その頃の出来事 1984-1988

三陸鉄道開業
1984.4.1

1984年4月1日、国鉄の特定地方交通線を引き継いだ日本で初めての第三セクター鉄道、三陸鉄道が開業しました。
この鉄道は、国鉄再建法で廃止となる国鉄盛(さかり)線(盛〜吉浜)と未成線の吉浜〜釜石間を含めて開通した南リアス線と、同じく国鉄宮古線(宮古〜田老)と久慈線(普代〜久慈)とその間の未成線を含めて開通した北リアス線の2路線から成立しています。南リアス線と北リアス線の間には国鉄山田線がありますが、この三陸鉄道の開業によって、三陸沿岸は宮城県から青森県まで鉄路で結ばれたことになります。
三陸鉄道は沿線悲願の鉄道として、交通の便の悪かった三陸沿岸に大きな期待をもって迎えられました。

三陸鉄道

三陸鉄道開業 今でこそ第三セクターという言葉は、ローカル鉄道や地域の温泉施設を運営する官民共同出資の形態として定着しています。しかし、この言葉を一般に認知させたのがこの三陸鉄道である・・・と言っても、決して過言ではありません。
それと同時に、その後の第三セクター鉄道の形を確立したという面でも、三陸鉄道の功績は大きいといえるでしょう。
地域との複合機能を持つ駅、国鉄時代より便利になった運行形態、斜めの直線を展開させた奇抜なデザインの車両、いずれも三陸鉄道が先駆けとなりました。

その後の三陸鉄道


このページのTOPへ

Copyright "Age25". All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.