石塔 (層塔・宝塔・宝篋印塔・五輪塔)
     (5) 京都(北部)の石塔巡拝 
                  
    


 京都の石造美術は質において誠に優れて
おり、また量的にも他を圧倒するほどなの
で、ページの便宜上北部と南部に分けて掲
載をした。
 上京区・山科区・右京区・左京区・北区
・の市内のほか、亀岡市を含む県北部を、
京都(北部)とした。 
 掲載の都合であって、他に意図は全く無
い点を御了承いただきたい。

 特に、大原や嵯峨野、亀岡市、丹後半島
は秀逸な石造美術の密集地であり、石塔や
石仏だけを目的にした旅をする価値は十分
にあるものと思う。




               来迎院石造五輪塔
                  (鎌倉期)

                  左京区大原
 
                  

     
       
     勝林院宝篋印塔 (京都市左京区大原)
      
     
   大原の石造美術を訪ねた或る日、来迎院で三
  重石塔の傑作に接した後、三千院の喧騒を避け
  るようにしてこの大原問答で知られる勝林院の
  境内に入った。
   三千院の阿弥陀三尊来迎像に未練が有ったが、
  杉木立の中に佇むこの石塔を拝した途端に、そ
  んなことはすっかり忘れてしまっていた。

   石塔は建っている事それだけで美しいのだが、
  ここでは更に建っている環境が抜群であること
  に感動した。

   すっきりと延びた相輪が見事で、輪郭線の入
  った三弧の隅飾が存在感を示している。生き生
  きとした生命感に満ちていて、様式美に陥る直
  前の輝きとも写る。
   また、正和五年(1316)という年号からは、鎌
  倉末期の最も充実しきった美意識が見ても取れ
  る。
   笠や相輪に対する、塔身の程好い大きさがこ
  たえられない。素晴らしいバランス感覚だと思
  う。
   写真の梵字種子は「アン」で、他に「アク」
  「ア」「アー」が見られ、胎蔵界四方仏である。
         

     
                      
     大原北墓地篋印塔 (京都市左京区大原)
     
     
   前回大原を訪ねた時には勝林院の宝篋印塔に感
  動し、そのまま帰ってしまった。しかし、大原に
  はもう一基の見るべき重要な宝篋印塔が存在して
  いたことを、後になって知ったのだった。
   一年後に再訪した私達は、勝林院の境内を抜け、
  裏山に通じる道を登って行き、大原北の共同墓地
  を訪れることが出来た。

   墓地の入口付近に、古い石仏や無縁墓の石塔な
  どを集めた一画が在り、そこに写真の宝篋印塔が
  堂々と建っていた。

   基礎には格狭間、塔身には胎蔵界四仏を象徴す
  る梵字の種子が刻まれている。隅飾は二弧で輪郭
  が付いており、相輪も堂々としている。
   やや摩滅しているのが残念だが、全体に均整の
  取れた秀麗な塔だと感じた。
   正和二年(1313)の建立で勝林院より3年古く、
  洗練されてはいないものの、腰の据わった野太い
  美しさを感じさせる好みの塔であった。

   基礎に「念仏諸衆為往生極楽」と刻まれており、
  この石塔には、ひたすら念仏を唱えるしか方法の
  無かった庶民の切ない願望が集約されているので
  ある。
          

      
         
     来迎院三重塔 (京都市左京区大原)
      
       
   観光客でにぎわう大原三千院には入らず、手前
  を山手に向かって折れ、しばらく谷川沿いに登れ
  ば来迎院の山門が見えてくる。三千院の喧騒が嘘
  のように思える程の静寂に包まれている。
   本堂の美しい仏像に詣でてから、私達は右手奥
  に有るこの石塔を目指した。

   鎌倉中期とされるが、軸部の高さが古塔の風格
  を示しており、反りの美しい屋根との均整の取れ
  た形には感動した。
   相輪部分も当初のものと思われ、余計な装飾の
  一切無い、「かたち」そのものの美しさをここで
  も感じることが出来た。
   難を言えば、塔周囲に設置されている石柵が、
  写真を撮りにくくさせていたことだった。

   三重石塔はその作例が稀少なので、その意味か
  らもこの塔に会えたのは大きな喜びであり、また
  その質の高いことが無性に嬉しかった。
   私達は三千院の前を素通りし、大原問答の勝林
  院で鎌倉後期の宝篋印塔を見てから大原を後にし
  た。
           

      
       
     大原五輪塔 (京都市左京区大原)
      
     
     三千院へと登って行く通りに面して建つ念仏寺
  の先、駐車場脇の一画に線彫りの石仏と並んで一
  基の五輪塔が建っている。
   アジサイを背景にこの写真を撮影したのはかな
  り前だったが、現在は脇の駐車場が整備され風情
  は無くなってしまった。

   正面のみに五輪塔菩提門の梵字(ケン・カン・
  ラン・バン・アン)が彫られているのだが、火輪
  の「ラン」と水輪の「バン」、そして地輪の「ア
  ン」しかはっきりとは読めない。
   空風輪の梵字は無いに等しいので、しっくりと
  収まってはいるが別物の後補と思われる。
   火輪の屋根の傾斜は大らかで、降棟があるよう
  にも見え、軒口は厚く両端の反りは何とも緩やか
  で優雅な曲線を示している。これはかなりの古塔
  であることを示している。
   水輪はほぼ球形で、膨らんだ風船玉のような弾
  力が感じられる傑作だろう。
   地輪は全体のフォルムからすればやや背が低く
  感じられるが、地中に埋められた部分があるのか
  もしれない。
   基礎の裏側に、弘安九年 (1286) 鎌倉中期とい
  う魅力的な年号が銘文と共に刻まれているそうな
  ので、第一感の“古塔”という印象は正しかった
  ことになる。まだ捨てたもんじゃあないか。   
                                                   

     
       
     大長瀬宝篋印塔 (京都市左京区大原)
      
     
     大長瀬町の三千院参道から東へちょっと入った
  左手に小さなお堂が在り、その前左側に写真の宝
  篋印塔二基が建っている。
   右側の宝篋印塔が重要で、基礎部分の格狭間の
  脇に元亨元年 (1321) 鎌倉後期の年号が読み取れ
  る。基礎に輪郭は無い。銘文に「一結衆等敬白」
  とあって、塔身正面に彫られた梵字キリークが示
  す弥陀の種子からも、阿弥陀を信仰した村人達に
  よって建立されたことが想像出来る。
   塔身の種子は正面だけで、他の三面は無地であ
  る。阿弥陀種子は蓮座の上の月輪内に彫られてい
  るが、この一尊のみというのは珍しい。
   笠は、上六段下二段で、隅飾は輪郭を巻いた二
  弧で、ほぼ垂直に立っているように見える。隅飾
  りの中に梵字が彫られているらしいのだが、ほと
  んど確認することは出来なかった。
   相輪は九輪の一部が欠損しているが、どうやら
  全体が別物のようだ。
   左の宝篋印塔は、基礎の輪郭の無い格狭間が三
  方に彫って在るのは右塔と同じだが、塔身の四方
  には胎蔵界四方仏と思われるアン・アクという梵
  字が彫られている。基礎上には、複弁の蓮座が意
  匠されている。隅飾などは似ているが、鎌倉末期
  から南北朝にかけての作だろうと思う。 
                                                   

     
       
     惟喬親王墓五輪塔 (京都市左京区大原)
      
     
     実は惟喬(これたか)親王というお方がどうい
  う人物なのか、この御陵へ伺うまで恥ずかしなが
  ら全く知らなかった。
   大原三千院への道の手前に大原上野町という一
  帯が在り、右手の山側へと登る分岐がある。その
  小道を登り詰めた辺りに、惟喬親王の墓と伝わる
  五輪塔を祀った一画が在った。
   惟喬親王は平安時代前期(9世紀)の文徳天皇
  の第一皇子で、古今和歌集などで知られているら
  しい。悲運の皇子、木地師の祖などといった伝説
  多き人物だが、真偽の程は定かではないとのこと
  である。しかし、宮内庁が管理する御陵なので、
  由緒は確かなのだろう。

   ところがこの五輪塔は、空輪の形、火輪の笠の
  緩やかな傾斜や、薄い軒口の反り、やや細長い水
  輪などからは、どうみても惟喬親王の時代よりは
  かなり後の制作、鎌倉中期(13世紀末頃)とい
  うことになりそうである。
   おそらくは、親王所縁の地の住民達によって建
  てられた供養塔ではないだろうか。
   古式の格調が感じられる鎌倉中期の秀麗な五輪
  塔、と位置付けられるだろう。
                                                   

     
       
     白沙村荘十一重塔 (京都市左京区浄土寺)
      
     
     銀閣寺前の白沙村荘は故橋本閑雪画伯の旧邸
  で、現在は記念館として建築や庭園が公開され
  ている。石造美術の蒐集でも知られ、各地の名
  品が庭内に置かれている。
   写真の石造十一重塔は、かつて讃岐善通寺の
  持宝院常福寺に在った石塔であるという。

   手前の看板に平安後期の作と記してあるので
  信じるしかないが、確かにそれらしい古調に満
  ちた特徴を認めることが出来る。
   初重軸部の背が異常なほど高く、四方仏を表
  わす梵字はやや彫りが浅い。裏側の梵字がバン
  になっているのが珍しいし、書体も鎌倉期の薬
  研彫りではなく優雅だ。
   各層の屋根は、軒口がやや厚く、両端は微か
  な反りを見せている。何とも優雅ではないか。
  屋根幅の逓減率はかなり大きく、下部がどっし
  りと落ち着いている。六層目と七層目の間に段
  差が見られるので、十三重塔であった可能性は
  捨てきれないだろう。
   古式な格調を感じさせる、秀麗な塔である。
                                                   

     
     上品蓮臺寺真言院五輪塔 (京都市上京区)
       
     
   上品蓮臺寺は十二の子院が在ったことから、
  十二坊と呼ばれるほどの京都有数の古刹であっ
  た。現在は四院を残すのみだが、それでも千本
  通りに面して長い築地塀が続き、かつての威容
  を留めている。
   本寺の北に隣接するのが四院の一つ真言院で
  あり、その本堂裏の墓地の中央に写真の五輪塔
  が建っている。
   余り有名なものではないが、鎌倉期の特徴を
  備えた美しい塔である。

   ふっくらとした空輪、力強さの見える笠の軒
  反り、球形のわりと高い水輪などが、鎌倉も比
  較的後期ではないかと思わせる。
   後述の知恩院のものにとても似ているような
  気がした。
   五輪塔に興味の無い人の目には、どれもこれ
  も同じ単なる墓石としか写らないらしい。しか
  し、部品は同じでも微妙な形の差や配列の違い
  によって、千差万別となる人の顔に似て、たっ
  た五つの要素から成るこの塔も、まことに様々
  な表情を見せてくれるところが面白い。

   源頼光が大蜘蛛を退治したと伝えられる頼光
  塚が、墓地の隅に在った。   
          

      
     妙覚寺笠塔婆 (京都市上京区)
     
    
   堀川紫明から少し入った所に、日蓮宗由緒寺院
  の一つである妙覚寺が在る。
   永和4年(1378)の創建で、かつては塔頭百余と
  言われるほどの栄華を誇った。豊臣秀吉の時代に
  現在地に移転したという。
   本寺境内から少し北西に離れた場所に、妙覚寺
  墓地が在る。狩野元信・永徳など、狩野一族の墓
  が在ることで知られている。

   その墓地の一画に、写真の三基の笠塔婆が並ん
  で建っている。手前から日像・日蓮・日朗の報恩
  供養塔で、三菩薩題目笠塔婆と称している。
   応永7年(1400)の銘が刻まれており、移転前の
  草創期以来の石碑であることが判る。室町初期で
  あり、石造美術的にはやや衰退期となるのだが、
  写真で御覧の通り大変優雅で品格の備わった笠塔
  婆として貴重である。
   宝珠がやや扁平であることや、笠の縁取り装飾
  など、南北朝から室町にかけての特色が見える。
  南無妙法蓮華経の題目は見事な筆で、台座の反花
  装飾とともに風格を示している。   
            

      
       
     東向観音寺五輪塔 (京都市上京区馬喰町)
      
     
     北野天満宮の境内、参道の西側に建つ真言宗寺
  院で、十一面観音を本尊とする。
   本堂の左奥に建つ高さ
4m余の巨大な石造五輪
  塔で、菅原道真の母伴氏を祀る御廟とされる。
   蓮座の付いた珍鳥居の一つが建つ伴氏社が、同
  じ参道の先に在るが、この五輪塔はそこに在った
  もので、明治の廃仏毀釈の際に移されたものだと
  いう。

   植栽に隠れて見えないが、どうやら基礎地輪は
  背が低そうだ。
   水輪は古式の風格を見せるやや細長い卵型で、
  大きさに比して典雅な佇まいを見せている。
   火輪は、屋根の傾斜が緩やかであり、軒口は厚
  めで両端が微妙に反っている。水輪とのバランス
  が絶妙である。鎌倉中期は下らないだろう。
   空風輪はやや大きめながら、特に空輪は形の良
  いふっくらとした宝珠形を示している。
   知恩院、革堂と共に、四十九日の忌明けに参拝
  する忌明塔の一つとして知られる。

   天満宮の参詣は盛んだが、当寺へ参拝する人は
  ほとんど無い。歴史的にも意味の深いご本尊と、
  当五輪塔の参拝を切に願うものである。
                                                   

      
       
     引接寺層塔 (京都市上京区千本寺の内上る)
      
     
     小野篁を開基とする真言宗寺院で、千本ゑんま
  堂として知られる。閻魔法王を本尊とし、大念仏
  狂言が行われることでも有名である。

   境内に堂々と建つこの高さ
6mの層塔は、紫式
  部の供養塔とも称され国の重要文化財に指定され
  ている。
   大きな特徴は最下層の屋根で、多宝塔や奈良薬
  師寺東塔に見られる裳階(もこし)という庇(ひ
  さし)屋根である。四隅に面取りしてあるのが珍
  しい。裳階を入れず、九重塔と見るべきだろう。
   基礎は円形で、周囲に十四体の地蔵像が、舟型
  の中に彫り込められている。
   塔身(初重軸部)は方形で、四方に顕教四仏像
  が蓮座に載った姿で半肉彫されている。薬師や阿
  弥陀が確認出来るので、顕教四仏た判断できる。
   裳階の上に二層目の軸部があるが、四隅に面取
  をした柱が立つ珍しい様式だ。軸部には鳥居形が
  彫られ、中に胎蔵界四仏を表わす梵字が刻まれて
  いる。
   塔身に至徳三年 (1386) という年号が彫られて
  いるので、南北朝の最後の方ということになる。
  しかし、屋根の落ち着いた形状や軒口の幅の逓減
  率の大きさからは、かなり古式の格調が感じられ
  て仕方がない。素人にとっては、謎を含んだ層塔
  としか言えないのだが。
                                                   

    
    
     清涼寺宝篋印塔 (京都市右京区嵯峨)
     
     
   京都や近江は石造美術の宝庫で、宝篋印塔の
  主要な作品を見て歩くだけでも数週間が必要だ
  ろう。
   秘仏釈迦如来像公開で訪れた嵯峨釈迦堂清涼
  寺の境内で、私が眼を釘付けにさせられてしま
  った宝篋印塔である。
   限られた巡歴の中でも、栂尾高山寺・為因寺
  ・鎌倉覚園寺等と共に深く印象に残っている。

   やや頭でっかちに見えるが、じっくりと見て
  いる内にそれがかえって絶妙の均整と優美さを
  生んでいることに気が付く。
   塔身の梵字が摩滅しているのが残念だが、反
  花座と笠は見事な細工である。最大の特徴は、
  笠下が三段になっている(通常二段)ことと、
  隅飾が三弧で、その中に梵字「ア」が彫られて
  いる事だろう。
   写真でははっきりしないが、蓮座の上に有る
  月輪の中に「ア」が彫られ、誠に洒落た意匠が
  感じられる。
   源融公の塔との伝承が有るらしいが、それに
  ふさわしい落ち着いた優雅な美しさである。
   私は、石塔の中では国東半島の宝塔と鎌倉時
  代の宝篋印塔が好きだが、嵯峨野にひっそりと
  立っているこの塔は、その中でも格別の好みの
  一つである。
          

      
       
     清涼寺層塔 (京都市右京区嵯峨)
      
     
     嵯峨清涼寺の境内には、前述の宝篋印塔以外
  にも数多くの貴重な石造美術品が保存されてい
  る。境内の少し離れた場所に在る多宝塔仏(両
  面石仏)や、宝篋印塔に隣接する一画に祀られ
  たもう一基の宝篋印塔と当層塔などである。

   一見しただけでこの石塔には統一感が無いこ
  とが感じられ、おそらくは色々な部材が組み合
  わされているだろうことは容易に想像出来る。
   各層の屋根を考察すると、一・ニ層目は破損
  はあるものの同様式と思われ、それより上は寄
  せ集めと思われる。一・二層目の屋根は、非常
  に穏やかな傾斜と軒口の薄さ、両端の反りの優
  雅さなどから、平安末期の古式が偲ばれる。
   初重軸部の背の高さも古式で、四方には梵字
  が彫られている。かなり摩滅してしまっている
  ので、書体筆致までは判断出来ない。梵字はバ
  イ(薬師)やユ(弥勒)が確認出来るので、顕
  教四仏と考えられる。写真は、左側がキリーク
  (弥陀)なので、正面はバク(釈迦)であるは
  ずなのだが、ほとんど読めない状態である。
   二層の屋根と塔身のみが本来の塔であったの
  だが、単なる寄せ集めとは一味違った存在感が
  感じられて好きである。平安末期の優雅な三重
  塔(又は五重塔)の姿を想像する楽しみなのだ
  ろうか。
                                                   

    
    
     覚勝院墓地宝篋印塔 (京都市右京区嵯峨)
    
     
   小生の好きな宝篋印塔が在る嵯峨清涼寺の北
  側に隣接して、大覚寺子院である覚勝院墓地が
  有る。
   その中央に、この優美な石塔が象徴的なたた
  ずまいで堂々と建っていた。キリっとした清雅
  な墓地で、美しいものというのは周囲の空気を
  引き締めるものだと知った。

   写真を撮っている小生に、墓石を修理してい
  た石工さんが話し掛け、東京から来たことを盛
  んに感心していた。仲間の間でも、嵯峨では自
  慢の石塔なんだと言う。

   相輪は後補だが、笠の隅飾は二弧で月輪をあ
  しらい、塔身にはくり抜いた円弧の中の蓮華に
  座した四方仏が彫られ、基礎は複弁の反花と格
  狭間によって飾られ、更に二区の格狭間が彫ら
  れた基壇に載るという、大変珍しい装飾が完璧
  に成された傑作だったのである。

   全体に鎌倉期の武骨さは残されてはいるが、
  繊細な美意識が典雅な装飾を生み、豪快さが失
  われつつあることから、鎌倉後期の作だろうと
  勝手に想像した。
        

      
       
     宝篋院五輪塔 (京都市右京区嵯峨)
      
      
   嵯峨野は何度も歩いていたのに、釈迦堂清涼寺
  の近くに在るこのお寺には一度も入ったことが無
  かった。その名のとおり宝篋印塔が在るものと信
  じきっていたのだが、今回初めて訪ねて驚いた。

   ここでの「宝篋院」は室町幕府の二代将軍足利
  義詮の法名であり、境内に建っていた石塔は左に
  三重石塔、右に五輪塔の二基だったのである。

   三重石塔は義詮の墓であり、五輪塔は楠木正行
  の首塚であるらしい。南朝方の敵ながらその人柄
  を慕った義詮が望んで、その傍らに葬ったとされ
  ている。
   三重塔は古式であり、おそらく鎌倉初期、五輪
  塔も笠の一部が欠けているものの、上から「キャ
  ・カ・ラ・バ・ア」の梵字も揃っており、笠の反
  りからも鎌倉末期は下らないだろうと思われる。
   とすれば、初期とはいえ南北朝時代の正行と義
  詮では、どうしても若干のズレが出てきてしまう。
   言い伝えの真偽はともかく、嵯峨野の一画に古
  い五輪塔が在ることは事実である。それも、風格
  と品位のある、まことに優雅な石塔なのである。
   考古学者ではない私達は、伝説を信じても何の
  損にもならないのだから、信じてみるのもまた楽
  しいものではある。  
          

       
    
     大河内山荘宝塔 (京都市右京区嵯峨)
    
                 
   嵯峨野の野々宮神社から竹薮を抜けて行くと、保
  津川を望むことの出来る高台に、俳優だった故大河
  内伝次郎氏の広大な山荘が保存されている。
   有名スターとはいえ、映画俳優がこれ程までに規
  模の大きな庭園を維持出来たことに驚くと同時に、
  庭園内に配された茶室や石造美術の洗練された趣味
  の良さには舌を巻かざるを得なかった。

   その驚愕の一つが、写真の石造宝塔である。
   二区格狭間の露盤に乗る相輪は、完全な形で残っ
  ている。
   笠の屋根の勾配はゆるく上品で、軒の反りは両端
  がやや強く反っている。軒下に三段の垂木型を彫り
  出してあるが、これは懸所宝塔などの事例はあるも
  のの、かなり出所の正しい宝塔であることを示して
  いるのだろう。
   夏の夕暮れとはいえ暗く、また植栽が繁っていた
  ために、満足な写真が撮れなかった。
   塔身の正面には、扉を開いた形で中に阿弥陀如来
  坐像が半肉彫りされている。
   基礎の正面に三本の一茎蓮華が彫られ、その間間
  に二体の仏像が座している。これは余り見かけない
  意匠だ。
   基礎の他の面に三茎蓮が見られるので、従来は近
  江で制作され移された宝塔かと思われる。
   総高2m50の、鎌倉中後期の逸品だと言える。
  
   

     
       
     祇王寺五輪塔 (京都市右京区嵯峨)
      
      
       嵯峨野の奥、平家物語で知られる白拍子祇王ゆ
  かりの尼寺だが、寺とは名ばかりで、楓の繁る苔
  庭の中に小さな庵が残されているのみである。

   庵の脇の高みに、二基の石塔が建っている。
   左が三層の石塔で、写真の石造五輪塔が右側に
  祀られている。
   寺の案内によれば、層塔が祇王、その妹の祇女、
  母刃自の三人の墓であり、五輪塔は平清盛の供養
  塔であるという。

   言い伝えはそれとして、写真の五輪塔は間違い
  なく鎌倉期の、それも完存する形で残されている。
   空輪の張り、火輪の軒反りの力強さ、やや偏平
  な水輪など、鎌倉中後期の特徴を良く表した見応
  えのある五輪塔であると言える。

   珍しいのは水輪に彫られた梵字で、正面にタラ
  ーク、左にキリークが読める。柵が設けられてい
  るので、背後の確認は出来なかったが、おそらく
  金剛界四方仏の種子が彫られているようだ。
   タラーク(宝生)キリーク(弥陀)アク(不空
  成就)ウーン(阿しゅく)がそれである。

   墓の伝承のある層塔は、三つの屋根が不揃いで
  あり、鎌倉期を感じさせるがおそらくは寄せ集め
  の石塔ではないだろうか。
                  

      
       
     二尊院宝篋印塔 (京都市右京区嵯峨)
      
     
     嵯峨天皇の勅願により9世紀に建立された天台
  宗の名刹で、寺名は釈迦・阿弥陀の二尊を祀るこ
  とに由来する。
   嵯峨野らしい静寂な空間が保たれた、魅力的な
  寺域である。
   境内右手奥の山裾に、古びた三基の石塔が並ん
  でいる。左から、この宝篋印塔、次掲の五重塔、
  そして層塔(現在九重)である。

   洗練された完成度を示すこの宝篋印塔には、圧
  倒的な名品のオーラが感じられた。鎌倉後期に制
  作された、と推定される。
   残念なことに、相輪は落ちて左脇に置かれてい
  る。水烟のある立派なものだったようだ。
   笠は、上六段下二段で、輪郭を巻いた三弧の隅
  飾の中には、蓮座に載るげ月輪内に梵字「ア」が
  彫られている。別石で、やや外へ傾斜している。
   塔身には、金剛界四仏の種子が彫られていた。
  写真正面は「ウーン」で阿閦如来を表わし、右は
  「アク」で不空成就如来を象徴する梵字である。
   基礎は壇上積式で上二段は別石、中の格狭間は
  鎌倉らしい大らかにふくらんだ意匠である。
   高さ
2.6mの、豪快で端麗な宝篋印塔である。
                                                   

      
       
     二尊院五重塔 (京都市右京区嵯峨)
      
     
     二尊院三石塔の真ん中に建つ五重塔で、古来
  より土御門天皇の墓と称されてきたが何の根拠
  も無いらしい。

   相輪は失われているが、笠の形には鎌倉期を
  想定出来そうな軒の厚みと両端の反りが見られ
  る。全体にやや損傷が見られるが、軒下の垂木
  型などとても清々しい姿をしている。
   塔身はやや細長い古式で、四方には舟形に刳
  り込んだ中に蓮華に座す四方仏が半肉彫りされ
  ている。ほとんど同じ像容なので、像の特定は
  難しそうである。
   基礎には輪郭が巻かれており、中に格狭間が
  意匠されている。上部の弧線に張りがあり、鎌
  倉期を示しているように見える。安養寺跡など
  近江には多少の事例があるが、全国的には層塔
  の基礎に格狭間の作例は少ないだろう。
   鎌倉後期の作、と考えられる。

   右隣に現在十重の層塔が建っているが、これ
  も形の良い鎌倉後期の塔である。塔身に彫られ
  た顕教四仏像も彫りが良く、基礎は五重塔と同
  じ格狭間が意匠されている。
                                                   

     
    
     高山寺宝篋印塔 (京都市右京区梅ケ畑)
    
   
   鳥獣戯画で名高い栂尾高山寺の石水院を訪
  ねたならば、そこから少し登った所にある開
  山廟まで足を延ばしたい。
   何故なら、その境内に後述の為因寺のもの
  にとてもよく似た宝篋印塔が保存されている
  からである。
   鬱蒼とした杉木立の中で、苔むしたこの古
  塔は静謐なたたずまいを見せてくれた。石塔
  の置かれる環境として、これ以上は無いだろ
  うと思える程の仙境であった。

   為因寺のものと並んで古式の代表とされる
  だけに、とてもよく似ているのだが、こちら
  の方がやや線が細いように見えてならない。
   先ず四隅に立つ隅飾りの印象が違う。堂々
  と直立しストレートな円弧の為因寺塔に比べ、
  こちらは微妙に波形の付いた二弧式である。
   相対的に洗練されており、時代はやや下が
  るのではないかと思うのだが、まあ素人ので
  まかせと聞き流していただきたい。
   いずれにせよ、どちらも古式宝篋印塔を代
  表する名品であり、二塔の巡覧をお奨めする。

   なお、写真に写っている右側の石塔は、如
  法経塔というこれも鎌倉期の傑作である。
            

     
       
     高山寺笠塔婆 (京都市右京区梅ケ畑)
      
     
     高山寺石水院の入口に、さりげなく建って
  いる笠塔婆である。この塔婆に目を向ける人
  はほとんどいない、だろう。
   しかし、この他愛の無い石塔が、実はかつ
  て明恵上人の住んだ山中に建っていたもの、
  と聞かされて驚いた。
   東大寺の華厳と高雄神護寺の真言密教から
  会得した独自の境地で、この高山寺を開基し
  た明恵の供養塔であったらしい。
   
   笠塔婆は全体が一石から彫られており、宝
  珠、笠、塔身、基礎から出来ている。形の良
  い宝珠の載る笠は、塔身の割りには幅が狭く
  感じられ、正直優れた意匠とは思えない。
   正面に彫られた「石水院」の文字以外は、
  実は余り判然としなかったので、後日調べた
  資料を参考にして記すことにする。
   正面には「建保五年 (1217) 以後数箇季、
  住此処後山」と、上人が住んだことが記され
  ている。背面に「天福季中所造立板率都婆朽
  損、元亨二年 (1322) 以石造替供」とあり、
  天福期に建てられた木造塔婆を石造に替え、
  上人の遺蹟を後世に伝えようとしたものであ
  るという、飛び切り貴重な遺構なのである。
                                                   

      
       
     神護寺五輪塔 (京都市右京区梅ケ畑)
      
      
     紅葉と密教の仏像で知られる高雄神護寺の金堂
  へは、かなり厳しい石段を登らねばたどり着くこ
  とが出来ない。
   ところが、写真の石造五輪塔へは、金堂の脇か
  ら続く急坂の山道をさらに30分登る事となる。
  一般の観光客が先ずは立ち入らないであろう聖地
  なのである。

   眺めの良い山上のこの地は、平安末期に当寺を
  再興した文覚(もんがく)上人の廟所の在った場
  所なのであった。
   二基の石造五輪塔が建っており、右は性仁法親
  王の墓であり、左が写真の文覚上人の墓であると
  されている。

   どちらの五輪塔も、空輪、風輪の形の良さや、
  火輪(笠)の軒反りの緩やかさがまことに古風で
  あることから、鎌倉期のかなり早い時代に造られ
  たであろうことが想像できる。
   軒の薄いことが繊細な美意識を感じさせ、貴族
  的な品位をも想起させるのだろうか。

   この廟所は五輪塔を覆った宝形造の木造建築だ
  ったようで、屋根の上に載せた石造の露盤が基壇
  の脇に置かれていた。石造は珍しいもので、宝珠
  も一体で彫られている。
                 

    
    
     為因寺宝篋印塔 (京都市右京区梅ケ畑)
    
    
   高雄へと通じる周山街道には梅ケ畑地区が
  有り、そこの奥殿という静かな部落にこの寺
  は在る。京都市内とは思えぬ、情緒に満ちた
  集落である。
   宝篋印塔は山門の脇に、隠れるようにして
  ひっそりと立っていた。

   風貌はまことに古式で、栂尾高山寺の開山
  廟に有る宝篋印塔にとてもよく似ている。
   隅飾の内側は一弧で、装飾は一切無くしか
  も直立しており、なんとも堂々たる美しさで
  ある。
   文永二年(1265)の文字が塔身背後に、そし
  て前面には阿難塔と刻まれているらしいのだ
  が、明確には判読出来なかった。
   いずれにせよ、鎌倉中期の簡潔かつ重厚な
  傑作である事に変わりは無い。
   ここや高山寺のような古石塔を見てしまう
  と、以後の時代の作品はことごとく貧弱で陳
  腐なものに見えてしまうから恐ろしい。

   宝篋印塔そのものは、中国の宝篋印心呪経
  を篭めた銅塔がその起源だと言われており、
  実物が京都博物館に展示されているらしいの
  でぜひ見たいと思っている。
         

    
    
     金輪寺五重塔 (京都府亀岡市宮前町)
    
    
   木造の塔では三重塔と五重塔が圧倒的に多い
  が、石造ではその事例は案外と少ない。今まで
  に見た石造五重塔の中ではベストとも言える、
  何とも秀麗な石塔に巡り会った。

   亀岡市の西北端、宮川という集落の外れの山
  奥にこの寺は在る。鬱蒼とした参道が、石塔の
  建つ素晴らしい環境を予感させた。

   見るからに均整の取れた美しい塔で、各層別
  石ながら相輪から基礎までが完備している。
   延応2年(1240)という鎌倉前中期の作との事
  だが、総体的に古調を示していて格調高い。特
  に反りの少ない笠の緩やかさは、石塔寺のイメ
  ージにも似て素晴らしい。

   初層軸部に四方仏が彫られ、その下の基礎石
  には梵字の四方仏が彫られていた。梵字にはア
  やアンが見られることから胎蔵界四仏だろう。
   古ければ何でも良い、というわけではないの
  だが、良いものは古いというのは事実である。

   境内にはこの塔と並んで、鎌倉後期初めの石
  造九重塔が在るので、次で御紹介する。
       

     
       
     金輪寺九重塔 京都府亀岡市宮前町
      
     
     金輪寺は、奈良時代に創建されたという古刹
  で、鎌倉時代に高山寺の明恵上人によって再興
  された寺院であった。現在の宗派は、本山修験
  宗とのことである。

   本堂の前、五重塔とは参道を挟んだ反対側に
  この九重塔が建っている。
   正応五年 (1292) という年号が記されている
  が、明らかに鎌倉後期の初めの年号である。五
  重塔からは半世紀も経っているわけで、平安期
  の典雅なイメージを残す鎌倉前中期から、剛毅
  な鎌倉武家文化の全盛期へと移行する頃の遺構
  と考えられる。
   塔身には顕教四仏像が、舟形光背の中に半肉
  彫りされている。塔身いっぱいに彫られた大ら
  かさは、いかにも鎌倉風と言えるだろう。
   各層の屋根の傾斜は緩やかであり、軒口は両
  端で反り上がりを見せている。やや鎌倉後期前
  半とは違ったイメージだが、全体的に鎌倉らし
  い力強さと解釈するべきなのだろう。軒下には
  薄い垂木型が刻まれている。
   相輪が完備しているのだが、請花の細工がか
  なり装飾的であり、鎌倉期の豪胆さとは異質と
  見るべきで、残念ながら後補だろう。
   二基の時代の異なった秀塔の存在は、様式や
  美意識の変化を知る最良のテキストである。
                                                   

      
       
     宝林寺九重塔 京都府亀岡市神前町
      
     
     先述の金輪寺の在る本梅から千代川へと向か
  う県道に面して、近年門前から境内まで綺麗に
  整備された本寺が建っている。
   庭園のような環境に中に収蔵庫が設けられ、
  旧宝釈寺の遺物であった平安期の薬師・釈迦・
  阿弥陀という三体の仏像と共に、写真の石造九
  重塔も移築されたものである。いずれも重要文
  化財に指定されているが、藤原彫刻の荘厳さを
  伝える三尊仏には心打たれた。
  
   収蔵庫横の枯山水庭園の中に建つ九重塔は、
  細見でやや小型の秀麗な層塔であった。
   相輪は上部が欠落しているが、堂々とした創
  建時の姿を十分に想起させてくれる。
   ほっそりとしてはいるが、屋根の幅の逓減率
  はかなり大きいので、次掲延福寺の南北朝塔と
  は全く違った力強さを示している。軒口は厚く
  両端が微妙に反り上がっているのは古式の名残
  であり、鎌倉中期から後期への移行期に製作さ
  れたことを表わしているようだ。
   塔身(軸部初重)には、顕教四仏と思われる
  仏座像が、舟形に彫りくぼめた光背の中に半肉
  彫りされている。
   基礎に、正応五年 (1292) という、鎌倉後期
  の初め頃の年号が在るそうだ。高さ
4mの秀麗
  な古塔である。
                                                   

    
   
     延福寺十三重塔 (京都府亀岡市本梅町)
    
    
   亀岡市に優れた石造美術品が、かくも数多く
  保存されているとは知らなかった。この寺も江
  戸期の庭園が在ることでマークはしていたもの
  の、石塔を見てその美しさに圧倒され、庭の印
  象はどこかへ飛んで行ってしまった。

   湯の花温泉の奥、本梅という集落の外れに在
  る静かな寺で、長い石段を息を切らせて登った
  所に、この優雅な石塔が建っていた。
   石塔、ましてや十三重というイメージから受
  ける重量感や威圧感は全く感じられず、あたか
  もガラス細工ではないかと思える程の洗練され
  た華奢な美しさが示されていることに驚いた。
  層塔に対して、このような印象を持ったのは初
  めてだった。

   高さが3mとむしろ小柄であること、笠の大
  きさが上部に向かって余り逓減されていないこ
  と、笠の反り具合が優しいこと、などがそう感
  じさせる要因らしい。
   延文3年(1358)の作で、鎌倉期の豪放な造形
  とは異質の、南北朝ならではのまことに温雅な
  たたずまいであった。
        

   
    
     蔵宝寺宝塔 (京都府亀岡市千歳町)
      
     
   亀岡市の東部、広大な水田地帯の山際に千歳
  という集落が有り、やや小高い場所にこの小さ
  な寺は在る。

   境内の石垣に沿って、無数の石塔や石仏が置
  かれており、その中に目的の宝塔がひそやかに
  建っていた。高さ約1mの可愛い宝塔で、苔む
  した風情が何とも魅力的だった。
   塔身いっぱいに二仏並座像が彫られており、
  即座に安養寺の宝塔を思い出した。梵字で多宝
  ・釈迦の二仏を表した宝塔も有ると聞くが、こ
  このような事例はやはり貴重だろう。
   上部は相輪ではなく、五輪塔のような宝珠・
  請花で、笠は反りの無いおっとりとした古式、
  小さいながら塔身には首部も付いており、全体
  に格調の高さが漂う趣の有る宝塔である。

   亀岡は石造美術の宝庫であり、私達はこの後
  宝林寺に残る石造九重塔と宝篋印塔を訪ね、ち
  ょうど運良く御開帳だった木造の薬師・釈迦・
  阿弥陀の重要文化財三体を拝見できた。これも
  ひとえに、石造美術巡礼の功徳のお陰と考えら
  れるだろう。
           

      
   
     船井神社腕塚宝篋印塔 (京都府南丹市八木町)
      
      
   2010年の夏に京都に滞在していた時、思い
  立って丹波の石造美術を再度探訪した。未見だっ
  た亀岡北之庄の磨崖仏や八木大日寺の五輪塔、そ
  してこの宝篋印塔などが主な目的であった。

   八木町の船枝という集落の中心に船井神社があ
  り、その正面鳥居の左側に腕(かいな)塚という
  小さな社が祀られている。
   安倍貞任の腕を埋めた塚に建てられた石塔、と
  いう言い伝えが残っているという。
   社の背後に建つ宝篋印塔が余りにも接近してお
  り、竹で組んだ柵が厳重なために、思ったような
  アングルの写真が撮れなかった。

   相輪は完備しており、笠上段は六段である。特
  徴は、三弧の大きな隅飾が、外側にやや反り気味
  であることだろう。これは、素人でも見当が付く
  宝篋印塔の見分け方であり、概ね反りが大きいほ
  ど時代は下がっていくのである。
   基礎には格狭間が彫られ、その上部に複弁の反
  花をやや大袈裟に彫り出している。
   塔身の四方には、月輪内に金剛界四仏を梵字で
  薬研彫りしてある。鎌倉期のものと比べると、彫
  りはやや華奢かもしれない。
   266
cmもある大型の宝篋印塔で、かなりの
  存在感を示している。
   銘は無く、南北朝初期の作とされている。
     

      
       
     阿弥陀寺宝篋印塔 京都府南丹市八木町
      
     
     八木町の桂川(大堰川)流域に在る寺院で、
  16世紀に創建された臨済宗の禅刹である。
   山門を入ると左手に本堂が建ち、その前庭は
  枯山水風の庭園になっている。低い土塀が周辺
  の山や林を取り込んだのどかな景観となってお
  り、その中に写真の南北朝期の宝篋印塔が建っ
  ていた。

   相輪は、上から宝珠・請花・九輪・請花・伏
  鉢が完存しており、それぞれが確かな美意識の
  中で製作されたことが伝わってくる。
   笠は、上六段下二段で重厚な雰囲気を見せて
  おり、輪郭付二弧の隅飾の中には月輪が意匠さ
  れている。ここでは、月輪内に梵字は無い。隅
  飾はやや外側へ傾斜しているようだ。
   塔身には、蓮華座に載る月輪内に金剛界四仏
  の種子が彫られており、いかにも南北朝らしい
  繊細な筆致を見ることが出来る。
   写真は東面のウーン(阿閦)で、北面はアク
  (不空成就)である。ちなみに西面はキリーク
  (弥陀)、南面はタラーク(宝生)となる。
   上部に複弁反花を頂いた基礎は、輪郭を巻い
  た中に格狭間が彫られている。上部の波型がち
  まちましているところなど、南北朝の特徴を良
  く表わしている。
   迫力には欠けるが、洗練された美しさを見せ
  る傑作だろう。
                                                   

      
       
     大日寺五輪塔 京都府南丹市八木町
      
     
     ここは八木町西田という地区で、JR八木の駅
  前から大堰川に架かる大堰橋を渡って直ぐ右手に
  入った辺りである。
   貞和期とのことで、南北朝の初め頃に創建され
  た臨済宗の寺院である。
   この五輪塔は、空風輪を欠損しているにも関わ
  らず、この地方では秀麗な古塔として物の本など
  に取り上げられている。遅蒔きながら小生も、そ
  の姿を是非拝ませて頂きたいと念じていた。

   墓地入口の石段下に祀られたこの五輪塔の存在
  感は強烈で、大袈裟だが周囲に一流のみが放つ格
  別のオーラが感じられた。小生の思い込みのせい
  かも知れないのだが、滅多に無いことでもある。
   笠の傾斜はかなり強く、先端が大きく反り返っ
  ている。厚い軒口は、両端で力強く反り上がって
  おり、鎌倉後期の最大の特徴を魅力的な形で表現
  している。
   水輪(塔身)は下すぼみの微かな壺型で、ずっ
  しりと腰を据えたような風格が感じられる。
   地輪は安定感のある大きさなのだが、年号など
  が刻まれた痕跡は見当たらなかった。
   正面だけに、五輪塔菩提門の梵字(ケン)・(カ
  ン)・ラン・バン・アンが確認出来る。やや摩滅
  しているが、力強さの残る筆致である。
   石塔全体が醸し出す悠然とした落ち着きから、
  鎌倉後期という時代が想定される。
   五輪塔の手前に、形の整った南北朝期の宝篋印
  塔が在り、見逃してはならない。
                                                   

    
       
     普済寺宝篋印塔 京都府南丹市園部町
      
     
     京都から篠山へと通じる篠山街道から程近い
  若森という地区で、寺の前面には農地と森が広
  がっているのどかな場所である。
   楼門へと続く参道脇両側に、一基づつの形の
  良い宝篋印塔が建っていた。実は今回はノ-マ
  ークだったので、写真だけ丁寧に写しから本命
  へと向かった。
   夢窓疎石の開山とも伝わる名刹だが、境内は
  静寂に包まれた別天地であった。

   目的の宝篋印塔は本堂に向かって左手、立派
  な石積みの基盤に載っている。
   基礎の上には複弁反花が彫られ、輪郭を巻い
  た中に良い形の格狭間が意匠されている。上部
  の波型に張りがあるので、かなり鎌倉に近いか
  なというのが第一印象だった。
   塔身には金剛界四仏の梵字が、蓮華座に載っ
  た月輪内に彫られている。筆致に鎌倉期の面影
  は見当たらない。
   下二段上六段の笠の隅飾は輪郭を巻いた二弧
  で、中に月輪のみをあしらっている。
   相輪は完存しており、周囲の環境と併せ、八
  木屈指の宝篋印塔と言えるだろう。
   少し離れた場所に建つ観音堂(重文)は、禅
  宗様式を伝える貴重な遺構である。
                                                   

     
       
     普門院五輪塔 京都府南丹市日吉町
      
     
     かなり山奥の中世木という集落外れで、日
  吉ダムから中世木川に沿って登った所に在る
  真言宗の荒れ寺である。北条時頼の経塚が在
  り、鎌倉時代に創建されたらしい。
   裏山に残る五輪塔四基も時頼が建てた、と
  されている。写真は三基だが、左にもう一基
  並んで建っている。光線の関係で、背後から
  撮影したものである。
   中央の大きな五輪塔が鎌倉期を想わせるも
  ので、全体の風貌が古式を感じさせる。
   空風輪は摩滅した別物のようだが、火輪の
  笠の落ち着き、軒口の厚さ、両端の力強い反
  り、そして水輪のふっくらとした量感、など
  からは鎌倉時代の制作が想定出来そうだ。
   五輪塔四門の梵字が四方に彫られている。
   写真の右隣は南北朝、左の小振りな二基は
  室町以降かと考えられる。
   本堂の前庭には、室町期と思われる宝篋印
  塔が建っている。
                                                   

      
   
     智恩寺宝篋印塔 (京都府宮津市文殊)
      
      
   天橋立へと通じる瀬戸である切戸に、奈良桜井
  の安倍の文殊、山形亀岡の文殊と共に、三大文殊
  の一つとされる“切戸の文殊”智恩寺がある。
   知恵の神様とあれば、詣でない訳にはいかない。
  そして、寺域からはやや離れた所にある三角五輪
  塔と、この宝篋印塔とが次の目的であった。

   山門を入ると、正面に本堂文殊堂、左手に室町
  期の貴重な木造建築である多宝塔が見える。
   「和泉式部の歌塚」と書かれた看板が立ってい
  るこの石塔は、右手の木立の中に建っていた。
   全体に大らかな佇まいで、どっしりと構えた風
  貌は間違いなく鎌倉期の石塔だろうと直感した。

   相輪は九輪の上部が欠落しており、六輪の上に
  宝珠が載せられている。
   笠の上部は六段で、輪郭だけが彫られた三弧の
  隅飾はやや外側に傾斜している。下部は型通り二
  段だが、通常よりはやや高さがあるようだ。
   笠の大きさに比して塔身の巾が大きめで、全体
  的にはややずんぐり型と言えるだろう。
   四方に彫られた梵字は金剛界四仏を表す種子で、
  線は細いが月輪で囲われている。梵字は堂々とし
  た薬研彫りで、正面はキリーク(阿弥陀如来)、
  右はタラーク(宝生如来)である。
   基礎は、背面を除く三面に、格狭間が彫られて
  いる。
   写真の右奥に、知恵の輪灯篭が切戸に面して建
  っていた。
     

   
     
     智恩寺三角五輪塔 (京都府宮津市文殊)
                 
               
   切戸の文殊で知られる天橋立智恩寺に詣でた後、
  JRの天橋立駅から少し北へと歩いていった。踏
  み切りの反対側の路傍に、柵に囲まれてはいるも
  のの、訪れる人も無く荒れ果てた風情で珍しいこ
  の古塔が建っていた。
   何故珍しいかというと、通常は四角錐であるは
  ずの笠(火輪)の部分が、ここでは三角錐になっ
  ていることなのである。

   火輪は三角とするという密教教義に即して、立
  面だけでなく平面まで三角にした造形とも考えら
  れ、銅製の三角五輪塔を製作した東大寺俊乗坊重
  源の影響があったものとも思われる。
   類例は希少で、当サイトでも取り上げた奈良東
  大寺の伴墓五輪塔のほかに、高野山の奥の院で見
  た伝親鸞上人五輪塔くらいしか見た記憶が無い。

   塔全体の高さが巾に比して大きく、ひょろりと
  した印象を受ける。背丈は250
cmはある。
   堂々とした空風輪、屋根の傾斜が強く軒の厚さ
  が少ない火輪、そして下部がやや細長くなってい
  る球形の水輪、など何とも華奢な印象で、制作年
  代の推定を断念した。古塔の要素を持ちながら、
  鎌倉期特有の重厚な風格には乏しく、南北朝や室
  町の繊細さも持っているという、美しくも不可解
  な五輪塔ではある。
   ちなみに、市の教育委員会設置の案内板によれ
  ば、鎌倉時代後期の作と記されていた。
         

      
   
     縁城寺宝篋印塔 (京都府京丹後市峰山)
      
      
   旧峰山町は周辺の町村と合併し、現在京丹後市
  と名乗っている。住民が賛成したのであれば、旅
  行者があれこれ言うことは無いだろうが、些かの
  違和感は禁じえない。

   久美浜温泉に数日滞在し、丹後半島を巡った際
  に、かつて二十五坊を誇ったとされるこの名刹を
  訪ねた。静まり返った境内の清浄な雰囲気はさす
  がだったが、秘仏千手観音像の安置された本堂は、
  朽ち果てて今にも倒壊しそうな状況だった。
   境内の左手に建つこの荘重な宝篋印塔だけが、
  重厚な寺の歴史を語っているように思えた。

   裏面を除く三面に、飾り付きの格狭間が基礎に
  意匠されており、その下の基壇には複弁の反花座
  と細長い三区の格狭間が意匠されている。これだ
  けでも、滅多に見られない壮麗な装飾が成された
  豪華な宝篋印塔である、と言える。
   塔身には、月輪内に金剛界四仏の梵字が彫られ
  ている。写真の梵字はアク(不空成就如来)と、
  その右側のキリーク(阿弥陀如来)である。
   笠上部は六段であり、隅飾がやや外側へ反って
  いる。
   南北朝の作として重要文化財に指定されている
  そうだが、塔全体から受ける印象は鎌倉期の剛健
  さだろう。彫られた「正平六年」と読めそうな文
  字からの推量と、装飾性豊かな意匠からの推定に
  よるものと思われる。

   近年の貧弱で劣悪な教育文化行政を嘆いておら
  れた御住職夫人の姿が印象的だった。   
     

            このページTOPへ  石造美術TOPへ 

   次のページ (京都南部の石塔) へ  前のページ (近江西部の石塔) へ 

     日本庭園TOPへ  ロマネスクTOPへ  世界の建築
   
        古代巨石文明TOPへ  総合TOPへ  掲示板へ