烏兎の庭

un jardin dans le coeur

Jun 2002 - Jun 2004

碧岡烏兎
MIDORIOKA Uto
表紙写真 グラン・プラス ブラバン公邸

一切の知、喜びから遠ざかるわびしい思考の反芻。
登るよりは下る方が楽であるとしても、思考とはまさに、斜面に逆らって思考することではなかったか。

―――Pierre Clastres、国家に抗する社会(La société contre l'État, 1974)、渡辺公三訳、書肆風の薔薇、1988


目次

このサイトには、縦書き表示の文章が一部あります。縦書き表示をご覧になりたい場合には縦書き版履歴をご覧ください。

地図

サイトマップです。

履歴

縦書き表示の文章をすべて横書きに変換し、時系列で並べてあります

日誌

「烏兎の庭」の栽培日誌です。
烏兎日記、身辺雑記、身辺抄、日々の雑念、雑記、鉢植など名前を変えてきました。
それぞれの名前は、各月の先頭にそのまま残してあります。
当初は、図書館で借りた本、CDの記録帳でした。

書評

書評か、感想文か。書籍の中身についてほとんど語らないので、少なくとも紹介や記録ではありません。
本を読んで、思いついたことを書いています。

絵本

絵本、児童書は、子どもをもつ親としては、もっとも身近な本です。
絵本だけでなく、絵本に関する本の書評もこちらです。
面白い絵本は、大人と子どもが違った視点で楽しめる、が私の持論です。
ここでも、多くの場合、子どもの視点ではなく、大人である私自身の感想を書いています。

批評

自分の書いている文章を何と呼ぶか。随筆、エッセイ、評論、批評、いろいろ考えてみました。
考えた末にたどりついた結論は、自分の外側の出来事について書いた文章は批評とよぶ、でした。
このページのファイル名が“zatubun”なのは、試行錯誤の名残です。

随想

批評が自分の外について書いた文章とするなら、随想は内について書いた文章です。
身の回りの出来事や、体験から考えごとが始まった文章です。

雑評

英語でいえば、Miscellaneous。
書評、批評、随想以外の雑文。音楽や映像、美術館、博物館、展覧会、講演会の感想です。
ここの文章の大半は、趣味や嗜好の整理、記憶の再生、購入や貸出の覚書程度のものです。

音楽

私の思索を広げる音楽を集めたアンソロジー。
気に入った音楽を集めたテープやMDを作るのは、たいてい長い旅や飛行機旅行の前です。

出窓

『庭』に掲載した写真をまとめた写真集です。

索引

はてなダイアリーを利用した、人名や地名などの索引です。

本箱

ブクログを借りた読書記録です。

民藝

私がふだん読んでいる個人のウェブサイト。
要するに、リンク・ページ。配列は順不同です。

縦書

縦書きの文章は縦書きのまま、すべての文章を時系列に従い並べてあります。

独白

Twitterです。

庭師

自己紹介です。

出窓

写真

表紙

続編

出口


uto_midoriXyahoo.co.jp