東海北陸地方の庭園           

      

  歴史的にも地理的にも都との
 つながりが古くからあったので、
 この東海・北陸地方には、洗練
 された庭園文化が広く普及して
 いた。
  それゆえに、鄙にも稀といっ
 た山里の地でありながら、瑞々
 しい迫力を感じさせてくれる質
 の高い庭園と出会うことが出来
 る、そういった地域である。
  私の好きな一乗谷の朝倉氏館
 址の庭園群や名古屋城二ノ丸、
 遠州の摩訶耶寺、龍潭寺などは、
 日本を代表する鋭い美意識の感
 じられる名園であると思う。
  福井・石川・岐阜・愛知・静
 岡の各県を、この範囲に入れる
 こととする。
              摩訶耶寺庭園(静岡県浜松市三ケ日)
            昭和期に発掘された奇跡の名園
 
          
 

    
    
     龍潭寺庭園 (静岡県浜松市引佐町)
     
     
   寺の位置する処は井伊谷と言い、元来
  彦根井伊家の先祖が出た場所である。寺
  院も庭園も、当然ながら井伊家との関係
  は深い。桶狭間で戦死した井伊直盛が寺
  を再興したのだが、その法名にちなんだ
  寺名である。彦根にも同名の寺が在る。
   庭の好きな人だったら誰でも、遠州と
  いえば小堀遠州を連想するだろう。事実
  遠江地方の庭園には遠州作庭とされるも
  のが多いのだが、残念ながらここも含め
  全て時代も作風も違う。
   細長い池と山畔の石組という、江戸初
  期の様式だが、石組の示す量感と迫力は
  見事で、作者は並々ならぬ造形感覚の持
  ち主だろう。石はやや小型化した時代へ
  と移りつつあるのだが、立てられた石の
  表情に引締まった美しさがあり、石組を
  鋭い感覚に統一している。
   写真は中央の枯滝石組部分で、深山幽
  谷を思わせる素晴らしい造形である。但
  し、ここでも植栽が石の景観を覆ってし
  まっており、刈込みの手入れが良すぎて
  かえって目障りになっている。   
             

    
    
     実相寺庭園  (静岡県浜松市引佐町)
    
    
     近年までこの庭園の存在を知らなか
  ったが、何と平成6年に枯山水の石組
  が発見され、庭園の全貌が明らかにな
  ったとのことであった。
   地元金指の旗本、近藤季用を開基と
  して、寛永5年(1628)に創建された寺
  院であり、庭園もその直後に造営され
  たものと考えられる。
   大らかな芝の築山を背景に、力強い
  滝石組を中心にして、意欲的に石が組
  まれている。典型的な江戸初期の手法
  である。
   手前の岩島や出島も効果的に配され
  ており、小規模ながらもかなり洗練さ
  れた、至極趣味の良い枯山水だと言え
  るだろう。
   すぐ近くの龍潭寺庭園との類似点も
  見られるが、こちらの方が時代的には
  古いので、どういう関係にあったのか
  は研究を要するところである。
           

    
    
     摩訶耶寺庭園  (静岡県浜松市三ケ日町)
    
    
   東名高速道路工事の際発見されるまで、
  土中に埋もれたまま奇跡的に作庭当初の面
  影を保ったまま残っていたという。発掘に
  よって現れた庭園は、想像を絶する名庭で
  あった。

   なんと生き生きとした石組であることだ
  ろうか。禅文化の反映が見られぬ事から、
  鎌倉初期の蓬莱庭園であろう、というのが
  定説になっているが、石組を見た限りでは
  素人の判断は難しい。
   入り組んだ汀線から成る池泉の護岸石組
  の見事さは特筆すべきものであり、中島の
  三尊石組の個性的な姿も周辺の石組と調和
  して美しい。
   そして何よりも感動的なのは庭園全体の
  設計が誠に洗練されており、野筋ともいえ
  る築山に配された多くの石組が庭全体を引
  き締めている事である。
   この庭に一切の植栽は必要ではなく、池
  泉・護岸石組・石組・築山だけで構成され
  た抽象的造形が、なんと鎌倉時代に行われ
  たというのは驚きである。 
             

    
    
     大福寺庭園  (静岡県浜松市三ケ日町)
    
    
      平安初期貞観年間の創建と伝えられる、
  由緒ある古いお寺である。
   前述の摩訶耶寺からは、まことに程近い
  場所にある。
   庭園は客殿の西側に広がる大きな池泉を
  中心に、奥行のある眺めを構成している。
   写真は客殿付近からの眺めで、手前に北
  側の出島が前景となり、正面の築山石組が
  遠景となった見事な景観だ。
   手前の出島には三尊石組も見られ、護岸
  石組も剛健である。
   近景に緊迫感に満ちた石組を配すること
  で、庭園全体を単なるたおやかな自然風景
  に見立てたままの庭で終わらせていないと
  ころが、この庭園の真骨頂だと言えるかも
  しれない。
   池泉対岸の築山石組を近くで観察したが、
  滝石組や三尊石組などが力強く、野筋に配
  した須弥山石組も古典的な面影を感じさせ
  てくれた。
           

    
    
     冨賀寺庭園 (愛知県新城市)
    
    
   数年前三ケ日まで行き、摩訶耶寺と大福
  寺の庭を訪ねた後、比較的新しく発見され
  たと言われていた当庭園を見るために、少
  し寄り道をしようということになった。
   とは言っても、三ケ日町と新城市とは、
  県境の宇利峠を挟んで隣同士である。

   十一面観世音の祀られた御堂へ至る参道
  を進み、右手の土塀の中に庭園が有った。
   雑草が繁茂し、やや荒廃の感有りだが、
  細長い池泉の中央部と右端とに、見応えの
  有る滝石組が残っていた。

   写真は中央部の滝組で、小振りながら感
  覚の鋭い石組が成されていた。室町時代の
  美意識に共通するような、大袈裟でない洒
  落た意匠に好感が持てる。
   右奥の石組もなかなか大らかで、江戸初
  期の豪放な美的感覚を、充分今日に伝える
  作品だと言えるだろう。
         

    
    
     満光寺庭園 (愛知県新城市鳳来町)
    
    
   浜名湖の北に散在する名園を歩いた
  際に、折角だからと鳳来寺へ詣でるこ
  とにした。その帰途に立ち寄った庭だ
  が、思いがけずも傑出した庭園に出会
  って感動した記憶がある。

   庫裏の背後に在る庭園で、天然の山
  の斜面を利用して多数の石組を行い、
  見事な景観を造っている。
   手前は池泉で、蓬莱島を象徴する中
  島がある。山畔には大小四つの滝石組
  が組まれていて、石組の中心となって
  いる。写真は、池泉中央部からほぼ全
  景を眺めたものである。手前右手に架
  かる橋付近には、三尊形式の美しい石
  組がある。

   山の斜面全体に、累々たる石組が成
  されているのだが、その大半が植栽に
  隠れて、迫力在る主張が消されてしま
  っている。初夏に咲き競う皐月の類な
  のだが、ぜひ別の場所にサツキ園を造
  成し、移植してゆっくりと愛でていた
  だきたいと思う。
         

    
    
     華蔵寺庭園  (愛知県吉良町)
    
    
     三河湾に面した吉良の町は、忠臣蔵の
  悪役として知られる吉良上野介義央の所
  領であった。
   当寺は吉良家の菩提寺で、当地では名
  君と称えられた義央公が寄進したと伝え
  られている。
   庭園は枯山水で、崖の斜面に沿って石
  組が配されており、中央に滝石組や洞窟
  石組のような意欲的な造形も見られる。
   中島や出島など、なかなか変化に富ん
  でおり、植栽を思い切り伐採すれば、見
  事な石組が出現してくるような気がする
  のは、果たして欲目だろうか。
   お寺の説明には義央公の元禄、つまり
  江戸中期の作庭とされているようだが、
  遠州系列の作庭説もある通り、江戸初期
  の力強さを残した非凡な作庭家の設計に
  よる庭であることは確かなようだ。少な
  くとも、サツキの花を愛でるだけでは勿
  体無いだろう。
                         

     
    
     名古屋城旧二ノ丸庭園 (愛知県名古屋市)
    
     
   壮大な二ノ丸庭園は、南の御庭と北の御庭に分
  かれて構成されている。いずれも巨石を豪華に用
  いた、桃山時代ならではの城郭庭園である。
   北庭は栗石の敷かれている部分が枯池であり、
  右側が池に浮かぶ中島の護岸である。滝石組付近
  の景観が豪快で立体的に組まれた滝と、そこに架
  かる石橋の手法は玉澗流と呼ばれ、徳島千秋閣や
  粉河寺に共通して見られる。

   写真は北庭の滝石組付近のもので、画面はかな
  り暗いのだが、ここには桃山期の豪快な石組が見
  られる。
   玉澗流の上田宗箇と名古屋城との関係は不明だ
  が、傾斜した巨石の使い方などからも、かなりの
  関わりはあったものと思われる。
   石組主体で植栽をほとんど用いなかった玉澗流
  の本意を汲めば、南庭は近代に整備されて美しい
  が、北庭は植栽が繁茂し過ぎだろう。
   しかし、火災や戦災で破壊された城郭内にあっ
  て、幾多の変遷の後でも、ここまで原型のイメー
  ジが保たれたという事は奇跡に近いのであり、そ
  れは贅沢な不満だと言うべきなんだと納得した。
           

    
     
     内々神社庭園 (愛知県春日井市)
     
    
   “うつつ”神社という延喜式内社だが、
  火災等のために社伝は不明らしい。
   元来、神社のための古庭園は存在しな
  いので、ここでも本地垂迹による寺院の
  存在が考えられるだろう。
   事実、現在の社殿からは、この庭園を
  鑑賞することは出来ない。
   山畔に掘られた池はやや丸味を帯びて
  おり、その中心に写真の鶴島が設けられ
  ている。
   島全体に立石中心で組まれた石組は力
  強いもので、植栽が邪魔に感じられてな
  らないが、見事な立体感が伝わってくる。
   一瞬亀島ではないかと感じたが、鶴島
  だろうという見解はものの本による。
   事実、池泉北側の滝石組の中に亀頭石
  が見えるので、この説は納得出来る。
   池中には立石による岩島が三つ在り、
  鮮烈な意匠となっているが、これは江戸
  初期の様式である。 
         

    
     
     永保寺庭園 (岐阜県多治見市)
    
    
       何度も訪ねているので今さら永保寺
  もないのだが、実は庭園を切り口とし
  た写真が無かったのである。
   だからと言って、再訪の機会を得て
  撮ったこの写真が、自慢出来るほどの
  ものではないのだが。

   美濃源氏の豪族土岐氏の居館が在っ
  た場所であり、鎌倉時代に夢窓国師を
  開創として禅寺となった由である。
   国師が観音堂を創設した時には、既
  に苑池が存在していたらしいので、国
  師作庭説は全面的には肯定は出来ない
  かもしれない。
   それにしても、梵音巌から流れ落ち
  る清滝、庭園の象徴的な建造物である
  観音堂と橋亭形式の無際橋など、苑池
  を中心に展開する空間は、まさに理想
  的な美の世界の姿であったのだろう。
   写真手前の島は亀島だが、近年の荒
  廃によって石組の大半が失われてしま
  ったらしい。
   しかし、畔池や多島といった鎌倉期
  の様式を伝える、貴重な庭園遺構であ
  ることに変りは無い。   
           

   
  
     真長寺庭園 (岐阜県岐阜市)
     
     
   岐阜から美濃へと抜ける街道を通
  る度に、このお寺の参道前の看板に
  「石庭」の案内があるのを知ってい
  た。何回目かの時にようやく訪問の
  機会を得た。
   方形に仕切られた龍安寺式の方丈
  前庭で、石組は無く、大小七つの立
  石による“石庭”が在った。
   一面の杉苔が見事だが、従来は白
  砂敷きであったのだろう。中央を横
  断する飛び石も後補と考える。
   枯山水といっても古庭においては、
  龍安寺のような平庭に石と砂(苔)だ
  けで構築された例は、在りそうだが
  実はそれほど多くない。龍源院など
  数例しか思い浮かばないほどだ。
   やや散漫な配石とは申せ、江戸初
  期の築庭であり、様式上も貴重な作
  品だと言える。
   特に背の高い二石には、モダンな
  造形意識が感じられる。
          

     
       
     禅昌寺庭園 (岐阜県下呂市萩原)
      
     
   ここ数年、郡上踊りに参加するために、毎夏郡上
  八幡市に滞在するのだが、その度に古都高山を訪ね
  ている。市周辺の諸庭園を歩いてみたが、そんな中
  でこの庭が最も心に残っている。

   植木尊重現象はいずこも同じだが、急な山畔の斜
  面を利用して、小石ながら豊富な石組を立体的に組
  み上げた景観は非凡である。
   解説書には、滝組から落ちた水が岩峰そびえる渓
  谷を流れ、石橋を抜けて大海へと下るという一大絵
  巻となっている、とある。
   石橋は桃山期を想わせる豪放なものだが、他に鋭
  い立石は少なく、やや丸みを帯びた石が多いことか
  ら、江戸中期ごろの築造だろうと想像される。

   高山に関係の深い、金森宗和が作庭したという伝
  承があるらしい。事の真偽はともかく、堕趣味に陥
  らず品格の保たれた美しい庭からは、真珠庵の庭玉
  軒や鹿苑寺の夕佳亭を設計した“姫”宗和らしいセ
  ンスが感じられなくもない。
         

   
  
     東氏館跡庭園 (岐阜県郡上市)
    
   
   ここ数年来毎夏、城下町郡上八幡を
  訪ねている。数日滞在して、郡上踊り
  に参加するためである。情緒と哀愁に
  満ちた雰囲気がとても気に入っている。
   この庭園は旧大和町の山里に在り、
  東氏の居城であった篠脇城跡の麓で、
  館跡と共に近年発掘されたものだ。
   代々室町幕府の御家人で、特に九代
  東常縁は古今伝授の祖と言われ、将軍
  の和歌の師であった。
   東氏は戦国時代に滅亡しているので、
  発掘された庭園は当然ながら室町時代
  のもの、ということになる。
   広大な芝生の遺蹟の中にポツンと池
  泉があるので一見締まらないが、目線
  を庭園に絞って眺めると、護岸石組や
  岩島、滝石組などには当代の品格ある
  造形美を見ることが出来る。大仰では
  ない、落ち着いた趣味の良さ、という
  ことであろうか。
   この洗練された文化遺蹟は、現在古
  今伝授の里として保存されている。
         

                 
               
     円照寺庭園 (福井県小浜市)
      
                  
   若狭小浜に遊んだ際、名園として国の名勝指定を
  受けている万徳寺庭園を訪ねた。正直言うと、さし
  て感動に値する庭でなかったことにがっかりした。
   何気なく訪ねたこの円照寺の裏庭で見た、この滝
  石組の美しさに敏感に反応したのには、きっとそん
  な背景が有ったからだろう。

   山畔の最奥部に組まれたこの枯滝の魅力は、その
  奥行きと段差に由来する。石組から受ける印象は、
  モニュメントとしての造形を意識する場合と、超自
  然とも言うべき景観をイメージする場合とが有ると
  すれば、ここでは明らかに後者の具体的な岩山の連
  想ということになる。

   手前には池泉が有り、落ち着いた石橋のかかった
  亀島の石組と立石が池中に浮かんでいる。実際の面
  積以上に広がりを感じさせるのは、優れた地割と役
  どころを心得た石組の存在が有るからであろう。

   若狭小浜は、庭園のみならず建築・仏像などにも
  美しい歴史の残された、何とも魅力的な町である。
          

     
    
     羽賀寺庭園 (福井県小浜市)
      
     
   若狭小浜の庭園で最も有名な国指定の名勝であ
  る万徳寺庭園を再訪した。しかし前述の円照寺庭
  園の時もそうだったのだが、刈込主体のその庭に
  は今回も満足出来ないまま、美しい十一面観音を
  拝しに訪ねたこの寺で、何気なく出会ったのがこ
  の庭園だった。

   小規模な庭ではあるが、山畔の斜面を利用して
  滝を組み、手前の建物との間に細長い池泉を設け、
  切石による石橋が架けられている。
   様式はまさしく江戸初期そのものではないか。
   写真は枯滝部分の石組であるが、江戸初期らし
  く豪壮な中に、軽快な優しさが秘められたような
  風情を見ることが出来る。

   美術史に残るような傑作ではないが、こうした
  小庭ながらキラリと輝くような美意識が読み取れ
  る庭に最近惹かれている。
   惜しむなくは、せめて滝組周辺の植栽だけでも、
  もう少々刈り込んでいただければと思う。
   小浜では、訪ねるたびに新しい発見がある。
           

    
    
     柴田氏邸庭園 (福井県敦賀市)
    
    
   柴田家は敦賀の市野々に代々伝わる名
  家で、甘棠館という美しい書院建築と共
  に、民家とは思えぬほど充実した美しさ
  を見せる庭園が伝えられている。
   L字形の細長い池泉が書院を囲み、中
  島が一つ、二本の橋で対岸と結ばれてい
  る。写真は、手前が中島の立石で蓬莱石
  のようであり、左は対岸の護岸石組であ
  る。橋は右手で隠れて見えない。
   石組はまことに雄渾で、桃山期の武家
  の感覚を残した、江戸の初期の築庭だろ
  うと思われる。
   池泉と書院との間には、見事な飛び石
  が打たれている。茶庭の飛び石とは全く
  異なる豪快なものである。
   池の汀部分に栗石が敷き詰められてい
  て、浜辺が意匠されている。京都小御所
  の池庭を連想するが、趣はかなり違って
  いて意図が露骨である。しかし、何にせ
  よ民家の庭であり、並外れて贅沢な意匠
  であると言わざるを得ない。
          

     
      
     伊藤氏邸庭園 (福井県南越前町今庄)
       
      
   旧南条郡今庄町瀬戸にある名門の旧
  家の庭園であり、国の名勝庭園に指定
  されている江戸時代末期の作品である。
   私達は5月のある日、旧北国街道を
  近江木之本から旧板取宿を経て、武生
  まで旅したことがあった。その際に見
  学したのが本庭である。
   江戸末期という時代には庭園も一般
  化し、裕福な庶民なら庭を持てる時代
  となっていた。ここには、定型的であ
  るとは言え、美しい民家の庭園の景観
  が保護維持されている。
   丸い池泉に中島という様式は中期の
  名残で、山畔に滝口があり石組が渓谷
  を構成している。
   この時代だけに小石が多く、迫力に
  は欠けるが、苔むした庭石には捨てが
  たい魅力がある。
   一位の古木も立派で、民家の庭とし
  ては破格の古庭であり、管理される方
  の御苦労に心から敬意を表する次第で
  ある。
        

      
     
     旧玄成院庭園 (福井県勝山市)
     
     
   白山権現の別当寺で、苔と杉林の美しさで知ら
  れる平泉寺の山内に在る塔頭寺院である。
   庭園は現在の建物とはかなり離れており、また
  苔に覆われた状態で荒廃している。おそらく当初
  は、何等かの寺院または館が存在したに違いない。
   通路から庭園内部へは入れないため、涸池部分
  を詳細に見ることが出来ないのが残念だった。

   山畔上部の集団石組のイメージは北畠館跡の渦
  巻石組に似ており、また曲がった涸池部分は旧秀
  隣寺の池泉にとても似ている、とのことだが、近
  づけないため明確な把握はやはり不可能だった。
   築山上の集団石組は、言われてみればそんな気
  がしないでもない。写真は滝石組を望遠レンズで
  撮影したものだが、室町後期の優雅な石組である
  ことは確認できる。

   全体の景観の美しさの中で、庭園の命が、造形
  的に構築された地割と、景観を形成する石組に在
  るとすれば、せめて涸池部分や石組をより美しく
  眺められる場所を設けてほしいものである。苔庭
  部分に旧来の建物が建っていたはずなのだから。
          

     
      
     滝谷寺庭園 (福井県坂井市三国町)
     
   
   名勝東尋坊で知られた三国港に近く、
  少し山間に入った閑静な場所にこの寺
  は在る。
   この庭は方丈と書院の北側に展開さ
  れており、山畔に沿って細長い池泉が
  広がっている。
   写真は出島付近の光景で、分厚い石
  橋が架けられている。この辺りの造形
  は、鋭さには欠けるがなかなか美しく、
  庭園中の白眉となっている。
   山畔の上部に桃山式の三尊石組が見
  られるが、池泉庭園の石組は穏やかな
  江戸中期の特徴を備えている。
   飛石や植栽を重視した改造が、江戸
  中期頃に行われたと見るべきだろう。
   この時代から次第に自然主義的な風
  潮が主流となり、超自然を象徴する峨
  々たる立石による石組は消え、優しい
  丸石や巨石が好まれるようになってい
  くのである。   
            

    
    
     朝倉氏諏訪館跡庭園  (福井県福井市)
    
      
   福井市郊外の一乗谷には、戦国時代の武将朝倉一族
  の館跡が残されている。義景の代で滅亡する血生臭い
  歴史の痕跡が秘められた壮大な屋敷跡と、桃山期を代
  表する優雅な庭園が四つ保存されているのである。

   諏訪館は義景寵愛の小少将のために建てた館で、足
  利義昭も明智光秀と共に訪れている。平和な時代には
  活力に満ちた造形は無く、むしろ乱世ほど力強い芸術
  が創出するという説は、少なくとも庭園の変遷を見る
  限り間違い無く正しいと思う。戦国桃山時代のような
  豪壮な庭園は、江戸中期以降には全く作られず、技術
  のみの無力で女々しい自然主義の庭ばかりにと頽廃す
  るのである。

   豪快な枯滝石組と、脇に立つ滝添の巨大な石、自然
  石の石橋、力強い護岸石組と、どれを取っても戦国時
  代に似合った豪壮なプランである。
   しかし、その何処かに、鄙にも稀とでも言うべき京
  都風の洗練された高雅な美意識と、一族郎党がたどっ
  た戦国武将の悲劇的な末路を象徴するかの様な、一抹
  の寂寥感も見て取れる。
             

    
    
     朝倉氏湯殿跡庭園  (福井県福井市)
     
    
   朝倉氏館跡には、本館跡庭園・諏訪
  館跡庭園・南陽寺跡庭園と、この写真
  の湯殿跡庭園が残されている。
   この日は雨で訪れる人も無く、静寂
  に包まれて、庭園探訪には絶好の一日
  だった。特に石が濡れていて、その存
  在を生き生きと主張しているように感
  じられたからだった。

   現在は枯れているが、元は池泉であ
  ったもので、曲水式とも見える複雑な
  形状である。それに伴って、護岸の石
  組も巧妙に組まれ、豪快かつ荘重な美
  しさを見せていて嬉しい。
   やや荒廃しており、倒壊した石も見
  られるのだが、山畔を背景に意欲的に
  組まれた石の一つ一つが重なり合って、
  緊迫した重量感を生み出している。
   朝倉氏館跡では、この庭が私は最も
  好みである。
          

   
    
     朝倉氏館跡庭園 (福井県福井市)
    
    
   織田信長との対立によって滅亡するま
  での1世紀の間、室町末期から桃山初期
  にかけて築造された朝倉氏の館には、当
  代を代表するような名庭が幾つも築かれ
  た。前述の諏訪館跡、湯殿跡の他にも、
  この朝倉館跡や南陽寺跡等がそれである。

   一乗谷で発掘されたこの場所は朝倉義
  景の館跡であり、歴史的背景を考えれば、
  将軍足利義昭を迎える際に築庭されたと
  考えるのが自然だろう。
   地方の豪族としては広く京の都の文化
  に通じた傑物で、まことに洗練された趣
  味を持っていたであろうことが、一連の
  庭園群を眺めただけで容易に理解できる。
   館の南角と斜面との間の狭い空間に、
  この庭園は意匠されている。その中心が
  写真の滝石組であり、小規模ながら豪快、
  しかも室町時代の高雅な美意識を留めた
  美しい造形となっている。
   後世の大仰な田舎大名庭園の悪趣味と
  比べれば一目瞭然で、抑制された表現の
  中に凝縮された稀有な美意識を、この庭
  では見ることが出来る。
           

    
    
     南陽寺跡庭園 (福井県福井市)
    
    
   朝倉氏一族の菩提寺として、一乗谷の
  館近くに建立された寺であった。館跡と
  同様、ここにも一切の建造物は残ってお
  らず、小規模な池庭が保存されているの
  みである。
   残ったとは言え造庭当初から見れば、
  庭園のほんの一部に過ぎないのだが、こ
  の滝石組の示す力強さは、この庭園がい
  かに素晴らしいものであったかを後世に
  語り伝えるために、必死で生き延びて来
  たように思えてならない。

   地に根が生えたが如き落ち着きを示す
  石組は、そうざらに在るものではなく、
  この石組の美しさ一つとっただけでも、
  並み居る凡百の指定庭園を遥かに凌駕す
  るものと信じる。
   時代が造る様式や美意識の変化の面白
  を毎度感じるが、良い意味での貴族趣味
  的で高雅な室町時代の美意識が、戦国と
  いう乱世が創出した華麗な桃山文化に同
  化していくこの時代こそ、庭園の歴史の
  中では最も輝いていた刹那だったのでは
  ないかと思っている。
           

  
  
     那谷寺庭園 (石川県小松市)
     
     
   西国札所の一番那智山の「那」と、
  結願の三十三番谷汲山の「谷」とを組
  み合わせ、この寺を参拝すれば西国巡
  礼に匹敵するとしたアイディアには脱
  帽した。
   境内は崖地に在り、舞台造りの本堂
  や三重塔などが建し、逍遥すれば正に
  仙境に遊ぶ心地である。
   書院の後方に枯山水のように見える
  庭園がある。もっとも右手が池泉へと
  続いているので、正確には池泉庭園と
  いう方が正しいかもしれない。
   三尊石組が中心に組まれ、さらに奥
  の方に石組が連なっているが、実は小
  振りな石ばかりが用いられた茶庭で、
  手前の飛び石は書院北側に設けられた
  茶席へと通じているのである。
   通常露地には植栽が多く用いられ、
  目立った石組など無いのだが、京都の
  黒谷西翁院の露地などにもこうした石
  組が見られる。“侘び”よりも造形の
  “妙”が強調されているようだ。
  
            

   
  
     妙成寺庭園 (石川県羽咋市)
     
     
   木造五重塔など見事な伽藍が建ち並
  ぶ境内の一画に、書院の前庭となって
  いる池泉庭園が在る。
   池中や山畔に植栽が繁茂しているた
  めに、石組の全貌を見ることが出来な
  い。それでも、細長く小さい池の護岸
  から、後方の斜面にかけての石組には
  魅力を感じる。小石ながら立石多く、
  江戸時代初期の意欲的な造庭感覚が散
  りばめられている。
   山畔の左奥にうっすらと五重塔が見
  えるが、当寺の説明にも庭園の要とな
  る借景、と記されていた。しかし、最
  も重要なのは石組と地割であって、借
  景を意識して造られた庭では決してな
  い、と感じた。
   江戸初期以前の庭園は、自然を模し
  ながらそれを凝縮した究極の抽象であ
  り、とても観念的な景観である。そこ
  へリアルそのものの景色を取り込もう
  などという考え方自体が存在しえなか
  った、というのが小生の持論である。
          

  
     
   
     平氏邸庭園 (石川県志賀町)
   
   
   時国家とは遠い縁戚とのことだった
  が、鎌倉の追求を逃れるために先祖が
  たどった艱難辛苦の歴史を御当主から
  伺った。
   現在でもこの地の名家として、簡素
  ながら立派な建築美を誇っている。
   庭園は江戸時代中期の造築とのこと
  であった。細長い池泉の右側には石橋
  が架けられていて、苔に覆われた野筋
  へと通じている。
   写真は左側の出島と滝石組周辺で、
  大層豪快な石組による造形が成されて
  いる。
   高さの感じられる立体構成で、能登
  では一番の滝石組だと思う。植栽が適
  度に刈られているのは、御当主の庭園
  に対する理解と愛情の深さを示してい
  る、と言えよう。
   出島の先端に置かれた石は妙な形だ
  が、亀島を意図した亀頭石なのではな
  いか、と感じられた。
          

   
     
     上時国家庭園 (石川県輪島市)
    
    
   曽々木海岸に近い上時国家と下時国
  家は、壇ノ浦で敗れた平時忠の末裔で、
  能登に逃れてからは時国姓を名乗った
  という。
   建築は江戸期のものだが、中世の重
  要な史跡として、また民家の建築とし
  ても貴重な遺構である。
   江戸末期の作庭とされる上時国家の
  庭園は、石組に迫力が感じられるとい
  うことで、能登一の庭とも称される。
   細長い池泉と斜面を利用した築山と
  いう構成は下時国家と似ているが、護
  岸や石橋と橋添石、築山の三尊石など
  には意欲的な創造性が感じられる。
   一般的に、江戸末期には造形性の衰
  退傾向が見られるのだが、平家の末裔
  としての伝統的な美意識が存在したこ
  とが、大勢に流されるのを防ぐ作用を
  果たしたのだろうか。
   写真ではとても暗いのだが、築山に
  はとても力強い石組が見られた。
          

   
     
     下時国家庭園 (石川県輪島市)
    
    
     豪族として繁栄していた時国家は、前
  田利家の時代に年貢が二分されたのに伴
  って、家も下時国として分家した。
   以後両家共に栄えるのだが、庭園はこ
  ちらの方に古いものが残っている。
   住宅の北側から南東側へと、庭園は鉤
  形に展開しており、細長い池泉が建物に
  沿うように設けられている。
   護岸がやや陳腐な北側の池庭は、どう
  やら江戸中末期の作らしい。
   写真は建物の東南角付近からの眺めで、
  この辺りは江戸初期に造庭されたと思わ
  れる。
   写真右上の立石は築山上部の三尊石組
  で、当庭園の石組の白眉と言える。そこ
  から池に向かって滝石組が組まれ、渓谷
  風の石組が続いているのだが、植栽に阻
  まれて見ることが出来ない。
   石組主体の庭とはいえ、民家の庭は植
  栽とのバランスが大切であろう。とは言
  え、ここでは余りにも植栽のみが主役に
  なってしまっているのではないか。   
           

  このページTOPへ 次のページ (甲信越の庭園)へ 前のページ(九州の庭園)へ  
     
日本庭園TOPへ   ロマネスクTOPへ  石造美術TOPへ 
  古代巨石文明TOPへ  世界の建築  
総合TOPへ  掲示板へ