New
 
     オーランガーバード石窟エレファンタ島石窟
    AURANGABAD and ELEPHANTA Cave Temples  
 
           マハーラーシュトラ州 MAHARASHTRA 
 
       
     この両遺跡を訪ねたのは個人の旅
  行ではなく、旅行社主催のツアーで
  あったため、アジャンタとエローラ
  を訪問する道すがらに立ち寄った程
  度の時間しか取れなかった。
   限られた範囲での見聞であり、内
  容には不十分な部分が多いが、イン
  ドにおける仏教やヒンドゥー教の石
  窟寺院の神秘的な美しさが少しでも
  お伝え出来れば、と念じている。

   右の写真は、ムンバイ湾(ボンベ
  イ)沖に浮かぶエレファンタ島の、
  石窟シヴァ寺院(第1窟)の列柱ホ
  ールである。
 
       

 
    オーランガバード石窟寺院 第2窟
 
     
   アジャンタとエローラ探訪の拠点となるオーラ
  ンガバードの町の北方3キロの山裾に、1~7世
  紀に造営された仏教石窟寺院が残されている。

   荒涼とした岩山の中腹に、崩壊した窟も含めて
  12の石窟寺院が掘られている。
   規模は小さいが、エローラ仏教窟の雰囲気に似
  ているような気がした。
   西側の5窟(第1窟~第5窟)は、東側の5窟
  (第6窟~第10窟)からはやや離れており、石
  段を登って往復することになる。

   第2窟は、6~7世紀に造営されたヴィハーラ
  (僧院)窟で、写真は正面の仏堂に祀られた本尊
  の仏陀倚坐像である。蓮華座に足を載せ、説法印
  を結んでいる。品格のある落ち着いた像容で、仏
  陀の造形は日本人の感覚に近いかもしれない。

   前室の奥の広間に仏堂が設けられているが、こ
  こオーランガバード石窟では仏堂の周囲を巡るこ
  とが出来るのである。他所の石窟と違い、仏堂が
  後ろの壁から離れている、ということである。
   主尊仏をより象徴的に見せる、という意図があ
  ったのかもしれない。

   仏堂の入口左右には、守護神としての巨大な菩
  薩像が彫られていた。金剛手菩薩と考えられる。
   左右の壁には、様々な仏像が壁龕または半肉彫
  りのレリーフのように彫られており、仏堂を荘厳
  してとても美しい。
                                

 
    オーランガバード石窟寺院 第3窟 
 
     
   次掲の第4窟以外の窟は全
  て6~7世紀に掘られたもの
  だが、その中では最も古い6
  世紀前半の造営と思われる。
   アジャンタのヴィハーラ窟
  に似た構造である。
   仏堂前に林立する柱や柱頭
  は、細密な花模様や図像で埋
  め尽くされている。円の中心
  には、ヒンドゥー的なミトゥ
  ナ男女神像も見られる。
   主尊の仏陀像の両側には、
  払子を持った両脇侍が立って
  おり、飛天がこれを祝福して
  いる。
   写真は、仏堂の壁面に彫ら
  れた“仏陀に向かって手を合
  わせる人々”の群像である。
   弟子なのか信徒達なのか、
  6世紀の彫刻とは思えぬ程リ
  アルな表情が素晴らしい。
                                

 
    オーランガバード石窟寺院 第4窟 
 
     
   この石窟だけが1世紀頃の造営で、唯一のチ
  ャイティヤ(祠堂)窟である。

   正面の列柱や前室が崩落のために失われてい
  るので、開口部からいきなりストゥーパを祀っ
  た祠堂になっている。

   ストゥーパの基壇はやや高く、湯飲みを伏せ
  たような形の覆鉢は、下部がやや細まったチュ
  ーリップ形をしている。形状は、アジャンタの
  ストゥーパ群では、後期(5世紀)のものに似
  ていると言えるかもしれない。

   アーチ状の天井は、木造寺院の梁や垂木に似
  せて、岩盤を彫りぬいたもので、当時定着して
  いた木造寺院の様式が想像される。

   馬蹄形のアーチ列柱は、近年コンクリートで
  補強されたものだが、その上の長押部分には、
  盲アーケードやアーチ窓(チャイティヤ窓)の
  装飾が見られる。

   アジャンタと共に、1世紀前後には既にこの
  地に仏教文化の華が開いていた事を証明する貴
  重な遺構であろう。
                                

 
    オーランガバード石窟寺院 第7窟 
 
     
   東窟を代表する石窟で、6~7世紀に開窟さ
  れたヴィハーラ窟である。

   正面のアーチ列柱を入ると、細長いベランダ
  (前室)がある。更に三か所の入口を入ると、
  従来はその中が広間となっており、正面最奥に
  仏堂が設けられるのが通例だが、ここでは第2
  窟同様に、広間の中央に仏堂を置き周囲を巡れ
  るような構造になっている。

   本尊は仏陀倚坐像で、金剛手菩薩を両脇侍と
  し、様々な飛天に荘厳されている。仏堂の左壁
  には、踊る女神を中心とした奏楽舞踊群像が彫
  られている。ヒンドゥーや密教の色合いが濃い
  官能的な像で、余り好きにはなれない。

   この石窟は素晴らしい彫刻で埋め尽くされて
  いるのだが、最も感動したのが写真の観音菩薩
  立像である。右手は施無印、左手に蓮華を持っ
  た豊満だが気品に溢れた魅力的な像である。

   観音像の両側に「八難救済」の場面が彫られ
  ている。八難には諸説があるが、左上から火難
  ・剣(王)難・枷鎖・水難(難船)、右上から
  獅子・毒蛇・象・悪鬼(病難)の場面であるら
  しい。

   肝心の僧房は、中心に仏堂を据えた広間の左
  右壁面に三か所づつと、最奥壁に二か所の小間
  が設けられていた。
                 
              

 
    オーランガバード石窟寺院 第9窟 
 
     
   東窟の第7窟から石段を登った所に設けられ
  たヴィハーラ窟である。
   第7窟と同様に、6~7世紀に開窟されたも
  のである。

   細長い前室の壁面には、多様な仏像が彫られ
  ており、興味深い像も多い。

   左壁の涅槃像や、結跏趺坐し転法輪を結ぶ仏
  陀坐像、金剛手菩薩像などが仏教石窟らしい表
  現なのだが、気になるのが写真の様なヒンドゥ
  ー教的な要素の強い女尊像だろう。

   ターラー(多羅)菩薩と呼ばれ、観音菩薩の
  瞳(涙)から生まれた化身とされている。
   妖艶な姿態や豊満な胸の表現は、禁欲的な日
  本の仏教に馴染んだ我々には、正直違和感と同
  時に気恥ずかしさすら感じられてしまう。

   インドでは、ヒンドゥー的な感性としての、
  溢れるような生命力、躍動する力強さ、官能性
  などに満ちた造形が、一般的には成されてきた
  のだろう。

   釈尊が生まれ育ったインドの地に、何故仏教
  が根付かなかったのだろうか、という疑問をず
  っと抱いているのだが、余りに禁欲的だった仏
  教はこの風土には適さなかった、ということな
  のかもしれない。   
                                

 
    エレファンタ島石窟寺院 第1窟(リンガ祠堂) 
 
     
   エレファンタ島には6つ
  のヒンドゥー教石窟がある
  が、見るべきはこの第1窟
  のシヴァ寺院が抜群だ。
   他は大半が崩壊、または
  未完成であるそうだ。
   創建時期は明確ではない
  が、6世紀頃とのことだ。

   北側のテラス状入口から
  入ると、角柱の林立する広
  大な広間になっており、東
  側の一画にこのリンガ祠堂
  が設けられている。
   四方に開口部があり、そ
  れぞれに守護神像が彫られ
  ている。
   祠堂にはリンガが据えら
  れている。生命の根源の象
  徴としての男根がシンボル
  化されており、シヴァ神を
  象徴してもいるのだ。
                                

 
    エレファンタ島石窟寺院 第1窟(南壁)  
 
     
   北側のテラスから入った広間の奥正面の南壁
  には、周囲の空気を震え上がらせるほどの説得
  力を示す諸像が並んでいる。

   中でも、中央に彫られた写真の胸像は、ヒン
  ドゥー最高神であるシヴァ神像である。高さは
  6m以上あるだろう。
   シヴァ神について、一般的には「創造と破壊
  の神」と言われるのだが、その深遠な教理につ
  いては、ほとんど無知なので何ともコメントし
  ようが無い。かと言って、どこかのサイトに書
  いてあったようなことを掲載しても意味が無い
  ので、感じたままを書くことにする。

   第一印象で直ぐに連想をしたのは、仏像にお
  ける多面観音菩薩像や阿修羅像だった。
   様々な顔や性格を持つ神像の表現として、多
  面は解り易い造形と言えるだろう。
   左の憤怒面は「破壊」を、右の女性面は「創
  造」を表わし、そして中央の面は穏やかな「瞑
  想」を表現している、と考えるのは短絡すぎる
  だろうか。

   この美しいシヴァ像を観ながらここでも感じ
  るのは、ヒンドゥー教彫刻でも仏教彫刻でも、
  東南アジア各国や中国で見た諸像と比べると、
  インドの造形が日本人の美意識に最も近いので
  はないだろうか、ということだった。

   その他南壁は、脇侍の神像や、両性を備えた
  シヴァ神の像などによって、所狭しと埋め尽く
  されている。
                                

 
    エレファンタ島石窟寺院 第1窟(西翼) 
 
     
   リンガ祠堂の裏側(西側)にも小さなテラス
  の空間が設けられており、様々な小石窟が連な
  っている。

   写真は、本石窟の西南部分の壁面に彫られた
  魅力的な彫像である。
   エローラでも同様のモチーフが見られたが、
  シヴァ神と神妃パールヴァティが結婚するシー
  ンなのである。

   インドの石窟寺院の彫刻を見て誰しもが感じ
  る事の第一は、神像の肢体表現が余りにも官能
  的なことだろう。仏教でもキリスト教でも、神
  仏は人間を超越した姿で描かれるのが常識とさ
  れていただけに、インドにおいては6~9世紀
  という時代にかくも大らかで奔放な表現が成さ
  れていた事実は、抑制の美徳を持つ我が国との
  国民性の違いなのだろうか。

   下半身が崩壊しているのは残念だが、官能的
  でありながら品位が感じられる素晴らしい彫刻
  だと思う。
   背景には、シヴァと共にヒンドゥーの三大神
  とされるブラフマー神やヴィシュヌ神の姿も確
  認出来た。

   シヴァ神は密教の経典にも「自在天」として
  取り込まれており、インドならではの土俗的寛
  大さがそうさせたのだろう。ちなみに、神妃パ
  ールヴァティは「烏摩妃」と表現されている。
                                

 
    エレファンタ島石窟寺院 第1窟(東翼) 
 
     
   北側の正面テラスから堂内へ入ると、左手
  (東側)にかなり広い中庭のような空間が設
  けられていることに気が付く。
   東のテラスと本尊としてのリンガ祠堂を結
  ぶ線が、石窟の中央を横断しているので、見
  方によっては従前は東側が正門だったのでは
  ないか、と思えた。

   写真は、西側部分の壁面に彫られた彫像群
  で、シヴァ神の座すカイラーサ山を魔神ラー
  ヴァナが持ち上げようとする場面である。
   ラーヴァナの名は、インド叙事詩「ラーマ
  ーヤナ」をジャワ島の影絵ワヤンクリで見た
  時に耳にした覚えがある。まあ、その程度の
  認識しかない、とも言えるのだが。
   インド屈指の魔王であったラーヴァナは、
  大胆にもシヴァの居るカイラーサ山を揺るが
  し、シヴァの怒りに触れる。
   最後は、ヴィシュヌ神が転生したラーマ王
  子によって討たれた、ということである。

   浅学菲才の身には、だからどうした、とい
  う程度の印象しか受けないが、ヒンドゥーの
  世界では深遠な哲学が秘められているに相違
  はない。
   私たちに出来ることは、このヒンドゥーの
  教義が凝縮された石窟の彫像群の中から、美
  を通じて感じられるものを見つめることだけ
  しかないのだろう。
                                

      このページTOPへ  次のページ    前のページ (エローラ)

     ロマネスクTOPへ 日本庭園TOPへ   石造美術TOPへ

   古代巨石文明TOPへ   世界の建築TOP  総合TOPへ  掲示板へ