石塔(層塔・宝塔・宝篋印塔・五輪塔)
     (1)
東日本(関東以北)の石塔巡拝 
        
       
   石塔には多重層塔、宝塔、多宝塔、
五輪塔、宝篋印塔、笠塔婆など、多く
の形式がある。
 鎌倉期を中心とした中世の作品には
独特の美しさを秘めた遺品が多く、石
塔の探訪を目的とした旅がライフワー
クになりつつある。

 全国を旅して訪ねた石塔の中から、
特に印象に残った名品を、地方ごとに
御案内したいと思う。
 どうしても関西が中心となってしま
うので、変則的な区分けを御了承頂き
たい。

 東日本は都からは僻遠の地だが、平
泉や鎌倉を中心に独特の文化が栄えた
証しを石造美術にも見ることが出来る。

       杉本寺(鎌倉)の五輪塔群
 
                        

      
    
     中尊寺願成就院宝塔(岩手県平泉町)
     
     
     中尊寺の金色堂へ至る参道は、両側に幾多の寺
  院や御堂が並ぶ杉木立の聖域である。
   願成就院はその内の一つで紅葉の名所であり、
  多くの写真家が競って鮮やかな綾錦を記録してい
  たが、同じ境内に在るこの石造宝塔に眼を向ける
  人は私たち以外にはほとんどいなかった。
   釈尊院の五輪塔と共に、中尊寺に在る石造美術
  の傑作として重要文化財に指定された、これも平
  安期屈指の名品なのだが、紅葉のほうが有難いの
  だろうか。

   釈尊院五輪塔の塔身に、宝塔ならではの首部が
  加わったようにも見え、共に古式豊かな美しさを
  今日まで充分保っている。
   笠の姿や塔身の肩の張り具合などは、瓜二つと
  言える程似ている。これを有頸五輪塔という分類
  で、五輪塔の仲間に入れる学者もいるらしいのだ
  が、塔身の梵字が水輪の「バ」ではなく、金剛四
  仏を表す梵字のように見えたので、やはり宝塔と
  するほうが無難かもしれない。
   どちらにせよ、均整のとれた美しさは別格で、
  いい石塔だなあ、というのが実感だった。
                   

                    
              
     中尊寺釈尊院跡五輪塔 (岩手県平泉町)
                  
           
     写真の五輪塔は、有名な中尊寺金色堂の裏山の、
  全く観光ルートから外れた場所にひっそりと立って
  いる。一般は立ち入り禁止区域なので私達は寺務所
  にお願いをし、特別に見学を許可していただいた。
  熊の出没を注意されたので、ちょっと怖かった。
   
   鬱蒼として昼なお暗い雑木林の小高い所が墓地の
  ようになっており、かつて釈尊院という寺院が在っ
  た場所らしい。石塔や板碑が並んでいて、石造美術
  ファンにはたまらない環境である。

   とりわけこの五輪塔は、日本最古のものとして国
  の重要文化財に指定された貴重な遺品である。
   五輪を象徴するキャ・(カ)・ラ・バ・アの梵字と
  共に、仁安4年(1169)という飛び切り古い紀年銘が
  彫られている。

   風輪は喪失したらしいが、火輪の笠の反りが少な
  いことや厚さが無いこと、水輪が円形ではなくずっ
  しりと角張っていること、などがいかにも平安期と
  いう飛び切り古い時代を物語っている。
   鎌倉期より古い石造物には滅多にお目にかかれな
  いが、これは正に優美な稀代の傑作である。
 
                   

                  
           
     風立寺宝篋印塔 (山形市下東山)
                   
              
 
   「ふうりゅうじ」と読む寺で、山形から山寺へと
  向かうJR仙山線の高瀬駅から、少し山間に入った
  場所にある。
   ここに東北では貴重な、鎌倉期と思われる宝篋印
  塔の遺構が保存されている。

   宝篋印塔は阿弥陀堂の右手奥、少し小高くなった
  斜面に、写真のように少し傾いて建っていた。

   基礎の側面は無地だが、上部に厚みの無い三段が
  設けられ、その上に塔身が乗っている。
   塔身の正面だけだが、蓮華座に乗る月輪の中に、
  梵字「アーク」が彫られている。これは、胎蔵界大
  日如来を象徴しており、他の面は無地のままである。

   笠は上部五段に二区の露盤、下部は薄い三段とい
  う変則的な造りである。
   最大の特徴は隅飾で、二弧輪郭付きの幅広な形は
  余り類例の無い珍しいものと思われる。
   軒の両端が斜めにカットされているので、隅飾も
  その傾斜に合わせてやや外側に反っている。

   相輪は失われ、全体的に荒れ果てた印象は拭えな
  いが、見るからに凛とした古色の風貌と、歴史が醸
  し出す立ち上がって来るような香りとが、この旅で
  捨て難い感動を与えてくれたのだった。  
                   

       
    
     祥光寺宝塔 (茨城県桜川市大和)
    
    
     古いネガを整理していたら、何と 1977 年の
  春に、土浦に居た友人と筑波界隈の歴史散歩を
  した際に撮影した、この宝塔の貴重な映像が見
  つかった。
   そんな若い頃からこういう石造美術に興味を
  抱いており、旅へ出れば、酒場と墓場ばかり歩
  いていたのだから、やはりかなりの変人の部類
  に入ることだけは確かなようだ。
   ここは坂東札所である雨引観音に近い、まこ
  とに鄙びた静かな寺だった。

   本堂の前庭の端に建っていたこの美しい石塔
  の姿は、建仁二年(1202)と彫られた大きな刻銘
  と共に、とても印象的だった事を覚えている。
   実は、在銘の宝塔としては、最古の貴重な逸
  品だったのである。
   余り膨らみの無い円筒形の塔身や、厚みがそ
  れ程無く微妙に反った軒、軒裏に垂木型を持つ
  笠など、鎌倉初期に相応しい優美で古風な美し
  さをたっぷりと示している。
   基礎は大半が埋まってしまっているのだろう
  と思うが、相輪は根本を残し大半が喪失してい
  るのが残念である。
                   

      
    
     東根宝塔 (栃木県下野市上坪山)
    
    
     小山市の東北に位置し、東北本線小金井駅の
  東、旧南河内町の二宮へ通じる県道の旧道に入
  った所に建つ蔵王堂の脇に在る。
   以前は草むらだったが、現在は柵の付いた屋
  根のある小堂に保存されている。

   相輪のほとんどが失われているが、笠は緩い
  傾斜の古式な風貌であり、軒の反りは両端に少
  しだけ見られるが、全体的には落ち着いた風雅
  な姿をしている。
   塔身の軸部分は、前掲の祥光寺宝塔に似て長
  い円筒形であり、膨らみの無い素朴な造形であ
  る。柵に隠れて見えないが、笠下の首部も背が
  高く、これは相当古い宝塔であることが想像さ
  れた。
   塔身に彫られた梵字は金剛界四仏の種子で、
  大きな月輪の中に薬研彫りされている。写真の
  梵字はタラークで、四仏の一つ宝生如来を表わ
  している。四仏は、時計回りで、キリーク(弥
  陀)、アク(不空成就)、ウーン(阿しゅく)
  と続いて塔身を囲んでいる。方位は手前が南に
  該当している。かなり剥落が激しいが、おおら
  かな筆致の書体が好ましい。
   現在刻字は判読不可だが、拓本によれば父母
  の成仏を祈願して造立されたもので、元久元年
  (1204) という鎌倉初期の年号が確認出来る。
  やはり格別古いものであった。   
                        

         
    
     宗本寺宝篋印塔 (群馬県中之条町下沢渡)
    
    
     中之条の町から四万温泉へ向かう国道の右手の
  山の中、杉木立に囲まれた静かな佇まいの寺院で
  ある。
   宝篋印塔二基は、本堂の左奥の小堂の中に保存
  されている。
   撮影は囲いの柵の間からしか出来ないので、不
  自然なアングルとなってしまっている事を御了承
  いただきたい。
   写真でもお解りの通り、通常の宝篋印塔とは違
  って、笠と塔身が二重になっている。これは、群
  馬や埼玉などの関東地方に多く見られる珍しい形
  式なのである。関西には三重の事例も多い。

   下から、二区格狭間の基礎、一層目の塔身、方
  形の勾欄と階段の付いた笠(屋根)、二層目の塔
  身、隅飾の付いた二層目の笠、相輪、という造り
  になっている。
   写真奥の塔は相輪まで完備した見事な作で、特
  に一層目の笠部分の造形が面白く、四方に設けら
  れた階段が最も楽しい。二層目の塔身に彫られた
  四仏種子(梵字)は、どういった四仏を表現して
  いるのかは小生には判らない。
   笠は隅飾、三段の屋根と露盤、堂々たる相輪な
  ど、端正な造りで見飽きない。
   造立年号は康永三年 (1344) で、南北朝の前期
  にあたる。
   手前のもう一基もほぼ同様の仕様だが、やや小
  さく相輪は後補で、康永四年の作である。
                   

         
    
     長福寺五輪塔 (群馬県東吾妻町岩井)
    
    
     中之条から町の南を流れる吾妻川
  を渡れば、そこが東吾妻町である。
  旧吾妻町と旧東村が合併して出来た
  平成の町だが、従来からの牧歌的な
  雰囲気は失われていないのが嬉しい。
   川を隔てて中之条駅と向かい合う
  位置の、やや小高い雑木林に囲まれ
  た山間の古寺である。現在は無住の
  荒れ寺となってしまっているが、五
  輪塔はひっそりと保存されていた。
   本堂の右側に、写真の三基の石造
  五輪塔が並んでいる。
   中央の塔に銘が彫られており、貞
  和五年 (1349) という年号や造立趣
  旨を確認出来る。南北朝前期で、地
  元の豪族の墓碑であったらしい。
   塔の特徴は笠(火輪)で、屋根の
  勾配が急であり、薄い軒と両端の反
  り具合に顕著である。
   豪快な鎌倉期の造形から、端正な
  風貌の南北朝へと移行しつつある時
  代性が感じられる石塔である。
                                  

         
    
     金蔵寺宝篋印塔 (群馬県渋川市金井)
    
    
     渋川の町の北側、市街地を抜けたあたりに金井
  の集落がある。寺は集落の外れに在って、広大な
  墓地を隣接している。
   岸氏の墓域に建つ写真の宝篋印塔は、前掲の宗
  本寺の事例と同じ二重宝篋印塔であった。

   下から順番に構造各部を眺めてみよう。
   基礎は二区の格狭間、その上に三段の段型、背
  の低い一層目の塔身と続き、一層目の笠を意匠し
  ている。やや苔むして判然としないが、勾欄に隅
  飾と中央階段があったことが判る。笠下にも三段
  の段型が設けられている。
   二層目の塔身(軸部)は輪郭を巻いた立派なも
  ので、胎蔵界四仏種子(梵字)の薬研彫りが端正
  な美しさを示している。写真は「アン」で無量寿
  を象徴している。他の三仏は時計回りで、天鼓雷
  音(アク)、宝幢(ア)、開敷華王(アー)と続
  いている。
   塔身上の笠下は二段、笠は三段の上に露盤とい
  う意匠で、大小二個の円形を浮彫した隅飾(耳)
  が残っている。
   相輪の上部が欠落しているのは残念だが、全体
  的に堂々とした容姿がいかにも無骨な関東風であ
  るところに心惹かれるものがある。
   康永二年 (1343) という南北朝前期の銘がある。
                        

         
    
     町田氏邸笠塔婆 (群馬県渋川市石原)
    
    
     渋川市外の西側、榛名山の山裾の傾斜が広が
  る農村地帯の旧家である。
   見学をお願いし、撮影の許可を頂いた。
   入口を入った左手の前庭の一角に建っている
  笠塔婆で、国の重要文化財に指定された知られ
  ざる逸品である。

   高さは約
220cmで、幅約30cmの方柱形の塔
  身が基礎の上に建っている。
   塔身の四方には梵字が彫られているが、良く
  見るとそれは五輪塔の四門を象徴する「キャ・
  カ・ラ・バ・ア」と、方位によって変化する定
  型であった。梵字の筆致は洗練されたもので、
  優美な薬研彫りが美しい。
   その下四方には、「南無阿弥陀仏」や「即身
  成仏」「過去幽霊」などといった刻字と共に、
  延文元年 (1356) という南北朝前期の年号を読
  むことが出来た。
   塔身上部に笠が載るが、突起の凹凸で嵌め込
  まれているという。
   笠は緩やかな傾斜の屋根で、然程厚くない軒
  下の反りはほとんど無く、屋根側に少し反りが
  入れられている。
   笠の上の請花、宝珠は、五輪塔の空輪、風輪
  のように造られている。
   時代的な弱さは感じられるが、優美な完成品
  の一つとして鑑賞できる傑作のひとつである。
                             

         
    
     上大島笠塔婆 (群馬県高崎市榛名町)
    
    
     高崎市から榛名山麓、吾妻方面へと通じる国
  道を、西北に約
8Kmほど行ったあたりにある集
  落である。
   集落の中心に建つ公民館の前の道に面した一
  画の囲いの中に、数基の石仏と一緒に祀られて
  いる。

   平板な基礎の上に建つ方柱型の塔身で、上に
  前部の欠けた六角形の笠が載っている。
   写真で見る通り、塔身正面の光背を舟形に彫
  り込んだ中に、阿弥陀如来立像が厚肉彫りされ
  ている。
   円形頭光を背に蓮華の上に立ち来迎印を示す
  阿弥陀像だが、残念なことに顔の部分が破損し
  ている。しかし、石仏として見ても味のある作
  であり、石造笠塔婆としては完成度の高いもの
  と思える。
   さらに、左側面に毘沙門天立像、右側面に不
  動明王立像を、それぞれ線刻している。
   塔身正面の阿弥陀像の下に、文永元年 (1264)
  鎌倉中期の銘が彫られている。
   造立期の笠は当然方形であったのだが、現在
  の六角形の笠は近年他から流用されたものと考
  えられる。
                       

          
    
     玄頂寺五輪塔 (群馬県高崎市阿久津町)
    
    
     高崎市の倉賀野から、町の南を流れる烏川を
  渡った所が阿久津である。鏑川が合流する三角
  州のような一帯である。
   鎌倉中期の阿弥陀図像板碑として知られる山
  の上碑のある山名町に隣接している。
   この寺は質素な山門が我々を迎える曹洞宗の
  禅寺で、17世紀初頭の開基とのことである。

   境内の外れの木陰に、この愛らしい石造五輪
  塔が建っていた。
   全体像は誠に洗練された瀟洒な姿で、均整の
  とれた美しい塔である。
   空輪と風輪はやや小さい感じがするが、基礎
  に刻まれた康永二年 (1343) という南北朝前期
  の年号からも、鎌倉期の豪放さは失われ、優雅
  な秀麗さを備えた時代へと移っていた事が判る。
   火輪(笠)の軒が薄く、屋根の傾斜が緩やか
  であり、両端が微かに反っているのは古式を模
  したものと考えられる。
   水輪四方に梵字が彫られているが、従来の五
  輪塔四方門の水輪(バ・バー・バン・バク)の
  みが彫られているのが珍しい。水輪のみ別石の
  可能性も捨てきれない。
   基礎に「逆修」の文字があり、生前供養のた
  めの逆修塔であったことが判る。
                              

         
    
     山上三重塔 (群馬県桐生市山上)  
    
    
     山上は旧勢多郡新里村に属していたが、平成の
  市町村合併で桐生市に併合されている。
   しかし、桑畑の広がるこのあたりの景観は、一
  昔前と余り変わっていない様にも見える。

   下から三重目の軸部に銘文が刻まれており、造
  塔の趣旨と共に延暦二十年 (801) という桁違い
  に古い年号(平安前期)が確認出来るそうだ。関
  西には奈良期の遺構があるが、関東では最古の層
  塔である。

   塔は一石から彫られたもので、方形三層の三重
  塔である。各層ともに屋根の軒の出方は小さく、
  ずんぐりとした印象は地方色に満ちた素朴な古様
  を示している。
   最上部の屋根と相輪は別石で、後の時代に補修
  されたものと考えられる。
   石塔を納めた堂宇は周囲に低い柵が設けられて
  はいるが、見学には全く支障は無い。しかし、残
  念なことに四方が全てガラス張りになっているの
  で、撮影にはやや不向きな設備ではある。

   ちなみに、日本の在銘のある古塔としては、奈
  良明日香の龍福寺層塔(天平勝宝三年)に次ぐも
  のとして貴重な存在である。
                  

          
    
     天増寺宝塔 (群馬県伊勢崎市下植木)
    
    
     伊勢崎市の中心部から程近い下植木町に在る曹
  洞宗の禅寺で、壮麗に彩色された山門が美しい。
  破風の付いた二層の門で、伊勢崎藩主の菩提寺に
  相応しい堂々とした風格を示している。

   写真の宝塔は、境内の一画に建つ小堂の中に保
  存されている。堂の構造は四隅の柱だけで、低い
  柵が四方に張り巡らされているが、石塔鑑賞には
  何の支障も無いのが嬉しい。

   塔の高さは
224cmとのことで、どっしりと落ち
  着いた佇まいである。
   高さ
60cmの基礎には安定感があり、三方に二
  区の輪郭が巻かれている。
   塔身はやや瓜型ではあるが、ほぼ球形に近い安
  定した形をしている。首部がはっきりしないので
  五輪塔のようであるが、相輪の存在が明らかに宝
  塔であることを示している。宝珠の下に大きな水
  烟が付けられており、九輪・請花・伏鉢という完
  全な様式である。
   笠はややふっくらとした印象で、屋根の反りは
  比較的緩やかである。軒はやや厚めで、反りは両
  端に少しだけ見られる。
   貞和二年 (1346) という南北朝前期の造立だが、
  市内では最古の在銘であるという。
                         

         
    
     赤城神社宝塔(群馬県伊勢崎市下植木)
    
    
     前掲の天増寺からは至近の神社で、二基の石
  塔が境内の左奥に建てられた小堂の中に保存さ
  れている。

   写真手前が石造宝塔で、観応二年 (1351) と
  いう南北朝前期の銘を持っている。
   相輪は後補で、見劣りがする。
   笠の屋根は傾斜のきつい背の高い造りで、軒
  の反りが薄く、両端(軒口)を斜めに切ってい
  るので、やや重厚感には乏しい気がする。
   首部の付いた塔身はすっきりとした壺形で、
  平板な中に均衡の取れた清楚な美しさを主張し
  ているように見える。
   基礎部分に銘文が刻まれているが、「多宝涌
  現」とか「釈迦出世顕」などと言う文字が見え
  ることから、霊鷲山の宝塔出現と法華経の価値
  を賞賛しているものと思える。写真の看板にも
  あるが、共行人数として十人の僧侶などの名が
  刻まれており、檀家や施主の名と共に逆修(生
  前供養)のために建立されたものである。
   観応二年 (1351) 南北朝前期の銘がある。

   奥に建つもう一基の石塔は二重の宝塔と考え
  られるが、同様の趣旨の刻銘が見られる。
   二重に見えるのは、首部と勾欄が強調されて
  いる珍しい形式だからである。
   貞治五年 (1366) 南北朝中期の銘がある。
                     

          
    
     長楽寺宝塔 (群馬県太田市世良田)
    
    
     徳川氏発祥の地として知られる世良田は、旧
  尾島町にある古い集落で現在は太田市に合併さ
  れている。
   新田氏の祖でもある徳川(得川)義季が承久
  年間(鎌倉初期)に創建した東日本最初の禅寺
  (臨済宗)だったが、現在は家康に再興されて
  天台宗となっている。
   境内から右手に少し離れた木立の中の文殊山
  に歴代を祀る墓地が在り、多くの石塔が建ち並
  んでいる。

   写真が国の重要文化財に指定された宝塔で、
  並み居る石塔群の中に在って、その堂々とした
  風貌は正に異彩を放っていると言える。
   相輪は無いが、軒厚く緩やかな傾斜の屋根を
  持つ笠は、両端の反りに品格に満ちた反りが見
  られ、剛健な鎌倉期の石塔とは一味違った古典
  的な美しさを見せている。
   首部が長く、背の高い円筒形の塔身は、祥光
  寺や東根の系統に続く素朴な姿である。
   建治二年 (1276) 鎌倉中期、という銘が発見
  されたそうだが、いかにもという感がする。
   この墓域は丸で石造美術の展覧会のように、
  中世の宝塔や宝篋印塔、板碑などが林立してお
  り、見るべきものも多い。   
                       

  New  
    
      普済寺六面石幢 (東京都立川市柴崎町) 
   
   
   JR立川駅の南西1キロ強の高台に、臨済
  宗建長寺派のこの寺院が建っている。広い境
  内を有する名刹で、武蔵七党の豪族立川氏の
  館が在った場所だそうだ。

   本堂の脇に保存された数十基の板碑は壮観
  で、正中三年碑など貴重な板碑が含まれる。

   ここでの目的は、何と言っても国宝に指定
  された石造の六角石幢である。
   板碑形式で彫られた六枚の緑泥片岩の板石
  を、正六角形に組み合わせたものである。
   六角の笠や請花、宝珠なども完存する。
   六面それぞれに、四天王(持国天・増長天
  ・広目天・多聞天)と仁王像(阿像・吽像)
  が、板彫りのような手法で陽刻されている。
   いずれの像も火焔光を光背にし、躍動的な
  忿怒像として表現されている。
   上部の空間には、三弁宝珠や天華などが散
  りばめてある。
   写真は仁王像の部分で、右が阿像、左が吽
  像である。
   広目天像の右側に延文六年 (1361) 南北朝
  前期の年号を確認出来る。時代に相応しい精
  緻で優雅な彫刻である。
             

             
           
     東漸寺五輪塔 (神奈川県横浜市磯子区)
            
            
     横浜磯子区南部の杉田にある禅寺で、鎌倉後
  期の創建になる臨済宗の名刹である。改修はさ
  れたものの、仏殿(釈迦堂)は禅宗様の名建築
  として知られる。

   仏殿の左手前に建つ覆屋の中に、三基の石造
  五輪塔が保存されている。
   右奥の塔は、空風輪を失っているが、火輪の
  屋根の緩やかな勾配や軒の反り具合から、三基
  の中では一番古そうである。
   中央の塔は、五輪全てが完備しており、五輪
  塔四門を象徴する梵字(種子)が見事な薬研彫
  りで刻まれている。火輪の屋根の勾配がやや急
  であり、軒には鎌倉後期と思われる両端の反り
  が見られる。
   左手前の塔は、中央塔よりやや背が低いが、
  各部材の均整感は中央塔に近く、やはり鎌倉後
  期の造立と考えられる。
   いずれも材質は凝灰岩であり、表面が剥離し
  たり一部が崩壊してしまっているが、古塔が示
  す独特の存在感を失っていない事に感動する。

   写真の中央塔の梵字は、修行門(南)の「キ
  ャー・カー・ラー・(バー・アー)」で、発心
  門(東)には「キャ・カ・ラ・バ・ア」が刻ま
  れている。他の二塔にも同様の梵字が彫られて
  いる。
                         

           
           
     称名寺五輪塔 (神奈川県横浜市金沢区)
            
            
     北條実時が蒐集した金沢文庫で知られる称名寺
  には、金沢氏歴代の五輪塔が伝えられている。実
  時の子が二代顕時であり、三代から金沢氏を名乗
  って金沢貞顕と称した。
   実時が大和西大寺の叡尊に深く帰依したことが、
  鎌倉文化の資質に大きく影響したことは間違いな
  いだろう。

   文庫へ通じる道の右上小高い場所に、二基の五
  輪塔が祭られている。写真は向かって右の塔なの
  だが、従来は三代貞顕のものとされてきた。しか
  し、修復の際に左右が逆で、こちらが二代顕時の
  ものであることが判明したという。
   火輪の反りはやや弱弱しいが、厚みは当代を十
  分物語っている。関東式の基礎には格狭間が彫ら
  れるが、ここでは基礎が見られず、直接反花座の
  上に五輪塔が載っている。基礎が埋まっているの
  かどうか判らないが、大和様式の影響は出ている
  ものと思われる。

   従来顕時塔と言われていた左側の貞顕塔は、反
  花座に関東風の子持複弁が用いられており、また
  顕時塔に比して全体的に華奢な感じがするので、
  ほとんど鎌倉末期の作だろうと思われる。
   現在でも、逆のままの表示が刻まれた石碑が建
  っている。
 
                   

    
   
     浄妙寺宝篋印塔 (神奈川県鎌倉市二階堂)
   
   
     金沢文庫から朝比奈峠を越えて鎌倉に入ると、
  最初に御目にかかる名刹である。
   階段を上り山門をくぐると、そこはもう仙境と
  いった風情の寺である。
   本堂裏手の高台が墓地になっており、この宝篋
  印塔はすぐ手前のテラスのような開けた場所に建
  っていた。
   この搭は石造美術の本で取り上げられることは
  比較的少ないかもしれない。紀銘年が室町最初期
  の明徳三年(1392)だからであろうか。
   私は年号に関係なく、名品として印象に残った
  ので取り上げてみた。
   時代を良く表しているのが、隅飾りの傾斜であ
  る。時代が下るほど、傾斜が外に向かって開いて
  くるのが面白い。ここでは、やや傾斜し始めてい
  る程度であり、南北朝から室町にかけてという時
  代が設定できるのである。
   搭身の座仏浮彫が印象的だったし、反花座で仕
  切られた二段の基礎も鎌倉らしい様式である。上
  段は二区に仕切られ、下段は二区格狭間が彫られ
  ている。
   相輪は新しいような気がするが、様式は整って
  おり、関東様式の宝篋印塔として見応えのある作
  品である。
 
                   

      
     
     安養院宝篋印塔 (神奈川県鎌倉市大町)
     
     
     安養院は坂東巡礼の第三番札所となっており、
  第二番札所のある逗子から通じる街道沿いに在る。
   現在の寺域はさして広くはなく、山門を入ると
  直ぐ正面が本堂である。
   重文に指定されたこの宝篋印塔は、本堂の真裏
  に建っている。
   基礎の反花座は見事な彫りであり、基礎、搭身、
  笠の上の露盤などに至るまでが輪郭線で彫り込ん
  であるところが関東形式の特徴であるが、当搭は
  その特徴が最も美しく表現された最高傑作のひと
  つだと言えるだろう。
   高さが3.35mという大型の石塔ながら、各
  部分に繊細な表現が成されていて大味な印象は微
  塵も感じさせない。
   搭身には梵字で金剛界四仏が彫られており、蓮
  座と共に洗練された筆致で彫られている。時代が
  後期なので、初期の板碑などに見られる雄渾な梵
  字でないのは致し方の無いところだろう。左が阿
  弥陀如来(キリーク)、右は宝生如来(タラーク)で
  ある。
   相輪はどうやら後補のようである。
   基礎の一部に、徳治三年(1308)の紀年銘があり、
  鎌倉の宝篋印塔としては御坊谷に在る搭の窪やぐ
  ら内のものに次いで古いものである。
   それにしても、余りの秀麗さに息を呑むようで、
  しばらくは立ち去りがたい思いに駆られていた。
 
                   

          
            
     別願寺宝塔 (神奈川県鎌倉市大町)
          
         
     この寺院は、坂東札所で宝篋印塔の傑作の在る
  安養院に隣接しており、かつては時宗の名刹であ
  ったが、現在は狭い境内と墓地を残すのみとなっ
  ている。

   この宝塔は門を入ったところにある墓地の中、
  参道の左手にすっきりとした姿で建っていた。
   鎌倉時代後期の作品として、国宝館に所蔵され
  ている旧木沢邸の宝塔と共に、まことに貴重な存
  在である。

   最下段は側面二区に格狭間、その上が子持ち式
  の蓮弁による反花座、さらに二区の基礎などが重
  なったところが、典型的な関東式の特徴である。
  関西式とは違った、武家的な風格が感じられる。
   塔身軸部には扉形が彫られたものがあるが、こ
  こでは鳥居のようなものが浮彫されている。

   屋根の反りは初期のものに比べるとかなり大き
  いので、制作年代は鎌倉末期あたりではないかと
  思う。
   高さが3m以上ある堂々たる宝塔で、やや赤黒
  く変色しているが安山岩で造られているようだ。
   相輪はやや貧弱に見えるが、どうやら後世に補
  修されたものらしい。
                   

   
    
     上杉憲方七重塔 (神奈川県鎌倉市極楽寺)
     
    
   この石塔は極楽寺の近くの小高い所に建って
  いるのだが、現在は住宅の真後ろになってしま
  って道路からは全く見えない。

   「道合塔」と呼ぶ人もあるのだが、それは上
  杉憲方の法名である。鎌倉管領の要職にあった
  人で、応永元年に没したという。伝承通り彼の
  墓だとすれば室町最初期の作ということになる
  のだが、確かに全体のプロポーションは弱弱し
  いものになっている。

   屋根の反りも迫力に乏しく、基礎の格狭間や
  初重軸部の四方仏像にも余り魅力は感じられな
  いが、全て輪郭線で囲まれているところは関東
  式の手法である。
   相輪は宝珠、請花が失われ、水烟が先端に来
  ている。露盤にも輪郭が施されており、繊細な
  面を見せている。

   当代の石造美術は、鎌倉時代の質実剛毅な造
  形と比較してしまうと、見劣りは歴然としてい
  る。
   しかし、この塔は、力強さを失いつつ退廃し
  ていく過程での妖しい美しさを見せており、全
  体的になんとも捨て難い魅力を秘めている。
   実は小生、結構好みの塔なのである。

       
      
     東昌寺五輪塔 (神奈川県逗子市池子)
                 
           
     ついこの間まで、浪子不動と呼ばれた高養寺と
  いう寺院に在った石塔で、現在は同じ池子のこの
  寺の境内に移されている。

   全体のバランスを見たとき、地輪がやや高く造
  られていることに気付く。偈文を刻むスペースが
  必要だったからかもしれない。
   そこには、この石塔が行心という人の墓碑であ
  り、乾元二年(1303)の帰寂であったと記されてい
  るのである。
   この年代は鎌倉後期の中でも、石造美術が最も
  充実した時代であり、箱根の五輪塔に次ぐ傑作と
  してこの塔は重要文化財に指定されている。
   高さが1.4mとやや小振りながら、空輪・風輪
  の均整がとれ、火輪の軒は厚く豪壮で豪快に両端
  が反っている。

   水輪の正面にのみ、梵字の種子「バン」が刻ま
  れている。金剛界大日如来を象徴するのか、五輪
  の菩提門水輪を表すのかは判らない。
   地輪より下の基壇部分は後補なので判らないこ
  とばかりだが、反花座や格狭間は似合いそうもな
  いので、箱根のものと同様に関西式に近かったよ
  うな気がする。  
 
                   

  New         
          
     円光寺宝篋印塔 (神奈川県厚木市愛甲)
               
            
     小田急愛甲石田駅の東北直ぐの場所に、臨済
  宗建長寺派のこの寺院が建っている。
   源頼朝の御家人で、弓の名人として知られた
  愛甲三郎季隆所縁の寺としても著名である。

   堂宇や境内はかなり近代的に改修されている
  が、三郎の墓と伝わる宝篋印塔は墓地の一画に
  何とか保存されていた。
   後述の余見宝篋印塔と似た関東様式で、制作
  年代はかなり近いのではないかと思われる。

   基盤と基礎に二区を設け、間に反花座を意匠
  し、塔身を挟んで上下に各三段を設けている。
  余見の塔にとてもよく似ている。
   全く違うのが塔身部分で、こちらは輪郭を巻
  いた中に光背を深く彫りくぼめ、蓮座に載る四
  方仏坐像を浮彫しているのである。
   笠は上六段で、露盤を設けてある。隅飾は摩
  耗してはっきりしないが、輪郭を巻いた三弧の
  ようで、中は無地で直立する。

   相輪部分に他の宝篋印塔の笠が載っており、
  小生が最も嫌いな処方である。貴重な遺構であ
  るが故に、論拠の無い無知な間に合わせ、とし
  か思えない。
                   

  New         
          
     伝大友皇子陵五重塔 (神奈川県伊勢原市日向)
               
            
     7世紀に天武天皇との後継争いに敗れ亡くな
  った筈の大友皇子が、この地へ逃れ余生を送っ
  たという伝説が残る。
   後世の創作だろうが、実際に皇子の陵墓とさ
  れる石造五重塔が残されていた。
   鉈彫りの仏像を拝みに日向薬師へ詣でた帰り
  道、御陵層塔の案内を見つけて寄り道をした結
  果である。

   基礎は輪郭を巻いた中に格狭間が彫られてい
  る。塔身には、輪郭はあるが中は無地で、梵字
  などは全く見られない。
   各層の屋根は適度な厚さの軒口を持ち、緩や
  かな曲線で両端は軽く反っており、いかにも古
  式の風情を見せている。

   最上部の屋根は、下層の屋根とは不釣り合い
  で、相輪も含め、どうやら五輪塔の空・風・火
  輪を代用したのではないか、と思えた。
   部材を組み合わせた単なるサイボーグ塔とし
  て切り捨てるには、中間層の屋根が格別美しい
  ので、導かれて訪ねた折角の御縁でもあり、悲
  運の皇子に敬意を払う意味で、掲載をすること
  にした次第。   
                   

  New         
          
     余見宝篋印塔 (神奈川県大井町上大井)
               
            
     JR御殿場線の上大井駅から東へ直ぐ、地元の
  酒造会社が所有する竹林の中に、源頼朝の墓と伝
  わる宝篋印塔が保存されている。
   頼朝はともかく、関東形式の凛とした秀麗な塔
  であることに驚いた。それもそのはず、基礎部分
  に嘉元二年 (1304) 鎌倉後期という、かなり古い
  年号が刻まれているのである。

   基礎だけではなく、基盤や露盤まで各側面に二
  区を設けている。基礎下には見事な反花座が意匠
  されており、関東様式最古の箱根山塔を基本とし
  て更に進化した様式が見られる。

   塔身は四方に輪郭を巻き、金剛界四仏種子の梵
  字が切れ味鋭い薬研彫りで彫られている。
   笠は上六段下三段で、塔身下にも三段が設けら
  れている。隅飾は二弧で中は無地、ほぼ直立した
  古塔形式である。
   相輪は九輪部分が欠落しているが、おそらくは
  別物だろう。

   質実剛健なイメージの、関東形式らしい隙のな
  い姿かたちの整った美しい宝篋印塔である。
                   

           
          
     箱根山五輪塔 (神奈川県箱根町)
               
            
     曽我兄弟と虎御前の墓として案内されており、箱
  根の旧道を車で走れば芦ノ湯近くで目に付く。私は
  箱根へ行くたびに、この三基の五輪塔の前で車を止
  めることにしている。

   五輪とは、順に空輪・風輪・火輪・水輪・地輪の
  五つである。塔の形というのは不思議なもので、宝
  珠・請花・笠・塔身・基礎の五つが共通しており、
  五輪塔はその究極の姿という気がする。密教におけ
  る梵字では、キャ・カ・ラ・バ・アで表現される。
   二基の塔身部には、水輪を表す梵字「バ」の代わ
  りに地蔵菩薩立像が彫られており、この地に有った
  地蔵信仰の痕跡と考えられる。曽我兄弟の伝承は、
  各地の墓伝説の一つだろう。
   火輪の笠は時代が下がる程妙に反り返ってくると
  同時に、塔身とのバランスが崩れてくる。どの時代
  にも、誰もが美しいものを造ろうとしているのに、
  ほとんどの場合古いもの程良い。創造当初の美意識
  や情熱が失われ、技術や上辺の様式のみが継承され
  てしまうからである。
   その意味で鎌倉後期のこの作品は、五輪全ての均
  整がとれた最も石造美術の爛熟した時代に咲いた美
  しい花の一つだ。
 
                   

          
                  
     箱根山宝篋印塔 (神奈川県箱根町)
               
            
     前掲の五輪塔群を通り過ぎて元箱根方面へと
  向かうと、すぐ右手に精進池が見えてくる。
   宝篋印塔はそのすぐ崖下に建っているが、樹
  木が繁茂していると見過ごしてしまう。

   高さ
265cmという、国の重要文化財にも指
  定された堂々たる宝篋印塔で、多田満仲の塔と
  いう伝承がついているが根拠は無い。
   相輪は宝篋印塔のものではなく、おそらく後
  世の追補だろう。
   笠の上段は六段と露盤、笠下は三段で、隅飾
  は小さめな二弧無地となっている。
   塔身は周囲に輪郭を巻いた中に、胎蔵界四仏
  を表現している。正面には、舟形に彫り込んだ
  中に蓮華に坐す釈迦如来(天鼓雷音)像が半肉
  彫りされている。写真に見える梵字は「アン」
  で弥陀を表わし、他の二面も梵字で表現されて
  いる。左回りに「アー(開散華王)」「ア(宝
  幢)」が彫り込まれている。強い信念に溢れた
  書体、と言えるだろう。
   基礎の格狭間の中には、永仁四年 (1296) と
  いう鎌倉後期初頭の年号と共に、大和西大寺の
  忍性の指導で大和の石工が造立したことが記さ
  れている。この石工は前掲の鎌倉安養院の宝篋
  印塔にも関係しているようで、この塔は後の関
  東形式宝篋印塔の原点とも言える存在である。
           

          
                  
     元箱根賽の河原層塔 (神奈川県箱根町元箱根)
               
            
     芦ノ湖に面した元箱根バスセンターに隣接し
  て、賽の河原と呼ばれる数多くの石塔や石仏が
  立ち並んでいる一画が保存されている。

   中央部分に、写真の層塔が建っている。現在
  は四重だが、屋根の間隔から察しておそらくは
  五重か七重であったものと思う。
   軒の厚さや両端の反り具合は、鎌倉後期の特
  徴を示している。
   完全な形のこの塔が、いかに美しかったかを
  想像することは楽しい。
   基礎には、二区にして格狭間を入れてある。
   初層軸部(塔身)は、四方に輪郭をとり、二
  字づつの梵字を刻んである。写真の塔身左側か
  ら四仏の不空成就(アク)と釈迦(バク)、正
  面は観音(サ)と四仏の阿弥陀(キリーク)と
  続き、さらに左回りで、地蔵(カー)と四仏の
  宝生(タラーク)、四仏の阿しゅく(ウーン)
  と薬師(バイ)がセットになって彫られている
  のである。金剛界四仏だけでは事足らず、信仰
  の対象として馴染み深い釈迦、観音、地蔵、薬
  師という仏たちまで彫り込んだ意欲には脱帽で
  あろう。
   基礎正面の中央輪郭部に、正和三年 (1314)
  という鎌倉後期の年号が彫られているそうであ
  る。残欠塔とはいえ、関東には鎌倉時代の在銘
  層塔は数基しかなく、まことに貴重な存在なの
  である。  
           

          
                  
     城願寺五重塔 (神奈川県湯河原町)
               
            
     湯河原温泉の玄関口JR湯河原駅の裏手は小高
  い山になっており、その傾斜地の一画にこの曹
  洞宗の寺院が建っている。平安期以来の古刹で、
  源頼朝の再興に功績があった土肥実平の菩提寺
  であった。

   石塔は本堂左の墓地を抜けた、最奥の一画に
  並んでいる。
   写真の左が石造五重塔で、前述の元箱根の層
  塔と共に、関東では希少な在銘層塔である。

   基礎は二区に分かたれており、格狭間は見ら
  れない。
   塔身(初重軸部)は、周辺に関東様式ともい
  える輪郭を巻き、金剛界四仏の梵字を彫り込ん
  でいる。写真に写っているのは、アク(不空成
  就)である。やや力の無い書体である。
   各層の屋根は、軒裏に垂木型が刻んであり、
  荘重なシルエットを創出している。軒の反りは
  鎌倉風の剛健な様式で美しい。
   相輪の存在が記された本があったが、現在は
  失われてしまったようだ。
   塔身に嘉元二年 (1304) という、貴重な鎌倉
  後期の年号が刻まれているのである。
   五重塔の右に並ぶ三基の石造五輪塔も、鎌倉
  後期のものと思われる姿の良い石塔である。
                      

           このページTOPへ  石造美術TOPへ 

  次のページ (中部・北陸・東海の石塔) へ  前のページ (各地の石仏) へ 

     日本庭園TOPへ  ロマネスクTOPへ  世界の建築
   
        古代巨石文明TOPへ  総合TOPへ  掲示板へ