石塔 (層塔・宝塔・宝篋印塔・五輪塔)
     (3) 近江(東部)の石塔巡拝 
                  
    
 近江地方には石塔の数が圧倒
的に多いので、便宜上東西に分
けて掲載した。
 湖北の西浅井町・木ノ本町か
ら、東近江市・日野町を含む琵
琶湖以東を、近江(東部)とし
たものである。

 写真は近江紋様と呼ばれる彫
刻で、石塔の基礎部分に彫られ
た孔雀の図像である。
 近江地方独特の意匠で、格狭
間の中に描かれるが、向かい合
った二羽のケースもある魅力的
な装飾である。



    旭野神社石造七重塔基礎
        
東近江市蒲生町
 
                              

  
   
     大浦観音堂五輪塔 (滋賀県長浜市 <西浅井町> 大浦)
   
   
   琵琶湖の最北端に突き出た岬は葛籠尾(つづ
  らお)崎と呼ばれ、竹生島とは目と鼻の先であ
  る。岬の付け根に当る東の入江が塩津であり、
  西の入り江が大浦である。
   大浦集落の中ほどにこの観音堂が在って、俗
  に腹帯観音堂とも呼ばれている。
   五輪塔は観音堂の右手奥に、小五輪塔や板碑
  や石仏群と並べて祀られている。
   最初の印象は、間違いなく古い塔だと感じた
  ことだった。全体的なシルエットが、いかにも
  古式の風格とでも言えそうな堂々たる落ち着き
  を示していたからだろう。
   ふっくらとしてこの上なく形の良い空輪(宝
  珠)、屋根の緩い傾斜と微かな軒反りを示す火
  輪(笠)、どっしりとした膨らみを示す水輪、
  厚みの無い地輪(基礎)など、全ての要素が鎌
  倉中期は下らないであろう古式を示しているこ
  とに気付かされるのである。
   火輪の一面に梵字が見え、また基礎にはウー
  ンらしい種子などが各面に彫られているが、判
  読出来る状況ではなかった。或る本には「シリ
  キエン」という梵字が彫られており、それが文
  殊菩薩を象徴していると記されているのだが、
  小生には確認出来なかった。
   銘は無いが、近江屈指の古さと美しさを持つ
  名五輪塔のひとつだろう。   
                        

    
   
     長福寺跡五輪塔 (滋賀県長浜市 <西浅井町> 菅浦)
   
   
   白洲正子さんの名著「かくれ里」に描かれた菅浦
  の里は、前述の大浦から葛籠尾(つづらお)崎とい
  う岬の先端に向かって湖岸を暫く走った行き止まり
  に在る、小さな港を中心とした素朴な集落である。
   この里は、中世の自治組織である“惣”の記述と
  して著名な「菅浦文書」で知られている。また、何
  故かここには天平期の悲運の天皇と言われる淳仁天
  皇の御陵と伝わる場所が、須賀神社の後方に在る。
  御陵までの石段は、靴を脱いで裸足で上らねばなら
  なかった。
   集落の中央に広場があり、そこに「淳仁天皇菩提
  寺菅浦山長福寺跡」と記された石碑が立ち、傍らに
  写真の五輪塔が竹垣に囲まれて建っていた。
   淳仁天皇と菅浦に関する伝説の真偽は不明だが、
  ここに在る五輪塔はどう見ても天皇が在世した奈良
  時代末期とは丸で関係は無さそうである。御陵も在
  るので供養塔の可能性も薄く、直接天皇に結びつく
  要素は全く無さそうである。
   肩が張って硬い感じの空輪、急傾斜の屋根とぎこ
  ちない軒の反りを示す火輪、上部が膨らんだ壺型の
  水輪、背の高い地輪などといった特徴は、明らかに
  南北朝以降の様式を示すものと考えられる。
   だが、さしたる名品でもないこの五輪塔は、ほと
  んど何処にも紹介されてはいないが、伝説に満ちた
  “隠れ里”の雰囲気を五輪に染み込ませた、歴史の
  証人のような石塔と感じられてしまったのだった。
   叙情的な旅人の単なる感傷に過ぎないのだろう。
                       

  
   
     西徳寺七重塔 (滋賀県長浜市 <木ノ本町> 赤尾)
   
   
   この寺の在る場所は、信長の死直後に覇権を争
  った羽柴秀吉と柴田勝家の合戦場となった賎ガ岳
  の南麓に当たる。
   寺の本堂北側に池泉庭園が在り、かつて庭を目
  的に訪ねたことがあったので、今回はそれ以来の
  再訪ということになった。

   本堂の東側やや小高い場所に、こんもりと繁っ
  た樹林を背景にしてこの七重石塔が建っている。
   高さは
330cmとのことで、近年倒壊したものが
  再建されたのだそうだ。
   基礎の四面は、格狭間の中に宝瓶に挿された三
  茎蓮が描かれている。近江らしいその意匠の一面
  の脇に、弘安十年 (1287) という鎌倉中期の年号
  が彫られている。近江の在銘層塔の中では、松尾
  寺 (米原市)に次ぐ最古の部類に入るだろう。
   相輪が半壊しており、また上部の屋根の一部が
  破損しているのが惜しいが、各層の軒は力強い反
  りを見せている。また、屋根の裏に垂木型を造り
  出しており、石工の丁寧な仕事が示されている。
   初重軸部(塔身)の四方には、彫り込んだ舟形
  光背の中に四方仏像が厚肉彫りされている。
   松尾寺九重塔のような洗練された美しさとは別
  の、やや粗野ながら鎌倉期のおおらかさを十分感
  じさせる魅力的な石塔である。
                      

     
   
     宝厳寺五重塔 (滋賀県長浜市竹生島)
   
   
     琵琶湖に浮かぶ竹生島は、以前は東浅井郡びわ
  村に属していたのだが、現在は合併に伴って長浜
  市に編入されている。どうもピンとこないが、致
  し方ない。

   船着場から弁天堂へと続く石段を真っ直ぐ登り
  きった所に、低い柵に囲まれてこの石塔が建って
  いる。

   苔むしているのではっきりとは見えないのだが、
  基礎には輪郭を入れ、その中に格狭間が彫られて
  いるようだ。蓮華などの文様は見当たらない。
   初重軸部には、舟形光背の中に四方仏坐像が半
  肉彫されている。

   年号等の銘は刻まれていないようだ。
   年号が無いと、我々素人にも出番が回って来た
  ようで、つい張り切ってしまうのは何故だろう。
   各層の笠は割と肉厚であって、両端に反りの少
  ない大らかな姿を示している。
   どうやら、鎌倉中期から後期にかけたあたりの
  年代が想定できそうである。

   相輪が当初のものかどうかは不明だが、全体的
  に泰然とした好ましい石塔である。
           

    
   
     八坂神社九重塔 (滋賀県米原市三吉)
   
   
     名神高速道路の米原インターを出てから、中山
  道を少し関が原方面に進んだ右奥が三吉という集
  落である。郵便局や小学校に息郷という名前が付
  いているので、従来はそれが町名だったのだろう。
   その小学校の東側の田圃を隔てた山裾に、この
  神社がひっそりと祀られており、社殿へ登る石段
  の右側にすっきりとした形の九重石塔が見えた。

   初重軸部には舟形光背の中に四方仏が浮彫され
  ており、正面の像の左に元亨三年 (1323) 鎌倉後
  期の年号が刻まれている。
   基礎は正面のみに、輪郭を巻いた中に格狭間が
  意匠されており、近江らしい三茎蓮文様が彫られ
  ている。

   全体像が優雅で伸びやかに見えるのは、各層の
  屋根の厚さが薄く横に長いことに由来するからだ
  ろう。或いは、鎌倉期の重厚なスタイルから、端
  正で華奢な南北朝様式へと移行していく端緒が見
  えているのかもしれない、とも思えた。

   この辺りは中山道の番場宿に近く、かすかに旧
  道の風情の残った情緒在る集落が続いている。
  
           

     
   
     松尾寺九重塔 (滋賀県米原市上丹生)
   
   
     前述の三吉から中山道をさらに東へ行った次の
  集落が醒ヶ井で、ここも旧中仙道の宿場であった。 
   松尾寺に行くには、そこから丹生川渓谷に沿っ
  て南へ4
Kmの山中に在る醒ヶ井養鱒場まで行き、
  さらに林道をかなり登らねばならない。
   林道は山門までで、車を止めるとそこからまた
  急坂と急な石段となり、ようやく本殿にたどり着
  くことが出来た。
   寺は無住だが、境内は以外に整備されていた。
   車とはいえ難儀な道中ということもあって、思
  い入れの濃かった石塔とは、なんとも感動的な出
  会いとなった。

   いかにもどっしりと安定した、秀麗かつ堂々た
  る石塔である。鎌倉そのもの、という第一印象を
  感じたが、文永七年 (1270) 鎌倉中期という銘が
  あるそうで、素人の感も捨てたものではない。
   鎌倉中期ならではの反りの小さな肉厚の笠、舟
  形にくり抜いた光背の中に浮彫された見事な四仏、
  基礎の格狭間に彫られた宝瓶三茎蓮など全てが、
  卓越した古塔のみが示すであろうオーラのような
  輝きを放っている。
   相輪の先は宝珠で、通常はその下に請花がある
  のだが、ここではその代わりに四方仏坐像が意匠
  されているのが珍しい。
   近江屈指の一級品との出会いだった。
           

       
   
     徳源院宝篋印塔群 (滋賀県米原市清滝)
      
      
   伊吹山の南麓、旧山東町の清滝にある名刹とし
  て知られる。旧中仙道の柏原宿から山間に入った、
  静かな聖域である。

   三重塔の奥に広大な墓所があり、石段を登った
  細長い高台に、先祖代々近江の守護職だった近江
  源氏佐々木京極氏の墓塔が十八基、横一列に並ん
  でいた。
   大小の差異はあるものの、いずれも大型の宝篋
  印塔であり、古塔を中心に居並ぶ光景は誠に壮観
  だった。
   初代京極氏信塔の永仁三年(1295)から、十八代
  高吉塔の天正九年(1581)までが揃っている。時代
  の変遷に伴って、宝篋印塔の様式がどう変わって
  いくのかを学ぶ最良のテキストとなっている。
   写真は、右が初代氏信塔である。隅飾は三弧で、
  蓮華座に月輪内の梵字「ア」が彫られている。塔
  身には堂々たる筆致の金剛界四仏種子、基礎の格
  狭間には近江特有の三茎蓮華を見ることが出来る。
  基礎上部には反花も彫られており、鎌倉後期らし
  い重厚さの中に、卓越した意匠の装飾を施した傑
  作であると思う。
   左は三代貞宗塔で、嘉元二年(1304)の銘のある、
  これもほぼ同様の意匠で飾られた鎌倉後期の秀逸
  な塔である。
   ちなみに、十九代以下京極高次までの宝篋印墓
  塔は、手前の下の段に並んで建っていた。
     

       
    
     西明寺宝塔 (滋賀県甲良町池寺)
    
    
   湖東三山の一つとして著名なこのお寺には、深閑
  とした広大な寺域に国宝建築の本堂と三重塔が重厚
  な姿をとどめている。
   三重塔の脇から裏手の山へ登りかけたあたりに、
  この壮麗かつ泰然とした宝塔が祀られていた。

   完存する相輪が美しいし、笠はずっしりとした貫
  禄を示すかの如くおおらかである。ここからは、鎌
  倉期ならではの豪放な気質が感じられる。
   一方、隅棟の瓦彫刻は繊細であり、軒の下線が上
  線両端の反りの大きさに比べ反りがほとんど見られ
  ないのは、やや時代が下るのではないかと思わせる
  要素だった。

   塔身に銘文が在り、嘉元二年(1304)という鎌倉後
  期の年号が確認出来た。豪放でおおらかな鎌倉期の
  造形美を残しつつ、やや技巧が中心となってしまっ
  た南北朝への予兆を感じさせるような、ある意味で
  は最も完成された様式とも言えるのである。
   塔身上部には勾欄は無く、縁板状作り出しがあり、
  写真にも見えるように四方に扉形が彫られている。

   基礎四方には、上下かまちと左右の束を作り出し
  た壇上積式に格狭間を設け、その中に開蓮華が浮彫
  りにされている。近江では特に類例の多い、意匠の
  一つである。
   全体的に完成された、近江を代表する秀麗な遺品
  の一つと言えるだろう。
          

  
   
     若一神社宝塔 (滋賀県甲良町正楽寺)
   
   
   甲良町は戦国の大名佐々木京極氏や尼子氏の出
  身地として知られ、日光東照宮の建築に携わった
  江戸時代の甲良大工の名でも知られている。
   正楽寺の集落には、北朝の武将であった佐々木
  京極道誉の菩提寺である勝楽寺がある。
   この若一(にゃくいち)神社は、かつて勝楽寺
  の境内に在った鎮守社で、近年(大正八年)にな
  って現在地に移築されたものだそうだ。
   本殿前に建つ写真の宝塔も、神社の移転と同時
  に移されたのだという。
   この宝塔は高さ
2.2mほどで、堂々としたその佇
  まいに感動した。専門書にも滅多には紹介されて
  いない、言わば“隠れ名品”の可能性もあったか
  らであった。
   ある資料によれば、或る人物が父の十三回忌供
  養を目的に造立したとの刻銘が在り、また延慶四
  年 (1311) という鎌倉後期の年号も刻まれている
  そうである。確認を試みたが、言われてみれば程
  度の判読しか出来なかった。
   宝珠・請花・九輪・請花・伏鉢と完存する相輪
  が露盤に載っている。
   緩やかな傾斜の屋根、厚い軒とかなり剛毅な反
  りは時代に相応しい美しさを示しているだろう。
  笠裏の二段の垂木型が、重厚さを演出している。
   軸部はほぼ円筒形で、開かれた扉型が彫られて
  いる。基礎には、格狭間の中に近江式文様の開蓮
  花が意匠されている。  
                         

  
   
     市会所宝篋印塔 (滋賀県愛荘町市)
   
   
   愛荘町は旧愛知川町と秦荘町が合併したもので、
  南側で東近江市の能登川と五個荘に接している。
   この市(いち)という集落は旧愛知川町に在り、
  JRと近鉄の愛知川駅から東に2
00mほど歩いた辺
  りの住宅地である。県道から少し入った所に八幡神
  社があり、隣接して市の会所(公民館)が並んでい
  て、宝篋印塔はその前の広場に建っている。

   堂々たる佇まいではあるが、欠落した相輪部分に
  他塔の笠を載せているセンスが信じられない。
   笠上は六段、笠下は二段で、隅飾は二弧輪郭付き
  でやや外側に傾斜しているという、格別変わった意
  匠ではないが、量感に満ちておりいかにも洗練され
  た笠だなあと感じた。隅飾内には全て、蓮華座上に
  小月輪が彫られ、中に梵字「ア」が刻まれている。

   塔身には、蓮華座に載る月輪内の種子が彫られて
  いる。写真の梵字は「ウーン(阿しゅく)」で、右
  の陰部分は「アク(不空成就)」、つまり金剛界四
  仏の種子が薬研彫りされているのである。
   基礎上は二段で側面を壇上積様式とし、四面に格
  狭間を彫り、三面に三茎蓮、残りの一面に二片の散
  蓮華を配してある。いかにも近江の宝篋印塔といっ
  た意匠で、この地を旅する楽しさを彩っていると言
  えるかもしれない。   
                         

  
   
     真照寺宝篋印塔 (滋賀県愛荘町東円堂)
                
                        
   前述の愛知川の市から、南へ約2Kmほど直進
  した辺りに東円堂という集落が在る。
   家並みに隠れるようにして、この浄土宗寺院の
  お堂が建っている。目的の宝篋印塔は、本堂の前
  にさりげなく建っていた。

   この宝篋印塔の最大の特徴は、塔身の上、つま
  り笠の下部分と、塔身の下、つまり基礎の上部分
  の両方に、単弁の反花が意匠されていることであ
  る。笠下に彫られることも珍しいし、基礎上の反
  花が単弁であることもまた誠に珍しいだろう。
   上下の蓮弁で塔身を挟むという、こんな優雅な
  意匠の宝篋印塔が人知れず守られてきたことに感
  動した。美意識だけではなく、篤い信仰心が伴わ
  なければ成せる業ではないだろう。
   基礎は壇上積式に格狭間、中に三面は開蓮華、
  一面に宝瓶三茎蓮が浮彫されている。
   塔身には、金剛界四仏の種子が彫られている。
  写真の梵字は「タラーク(宝生)」である。
   笠は上六段で、隅飾は輪郭を巻いた二弧、ほぼ
  垂直に立っている。
   残念ながら無銘で制作年代は不明だが、隅飾や
  格狭間の意匠からも鎌倉後期が推定できる。
   喪失した相輪に代えて他塔の部品が載せられて
  いるが、この風潮何とかならないものだろうか。
                        

  
   
     広照寺宝篋印塔 (滋賀県愛荘町畑田)
   
   
   旧愛知川町の畑田という集落に、この浄土宗
  のお寺が建っている。境内に隣接して墓地があ
  り、近世の墓碑が並ぶ最奥に大小三基の宝篋印
  塔が祀られている。
   写真の宝篋印塔が最も大きく、かつ保存状態
  の良い塔で、他の二基はかなり古そうだが破損
  摩滅が激しいのが残念だった。
  
   宝珠・請花・九輪・請花・伏鉢が完備した相
  輪が堂々としており、上六段下二段の笠も重量
  感に溢れている。
   中は無地だが輪郭を巻いた隅飾は、微かに先
  端に反りを見せるものの、ほぼ垂直に立ってい
  るように見える。このことだけでも、鎌倉後期
  は下らない、と言えるだろう。
   塔身には、金剛界四仏の種子が、月輪の中に
  薬研彫りされている。かなり繊細な彫りである
  ことから、後期でもかなり末期に入ってからの
  制作かもしれない。
   基礎上には複弁反花座が意匠されており、そ
  れなりに格調高い意味合いを示す石塔であるこ
  とは間違いないだろう。
   壇上積式の基礎には、鎌倉期らしい形の格狭
  間が意匠され、近江の三茎蓮が彫られている。

   写真の左端に、もう一基の宝篋印塔が写って
  いる。
                        

  
   
     大城神社御旅所五輪塔 (滋賀県東近江市五個荘金堂町)
   
   
   旧五個荘町の金堂という集落の町並は、近江
  商人発祥の地のひとつとされるだけに、風格の
  有る豪商の邸宅が連なっている。
   菅原道真を祭る大城神社の御旅所の前の広場
  は金堂の馬場と呼ばれ、その隅に写真の五輪塔
  が祀られている。
   高さが
212cmある大きな五輪塔で、地輪に正
  安二年 (1300) という鎌倉後期の初めの年号が
  彫られている。在銘の五輪塔としては、近江最
  古とされている。

   地輪は、写真からも判る通り、二石を合わせ
  た珍しいものである。
   水輪は、上部がやや膨らんだ壺形の球形で、
  縦長の印象を受ける。
   火輪は、笠屋根の程良い傾斜と反り、やや厚
  い軒口の反り具合が、鎌倉中後期の落ち着いた
  様式を示している。
   空輪は、ふっくらとした形の良い宝珠形で、
  五輪が完璧に揃った姿はやはり美しい。
   四方に五輪塔四門の梵字が彫られているが、
  摩滅気味なのが惜しまれる。写真で見る通り、
  空風輪部分の梵字の方向が少々ズレているよう
  だ。
                       

  
   
     八幡神社五重塔 (滋賀県東近江市五個荘石塚町)
   
   
   金堂の大城神社同様、佐々木氏観音寺城の鬼
  門守護神として崇拝を受けたと言われている鎮
  守社である。
   境内の左奥、社務所の前にこの石造五重塔が
  建っていた。格別囲いなどがしてあるわけでは
  なく、中世の石塔がさりげなく無防備に置かれ
  ていることに些か驚いた。

   基礎と相輪は別物と思えるが、塔身(初重軸
  部)の四方には、刳り貫かれた舟形光背の中に
  厚肉彫りの四方仏像が彫刻されている。かなり
  摩滅しているが、元来は端正な彫りだったであ
  ろうことが想像される。
   塔身からは、正安二年 (1300) という年号が
  判読されているが、これは前掲の金堂の馬場の
  五輪塔と全く同じ制作年号であり、双方の作品
  の間に石工など何らかの相関関係が存在したか
  も知れない。
   正安という年号は永仁に次ぐ鎌倉後期の初め
  であり、中期の面影を残した優美な雰囲気がこ
  の塔からも感じられる。塔全体のイメージは、
  中期末の西徳寺七重塔(弘安十年)にとてもよ
  く似ている。
   摩滅と破損が甚だしいのが残念だが、軒の優
  雅な曲線と両端の反り具合からは、漂うような
  鎌倉期の美しさを感じ取ることが出来る。
                          

       
   
     乾徳寺宝篋印塔 (滋賀県東近江市五個荘川並町)
      
      
   旧五個荘町川並という場所にある寺で、東近江
  市という陳腐な命名に些かの噴飯を覚えている。
   紅葉の名所として知られる寺だが、江戸時代の
  創建なので、何故鎌倉後期の宝篋印塔が存在する
  のかは明確ではない。

   この宝篋印塔は墓地の隅に建っているが、近年
  発見されて周辺が整備されたらしい。
   何よりも、基礎から永仁五年(1297)という、鎌
  倉後期の年号が発見されたことがとても鮮烈だっ
  た。
   
   写真で見る通り、基礎には優美な格狭間が作ら
  れ、中に素朴な近江三茎蓮が彫られている。
   塔身には、背後をくり抜き半浮彫された四方仏
  坐像が意匠されている。
   笠は上部六段で、隅飾の先端が微かに反ってい
  る様に見える。三弧の輪郭内にはそれぞれ小さな
  月輪が浮き出るように彫られ、その中に梵字「ア」
  が彫られている。
   彫刻装飾が過多かとも思われそうだが、石塔全
  体の像容がまことに壮麗であり、繊細な品位も感
  じられることで見事な均衡を保持しているようだ。

   失われた相輪に代わって小五輪塔の部材が置か
  れているが、全くの無意味であり、古塔の尊厳を
  汚すものと考える。   
     

     
    
     百済寺塔身輪式宝篋印塔 (滋賀県東近江市百済寺)
     
    
   湖東三山の一つ百済寺には、先日降った雪が
  残っていた。本坊喜見院の庭を見てから、老杉
  鬱蒼たる参道の石段を滑らぬように注意しなが
  ら本堂へと登った。
   その名の通り聖徳太子開基という深い歴史を
  有していたが、信長の侵攻の際に焼き尽くされ、
  現在の堂宇は全て江戸期に再建されたものらし
  い。

   本堂右手の雪の中に、問題のこの石塔が建っ
  ていた。塔身以外は完璧な宝篋印塔なのだが、
  塔身の角が削られて五輪塔の水輪に似た球形と
  なっていることが最大の特徴である。輪篋折衷
  と呼ぶ向きもあるが、これは塔身輪式宝篋印塔
  または球心宝篋印塔とでも呼ぶほうが理に叶っ
  ているかもしれない。

   無理矢理組み合わせたのではないか、という
  危惧があったのだが、実物を見る限り、相輪・
  笠・球心・基礎など完備しており、違和感は全
  く無い。
   塔身の四方仏、直立する隅飾、格狭間の蓮華
  模様など、鎌倉期らしい剛健さを秘めた落ち着
  きを感じさせる美しい石塔である。
         

  
   
     西福寺宝篋印塔・五輪塔 (滋賀県東近江市下中野町)
   
   
   前掲の百済寺同様、旧八日市市と旧永源
  寺町に挟まれた旧愛東町に属していたが、
  合併によって東近江市に統合された。この
  下中野地区は、百済寺からは約
2Kmという
  距離にある田園地帯である。
   西福寺は浄土宗の小さな寺院で、隣接す
  る墓域に数基の石塔が保存されている。
   写真左端の宝篋印塔は、相輪上部を欠く
  が、上六段下二段の笠は端正で、輪郭を巻
  いた隅飾はやや小さ目ながらほぼ直立して
  いて見事だ。中に梵字が彫られていたよう
  にも見える。
   塔身には、金剛界四仏の種子が薬研彫り
  されており、上二段の基礎には輪郭内に格
  狭間が意匠されている。鎌倉後期は下らな
  いものと思われる。
   右端の五輪塔は、なで肩の空輪(宝珠)
  急傾斜の屋根(火輪)、やや扁平な水輪な
  どから、南北朝に近い鎌倉後期という制作
  年代が推定できる。   
                                        

  
   
     曹源寺宝篋印塔 (滋賀県東近江市愛東外町)
   
   
   同じ旧愛東町の外という集落で、後述の霊感
  寺の在る旧永源寺町の山上町とは愛知川を挟ん
  で隣接している。
   曹源寺は集落の中心に在る臨在宗永源寺派の
  寺院で、写真の宝篋印塔のほかに美しい宝塔が
  本堂横の築山の中に建っている。
   宝篋印塔は何とも美しい塔で、いかにも古色
  蒼然という印象を受けた。
   残念なことは相輪が後補であることだが、最
  初に目に付いたのが笠の隅飾が軒と一体に造ら
  れており、きりっと垂直に立っていることだっ
  た。側面に仕切り段の無い“のべ作り”と呼ば
  れるもので、馬耳状の一弧無地の隅飾は八日市
  の妙法寺薬師堂の宝篋印塔と同じ作りである。
   上七段というのも珍しいが、重量感に満ちた
  笠は、実に堂々としていて美しい。
   上下各二段に挟まれた塔身は、彫刻の無い全
  くの無地である。
   基礎の側面にも格狭間など一切の彫刻が無い
  のが不思議なのだが、全体のシルエットは調和
  が取れた傑作だと言えるだろう。
   鎌倉中期は下らない古式の宝篋印塔である。
   もう一基の宝塔は、永仁二年 (1294) の銘の
  在る鎌倉後期の作である。   
                         

  
   
     善勝寺宝篋印塔・笠塔婆 (滋賀県東近江市青山町)
   
   
   旧愛東町の集落のひとつである青山町の在る
  善勝寺は、創建時は天台宗だったが、江戸時代
  に浄土宗に改められたそうだ。
   寺の入口付近に、写真の宝篋印塔と笠塔婆が
  建っている。

   宝篋印塔から受ける最初の印象は、相輪が立
  派に完存していることと、笠の部分がやや扁平
  であることだろう。
   特に笠は、低い段ながら上七段で、これも背
  の低い隅飾は馬耳状の一弧無地、軒とはのべ作
  りになっている。形状は対照的だが、様式は前
  述の曹源寺宝篋印塔に酷似している。
   下二段の笠の下、上二段の基礎の上に四方無
  地の塔身が載っている、というところも全く同
  じである。どちらが先かは不明だが、こちらも
  鎌倉中期頃の制作と見ることが出来そうだ。
   同形式の宝篋印塔がもう一基、墓地の中に保
  存されている。

   笠塔婆は、文和三年 (1354) 南北朝前期の作
  で、高さは約
160cmである。刳り貫かれた舟形
  光背の中に、定印を結ぶ阿弥陀如来が上下に二
  尊彫られている。側面に梵字らしき痕跡がある
  が、磨耗が激しく判読は不可能だった。
                         

  
   
     瑞正寺宝篋印塔 (滋賀県東近江市勝堂)
   
   
   勝堂は愛荘町に隣接する地域で、旧湖東町に
  属していた町である。町外れに在る勝堂古墳群
  は、県下屈指の古墳として知られる。

   集落を南北に貫通する県道に面して、この寺
  院が建っている。
   本堂の左奥に幅の狭い墓地が在り、この宝篋
  印塔が新旧の墓石と並んで保存されていた。
   余り多くの書物には紹介されていない石塔だ
  が、一目見てかなり古いな、と思ったのが第一
  印象だった。そう思わせたのは、笠の形状が最
  初に目に飛び込んで来たからだろう。
   上六段下二段の笠で、輪郭を巻いた隅飾は三
  弧、中に連座に載る日輪内に梵字が彫られてい
  る。種子の配列は判読出来なかった。
   そして隅飾がほぼ垂直に立っている。笠全体
  が示す重厚なイメージもあり、明らかに鎌倉中
  期ごろの容貌を示しているのである。
   塔身に彫られた種子は、金剛界四仏を象徴す
  る梵字で、写真は左がアク(不空成就)右がキ
  リーク(阿弥陀)である。反対側には、タラー
  ク(宝生)とウン(阿しゅく)が確認出来た。
   後日、或る資料で調べたところ、永仁期の制
  作とのことで、鎌倉中期という印象はまあまあ
  近かったのか、と感じた次第。
                        

  
   
     常福寺宝篋印塔 (滋賀県東近江市大清水町)
   
   
   旧愛知川町に隣接する清水地区に在る浄土真
  宗の寺院である。この地域には古い寺院が密集
  しており、この辺りが歴史の在る集落であるこ
  とを物語っている。
   常福寺はそんな集落の南端に建っている。

   写真の宝篋印塔は、寺の背後の墓地のほぼ中
  央、歴代住職の卵塔に挟まれて建っている。
   相輪は、先端の宝珠から伏鉢までが完存して
  おり、秀麗な塔を一層美しく演出している。
   上六段下二段の笠は均整の取れた姿であり、
  隅飾は輪郭を巻いた三弧で、中は無地である。
  ほぼ垂直ながら、微妙に外側へ傾いている。
   塔身には、金剛界四仏の種子が薬研彫りされ
  ている。写真はキリーク(阿弥陀)で、やや弱
  々しい筆致ながら、しっかりと彫られている。
   壇上積の基礎四面には格狭間が意匠されてお
  り、その中に写真の正面には近江らしい三茎蓮
  が、他の三面には開蓮華が浮彫されている。

   銘文が無いので制作年代は不明だが、全体に
  柔和な優雅さが感じられること、完璧なまでに
  均整が取れていること、微妙な傾斜の隅飾、優
  美な梵字などを総合し、小生の印象は鎌倉最末
  期から南北朝初期あたりとするのが適当ではな
  いかと思う。  
                       

  
   
     興福寺宝篋印塔 (滋賀県東近江市五智町)
   
   
   五智如来を祀るお寺として知られ、創建は聖
  武天皇時代にまで遡る古刹だが、現在は臨済宗
  永源寺派の禅寺となっている。
   宝篋印塔は書院裏の庭園内に在るので、御住
  職にお願いをして見学させて頂いた。

   相輪は上部に折れた痕跡があるが、修復され
  てほぼ完存している。
   上六段下二段は通常型で、やや小さめの隅飾
  は輪郭を巻いた二弧、中は無地である。ほぼ垂
  直だが、微かに外側へ傾斜している。
   塔身には梵字が彫られているいることが確認
  出来るが、かなり摩滅しているので判読出来な
  い部分もある。写真の梵字は、左がア、右がキ
  リークらしいので、金剛界四仏と考えるのが通
  常だろう。
   壇上積の基礎上部に、背の高い複弁反花座が
  意匠されているのが特徴だろう。
   基礎四面には格狭間が彫られ、中に開蓮華が
  浮彫されている。
   小生は確認出来なかったのだが、資料によれ
  ば嘉暦元年 (1326) 鎌倉後期という年号が刻ま
  れているとのことである。
   全体に均整のとれた秀塔と言えるだろう。
                       

  
   
     金念寺宝篋印塔 (滋賀県東近江市金屋町)
   
   
   旧八日市市の中心に近い、住宅街の真ん中に
  在る浄土宗の立派な寺院である。
   境内を見回しても宝篋印塔は見当たらないの
  で、お寺の奥様にお尋ねすると、石塔内庭に置
  かれているとのこと。見学をお願いすると、快
  く許可を下さり案内までして下さった。
   宝篋印塔は写真のように、庭園内の巨石の上
  に置かれていた。
   相輪は九輪の上で折れており、上部が欠損し
  ている。請花に蓮弁が彫られており、伏鉢も立
  派なことから、見事な相輪が想像出来る。
   上六段下二段の笠で、輪郭を巻いた二弧の隅
  飾の中には、月輪内の梵字が彫られている。梵
  字はかなり摩滅しているが、部分的にア字が確
  認出来た。隅飾はやや外側に傾斜している。
   複弁反花座に載る塔身の四方には、金剛界四
  仏の種子が彫られていると思われる。背後へ回
  れなかったので確認出来なかったのだが、キリ
  ーク(阿弥陀)やタラーク(宝生)があること
  からそう判断出来るだろう。いずれにせよ、梵
  字は彫りが浅くて力弱く、やや魅力に欠ける。
   基礎の格狭間には開蓮華が浮彫されており、
  様式的に前述の興福寺宝篋印塔に類似している
  ように感じられた。
   しかし、資料によれば、こちらの塔は南北朝
  期の制作であるらしい。   
                        

    
   
     妙法寺薬師堂宝篋印塔 (滋賀県東近江市妙法寺町)
    
   
   旧八日市市の妙法寺という集落の真ん中に、
  この薬師堂という小さなお堂が建っている。宝
  篋印塔はそのお堂のすぐ脇に、花などに飾られ
  て祭られていた。
   塔身正面に彫られた、蓮華に座す阿弥陀如来
  像に対する信仰なのかもしれない。
   基礎には、両側の余白を広く取って輪郭線を
  入れ、中に格狭間を彫っている。
   全体がどっしりとして見えるのは、笠の隅飾
  りが軒と一体となった直立一弧の古式であるか
  らだろう。
   塔身の阿弥陀像左右に、永仁三年(1295)とい
  う銘が入っている。鎌倉後期の最初とはいえ、
  中期以前には作例のほとんど無い宝篋印塔の中
  では、比較的古い方だといえるだろう。
   相輪は従前には下半分が喪失していたのだが、
  今回は完全な形になっているので目を疑ってし
  まった。しかし、それほどの違和感は無く、上
  手に下半分が修復されたものだろう。
   宝篋印塔に限らず、石塔の部材については種
  々の問題が提起される。別の部材が組み合わさ
  れているのではないか、という疑問が最大のポ
  イントなのだが、歴史的時間の中では当然有り
  得ることだろう。様式のズレ、材質の違い、美
  意識の違い、などを基準に判断する、しか方法
  は無い。
          

   
   
     光林寺宝篋印塔 (滋賀県東近江市妙法寺町)
   
   
   前掲の薬師堂と同じ集落で、ここは国道に面
  した寺域の大きなお寺である。
   本堂の南側が広い墓地になっており、宝篋印
  塔はその一画に建っていた。近世の墓石が並ぶ
  中で、この鎌倉時代後期の秀麗な宝篋印塔は古
  塔ならではのオーラを放っていた。

   基礎の四方は格狭間が彫られ、中には蓮華が
  あしらわれている。
   塔身には金剛界四仏が、梵字種子によって表
  されている。やや彫りは浅いが、大らかな筆致
  である。写真は左が阿シュク(ウーン)、右が不
  空成就(アク)である。ちなみに、あとは阿弥陀
  (キリーク)と宝生(タラーク)の二仏である。
   隅飾りは輪郭の付いた三弧形式で、その中に
  蓮華座に乗る月輪に梵字「ア」が刻まれている。
   相輪は完存しており、破綻は無い。

   基礎に嘉元二二年とあり、嘉元四年(1306)を
  表している。鎌倉時代後期ということだが、全
  体に洗練され均整の取れた逸品である。

   近江には石造品の遺構が多く残されており、
  特に宝篋印塔に関しては傑作の密集地であると
  も言える。
          

  
   
     大蔵寺三重塔 (滋賀県東近江市寺町)
   
   
   永源寺へ向かう国道の北側、愛知川に沿った
  旧八日市市東部地区である。
   寺の沿革については全く不明なのだが、この
  層塔に関しては或る資料にその存在のみが記さ
  れていたことで注目していたのだった。
   狭い寺域の右側に、夥しい数の小五輪塔や石
  仏・板碑などが積み上げられた一画があり、そ
  の中央に写真の石造三重塔が建っていた。

   宝珠から伏鉢までが完全に揃った相輪が、屋
  根と一体に造り出された露盤に載っている。
   比較的緩やかな傾斜の屋根と、軽やかな反り
  の軒口、その両端の美しい反り具合などが、鎌
  倉中期もしくは中期にかなり近い後期ごろの作
  品かと思われた。
   二三層目の軸部と屋根は一石から彫られてお
  り、別石の形式の多い三重塔としてはむしろ珍
  しい多層石塔の様式を備えている。
   初重軸部はほとんど判別出来ないほど摩滅し
  ているのだが、おそらくは四方仏の種子が彫ら
  れていたのだろうと思われる。
   基礎は埋もれていて大半が見えない。
   現在は荒廃した雰囲気に満ちているが、大ら
  かな古式の風貌を残した秀塔だったことは間違
  いないようだ。
                        

       
   
     地福寺宝篋印塔 (滋賀県東近江市糠塚)
      
      
     八日市市が五個荘や蒲生などと共に東近江市
  に統合されてしまい、石造美術や松尾神社の庭
  園でお馴染だった“八日市”という地名が消え
  てしまったのが残念である。
   この寺は旧八日市市の西、近江鉄道の市辺駅
  に近い糠塚という田園地帯の集落に在る。
   門を入った直ぐ左側が小さな墓地になってお
  り、土塀に沿った場所に建武三年 (1336) とい
  う南北朝初めの年号が記された宝篋印塔が建っ
  ている。
   
   基礎には開蓮華が浮き出た格狭間が彫られ、
  複弁の反花座に載っている。
   塔身の四方には、月輪に囲まれた金剛界四方
  仏の種子梵字が彫られている。正面はタラーク
  (宝生)で、右がウーン(阿しゅく)である。
   笠は下部が二段、上部は五段で、二弧の隅飾
  りには輪郭内の月輪に梵字バン(大日)が彫ら
  れている。小振りな宝篋印塔ながら、なかなか
  気の利いた装飾だといえる。
   相輪は太い割りに華奢に見えるのは、上部の
  宝珠と下部の請花が極端に尻すぼみになってい
  るからだろう。これは南北朝の特徴で、豪放な
  鎌倉期から典雅な様式へと移行しつつある過渡
  期の作品であると言えるだろう。
   左に立つ板碑は、室町期の名号板碑である。  
             

  
   
     大蓮寺宝篋印塔 (滋賀県東近江市市辺町)
   
   
   浄土宗の大きなお寺で、旧八日市市の西部、近
  江鉄道の市辺駅と長谷野駅の間に位置している。
   立派な本堂の右側に、様々な石造美術が集めら
  れた場所が有り、鎌倉時代の見事な如来形三尊石
  仏などと一緒に、この堂々たる宝篋印塔が祀られ
  ていた。

   
230cm強はある大きな宝篋印塔なのだが、何か
  不自然さを感じるのは、基礎が未完成であるから
  だった。壇上積式が未完成で、側面には上下の線
  しか彫られていないのである。
   基礎の載る基壇は、見事な複弁反花で飾られて
  おり、やや勿体無い気がする。
   塔身には、金剛界四仏の種子(梵字)が彫られ
  ている。写真は左がタラーク(宝生)、右がウー
  ン(阿しゅく)である。やや迫力を欠いた筆致な
  ので、鎌倉期は過ぎているのだろう。
   上六段、下二段の笠は威厳のあるもので、隅飾
  は輪郭を巻いた二弧、中は無地であり、少し外側
  に反りを見せている。
   相輪は完存するが、肩の張った宝珠、ややずん
  ぐりとした九輪など、これも鎌倉は過ぎているよ
  うに思えた。
   総合的に判断して、南北朝期の制作だろうと思
  われる。
                         

  
   
     引接寺薬師堂宝篋印塔 (滋賀県東近江市今崎)
   
   
   前述の大蓮寺とは近江鉄道の長谷野駅を挟んだ
  東側に在る集落で、延暦寺領とされた由緒ある地
  区である。寺はその当時の創建とされるが、守護
  神として鎮座した日吉神社が隣接する。
   神社の参道脇に小さな薬師堂があり、その堂前
  に写真の宝篋印塔が置かれている。

   笠や塔身の背面部分がかなり損傷しているが、
  残された部分の完成度の高さから、かつての見事
  な全体像が想像されてくる。
   相輪は、九輪部分の上部から上が喪失している
  が、伏鉢や請花の典雅な形からはさぞ剛毅だった
  であろう相輪の姿が推定出来る。

   笠は上六段下二段で、輪郭を巻いた三弧の隅飾
  には蓮座に載る月輪内に梵字が陰刻されている。
  隅飾は、微かに外側へ傾斜しているが、ほぼ垂直
  と言っても良いかもしれない。
   塔身には、四方仏坐像が彫られているが、具体
  的な尊像名は小生には判別出来なかった。
   上二段の基礎の側面は壇上積で、中に格狭間を
  意匠し、開蓮華を厚肉彫している。
   近江における宝篋印塔の、鎌倉後期の傑作のひ
  とつと言える。
                       

  
   
     養源寺宝篋印塔 (滋賀県東近江市上大森町)
   
   
     大森地区は旧八日市市の南東に在る集落で、
  特に上大森の整然とした町並や重厚な建築から
  は裕福な層が住んでいた面影が伺える。
   曹洞宗のこの寺院は、そんな家並の間に瀟洒
  な佇まいを見せている。
   門を入って直ぐの右手に、鉄柵に囲まれた鎮
  守社と並んでこの宝篋印塔が祀られていた。

   基礎の意匠を見ると、正面と裏面には格狭間
  内の宝瓶三茎蓮華、右側(南面)に開蓮華、左
  側(北面)に珍しい二片の散蓮華が彫られてい
  る。基礎上には、複弁の反花座が設けられてお
  り、その上に塔身が載っている。
   塔身には、金剛界四仏の種子が彫られている
  が、蓮座に載る月輪内の梵字はやや摩滅気味で
  ある。筆致はやや迫力に欠ける。
   笠は下二段上五段で、力強い造形を示してい
  る。隅飾は輪郭を巻いた二弧で、中は無地であ
  り、微かな反りはあるもののほぼ垂直に立って
  いる。
   相輪は、ずんぐりとした九輪部分が好みでは
  ないが、豪快な伏鉢や複弁の請花、九輪、単弁
  の請花、割りとふっくらとした宝珠などが完存
  している。
   総合的に見て、鎌倉後期の作と推定できる。
                         

  
   
     極楽寺五輪塔 (滋賀県東近江市大森町平尾)
   
   
   大森地区から少し離れた一画に平尾の集落があ
  り、その中央にこの小さなお寺が建っている。宗
  派を調べ損なったが、門前に「不許酒肉入山門」
  と刻んだ石標があるので禅宗である事は知れる。
   山門を入った直ぐ左手に、高さ
265cmの大振り
  な五輪塔が建っている。

   薄い基壇の上に複弁の反花座が設けられ、その
  上に載った大和様式の五輪塔である。
   五輪それぞれの四面に、五輪塔四門(発心・修
  行・菩提・涅槃)の種子が薬研彫りされている。
  写真は正面(発心門)で、上からキャ(空)・カ
  (風)・ラ(火)・バ(水)・ア(地)という梵
  字が彫られている。梵字の筆致は弱々しい。
   空輪の宝珠はやや肩が張っているがふっくらと
  しており、風輪の請花は空輪に合わせて大らかで
  ある。
   火輪の笠は、やや傾斜のきつい屋根で、軒口は
  両端で極端に反り上がっている。このあたりは、
  最も南北朝的な特徴だろう。
   やや扁平な壺形球体の水輪と、地輪(基礎)の
  バランスは悪くない。
   無銘ながら、南北朝期の秀作と言えるだろう。
                        

    
   
     長福寺宝篋印塔 (滋賀県東近江市大森町)
   
   
   平安初期に創建されたと伝えられる天台宗の
  古刹だが、現在は小さな本堂だけが残る静かな
  寺院である。十一面観音を本尊とし、近江西国
  三十三観音霊場の第二十八番札所となっている。
   宝篋印塔は本堂の右手前に、竹垣に囲まれて
  建っている。

   相輪は、修復の跡が見られるが、宝珠から伏
  鉢までが完備している。
   笠は、上六段下二段で、均整の取れた良い形
  をしている。隅飾は輪郭を巻いた二弧で、内部
  は無地であり、微妙な傾斜は見られるがほぼ垂
  直に立っているようだ。
   塔身には、金剛界四仏の種子が彫られている
  が、かなり摩滅しているために梵字の魅力は余
  り感じられない。しかし、全体像のバランスか
  ら見ると、塔身は幅も高さも申し分の無い大き
  さだと言えるだろう。
   基礎の上部には複弁の反花が意匠されている
  ので、優雅な佇まいを誇っている様に見える。
  基礎側面は四面ともに輪郭を巻き、格狭間が意
  匠されている。中には近江文様の三茎蓮華が彫
  られており、背面だけが開蓮華となっている。
   無銘の宝篋印塔だが、総合的に判断して、鎌
  倉後期は下らないだろうと思う。
                         

  
   
     正寿寺宝篋印塔 (滋賀県東近江市柏木)
   
   
   柏木の集落は旧八日市市の東端に位置してお
  り、お寺は民家を少し大きくしたような素朴な
  佇まいで、門前に農地が広がっていて牧歌的な
  雰囲気すら感じられた。
   本堂左手の植栽の中の基壇に、古びた二基の
  宝篋印塔が建っていた。

   写真は向かって右側の塔で、正応四年(1291)
  という鎌倉後期の初めという魅力的な年号が基
  礎部分に刻まれている。
   相輪は、なで肩でふっくらとした宝珠から、
  請花、九輪、蓮弁の請花、伏鉢と完備しており
  当初からのものと考えられる。
   笠は上五段下二段で誠に重厚であり、ほぼ垂
  直に立つ隅飾は輪郭を巻いた二弧で、中には蓮
  華座に載る月輪に梵字「ア」が彫られている。
   塔身には、刳り貫かれた舟形の中に四方仏が
  半肉彫りされており、釈迦や阿弥陀を含む顕教
  四仏(他は薬師、弥勒)と考えられる。石仏と
  しても、十分鑑賞に値する造形である。
   基礎は上二段で、各面共左右に幅広く輪郭を
  取り、中にふっくらとした格狭間を意匠してい
  る。格狭間の形にも時代性が表れており、鎌倉
  期ならではの力強い曲線の張りが感じられる。
                        

 
   
     多門院宝篋印塔 (滋賀県東近江市中羽田町)
   
   
   竜王町へと抜ける雪野山トンネルの入口背後の
  山裾、木立に囲まれて森閑とした雰囲気に満ちて
  この寺院の本堂が建っていた。
   石段を登った本堂の左手に、二基の宝篋印塔が
  建っている。写真は塔の右後方から撮ったものな
  ので、右側面と背面が写っている。
   手前の塔(西塔)と奥の塔(東塔)は大きさが
  全く違うのだが、構造や意匠はとても似ている。
   一部に修復の跡が有るが、相輪は宝珠から伏鉢
  まで完備している。笠は上六段下二段、隅飾は輪
  郭を巻いた二弧で中は無地、微かに外側に反りが
  見られる。塔身には、どちらも金剛界四仏の種子
  が薬研彫りされている。
   詳細に眺めて見つけた両塔の差異は、四仏の配
  列が違うことだった。時計回りに、奥東塔はタラ
  ーク・キリーク・アク(写真右面)・ウーン(写
  真左面)と通常であるのに対して、手前西塔はキ
  リーク・タラーク・バン<金剛界大日>(写真右面)
  ・ウーン(写真右面)となっている。
   基礎の上部は、手前塔が二段であるのに対し、
  奥塔には複弁反花座が意匠されている。
   両塔共に銘は無いが、様式的に鎌倉後期の制作
  が推定出来る秀塔と言えるだろう。
                       

  
   
     円通寺宝篋印塔 (滋賀県東近江市上羽田町)
   
   
   先述の中羽田町に隣接する上羽田町の集落の
  中心に建つ円通寺を訪ねたが、御住職は不在で
  境内に宝篋印塔らしき姿は発見出来なかった。
   町の古老に伺い、現在は集落から少し離れた
  畑の中に設けられた共同墓地に移設されたと判
  った。
   墓地の中央、山のように積み上げられた無縁
  の墓石や石塔群の最上部に、写真の見事な宝篋
  印塔が建っていた。
   完存する相輪、垂直に立つ隅飾、薬研彫りの
  鮮やかな梵字、形の良い格狭間などのバランス
  の良さが、最初から鎌倉後期の制作を予感させ
  たが、やはり嘉暦元年 (1326) という銘を塔身
  に見ることが出来た。
   笠は上六段下二段、輪郭を巻いた二弧の隅飾
  の中は無地だった。
   塔身の梵字は金剛界四仏の種子で、写真はア
  ク(不空成就如来)である。
   基礎上部には複弁反花座が設けられており、
  側面には、幅広の輪郭を巻いた中に格狭間を彫
  り、中に開蓮華文様を浮彫している。
   やや様式化しつつあるとは言え、いかにも鎌
  倉期らしい毅然たる雰囲気に満ちた美しい塔で
  ある。
                       

  
   
     霊感寺宝篋印塔 (滋賀県東近江市山上町)
   
   
   愛知川沿いの山上町は旧永源寺町に属してい
  たが、合併で東近江市に編入された。
   県別地図にも表示されていない観光的には無
  名の寺だが、石造美術愛好家にとっては決して
  外せない重要な場所なのである。
   写真の宝篋印塔は、寺の左奥に在る墓地の一
  画に祀られており、乾元二年 (1303) という鎌
  倉後期の珍しい年号が記されている。

   基礎は壇上積式で、側面の三面に格狭間が彫
  られ、その中に最も注目すべき「孔雀文様」が
  意匠されているのである。羽を伸ばした横向き
  の一羽がそれぞれ描かれている。写真の正面は
  左向き、他の二面は右向きである。近江ならで
  はの愛らしい意匠で、石塔巡りの楽しみのひと
  つとなっている。
   基礎上には複弁反花座が彫られ、金剛界四仏
  の種子が彫られた塔身が載っている。写真の梵
  字は正面のキリーク(阿弥陀)で、右はタラー
  ク(宝生)である。
   笠は上五段下二段で、輪郭を巻いた二弧の隅
  飾がほぼ垂直に立っている。微妙に外側に反っ
  ているようにも見える。
   宝珠に火焔が彫られているとされる相輪は完
  存しているが、石質が違うようにも見える。
                        

    
   
     石塔寺三重塔 (滋賀県東近江市石塔)
   
   
   石造の五重塔や十三重塔は多いが、三重塔の事例
  は案外稀少である。
   この石塔は奈良時代の初め、朝鮮百済から来た石
  工の仕事と言われ、確かに従来の日本の石塔の印象
  からはやや異質な感が有る。
   しかし、全景を眺めると、あたかも優雅に舞い踊
  る人の姿のようにも見え、また木造の三重塔のシル
  エットにも近い様な気がして来る。

   塔身とは不揃いな相輪部分は後補だとして、層と
  層の間隔が従来の石塔のものより広いように見える
  が、肉厚で伸び伸びとした屋根の反りと一体化させ
  ることで、見事な均整美を生み出している。

   この清楚で、無駄な装飾の一切無い、研ぎすまさ
  れたような美的感覚に、限り無い尊敬と憧憬を抱か
  ざるを得ない。これほど美しい石塔を、今まで日本
  では見たことが無い。

   先般韓国を旅する機会を得、扶餘の町の郊外、長
  蝦里という農村に残る百済時代の三層石塔を訪ねた
  のだが、その全体像は石塔寺のこの塔にとてもよく
  似ていると感じられた。
   韓国には統一新羅・三国時代の夥しい数の三層石
  塔が残っているが、日本のこの塔も含め百済式の石
  塔は誠に貴重である。
     

    
       
     石塔寺五輪塔 (滋賀県東近江市石塔)
      
      
     最古の石造三重塔で知られるこの寺だ
  が、一体全部で何基の石塔が境内に祀ら
  れていることだろう。三重塔周辺だけで
  も、無数の五輪塔で埋め尽くされている
  感がある。夥しい数の人達の信仰の累積、
  としか言い様もない。
   その中で、一段高い場所に置かれてい
  るのが写真の二基である。いずれもが、
  重要文化財に指定されている、というの
  で驚いた。
   左の塔の基礎には嘉元二年 (1304) 鎌
  倉後期の銘があるのだが、空風輪が不釣
  合いであり、偏平な水輪にのみ梵字「バ」
  が彫られているのが奇妙である。
   右の塔には貞和五年 (1349) 南北朝前
  期の銘が見られるが、五輪の梵字の内水
  輪のみが異体であり、これもまた奇妙で
  ある。
   学術的にも貴重な銘文が確認されたこ
  とで重要文化財に指定されたらしいが、
  部材が寄せ集めの可能性もあり、全体的
  には秀逸な五輪塔とは申せ、疑問だらけ
  の重文指定と言わざるをえない。
                 

    
   
     涌泉寺九重塔 (滋賀県東近江市鋳物師)
   
   
     旧蒲生町の鋳物師(いもじ)という、大層珍し
  い名前の集落にある寺である。近江鉄道の朝日野
  駅から近く、牧歌的な風景の中を歩くと、木立に
  囲まれたこの寺の屋根が見えてくる。

   写真は、本堂横の小堂の前に建つ、どっしりと
  した感じのする九重石塔の姿である。
   基礎は失われていて自然石が利用されている。
   初重軸部だけ石の色が白っぽく感じられたが、
  近年洗ったからなのだそうで、四方仏の彫像は見
  事であり、一つの面に永仁三年(1295)鎌倉後期
  の初めという年号が入っている。

   前述の松尾寺の九重塔も同様だが、各層の笠と
  軸部に厚さがかなりあるので、堂々としているも
  のの塔全体が細長く感じられる。
   洗練されたスマートなデザインとは言い難いが、
  これは“近江らしさ”であり、私は実はこの素朴
  さ故に近江が贔屓になっているのかもしれないの
  である。

   この旧蒲生町は層塔の密集地で、前述の石塔寺
  を筆頭に、鎌倉以前の古層塔が私の知る限りでも
  八基は数えられるほどである。ここ涌泉寺のほか、
  前述の石塔寺、後述の赤人寺のものと、三基の層
  塔が国の重要文化財に指定されている。   
           

     
   
     赤人寺七重塔 (滋賀県東近江市下麻生町)
   
   
     前述の涌泉寺から北へ約1Kmのところに、下
  麻生という集落がある。ここは山辺赤人の生ま
  れた地と言われ、赤人を祭る山辺神社が鎮座し
  ている。神社に隣接してこの寺のお堂が建って
  おり、“あかひと”寺とも“しゃくにん”寺と
  も呼ばれるらしい。

   本堂の真裏の狭い庭の片隅に、この荘重な花
  崗岩の石塔が建っていた。
   相輪が失われているのが残念だし、笠のあち
  こちに損傷が見られるものの、全体的な立ち姿
  から受ける印象はとても美しい。基礎から軸部、
  そして笠に至るバランス感覚が抜群に優れてい
  るからなのだろう。

   基礎には輪郭の中に格狭間を刻み、さらに三
  茎蓮が線刻されている。
   初重軸部には金剛界四方仏が梵字で表現され
  ており、趣味の良い書体で薬研彫りしてある。
  写真に写っている梵字はウーン(阿しゅく)で、
  その左が正面に当たるタラーク(宝生)である。
   銘が刻まれていたがはっきりしなかった。資
  料に寄れば、文保二年 (1318) 鎌倉後期制作と
  のことで、笠の両端がピンと反っていることか
  らも、文保はともかく後期ということは想定出
  来るだろう。
           

     
   
     旭野神社七重塔 (滋賀県東近江市上麻生町)
   
   
     この塔の建つ旭野神社は、実は先述の赤人寺
  と涌泉寺の間にある上麻生という集落にある。
  二つの重要文化財に指定された石塔を訪ねた後、
  もう一基重要な七重塔が在ることを知り、再び
  戻ったのだった。

   全体の塔の印象は、先述の赤人寺のものと比
  べると、やや鈍重な感は拭えない。おそらくは、
  笠の肉厚なところが重々しさとなって伝わるか
  らなのだろうが、これはこれで近江らしいと言
  うことが出来るかもしれない。

   それに引き換え、この塔の洗練された存在感
  を伝えるのが、基礎の格狭間に刻まれた近江式
  孔雀の図柄であろう。羽を広げ、悠々と飛ぶ一
  羽の孔雀の像が、優雅に彫り込まれている。
   これを見るために戻った、と言えるかもしれ
  ない。写真の正面がそれだが、他の面は三茎蓮
  文様だった。これらの近江式文様と呼ばれる意
  匠は、西へは伝わったのだが、関東では余り見
  かけられないものだ。

   基礎上部の単弁反花の意匠が層塔には珍しい
  し、初重軸部の梵字四方仏も見事な薬研彫りが
  成されていて見所となっている。写真にはタラ
  ーク(宝生)が写っている。
           

       
   
     梵釈寺宝篋印塔 (滋賀県東近江市岡本町)
      
      
     日本最古の木像宝冠阿弥陀如来像を拝んだ後、
  境内に安置された形の良い宝篋印塔に目が釘付け
  になってしまった。
   嘉暦三年 (1328) という鎌倉末期の銘があるの
  だが、全体像は中後期の雄渾な面影を残している
  ようにも見える。
   写真の塔身には金剛界四方仏の梵字が彫られて
  おり、南正面にタラーク(宝生)が見える。その
  右側 (東)は通常ウーン(阿しゅく)なのだが、
  北側のアク(不空成就)と入れ替わっている。理
  由は不明だが、単純ミスの可能性もある。残りの
  一つは西のキリーク(阿弥陀)である。
   基礎の側面は格狭間で飾られているが、写真で
  見る通り、正面の格狭間内に一羽の孔雀が彫られ
  ている。他の面には蕾・開蓮華・散蓮華の三種が
  彫り分けられており、何とも細やかな配慮の行き
  届いた意匠であると言える。
   基礎上部の単弁反花がさりげない優雅な装飾で、
  このあたりは鎌倉期の武骨さから南北朝の洗練さ
  れた形式への脱皮を物語っているようにも見える。
   相輪は見るからに新しくみえるのだが、実は流
  失していたものが門前の田の中から近年発掘され
  たからだそうで、この塔のものであることが確認
  されたそうである。
        

  
   
     法光寺宝篋印塔 (滋賀県日野町北脇)
   
   
   前掲の安部居から国道を1Km程北上した左手
  の山麓に、この静かな曹洞宗の山寺が建ってい
  る。宝篋印塔の見学をお願いすると、応対され
  たのは御住職の尼様であった。
   御本尊の薬師如来像(平安期)の拝観もさせ
  て頂き、静かなひと時を過ごすことが出来た。

   この宝篋印塔は、やや破損が目立つものの、
  嘉暦二年 (1327) 鎌倉後期の銘を持っている。
   基礎は、壇上積式の輪郭いっぱいに彫られた
  格狭間に、様々な近江文様が施されている。写
  真の陽の当たる面は西面で、宝瓶三茎蓮華が彫
  られている。陰になって見えないが、北面は右
  向きの近江孔雀、東面は西面と同じ、南面は開
  蓮華、と誠に多彩な意匠である。

   塔身には、金剛界四仏の種子が薬研彫りされ
  ている。写真は右(西)がアク(不空成就)、
  左(北)はウーン(阿しゅく)である。
   笠は、上五段下二段で、小さめの隅飾は輪郭
  を巻いた二弧、中は無地でほぼ垂直に立ってい
  る。どっしりとした重厚な笠である。
   相輪は、九輪の六輪目より上部が欠落してい
  るのは惜しいが、豪快な伏鉢や請花からも創建
  時の豪快さが想像される。
                      

  
   
     念法寺宝塔 (滋賀県日野町安部居)
   
   
   日野町の北部に位置している真宗大谷派の寺
  院で、八日市へと向かう国道
307号線からは
  行き易かった。
   立派な山門や本堂は、江戸期の建築である。
   写真の宝塔は本堂の左手に建つ鐘楼の脇で、
  自然石を基盤にして建っていた。
   基礎の側面は、太い輪郭を巻いた中に格狭間
  が彫られている。
   塔身軸部には、四方に扉型が彫られており、
  中に六字名号が彫られている。摩滅しているの
  で、知らなければ見逃してしまうだろう。
   塔身上部の帯状張り出しの上に、勾欄と首部
  が作り出されている。
   笠は、屋根裏に垂木型が意匠されており、軒
  口は両端でかなり反り上がっている。屋根の傾
  斜は緩いが三筋の降棟が彫られており、装飾を
  意識する時代へと移りつつある背景を物語って
  いるのかもしれない。
   笠上部には露盤が設けられており、そこに相
  輪が載っている。相輪は最下部の伏鉢が喪失し
  ており、請花から上が残っているらしい。別物
  である可能性も考えられる。
   鎌倉末期から南北朝への移行期に制作された
  もの、というのが小生の印象である。
                         

  New
   
     八幡神社宝篋印塔 (滋賀県日野町里口)
   
   
   日野町役場のある松尾から、日野商人街道と呼
  ばれる旧道を2キロ程東へ行った集落である。
   八幡神社は街道に面して建っていた。
   写真の宝篋印塔は、本殿の建つ玉垣の中、向か
  って右側に建っていた。

   相輪は欠落しており、笠の一部は崩壊してはい
  るが、美しいフォルムは失われていない。
   笠は上五段下二段で、隅飾は輪郭のある二弧で
  中は無地、ほぼ垂直に立っている。
   塔身には金剛界四仏の梵字が彫られている。写
  真は、左がウーン(阿しゅく)、右がアク(不空
  成就)である。アクの横に銘文が彫られ、貞治五
  年(1366)南北朝中期の年号が確認されているとい
  う。肉眼ではそれとなく見えた、という程度であ
  る。梵字の彫りは弱々しく、いかにも南北朝とい
  う書体だろう。
   ここでは、上に二段を載せた基礎が最大の見所
  である。壇上積みの形式で、格狭間の中に宝瓶に
  飾られた三茎の蓮華が意匠されている。いかにも
  近江らしい意匠である。
   四面ともに異なった意匠で、写真は蓮華が三つ
  共上向き、右隣は三つ共下向き、左隣は上向きと
  下向きが混在、奥は散蓮華の花びらが彫られてい
  るのである。いかにも手の込んだデザインではな
  いかと思うが、全体的な造形力は退化へと向かっ
  ているのかもしれない。
                               

  New
   
     摂取院宝篋印塔 (滋賀県日野町内池)
   
   
   内池は前掲の里口に隣接する集落である。近鉄
  日野駅のすぐ東に当たる。
   摂取院は、蒲生氏郷の曾祖父高郷の菩提寺とし
  て建立された浄土宗の寺院である。

   本堂の前の一画に広い墓地があり、交差する通
  路の中央に写真の宝篋印塔が建っている。
   一見して違和感が感じられるのは、相輪部分に
  置かれた小宝篋印塔の笠と別物の相輪のせいだろ
  う。小生の最も嫌いな全く別の部材を組み合わせ
  た事例で、信じ難いセンスとしか言い様がない。

   笠は上六段下二段で、三弧隅飾の輪郭内は無地
  である。隅飾の先端はほぼ垂直に立っている。
   塔身には、金剛界四仏の梵字が四方に彫られて
  いる。写真は右がアク(不空成就)、左がウ−ン
  (阿しゅく)で、ウーンの脇に元応二年 (1320)
  鎌倉後期の年号が彫られている。相当磨滅してい
  て判読は困難だった。
   梵字は、やや切れ味の鈍い書体で、薬研彫りの
  溝は浅く、鎌倉期の力強さは失われている。
   基礎は上に二段を備えた壇上積式で、格狭間の
  中に宝瓶三茎蓮文様を意匠している。背面のみ蓮
  の無い無地だった。
   早急に相輪の醜悪な部材を外し、相輪も無けれ
  ば無いままの姿に、一刻も早く戻してほしいと念
  じる次第である。
                                 

  New
   
     禅林寺層塔 (滋賀県日野町猫田)
   
   
   摂取院の南に猫田という集落が在り、禅林寺
  は入り組んだ判りにくい場所に隠れるように建
  っている。
   創建は不明だが、江戸初期に黄檗宗として再
  建されたのだという。

   境内に入って直ぐ右手、お堂の前に写真のい
  かにも古そうな層塔が建っている。
   現在は四重塔だが、形状からも当然従来は五
  重塔であっただろうと思われる。
   相輪は完全に失われている。
   基礎の正面に梵字「ア」が彫られているが、
  これは胎蔵界大日如来を象徴している。

   各層の屋根と軸部は別石で、屋根は緩い傾斜
  で軒口は薄く、両端の反りも微妙で見るからに
  古式を思わせる。軸部の大きさは、初層と二層
  目に段差があるように思われる。
   かなり磨滅はしているものの、鎌倉中期は下
  らない、初期にかけて制作されたものと推察出
  来る。

   層塔の右に石燈籠が建っているが、完存する
  宝篋印塔の部材に燈篭の火袋と基礎を加えた悪
  質な仕立てで、管理者の方がまともな美意識と
  歴史観をお持ちならば、即刻正常な宝篋印塔に
  戻していただきたい。
                                              

   
   
     比都佐神社宝篋印塔 (滋賀県日野町十禅師)
    
      
   日野町に十禅師という珍しい名の集落があり、
  その村外れに木立に囲まれた静かな別天地とも言
  える当社が在る。
   参道を歩けば、拝殿の手前左手に大きなこの宝
  篋印塔を見る事が出来る。

   先ず目に入るのは基礎の装飾だろう。四方は輪
  郭線に縁取りされ、その中の格狭間には写真の向
  かい合った二羽の孔雀のほか、蓮華の花や銘文な
  どが彫り込まれている。近江文様を代表する孔雀
  が、特に素晴らしかった。
   次に塔身の梵字種子だが、ここでは胎蔵界四仏
  が彫られている。写真は、蓮座に載った月輪の中
  に彫られた「ア(宝幢如来)」である。
   笠の隅飾は三弧であり、笠上の段が七段と豪華
  な造りになっている。堂々として見えるのは、こ
  れらの意匠によるものだろう。
   塔身に銘文が彫られているのだが、摩滅してい
  てほとんど読めない。嘉元二年(1304)という紀年
  銘があるはずなのだが、言われてみれば微かにと
  いった程度だった。
   相輪は失われているものの、全体に品格の漂う
  落ち着いた風格ある宝篋印塔である。近江地方の
  鎌倉時代後期を代表する秀作である、と言える。
         

  New
   
     慈眼院宝篋印塔 (滋賀県日野町大窪)
   
   
   大窪は日野中心部松尾の南に隣接する地区で、
  慈眼院は山門の中に整然とした雰囲気が感じられ
  る曹洞宗の禅寺である。
   本堂前の松の大木の根元に、写真の宝篋印塔が
  建っている。

   相輪は、宝珠・請花・九輪・請花・伏鉢が完全
  に揃っている。九輪に折れた際の割目が有るが、
  ほとんど問題無い。単弁八葉の下部請花や見事な
  伏鉢が力強い。
   笠は上五段下二段で、隅飾は二弧輪郭内は無地
  でやや外側に傾いている。
   塔身には金剛界四仏の梵字が月輪内に彫られて
  おり、写真の梵字はアク(不空成就)だが、右側
  に暦応二年(1339)南北朝前期の年号が彫られてい
  る。言われて微かに読める程度である。
   梵字の彫りは浅く、薬研彫に迫力が感じられな
  い。南北朝の特徴の一つ、だと言えるだろう。
   基礎は基盤が無く、直接地面に置かれている。
  上部に複弁反花座と薄い一段を設け、塔身を受け
  止めている。側面は壇上積式で、中に格狭間を意
  匠している。格狭間内には、三面に三茎蓮文様が
  描かれており、背面のみに散り蓮華が彫られてい
  る。
   近江文様の魅力もさることながら、近江の石造
  美術の質の高さがしみじみと感じられる。
                                              

  
   
     蒲生貞秀廟所宝塔基礎 (滋賀県日野町村井)
   
   
   古い家並が続く村井の町の中心に、室
  町以降この地を統治した日野城主蒲生貞
  秀の菩提寺である信楽(しんぎょう)院
  が建っている。
   寺の裏手は谷になっており、畑の向こ
  うの竹薮の丘陵に貞秀の廟所が在る。
   墓石は江戸期の五輪塔だが、その台石
  に鎌倉後期の宝塔の基礎が流用されてい
  る。出自は不明である。
   壇上積式輪郭の中に格狭間が彫られ、
  中に向かい合う二羽の孔雀が意匠されて
  いる。次に掲載する比都佐神社の宝篋印
  塔基礎にも匹敵する、近江文様の傑作の
  ひとつである。
   左右の側面には、中心が開花と蕾の二
  種の宝瓶三茎蓮が、そして背面には開蓮
  華が配されており、さながら近江文様の
  原点のような存在となっている。
                             


  New
   
     雲迎寺宝篋印塔 (滋賀県日野町音羽)
   
   
   日野町の中心から四日市へ通じる国道477号
  線を、西へ4キロほど行ったあたりの山あいに、
  この浄土宗の寺院が建っている。
   さつき寺という愛称を持つほど、境内はさつき
  で覆われている。

   本堂の西側に大きなさつきの築山が在り、中腹
  に写真の宝篋印塔が建っていた。貞和五年(1349)
  の銘が確認された、南北朝前期の塔である。

   相輪は、立派な伏鉢と単弁文様の請花が特徴だ
  が、九輪の上端から上が喪失している。
   笠は、上六段下二段で、隅飾は二弧、輪郭内は
  無地、ほぼ垂直に立っている。この地方の宝篋印
  塔の隅飾は、南北朝期でも垂直に立っており、大
  きな傾斜を見せる事例は少ない。

   塔身には、四方に金剛界四仏の梵字が薬研彫り
  されている。その筆致に力強さは見られない。
   写真の梵字は、影部分がキリーク(弥陀)、右
  側がタラーク(宝生)である。
   
   基礎上部の単弁三葉反花が、心憎い装飾となっ
  ている。
   基礎は壇上積様式で、格狭間の中に三面は宝瓶
  三茎蓮の文様が、そして残りの一面は素地という
  意匠になっている。
                                           

  New
   
     八幡神社宝篋印塔 (滋賀県日野町北畑)
   
   
   先述の音羽で西明寺へと通じる県道へと入り、
  直ぐに北畑へと通じる分岐に着く。
   北畑集落の中程に八幡神社があり、本殿へは石
  段を登って行くことになる。
   本殿の御神体は、神社だというのに阿弥陀如来
  で、神仏混淆の名残なのだろう。

   本殿の左側の崖を背にして、切石の基壇上に端
  正な宝篋印塔が建っていた。

   塔身正面の梵字キリーク(弥陀)の横に、正安
  元年(1299)鎌倉後期という、中期に限りなく近い
  魅力的な年号が彫られている。
   塔身には、金剛界四仏の梵字が、月輪や蓮座は
  無くそのまま薬研彫されている。筆致はやや浅い
  が、大らかな書体である。

   相輪は、上の宝珠から下の伏鉢までが完存して
  おり、特に下請花の単弁八葉の花弁が美しい。
   笠は、上五段下二段で、ほぼ直立する二弧の隅
  飾の輪郭の中は素地である。
   上部に二段を構えた基礎は、壇上積み式で中に
  格狭間が彫られている。残念ながら、格狭間の中
  は無地だった。

   笠の背面の一部が破損しているが、全体に均整
  の取れた秀逸な古塔の一つだろう。
                                 

  New
   
     西明寺宝塔 (滋賀県日野町西明寺)
   
   
   北畑から県道をさらに登って行った突き当り、
  町の東端竜王山の山裾に建つ臨済宗永源寺派の寺
  院である。元は天台宗だったそうだ。
   本堂裏の山中に墓地があり、歴代住職の卵塔と
  並んで右端あたりに写真の宝塔が建っている。
   傾斜したままで、やや乱雑に扱われている感が
  あるが、鎌倉後期の特徴を示すれっきとした古塔
  である。

   相輪は、九輪の中程から上が欠落している。
   上に露盤を備えた笠は屋根の傾斜が緩やかで、
  棟降が効果的に意匠されている。
   軒口は程良い厚さで緩い曲線、両端がやや強く
  反り上がっている。
   笠裏には、一重の垂木型が彫られている。

   写真は右側面からのものだが、正面にのみ扉型
  が線彫りされている。
   塔身上部は、装飾の無い勾欄と首部とによって
  構成されている。
   上部に円形座を設けた基礎は、側面に輪郭を巻
  き、中に格狭間を彫っている。

   墓地左側に、笠のみが鎌倉期の宝篋印塔や、乾
  元二年(1303)鎌倉後期の年号が入った宝篋印塔の
  基礎などが保存されている。
                                            

    
   
     寂照寺宝篋印塔 (滋賀県日野町蔵王)
     
    
   日野町の東外れに蔵王という集落があるが、
  この寺は街道沿いの小高い丘の上に静かに建っ
  ている。
   本堂の前庭左手に、写真のような宝篋印塔と
  宝塔の二基がさりげなくたたずんでいた。
   宝篋印塔の隅飾が古式の馬耳状であるのを見
  ただけでも、この塔が相当古いものであること
  が判る。

   隅飾は一弧で装飾は無いが、それがかえって
  簡素ながら格調高い洗練された味わいを感じさ
  せる。
   塔身には、蓮華座に載る四方仏が半肉彫で表
  されており、均整の取れた立ち姿となっている。
   基礎には輪郭、格狭間が意匠され、その中に
  三本の蓮華が彫り込まれている。やや摩滅して
  いて、写真ではよく見えない。
   塔身や基礎の優れた装飾と、笠の簡素な古式
  とはやや異質だが、これは鎌倉中期から後期へ
  の過渡期だったのではないかと解釈した。

   写真奥の石造宝塔も見応えのある作品で、鎌
  倉後期のものである。いずれも相輪は後補であ
  る。
          

       
    
     寂照寺宝塔 (滋賀県日野町蔵王)
    
    
   宝篋印塔については前項に掲載したのだが、この
  お寺の境内には重要文化財に指定された鎌倉後期の
  宝篋印塔と、この石造宝塔とが並んで建っている。
   静かな山里の鄙びた古寺の狭い前庭であり、この
  貴重な二基の石塔がさりげなく並ぶ様は、何とも贅
  沢な眺めであり、石造美術愛好家にとっては至福の
  時間だと言える。

   上から順番に観て行こう。
   相輪は堂々とした太さで、宝珠・請花・九輪・請
  花・伏鉢が完存して露盤に乗っている。但し、後補
  の可能性を挙げる人もいるらしい。
   重厚な感じのする笠は、屋根の四隅に降棟を彫り、
  傾斜は微妙な膨らみを見せている。軒の両端に反り
  があり、厚さも鎌倉末期の様式そのままのようだ。
   笠下に一重の垂木型が設けられ、二段に造られた
  首部と縁板状の彫られた塔身に繋がっている。
   塔身の四方には、セオリー通りに扉型が彫られて
  いる。教義からも必然的といえる様式なのではある
  が、どうも意匠として優れていると思ったことは一
  度も無い。
   基礎四面には格狭間が彫られ、三茎蓮や開蓮華が
  各面に彫られている。背面のみ無地である。
   近江の石造宝塔の基礎には、ほとんどの場合、こ
  うした格狭間に蓮華文様が施されており、近江式と
  称されている。
   銘は無いが、鎌倉末期の制作と考えて間違い無さ
  そうである。
           

   
   
     正法寺宝塔 (滋賀県日野町鎌掛)
   
    
   日野の中心部からはかなり離れた、山の中の小さ
  な集落にこの寺はある。
   大きな墓地があるのだから、お寺としては現役な
  のだろうが、本堂周辺や境内はひっそりと静まり返
  っていた。
   宝塔は境内より一段高い、墓地への上り口の階段
  脇に建っていた。
   いかにも堂々とした風格は、一目で鎌倉後期と素
  人にも言えるほど典型的なフォルムに見える。
   重要文化財の解説板には正和四年(1315)の造立、
  と記されていたので満更でもない気分になった。
   基礎の四方には輪郭・格狭間が施されており、特
  に正面だけに蓮華が彫られている。
   塔身の上部は縁取りをしたようになっており、軸
  部四方に扉型が彫られている。
   二段の首部と軒下の垂木型が荘重であり、厚い軒
  の反りは両端で剛毅な曲がりを示している。
   相輪も完璧で、どこを切り取っても鎌倉後期とし
  ての見事な特徴を見ることが出来る。
   ただ、そのことは、様式が時代と共に定型化して
  きている証拠であり、それ以降は造形的な力強さを
  次第に失っていくこととなるのである。
         

           このページTOPへ  石造美術TOPへ 

  次のページ (近江西部の石塔) へ  前のページ (中部・北陸・東海の石塔) へ 

     日本庭園TOPへ  ロマネスクTOPへ  世界の建築
   
       古代巨石文明TOPへ  総合TOPへ  掲示板へ