済石塔の様式
  を示す石塔寺三重塔と似ているらしい。

   相輪が失われているのは淋しいが、何にしても
  古式の風格の漂う美しい塔であり、近江では石塔
  寺に次ぐ古い遺構である。
                                              

  
   
     善立寺懸所宝塔 (滋賀県守山市金ケ森)
     
    
   守山市の金ケ森御堂と呼ばれる善立寺の奥庭に、こ
  の秀麗な宝塔が建っていた。国の重要文化財で、宝塔
  を語る時には秀作として必ず引き合いに出されるほど
  の名作なのである。
   現在建っている場所が狭いので、一方からしか鑑賞
  できないのが残念なのだが、それでも近江の並み居る
  傑作宝塔の中にあっても、格別秀でた存在であること
  が、その均整のとれた立ち姿から即座に理解できたの
  だった。
   基礎は四石から成り、各二面に格狭間を彫り、さら
  にその中に向かい合う孔雀の姿が彫り込まれている。
   塔身には四方に扉型、二段の首部には勾欄と欄干、
  軒裏には三段の木造建築の組み物のような部分、など
  など華麗な装飾が成されている。
   笠の軒は厚いほうではないが、決して薄っぺらでは
  なく、反り具合も鎌倉後期らしくキリっとしている。
   相輪はここだけが白く見えて不自然だったが、解体
  修理の際に洗われたのだろう。火焔形の宝珠、請花な
  どの完備した完璧な様式である。
   高さは3.8mほどの大きなもので、全て花崗岩で
  出来ている。
                                                         

   
   
     福林寺宝塔 (滋賀県守山市木ノ浜)
     
    
   守山市の琵琶湖寄り、大橋に近い旧道に面してこ
  の寺が建っている。境内は狭いが、右手の茂みの中
  に二基の石造宝塔が建っていた。
   様式的に二基はほとんど瓜二つであり、ほぼ同時
  期に何らかを目的とした対として造立されたものだ
  ろう。
   基礎四方には輪郭・格狭間が彫られ、塔身下部正
  面に如来坐像が浮彫されている。像容は不明だが、
  釈迦如来という説が有望らしい。
   二段の首部と丸味の付いた笠下とが、全体に軽快
  で柔軟な印象を与えている。首部がこんなに大きい
  作例は、前述の鶴の塔など数例しか見たことが無い
  貴重な遺構である。
   軒の反りには、いかにも鎌倉中期から後期へかけ
  てのやや様式化していく過程が見られるのだが、全
  体的にはたおやかな造形美が感じられる中期の作だ
  ろうと感じた。
   相輪は中間が喪失しており、露盤らしきものも見
  られない。
   寺は小さいが、仏像にも見るべき傑作が在る美し
  い聖域である。
                                                    

        
                 
     志那神社宝塔 (滋賀県草津市志那中町)
     
                    
   草津市の北側、琵琶湖の湖岸に志那という小さな
  漁港がある。その一帯が志那中町と志那町である。
   この神社は志那町に属しているが、次に掲載する
  志那中町の惣社神社と共に、草津市を代表する宝塔
  を保存している。

   見るからに整然とした名塔であり、これぞ近江の
  宝塔と言っても良いほどの完成度を示している。
   堂々と完存する相輪、降棟の有る屋根と緩く反っ
  た厚手の軒を持つ笠などは、鎌倉期の重厚な意匠を
  感じさせてくれる。

   笠裏に三段の垂木型を設け、塔身首部を二段にし
  て縁板状を造り出している。
   円筒形の塔身正面には、微かだが鳥居のような扉
  形が彫られているのが確認できる。

   基礎正面の格狭間に、二本の茎を持つ蓮華のほか
  に仏像が一体彫られている。かなり磨耗しているの
  で、はっきりとはしないのだが、なんとか確認だけ
  は出来た。ほとんど見かけない意匠なので、図像学
  的にも貴重な存在であろう。

   銘が無いので制作年代は不明だが、鎌倉後期の豪
  快さと南北朝の繊細な装飾感覚から、どうやら鎌倉
  末期から南北朝初期あたりだろうと推定した。
                                                      

       
      
     惣社神社宝塔 (滋賀県草津市志那中町
     
     
   前述の志那神社からは約1キロしか離れていない、
  志那中町集落の東端に位置する古いお社である。
   かつてここには大般若寺という大きな寺が在った
  そうで、この宝塔もそこに関連していたものらしい。
   相輪は完全に失われているのだが、全体から受け
  る印象は、これは相当古そうだというのが第一感だ
  った。

   傾斜が緩やかで降棟の無い偏平な屋根と、両端だ
  けに微かな反りの見られる軒などから、笠の様式は
  かなり古式なのだろうと感じた。
   笠下にかなりの厚さで、二段構えの垂木型を造り
  出しており、鶴の塔や福林寺の事例に共通した古式
  がここでも感じられる。

   写真は光線の関係で背後からのものしか無いのだ
  が、実は正面の意匠がとても大事だった。
   塔身正面には薄い彫りながら扉形が見え、背の低
  い基礎の正面にだけ二区の格狭間が彫られていた。
   塔身の形はやや肩の張った瓶形であり、大津長安
  寺の牛塔に似ていると感じた。

   無銘塔の制作年代推理ゲームが面白いのだが、あ
  らゆる要素を総合的に考えて、鎌倉中期は下らない
  であろうという結論に達した。
                                             

    
    
     無量寿寺宝篋印塔 (滋賀県草津市青地町)
    
    
     草津市の東端、栗東市との市境近くの青地町
  の志津という歴史在る地域に、この浄土宗の寺
  院が建っている。

   本堂に向かった左側、墓地の入口近くに、二
  段の基壇と半花座、蓮華台座の上に載った写真
  の宝篋印塔が建てられていた。台座から下は後
  世のものである。
   この塔は小ぶりながら、遠くから眺めても均
  整のとれた美しいシルエットをしている。

   宝珠から伏鉢までが完存する相輪が、堂々と
  していて先ず気に入った。
   笠は、上六段下二段で、輪郭の付いた二弧の
  隅飾は、微かに外側へ傾斜している。輪郭の中
  には何も彫られていないようだ。
   塔身には、金剛界四仏を象徴する種子が、や
  や浅めの彫りながら月輪内に刻まれている。
   キリーク(阿弥陀)の横に正安四年 (1302)
  という鎌倉後期の年号が彫られている。完存す
  る正安塔として貴重な存在である。
   上二段の基礎は、四面共に壇上積の中に格狭
  間が意匠されている。格狭間は上端に、鎌倉ら
  しい剛毅さが見られる。中には蓮華模様などは
  彫られていない。
                                  

      
   
     新善光寺宝篋印塔 (滋賀県栗東市林)
      
      
   林は旧石部の宿から下って来た旧東海道に面した
  集落で、新善光寺の本堂の屋根はかなり遠くからで
  も見ることが出来た。名前通り、信濃善光寺の阿弥
  陀如来の分身を祀って、鎌倉期に建立されたという。

   この宝篋印塔は墓地の片隅に置かれており、残念
  なことに基礎と相輪が完全に喪失している。
   現在の基礎には、写真で見る通り、何とも無粋で
  荒削りな石が使われている。妙な代用よりは、まだ
  マシと考えるべきだろう。
   それに比して、笠と塔身の美しさは無類で、古式
  の塔のみが発するオーラの如き別格の輝きが感じら
  れた。

   笠は、六段の上部と隅飾、軒口と下部二段の全て
  が一体に造られている。二弧無地の隅飾は、外側は
  ほぼ垂直で反りが無く、表面が軒口と段差無く完全
  に一体化しているのは、輿山往生院(生駒)や妙法
  寺薬師堂(八日市)など数例しか無い古式であろう。
   塔身は約40
cm角の立方体で、月輪の内側に蓮華
  座を彫り、その上に金剛界四仏種子の梵字が乗って
  いる。写真は左側がキリーク(阿弥陀)、右がタラ
  ーク(宝生)である。彫りはかなり浅く、陰影がは
  っきりとしない。
   しかし何と、この南側のタラーク面に、弘安三年
  (1280)という年号が彫られていたのである。近江に
  は弘安二年銘の宝篋印塔が在るが、塔の部材に問題
  があるので、事実上は最古の部類に入る、とだけ申
  し上げておく。   
                                

    
    
     安養寺層塔 (滋賀県栗東市安養寺)
    
    
     本尊の薬師如来像や江戸期の池泉庭園などを
  見るために、この寺へは昔訪ねてきたことがあ
  ったのだが、十三重石塔に関しては当時は全く
  認識不足であった。

   石塔は本堂の手前左側に建っていたが、基礎
  や塔身が植栽に覆われてやや見辛かった。
   本来は十三重であったのだろうが、現在は十
  重になっている。下から九層目の屋根(笠)の
  幅が急に小さくなっており、明らかに九から十
  一層までの三層が欠落しているのである。
   しかし、笠の軒の厚みが示す豪快な迫力、両
  端の微かな反り具合などからは、鎌倉中期から
  後期に至る辺りの豪放な美意識が感じられる。
   塔身には四方仏坐像が半肉彫りされているの
  だが、植栽に隠れて正面しか見えなかった。
   塔身は、基礎上に彫られた複弁反花の上に載
  っている。
   基礎の正面は二区それぞれに僧形坐像が彫ら
  れており、他の面には格狭間が意匠されている
  らしいのだが、これも詳細は見えなかった。
   相輪は、先端の宝珠から龍車・水煙・九輪・
  請花・伏鉢・露盤と、石造美術のお手本のよう
  に完全な形で残されている。

   東大寺の良弁が開基、空海が中興した真言宗
  の名刹である。
                     

   New   
    
     徳生寺宝篋印塔 (滋賀県栗東市伊勢落)
    
    
     栗東市の東端、野洲市の南桜とは野洲川を挟
  んで相対している。石部から草津へと向かう旧
  東海道筋にあたる宿場跡で、伊勢落という地名
  は、斎宮の禊場が在ったことに由来する。

   可愛い山門を入ると正面に本堂が在り、その
  右手の空地に写真の宝篋印塔が建っていた。
   下二段の基壇が立派過ぎて、宝篋印塔が小さ
  く見えてしまうのだが、基壇は後補らしい。

   大和式の複弁反花の上に載る基礎は、輪郭を
  巻いた中に格狭間を彫ってある。
   二段の上の塔身には、四方仏の種子が彫られ
  ているのだが、か細い彫りの梵字には魅力が感
  じられない。格狭間も含め、彫りのレヴェルは
  凡庸だろう。
   笠は、下二段上六段で隅飾は二弧、輪郭を巻
  いた中は無地、外側へ軽く傾斜している。

   この宝篋印塔で最も素晴らしいのが相輪で、
  形の良い最上部の宝珠から請花・九輪・請花・
  伏鉢と、豪快な形状が完璧である。塔全体の姿
  を、均整の取れたものにしている。

   梵字や格狭間の弱々しい塔身以下に比して、
  隅飾の反りや剛毅な相輪の力強さが相反し、制
  作年代の推理を至難にしている。鎌倉後期の面
  影を残す、南北朝初期とするのが落しどころだ
  ろうか。
                                     

    
    
     少菩提寺跡多宝塔 (滋賀県湖南市甲西)
    
    
   菩提寺という簡素な集落の外れ、竹林に囲まれた
  静寂な雰囲気の中に、この優雅な姿をした石塔は立
  っていた。
   かつては少菩提寺という寺の有った場所だが、こ
  の石塔以外には、三体の地蔵菩薩の石像が見られる
  だけで、全くの廃墟となっている。
   常楽寺のところでも既に記したが、石造多宝塔の
  遺構は極めて貴重であり、ましてや仁治二年(1241)
  という刻銘からも分かるが、鎌倉中期の美意識がい
  かに卓越していたかを物語る絶品であると言える。

   上層の屋根が二重になっており、軒下には持送り
  石が入っているなど複雑な構造になっている。屋根
  の軒の反り具合で時代はある程度把握できるが、こ
  の静かな反りが見事に鎌倉様式を示している。
   下層軸部の高さがやや大きいことは、石塔寺や韓
  国新羅の石塔にも通じる古式の優美さを伝えている
  とも思える。また、両親のための永代供養を念願し
  た納経塔でもあるというが、迷うことの無いすっき
  りとした造形を純真な信仰が生んだ、とも言える。
                                  

    
    
     長寿寺多宝塔 (滋賀県湖南市石部)
    
    
   近年の市町村合併で、石部町と甲西町が合併して
  湖南市となったが、御時世ということで致し方は無
  いのだろう。
   甲西町の善水寺、石部町の常楽寺と、この長寿寺
  をいつの頃からか湖南三山と呼ぶようになった。発
  信元は、湖東三山を売りつくした観光会社かもしれ
  ない。

   常楽寺の西寺に対して、ここは東寺と呼ばれてお
  り、天平時代に良弁僧正が建立した大寺であった。
  鎌倉初期の本堂(国宝)や弁天堂(重文)が、往時
  の遺構として残されている。

   この珍しい石造多宝塔は、本堂へと向かう参道の
  右側奥にひっそりと建っている。参拝者は多いが、
  目を向ける人は少ない。
   九輪が失われた相輪部分には、宝珠と伏鉢だけが
  笠の上に乗っている。
   上層の屋根は二重になっており、軒下に分厚い持
  ち送り石が彫られている姿は、同じ甲西町の少菩提
  寺跡の石造多宝塔にとてもよく似ている。
   屋根の微妙な反り、勾欄の無い饅頭型と呼ばれる
  円形部分、そして軸部の縦長な姿などは瓜二つとも
  言えるだろう。同じ石工の作、とも考えられる。
   下層の屋根の反りが、こちらの方がやや大きいこ
  とが、時代的に少し下がるかもしれない。しかし、
  鎌倉後期を下ることはない、堂々たる傑作だ。
                  

   New   
    
     永厳寺跡(正福寺)宝塔 (滋賀県湖南市正福寺)
    
    
     正福寺は湖南市中心の甲西とは野洲川を挟ん
  だ対岸に当り、字名ともなった古刹が岩根山の
  山麓に建っている。
   その正福寺の塔頭だった永厳寺は、現在は寺
  の東に小堂を残すのみだが、その横に思わず目
  を見張らされてしまう程見事な石造宝塔がすっ
  くと建っていた。

   高さが4m近くもある大塔だが、均整の取れ
  た稀に見る秀麗な宝塔である。
   切石の基壇に載る基礎は全くの無地で、何も
  装飾は成されていない。
   円筒形の塔身軸部には、四方に扉型が彫られ
  ている。首部には勾欄が意匠され、精巧な彫刻
  が施されている。
   笠の形が何とも美しい。笠下には三段の斗拱
  型段形が彫られ、屋根の四隅には三筋の降棟が
  表現されている。軒の厚さが優雅な薄さを示し
  ており、両端の反りは比較的弱々しく古風です
  らある。
   笠上の露盤には、写真では識別不能だが、輪
  郭を巻いた中に格狭間が彫られている。
   相輪の、特に伏鉢の高さが異常であることに
  違和感を覚えていたが、相輪全体が後補と聞い
  て納得だった。
   塔身に貞観三年(861)平安前期という銘が刻
  まれているが、鎌倉後期〜南北朝と考えられる
  様式からは、明らかな後刻であると思われる。
                             

   New   
    
     川田神社宝塔 (滋賀県湖南市正福寺)
    
    
     正福寺の前の田圃の中、といった表現が相応
  しいほど、整然と区画された水田のなかにポツ
  ンと神社の杜が見える。
   玉垣に囲まれた本殿に参拝し、左手の森の中
  を歩くと、写真の石造宝塔が建っていた。文化
  財に指定されている割には、あまりにも唐突に
  置かれていることに驚いた。

   基礎は、背面のみが無地で、他の三面は輪郭
  を巻いた中に格狭間が彫られている。写真で判
  る様に、とても良い形の彫りである。
   一段の首部がある塔身軸部には、扉形などの
  装飾は一切見当たらない。
   笠は、写真では判らないが、笠下に一段の垂
  木型が彫り出されている。軒は割と厚く、両端
  は反り上がっている。屋根の四隅には、三筋の
  降棟が意匠されており、装飾の少ない塔の中に
  あって、笠部分だけが精一杯のお洒落をしてい
  るように思えた。
   無地の露盤に載る相輪は、九輪の修復部分以
  外は完璧な保存状態で、上から宝珠・請花・九
  輪・請花・伏鉢が完存している。

   制作年代については、なんとも悩まされる。
  湖南市の案内板には南北朝と記されていたが、
  鎌倉後期を思わせる格狭間と軒口の反り、古調
  の塔身部、後世を思わせる伏鉢の背の高さ、な
  どが交錯し悩まされるからである。
   小生の所感は鎌倉末期である。 
               

   New   
    
     常永寺五輪塔 (滋賀県湖南市岩根)
    
    
     岩根は湖南市の東端に近く、前述の正福寺に
  隣接する地域である。
   常永寺は岩根集落の西南端部に位置する浄土
  宗の寺院で、写真の五輪塔は門を入って直ぐ、
  参道右手に建っている。

   上から、空輪は宝珠らしいふっくらとした形
  で、蓮のつぼみを連想させる。請花としての風
  輪はやや扁平に見える。
   火輪(笠)は、屋根の傾斜がやや急だが、先
  端が緩やかに反っている。軒口は比較的厚く、
  両端は強烈ではなく程良く反っている。
   水輪(塔身)は、微妙に偏平さが残るが、ほ
  ぼ完全な良い形の球形である。
   地輪(基礎)は、やや背の高い方形で、背面
  に康永四年(1345)南北朝初期の年号と、一結衆
  の銘が彫られているらしいのだが、判読は出来
  なかった。

   各輪の四方に、五輪塔四門を象徴した梵字が
  彫られている。写真の正面には、上からキャ・
  カ・ラ・バ・アと刻まれているのだが、彫りが
  浅く書体も小さいのではっきりとは写っていな
  い。剛毅な書体が特徴の鎌倉期に比べると、総
  てが女性的(弱々しい)となる南北朝期の特徴
  を良く表していると思う。
   これといった特徴は無いが、近江では珍しい
  銘の入った五輪塔として、貴重な存在だと言え
  るだろう。 
                                   

   New   
    
     観音寺跡宝篋印塔 (滋賀県湖南市朝国)
    
    
     湖南市の最東南端、国道1号線の朝国交差点
  の北東にある竹藪の中に、写真の宝篋印塔が建
  っている。工場や倉庫が林立する地域だが、北
  側の山裾から小川に沿って畦道を歩き、倉庫裏
  手の竹藪へと行くことが出来る。
   そこは北条時頼創建の伝説が残る観音寺の廃
  寺跡で、忘れられたかのように一基の石塔が建
  っていた。

   上六段下二段の笠の隅飾は、三弧で輪郭を巻
  いてある。中は無地だが彫りが深く、キリリと
  した確たる造形意識が感じられる。
   基礎には輪郭が巻かれ、美しい形の格狭間が
  深い彫りで描かれている。中は素地だが、これ
  も只ならぬ鮮やかな彫りで、この基礎と笠の美
  意識の鋭さから、直ぐに鎌倉後期の円熟した造
  形が想定出来た。
   案の定、基礎に正和二年(1313)鎌倉後期とい
  う年号が確認されているそうだ。自分の目で確
  かめたが、言われてみれば程度の判読しか出来
  なかった。
   塔身の正面には「法界」の文字が刻まれてい
  るが、石材質も異なっており、明らかに後補で
  あろうと考える。しかし、全体像として眺める
  と全く違和感は無く、無装飾であることが返っ
  て笠と基礎の造形を引き立てているように思え
  たのだった。
   相輪の別物は論外だろう。 
                                    

   
    
     正福寺宝篋印塔 (滋賀県甲賀市杉谷)
    
    
     旧甲南町杉谷の入口近くに位置するお寺で、第
  二名神高速の開通によりアプローチは格段に容易
  となった。
   聖徳太子開基と伝わる古刹で、現在は臨済宗の
  寺院となっている。本尊の十一面観音(重文)は
  秘仏で、“世継観音”として知られる。
   本堂右手に庭園が在り、宝篋印塔はその一画に
  置かれている。

   相輪は、先端の宝珠から下部の請花、伏鉢まで
  が完存しているが、やや華奢に見える。
   笠は上六段下二段の定型で、輪郭の付いた二弧
  の隅飾はほぼ垂直に立っている。
   塔身には、月輪内に薬研彫りされた梵字が四方
  に意匠されており、金剛界四仏を象徴している。
  写真はタラークで、宝生如来を表わす種子(梵字)
  である。その右側は、ウーンで阿しゅく如来を象
  徴している。
   基礎は無地だが三段の基壇が豪華で、最上段に
  は複弁蓮華座が設けられている。蓮華座に石塔の
  載る様式は大和で多く見られ、この地が近江と大
  和の文化交流点に当る事を物語るように思える。
   隅飾の垂直な立ち方や深い薬研彫りからは鎌倉
  様式が伺えるが、全体に漂うひ弱さからは南北朝
  とするのが正しいようだ。
                                    

   
    
     勢田寺宝篋印塔 (滋賀県甲賀市杉谷)
    
    
     前掲の正福寺から杉谷を更に深く分け入った里
  に、最澄開基と伝わるこの古刹(現在は浄土宗)
  が在る。「せいでんじ」と読む。
   山門を入った本堂手前左手に、二基の力強さに
  満ちた宝篋印塔が建っている。

   写真は、山門に近い方の塔(南塔)で、正和五
  年 (1316) という鎌倉後期の年号が発見されてい
  る。蓮華座に載っており、ここにも大和様式の影
  響を見ることが出来る。
   上二段壇上積式の基礎には格狭間が彫られ、中
  に開蓮華が浮彫されているのだが、裏面は格狭間
  のみのように見え、他の一面は植栽の繁茂によっ
  て確認が出来なかった。
   塔身には、浅彫りに沈めた月輪内に、金剛界四
  仏の種子が薬研彫りで描かれている。雄渾な筆致
  は、いかにも鎌倉期らしい精神をも象徴している
  ように見える。
   笠は、上六段下二段で、輪郭を巻いた二弧の隅
  飾の中は無地、やや外側に反っている。塔身の大
  きさに比してかなり大きめな笠であり、同じ鎌倉
  でも古式な様式を踏襲しているようだ。
   相輪は、九輪の中程から上が喪失しているが、
  大柄な伏鉢や奔放な請花からは、何とも豪壮な相
  輪が想起されてくる。

   もう一基(北塔)も鎌倉後期の塔で、ほぼ同様
  の形式だが、相輪が喪失している。
                                   

   
    
     滝樹神社宝篋印塔 (滋賀県甲賀市前野)
    
    
     旧土山町に在る「たき」と読む神社で、仁和九
  年
(893) に鎮座した由緒深い社である。無形文
  化財の「ケンケト踊」や、絶滅危惧種として保護
  区とされる「ユキワリイチゲ」の花でも知られて
  いる。
   この宝篋印塔は、社殿の左手に広がる深い林の
  中に、一基だけでポツンと建っており探すのに少
  し苦労した。

   
1.6mの高さの花崗岩製で、相輪は宝珠、請花、
  九輪、請花、伏鉢の全てが揃っている。豪快さと
  繊細さを兼備した秀逸な相輪で、全体の像容とも
  見事に調和している。
   笠は上六段下二段の定型で、輪郭を巻いた隅飾
  の中は無地の二弧、先端はやや外へ傾いている。

   写真は正面で、塔身には仏像が彫られている。
  他の三面には梵字が彫られており、ウーン(阿し
  ゅく)などが見られるので、金剛界四仏だろうと
  思うのだが、他の梵字が磨耗してよく判らない。
  仏像は智拳印を結んでいるように見える事から、
  金剛界大日如来像ではないかと思えた。
   基礎は上二段で、輪郭を巻いた中に格狭間が彫
  ってあるが曲線はやや弱々しく、背面は全く加工
  の無い素面となっている。
   均整の取れた細工のしっかりとした玄人好みの
  石塔だが、総体的な繊細さが限りなく南北朝に近
  い鎌倉末期を示しているように感じられた。   
                            

   
   
     石山寺宝塔 (滋賀県大津市石山)
    
    
   或る年の初春、石山寺へは盛りの梅と国宝の木
  造多宝塔、それに石造三重宝篋印塔をみるために
  訪山したのだった。
   多宝塔の全容が見える場所に、この石造宝塔が
  囲いも案内の説明も無く、放り出されるようにし
  て建っていた。目的としていた文化財はいずれも
  素晴らしかったが、何故か私にはこの宝塔が最も
  印象に残った。つむじ曲がりには、ノーマークの
  穴馬が相応しい、というところだろうか。
   しかし、どっこいこの宝塔は、単なる穴馬では
  済まされない。少しぼってりとした塔身に親しみ
  が持てるし、やや反りは強くなりかかってはいる
  ものの、古式のみに感じられる品位を失っていな
  い笠、相輪や基礎も含め、全体の雰囲気がとても
  良いからだ。
   おそらく、鎌倉期の最後の方かもしれない。
   ぎんぎらの指定文化財は大半が傑作と決まって
  いるが、こうした隠れ名品との偶然の出会いは又
  格別である。
   梅園の梅が満開で、ここまで芳香が漂って来る
  ような気がしたものだ。
                                 

    
      
     石山寺篋印塔(滋賀県大津市石山)
      
      
   石山寺の梅を観に訪れた際、文化財としても著
  名な三重宝篋印塔を観た。しかし、その物珍しい
  だけの姿には少しも美しさは感じられず、正直余
  り好きにはなれなかった。
   がっかりしながら歩いた境内で、国宝の木造多
  宝塔にたどり着き、そこで鎌倉期の石造宝塔と、
  亀谷禅尼供養塔と書かれた二基の宝篋印塔を見つ
  けた。写真はその内の左側のものである。

   二基は双式のようで、右塔の塔身には金剛界四
  仏種子が彫られ、その下は反花座となっているの
  に対し、左塔には胎蔵界四仏が彫られ、下は段状
  になっている。
   両塔共輪郭線の在る三弧の隅飾を持っており、
  京都の勝林院塔にかなり似ているようにも見えた
  が、こちらの基礎には格狭間が彫られている。
   制作年代は不明だが、隅飾の反り具合からも、
  鎌倉中期から後期にかけたあたりと推定した。
   小振りだが大変美しい塔で、宝塔と共にとても
  感動した記憶がある。
   それにしても、宝篋印塔の美の世界というのは、
  何と奥の深いことであろうか。  
                             

    
    
     石山寺三重宝篋印塔 (滋賀県大津市石山)
    
    
     石山寺を再訪した際、前回の訪問でがっかり
  した経緯のあるこの三重宝篋印塔を再見した。
   相輪の位置に五輪塔の空風輪が載っているの
  が厭だったのか、前回には悪趣味な寄せ集めの
  塔としか思えなかった。しかし、三層の均衡の
  面白さを理解してみると、前回の悪い印象は一
  体なんだったのだろうかとさえ思えた。
      大阪都島神社の三重宝篋印塔、という傑作に
  巡り会い感動していたからかも知れない。

   上二段の基礎は無地だが、初重軸部の四方に
  は、舟型に彫り込んだ中に仏像が半肉彫されて
  いる。像容からどの仏かを特定するのは難しそ
  うだった。
   初段と二段目の笠は、上二段下二段でほとん
  ど垂直に立った小振りな隅飾で、装飾はほとん
  ど無い。二、三重目の軸部は、高さを低くする
  ことによって三重塔としてのバランスを良くし
  ている。
   最上部の笠は、下二段上三段で、相輪が完存
  していたらさぞ壮観だろうと感じた。
   何故宝篋印塔を三重に、という疑問は消せな
  いが、風変わりな発想であったことには違いな
  いだろう。
   高さ
2.6mの花崗岩製、鎌倉後期の作だろう。
                                  

     
         
     長安寺宝塔 (滋賀県大津市神出町)
      
     
   大津から京都へと向かう時に必ず通った逢坂の
  関に、平安時代には関寺という三井寺の別所寺院
  が在った。その廃寺跡に現在は長安寺が建ってい
  る。関の蝉丸神社下社も近い。
   境内には謡曲に出て来る関寺小町の墓と伝えら
  れる五輪塔も建っていた。
   写真の大きな宝塔は、関寺の牛塔と呼ばれる平
  安時代の石塔である。関寺建立に尽力した霊牛を
  供養したとされ、藤原道長の日記「御堂関白記」
  や「栄華物語」にも事の顛末が記されている。
   高さが3m以上有る大塔だが、決して大味な造
  形ではなく、藤原時代の特徴を備えた美しい塔で
  ある。

   塔身はどっしりと落ち着いており、やや膨らん
  だ胴も気品に満ちている。
   笠は六角形で、屋根の流れはほぼストレート、
  軒は薄くやや微妙な反りを見せている。
   これらの特徴は、中尊寺や鞍馬寺に残る平安期
  宝塔にかなり類似している。
   笠の上の露盤に乗っている方形の台と宝珠は後
  補で、従来は相輪かもっと大きい宝珠が乗ってい
  たに違いない。
           

  
   
     明王院宝塔 (滋賀県大津市葛川坊村)
   
    
   葛川の里は京都の大原から鯖街道を北上し、途中
  峠を越えて近江の国へと入った辺りである。大津市
  とは名ばかりの、比良山西側に位置する山深い里で
  ある。
   この寺へはかつて雪の中を、不動巡りの札所とし
  て参拝したことがあった。もちろん、深い雪に埋も
  れていたので、その時は石塔の所在は不明だった。
   今回訪ねたのは初夏七月で、憧れの宝塔は石段を
  登った本堂の右側に、濃い新緑に映えながら優雅な
  姿で建っていた。
   立派な石積みの基壇に載った宝塔は、均整の取れ
  た関西屈指の美塔の一つである。

   基礎には輪郭、格狭間が刻まれているが、塔身に
  は仏像も鳥居も無い古式とも思える簡素さである。
   笠の軒反りはいかにも鎌倉後期らしい美しさで、
  その下に二重の持ち送りと二段の首部が入っている
  ことによって、立ち上がりに繊細な均整美を演出し
  ている。
   基礎背面に嘉暦三年(1328)の銘と共に、不動金剛
  とか念仏惣衆などといった文字が見え、この地の信
  仰がどんなものだったかが想像出来、この美塔も深
  い信仰あればこその所産なのだと知れる。
          

      
   
     明王院宝篋印塔 (滋賀県大津市葛川坊村)
      
      
   行政は大津市だが、ここを訪ねるのは京都の大原
  を通り、鯖街道と呼ばれる若狭へと通じる花折隧道
  を抜けて行くことになる。
   この明王院については宝塔のページにも記してい
  るのだが、まことに重要な石造美術の宝庫である。
   
   この宝篋印塔は石段を登った本堂の手前に建って
  おり、基礎側面から正和元年(1312)という鎌倉後期
  の銘が出ている。
   隅飾は二弧輪郭付きで、上六段下二段という典型
  的な当代の様式を示している。
   塔身には、蓮華座に乗る月輪の中の金剛界四仏種
  子が、格調高い薬研彫りで彫られている。
   基礎には格狭間が、そしてその上部には複弁の反
  花が見事に表現されている。
   笠の段の背がやや低く、笠全体が偏平な印象を受
  けるが、様式美を象徴した泰然とした気品と大らか
  さが感じられる。

   資料に寄れば、年号銘のところに「四村念仏講衆」
  という文字が在るそうだが、はっきりと確認は出来
  なかった。しかしそこからは、天台念仏信仰を中心
  とした葛川四か村の講の人達が、村の安穏を祈願し
  て建てたこの塔の、生前供養塔のような性格を読み
  取ることが出来る。
     

   
    
     地主神社宝塔 (滋賀県大津市葛川坊村)
    
    
     前掲の明王院に隣接する古社で、美しい春日造
  りと蟇股の彫刻で飾られた本殿と幣殿(共に重文)
  で知られている。
   石段を登った参道左手の手水屋の横に、写真の
  宝塔がさりげなく建っていた。
   基壇に載る基礎部分は、輪郭を巻いた中に格狭
  間が刻まれている。鎌倉期のような張りのある曲
  線である。裏面のみ無地だった。
   塔身には鳥居などの彫刻は無く、円板部と二段
  の首部のみという意匠になっている。
   康永四年 (1345) という南北朝前期の年号が彫
  られているということだったのだが、摩滅と苔の
  ためにはっきりとは確認出来なかった。
   笠下に二段の垂木型が彫りだされている笠の屋
  根はやや急傾斜で、四隅には三本の降棟が彫られ
  ている。
   軒口はやや薄く両端が反り上がるような形で、
  笠上部の幅が広いので何とも不安定に見えてしま
  う。露盤が載っていない事にもよるのだろう。
   相輪は上から、形の良い宝珠、蓮弁の美しい請
  花、九輪と揃っているのだが、その下に来るべき
  請花と伏鉢が欠落してしまっている。九輪の最下
  部は請花のようにも見えるのだが、九輪の一部で
  あるようにも見えた。
   部分的な欠落はあるものの、鎌倉末期の雰囲気
  を残した南北朝在銘塔として貴重なものである。
                 

       
      
     天皇神社宝塔 (滋賀県大津市和邇)
     
     
   旧志賀町の和邇(わに)という里の外れに、こ
  のゆかしい名前の神社がある。小野道風神社など
  も近い、歴史の里である。
   鬱蒼とした木立の参道を行くと、社殿の前方左
  側に二基の石造宝塔が祀られているのが見える。
   写真は社殿に向かって右側の塔(南塔)である。

   写真でははっきりとしないが、背が低く妙な違
  和感が感じられる相輪は後補かと思われる。
   屋根の四隅に三本の降棟が彫られており、両端
  が反った厚手の軒を持つ笠は、豪壮な鎌倉期の特
  徴を良く表している。笠裏には二段の垂木型が彫
  り出されている。

   塔身の首部は二段になっており、下段の方には
  勾欄をイメージさせるような縦縞の連子窓の彫ら
  れているのが微かに確認できる。
   軸部の正面に、蓮座に載る種子梵字「ア」が、
  大きな月輪の中に薬研彫りされている。「ア」は
  胎蔵界大日如来の種子であるが、ここでは宝塔の
  主である多宝如来を象徴しているのではないかと
  思う。
   基礎三面に格狭間が彫られ、正面にのみ宝瓶に
  飾られた三茎蓮華が確認出来た。残念ながら写真
  が暗いので、画面では判らない。
  
   銘は無いので制作年代は不明だが、鎌倉後期の
  作と思われる。
   もう一基の北塔は簡素な造りで、やや荒廃気味
  だが、年代はこちらの方が古式である。
   
             

   
    
     小野神社宝塔 (滋賀県大津市小野)
    
    
     旧志賀町の小野に在る古社で、広大な林に囲ま
  れた社域の中に建っている。推古天皇の時代(6
  〜7世紀)に小野妹子が創建したと伝えられ、小
  野篁神社や小野道風神社が摂社として祭られてい
  る。おまけに参道左手に置かれた写真の宝塔は、
  小野小町の供養塔とされている。いずれも妹子の
  系列で在るらしい。

   相輪は、九輪の大半と請花だけが露盤に載って
  おり、伏鉢も喪失したようだ。
   笠の屋根の四隅には三本の降棟が彫られ、先端
  が反り上がっている。軒口は割りと扁平で、両端
  が微かに反っている。軒下には、二段の垂木型が
  意匠されている。
   二段の首部、円板部の造りは定型だが、塔身軸
  部には扉型が彫られている。
   基礎は、三面に輪郭を巻き格狭間を意匠し、そ
  の中、正面には宝瓶三茎蓮、左右の面には開蓮華
  が彫られている。何時見ても、この近江文様は魅
  力的なデザインだと思う。
   背後のみが無地で、右隅に康永二二年と彫られ
  ており、この塔が南北朝前期の康永四年 (1345)
  の作であることを示している。
   この時代のサンプルとも言えそうな定型だが、
  均整のとれた逸品である事に違いは無い。
                

      
   
     樹下神社宝篋印塔 (滋賀県大津市北小松)
      
      
   琵琶湖西岸旧志賀町の北小松という所に、この
  珍しい名前の神社があった。樹下(じゅげ)神社
  というのだが、前に琵琶湖、後ろに比良連峰を望
  む、という絶好の立地である。

   本殿へと至る緑濃い参道脇に、この優美な宝篋
  印塔が静かに建っていた。
   基礎部分の下に、三段の基壇が設けられている
  のが、先ず目に入る。基壇の最上段には、複弁反
  花が彫られており、余程の高貴な人物との関連が
  考えらそうである。
   基礎の四方に格狭間、その中に盛り上がるばか
  りに開蓮華が彫り出されている。
   基礎上部にも複弁反花が装飾されており、壮麗
  かつ気品に満ちた意匠が駆使されているようだ。
   塔身には四方仏像が半肉彫され、蓮華の上に座
  している。
   笠の上部六段、下部二段は型通りで、二弧輪郭
  付きの隅飾にも、中に蓮座と月輪らしき図が見え
  る。隅飾の外側は少し反り気味であり、時代は鎌
  倉期ではないことを予感させる。
   案の定基礎の柱面に、文和五年(1356)という南
  北朝前期の銘が彫られている。

   宝篋印塔草創期である鎌倉中期の朴訥な力強さ
  はすっかり失われてはいるものの、かくも均整の
  とれた眉目秀麗な宝篋印塔はそう在るものだはな
  いだろう。これ以後、江戸期を経て現代に至るま
  で、石造美術は衰退の一途をたどる事となるので
  ある。   
     

    
   
     長谷寺宝篋印塔 (滋賀県高島市音羽)
      
      
     今津町や高島町、朽木村まで含めた六町村が
  合併して高島市になった。
   この寺は旧高島町のほぼ中心に当たる地域の、
  音羽という集落に在る。
   薬師如来を本尊とする薬師堂が建っており、
  宝篋印塔はお堂の左手に数基の石塔と共に祀ら
  れている。

   均整のとれた誠に美しいプロポーションの塔
  で、一目で気に入ってしまった。高さが1.5m
  と少々という小振りな造りが、端正なイメージ
  となっているのかもしれない。

   基礎の格狭間には開蓮華が美しく、その上の
  複弁反花座が力強く彫られている。
   塔身の梵字は金剛界四方仏かと思われ、写真
  には月輪に囲まれたキリーク(阿弥陀)が写っ
  ている。
   二弧の隅飾りや上部六段、下部二段の笠も見
  事な造りであり、全体のバランスからは作者の
  卓越した美意識を感じることができる。
   堂々とした相輪が完備していることが、この
  塔の価値をさらに高めているだろう。
   正中三年 (1326) という鎌倉後期の銘が入っ
  ているらしいのだが、摩滅しているので確認は
  出来なかった。
             

   
   
     満願寺跡宝塔 (滋賀県高島市安曇川町三尾里)
    
     
   旧安曇川町の三尾里寺の前という地名を尋ね、よ
  うやくたどりついたこの宝塔は民家の並ぶ路傍の一
  画に建っていた。近所の人達が掃除をしたり花を飾
  ったりしており、満願寺が廃寺となってからは、皆
  で日常的にこの石塔を守ってきた様子が伺われた。
   “鶴の塔”と呼ばれる通り、写真の角度から眺め
  ると、天に向かって羽ばたこうとする白い鶴の姿に
  見えるような気がしてきた。
   宝塔の軸部はいかにものびやかな曲線で、大らか
  で古風な形である。正面に扉型が彫られているが、
  かなり磨耗してしまっている。反対側に、京都など
  で見る並座する二仏が彫られているのだが、狭くて
  上手く写真に撮れなかった。
   首部の横線は二重なのではなく、優美な勾欄が彫
  られた別石である。
   持ち送り石に支えられた笠は、ゆるやかな軒反り
  が優雅であり、鎌倉中期でも前期に近いあたりの様
  式を示しているかもしれない。
   4m以上もある大型の塔だが、少しも粗削りな部
  分は無く、繊細だが泰然とした美しさの感じられる
  宝塔である。
   相輪だけが後世の補修であり、かなり不釣合いに
  見える。
   
         

    
    
     田中神社宝塔 (滋賀県高島市安曇川町田中馬場)
    
    
     安曇川駅の西北約2Kmに在る神社
  で、社殿へ登る石段の右側に大小五基
  の石塔が並ぶ姿は壮観だった。
   部分的な後補はあるものの、いずれ
  も鎌倉後期の作と考えられる。
   手前の宝塔は、相輪が入れ替わって
  いるが、笠四隅の降棟、笠裏の二段垂
  木型、反りの緩やかな軒口の屋根は重
  厚である。円板状に載る二段の首部を
  持つ軸部には、正面のみに鳥居型が彫
  られている。壇上積式の基礎には、開
  蓮華や三茎蓮が彫られている。笠の迫
  力が際立った宝塔である。
   二番目の宝塔の塔身四方には、扉形
  が彫られている。相輪の上下端は喪失
  し、別の部材が載っている。
   三番目の宝塔の塔身正面には、坐し
  た仏像が彫られている。
   その後に大小二期の宝篋印塔が並ん
  でおり、丸で石塔の見本市の観を呈し
  ている。
                                

    
    
     玉泉寺五重塔 (滋賀県高島市安曇川町田中三田)
    
    
     前掲の田中神社からは、西へ500m程歩いた
  所にこのお寺が在る。入口に祀られた地蔵石仏
  など、境内には多くの石仏が見受けられ、特に
  近世の作ながら顕教五仏とされる大柄な坐像石
  仏群は立派だった。

   山門を入った右手に、写真の石造五重塔が、
  南北朝の宝塔や小さな宝塔、阿弥陀如来の石仏
  などと共に並べられていた。

   相輪は全くの別物だが、塔全体の古色蒼然と
  した風貌にすっかり魅了されてしまった。単に
  苔の風情に騙されたのかもしれない。
   厚みのある屋根の軒口は、緩やかで大らかな
  反り具合を見せ、五層共に古式な落ち着きを呈
  している。この事からだけでも、この塔が鎌倉
  中期は下らない時期に製作されたであろうこと
  が推定される。
   最上層だけが屋根幅の逓減にやや不自然さが
  見えるが、苔に覆われて詳細は不明だ。

   塔身の背の高さも古式を示しており、四方に
  は光背を彫り窪めた中に四方仏坐像を半肉彫し
  てある。かなり摩滅しているが、泰然とした落
  ち着いた彫刻だった。
                  

      
       
     阿弥陀寺五輪塔 (滋賀県高島市新旭町旭堀川)
      
      
       このお寺は旧新旭町の町のほぼ真ん中に位置
  しており、湖西線の新旭駅からはまことに程近
  い場所である。
   
   お寺の裏側の一画が小さな墓地になっている
  のだが、そこはかなり古い石塔が何基も見受け
  られる魅力的な場所だった。
   墓場に魅力を感じるなどという物好きは、石
  造美術愛好家以外には有り得ないだろう。

   しかし、ここの墓場は物好きどころではなく、
  飛び切り貴重な一級品の石塔が二基建っている
  重要な場所であった。

   写真はその内の一基で、まことに形の良い石
  造五輪塔である。
   脇に立つ看板によれば、正安という年代が記
  されていたそうで、とすれば鎌倉後期の作とい
  うことになる。
   空輪の形や軒反りの緩やかなことから、実は
  私の第一感は鎌倉中期までもって行けるか、だ
  った。正安は中期に近い後期なので、まあいい
  かといったところである。
   時代考証はともかく、全体に均整の取れた美
  しい五輪塔であることには間違いない。
              

   
    
     阿弥陀寺宝塔 (滋賀県高島市新旭町旭堀川)
    
    
     前掲の阿弥陀寺の墓地に、もう一基重要な石
  塔が建っている。写真の宝塔がそれで、前述の
  五輪塔とは数基の小五輪塔を間にして並んで建
  っている。

   背の低い基礎は、四面共に無地である。
   写真で見る通り、塔身には顕教四仏と思われ
  る四方仏坐像が浮彫されている。宝塔には珍し
  い意匠で、先般災害に遭った水口の最勝寺の扉
  内に刻んだ事例はあるものの、仏像だけ彫られ
  た事例はとても珍しいだろう。
   塔身上部の首部はやや高さのある一段になっ
  ており、その上に笠が載っている。

   笠下はこの地方の定型とも言えそうな二段の
  垂木型が彫り出されており、軒口の厚さや反り
  具合は何とも古式でおおらかな緩やかさを示し
  ている。
   屋根には降棟などの装飾は無いが、傾斜の緩
  やかさも時代の古さを伝えているように感じら
  れる。おそらくは、前記の五輪塔同様に、鎌倉
  中期から後期にかけたあたりの作だろう。

   相輪は九輪の中程に接いだ跡が見られ、九輪
  上部の太さが変わっている事から、上部は別物
  が接合されたものと解釈した。
                 

    
    
     大善寺宝塔 (滋賀県高島市新旭町新庄)
    
    
     現在は小さな寺だが、最澄の開基になる天台
  宗の古刹である。本尊の大日如来坐像は、平安
  期の作で重要文化財に指定されている。
   宝塔は、門を入った右手、本堂の前面、田圃
  を背景にした墓地の中に建っている。正和二年
  (1313) 鎌倉後期の作である。

   笠上の露盤には相輪の下部が載っているが、
  どうやら別物らしい。
   笠は、やや急傾斜な屋根の四隅に降棟が彫ら
  れ、軒口の上辺の両端が反り上がり、下辺は割
  りと緩やかな反りとなっている。
   軒下には、二段の垂木型が彫られている。
   塔身上部には高欄と首部の二段が意匠され、
  ここには円板部は見られない。
   塔身の正面に、浅く光背を彫った中、一体の
  仏像が浮彫されている。定印を結んでいるよう
  に見えるので、おそらくは阿弥陀如来の坐像だ
  ろう。西日の光が横から当って、浮き立つよう
  に見えた。
   基礎は何とも大きなもので、塔身とのバラン
  スが全く違うことから、別物であることは疑い
  無いだろう。格狭間に三茎蓮を彫った逸品だけ
  に残念である。
   笠と塔身以外は全て別物ということになる。
                

   
    
     日吉神社宝塔 (滋賀県高島市新旭町針江)
    
    
     水清き水郷針江の里に建つ古社で、社殿より
  さらに奥の右手、かつて石津寺という寺院が在
  った場所にこの宝塔と板碑が建っている。

   基礎は四面共に無地でだが、正面に徳治二年
  (1307) 鎌倉後期の銘が見られる。
   円筒形の塔身も全くの無地で、上部は高欄、
  首部の二段という意匠である。手抜きなのか、
  清楚なのかの判断は難しい。

   笠の軒下には二段の垂木型が彫り出されてお
  り、厚めの軒の上辺は両端が極端に反り上がっ
  ている。下辺は緩やかに見える。
   屋根の四隅には、太目の降棟が彫られている
  が、余り優れた意匠とは思えない。しかし、や
  や遠目から眺めた全体像は、重厚な笠とすっき
  りした塔身のバランスが良く、鎌倉後期らしい
  秀麗な宝塔に見えたのだった。

   露盤の上には、相輪の替わりに五輪塔の空風
  輪が載っている。何の意味も無い。

   宝塔の隣に板碑が写っているが、鎌倉後期の
  作であり、詳細はぜひ当サイトの板碑のページ
  (武蔵以外の板碑)を御参照願いたい。
                  

   
    
     西江寺宝塔 (滋賀県高島市今津町藺生<ゆう>)
    
    
     平安末期、藤原頼道の創建と伝えられる古刹
  で、現在は臨済宗の禅寺となっている。
   今回初めて訪ねたのだが、実はこの石塔の存
  在は知らなかった。訪問の目的は、荒廃はして
  いるがしっかり保存されている、江戸末期に作
  庭されたという池泉庭園にあった。
   その庭園の片隅に建つこの宝塔には、正直驚
  いた。どう見てもかなり古い宝塔に違いなく、
  また何処にも資料は無く、全くノーマークだっ
  たからである。
   見学の感心は、庭園よりもこの石塔に傾いて
  しまった。
   相輪は、宝珠から伏鉢までが完存する良い形
  だが、石質が違うようにも見え、後補の可能性
  はありそうである。
   笠は、屋根の緩い傾斜、軒口の厚さや微妙な
  反り具合から、鎌倉後期は下らないように思え
  た。何とも落ち着いた、魅力的な笠である。軒
  下に二段の垂木型が彫られている。
   首部には微妙な段差が付いており、高欄と首
  部を彫り分けていると思われる。円筒形の塔身
  には格別の装飾は成されていない。基礎も苔に
  覆われ、かなり摩滅しているので判別は不能だ
  が、どうやら無地のようだ。
   鎌倉後期と思われる宝塔を発見した、と勝手
  に決め込んでいるのだが、果たして識者はどの
  ように思われるだろうか。
               

   
    
     称念寺薬師堂宝塔 (滋賀県高島市マキノ町上開田)
    
    
     旧マキノ町で、JR湖西線のマキノ駅から、
  北へ約
3Km行った仲仙寺山の山麓に建つ寺で
  ある。本堂は集落の中に在って、宝塔の祀られ
  た薬師堂は少し離れた突き当りの林の中に建っ
  ている。

   露盤に載る相輪は豪壮な観を呈しているが、
  残念ながら九輪より上が欠落している。
   笠は、屋根の四隅に降棟を彫り、その軒口は
  かなり厚めで、両端が力強く反っている。躍動
  的な形状の笠である。
   軒下には二段の垂木型を彫りだしてあるが、
  三段あるように見えるのは、更にもう一段円形
  の首部請座が設けられているからだった。
   塔身の首部は一段のように見えるが、よく見
  ると微かな段差で高欄と首部を意匠しているの
  が判る。円筒形の塔身には装飾は無く、すっき
  りと美しく見える全くの無地である。
   基礎は、四面全て壇上積式の中に、格狭間が
  刻まれている。蓮華などの近江文様は彫られて
  いないようだ。
   力強い相輪、堂々かつ生き生きとした笠、す
  っきりとした塔身などから、製作年代を鎌倉後
  期あたりに設定出来そうである。
               

           このページTOPへ  石造美術TOPへ 

  次のページ (京都北部の石塔) へ  前のページ (近江東部の石塔) へ 

    日本庭園TOPへ  ロマネスクTOPへ  世界の建築
   
      古代巨石文明TOPへ  総合TOPへ  掲示板へ