廃車体は生きている

廃車体は生きている

撮影:一宮市(2013.1.19)

バス廃車体というとネガティブなイメージが強いのですが、これを立派に活用している実例は多数あります。お店であったり遊具であったり集会所であったりと、その使い方は様々ですが、そんな「生きている」廃車体をここでは並べてみたいと思います。
しかし、残念ながらその中にも結局はその用途でも終焉をつげ、放置された状態のものもあります。

メニュー


ページ上部へ戻る

80s岩手県のバス“その頃”