保存車の世界

保存鉄道車両

南部縦貫鉄道は東北本線野辺地駅から七戸を結ぶ未電化の私鉄で、レールバスが走る鉄道として有名でした。しかし、沿線人口・資源の少なさで開業当初から苦しい経営が続き、1997年に廃止となりました。
廃止後、関係者の方々などの手により車両はすべてそのままの姿で残され、動態保存されています。最近では、GWを中心に一般公開も行われ、更に撮影の日と乗車の日を分けるなど、愛好者に配慮した日程が組まれています。
参考文献
  1. 朝日新聞社(1973)「世界の鉄道1974年版」
  2. 藤山拓(1997)「南部縦貫鉄道」(鉄道ピクトリアル97-4増)163-167
  3. 南部縦貫鉄道レールバス愛好会公式サイト「思い出のレールバス」

このページのTOPへ

Copyright "Age25". All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.