New     
       
  エローラ石窟寺院群    
    ELLORA Cave Temples   
     
             マハーラーシュトラ州 MAHARASHTRA   
       
   













 
エローラ第16窟
 
  
デカン高原の岩盤を
 上から掘り進んで構築
 された。建築ではなく
 全体が彫刻という、ま
 さに奇跡としか言えな
 い驚愕の石窟だ。
 
     
        アジャンタと並んで著名なこの石窟寺院群は、6世紀から10世紀にかけ
     て開掘されたものである。最も特徴的なのは、仏教、ヒンドゥー教、ジャイ
     ナ教という、インドの三大宗教が集結していることだろう。
      全34の石窟がほぼ横一列に並ぶ偉容はアジャンタに匹敵する、と言えそ
     うである。当時は三つの宗教が、穏やかな共存関係にあったことを物語って
     いるのだろうか。
      第1~12窟が仏教、第13~29窟がヒンドゥー教、第30~34窟が
     ジャイナ教で、右側(南端)から順番に並んでいる。
   
                         

                
       
 
   エローラ石窟寺院 第2窟
               
                                        
                   
     仏教窟(7~8世紀)

   アジャンタで見られた様
  な僧房窟(ヴィハーラ窟)
  で、エローラでも最南端に
  位置している。時間不足の
  ため、第2窟しか見ること
  が出来なかった。
   装飾された円柱と角柱が
  組み合わされた列柱が並ぶ
  広間が印象的だった。
   僧房の間の側壁に仏龕が
  彫られており、写真の仏陀
  像はその中でも白眉であっ
  た説法相の倚坐像である。
   仏教窟へは余り人が来な
  いこともあり、静寂に包ま
  れた流麗な彫刻であった。
   別の龕には、観音菩薩の
  様な脇侍を従えた三尊像も
  見られた。
   仏堂の本尊は、やはり似
  たような仏陀倚坐像であっ
  た。
                                             

                
             
 
   エローラ石窟寺院 第10窟
            
                                           
                   
     仏教窟(7世紀ごろ)

   アジャンタで見られた僧房窟(ヴィハーラ
  窟)の様なファサードで、二層構造になって
  いる。この窟は
Viswakarma ヴィスヴァカ
  ルマと呼ばれている。

   しかし、内部は写真の様なストゥーパを中
  心にした、エローラでは唯一のチャイティヤ
  窟(祠堂窟)だった。
   インド石窟寺院史上、最終期に近い事例だ
  そうだ。エローラ仏教窟群の中では、中心的
  な存在である。
   
   高い天井の梁構造が美しいが、木造天井を
  模した石造の半円筒ヴォールトを岩盤から彫
  り出したものである。

   ストゥーパは、饅頭を押しつぶしたような
  扁平な球形の覆鉢と、その下のかなり巨大な
  胴体(鼓胴)部分から出来ている。時代が下
  がる程、鼓胴部分が大きな比重を占めるよう
  になったようだ。

   塔前のアーチ内に、両脇侍を従えた仏陀の
  倚坐説法像が彫られている。古代アジャンタ
  の事例と違い、仏陀像とストゥーパとは一体
  化しておらず、離れた存在となっている。
   信仰の対象が、ストゥーパから独立した仏
  像へと移行しつつある時代の所産、といえる
  のだろう。  
                                             

              
             
 
   エローラ石窟寺院 第12窟
             
                                         
                   
     仏教窟(8世紀ごろ)

   正面のファサードは、八本の列柱の並ぶ玄
  関間が三層にそびえる大きな僧院窟である。
   三層を意味する
Tin Thal ティン・タル窟
  と呼ばれている。

   第一層から通路を巡って第三層に至る道筋
  の壁面には、様々な仏像が絵巻物のように次
  々と展開してくるので飽きない。

   第二層目で印象に残ったのは、アーチの中
  に彫られた孔雀明王像と、同様の様式で飾ら
  れた菩薩(まるで観音様のよう)三尊像だっ
  た。仏陀(釈迦)以外の仏像が多様化してき
  た時代なのか、正体は不明ながら魅力的な像
  容の多くを見ることが出来た。

   第三層目の広間には、後壁左右に七体づつ
  の結跏趺坐した仏陀像が並んでいて壮観であ
  る。連続する壁には、仏陀の初転法輪坐像や
  禅定印の仏陀などがずらりと並んでおり、一
  体づつの完成度の高さに驚愕され続けた。

   写真は最も気に入った倚坐像で、脇侍や飛
  天と共に描かれている。穏やかで気品に満ち
  た表情は、日本人の美意識にも沿った表現で
  あるかのように感じられた。

   それにしても、ヒンドゥー教の影響なのだ
  ろうか、密教的な発端なのだろうか、豊満な
  胸をさらけ出した女尊像には、仏像としては
  馴染めない。
                                             

             
       
 
   エローラ石窟寺院 第16窟
          
                                   
                   
     ヒンドゥー教窟(8世紀中頃~9世紀)

   当サイトの表紙にも記した通り、岩盤を彫
  り進めて立体化させた奇跡の彫刻石窟建築な
  のである。
   正式には
Kailasanatha カイラーサナー
  タ寺院という。

   回廊に囲まれて多くの堂宇が彫り出されて
  いるが、写真はリンガが祀られた聖所の拝殿
  である。細密なレリーフも含め、すべてが大
  きな岩盤からくり抜かれたものと気付くと、
  震撼するほどの感動となるのである。

   リンガはヒンドゥー教主要神シヴァのシン
  ボルであり、男根崇拝からきたものである。
   仏教が俗を超越した死(涅槃)を崇める如
  く、ヒンドゥー教では生命エネルギーの力を
  崇拝したのである。

   ここでは、見るもの全てが驚異だが、写真
  のリンガ祠堂拝殿が積み上げられた建築では
  なく、柱や梁や装飾彫刻も含め全てが岩盤か
  らくり抜かれた建築だと知れば、人智を越え
  た仕業であるとしか思えない。

   回廊に囲まれた空間に、楼門、ナンディー
  堂、前殿、拝殿、本殿(リンガ祠堂)が一列
  に並ぶ伽藍を構成している。

   溢れる程のヒンドゥーの神々の図像で飾ら
  れた、壮絶とも言える宗教遺産である。
                                             

               
               
 
   エローラ石窟寺院 第21窟
               
                                            
                   
     ヒンドゥー教窟
   (6世紀頃)


   
Ramesvara ラーメシ
  ュワラと呼ばれる石窟。
   小規模ながら、魅力的
  な彫刻で飾られている。
   聖室と前室から成り、
  左右に小祠堂が付いてい
  る。聖室にはリンガが祀
  られている。
   写真は最も気に入った
  彫刻で、右祠堂に彫られ
  た踊るポーズを決めるシ
  ヴァ神像である。
   シヴァの踊りは、生成
  変化する世界の躍動その
  ものであると同時に、世
  界の破壊を司る役目を持
  っている、のだそうだ。
   垂直に立つ左足のつま
  先と、頭上の冠とを結ん
  だ軸線が美しい。
   その他、天女像や七母
  神像等、優美な傑作に溢
  れている。
                                             

                
             
 
   エローラ石窟寺院 第29窟
             
                                         
                   
     ヒンドゥー教窟
   (6世紀頃)


   
Dhumarlena ドゥマ
  ルレナと呼ばれる石窟。
  カイラーサに次ぐ規模の
  大きさを誇っている。
   写真は前室の壁面に彫
  られた彫刻で、カイラー
  サ山の下に閉じ込めた魔
  王ラーヴァナに、恵みを
  垂れるシヴァと妃パール
  ヴァティーである。
   この三者の構図は、各
  所で比較的多く見ること
  が出来る。
   ラーヴァナは叙事詩ラ
  ーマーヤナに登場する悪
  魔王だが、改心しシヴァ
  に救われる。
   他にも、シヴァとパー
  ルヴァティの、結婚やサ
  イコロ遊びの場面などが
  彫られている。
                                             

                 
            
 
   エローラ石窟寺院 第32窟
               
                                        
                   
     ジャイナ教窟(9世紀頃)

   ジャイナ教は、
不殺生、真実語、不盗、不
  淫、無所有、という五戒を守る厳粛な宗派で
  ある。仏教とほぼ同時代に、反バラモン勢力
  として誕生したと伝わる。
   王朝の保護により最も栄えた9世紀頃、エ
  ローラには五つの石窟寺院が造営された。

   第32窟は、ジャイナ教窟最大の石窟で、
  入口の門内広場にはカイラーサのような岩盤
  を掘り下げたスタンバ(記念塔)や四面祠堂
  が見られる。
   ジャイナ教特有のこの四面に開かれた祠堂
  は、後世に広まった四面堂形式の原型とされ
  ている。

   一階部分は未完成だが、二階には洗練され
  た装飾の柱で構成された中央ホールや、壮麗
  な彫像で飾られた祠堂が残されている。

   日本人にとってジャイナ教というのは余り
  知られていないが、彫刻の図像からはかなり
  仏教に近い美意識が感じられた。

   写真は、象に乗る男神ヤクシャで、インド
  ラともクベーラとも呼ばれる。夜叉でもある
  らしい。精緻で存在感に溢れた傑作だ。
   対となる女神ヤクシニー像も、獅子に乗っ
  た官能的な像で、インドならではの生命力に
  満ちた表現に圧倒される。   
                                             

               
             
 
   エローラ石窟寺院 第33窟
           
                                          
                   
    ジャイナ教窟(9世紀頃)
 
   第32窟と第33窟とは
  二階の通路で繋がっている
  ので、両窟の建築や彫刻の
  密度の濃さを連続的に味わ
  うことが出来る。
   写真は聖堂前室で、右側
  の壁に二体の坐像が見える
  が、ティールタンカラと呼
  ばれる始祖聖者像である。
  聖者は二十四人いて、32
  窟にもその像が見られた。
   宗旨である五戒の清貧な
  思想とは必ずしも結び付か
  ないのだが、石窟造営が仏
  教窟やヒンドゥー窟より数
  世紀遅れた分だけ、密度の
  濃い造形が施されているよ
  うに感じられる。
   建築と彫刻が見事に調和
  した、華麗な空間となって
  おり、異次元を浮遊する気
  分が味わえる。  
                                             

   このページTOPへ  前のページ (Ajanta)  次のページ (Elephanta)

     ロマネスクTOPへ 日本庭園TOPへ   石造美術TOPへ

   古代巨石文明TOPへ   世界の建築TOP  総合TOPへ  掲示板へ