板碑紀行/西日本(近畿以西)の板碑
    
     
   板碑といえば一般的には武
    蔵の青石塔婆が先ず挙げられ
  るが、同じ青石の阿波板碑や
  他の石を用いた魅力的な板碑
  が全国に点在している。
   東北、阿武隈、阿波、国東
  や薩摩などの板碑を探訪する
  旅に皆様もどうぞお出かけく
  ださい。







           本篠板碑
           
大分県杵築市山香
            建武元年(1334)
     国東半島には古式の板碑が多い
    
       
     

     
      
     慈尊寺板碑 (三重県伊賀市白樫)
     
    
   名阪国道を白樫インターで下り、西北に進
  むと白樫の集落がある。
   慈尊寺はその奥のほうの高台に建っており、
  苔むした石垣や石段が風格のある寺風を伺わ
  せた。

   板碑は屋根のついた囲いの中に、光背のあ
  る地蔵石仏と並んで立っていた。
   石質が安山岩であり、月輪や蓮座が線彫り
  なのでやや荒削りな印象を受ける。
   しかし、梵字種子のキリーク(阿弥陀)は
  流麗な筆致であり、その彫りは薬研彫りの美
  しいものである。

   この板碑の特徴は、元亨元年 (1321) とい
  う鎌倉後期の年号と共に、碑面下部に五行で
  びっしりと彫り込まれた願文にあるだろう。
   在俗出家した尼とその一族が、いかに信仰
  篤く帰依したかが彫られ、極楽浄土への強い
  欣求が込められている。

   板碑とはいったい何を目的として建立され
  たのだろうか、という疑問に明確な答えとな
  るであろう貴重なテキストの一つである。

         
  廃補陀落寺町石 (三重県伊賀市西村)    賢明寺板碑 (三重県津市元町)    
         
     
         
  種子アン(胎蔵界五仏の釈迦) 
   建長五年 (1253) 鎌倉中期
     町石自然石塔婆(四丁石)
  種子:五輪塔四方(写真は発心門)
    キャ(空輪)カ(風輪)ラ(火輪)
    バ(水輪)ア(地輪)
    弘安八年 (1285) 鎌倉中期
     かつては四面に四方門が彫られていた? 
 
         

         
  日神墓地板碑 (三重県津市美杉町)    不動院板碑 (三重県津市美杉町)   
         
     
         
  種子カーンマーン(不動明王)
    年号不詳 鎌倉後期
   本来の梵字を図像化してある
   日神(ひかわ)と読む
  日神(ひかわ)墓地の隣に建つ
種子バン(金剛界大日)
  年号不詳 鎌倉後期
   三茎蓮中央に月輪
 
         

     
    
     日吉神社板碑 (滋賀県高島市新旭町針江)
     
    
     針江の里は、「生水(しょうず)の郷」と呼ばれ
  るほど水の流れの清い集落である。
   日吉神社は隣接する石津寺の鎮守社として13世
  紀末に創建され、“水の女神”として玉依姫命を祭
  神としている。

   現在は衰退してしまった石津寺のお堂の脇に、写
  真のような珍しい板碑が建っていた。
   石質は明らかに花崗岩で、背中合わせに建つもう
  一基とは縦に繋げる構造になっているようだ。両方
  併せれば3m
にはなる壮大なもので、他に類例を知
  らない。

   大きな三角山形と豪快な二条線、幅の小さい額な
  どが印象的である。
   中央に梵字が縦に二つ彫られているが、上は「バ
  ン」で金剛界大日如来を、下は「ア」で胎蔵界大日
  如来をそれぞれ表わす種子である。両界の中央に座
  す大日如来を象徴している事から、「大日板碑」と
  も呼ばれている。

   延慶二年 (1309) という鎌倉後期の年号が彫られ
  ているそうだが、小生には確認出来なかった。
   極めて珍しい形態の板碑であり、また金胎両大日
  を種子とする稀有壮大な宇宙観を示す板碑として、
  心に残った板碑のひとつである。

   板碑のすぐ右側に、徳治二年 (1307) 鎌倉後期の
  年号を記した宝塔が建っている。
   石造美術の宝庫としての、近江ならではの魅力的
  な石と水の里である。
                                   

     
    
     西向寺板碑 (京都市北区紫野蓮台野)
     
    
     京都洛北紫野、今宮神社の西側に在る浄土宗の寺
  院で、創建は江戸寛永年間である。明治の廃仏毀釈
  で廃寺となった西念寺から、二体の阿弥陀如来像と
  写真の板碑が移されたのだという。
   板碑は地蔵堂東に造られた覆屋の中に祀られてお
  り、浅い陰線刻の地蔵菩薩が描かれた図像板碑であ
  ることから、「爪彫地蔵」と呼ばれている。
   明徳二年 (1391) という南北朝末期の年号と一緒
  に、三十五人の結衆が逆修善根を祈念し供養塔を建
  造した旨の銘文が刻まれている。

   長方形の輪郭を刻み、その中に円光を背にし、右
  手に錫杖を持ち左手掌に宝珠を載せた地蔵菩薩立像
  が、繊細な線で彫られている。光線の加減や向きも
  あって、写真が上手く撮れないのが残念である。
   地蔵の頭上は火焔付き宝珠の天蓋で、胸元は荘厳
  な瓔珞で飾られている。
   蓮座に載る像の下部左右には、蓮華の宝花が挿さ
  れた一対の花瓶が彫られており、詳細に眺めると誠
  に繊細かつ壮麗な荘厳が成された図像板碑であるこ
  とに気付く。

   阿波産の青石と考えられ、後述の了蓮寺、正法寺
  と共に“京都三板碑”のひとつと言われている。
                              

     
     
     了蓮寺板碑 (京都市左京区今出川東大路)
     
     
   了蓮寺は百万遍として名高い知恩寺の塔頭の一
  つであり、境内の東側に位置している静かな寺で
  ある。
   一般的な拝観は難しいが、事前にお願いしてあ
  ったので、書院へと通していただき拝見すること
  が出来た。
   石の材質が京都には無い結晶片岩であることか
  ら、阿波の板碑が連想されたが、どういう経緯の
  石なのかは確証が無い。
   高さ2mの大型板碑で、中央に阿弥陀如来の図
  像が陰刻で彫られている。光明を四方へ放つ来迎
  相の阿弥陀立像であるが、写真でも判る通りかな
  り摩滅しているのがとても残念である。
   下部の蓮座は深く彫られているので良く見える
  が、その両側に宝瓶の無い供花のみが描かれてい
  るのは余りはっきりとはしない。
   いずれにせよ、京都では類例の無い阿弥陀図像
  板碑であり、神々しいまでに荘厳な雰囲気を示し
  ていることに感動した。
   京都では、西向寺の地蔵図像板碑、東山正法寺
  の阿弥陀三尊種子板碑と併せて、三板碑と呼ばれ
  ているそうである。
         

     
    
     正法寺板碑 (京都市東山区霊山)
     
    
     京都東山山麓、霊山護国神社へ至る参道の一筋
  南側の急峻な坂を登り、長い石段を上り詰めた所
  が正法寺である。
   平安時代に最澄によって創建された霊山寺が、
  南北朝後期の永徳年間に国阿上人によって、時宗
  霊山派本山として再興され正法寺と改められたと
  いう。
   現在は本堂・庫裏・茶室などが残る質素な寺と
  変貌しているが、境内からの眺望は一流である。

   本堂裏の覆屋に納められた板碑は国阿上人の石
  塔と呼ばれ、入滅した応永十二年 (1405) 室町初
  期の年号が彫られている。
   しかし、碑面に彫られた阿弥陀三尊の種子(キ
  リーク・サ・サク)の薬研彫りは、いかにも関東
  風の雄渾で美しい筆致であり、緑泥片岩を用いた
  形式は武蔵板碑そのものと言えそうである。
   梵字などが貧弱化していく室町期の板碑とは思
  えず、鎌倉後期から南北朝期にかけて関東で彫ら
  れたものと考えたいところである。とすれば、年
  号は後刻ということだが、ただ、梵字にはかなり
  定型化された傾向も伺えるので、もし年号通りと
  すれば、過去の作品に見る目を持ったかなり腕利
  きの石工が彫ったもの、という可能性は捨てきれ
  ない。
   「光明遍照、十方世界、念仏衆生、摂取不捨」
  という、関東板碑では事例の多い観無量寿経の偈
  文が彫られている。
                    

         
  安阿弥寺板碑 (京都市下京区)    高台寺板碑 (京都市東山区)    
         
     
         
  種子キリーク(弥陀)
   年号不詳 南北朝?

   市内の貴重な板碑
  種子カー(地蔵)
  康応元年 (1389) 南北朝末期
   珍しい場所で発見
 
 
         

     
     
     天王極楽寺板碑 (京都府京田辺市天王)
    
    
   関西にも板碑は分布しているが、武蔵や阿波のよう
  な青石板碑は少ない。京都では、西向寺の地蔵板碑、
  了蓮寺の弥陀板碑、正法寺の青石板碑を併せて、京都
  の三板碑と称しているが、元来板碑の文化はさほど定
  着しなかったようである。

   写真の板碑は、府下田辺市天王の極楽寺に在る、正
  中二年(1325)という鎌倉時代の銘の入った貴重品であ
  る。同市高船の同じ極楽寺という名前の寺にも、やや
  細長い鎌倉期の板碑が在るが、梵字の美しさで天王の
  ものに魅力を感じる。
   元来は天王集落の共同墓地に立っていたそうで、保
  護のために極楽寺境内へ移築したとのことであった。

   花崗岩製で高さは107cm、ややぼてっとした厚み
  がある。青石の薄さが身上の武蔵型板碑を見慣れた目
  には、やや違和感が拭えないが、しばらく眺めている
  内に次第に愛着を感じてくる。素材としての石が示す
  多様な表情が、とても温かいのである。
   梵字の種子はここでも御馴染み阿弥陀三尊で、「キ
  リーク・サ・サク」がそれぞれ阿弥陀・観音・勢至を
  表している。薬研彫りではないが、細く深く刻まれた
  種子には、それなりに優雅な美しさが感じられた。
           

      
      
     高船極楽寺板碑 (京都府京田辺市高船)
     
    
   既述の天王極楽寺からさらに南へ1Kmほど行っ
  た奈良県境に近い高船の里にも、同じ極楽寺とい
  う名前の寺がある。

   この細身の板碑は高さが
177cmという大型で、
  花崗岩で出来た何とも姿の美しい板碑である。
   頭部山形の形状が特徴的である。内側への反り
  が大きいので、先端が鋭く尖って見える。
   彫りの浅い二条線や小さな額は天王極楽寺の正
  中板碑にとても類似しているのだが、こちらには
  銘が彫られていないのでどちらが影響したのかは
  判らない。

   梵字種子はキリーク(阿弥陀)一尊で、月輪は
  薄い浮彫のようにも見えるが蓮座は無い。
   これだけ完成度の高いフォルムを造り出してお
  きながら、種子の下部の細長いスペースに何も彫
  られていないのが不思議であり、もしかすると未
  完成の板碑なのかも知れない。

   いずれにせよ、国東財前家墓地の板碑にも似た
  美しい形状で、おそらくは鎌倉末期を下ることは
  ないだろうと思う。
   
       

         
  大念寺板碑 (奈良県天理市布留)    大念寺板碑 (奈良県天理市苣原)    
         
     
         
  種子キリーク(弥陀)
  文永五年 (1268) 鎌倉中期
   月輪 蓮華座
  十三仏図像板碑
  天文二十四年 (1555) 室町後期
   大和屈指の名作 天蓋の下は虚空蔵菩薩
 
 
         

         
  長弓寺板碑 (奈良県生駒市上町)    天満宮板碑 (大阪府池田市畑)    
         
     
         
  図像板碑(宝塔)
   永禄元年 (1558) 室町末期
  種子キリーク(弥陀)
  弘安八年 (1285) 鎌倉中期
   二条線 山形 額 銘文部
 
 
         

     
    
     十輪院板碑 (大阪府堺市九間町)
     
    
     南海電車の神明町駅の東、大小の寺院が建ち並ぶ
  寺町に在る真言宗の小さな寺院である。
   門を入った直ぐ左手の石段脇に、写真のような花
  崗岩製の背の高い板碑が立っている。高さは約2m
  弱
で、細長い舟形の頭部、一条の切り込みと額部と
  いう上先端部の意匠が珍しい。

   中央の図像は、舟型に彫りくぼめた中に、錫杖と
  宝珠を手にして蓮座に載る地蔵菩薩立像が半肉彫り
  されたものである。
   その下には、阿弥陀の種子「キリーク」が彫られ
  ている。余り上等の梵字とは言い難いが、地蔵によ
  る地獄からの救済と、浄土欣求を示す弥陀の極楽か
  らの来迎、という二股の祈念を示した、庶民の切な
  る信仰を表わした板碑、ということが出来る。
   銘文には、為阿弥陀仏といった文字と、左側に明
  徳二年 (1391) という南北朝末期の年号を読むこと
  が出来るが、まだ埋まっている部分にも文字があり
  そうなので、本来はもう少し背が高かったものと思
  われる。

   武蔵や阿波の青石で作られた板碑のような研ぎ澄
  まされた美しさには欠けるが、庶民の浄土信仰が生
  んだ素朴な造形という意味で、切ないほどの信仰心
  が感じられる貴重な遺構である。
                    

     
    
     熊野速玉大社板碑 (和歌山県新宮市)
    
   
   熊野三山の新宮であるこの社に、鎌倉期と思われ
  る板碑が在ることは知っていた。しかし社務所の若
  い宮司に尋ねてみても、その所在は不明だった。
   境内を隅々まで探し、参道から外れた殿舎の脇に
  祀られたこの二基の板碑をようやく発見した。
   右は高さ60cm強という小柄な板碑だが、何とも
  魅力的だ。低い山形と額部分の意匠が簡潔であり、
  梵字や蓮座のバランスがとても美しいからである。
   種子は「キリーク」で、阿弥陀如来を表現してい
  る。神社にキリークは不似合いだが、ここは熊野、
  神仏混
淆の名残なのだろう。
   種子は薬研彫りで端正な書体であり、それを囲む
  月輪や蓮の台座は半肉彫りで少し浮き出ており、地
  味だが洒落たデザインとなっている。
   石の材質は石英を含んだ火山岩らしく、青石とは
  全く異質の素朴な美しさである。
   左の小さい方の板碑は、やや時代が下がるかもし
  れない。梵字は「ア」で通常は胎蔵界大日如来を表
  すが、いかにも彫りが弱々しく、南北朝から室町初
  期のものかもしれない。
            

         
  八王子神社板碑 (兵庫県宝塚市)    波豆八幡宮板碑 (兵庫県宝塚市)    
         
     
         
  種子ア(胎蔵界大日) 
   正応三年 (1290) 鎌倉後期
  三尊種子板碑
 上から:バン(金剛界大日)アーンク(胎蔵界大日)
     キリーク(弥陀)荘厳体
  嘉暦三年 (1328) 鎌倉後期
 
 
         

         
  来迎院板碑 (兵庫県小野市粟生)    薬師堂板碑 (兵庫県小野市復井)    
         
     
         
  図像(五輪卒塔婆)板碑 (粟嶋神社境内隣接墓地)
  年号不詳  鎌倉後期?
 石棺底石 
  五輪に西方菩提門種子
   上からケン・カン・ラン・バン・アン
  阿弥陀三尊
 種子キリーク(弥陀)サ(勢至)サク(観音)
   建長八年 (1256) 鎌倉中期

    石棺底板  県下最古の在銘塔
 
         

         
  清慶寺板碑 (兵庫県加西市中野)    神積寺板碑 (兵庫県福崎町東田原)    
         
     
         
  阿弥陀三尊種子 石棺板碑
 キリーク(弥陀)サ(勢至)サク(観音)
  正和三年 (1314) 鎌倉後期
   キリークの宝珠(イの三点)
 
  種子キリーク(弥陀)
  弘安九年 (1286) 鎌倉中期
   上部側面二段
 
 
         

     
    
     還国寺板碑 (徳島市寺町)
     
    
     吉野川上流に産する緑泥片岩(結晶片岩)の存在が
  荒川の緑泥片岩を用いた武蔵の板碑の隆盛に似て、阿
  波に中世の板碑文化をもたらしたと言えるだろう。

   ここは還国(げんこく)という寺で、徳島のシンボ
  ルである眉山を臨む市内の寺町に在る。この寺の墓地
  に、緑泥片岩の特性を生かした、その薄さが何とも言
  えない美しさを見せる板碑が残されている。

   山形の頭部に二段の切り込みと二条線は定番だが、
  塔身に輪郭を巻き、中央上方の蓮座に坐す十一面観音
  像が二重円光の中に薄浮彫されている。図像は、輪郭
  以外はほとんど線彫りに近い。岩盤の上に蓮座が載る
  という、珍しい意匠である。

   像下方に銘文が刻まれており、「南無十一面観世音
  菩薩、右為七年忌之逆修也、貞治六年 (1367) 」とあ
  り、南北朝中期に建てられた逆修(生前供養)のため
  の板碑であることが判る。

   未見だが、聖観音像を刻んだ全く同様の意匠の板碑
  が隣接する浄智寺に在り、従来は一対を成していたも
  のだそうだ。藍住町から移築されたのだという。  
                                 

    
    
     威徳院板碑 徳島市国府町芝原
     
    
     国府町は文字通り、かつて阿波の国府が置かれた
  地であり、八十八箇所巡礼や枯山水の名庭として知
  られる阿波国分寺が近い。
   この板碑は特異な構成で知られる遺構で、拓本で
  見ると一層興味が深まる珍しい意匠なのである。
   お寺のやや小高い築山の植栽の中に建っているの
  で、下部の詳細が見えず写真撮影は難しかった。
   
   主尊の種子「キリーク」は阿弥陀如来を象徴する
  梵字だが、その上に彫られた三つの巻貝のような宝
  珠は、三弁宝珠と呼ばれる格別な表現である。舟形
  光背の周囲に燃え上がる火焔や、花弁が下に反り返
  った蓮座など、一般的な表現とは別次元の意匠を凝
  らしている。
   蓮座の下に二つの円輪が在り、中に梵字が彫られ
  ている。通常は右に観音、左に勢至が配されるのだ
  が、ここでは左が「サ」で観音、右は「サク」で勢
  至の両脇侍とされている。変則的な表現なのか、単
  なる間違いなのかは判らない。右の「サク」は、ど
  う見ても小生には「キリーク」に見えてしまうのだ
  が如何だろうか。
   もう一つの大きな特徴は、脇侍種子の間に垂直に
  立つ独鈷杵が彫られ、下に横たわる五鈷杵が組み合
  わされていることである。密教の三摩(昧)耶形と
  呼ばれる意匠なのだそうだ。
   貞和三年 (1347) 南北朝中期の銘が在る。実はこ
  の寺にはもう一基、同様の意匠の板碑が在り、それ
  には永和四年 (1378) という南北朝後期の年号を見
  ることが出来る。
                       

     
    
     石川神社板碑群 (徳島県石井町市楽)
     
    
     石井町は吉野川流域に開けた町であ
  り、国府町(徳島市)と接している。
  その国府町を中心として、約
2,000
  弱の板碑が現存すると言われている。
   覆屋に保存された当社の板碑群は、
  隣接していた長楽寺整地の際に発掘さ
  れたものだそうだ。16基(写真には
  右2基が写っていない)の青石板碑の
  並ぶ様は壮観だった。
   刻まれた主尊の内訳は、阿弥陀三尊
  の種子(キリーク・サ・サク)3基、
  弥陀(キリーク)一尊が4基、六字名
  号(南無阿弥陀仏)が4基、五輪塔種
  子(キャ・カ・ラ・バ・ア)が3基、
  不明2基である。
   国東様式の額を持つもの(手前から
  六番目)や、双式名号碑(左から六番
  目)も在る。最古の板碑は手前から七
  番目で、弘安八年 (1285) 鎌倉中期の
  年号を持つ五輪塔種子の板碑である。
                    

    
    
     内谷板碑 徳島県石井町内谷
     
    
     石井町には次掲の下浦地区に青石の石切場が在り、
  そこからは下浦石と呼ばれる上質の緑泥片岩が産出す
  るそうである。至近に素材が揃っていたことが、この
  地区で数多くの青石塔婆(板碑)が制作された理由の
  ひとつと考えられる。

   先述の芝原威徳院に、一風変わった意匠の板碑が二
  基在ると記載した。貞和と永和の両碑であるが、実は
  かなり似通った意匠の板碑がもう一基在ると聞いた。
  そこは何と、同じ石井町の内谷という集落の路傍で、
  写真の板碑だけがポツンと立っていたのには驚いた。

   碑面がかなり摩滅しているのではっきりとはしない
  が、二重光背の火焔、三弁宝珠による荘厳、主尊阿弥
  陀の種子、下向きに反った蓮弁、独鈷と五鈷の二本の
  杵を組み合わせた三摩耶形のデザインなど、全く同じ
  と言ってもよいほどの意匠である。
   主尊左右に銘文が彫られており、嘉暦四年 (1329)
  という鎌倉末期の年号が読み取れる。
   五鈷の上、独鈷の両側には円輪に脇侍の種子が彫ら
  れており、ここでは右が観音(サ)左が勢至(サク)
  となっている。
   この意匠の事例は石井町の三基に限られており、時
  代も嘉暦から永和に至る半世紀に集中している。何ら
  かの密教的な理念が介在したのだろうが、複雑な構図
  ゆえに大きな流布には繋がらなかったようだ。
                    

    
    
     下浦板碑 (徳島県石井町下浦)
    
    
   武蔵の青石(緑泥片岩)に匹敵する結晶片岩の産地
  であった阿波の吉野川流域には、庭園文化が開けた事
  のほかに、高度な造形美を持った板碑の分布が見られ
  る。四国八十八ケ所巡拝の折に、阿波の板碑の代表作
  を十数基見たのだが、この優雅な板碑が最も印象に残
  った。
   素材は結晶片岩(緑泥片岩)で白く苔むしており、
  摩耗も進んで梵字などの切り口も損傷していた。それ
  でも気に入ったのは、この板碑独特の大らかな優しさ
  から、関東武士の逆修とは異質の温厚な信仰が想像さ
  れたからだった。
   種子は最も事例の多い阿弥陀三尊で、前述の板碑と
  も共通の梵字「キリーク・サ・サク」が、月輪に囲ま
  れて大きな連座に乗っている。
   彫りは薬研彫りだが線が柔らかいので温和であり、
  まことに風格と品位に満ちた美しい板碑である。
   背面に年号が刻まれており、文永七年(1270)と読め
  る。後日資料で調べてみると、阿波最古の在銘遺品と
  のことで、改めて感慨を覚えた記憶がある。
   基盤をコンクリートで固めてあったが、板碑や石造
  品の保存方法は難しい問題である。在るがままで自然
  消滅も止む無しとするか、本物は博物館に入れて完璧
  なレプリカを据えるかのどちらかだろう。「野暮な」
  囲いや柵は論外である。 
           

    
    
     熊谷寺板碑 徳島県阿波市西原
     
    
     弘法大師が弘仁年間(平安初期)に創建したと伝
  えられる古刹で、四国霊場第八番札所である。
   立派な二層の山門を入り本堂への参道を進むと、
  写真のような風変わりな細長い板碑が建っているこ
  とに気が付く。幅
20cm、高さは約190cmである。

   頭部の三角山形と二条線と呼ばれる二段の切り込
  みには、美意識という点に於いては迫力が感じられ
  ない。
   上部には阿弥陀三尊の種子、主尊阿弥陀(キリー
  ク)と、その下に右観音(サ)左勢至(サク)が、
  蓮座に載った形で彫られている。鎌倉期の力強い筆
  致ではなく、柔和で流麗な彫りと言えるだろう。

   中央に銘文が刻まれており、大きな字なので判読
  は割りと楽である。「右志者為慈父母、成等正覚乃
  至法界、平等利益逆修」と記されており、父母の極
  楽往生を願った生前供養の為の板碑と考えられる。

    銘文の下には、大きな書体で暦応二年 (1339) と
  いう南北朝初期の年号が彫られている。
   この時代にあって、かくも斬新な形状の青石を用
  いて逆修板碑とするなどという、格別の美的感覚を
  持った人が存在したことは特筆に価するだろう。
                    

    
    
     権現谷曼荼羅板碑 (福岡県飯塚市庄内町)
     
   
   九州の庭園、特に英彦山の遺構群を見るために
  北九州を訪ねた。その機会に、かねてより切望し
  ていた石造美術も併せて見る事が出来た。
   数ある中で最も印象に残った二つの作品を、紹
  介させていただきたい。 
   その一つが、庄内町筒野という山の中に在るこ
  の板碑である。曼荼羅板碑という特異性もさる事
  ながら、刻まれた梵字の美しさに圧倒されてしま
  った。
   胎蔵界の大日如来を表す種子アークを中心とし
  た、曼荼羅の中心部である中台八葉院が梵字で描
  かれ、上部に五智如来像、下部に英彦山三所権現
  の神像三体が描かれている。英彦山への裏街道に
  位置しているのだという。
   養和二年(1182)の造立銘があり、資料として
  も貴重な存在である。厚手の自然石が使われてお
  り、デザインとしても見事な板碑だろう。
   関東の武蔵型板碑と比較するとかなり古いにも
  かかわらず、薬研彫りされた梵字は素朴ながらキ
  リリとした彫りで、上下の像と見事に調和してい
  るのである。まことに重厚で、美術的にも迫力に
  満ちた傑作であると言える。
         

    
    
     鎮国寺板碑 (福岡県宗像市玄海)
    
   
   同じく北九州で見た美しい石塔婆であり、我が国最
  古の板碑であるとも言えるのである。
   鎮国寺本堂の東北に小さな丘が在り、その雑木林の
  中にポツンとこの阿弥陀如来石塔婆が立っていた。
   この板碑の所在について尋ねた寺の若い僧は、その
  存在すら知らなかった。年輩の僧が教えてくれたのだ
  が、礼を言って失礼する私達の背後で、若い僧を叱責
  する先輩僧の声が聞こえた。

   板碑に描かれた線彫りの阿弥陀如来像は、素朴なが
  ら温かさの感じられる美しい図像であった。
   苔むし変色してはいるものの、二重円の光背を持つ
  穏やかな表情の阿弥陀像には感動した。線彫りは決し
  て安易な表現方法ではなく、むしろ信仰心を込めねば
  決して彫れない至難の技なのだという。
   像の下に願文が彫られており、元永二年(1119)と
  いう年号も鮮明に見る事が出来る。板碑としては最古
  の年号なのである。
   様式化された武蔵の青石塔婆の美しさは周知だが、
  自然石に近いこの板碑の持つピュアな雰囲気がとても
  新鮮に感じられてならなかった。純粋な信仰が描く図
  像が持つ、技術以前の精神が示す説得力なのだろう。
          

     
     
     佐田神社板碑群 (大分県宇佐市安心院町佐田)
     
     
   旧安心院(あじむ)町の佐田という集落に在る
  神社で、林の中の霊気に満ちた場所に苔むした数
  基の板碑が立っていた。
   注目すべきは最も背の高い方錐形の塔婆で、厳
  密には「板」碑ではなく、角塔婆または柱状碑と
  でも言うべきかもしれない。
   しかし、上部の山形や二段の切り込み、突き出
  した額などは板碑の形式と全く同じである。
   珍しいのは、それが方形の四面に共通すること
  であり、各面に梵字種子が彫られていることであ
  ろう。
   写真は西向きの面で、上から「キリーク・サ・
  サク」の阿弥陀三尊を表している。その下に、元
  弘三年(1333)の紀年銘が彫られている。
   方形の北面には、釈迦の脇侍である普賢菩薩と
  文殊菩薩を表す「アン・マン」が、背面つまり東
  面には不動明王の「カーンマーン」が彫られてい
  た。南面は「バイ」の変化した梵字で、何と読む
  のか判らなかったが、いずれにせよ四方仏を彫っ
  たものらしい。
   左から二番目の板碑は「キリーク」で、阿弥陀
  一尊を表しており、正慶元年(1332)の銘がある。
   
          

      
      
     大年神社板碑 (大分県宇佐市安心院町山蔵)
     
       
   旧山香町から旧安心院町へと通じる地方道の
  途中に、山蔵という集落がある。ここに地元の
  氏神として祭られた神社があり、小さな社殿へ
  と登る石段の両側に苔むした板碑が数基立って
  いた。
   主要な板碑は二基で、在銘中最も古い板碑を
  代表として記載した。
   形状は国東の板碑に共通した様式で、やはり
  堂々としていて見応えがある。
   主尊梵字種子はバン(金剛界大日)で、薬研
  彫りの溝は深く雄渾である。
   中心に建武元年(1334)の年号をはっきりと見
  ることが出来る。南北朝の始まりの年であり、
  鎌倉後期の風貌を残していることが年号からも
  納得出来た。
   額の張り出し方や面取りの優雅さが、レヴェ
  ルの高い石工の仕事であったことを証明してい
  る。この時代以降、様式はどんどん固定化して
  しまい、力のこもった作品は滅多に見られなく
  なっていくのである。
   もう一基は、胎蔵界大日(ア)を主尊とした
  暦応四年(1341)の板碑で、額部の出方が大きい
  という特徴のあるものであった。
     

    
    
     其ノ田板碑 (大分県豊後高田市蕗)
    
    
   国東半島の名刹富貴寺前の田んぼの真中に、この二
  基の板碑が人知れず立っている。寺への観光バスは数
  多いが、畦道を歩いてこの板碑を訪れる人は全くいな
  い。
   安山岩で青石の味わいは無いが、かえって朴訥とし
  た安らぎが感じられる好みの板碑である。
   右の板碑の梵字は主尊が「キリーク」、下の段の種
  子は右が「サ」左が「サク」で、それぞれが阿弥陀如
  来・観音菩薩・勢至菩薩の阿弥陀三尊を表現している
  のである。
   左の板碑は、二尊の種子を重ねた珍しいもので、上
  の梵字が「アン」下が「マン」で、普賢菩薩・文殊菩
  薩を表している。いずれも、釈迦如来の脇侍菩薩であ
  る。
   どちらの板碑も建武元年(1334)の銘が在り、南北朝
  の最初の年号である。武蔵型と比較すると、碑の整形
  や梵字の彫り方などは全く異なるものの、塔としての
  表現には共通したものが有る。

   こんな素晴らしい環境の中に、670年も前の石造
  品がひっそりと野晒しで立っている事だけで感動して
  しまうではないか。
          

    
   
     塔の御堂板碑 (大分県豊後高田市小田原)
    
   
   国東半島の板碑は青石ではないが、堂々とし
  た見事な作品が半島全域に分布している。
   写真の板碑は、安山岩製の力強い傑作で、梵
  字は額に月輪を付したバン(金剛界大日)、主
  尊はキリーク(阿弥陀)、脇侍は右がサ(観音)
  左がサク(勢至)の阿弥陀三尊である。
   関東の板碑などに見られる薬研彫りのイメー
  ジに近いが、彫りは浅く完全なV字ではない。
   梵字の雄渾な筆致から鎌倉時代を想定できる
  が、下部に請花・反り花式の蓮座が彫られてお
  り、大変珍しい様式で鎌倉末期ということにな
  りそうである。
   型にはまらぬ大らかさが命で繊細さには欠け
  るが、鎌倉時代の不器用だが剛直な美しさを見
  事に保っている。

   山の中の荒れ果てた小堂の横にこの板碑はひ
  っそりと立っているのだが、すぐ脇に見事な国
  東塔も並んで立っている。
   この地はまことに仏教の聖地であり、特に磨
  崖仏や石塔・板碑など、石造美術文化の密集地
  である。
   こうした知られざる石塔や板碑を想うと、す
  ぐにでも国東半島へ飛んで行きたくなってしま
  う。
           

      
      
     梅遊寺板碑 (大分県豊後高田市一畑)
     
    
   この寺は両子寺や財前家墓地からは至近で、豊
  後高田市と国東市の境界に近い走水峠山麓の一畑
  というところにある。
   山内の一画に、石造美術の愛好家ならば胸を躍
  らせるような石塔がゾロっと並んでいる。
   何と言っても有名なのが、応永二十一年(1414)
  の十三仏板碑だろう。資料としての価値は無類な
  だが、室町初期という時代からも梵字がチマチマ
  していて、小生の好みから言えば余り好きな板碑
  ではない。
   その点、この建武三年(1336)の胎蔵界大日種子
  (アン)板碑は、鎌倉期の豪放なイメージと南北
  朝の完成された優雅さとを併せ持っている、とい
  った風情を感じさせてくれる逸品だった。
   植栽繁茂のために下部が隠れてしまっているが、
  高さが
160cmという見た目よりは大きい板碑だ。
   “ほあぐら好み”という言い方を無理にすれば、
  板碑に関しては梵字が好きなので、その書体が美
  しく彫りが堂々としていることが第一の条件であ
  る。かつては、武蔵型の青石に彫られた端正な梵
  字に魅了されていたが、近年はこうした地方の荒
  削りだが野性味の感じられる梵字にも魅力を感じ
  るようになって来ている。
   国東や山形の板碑を探訪する内に、“ほあぐら
  好み”の巾がやや広がってきているようだ。
       

     
      
     財前家墓地板碑群 (大分県杵築市大田小野)
    
    
   財前家墓地は墓地全体が一括して史跡に指定さ
  れているという、中世の墓地の雰囲気を現在にま
  でそのまま伝えている素晴らしい場所である。
   おまけに、国の重要文化財に指定された国東型
  宝塔を筆頭に、無数の宝塔や五輪塔が累々と連な
  っている石造美術の宝庫でもある。

   板碑は種子の明確なものだけで十基在り、さな
  がら板碑のコレクションのようである。
   写真の板碑は、上部に額が張り出した国東特有
  の形で、少し内側に曲がった姿は丸でお辞儀をし
  ているように見える。高さは
163cmで、安山岩の
  板碑としてはかなり細身のほうだろう。
   種子は釈迦三尊で、上部に釈迦如来を表す「バ
  ク」、下部は右が普賢菩薩の「アン」、左が文殊
  菩薩の「マン」である。もろい材質にしては、き
  りっと彫り込まれた好みの梵字である。
   塔身下部には墨書で銘文が書かれていたようだ
  が、現在は消滅して判読は不可能である。
   南北朝初期ごろの作だろうか。
   注目すべきもう一基は、バン=大日・カーン=
  不動・バイ=毘沙門、という特殊な三尊種子を彫
  ったものである。
            

     
    
     諸田越板碑 (大分県杵築市大田小野)
     
    
     国東半島の中心に位置する両子山の南側はかつ
  ての西国東郡大田村で、現在は杵築市と合併して
  杵築市大田地区となっている。
   旧大田村の沓掛から前述の財前家墓地へと通じ
  る道と、隣接する旧安岐町の諸田への峠道に通じ
  る道との分岐点に、この板碑が建っている。

   高さは
150cm、幅が50cmの安山岩製で、やや
  小高い岩盤の上に建っているので目に入り易い。
   微妙に湾曲した国東式の額の上に、写真には写
  っていないが小さな山形が載っている。
   塔身上部に梵字が彫られており、上部にはバク
  (釈迦如来)、下部右はアン(普賢菩薩)左はマ
  ン(文殊菩薩)の釈迦三尊の種子である。
   梵字は鎌倉期の剛毅な筆致には程遠く、薬研彫
  りの魅力にも欠ける。だがさりげなく書かれた梵
  字の素朴さには、何故か心惹かれるものがある。
   前述の財前家墓地の板碑にも釈迦三尊の種子を
  彫ってあったが、全国的には少ないこの種子が国
  東には割りと多く見られる。
   この板碑には貞治五年 (1366) という南北朝中
  期の年号が彫られており貴重である。
                            

     
    
     岩屋堂板碑 (大分県国東市安岐町掛樋)
     
    
     大分空港に近い旧安岐町の塩屋から、旧大田村
  へと通じる県道豊後高田安岐線を行くと、程なく
  掛樋の里へ通じる旧道との分岐へ出る。
   旧道へ入り、渓谷沿いに進むと樋掛の集落手前
  にトンネルがある。その真上に岩屋堂が在るのだ
  が、堂まではトンネル手前の急坂をよじ登り、細い
  山道を少し歩かねばならない。

   質素なお堂の前に、写真の板碑が建っている。
   先端の山形部分が少し欠けており、塔身中央は
  完全に割れた部分をセメントで補修してある。と
  は言え、辺鄙な山中に建つ板碑の魅力そのものは
  失われてはいなかった。
   上部の種子は、阿弥陀如来を象徴する梵字「キ
  リーク」である。筆致がやや繊細なのは、その下
  に彫られた延文五年 (1360) という年号が示す、
  南北朝中期という時代性の表れなのだろう。
   質実剛健な武家社会を象徴するような鎌倉期の
  雄渾な書体と比べ、南北朝期の梵字は柔和にして
  繊細、驚くほど貴族的とも言えそうな筆致へと変
  化していくのである。
   国東の鎌倉期板碑は、後述の護聖寺、岩尾、長
  木家墓地(鳴)のものなど、感動的とも言えるほ
  ど魅力的だが、時代と共に変化していく過程を様
  式的に眺めるのも、板碑行脚の楽しみの一部であ
  ろう。
   岩屋堂からの下りの帰路は、登りとは反対側の
  掛樋の里へと通じる道を選んだ。   
                         

     
    
     護聖寺板碑 (大分県国東市安岐町久末)
     
    
   安岐町には国東塔や板碑など、数多くの石造美
  術が残されていて、旅する私達を魅了する。
   中でも、久末という集落の外れに在るこの護聖
  寺には、まことに剛毅な板碑が二基、地に根を生
  やしたようにどっしりと立っていた。
   竹やぶを背景にした板碑の姿そのものに感動し
  たが、さらに右側の板碑には、現在は判読不明だ
  が、正応四年(1291)という豊後板碑最古の紀年銘
  が入っているというので驚いた。しばらくじっと
  眺めてみたが、全く判らなかった。
   いずれも阿弥陀三尊を表す「キリーク・サ・サ
  ク」の種子で、右は彫りがやや浅く流麗であり、
  左は彫りの深い豪快な梵字表現である。
   右が
180cm、左は168cmという堂々たる、安
  山岩製の大型板碑である。
   但し後で知ったことだが、右の板碑の、前へ飛
  び出した額より上の頭部は、別の石がはめ込まれ
  ているとのことである。ほんの少しだけがっかり
  したが、実物の前で受けた感銘は深く、今でもそ
  の時の強い印象を覚えている。頭はカツラでも人
  格は変わらない、と言いたいが、あまり上手い洒
  落ではなさそうだ。
           

     
      
     岩尾板碑 (大分県国東市安岐町弁分)
    
    
   旧安岐町の弁分という里は石造美術の宝庫
  で、釜ケ迫の国東塔の他にも塔ノ尾、八坂神
  社、そしてここ岩尾に板碑がある。
   岩尾の板碑は、最も堂々とした美しさを誇
  っており、周辺の環境の良さもあることから
  ここに取り上げてみた。

   石質は安山岩で、高さは
168cmだが底辺の
  巾が
82cmなので、将棋の駒のような形状に
  見える。
   梵字種子はキリーク(阿弥陀)・サ(観音)・
  サク(勢至)の阿弥陀三尊で、
亨四年(1324)
  という鎌倉後期の年号が彫られている。
   中央のキリークを初め、その筆致は当代の
  豪胆さを発揮しており、薬研彫りも深く磊落
  なイメージになっている。
   額の両端は角を削ったようにして面取りが
  されており、弧状に張り出す様式ではない。
      

    
    
     八坂神社板碑 (大分県国東市安岐町弁分)
     
    
     弁分の里の東にあるこの神社は、両子寺へ通じる
  道沿いに建っている。
   境内の杉木立の中に建っており、安山岩製で高さ
  は
174cmである。周辺は暗く、碑面に当たる木漏れ
  日が強かったので、撮影はとても難しかった。
   可愛い山形と二条線、そして額部の構成は変わら
  ないが、前述の岩尾板碑と同様に、額部の両端が面
  取りされている。
   碑面上部には、梵字の「アン」が彫られている。
   「アン」は胎蔵界大日如来を象徴するのだろうと
  思われるが、普賢菩薩を象徴する種子でもある。ま
  た、層塔や宝篋印塔の塔身に見られる、胎蔵界四方
  仏の内の無量寿如来(西方)の種子としても知られ
  るところである。
   一尊であれば、胎蔵界大日如来とするのが適当だ
  ろうと思われる。しかし国東には「アン(普賢)」
  「マン(文殊)」を種子とする事例もあるので、普
  賢菩薩の種子の可能性は捨てきれない。
   種子の下に元弘五年 (1333) という鎌倉最末期の
  年号が彫られているが、筆致はかなり弱々しい。
   碑面の下部にも額のような造り出しがあるのが珍
  しいのだが、財前墓地や塔の御堂など、この地方に
  は類例は多い。   
                    

       
      
     鳴板碑 (大分県国東市国東町東堅来)
      
     
   鳴板碑と呼ばれているが、所在する場所は国東
  型宝塔でも取り上げた長木家の墓地の中に建って
  いる。
   この墓地は財前家の墓地と共に、石造美術の展
  示場といった趣で、重要文化財の宝塔の他にも南
  北朝以前の板碑が三基も建っているのである。

   鳴板碑が最も古く、県の重要文化財に指定され
  ている。長木家の当代当主が書いた下部の長い願
  文の最後に、元亨二年 (1322) という年号を見る
  ことが出来る。

   高さは
3m以上もある国東屈指の板碑で、種子は
  「マン」で文殊菩薩を表すものである。
   豪快な筆致と彫りが見事だが、何より印象的な
  のは先述の少林寺板碑のバンの上部の「ン」を表
  す空点(横線と点)である。ここでは梵字「マ」
  の上に書かれたその表現が、あたかも連続した草
  書体のような大らかな表現になっていて大変珍し
  い。
   碑面が上下方向にも左右方向にも微妙に湾曲し
  ているのが最大の特徴で、それが板碑全体に柔軟
  なイメージを持たせているようだ。
   額の部分や頭部にも、面取りの技法や曲線が用
  いられている。  
         

      
    
     岡板碑 (大分県国東市国東町見地)
     
    
     見地は国東町の中心から文殊仙寺へと向かう県道
  から、少し北へ入った辺りにある静かな里である。

   この板碑は高さが
284cmあり、前掲の長木墓地鳴
  板碑に次ぐ豪壮な板碑である。
   上部額部は湾曲して丸味を帯びており、両端は面
  取りが施されている。
   主尊の種子は「キリーク」で、阿弥陀如来を象徴
  している。達筆とは言い難いが、地方色の溢れた素
  朴さが伺える薬研彫りである。
   半分から下は銘文で、かなり細かい文字が刻まれ
  ている。実際に詳細を判読することは出来なかった
  が、資料によれば、「右志者亡父迎十三年之遠忌」
  とあり、十三回忌の亡父を供養して造立された板碑
  であることが想定出来る。
   左端に年号が刻まれており、建武元年 (1334) と
  いう南北朝の最初の年に建てられたことが判る。
   これも長木墓地板碑に共通するのだが、碑面が額
  と同じように前面に微妙な膨らみを帯びている。

   見地の堀部氏邸では、保存された正中二年(1325)
  の文殊種子(マン)板碑を拝見した。
                    

      
    
     野長谷板碑 (大分県国東市国東町深江)
     
    
     深江は堅来の北に在る集落で、木立に囲まれた草む
  らの中の大きな岩の上に、この程よい大きさの野長谷
  板碑が保存されていた。

   かなり白い材質の石材かと思ったが、やはり国東の
  安山岩製であろうと思われる。
   上部の山形はなだらかな曲線の裾が特徴で、単なる
  三角形とは趣を異にしている。
   額部は弧を描くように前面にかなり湾曲している。
   主尊の種子は「キリーク」で、阿弥陀如来を象徴し
  ており、その下に偈文と共に嘉暦二年 (1327) という
  鎌倉末期の年号が彫られている。

   全文の判読は無理だったが、前掲と同様に資料によ
  れば「一念弥陀仏、即滅無量罪、現受無比楽、後生清
  浄土」とあり、経典から意味の判り易いかなり都合の
  良い部分を抜き出した格好になっている。当時の人々
  の素朴な祈りが伝わって来るようで、むしろ微笑まし
  く感じられたのだった。
                    

     
      
     左荘両面板碑 (大分県国東市国東町赤松)
       
     
   国東町から両子寺へと向かって車を走らせて
  いた時、赤松という集落への分岐点に「左荘板
  碑」と記された石碑が建っているのに気が付い
  た。何の躊躇も無く、車を赤松へと続く細い道
  へと乗り入れていた。
   この板碑は赤松の集落の外れ、宇土と呼ばれ
  る場所にあり、椎茸栽培の農園の手前左側の草
  地の中に立っていた。
   静かな里で、村の人とは誰とも会わなかった。
  そのためなぜ「左荘」と言うのかは、最後まで
  判らなかった。
   板碑の種子はバン(金剛界大日)で、そのす
  ぐ下に正仲三年と記されており、これは正中三
  年(1326)と同じことだ。
   高さは
130cmほどの小振りだが、梵字種子
  の彫りは深く豪放で素晴らしい。
   最大の特色は、背面にも梵字が彫られた両面
  板碑であることだ。裏には地蔵を現す「カ」と
  いう種子が彫られている。

   近年(2008年)、近くを通ったので懐かしく、
  ちょっと寄って見て驚いた。周辺は荒れ果て、
  額を含んだ割れ目から上部がそっくり喪失して
  いたのである。何処へ行ってしまったのだろう。
   この写真は1994年に撮影したものである。
       

     
      
     少林寺板碑 (大分市木の上)
    
    
   大分市の西、旧豊後街道を行くと、大分川の支
  流七瀬川を渡る胡麻鶴橋の手前の山裾に、広大な
  寺域を持つこの寺がある。
   本堂の真裏に人がようやく入れるほどの大きさ
  の石窟があり、その内部左右両側の壁に立てかけ
  るような格好で板碑が五基立てられている。
   写真は左側の三基であり、右側にもう二基が立
  っているのである。
   左の一番大きな阿弥陀種子(キリーク)板碑が
  
162cmで、貞和六年(1350)という南北朝中期の
  年号が入っている。
   年号は他の四基も同じで、それぞれに「逆修」
  や「追善」という文字が刻まれている。
   生前に自身の死後菩提を供養した者が極楽往生
  出来る、という「逆修」の文字が実際に願文とし
  て刻まれているのが貴重である。
   また、中央の大日種子(バン)板碑には、地蔵
  菩薩本願経に書かれた「七分全得」という言葉が
  彫られているそうで、とても珍しいものだと言わ
  れている。
   右は文殊種子(マン)板碑で、いずれも額部の
  高さの巾が大きく造られている。
   他の二基は、阿弥陀種子(キリーク)と地蔵種
  子(カ)板碑である。
   時代は鎌倉からやや下った頃のものだが、篤い
  信仰が背後に見え、五基揃った姿がとても美しく
  感じられた。
     

     
      
     寺小路三連板碑 (大分県臼杵市野津町寺小路)
    
    
   旧野津町寺小路の城ノ平公園という所に、何と
  も珍しい三連板碑があると聞いた。公園なら直ぐ
  に分かるだろう、と行ってみたのだが見つからな
  い。人に聞いてみても、誰も知らないのだ。
   役場で尋ねてようやく分かった。公民館のすぐ
  裏の山がそれで、登るのにやや危険があるため現
  在は立ち入り禁止となっているという話だった。
   私達は役場の特別許可を戴いて、その元公園へ
  と登った。
   鉄柵と屋根で覆われて、この三連板碑が立って
  いるのが見えた時には、憧れの恋人にやっと会え
  たかのような感動を覚えたものだった。

   板碑の高さは小生の上背と全く同じなので、約
  
170cmである。写真から抱くイメージよりは、
  かなり大きいだろう。
   一石に三連の板碑を彫り込んだもので、中央に
  元弘三年(1333)という鎌倉最末期の年号が見える。
   梵字は左からバク(釈迦)、バン(胎蔵界大日)、
  キリーク(阿弥陀)という大層欲張った種子であり、
  願文は無いが多くの仏にすがろうとする供養者の
  切なる願いが伝わってくるような気がした。
   梵字は小振りながら、鎌倉期の期待を裏切らな
  い大らかな筆致であることが嬉しかった。
      

     
      
     彦山寺跡板碑 (宮崎県えびの市加久藤)
    
    
     熊本の人吉から宮崎の飫肥(日南)まで通じる飫肥
  街道(国道
221号線)は、人吉からはループ式のトン
  ネルを抜けてえびの市へと入る。加久藤展望台からは
  えびの市が一望出来るが、その直ぐ下の山裾へと細い
  道を下った所の民家の裏山に旧彦山寺の跡地が在り、
  二基の板碑などの石塔が多数残されている。

   写真は中央に建つ
217cmの大型板碑で、額の部分
  に二つの梵字が刻まれているのが珍しい。左は胎蔵界
  大日如来の種子「アーンク」で、右は金剛界大日如来
  の種子「バン」である。
   碑面上部には、大きく豪快な薬研彫りの梵字が彫ら
  れている。胎蔵界大日如来を象徴する種子「ア」と考
  えられるのだが、額に両界の大日種子が彫られている
  ので、全ての仏の象徴が可能とされる別格の種子とし
  ての「ア」が彫られている、とも考えられる。
   種子の下に、長文の格調高い偈文が彫られている。
  判読は困難だが資料によれば、密教の僧宝光律師が恩
  師覚然の三十三回忌供養のために建てたものなのだそ
  うである。
   偈文の下に小さい文字で年号が彫られており、正中
  二年 (1325) という鎌倉末期の作と判る。
   左側にもう一基の板碑が建っている。
127cmとや
  や小振りだが、額や種子の意匠と年号は同一である。
                    

    
      
     稲葉崎墓地板碑群 (鹿児島県湧水町粟野)
    
    
     旧粟野町の粟野橋から国道を西北に4Km程行くと、
  右側に小高い丘が在る。石段を登って行くとそこは森
  閑とした壮大な墓地で、南北朝期の相良家塔婆など、
  夥しい数の五輪塔や板碑が林立していて仰天する。
   
   中でも、墓地の中央に建つ写真の板碑二基は、黄金
  塔とも呼ばれる
3m余の大塔で、見る者を圧倒する。
   両塔共に南北朝初期の暦応二年 (1339) という年号
  が刻まれており、道性、妙性という夫妻が生前逆修の
  ために建てた一対の供養塔である。
   種子は、右の道性塔が上部バン(金剛界大日)下部
  ウーン(阿しゅく)で、左の妙性塔は上部ア(胎蔵界
  大日)下部バイ(薬師如来)である。いずれも、伸び
  伸びとした筆致の梵字で、この時代の薩摩にかくなる
  豊かな文化と信仰が存在した事実を思い知らされる。
   写真ではちょっと見えにくいのだが、種子の周囲は
  連続する円形をモチーフとした連珠紋帯で囲まれてい
  る。この地の豪族夫婦らしい、優美な意匠である。
   下段には、法華経の偈と願文が彫られており、夫妻
  の篤い信仰心が伝わってくるようだ。

   墓地内は正に石造美術の博物館さながらで、特に自
  然石板碑や二連板碑や角塔婆に彫られた草書体風の薬
  研彫りされた梵字の美しさには舌を巻いてしまう。不
  動明王の種子を彫った“流れカーンマーン”や、三弁
  宝珠で飾られたキリークの荘厳体など、滅多に拝せな
  い梵字を見ることが出来て時間を忘れた。
                    

    
      
     田尾原供養塔(板碑)群 (鹿児島県湧水町粟野)
    
    
     前述の稲葉崎から数キロ下った所に、田尾原の集落が
  ある。この供養塔群は、集落外れの何とも判り難い場所
  に在る。公民館裏手の丘の上の竹薮の中なのだが、水害
  の為か道の崩壊した斜面をよじ登らねばならなかった。

   五輪塔など多くの石塔が並んでいるが、眼目は後方横
  一列に並べられた六基の板碑と角塔婆である。中世の石
  塔が並ぶ様は荘厳で、昼なお暗い中に浮き上がって見え
  るように感じられた。
   特に注目したのが背の高い中央の四基で、左側二基の
  板碑と右側二基の角塔婆は、それぞれが夫婦によって建
  てられた二組の対の逆修供養塔なのであった。

   板碑の二基にはいずれも胎蔵界大日の種子である梵字
  「アン」が彫られ、正平十四年 (1359) という南北朝中
  期の北朝年号が記されている。

   角塔婆の四方にはそれぞれ違った種子が彫られている
  が、右の夫の塔には正面の「ア(胎蔵界大日)」のほか
  に時計回りで、「キリーク(弥陀)」「カーン(不動)」
  「バイ(薬師)」が、また左の妻の塔には正面に「バン
  (金剛界大日)」「タラーク(宝生)」「アク(不空成
  就)」「バイ(薬師)」が彫られている。諸仏を夫妻で
  巧みに振り分けたのだろうが、どちらにも薬師が入って
  いるところが、何時の世でも病気平癒を願う心に変わり
  は無かったことを物語っているようだ。   
                    

     
      
     澤家墓地板碑群 (鹿児島県霧島市隼人町神宮)
    
    
   鹿児島神宮近くに保存されている
  中世の墓所で、神宮社家のひとつ澤
  家の墓地である。
   盛土の丘の中央に建つ三重石塔や
  五輪塔を四十基もの板碑が囲ってお
  り、鎌倉期の絵草紙に描かれた墓地
  の形式そのものである。
   板碑に彫られた様々な種子がどの
  ような意味を表わすのかは明確では
  ない。
   墓地の正面に三基の自然石板碑が
  並んでいるが、真ん中の板碑に嘉禎
  三年 (1237) 鎌倉中期の年号が刻ま
  れている。
   種子は左塔が「キリーク」右塔が
  「サン(と読める)」であるが、中
  央塔は「バン」と「サク」を組み合
  わせたような不可解なもので、社家
  の謎めいた梵字として興味深い。
                       

     
      
     波之上神社板碑 (鹿児島県鹿屋市高須町)
    
      
   鹿屋市の西南、高須川の河口近く、錦江湾に突き出
  た権現山の中腹にこの神社が建っている。
   石段を登ると社殿で、本殿の左奥の小高い場所に数
  基の板碑が保存されていた。

   写真の板碑が最も保存が良く、材質は黄色凝灰岩で
  ある。凝灰岩の中では、比較的硬質であるらしい。
   三角の山形、二条線と額など、洗練された技法で刻
  まれており、国東の板碑に比しても遜色は無い。
   
   中央の種子は「ア」で胎蔵界大日如来を象徴してい
  る。大らかな筆致の薬研彫りである。
   中央に銘文が彫られており、嘉暦三年 (1328) とい
  う鎌倉末期の年号が読み取れる。
   銘文には「右志者為僧心勝聖霊□□菩提乃至法界也」
  と記され、心勝という僧侶が追善の為に建立した供養
  塔であることが判る。

   他にも元弘二年 (1332) という北朝の年号と、正慶
  元年 (1332) という南朝の年号を併記した板碑も見ら
  れ、鎌倉末期から南北朝初期にかけての複雑な政情と
  時代背景が浮び上がってくる。この地の高須城では、
  北朝方と南朝方が争った合戦があったそうだ。
                       

     
      
     宇都板碑 (鹿児島県南大隅町川南)
    
    
     大隅半島の南端に近い町で、平安後期の藤原氏や鎌
  倉期の禰寝(ねじめ)氏などが統治した経緯があり、
  意外と申しては失礼だが、中世以来の古い歴史を有す
  る場所なのであった。
   かつての根占町と佐多町が合併し、大隅半島の先端
  部分は南大隅町となっている。
   山川港からのフェリーが着く旧根占町の中心は、麓
  川によって南北に分かれている。
   橋を渡った川南地区には、二基の鳥居が並立するこ
  とで知られる諏訪神社が鎮座する。
   その裏山に旧岩林寺の跡地があり、三基の板碑が残
  されていた。

   坂を登った小高い場所に、写真の板碑が建っている。
  高さは
150cmもないほどだが、堂々とした風格の感じ
  られる板碑である。
   主尊の種子は「キリーク」で、阿弥陀如来を象徴す
  る梵字である。大らかで力強い筆致の薬研彫りが魅力
  的だ。その下に刻まれた年号は、正応六年 (1293) と
  いう鎌倉後期最初の年であり、鹿児島県最古の板碑と
  されている。九州全体でも、かなり古い部類に入る貴
  重な板碑であろう。
   禰寝氏歴代の供養塔として建てられたものと推定さ
  れる、と現地の案内板に記されていた。
   川北に在るとされるもう一基の板碑を探したが、町
  の役場でも判らなかった。   
                    

        このページTOPへ  信州の道祖神へ  東日本の板碑へ 

    石造美術TOP  日本庭園TOPへ ロマネスクTOPへ

      古代巨石文明TOPへ  世界の建築  総合TOPへ 掲示板へ