重森三玲の庭園 造形美の世界
  
                   
   造園界の鬼才・重森三玲さんの生誕
  110年を記念して平成十八年の秋に
  東京で、更に翌年に京都・静岡で「重
  森三玲の庭・地上の小宇宙」と題した
  展覧会が催された。
   重森千青さんが監修された、内容の
  ある素晴らしい展覧会だった。

   私は三玲氏を直接には存じ上げなか
  ったが、その著書や数多くの作品から
  受けた啓蒙の大きさは計り知れない。
  庭園だけでなく、あらゆるものの見方
  の基礎となる美意識の核心を学ばせて
  頂いた、と認識している。
   全国の古庭園を調査・発掘・実測を
  され、その詳細を日本庭園史図鑑と後
  の日本庭園史大系として刊行された功
  績は大きい。
   その過程で学ばれた古典が示す伝統
  的な造形感覚を重視しつつ、さらによ
  り斬新な創造を求められた姿勢は、正
  に氏が唱えた「永遠のモダン」の実践
  そのものだったと言えると思う。

 
(左写真は旧重森邸庭園)
   
      重森三玲の作品

       
重森三玲の作品は、以下の年表に掲載したように大変な数である。寺院や神社の庭園の
      ほかに個人の邸宅・茶室がとても多いことに気が付く。種々の理由により消滅してしまっ
      た作品がかなり多いことにも驚いてしまうが、残念ながらそれは個人邸の庭園というもの
      の背負った宿命なのかもしれない。
       基本的には見学可能な代表的作品はそれぞれの地方の庭園サイトに掲載してあるので、
      以下の表のサイト名をクリックして御覧頂きたい。
       このサイトでは、三玲氏の作品の歴史的な経緯と、その作品の特徴が最も率直に表現さ
      れた個人邸庭園の写真を、作庭年代順に年表の後に掲載した。個人の邸宅であり、通常は
      非公開なのだが、歴史的な作品の資料保存という意味合いから、特別に撮影の許可を頂い
      たものである。
       そんなわけで、写真の無断転載や、無許可の訪問はくれぐれも御遠慮願いたい。

       

      重森三玲作品紀行 非公開個人邸庭園及び非公開寺院庭園

             ここに掲載した作品は通常非公開であり、一般的な観光で拝観することは不可
            能である。しかし、三玲の作品にはかくも創造的で、芸術的な庭園作品があった
            のだ、ということだけでも知っていただきたいと思い掲載した次第である。
             情緒的な自然主義庭園とは全く異次元の、石組造形を中心とした抽象的な空間
            が構築されていることに改めて感動する。


    小河氏邸庭園(島根県益田市)

   昭和33年から完成まで5年をかけ
  完成させた力作で、石組の妙と迫力を
  備えた想像を絶する枯山水である。
   横長の空間に配された二列の芝に覆
  われた築山に、躍動しながら連なる石
  組の力強い美しさに圧倒される。
   ここまでの表現を可能にした施主の
  庭に対する愛情と、それに応えた作者
  の情熱とに最大の敬意を表したい。
   庭園内には、廓然庵と古今亭という
  茶室が設けられており、三玲ならでは
  の意匠が散りばめられている。特に、
  襖や露地のデザインは、現代アートを
  思わせる斬新さに満ちている。
   快く御案内下さった当主御夫妻に、
  心よりの御礼を申し上げる次第。
                                               

    前垣氏邸庭園(広島県東広島市)

   お訪ねしたのが午前中だったので、
  南向きの奥が陰になってしまった。
   築山に配された三尊石組などは、当
  家の旧庭に在った石を使い、手前の石
  組には新しく当家の山から出た石を利
  用している。
   写真左の三尊石組には横石が用いら
  れ、東福寺本坊の庭を想起させる。
   モダンな雲形州浜の意匠に違和感は
  無く、立石、築山、そして白砂が創出
  する空間との調和が見事である。舟石
  の配置も心憎い。
   母屋の奥に坪庭が在る。三石のみの
  狭い空間だが、抽象性の高い鋭い美意
  識が感じられる造形である。
                                               

  旧重森氏邸庭園(岡山県吉備中央町)

   大正13年三玲28歳の処女作である。生家
  天籟庵の庭園として創作された。
   大仙院の枯滝石組が強く影響しており、荒削
  りな感は否めないが、その鋭い造形感覚は当初
  から並々ならぬ迫力と美意識を備えていた事を
  立証している。
   三玲が最初からありふれた自然主義の庭園な
  ど目指していなかった事は明白で、その終始一
  貫した精神を知り、改めて敬服せざるをえない。
   展覧会にも出展された平面図によれば、写真
  の滝石組および石橋周辺以外に、白砂による流
  れ・飛び石・舟石や多くの石組が意匠されてい
  たとされるが、現在は全て竹薮の中でかなり荒
  廃の極み状態にある。
   

  西谷氏邸庭園(岡山県吉備中央町)

   現存する作品としては生家の庭に次いで古い
  昭和4年のもので、氏邸は生家からほど近い集
  落の高台に位置する見晴しの良い場所に在る。
   現在は消失してしまった伊賀氏邸の「層巒庭」
  に次ぐ、氏三番目の作品である。
   主石による滝石組は、天籟庵庭園のアイディ
  アに共通して力強い。氏がその造形の表現方法
  として、当初より枯山水の抽象性に重点を置き
  つつあったことを知ることができる。
   細長く狭い空間を上手く活用し、連続する石
  組が左側へと続いている。自然主義的な借景を
  重視しなかった氏だが、ここでは故郷のたおや
  かな自然美を無視できなかったようだ。
   

  小倉氏邸庭園(岡山県吉備中央町)

   三玲が故郷に作庭した作品の一つで、前記の
  西谷氏邸と同じ集落に位置している。
   庭園は「曲嶌庭」と命名されており、曲水に
  象徴される大海原に浮かぶ蓬莱「嶋」が連想さ
  れる。
   既に東福寺方丈の庭が完成しているので、明
  確には言えないが、龍安寺様式の石・白砂・苔
  のみによって構成された平庭の最初の作品の一
  つだろう。作者の、静かだが溢れるような造形
  意欲が秘められた傑作である。
   三つの集団石組が、蓬莱の神仙三島を表現し
  ていると思われる。大袈裟な石は一つも無く、
  鋭い造形感覚と趣味の良い配石が、さして広く
  は無い仕切られた空間の中に格調高い美の宇宙
  を創造している。
   

  増井氏邸庭園(香川県高松市)

   三玲の作品には、茶室を中心とした建築と
  庭園や露地を総合的に創作したものが多い。
  本来はどちらも単独では存在しえないものと
  すれば、その設計には統一された美意識が必
  要なはずなのである。
   当邸の茶室へ至るまでの露地及び茶庭の空
  間は、母屋の建築とも調和の取れた居心地の
  良い美しいスペースとなっている。
   写真正面に見える中潜りが景観としても効
  果的で、あの向こうには俗界から隔離された
  静寂な世界が在るように思えてくる。
   石組・石畳・竹を組んだ塀・蹲など、全て
  が個性的でありながら、建築としての一体感
  の中に見事に配されている。
      

  臼杵氏邸庭園(香川県高松市)

   当邸には茶室「露結庵」を中心とした坪庭
  と、写真の蓬莱庭園とが作庭されている。
   桃山風の豪華な蓬莱石組を中心とした坪庭
  に驚嘆し、さらに奥のこの立石の空間に感動
  した。象徴的な立石手法はこの当時には既に
  確立されているのだが、個人邸においては費
  用の面からもそうざらには存在し得ない。
   庭園に深い理解を持つ施主と、その意向に
  創造的に応えた作庭家が居たからこその作品
  なのである。
   立っている石の、何と鮮烈な姿であること
  だろうか。石の持つ美しさを、かくも見通す
  ことの出来た造庭家を他に知らない。
   今日まで作品を見事に維持管理されている
  御当主のご努力も忘れてはなるまい。
           

  村上氏邸庭園(兵庫県西脇市)

   曲泉山荘と名付けられた邸宅の前庭として、
  名の示す通り枯山水ながら曲水が蓬莱連山の間
  をぬうようにして流れる景色をイメージして作
  庭されたようだ。
   写真右奥に見える割れたような立石が龍門瀑
  を象徴した石組とのことで、確かに滝の下には
  鯉魚石と見える石が置かれている。背後に何も
  無い築山に組まれた立石が、深山の崖から落下
  する荘厳な龍門瀑を象徴しているとは、何たる
  次元の高い抽象であることだろうか。
   個人邸宅の庭として、弥栄を祈念した蓬莱思
  想に基づいた発想が中心となっており、蓬莱世
  界の四神仙島をモチーフとした造形が、個人邸
  庭園における三玲芸術の主題となっていく方向
  性を見る事ができるだろう。

    

  山口氏邸庭園(兵庫県西脇市)

   前述の村上氏邸庭園と同じ西脇市に残る、
  三玲作品の貴重な遺構である。
   庭園の広さとしてはむしろ狭い方なのだろ
  うが、そこに組まれた石組はまことに意欲的
  であり、石組によって美的空間を構築しよう
  とした三玲の情熱を感じることが出来る。
   写真は、景観の中心となっている築山の三
  尊石組で、眺めるうちに改めて三玲のバラン
  ス感覚の良さに唸ってしまった。つまり、自
  然界に存在した石を、美の素材として、また
  自然を超越した抽象的なフォルムとして、そ
  れらを組むことによって再構築しているので
  ある。
   峨々たる深山の景観なのか、あるいは来迎
  する弥陀の姿なのであろうか。芸術的連想は
  無限に広がっていく。
  
      

  芦田氏邸庭園(兵庫県尼崎市)

   当邸は門構えからして、一目でこの地方
  の名家だと判る。格式の高さ、洗練された
  趣味の良さが、建物全体に溢れ出ている感
  じがするからである。
   三玲の意匠は庭園のみに留まらず、玄関
  先から敷石通路に至るまで、建築群と見事
  に一体化した総合的なデザインが成されて
  いる。
   座敷から眺める主庭園は、まことに大胆
  な構図となっている。白砂の大海に浮かぶ
  蓬莱島を連想させるほどのスケールで、入
  り組んだ州浜の曲線と壮麗な石組からはと
  ても鮮烈な印象を受けた。
   三玲好みとは異質の巨石も多いのだが、
  与えられた条件を見事に生かしきった創造
  者の仕事であることに感動した。石組など
  伝統的でありながら、後世に至るまで通用
  しそうな斬新な抽象美が創出されている。
   
       

  久保氏邸庭園(大阪府伊丹市)

   日本に経済成長の波が押し寄せようとし
  ていた時代性もあるのだろうが、後半にな
  るほど巨石を使用した豪華な庭園が創作さ
  れている。
   民家の庭と言うには規模が大き過ぎるの
  だが、詳細に眺めるとまことに趣味の良い、
  優れた意匠によって構築された庭園である
  ことが判る。
   写真からも、手前の石組が前景となり、
  中景の石組とさらに遠山を髣髴とさせる連
  続石組とが、深みのある見事な奥行を感じ
  させてくれるのである。
   三玲としてはやや古典的な石組が多いの
  だが、間に敷かれた敷石の斬新なデザイン
  とのハーモニーにその骨頂を示している。
   名だたる旧家に相応しい傑作である。
         

  西山氏邸庭園(大阪府豊中市)

   東福寺方丈庭園及び光明院庭園作庭の翌年で
  ある昭和15年に作庭され、“青龍庭”と命名
  されている。
   正面の龍門瀑形式の滝石組にはやはり大仙院
  のイメージの影響が強く出ているのだが、その
  名の通り鯉が“青龍”と化していく壮大な姿が
  奥行きのある白砂の流れとして表現されている。
   巧みに配された立石や石橋が、中央の滝石組
  に向かって幽谷の景観を見事に抽象している。
   従来在った池泉庭を枯山水に改造したという
  ことだそうで、超自然的枯山水が示すイメージ
  の世界を三玲がいかに重視していたかが理解さ
  れる。
   

     

  井上氏邸庭園(大阪市)

   戦災で消失した今は無き茶室のための、蹲を
  中心とした壺庭として作庭された。
   三玲は本庭作庭直前に、阿波国分寺の壮絶な
  石組主体の庭園を発見している。本庭が茶室へ
  至る露地であるにもかかわらず、所狭しと立石
  を組み、情緒を超越した芸術的とも言える空間
  を創出するに至ったきっかけとなったのではな
  いかと想像される。
   個々の石が示すモニュメンタルな主張が集約
  され、総合的な美的迫力となって押し寄せてく
  る。圧倒的な造形感覚の鋭さと、広がる宇宙観
  に鳥肌が立つような感動を覚えた。しかし、気
  がつくと、写真の如き狭い空間なのである。三
  玲芸術恐るべし、としか言いようが無い。
   

  小林氏邸庭園(大阪府堺市)

   しっとりと落ち着いた雰囲気に囲まれて
  いるこの地の、静かな邸宅の細長い空間に
  この庭園は作られている。
   横長に蛇行する白砂の流れと、玉石の埋
  め込まれた特異な出島が交錯する景色が特
  徴である。玉石で汀を表現した古典庭園は
  多いが、こんなに大胆な意匠は滅多に見た
  ことが無い。
   対比する苔の築山に組まれた蓬莱石組は、
  三玲の真骨頂とも言うべき豪快な青石を組
  んだものである。石そのものの持つ格別の
  美しさと、見る角度による表情の変化が氏
  を魅了したのだろう。
   伝統的とも思える蓬莱石組と、斬新でモ
  ダンな近景とが違和感無く一体化して見え
  るのが、何とも不思議でならない。
          

  東口氏邸庭園(大阪府堺市)

   テラスを含む建築の設計と、三玲の造園
  計画とが共同作業で進められたと伺った。
  こんな理想的な邸宅建築もあったのか、と
  すっかり感心させられてしまった。
   大海原にも見立てられそうなサツキの大
  刈込の中に帆を立てて浮かぶ船、という発
  想をしたのだが、いくら堺だとはいえ少し
  陳腐だったかもしれない。もっと上質の抽
  象美が追求されていたに違いない。
   三玲のアイディアはここでも、枯渇する
  ことを知らなかったかの如く躍動している。
  庭園全体を刈込で覆いつくすなどという発
  想は、およそ凡人の思いつくところに在ら
  ず、だろう。
   石組は相変わらず鋭敏な感覚で研ぎ澄ま
  されており、庭園と建築全体は相互に美し
  さを発揮しつつ一体化して、見事なハーモ
  ニーを奏でていた。
     

  春日大社社務所東庭園(奈良市)

   三玲氏の作品としては、東福寺方丈庭に先
  んじる初期の作品で、貴賓館の西側にある。
   春日神社という特異性を備えたテーマと、
  超自然の造形を創造するという趣旨を基に築
  造されている。
   神社に因み七五三石組が中心とし、長方形
  の庭は苔と白砂によって斜めに区切られてい
  る。中央の五石による石組は、春日大社五祭
  神を象徴しているそうだ。
   この五石を中心として、X字状に七五三石
  組が交差する意匠なのである。
   この頃から既に、三玲独自の意匠や壮絶な
  石組表現の手法が確立しつつあり、東福寺の
  造形へと繋がって行ったことが伺える。
   貴賓館の反対側に、稲妻形の遣水を意匠し
  た小庭も造られている。実にユニークだ。
                    

  教法院庭園(京都市)

   当院は日蓮宗の寺院であり、作庭は仏説に
  基いているとの御住職の御説明を頂戴した。
  私共にも解り易かったのは、使われた七つの
  石がそれぞれ「南無妙法蓮華経」の御題目を
  象徴しており、また説法を行う菩薩の姿でも
  ある、というお話であった。
   白砂と青苔の築山との対比が鮮やかであり、
  汀線が作る州浜の妙と、配された石組の存在
  感がとても印象的だった。
   三玲の石組としては異例とも言うべき寡黙
  な作であるが、当院に相応しいテーマとして
  選ばれたのだろう。それがかえって斬新な美
  しさを創出する結果となった。
   本堂の中央に座して眺めれば、芸術的な美
  の境地を遊ぶ気分となるのだが、それこそが
  法悦というものなのだろうか。
        

  浅野氏邸庭園(京都市)

   作庭家にとってこれほど自由に仕事が出来
  る環境というのは、生涯でもそう滅多には無
  いだろうと思えるほど、恵まれた立地条件の
  中で優れた材料を豊富に使用した世にも豪華
  な庭だと言える。しかも、単なる成金的な堕
  趣味に落ちる事なく、写真の龍門瀑を中心と
  して、左右に連続する護岸石組や築山の三尊
  石組に至るまで、まことに雄渾で造形美に満
  ち溢れた創作が成されている。
   金閣寺や天龍寺の龍門瀑に深く感銘を受け
  た三玲は、生涯数多くの龍門瀑を創作したが、
  当邸の滝石組はその内でもかなりの傑作の一
  つであると思う。
   これ程までに豪華で優美な作品が個人邸に
  存在することを思うと、施主がどのような形
  で何を求め、作者が如何にそれに応えたのか
  を知りたくなってしまう。
         

    

     重森三玲作庭年表      

   年代 庭園名    所在地 備考 掲載サイトへ

001 1924 旧重森氏邸跡庭園 枯山水 岡山県吉備中央町 要申込   当サイトに掲載
002 1928 伊賀氏邸庭園層巒庭 枯山水 岡山県吉備中央町 消滅   
003 1929 西谷氏邸旭楽庭 枯山水 岡山県吉備中央町 非公開 当サイトに掲載
004 1933 安藤氏邸庭園 枯山水 大阪市 消滅   
005 1934 春日大社社務所東庭 枯山水 奈良市 非公開 当サイトに掲載
006 1934 四方氏海印山荘庭園 池泉 京都府長岡京市 非公開   
007 1937 (春日大社社務所北庭) 枯遣水 奈良市 非公開   
008 1939 東福寺方丈庭園 枯山水 京都市東山区    京都南部の庭園
009 1939 北川氏邸庭園 枯山水 兵庫県西宮市 不明   
010 1939 東福寺光明院波心庭 枯山水 京都市東山区    京都南部の庭園
011 1940 西山氏邸青龍庭 枯山水 大阪府豊中市 要申込 当サイトに掲載
012 1940 斧原氏邸曲水庭 枯山水 兵庫県西宮市 非公開   
013 1940 旧中田氏邸庭園 枯・池 兵庫県西宮市 不明   
014 1940 井上氏邸巨石壷庭 枯山水 大阪市 非公開 当サイトに掲載
015 1941 桜井女子高等学校 茶庭 奈良県桜井市 消滅   
016 1941 明楽氏邸又楽庭 枯山水 和歌山市 消滅   
017 1943 宮地氏邸庭園 枯・茶 神戸市 消滅   
018 1949 村上氏邸曲泉山荘庭園 枯山水 兵庫県西脇市 要申込 当サイトに掲載
019 1950 池垣氏邸庭園 枯山水 京都市   
020 1951 小倉氏邸庭園 枯山水 岡山県吉備中央町 非公開 当サイトに掲載 
021 1951 内田氏邸庭園 枯山水 大阪市 消滅   
022 1951 料亭江戸っ子庭園 流れ 大阪市北区 消滅   
023 1951 西禅院庭 池泉 和歌山県高野町 条件付公開  近畿東部の庭園 
024 1951 鍛冶氏邸庭園 枯山水 大阪市 消滅   
025 1952 明楽氏邸有楽庭 枯・茶 和歌山市  
026 1952 安田氏邸庭園 池泉 奈良市 条件付公開   
027 1952 西南院庭園 池泉 和歌山県高野町 改修 近畿東部の庭園 
028 1952 桜池院庭園 枯山水 和歌山県高野町    
029 1952 正智院庭園 枯山水 和歌山県高野町 要申込  近畿東部の庭園
030 1952 石清水八幡宮社務所庭園 枯山水 京都府八幡市 条件付公開 京都南部の庭園 
031 1952 上林氏邸庭園 枯山水 大阪府泉南市 消滅  
032 1953 旧重森氏邸無字庵庭園 枯・茶 京都市左京区   京都北部の庭園
033 1953 中村氏邸庭園 枯山水 岡山市 不明  
034 1953 龍泉院庭園 池泉 和歌山県高野町 条件付公開   
035 1953 (西禅院庭園) 茶庭 和歌山県高野町 条件付公開  近畿東部の庭園
036 1953 本覚院庭園 枯山水 和歌山県高野町 条件付公開   
037 1953 岸和田城八陣の庭 枯山水 大阪府岸和田市   近畿西部の庭園 
038 1953 上原旅館庭園 枯・茶 大阪市中央区 消滅  
039 1954 少林寺庭園 枯山水 大阪市中央区 非公開  
040 1954 左京消防署庭園 枯山水 京都市左京区 消滅  
041 1954 木野戸氏邸庭園 枯・茶 香川県高松市  
042 1954 旅館永楽庵庭園 池泉 鳥取県三朝町 消滅  
043 1954 笹井氏邸庭園 茶・曲水 長野県松本市 消滅  
044 1954 旅館五洲閣庭園 枯山水 大阪府東大阪市 消滅  
045 1955 河田氏邸庭園 枯・茶 京都府京丹後市 非公開  
046 1955 不動院庭園 枯山水 和歌山県高野町    
047 1955 岩沢氏邸庭園 枯山水 京都市 不明  
048 1955 旅館永楽庵三楽庭 枯山水 鳥取県三朝町 消滅  
049 1955 東氏邸驢庵 枯・茶 岡山県高梁市  
050 1955 前垣氏邸壽延庭 枯山水 広島県東広島市 非公開 当サイトに掲載 
051 1956 藤井氏邸庭園 枯・茶 兵庫県 消滅  
052 1956 富田氏邸庭園 枯山水 京都市 不明  
053 1956 瑞応院楽紫庭・如々庭 枯山水 滋賀県大津市   近江西部の庭園
054 1956 野原旅館庭園 池泉 山口市    
055 1956 宮階氏邸庭園 枯山水 京都市 不明  
056 1956 龍蔵寺庭園 池修理 山口市   山陰山陽の庭園 
057 1956 旧若狭氏邸庭園 枯山水 京都府京丹後市 消滅  
058 1956 長尾氏邸庭園 枯山水 徳島市 不明  
059 1956 増井氏邸庭園 枯・茶 香川県高松市 非公開 当サイトに掲載
060 1957 菩提院庭園 枯・茶 大阪市天王寺区 不明  
061 1957 岡本氏邸仙海庭 枯山水 愛媛県西条市 非公開  
062 1957 越智氏邸旭水庭 枯山水 愛媛県西条市 非公開  
063 1957 越智氏邸牡丹庵庭園 枯・茶 愛媛県西条市 非公開  
064 1957 織田氏邸島仙庭 枯山水 愛媛県 非公開  
065 1957 光明禅寺庭園 枯山水 福岡県太宰府市   九州の庭園 
066 1957 宝荘ホテル庭園 枯山水 愛媛県松山市 消滅   
067 1957 片山氏邸庭園 枯山水 大阪府岸和田市 消滅  
068 1958 寿屋川崎工場庭園 枯山水 神奈川県川崎市 不明  
069 1958 医光寺庭園 池修理 島根県益田市   山陰山陽の庭園
070 1958 衣斐氏本邸庭園 枯山水 兵庫県西宮市 消滅  
071 1959 田茂井氏邸庭園 枯山水 京都府京丹後市 非公開  
072 1959 黒田氏邸庭園 枯山水 京都市  
073 1959 栗須氏邸庭園 枯・茶 大阪市  
074 1959 桑田氏邸宗玄庵庭園 枯山水 広島県福山市 非公開  
075 1959 松本氏邸庭園 枯・茶 岡山市 消滅  
076 1959 村上氏邸山泉居・青山庭 茶・曲 島根県吉賀町 非公開  
077 1959 田中氏邸庭園 枯山水 京都市 不明  
078 1959 松本氏邸庭園 枯山水 大阪府泉南市 消滅  
079 1960 小河氏邸庭園 枯・茶 島根県益田市 非公開 当サイトに掲載 
080 1960 臼杵氏邸庭園 枯・茶 香川県高松市 非公開 当サイトに掲載
081 1960 栄光寺龍門庵庭園 枯・茶 香川県小豆島町 条件付公開  
082 1960 米原商店庭園 枯山水 京都市 消滅  
083 1960 福田氏邸鴨月庭 枯山水 京都市  
084 1960 都竹氏邸庭園 枯山水 大阪市 非公開  
085 1961 香里団地以楽苑 池泉 大阪府枚方市 公開日あり 近畿西部の庭園
086 1961 瑞峯院独坐庭・閑眠庭 枯・茶 京都市北区   京都北部の庭園
087 1961 真如院庭園 復元 京都市下京区 公開日あり 京都南部の庭園
088 1961 松林氏邸庭園 枯・流 京都府宇治市 非公開
089 1961 林昌寺庭園 池泉 大阪府泉南市    
090 1961 山口氏邸庭園 枯山水 兵庫県西脇市 要申込 当サイトに掲載 
091 1961 細田氏邸庭園 枯山水 大阪市 消滅  
092 1962 三谷氏邸庭園 枯山水 石川県金沢市  
093 1962 志度寺曲水庭 池改修 香川県さぬき市   四国地方の庭園
094 1962 志度寺無染庭 枯山水 香川県さぬき市    
095 1962 桑村氏邸庭園 枯山水 兵庫県多可町 非公開  
096 1962 (光明院雲嶺庭) 枯山水 京都市東山区    
097 1963 衣斐氏別邸庭園 枯山水 兵庫県西宮市 非公開  
098 1963 松下氏邸庭園 敷石 兵庫県西宮市 不明  
099 1963 ホテル昭和園庭園 枯・茶 大分県別府市 現べっぷ虎屋
100 1963 四天王寺学園校門内 敷石 大阪市天王寺区 非公開  
101 1963 教法院庭園 枯山水 京都市上京区 要申込 当サイトに掲載 
102 1963 岩本氏邸庭園 枯山水 広島県福山市 不明  
103 1963 興禅寺看雲庭 枯山水 長野県木曽町    
104 1963 光台院新書院庭園 池泉 和歌山県高野町 条件付公開   
105 1963 平井氏邸庭園 枯山水 大阪府東大阪市 不明  
106 1963 (光明院蘿月庵露地) 茶庭 京都市東山区    
107 1963 (小河氏邸露地) 茶庭 島根県益田市 非公開  
108 1964 有吉氏邸有心庭 池改修 大阪市 非公開  
109 1964 (有吉氏邸吉泉庭) 枯山水 大阪市 非公開  
110 1964 青野氏邸庭園 茶庭 大阪府柏原市 不明  
111 1964 岩沢氏邸庭園 枯山水 京都市 消滅  
112 1964 小林氏邸庭園 茶庭 岡山市 非公開  
113 1964 山田氏邸庭園 枯・池 兵庫県芦屋市 不明  
114 1964 徳矢氏邸庭園 茶庭 兵庫県芦屋市 不明  
115 1964 龍吟庵庭園 枯山水 京都市東山区 公開日あり 京都南部の庭園 
116 1965 旧森氏邸庭園 枯山水 京都市 不明  
117 1965 成田氏邸望州楼庭園 枯山水 愛知県半田市 不明  
118 1965 清原氏邸裏庭 枯山水 兵庫県芦屋市 非公開  
119 1965 安国寺庭園 枯復元 広島県福山市   山陰山陽の庭園
120 1965 岩田氏邸庭園 池泉 広島市 不明  
121 1965 福泉寺四十八願の庭 枯山水 東京都港区 非公開
122 1965 北野美術館庭園 枯山水 長野市    
123 1965 北野氏邸庭園 枯山水 長野市 非公開  
124 1965 貴船神社天津磐境 枯山水 京都市左京区    
125 1965 西川氏邸庭園 枯山水 大阪府八尾市 消滅  
126 1965 衣川氏邸庭園 枯山水 大阪府貝塚市 不明  
127 1965 平野氏邸庭園 枯山水 大阪府泉南市 不明  
128 1965 (小河氏邸庭園) 枯追補 島根県益田市 非公開  
129 1966 岡本氏邸庭園 枯山水 広島県福山市 非公開  
130 1966 石清水八幡宮鳩峯寮庭園 枯山水 京都府八幡町 鳥居の庭  
131 1966 西川氏邸庭園 枯・茶 石川県金沢市 非公開  
132 1966 住吉神社住之江の庭 枯山水 兵庫県篠山市 非公開   
133 1966 酵素の家庭園 枯・敷 京都市 消滅  
134 1966 岩沢氏邸庭園 枯山水 京都市 不明  
135 1966 永楽庵別館庭園 枯山水 鳥取県三朝町 消滅  
136 1967 浅野氏邸庭園 枯山水 京都市 非公開 当サイトに掲載 
137 1967 勝川氏邸庭園 枯山水 大阪府吹田市 消滅  
138 1967 光清寺心字庭 枯山水 京都市上京区 非公開  
139 1967 石井氏邸庭園 枯・茶 奈良市 不明  
140 1967 松村氏邸庭園 枯山水 大阪府吹田市 消滅  
141 1968 横山氏邸庭園 枯・茶 三重県菰野町 条件付公開  
142 1968 島田氏邸庭園 枯山水 大阪府泉南市 不明  
143 1968 宗隣寺庭園 池復元 山口県宇部市   山陰山陽の庭園
145 1968 正眼寺庭園 枯山水 岐阜県美濃加茂市    
146 1968 常栄寺南溟庭 枯山水 山口市    
147 1968 (小河氏邸庭園) 枯追補 島根県益田市 非公開  
148 1969 出原氏邸白波庭 枯山水 広島県福山市 消滅  
149 1969 旧友琳会館友琳庭 池泉 岡山県吉備中央町    
150 1969 笹井氏邸庭園 枯・茶 長野県松本市 消滅  
151 1969 佐藤氏邸庭園 池泉 山口県周南市 不明  
152 1969 中田氏邸庭園 池修理 長野県松本市 要申込 甲信越の庭園
153 1969 漢陽寺庭園 池・枯 山口県周南市   山陰山陽の庭園 
154 1969 旧畑氏邸逢春庭 枯・茶 兵庫県篠山市 篠山観光H  
155 1969 (旧重森氏邸好刻庵庭園) 枯・茶 京都市左京区    
156 1969 天籟庵庭園 茶移築 岡山県吉備中央町   山陰山陽の庭園 
157 1969 赤木氏邸庭園 枯山水 岡山市 不明  
158 1969 英氏邸白鷺庵仙楽庭 枯山水 兵庫県姫路市 不明  
159 1970 久保氏邸庭園 枯山水 兵庫県伊丹市 非公開 当サイトに掲載 
160 1970 山本氏邸庭園 枯山水 愛媛県今治市  
161 1970 霊雲院九山八海の庭 枯山水 京都市東山区   京都南部の庭園 
162 1970 正覚寺龍珠の庭 池改修 兵庫県篠山市 要申込 近畿西部の庭園
163 1970 (田茂井氏邸庭園) 枯山水 京都府京丹後市    
164 1970 深森氏邸庭園 枯山水 大阪府豊中市 非公開  
165 1970 竹中氏邸庭園 枯山水 京都市 非公開  
166 1970 屋島寺座忘亭庭園 茶庭 香川県高松市 条件付公開   
167 1970 正眼寺庭園 敷石 岐阜県美濃加茂市    
168 1970 (旧重森氏邸無字庵庭)園 枯補修 京都市左京区    
169 1971 霊雲院臥雲の庭 枯山水 京都市東山区   京都南部の庭園 
170 1971 芦田氏邸庭園 枯山水 兵庫県尼崎市 非公開 当サイトに掲載 
171 1971 広島遊園地聚花園 池泉 広島市 山陰山陽の庭園 
172 1971 北野氏邸庭園 茶庭 長野市 非公開  
173 1971 小林氏邸庭園 枯山水 大阪府堺市 非公開 当サイトに掲載 
174 1971 信田氏邸庭園 枯山水 大阪府堺市 非公開  
175 1972 石橋氏邸庭園 枯山水 島根県浜田市  
176 1972 石像寺四神相応の庭 枯山水 兵庫県丹波市   近畿西部の庭園 
177 1972 清楽寺庭園 枯・茶 福岡市 不明  
178 1972 大正寺庭園 枯・茶 福岡県北九州市 不明  
179 1972 善能寺遊仙庭 池泉 京都市東山区   京都南部の庭園
180 1972 豊国神社秀石庭 枯山水 大阪市   近畿西部の庭園 
181 1972 志方氏邸庭園 枯山水 兵庫県神戸市 非公開  
182 1972 岸本氏邸庭園 枯山水 大阪府高槻市 非公開  
183 1973 泉涌寺庭園 枯山水 京都市東山区 非公開  
184 1973 (漢陽寺瀟湘八景庭・前庭) 枯山水 山口県周南市    
185 1973 福智院庭園 池・枯 和歌山県高野町    
186 1973 静岡ロイヤルホテル 枯山水 静岡市 消滅  
187 1974 東口氏邸庭園 枯山水 大阪府堺市 非公開 当サイトに掲載 
188 1974 本休寺庭園 枯山水 兵庫県篠山市   近畿西部の庭園 
189 1974 八木氏邸庭園 枯山水 京都市 非公開  
190 1974 千葉氏邸千波庭 枯山水 岩手県水沢市 非公開  
191 1974 松山氏邸山月亭露地 茶庭 福島県郡山市 不明  
192 1974 (福智院愛染庭) 枯山水 和歌山県高野町    
193 1975 松尾大社庭園 枯・池 京都市西京区   京都南部の庭園
194 1975 佐藤氏邸庭園 枯山水 山口県周南市 不明   

     このページTOPへ  次のページへ  前のページ(庭園の源流)へ

   日本庭園TOPへ  ロマネスクTOPへ 石造美術TOPへ

   古代巨石文明TOPへ 世界の建築 総合TOPへ 掲示板へ