その頃の出来事 1984-1988

秋田−東京間高速バス「フローラ号」開通
1988.2.17

1988年2月17日、秋田市と東京新宿を結ぶ夜行高速バス「フローラ号」がスタートしました。秋田中央交通と小田急バスによるこの高速バスは、1年と少し前に弘南バスなどが運行を開始した「ノクターン号」に強い影響を受け、運行にこぎつけた路線です。
「ノクターン号」は東京へ向けての列車の便の悪い地方都市から東京へ向けての夜行高速バスが高い市場価値をもっていることを、全国のバス事業者へ見せつける結果となりました。
そういった面では、新幹線から乗り継ぎが必要な秋田市も同じ条件で、人口の多い県庁所在地だということで、より高い利用率が望めるのです。

未開市場の開拓

フローラ号 秋田中央交通のお相手は小田急バス。長距離高速バスには初参入の会社です。これまで「帰省バス」など貸切免許で東北地方へ乗り入れるバス会社は多く見られましたが、路線バスでの乗り入れは新たなビジネスチャンス。これからも新しい顔ぶれが東北地方各地に増えてくる予感がしました。

このページのTOPへ

Copyright "Age25". All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.