80s岩手県のバス“その頃”          更 新 日 報       2018年(平成30年)12月9日(日)


ニューストリップ
防犯カメラのある町を返上へ

鎌枝市の山田隆市長は、鎌枝市の「防犯カメラのある町」というキャッチフレーズを返上することを発表した。
市民から、犯罪が多い町という印象を与えるという猛抗議を受け、見直しを余儀なくされた。
山田市長は、「日本一多くの防犯カメラを町中に設置し、日本一安全な街をアピールするつもりだった。そういった趣旨を分かって頂けなくて残念」と述べた。

(鎌枝新聞 2018年12月9日10時30分配信)

更新履歴(2018年)

2018年12月9日の更新内容
  • 車両ギャラリー>1970年代奥の細道>岩手県交通9(路線車)に画像を追加。
  • アラカルト>北緯40度の風景>大迫営業所の終焉を新設
  • 車両ギャラリー>廃車体全国版>北海道2(道南バス)に画像を追加。
  • 車両ギャラリー>廃車体全国版>北海道3(じょうてつ)を新設。
  • 車両ギャラリー>廃車体全国版>北海道4(札幌市営)を新設。
  • 車両ギャラリー>廃車体全国版>北海道5(道央その他)に画像を追加。
2018年11月25日の更新内容
  • 車両ギャラリー>入門その頃のバス>座席配置を新設
  • アラカルト>北緯40度の風景>花巻バスセンターとその周辺を新設
  • 車両ギャラリー>保存車の世界>小型バスに画像を追加
  • 車両ギャラリー>保存車の世界>レールバスに画像を追加
  • 車両ギャラリー>廃車体全国版>岐阜県2(東濃鉄道)
2018年11月13日の更新内容
  • 車両ギャラリー>1970年代奥の細道>岩手県交通8(元花巻バス)を新設。
  • 車両ギャラリー>1970年代奥の細道>岩手県交通9(自社発注車)を新設。
  • 車両ギャラリー>廃車体は生きている>飲食店に画像を追加。
  • 車両ギャラリー>廃車体は生きている>物販店を上記ページから独立。
  • 車両ギャラリー>廃車体は生きている>バス図書館に画像を追加。
  • 車両ギャラリー>廃車体は生きている>その他に画像を追加。
2018年10月26日の更新内容
  • 車両ギャラリー>入門その頃のバス>車両形状を新設
  • 車両ギャラリー>廃車体全国版>長野県3(松本電鉄)に画像を追加
  • 車両ギャラリー>廃車体全国版>長野県6(伊那バス)に画像を追加
  • アラカルト>200系を探せ>警告看板の部に画像を追加
  • アラカルト>200系を探せ>その他看板の部に画像を追加
2018年10月9日の更新内容
  • 車両ギャラリー>1970年代奥の細道>岩手県交通7(岩手中央バス←花巻電鉄)を新設。
  • アラカルト>北緯40度の風景>盛岡バスセンター界隈に画像を追加
  • 車両ギャラリー>保存車の世界>小型バスを再編により新設。
  • 車両ギャラリー>保存車の世界>日本自動車博物館を新設。
  • 車両ギャラリー>保存車の世界>バスに関する記念碑に画像を追加。
2018年9月25日の更新内容
  • 車両ギャラリー>入門その頃のバス>路線バスのドア配置を新設
  • 「新潟県の廃車体」を事業者ごとに再編集しました。
  • 車両ギャラリー>廃車体全国版>新潟県1(新潟交通・北村ボディ)を再編集
  • 車両ギャラリー>廃車体全国版>新潟県2(新潟交通・その他のボディ)を新設
  • 車両ギャラリー>廃車体全国版>新潟県3(越後交通)を新設
  • 車両ギャラリー>廃車体全国版>新潟県4(蒲原鉄道)を新設
  • 車両ギャラリー>廃車体全国版>新潟県5(その他)を新設
2018年9月9日の更新内容
  • 車両ギャラリー>1970年代奥の細道>岩手県交通6(岩手中央バスの譲受車)を新設。
  • 車両ギャラリー>古バス民族学>多摩動物公園のバス休憩所を新設
  • 車両ギャラリー>廃車体全国版>関東地方2(東武鉄道)に画像を追加。
  • その頃の出来事>つどいの森行開通を改題し、に画像を追加。
2018年8月25日の更新内容
  • (期間限定・第2弾)残暑見舞い特別企画・或る高原リゾートの2018年を新設。
  • 車両ギャラリー>廃車体は生きている>集会所に画像を追加。
  • 車両ギャラリー>保存車の世界>鉄道車両>蒲原鉄道の保存車の画像を差し替え・追加。
2018年8月10日の更新内容
  • 期間限定納涼特別企画>ゲタ電の頃>御殿場線を新設。
  • 車両ギャラリー>廃車体全国版>岐阜県3(その他)に画像を追加。
  • 車両ギャラリー>保存車の世界>バスの記念碑に画像を追加。
2018年7月25日の更新内容
  • 期間限定納涼特別企画>ゲタ電の頃>身延線を新設。
  • 車両ギャラリー>バス廃車体全国版>愛知県1(名古屋市交通局)に画像を追加。
2018年7月8日の更新内容
  • 期間限定納涼特別企画>ゲタ電の頃>飯田線を新設。
  • 車両ギャラリー>バス廃車体全国版>沖縄県1(730車)に画像を追加。
  • 車両ギャラリー>バス廃車体全国版>沖縄県4(その他)に画像を追加。
2018年6月17日の更新内容
  • 車両ギャラリー>1970年代奥の細道>岩手県交通5を新設。
  • 車両ギャラリー>バスのカラーリング>カタログカラーに画像を追加。
2018年5月27日の更新内容
  • 車両ギャラリー>1970年代奥の細道>岩手県交通4を新設。
  • 車両ギャラリー>バス廃車体全国版>山梨県1(山梨交通)に画像を追加。
  • 車両ギャラリー>バス廃車体全国版>山梨県2(富士急行)に画像を追加。
  • 車両ギャラリー>バス廃車体全国版>山梨県3(その他)に画像を追加。
2018年5月7日の更新内容
  • 車両ギャラリー>入門その頃のバス>トレーラーバスを新設。
  • 車両ギャラリー>バス廃車体全国版>長野県8(その他)に画像を追加。
  • 車両ギャラリー>バス廃車体全国版>岐阜県3(その他)に画像を追加。
  • 車両ギャラリー>廃車体は生きている>集会所に画像を追加。
2018年4月18日の更新内容
  • 車両ギャラリー>1970年代奥の細道>岩手県交通3を新設。
  • 車両ギャラリー>その後の廃車体>羽後交通の画像を差し替え。
  • 車両ギャラリー>バス廃車体全国版>愛知県1(名古屋市交通局)に画像を追加。
  • 車両ギャラリー>バス廃車体全国版>岐阜県1(岐阜バス)に画像を追加。
2018年3月30日の更新内容
  • 車両ギャラリー>入門その頃のバス>ナンバープレートを新設。
  • 車両ギャラリー>バス廃車体全国版>静岡県2(大井川鉄道)を新設。
  • 車両ギャラリー>バス廃車体全国版>静岡県1(伊豆箱根鉄道)に画像を追加。
  • 車両ギャラリー>バス廃車体全国版>静岡県3(その他)に画像を追加。
2018年3月11日の更新内容
  • 車両ギャラリー>1970年代奥の細道>岩手県交通2を新設。
  • 車両ギャラリー>保存車の世界>外国製のバスに画像を追加。
  • 車両ギャラリー>廃車体は生きている>ロンドンバスに画像を追加。
2018年2月20日の更新内容
  • 車両ギャラリー>1970年代奥の細道>岩手県交通1を新設。
  • 車両ギャラリー>入門その頃のバス>灯火類を新設。
  • 車両ギャラリー>入門その頃のバス>北村製作所(観光バス)に画像を追加。
2018年2月8日の更新内容
  • 車両ギャラリー>保存車の世界>保存バスを見に行こう>いすゞプラザを新設
  • 車両ギャラリー>1970年代奥の細道>国鉄バス4(秋田県)を新設
  • 車両ギャラリー>保存車の世界>保存バスを見に行こう>日野オートプラザに画像を追加
2018年1月21日の更新内容
  • 車両ギャラリー>入門その頃のバス>冷房装置を新設
  • 車両ギャラリー>その後の廃車体>青森県(青森市交通部)に画像を追加
  • 車両ギャラリー>その後の廃車体>国鉄バス2(いすゞ)に画像を追加
  • 車両ギャラリー>その後の廃車体>十和田観光電鉄に画像を追加
2018年1月7日の更新内容
  • アラカルト>奥静 廃バス見聞録(後編)を新設
  • 車両ギャラリー>1970年代奥の細道>国鉄バス3(青森県)を新設

更新日報

2002年7月1日創刊
発行者 "Age25"
Copyright 2002-2018 "Age25".

サイト製作者のメールアドレスは,迷惑メール等防止のため,掲載しておりません。
製作者への連絡事項などがございましたら,掲示板をご利用いただくか、「はじめに」をご覧ください。

掲示板更新歴

記載事項なし

リンク集追加歴

2017年10月1日 「外旭川自動車商会」削除
2017年11月23日 「岩手県交通ファンサイト」削除
2018年12月1日 「KOTETSU倶楽部」
「ATB MODELS」削除

その他

2010年12月1日
サイトデザインリニューアル開始
2018年2月20日
サイトデザインをスマホ対応にリニューアル開始
2018年4月1日
WOVN翻訳導入開始

1983年
春の雪が舞う盛岡を初めて訪れました。
国際興業カラーの丸型BU10や元西武バスのBU04Dと奇跡の再会を果たしました。
この街に住みたいなあ,と思いました。
1984年
この年の3月末から岩手県での生活を始めました。
来た直後に第三セクターの三陸鉄道が開業し,岩手県は三鉄フィーバーに沸きます。
1985年
3月に東北新幹線が上野まで本格開業。高速バス「ヨーデル号」が盛岡と弘前を直結するなど,本格的な高速交通の時代に入ります。
1986年
岩手県交通に小佐野社長が就任,国際興業グループ入りします。再建が本格化しましたが,バスのカラーも変わり始めます。
1987年
日本国有鉄道の歴史に幕。JRがスタートです。これと前後して,盛岡地区の国鉄(→JR)のディーゼルカーに新カラーが登場します。夏には,盛岡−青森間に高速バス「あすなろ号」が開通します。
1988年
3月をもって,私は岩手県を去りました。しかし,7月に盛岡−東京間の高速バスが開業すると聞き,1日だけ盛岡に駆け付けました。

岩手県
小岩井農場,八幡平,陸中海岸,浄土ヶ浜,遠野,平泉,みんな岩手県です。宮沢賢治,石川啄木,新渡戸稲造,原敬,みんな岩手県の人です。
青森県
高速バスも東北本線も,東北新幹線に接続して北へ向かいます。三角のアスパムが新しい青森の象徴でした。
秋田県
田沢湖は秋田県の湖,八幡平は半分が秋田県,十和田湖も半分が秋田県です。男鹿半島にも2回ほど行きました。
宮城県
気仙沼は岩手県と隣接する漁港です。仙台は,休日になると岩手県から遊びに行く若い人がたくさんいました。

盛岡冷麺
盛岡に来て最初の洗礼は冷麺でした。辛さに苦痛を感じながら食べているうちに,いつしかその麺の歯ごたえの虜になりました。
ひっつみ
すいとんも盛岡の郷土食になると名前をひっつみに変えます。
わんこそば
盛岡と言えばわんこそばですが,そんなにせわしなくそばを食べるのになじめなかった私は,結局1回も食べていません。もっとも住民が食べる食べ物ではありませんが。
南部せんべい
駅の売店では和風の筒に入って売られていました。一番手軽な盛岡土産として重宝しました。


裏サイト
ページ上部へ戻る
メニュー

80s岩手県のバス“その頃”