日本庭園の源流
              古代環状列石磐座・磐境
    
     


















  
酒船石 奈良県明日香村
  
庭園の遺構とも言われている

       木の文化といわれる日本でも、古代より人は石と深くかかわってきた。縄文時代の
      ストーン・サークルと考えられる
環状列石や、古代に起源を持つ神社に伝えられてい
      る
磐座磐境の石組は、日本人の美意識の底流となって伝わり、隋唐庭園の影響も受
      けながら、後世の日本庭園を形成していったと私は考えている。
       また古代より神社には
神池神島が造られており、池泉庭園の先駆をなしたと考え
      ている。
       全国に残るそうした事例を、見て歩きたいと思う。
              

                          

       
      
     忍路環状列石 (北海道小樽市)
      
      
   正しくは忍路(おしょろ)三笠山ストー
  ン・サークルと称され、小樽市の西方、
  余市町との境界に近い海岸から比較的遠
  くない場所に位置している。
   西欧の環状列石を数多く見た経験があ
  るが、それらと比してもここは円の半径
  がとても大きい方である事と、石の数が
  膨大である事に驚かされた。
   列石造営の目的には祭祀説や墳墓説な
  ど諸説あるが、人の手で石が立てられ並
  べられた事実に間違いはないだろう。
   そこには、石を円形に立てるなんらか
  の意図と、縄文時代のそれなりの美意識
  が働いていたはずである。
   そうした感覚や感性がDNAとなって、
  後世の墓碑や庭園文化に受け継がれたの
  ではないかと思う。
   サークルの中央に立石を囲んだ石組が
  あるが、庭園の感覚にとても似ているこ
  とにハッとさせられた。   
            

     
    
     大湯環状列石 (秋田県鹿角市)
      
    
   小樽からニセコ・渡島、さらに津軽か
  ら羽前地方にかけて、大小の環状列石が
  多数分布している。
   この列石は大湯温泉の郊外に在り、構
  造的には忍路のものととてもよく似てい
  る。野中堂と万座という二つの遺跡に分
  かれており、サークルは何重にも重なっ
  た複合的なもので、小さなサークルが幾
  つも点在している。
   写真は、中央に屹立した立石群の一つ
  で、放射状に組まれた石には、高度に美
  的な感覚が込められている。
   また、中央に立つ棒状の石は、さなが
  ら西欧のメンヒルのようでもあり、ヒン
  ドゥーのリンガのようにも見える。
   洋の東西を問わず、人間は石を立てる
  という行為に、なんらかの意義を見てい
  たとしか思えない。そうした石の持つ神
  秘性や絶対性に対する想いが、庭園の石
  組という造形となって現われたものと考
  えたい。
    

     
     
     山梨岡神社磐座 (山梨県笛吹市)
      
      
   この場所は旧春日居町で、15年程前
  に甲府周辺の日本庭園を探訪していた途
  中、偶然立ち寄ったのが最初であった。
   大山祗命や別雷神などが祭神となって
  おり、延喜式神名帳にも記載された由緒
  ある式内社だったのである。

   参道の脇に、見上げるような規模で、
  巨石の数々が累々と重なっていた。
   どう見ても自然の岩場とは思えず、人
  の手によって組み上げられた磐座ではな
  いかと直感した。
   神社の背後は大蔵経寺山の斜面になっ
  ており、社殿の後方にも意味ありげな巨
  石が見られた。
   山や巨石そのものが、信仰の対象にな
  っていたようにも見えた。
   この磐座がそのまま日本庭園に影響を
  与えたとは考え難いが、須弥山石組や滝
  石組のイメージにかなり近いと感じるの
  もまた事実である。   
     

      
     
     生島足島神社神池 (長野県上田市)
      
      
   延喜式巻十に「生嶋(いくしま)足嶋(た
  るしま)神社二座名神大社、と記載されて
  いるという。
   さらに「大八洲之霊」ともあり、御神
  体が大地そのものであるとのことだが、
  周辺に山は無いから致し方は無いにせよ
  珍しい形態である。
   この神社のように規模の大きい神池や
  神島の土木工事は、技術的には渡来人の
  仕事と考えられないだろうか。
   大八洲は天地であり、天地は大地と海
  洋をも意味するものだ。神池と神島とは
  そうした天地海洋信仰から生まれた、宇
  宙観の表現なのであろう。
   この神池はかつて多島式であったそう
  で、各島には諸神が祭られていたと思わ
  れる。
   神池や神島は純然たる信仰の所産で、
  観賞としての対象では決してなかっただ
  ろう。しかし、池を配して出来上がった
  空間に対する感性は、技術や美意識とし
  て後世に継承されたにちがいない。  
    

   
    
     城之越遺跡 (三重県上野市)
     
     
   上古古墳時代の住居跡などが残る遺
  跡で、最大の特徴は三ヶ所の湧水源と
  その流れが構築されていたことである。
   写真に写っている流れの左右奥に湧
  水源が在り、現在でも透明な清水が湧
  き出ている。
   さらなる特徴は、流れの岸辺に石を
  敷き詰めてあり、要所に護岸のための
  石を組んでいることである。その上、
  二つの流れの合流地点には、格別象徴
  的な石組が構築されている。
   磐座や庭園石組の原形とも思えるよ
  うなシンボリックなオブジェであり、
  見方によっては造形的なセンスすら感
  じられたことが驚きだった。
   これらは湧水と流れを荘厳するため
  の構造であり、湧水を聖なるものとし
  て崇めた祭祀の場であったのだろうと
  思った。
      

     
     
     阿自岐神社神池 (滋賀県豊郷町)
     
    
   豊郷の安食という場所にあり、それは
  神社の阿自岐が語源で、さらに朝鮮渡来
  の阿知岐一族に由来する。

   神池は本殿の東と西に分かれており、
  現状の出島も島であったと見れば、東池
  に五島、西池に七島となる。しかし、拝
  殿付近も島であった可能性が高く、合計
  十三の神島が在ったらしい。
   この神社が祭る天照大神や須佐之男神
  などの十三神と附合することから、各神
  島に一神を鎮座せしめたものと思える。
   この話は、重森三玲先生の御説に依る
  ところ大なれど、実際にこの神池の多島
  ぶりと複雑怪奇な出島の有様を眺めると、
  そうした考えは自然に湧いてくる。
   つまり、何故かくも複雑な神池を造っ
  たかを考えた時、後世の池泉庭園のよう
  な観賞主体ではなく、あくまで神域を崇
  敬する目的とすれば、神島の数を意味付
  けることしか有り得ないのである。 
    

      
    
     鞍馬寺奥の院磐座 (京都市左京区)
      
     
   鞍馬寺は京都の北20Km、北山連峰に位
  置する海抜約600mの地に在る。
   創建は宝亀元年(770)という、毘沙門天
  を祭るまことに古い寺院である。
   或る年の暮れに、鞍馬寺から奥の院へと
  登り、杉根の露呈した道を貴船神社へと抜
  けたことがある。
   奥の院の拝殿と社殿の周囲には、写真の
  ような磐座が構成されている。やや小ぶり
  とはいえ大小さまざまな石が多く、周囲は
  やや円形に近い形に小石が組まれ、磐境が
  意図されている。
   仏教寺院に磐座・磐境は珍しい。だが、
  この奥の院の社殿・拝殿は神社形式であり
  磐座の上に建てられた後世の建築である。
  麓の貴船神社の領域だったと考えられる。
   貴船は水神信仰が中心であり、ここ奥の
  院は水源信仰の中心として、磐座や磐境が
  造営されたものと思われる。
   まことに、天狗でも出そうな、鬱蒼たる
  神域である。  
    

      
     
     保久良神社磐座 (兵庫県神戸市東灘区)
      
      
   神戸の東端、芦屋に近い山の斜面にこの
  古い神社が建っている。
   「ほくら」とは妙な名だが、ホは火・穂
  ・浦などを、またクラは座・蔵などを指す
  事から、この宮の性格がおぼろげながら見
  えるような気もする。
   拝殿奥の玉垣内に建つ本殿の周囲に、威
  風堂々たる巨石を組んだ磐座が在るのが知
  れたが、垣内に入る事は禁じられていた。
   写真は、社務所の背後に広がる、膨大な
  磐座石のほんの一部である。各石は組まれ
  ずに個々に連続して、西部から北部・東部
  へと置かれており、これはまさに磐境を意
  図したものと思われる。
   無造作に置かれたかのように見える石の
  列なのだが、そこからは、自然を崇拝する
  上古の人々の、大らかで品性を持った柔和
  な美意識が伝わって来るような気がしてな
  らない。石そのものを神聖化し、その中に
  永遠性や絶対性を見ていたのだ。
   こうして上古の人々が抱いていた石に対
  する美意識は、後の石造美術や庭園石組へ
  と受け継がれていくことになる。  
    

     
   
     阿智神社磐座 (岡山県倉敷市)
      
     
   倉敷の鶴形山に在り、前述の阿自岐神社
  と同じ朝鮮渡来の阿知岐族が、阿知明神と
  して祀ったことに由来する上古の社である。
   社殿の周囲に磐座・磐境・鶴亀石組・陰
  陽磐座と見られるおびただしい数の石組が
  見られる、まことに謎に満ちた場所だ。
   写真は、鶴形山の名前の発端ともなった、
  鶴石組とも称される磐座である。
   枯山水的な感覚が感じられるほど均整の
  取れた石の並び方であり、個々の石が持つ
  神性が感じられるほど厳選された石ばかり
  なのだ。磐座の感覚が、後世の石組に大き
  な影響を及ぼしたという発想は、ここを見
  れば容易に想像できる。
   但し、斎館前の陰陽石組や末社玉垣内の
  枯滝風石組などには、どう見ても後世の石
  組に対する美意識がちらついて見えるよう
  な気がしてならない。
   神秘的で豪壮な磐座以外は、後世の石組
  としての手が入っているのではないか。
    

      
     
     吉備津彦神社神池 (岡山県岡山市)
     
     
   吉備氏の祖神である大吉備津彦命を祭
  神とするが、付近の吉備津神社との関係
  は不明である。   
   神社の創建は崇神天皇の時代とされて
  いるので、おそらく神池・神島もこの頃
  に造られたのだろうと思う。
   社殿は江戸期の再建であり、神池・神
  島にもかなりの手が入っているので、現
  状の姿からは創建時を想像するのは容易
  ではない。
   実際、写真の神島にも護岸石組が施さ
  れており、これは江戸時代頃のものであ
  ることは歴然としている。
   注目しなければならないのは、神池の
  平面図をイメージした時、大小三つの神
  島が直線的に配置されていたであろう、
  ということだった。
   一列に神島が並んだ壮麗な神池や、荘
  厳な社殿の数々などが、祭神を祀った神
  々しい中山の頂へと続く景観は、想像し
  ただけでも見事だっただろう。
    

    
    
     総社宮神池 (岡山県総社市)
     
     
   かつては沼田と呼ばれる海浜に近い沼沢
  地だった場所で、沼田社または野俣社とい
  う名の古社であった。
   ここが吉備の総社たる斎祀として、後に
  奉斎されたものといわれている。したがっ
  て、神池・神島は、総社以前の沼田社期の
  ものと考えられる。
   拝殿・本殿へと向かう参道の左(社殿の
  東南)に、三つの神島を持つ美しい神池が
  広がっている。
   この神池の特徴は、三島が「品」の字の
  ように三角に配置されていることで、他の
  神池と比較してまことに興味深い。
   しかし、ここだけではないが、上古の神
  池がそのままの姿で在るわけは無く、多く
  の改修や変形が成されてきたことだろう。
  だとすれば、創建時のものとして感じ取れ
  るのは、崇敬の対象としての神池の雰囲気
  だけなのかもしれない。
    

    
    
     楯築神社磐座 (岡山県総社市)
     
     
   小高い岡の上に祭られてい
  る神社の背後に造られた、古
  代の磐座である。ヨーロッパ
  のメンヒルのようでもあり、
  ストーン・サークルのように
  環状に並んでいるようにも見
  える。
   何らかの祭祀の場であった
  と考えられ、巨石を立てるこ
  とによって神性に接近出来る
  と考えたのかもしれない。
   立石が示す美しさに気付い
  た先人が、この要素を庭園の
  石組に取り入れたのだろうか。
   現に、この付近で生まれ育
  ち、この磐座をいつも見てい
  た近代造園界の鬼才重森三玲
  の作品には、この磐座立石の
  エッセンスがたっぷりと含ま
  れている。
    

     
    
     三加茂八幡宮磐境 (徳島県東みよし町三加茂)
     
     
   レンタカーを駆使し、阿波に分布する庭
  園と板碑を見学しながら、四国八十八ケ所
  巡礼を2回に分けて完遂した。
   90年と94年の正月休みであった。阿
  波巡礼は90年で、わざわざルートから外
  れてこの神社を見に行ったものである。
   延喜式内社であった旧田寸神社鎮座の地
  であり、そこに設けられた上古の磐境が目
  的だった。
   阿波吉野川特産の青石が使われた、玉垣
  式の磐境だった。背後に一般的な石造の玉
  垣が見られるが、これは奉納者の名前や金
  額などを刻んだ江戸末期以降の下賎な代物
  である。
   境内敷地の北側境界を中心に並べられた
  青石の列石は荘厳で、従来の玉垣とは比較
  にもならぬほど神秘的であり美しかった。
   列石で磐境という結界を形成し、神域を
  浄化するというこの形式は、全国でも他に
  類例の無いもので、板石状の吉野川産緑泥
  片岩(青石)という材料が身近に有ったから
  こそだろう。
     

  このページTOPへ  次のページ(重森三玲)へ  前のページ(東日本庭園)へ 

    日本庭園TOPへ  ロマネスクTOPへ 石造美術TOPへ

   古代巨石文明TOPへ  世界の建築   総合TOPへ 掲示板へ