その頃の出来事 1984-1988

岩手県北バス盛岡市内線開通
1984.6.18

1984年6月18日、岩手県北自動車による初の盛岡市内線、運動公園線と滝沢川目線が開通しました。これまで岩手県交通だけに限定されていた盛岡市内線に、県北バスとしては初めての参入でした。
運動公園線は、盛岡市みたけにある運動公園北口から盛岡駅口、大通り2丁目、バスセンターを通って国道106号線の川目に至る路線。滝沢川目線は、滝沢村の滝沢駅前から盛岡市を縦断して川目に至る路線。いずれも、これまでの岩手県北バスの中長距離路線の免許路線と輻輳しているものの、岩手県交通の路線ともかなり競合しています。
県北バスでは、スタートにともない3両の新車を投入、秋には冷房付の新車3両を追加投入するなど、力を入れているのが分かります。

県北バスの市内線

県北バス盛岡市内線 それまで、岩手県北バスは中長距離路線という位置付けがあり、また盛岡駅前に乗入れるのも、岩手県交通や国鉄との関係で、高速バスや八幡平急行などに限定されていました。
もっとも、運動公園線の盛岡駅バス停はロータリー内ではなく旭橋であり、滝沢川目線にいたっては従来系統と変わらず岩手高校経由であるなど、壁の厚さを素人なりに感じることはできました。

運行開始当初の路線図


その後の盛岡市内線


このページのTOPへ

Copyright "Age25". All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.