倒産のどん底から、裸一貫で独立起業

創 業 物 語

故郷を出て、新天地で再起、古老曰く、
「お天道様とおまんまは、何処に行ってもついてくる」
まさにその通りであった

 
赤ひげ仙台のマーク
トップ 業務案内  会社案内  創業物語  お客様の声  便利屋物語  みんなの瓦版  開業指南  代表者プロフィール 


40才の時(昭和59年)、会社倒産・連帯保証で全財産を失った。
やむなく家族を故郷に残し、裸一貫仙台に出て、一間のアパートを借りた。

これまでの経験・知識を生かしたビジネス・商売が何かあるはずだ。とりあえずアルバイトをしながら情報収集し、2ヵ月後にホームサービス(便利屋)を創めた
先ずは一軒一軒訪問し、包丁研ぎをした。結構数をこなし、商売の自信が付いた。その後、不動産屋から夜逃げした後の片付けや掃除を定期的に頼まれた。

仕事の種類も枝切り、除草、排水管詰まり清掃、蜂の巣駆除、ハウスクリーニング、室内家具移動等と増えてきた。

三年後には基盤ができた。「石の上にも三年」とはこういうことだと思った。
住まいも一間のアパートから三間、一戸建てと替わり、家族も一年以内に呼ぶことが出来た。
この間いろいろな人から援助を受け、まさに「捨てる神あれば拾う神あり」だった。

平成4年12月5日、河北新報から取材され、写真入で掲載された。
平成6年、名称を赤ひげ仙台と変更し、一般家庭専門とする。
平成15年、ホームページ開設と同時に、開業以来培った営業のノウハウを本にまとめインターネット上で販売し、独立希望者から感謝されている。

いろいろな処に行くといろいろな出会いがあり、特にお年寄りとの出会いが印象に残っている。
仕事の合間に、戦争中の話や人生の話など聞かされ、学ぶことが多くあった。

人からは「苦労したんですね」と言われるが、むしろやりがいがあった。裸一貫、背水の陣で臨めば何とかなるもので、古老曰く「お天道様とおまんまは何処に行っても付いてくる」。
まさにその通りだった。



  サイトマップ







業務案内
↓↓↓
こちら










面白い話題が
いっぱい!
↓↓↓
便利屋物語

  



トップページ
業 務 案 内
赤ひげ仙台 
会 社 案 内
代表者 
プロフィール
 
裸一貫 
創 業 物 語
喜びの声 
お客様の声
楽しい話題 
便利屋物語
地域の話題 
みんなの瓦版
便利屋 
開 業 指 南