南部富士 −名峰岩手山をめぐる−

岩手山。岩手県の象徴であるその山は、県都盛岡市のどこからでもその堂々たる山容を仰ぐことが出来ます。
東北新幹線で東京から帰ってきたとき、左側の車窓にこの山が見えると、「帰ってきたんだ」という安堵を感じることのできる、そんなふるさとの山でもあります。
そして、この山の魅力はまた、季節ごとの、あるいは見る角度ごとの、様々に変わる表情にも見出すことが出来ます。ここではそう言った、見る角度ごとに異なる岩手山の表情を、バス写真、鉄道写真の中から並べてみました。

Alacarte

このページのTOPへ

Copyright "Age25". All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.