New 
   
  アジャンタ石窟寺院群
    AJANTA Cave Temples   
   
             マハーラーシュトラ州 MAHARASHTRA   
                
 
            
   19世紀の初めに、英国の士官が狩猟中に発見した壮大な仏教石窟寺
  院群である。大半の仏教寺院が失われた今、千年以上密林に覆われてい
  たこの石窟寺院の発見は世界の注目を浴びた。
   湾曲したワーゴラー川を囲む岩山の中腹に、石窟が30窟並列してい
  る景観は壮大である。写真は参道からのもので、ほんの一部しか写って
  おらず、全長は約600mに及ぶ。

   アジャンタの石窟は、その開掘された時期により前期と後期に、また
  石窟の用途により僧院窟と祠堂窟に区分される。

   
前期/BC2世紀~AD2世紀(古代初期)
   後期/AD5世紀~7世紀(グプタ王朝期)


   
祠堂窟(チャイティヤ窟)/仏塔(ストゥーパ)を中心にした礼拝堂
   僧院窟(ヴィハーラ窟)/仏堂を中心にし、出家僧達が住んだ僧房群

   遊歩道に整備された参道を登っていくと、手前の第1窟から順番に最
  奥の第26窟まで見学していくことになる。
                       
                        

          
             
   アジャンタ石窟寺院 第1窟
                 
                                            
    後期(5世紀後半)
    
僧院窟(ヴィハーラ窟)

   彫刻の美しい柱頭が並ぶ6本の柱の柱
  廊のようなテラス(正面廊)が設けられ
  ており、正面から僧院へと入る。

   ほぼ正方形の僧院の中心には、列柱に
  囲まれた中央広間が設けられている。前
  廊・右廊・左廊・後廊が広間を囲んでい
  る、と言えば御理解頂けるだろうか。

   四廊の周辺には、開口された前廊以外
  の三方に、僧達が住んだ僧房が設けられ
  ている。
   こんな暗い場所でどうやって生活した
  のだろうか、という素朴な疑問が湧く。

   正面奥に仏堂があり、二鹿の坐る台座
  に説法相で結跏趺坐する三尊仏が祀られ
  ている。

   写真は正面後廊左側の壁面に描かれた
  蓮華手菩薩像である。青い蓮華を胸前に
  持つ右手の表情に魅了されてしまった。
  “麗しの菩薩”とも呼ばれるらしい。
   後廊右側の壁に描かれたもう一体の蓮
  華手菩薩像にも、捨て難い魅力が感じら
  れた。

   壁画は、左廊の宮廷生活を描いた「マ
  ハージャナカ本正図」など、様々な壁画
  が保存状態も良く残されている。  
                            

                
             
   アジャンタ石窟寺院 第2窟
                     
                                           
   後期(5世紀後半)
   
僧院窟(ヴィハーラ窟)        

   第1窟に隣接しており、規模はやや小さい
  が第1窟とはほぼ相似形の構造をしている。

   4本柱の正面廊の右側欄間に、官能的な龍
  王と眷属の像や太鼓腹のヤクシャ神などが半
  肉彫りされている。完成度の高い彫刻だろう
  と感じた。
  
   中央広間列柱の一辺の柱の数は、第1窟が
  六本であったのに対し、ここでは4本になっ
  ている。

   第2窟の内部の荘厳は、目を見張るような
  見事さである。特に列柱の繊細な彫刻の壮麗
  なことでは、第1窟を凌いでいるだろう。

   写真は中央奥の仏堂で、本尊は説法印の仏
  坐像である。量感豊かだが端正な作りで、向
  かって左側に払子と水瓶を持つ脇侍を従えて
  いる。

   仏堂の外側前室の左右の柱には、枠を区切
  り龍王などが彫られている。左右の壁全面に
  は、千仏が描かれて壮観である。
  
   右廊の壁には「ヴィドゥラ賢者本生」とい
  う説話が絵物語の様に描かれている。

   めくるめくように壮麗な石窟といえる。
                              

               
            
   アジャンタ石窟寺院 第4窟
              
                                              
           
   後期(5世紀後半)
   
僧院窟(ヴィハーラ窟)        

   アジャンタの僧院窟の中では最大の窟で、
  正面廊の列柱も8本で構成されている。

   正面入口の周囲壁面は、グプタ朝期建築の
  特徴である豪華な浮彫群で埋められている。
   
   多くの仏像と共に、男女一対のミトゥナ、
  男女の飛天、獅子に似た怪獣シャールドゥー
  ラ、などがかなり官能的なポーズをとってい
  る。
   インドの仏教彫刻では、こうしたモチーフ
  は初期から現れていたというが、仏教石窟の
  イメージとはどうしても馴染めない違和感を
  覚える。

   写真は、入口左側の最上部に彫られた樹下
  女神ヤクシーである。違和感はともかく、ヒ
  ンドゥー教の神像にも通じる、インドらしい
  妖艶な魅力を秘めた神像だろう。

   天井は掘られたままの姿で、未完成だった
  ようにも見える。壁画は無い。

   仏堂の本尊である三尊像や前室に彫られた
  仏像群は、総体的にずんぐり形で、やや端正
  さを欠く造形となっている。
                                

                   
               
   アジャンタ石窟寺院 第7窟
                   
                                        
                   
     後期(5世紀末)
   
僧院窟(ヴィハーラ窟)        

   アジャンタの僧院窟の中では、何とも変わ
  ったプランである。

   正面廊の列柱は4本なので、間口は前出の
  僧院窟と比べるとかなり狭い。崩落が激しい
  第6窟と同じだが、第7窟の特徴は、4本の
  列柱が二列あり、奥には広間が無く正面廊と
  中央に仏堂、左右に僧房が配されていること
  である。

   写真は、仏堂に安置された本尊で、施無畏
  印の仏坐像である。他の窟と比べると、とて
  も端正で精悍な印象を受ける。

   本尊の左右には払子を持った二菩薩が脇侍
  として立ち、他にも仏立像が彫られている。

   台座には、他と同じ輪宝と二鹿像が彫られ
  ているが、更に両端に獅子が配されているの
  が珍しい。

   もう一つの特徴は、写真では一部しか写っ
  ていないのだが、仏堂の前室両側に彫られた
  千仏浮彫である。単なる千体仏の羅列ではな
  く、一体一体が入念に彫り込まれているので
  その壮観な眺めに圧倒される。

   小さな窟ながら、優れた彫像を残す印象深
  い石窟だった。
                              

                  
             
 
   アジャンタ石窟寺院 第9窟
                
                                         
                   
     前期(BC1世紀)
   
祠堂窟(チャイティヤ窟)        

   入口に障壁を残し、チャイティヤ窓と呼ばれ
  る大きな馬蹄形の窓と、小さな装飾擬窓が意匠
  されている。

   石窟の形状は単純な長方形であり、中央奥に
  ストゥーパ(仏陀の舎利を祀るとされる石塔の
  原型)がでんと座っている。

   天井は高く、半円筒ヴォールト状に近い。二
  列の柱があたかも三廊式の身廊を構成している
  かのようであり、ストゥーパの後ろで半円形に
  連結して周歩廊を構成しているのである。
   まるで、西欧のバシリカ聖堂を見るかのよう
  な印象を受けた。

   ツアーの仲間は通過してしまったのだが、石
  塔には格別の興味を抱いている小生には、決し
  て見逃せない窟なのである。

   ストゥーパはサンチーに似た、やや扁平な土
  饅頭形である。上に箱型の平頭(ハミルカー)
  という台座が載っている。本来は更にこの上に
  相輪のような傘蓋(チャトラ)が立つのだが、
  失われてしまっている。

   何とも素朴で美しい空間である。
   柱に描かれた壁画は後期に描かれたものだ。
                                             

              
               
 
   アジャンタ石窟寺院 第10窟
              
                                         
                   
     前期(BC1世紀)
   
祠堂窟(チャイティヤ窟)        

   第9窟と第10窟の間の石壁に数体の仏像が
  彫られているが、やや定型化しており後期に入
  ってから制作されたものだろう。

   正面は馬蹄形の大きな入口になっており、石
  窟のプランは第9窟に似ている。しかし、窟の
  奥行が倍近くあり、窟の奥壁も半円形になって
  いる。西欧教会における半円形後陣の元祖、の
  ようではないか。

   アジャンタでは最も古い祠堂窟とされている
  が、写真でも判る通り、半円筒ヴォールトの天
  井に、垂木の渡してあった痕跡が残っている。

   ストゥーパは第9窟に似ているが、やや扁平
  度が強いかもしれない。
   頂部の平頭はやや細長いが、小さな台座を残
  して、ここでも傘蓋は失われている。

   周囲の列柱は八角形で、各面に壁画が描かれ
  ている。大半が後期(6世紀後半)の制作と思
  われるが、塔の左後方に見られる「仏と片目の
  比丘」などの傑作が含まれている。

   左側廊の壁に描かれた供養図は、アジャンタ
  最古(紀元1世紀前後)とされるが、剥落が激
  しく落書きまであるようだ。
                                             

              
           
 
   アジャンタ石窟寺院 第17窟
            
                                         
                   
     後期(5世紀末)
   
僧院窟(ヴィハーラ窟)

   中央入口の左右の壁は、
  ミトゥナや飛天を描いた彩
  画で飾られている。
   「王の行列」や「後宮の
  恋」といった主題の壁画が
  見所になっているが、いさ
  さか通俗過ぎて好かない。
   酔象降伏、飛天供養、三
  道宝階降下、舎衛城の大神
  変、六牙白象、などの他に
  様々な本生譚が描かれてい
  るが、詳細に眺めていたら
  日が暮れてしまいそうだっ
  たので、結果的に上辺だけ
  の見学になってしまった。
   写真は壁画に囲まれた石
  窟寺院らしいショットで、
  正面仏堂と前室を撮ったも
  のである。アジャンタ石窟
  の構造の美しさを見事に象
  徴している、と言える。   
                                             

                
              
 
   アジャンタ石窟寺院 第19窟
                
                                        
                   
     後期(5世紀後半)
   祠堂窟(チャイティヤ窟)        

   正面前庭を深く掘り込み、二本の柱とチャイ
  ティヤ窓が特徴的なファサードとなっている。
   数多くの仏像が壁面を飾っており、グプタ期
  の彫刻を代表するほど優れたものも見られる。
   正面上部のヤクシャ神像や、前庭左壁の龍王
  夫妻像などが傑出している。

   平面プランは、前期の第10窟と同じ三廊式
  で、最奥は半円形になっている。木造建築を模
  した、石造の天井の梁が特徴的である。
   
   どっしりと太い円柱、豪華な彫りの柱頭群、
  その上の長押部分に彫られた仏像群には圧倒さ
  れた。後期の祠堂窟として、第26窟と共に最
  も爛熟した時代の表現であったのだろう。

   覆鉢(球体)部分に比べ、鼓胴部(基礎)も
  平頭も大き目である。天井まで届きそうな傘蓋
  の完存する姿が美しい。傘蓋には細やかな彫刻
  が施されている。

   仏塔正面には、二本の柱とアーチに囲まれて
  仏陀の立像が彫られている。
   このような装飾は、前期のストゥーパには見
  られなかったものであり、仏塔(仏舎利)を崇
  拝した従前の信仰から、仏像崇拝が優位を占め
  るようになってきた時代性を物語っているよう
  に思える。
                                             

                
             
 
   アジャンタ石窟寺院 第20窟
             
                                             
                   
     後期(6世紀?)
   
僧院窟(ヴィハーラ窟)

   小型の僧院窟で、正面の
  二本の柱の奥に正面廊があ
  る。続いて広間があるのだ
  が、支柱の無い矩形の空間
  になっている。アジャンタ
  唯一の形式である。
   写真は、広間から見た正
  面の前室と仏堂で、前室を
  仕切る角柱と横石(まぐさ
  石)が珍しい。
   左右両柱には、上に龍王
  像、下に次女を連れた樹下
  女神像が彫られている。妖
  艶な女神像には誘惑されそ
  うである。
   二鹿と輪宝が彫られた台
  座に載る仏陀座像には、定
  型化してしまったような張
  りの無さが微かに感じられ
  た。
                                             

               
             
 
   アジャンタ石窟寺院 第26窟
           
                                          
                   
     後期(5世紀末)
   祠堂窟(チャイティヤ窟)        

   後期祠堂窟ではアジャンタ最大の窟であり、
  ファサード上部の壁面は多数の仏像で埋められ
  ているが、ヤクシャ神など造形的には力弱い表
  現となっているように感じられた。

   石窟プランは第19窟に類似しているが、大
  きさは倍以上ありそうである。柱の太さなどは
  より洗練されているようにも見えるが、爛熟期
  の装飾過剰な傾向が表れているようにも感じら
  れた。

   ストゥーパは傘蓋を欠いてはいるが、覆鉢に
  は飛天が舞い、高さのある鼓胴には豊富な彫刻
  が施されている。ここにも時代の頂点を見るこ
  とが出来るが、それは衰退へのプロローグとい
  う見方も出来るかもしれない。
   若々しい仏陀像は倚座説法の姿で、鼓胴部分
  に一体化して彫られている。

   円柱の上の長押部分や壁面には、様々な像容
  の三尊仏などがびっしりと彫られている。
   
   側廊の壁には、左側の大きな涅槃像から続け
  てぐるりと一周、仏伝図・説法図・降魔図など
  宗教的情熱に満ちた浮彫が所狭しと彫りつけら
  れている。
   
                                             

         このページTOPへ    次のページ (Ellora)     前のページ (五島の教会)

     ロマネスクTOPへ 日本庭園TOPへ   石造美術TOPへ

   古代巨石文明TOPへ   世界の建築TOP  総合TOPへ  掲示板へ