石塔紀行(層塔・宝塔・宝篋印塔・五輪塔)
   (2)
中部・東海・伊勢地方の石塔巡拝 
                  
    
 人間と石との関わりは旧石器時代から始ま
っていたのであり、日本の石造美術はそうし
た歴史の延長線上にあるものと理解している。
 石造美術と称される遺品は、古代の石棺や
埋葬品などを別にすれば、仏教伝来以降に見
られる石仏や石塔が最初だろう。
 現存する最古の石造美術は、奈良時代前期
とされる石塔寺三重塔(近江)、龍福寺層塔
(大和)、滝寺磨崖仏(大和)、飯降磨崖仏
(大和)などであろうか。

 そうした石造美術の遺品を探訪する旅の楽
しさはまた格別である。
 このページでは、近畿と関東に挟まれた中
部甲信越、北陸、東海地方をひとまとめにし
た。掲載の便宜上、三重県(伊勢・伊賀)を
この東海エリアに入れて掲載した。



         白山神社石造五重塔(能登輪島)
                   鎌倉時代

  2007年の能登地震で上部二層が崩落した時の写真。
         現在は修復されているのだろうか。
 
                         

    
     
     願成寺五輪塔 (山梨県韮崎市神山)
            
           
   以前は墓域の片隅に雑然と置かれていたのだが、
  墓地の修理の御蔭と言うべきか、三基の五輪塔は立
  派な囲いの中の基壇上に祀られていた。
   石材質が安山岩であり、相当に苔むした観が強い
  ことからかなり古そうである。おまけに、この塔が
  文治二年(1186)に没した武田信義の墓である、とい
  う伝承があるため、更に判定の支障となってしまう
  のだという。

   空輪・風輪は塔全体の形からすると、古式ながら
  やや小振りすぎるだろう。
   火輪は屋根の傾斜がやや強く、軒の厚みはそれほ
  ど大きくはなく、両端の反り具合も微妙だ。全体に
  落ち着いた荘重な火輪である。
   水輪はやや高さのあるもので、太鼓や臼のイメー
  ジに近い。研ぎ澄まされたような感覚を持つ勝尾寺
  の五輪塔などとは対極に位置する、野放図で大らか
  な造形感覚も存在するのか、と感じさせられるよう
  な、また別次元の伸びやかな魅力を示している。
   水輪の梵字は、何と後述の雲光寺五輪塔と同様、
  五輪塔四方門種子の水輪四方を表す「バ・バー・バ
  ン・バク」が月輪の中に刻まれている。

   総合的には、武田信義の没年とは全く無関係であ
  り、おそらくは鎌倉時代末期に近い年代に制作され
  たものであろうと思う。捨て難い魅力を持った石塔
  であることに変わりは無い。
          

     
     
     雲光寺五輪塔 (山梨県山梨市下井尻)
           
          
   知られざる五輪塔を御紹介しよう。
   ここは甲州の中央、塩山に近い下井尻という里
  で、私達が訪れたのは春四月、桃の花の咲き乱れ
  る美しい季節だった。

   雲光寺の寺域から少し離れた草地の中に、大き
  な三基を中心として、六基の見事な五輪塔が祭ら
  れていた。
   市教育委員会によれば、この五輪塔群は甲斐源
  氏の将であった安田氏一族の墓標であるらしい。
   写真の塔は、右が安田義定のものであり、左が
  その子義資のものだという。
   一族は平家討伐に功績を残し一帯を所領とした
  が、謀反の嫌疑から建久五年(1194)に滅亡した。
   
   空輪の宝珠形は平安調、風輪は右が枡形で左は
  椀形、水輪の笠は屋根の傾斜がやや強く、軒の反
  りは緩やかである。
   ただ、水輪の大きさに比して、笠が大き過ぎる
  ように思える。この点は、畿内の洗練された古塔
  に比べると、やや田舎くさい観を呈している。
   水輪の球体は偏平で、古式な伝統の面影を示し
  ているが、やはり笠の大きさから不安定な印象を
  受けてしまう。
   梵字は水輪の四方にのみ彫られている。バンや
  バクが見られ、どうやら水輪「バ」の四転「バ・
  バー・バン・バク」が彫られているようだ。
            

    
     
     円照寺五輪塔 (山梨県山梨市牧丘町室伏)
            
           
     国道140号を山梨市から雁坂道を笛吹川に沿
  って秩父方面へ北上すると、牧丘と室伏という二
  つのトンネルを通過する。
   室伏トンネルを抜けた直後の左手背後の小高い
  場所に、真言宗智山派のこの寺院が見える。

   目的の五輪塔は、境内に隣接する元来はこの地
  区の総墓であった墓地の中腹に保存してある。塔
  は昔からここに在ったわけではなく、かつては同
  地区の地蔵院というお寺に在ったという。

   写真の様に大小の五輪塔が建っており、いずれ
  も中世の石造品ならではのオーラを放っている。
   大塔は安山岩製で、火輪(笠)の屋根の急な傾
  斜と、軒の薄さが特徴。地輪(基礎)の崩壊が無
  残である。部分的には判読できるが、四方に五輪
  塔四門の梵字(キャ・カ・ラ・バ・ア)が薬研彫
  りで彫られている。
   小塔は凝灰岩製で、やや軒も厚くずんぐりとし
  ており、洗練されていない素朴な感はある。地輪
  に銘が刻まれており、暦応三年 (1340) 南北朝初
  期の年号が確認されたそうだ。
   いずれも、鎌倉期の石造美術が示していた力強
  さや剛毅さを失って、華奢で弱弱しい表現へと移
  行していく時代を物語っているようだ。
                                                   

     
   
     栖雲寺宝篋印塔 (山梨県甲州市大和町)
    
                   
     甲府へ向かう旧甲州街道(国道20号)の笹
  子トンネルを抜けて直ぐの分岐から、日川の渓
  谷に沿って北へ登る。
   寺はこの嵯峨塩鉱泉や大菩薩峠へと通じる林
  道の途中の木賊に在る。
   元の天目山で印可を授かった業海和尚が南北
  朝貞和期に開山し、天目山栖雲寺と命名した臨
  済宗の禅寺である。

   天然の岩場なのか人口の石組なのかが問題の
  石庭を見学し、本尊釈迦如来座像や地蔵・文殊
  の磨崖仏を拝してから、本堂横に祭られた二基
  の宝篋印塔を見学した。

   写真は正面向かって右側の塔で、塔身に文和
  二年(1353) 南北朝前期の銘が刻まれている。
   相輪(宝珠・請花・九輪・請花・伏鉢)から
  基礎までが完備した美しい塔で、関東様式のエ
  リアでは珍しい関西様式の宝篋印塔である。
   笠は上六段下二段で、隅飾はほぼ垂直の二弧
  である。古式に従った端正な風貌をしている。
   塔身に四仏の表現が無いのが淋しいが、均整
  の取れた大きさとなっている。
   塔身下に豪快な蓮弁を置き、基礎には輪郭を
  巻き、格狭間を彫り込んである。

   もう一基は相輪を失っているが、開山業海禅
  師の塔として知られる観応三年 (1352) のもの
  である。
                                

    
     
     大福寺層塔 (山梨県中央市大鳥居)
            
           
     大福寺は現在は聖観音(秘仏)を本尊とする真
  言宗智山派の寺院で、中央市の豊富地区の南端の
  山裾に建っている。
   8世紀天平期に創建された古刹で、この地の豪
  族浅利与一が鎌倉期に所領を寄進し再建したとい
  う。那須与一と共に、源平合戦で活躍した弓矢の
  名手であったという。

   写真の層塔は、寺とはシルク公園を挟んだ反対
  側の一画に残されている浅利与一の墓所として、
  五輪塔数基と共に建っている。
   基盤は四枚の石が田の字形に組まれており、そ
  の上に方形の基礎が載っている。
   四角い龕の掘られた初軸部(塔身)は、宝塔の
  ように上部に縁が見られる梵鐘形で、他の軸部も
  全て円形になっている。龕の四隅に穴が開いてお
  り、扉が付けられていたようだ。
   各層の屋根の勾配は比較的緩やかで、両端が少
  し反り上がっている。鎌倉中~後期に建立された
  ものと推察出来る。現在は四重だが、屋根幅の低
  減から、最上部の下にもう一層あって従来は五重
  だったものと考えられる。七重説もあるらしい。
   相輪の代わりに載せた五輪塔の空・風輪は、こ
  の塔の質を下げこそすれ、何の意味も成していな
  いことを知るべきだろう。
   左右に並ぶ五輪塔群は一族の墓碑と伝えられる
  が、時代は下がるのではないかと思われる。
                                                  

    
     
     伝伊東祐親墓所五輪塔 (静岡県伊東市大原)
            
           
     伊東市の南、伊豆高原へ通じる国道から少し西へ
  入ったあたりに、鎌倉期の武将伊東祐親の墓碑と伝
  わる五輪塔が残されている。
   写真の通り、とても均整の取れた秀麗な五輪塔で
  ある。ただ、火輪(笠)と水輪(塔身)には、四方
  各面に五輪塔四門の梵字が彫られているのだが、上
  部の空輪・風輪には何も彫られておらず、地輪には
  四門ではなく梵字アが大きな書体で四方に彫られて
  いるのである。どうやら、火・水輪以外は、全くの
  別物が組み合わされた、と考えたほうが良さそうで
  ある。
   火輪は、軒口の厚さや反り具合が鎌倉後期を象徴
  するような見事な作で、この塔の風格を決定付けて
  いる。水輪の上部に納骨孔が確認されたそうで、大
  層珍しいのだが、この期に実際墓碑として建立され
  た貴重な遺構と言えるだろう。

   石造美術の難しさのひとつが、この別物による部
  材の補填の問題だろう。ここでは、かなり無難な部
  材が用いられているために、見た目に大きな破綻が
  生じてはいない。しかし、詳細に眺めると、時代も
  様式も違う、アンバランスな組み合わせであること
  に気が付く。かと言って、火輪と水輪の素晴らしさ
  だけを眺めるのも、これまた不自然だろう。仮に、
  火輪と水輪だけが置かれていても、余り美しいとは
  思えないはずである。全体像あってこそ、建ってい
  るからこその石塔と言えるからである。   
                                                      

    
     
     真珠院五輪塔 (静岡県伊豆の国市中條)
            
           
     伊豆長岡温泉の北、狩野川の東側に在る、現在は
  曹洞宗の寺院である。前述の伊東祐親の娘八重姫の
  悲劇が伝わる事で知られている。

   目的の五輪塔は墓地上部の、屋根と柱に囲まれて
  はいるが開放的な覆屋の中に保存されている。
   地輪(基礎)に定仙和尚顕彰の銘文と、正安四年
   (1302) 鎌倉後期という年号が刻まれている。石
  造品としては、県内最古の年号であるという。

   水輪(塔身)が特に美しく、四方に半肉彫りの仏
  像が彫られている。月輪の中に舟形を彫り、蓮座に
  載る金剛界四仏坐像が浮き上がっている。各像の特
  徴ははっきりとしないが、西側を弥陀定印の阿弥陀
  とすれば、時計回りに不空成就、阿閦、宝生という
  ことになる。
   火輪(屋根)は、反りの全く見られない直線的な
  形状で、五輪塔の原点を見るようだが、余り美しい
  とは思えなかった。
   前述の五輪塔同様、全く異なった部材がここでは
  空風輪部分に用いられているのである。宝篋印塔の
  笠と相輪部分で、なかなか見事な宝篋印塔のものと
  思われるのだが、全くのナンセンスでしかないだろ
  う。別物の部材を入れ替えた前例とは、明らかに意
  味が違う。
                                     

    
   
     霊山寺塔身輪式宝篋印塔 静岡県沼津市上香貫
    
                   
       沼津市の東南に標高183mの香貫山があり、
  その山裾のしっとりとした雰囲気の中にこの寺
  院が建っている。創建時は真言宗だったが、弘
  治年間(室町末期)の中興の際に曹洞宗に改め
  られた。
   背後に広がる墓地に、様々な興味深い古石塔
  類が点在しているが、写真はその中でも特に注
  目される宝篋印塔である。

   通常は方形であるはずの塔身部分が、ここで
  は五輪塔の水輪のような球形をしている。
   時として崩落した部材を組み合わせた混合塔
  を見かけるが、宝篋印塔ならではの四方仏を彫
  刻した本塔の球状の塔身は、当初より意図され
  た造形であると確信する。
   複弁の反花座の上に、二区の輪郭を巻いた基
  礎、二段の上に球形の塔身が見事に収まってい
  る。四方仏はいずれも座像で、深く彫り込まれ
  た秀逸な作品だろう。
   笠下に段は無く、上五段に露盤が設けられ、
  五輪塔の空輪と風輪が相輪に替わって載せられ
  ている。この組み合わせにも違和感は無い。
   反花座側面に銘文があり、正和三年 (1314)
  鎌倉後期の年号と、為逆修という文字を読むこ
  とが出来るので、生前供養を目的に建てられた
  ものと推察出来る。

   この宝篋印塔の形式は、「混合式」「変形」
  「輪篋折衷式」などと、様々な表現がされてい
  るのだが、小生はネットの友人と検討した結果
  「塔身輪式宝篋印塔」と呼ぶことにしている。
                                 

    
   
     霊山寺五輪塔 (静岡県沼津市上香貫)
    
                   
   前述の霊山寺墓地の中には、四基の塔身輪
  式宝篋印塔と三基の石造五輪塔が点在してい
  る。そのいずれもが、長い歴史の風雪に耐え
  て来た、といった風情を感じさせる素晴らし
  い石塔群であった。

   墓地のほぼ真ん中あたりに、崩れかかった
  ような五輪塔が三基、横一列に並んでいた。
   写真は、その内の中央に建つ五輪塔で、一
  番背の高い剛健な塔である。
   凝灰岩製で崩落が激しいが、火輪などの黒
  い縞状の部分はどうやら、剥落防止のための
  薬剤が塗布された跡らしい。

   全体に比して、空輪と風輪がやや小さめに
  感じられるが、この二つは一石から彫られて
  いる。余り優れた像容とは思えない。
   笠は屋根の急な勾配、軒の剛健な厚さ、両
  端の反りなどが、明らかに鎌倉後期の特徴を
  示している。
   塔身(水輪)はやや扁平な張りのある球形
  は、鎌倉期の勢いを感じさせる。宝塔のよう
  な首部があるようにも見える。

   近年の調査で、元亨三年 (1323) 銘の青銅
  製蔵骨器が発見されたのだそうだ。その骨の
  主である僧侶の墓であると考えられ、五輪塔
  の造立時期もそれに準ずる鎌倉後期と考えら
  れそうである。
                         

    
   
     慶寿寺塔身輪式宝篋印塔 (静岡県島田市大草)
    
                   
     前述の霊山寺で見た「塔身輪式」宝篋印塔と
  同じ様式の塔が、鎌倉後期以来静岡の駿河・遠
  江地方に伝播していったと考えられる。その証
  例が島田市に在ると聞き、ここと次掲の清浄寺
  を訪ねた。
 
   今川氏ゆかりの真言宗古刹で、天然記念物の
  枝垂れ桜で広く知られている。
   墓地には、今川範氏一族の墓として、十六基
  の石塔が並ぶ様は壮観である。

   写真は、その内の一基で、塔身輪式宝篋印塔
  の貴重な事例である。
   銘文が発見されており、貞治四年 (1365) と
  いう南北朝中期の年号が確認出来たそうだ。
   相輪は別物だが、笠の部分は荘重な宝篋印塔
  の形式である。隅飾は小さく、やや外に反って
  いるのは南北朝という時代を反映している。下
  二段は通常だが、上がどう見ても四段で二区の
  露盤が設けられている。
   塔身が五輪塔の水輪と同じ球形であり、霊山
  寺のような宝篋印塔ならではの四方仏も無いこ
  とから、こうした様式だけが伝播してきたもの
  と考えられる。
   基礎は関東式の二区の輪郭で、霊山寺同様に
  反花座の上に据えられている。   
                  

     
   
     清浄寺塔身輪式宝篋印塔 静岡県牧の原市馬場
    
                   
     郷土の豪族で南朝方に組し、応仁の乱で今川
  氏に敗れた勝間田一族の墓所のある寺院である。
   寺は弘安期(鎌倉中期)の創建という。
   勝間田一族の墓所とされる覆屋には、応仁の
  乱(室町中期)で敗れ葬られた墓碑十五基が並
  んでいるが、墓碑だとすれば、中央二基の塔身
  輪式宝篋印塔の記銘年号の観応二年 (1351) と
  文和三年 (1354) とが矛盾してしまう。
   これはどうやら、山内に分散していた墓碑や
  石塔が後世に一箇所に集められたもので、建武
  三年以降に一族の霊を弔うための供養塔が建て
  られたという記録もあることから、写真の二基
  は他の石塔とはかなりの時代の差があるものと
  思われる。

   両塔とも一連の塔身輪式宝篋印塔の形式を踏
  襲しているように見える。年代としては、霊山
  寺と慶寿寺の間に位置しているようだ。
   やや大き目の一石空風輪、露盤と上四段下二
  段の笠、小さめの隅飾、扁平な球形塔身、上二
  段二区輪郭のの基礎、複弁の反花座など、絵に
  描いたように様式化している。完全に地方色化
  していた、と見ても良いだろう。
   ここでも塔身に四方仏は見られないので、や
  はり形式のみが伝わったのだろうか。
   反花座の側面に、基礎と同じ二区の輪郭が巻
  かれているのが、滅亡前の格式の高さを象徴し
  ているのかもしれない。  
               

    
   
     海善寺多宝塔 (長野県麻積村)
    
                   
     信州松本の北の明科で国道19号線から分か
  れ、更埴市の屋代まで続く善光寺西街道が通じ
  ている。この東筑摩郡麻績(おみ)村は、その
  街道の中頃に在り、近年市町村合併が横行する
  中で合併協議から離脱し、村としての自立を表
  明した近代稀なる骨太の村、と言えるだろう。
   最寄の駅はJR篠ノ井線の聖高原駅で、その
  周辺が村の中心になっている。

   海善寺は村の中心からやや外れた東側に在っ
  て、かつては更に東に鎮座する麻績神明宮の神
  宮寺であったという。
   寺域に接した畑の中に覆屋が設けられ、その
  中に写真の石造多宝塔と石造五輪塔が並べられ
  ていた。
   全国的にも石造多宝塔の事例は希少だが、後
  掲の常楽寺の影響が強かったものか、信州には
  鎌倉期に建立された塔がここと上田の国分寺に
  残されている。
   基礎に載る大きな方形の塔身、その上に庇屋
  根が設けられているので二層に見えるのが多宝
  塔の特徴である。庇屋根の上に饅頭形を設け、
  円形の上層、そして笠、相輪という構造になっ
  ている。
   相輪は五輪塔の空風輪が代用されており、上
  層と笠はやや小さめなので、これも別物の可能
  性はあるが、下層と庇屋根の堂々たる存在感は
  鎌倉期の剛健な様式を十分伝えているだろう。
                

     
   
     津金寺宝塔群 (長野県立科町山部)
    
                   
   蓼科の裾野一帯であるこの地の滋
  野一族は奈良時代からの名門で、古
  より朝廷直轄の牧場(望月牧)の経
  営に携わってきた豪族だった。
   寺の背後の山中に建つ三基の石造
  宝塔は、この滋野氏が建立した供養
  塔である。
   手前からの二基は、滋野氏夫妻が
  生前に建てた逆修を目的とした塔で、
  承久二年(1220)という鎌倉初期の銘
  がある。
   いずれにも梵字の種子が彫られて
  おり、多宝(ア)と釈迦(バク)を
  表している。
   一番奥の塔は嘉禄三年(1227)とこ
  れも屈指の古さである。
   手前二基の塔身は、上下に二石が
  重ねられておりほぼ円筒形で、首部
  の無いのが特徴である。
   地方に残る素朴な逸品だと言える。
     

   
    
     常楽寺多宝塔 (長野県上田市別所)
    
    
   信州の鎌倉と言われる塩田平を訪ねたら、必ずこ
  の石塔と安楽寺三重塔を見なければならない。のん
  びりと別所温泉に泊まっているだけでは、大きなお
  世話かも知れぬが勿体無いではないか。石造美術に
  興味の無い方には、なんだこりゃあと思われるかも
  知れぬが、とても貴重な名品なのである。

   近江石山寺や紀州根来寺など、木造の多宝塔はあ
  ちこちで見ることが出来るが、石造の多宝塔はまこ
  とに珍しい。中世以前の石造多宝塔で、私の限られ
  た経験の中で知っているのは、近江の菩提寺と伊賀
  上野の仏土寺、それにここ常楽寺だけである。後述
  する大和高田のものはかなり古いのだが、やや崩壊
  が激しく、石造多宝塔とはそれほど貴重な存在なの
  である。

   希少価値もさることながら、質素だが泰然とした
  塔全体のフォルムが美しいことに感銘した。塔は立
  っている場所の環境によって、その価値がかなり左
  右されてしまうという、叙情派の旅人としての物差
  しをすぐ出したくなってしまうが、その意味では、
  森と苔の緑に染まってしまいそうに見える石塔は、
  優美極まりない傑作であった。 
          

    
     
     中禅寺五輪塔 (長野県上田市前山)
            
           
     上田市の南に広がる“信州の奈良”とも言われる塩
  田平に建つ名刹のひとつである。
   真言宗智山派の寺院で、平安末期から鎌倉初期にか
  けて創建されたと伝わっている。
   境内に建つ薬師堂は創建当初の建築で、信州最古の
  建築として国の重要文化財に指定されている。

   目的の五輪塔は、その薬師堂の左手奥、やや小高く
  なった墓地の手前の一画に保存されている。
   やや苔むして荒れ果てた風情ながら、全体的には均
  整の取れた姿をしている、と思われる。
   空輪(宝珠)と風輪(請花)は一石から彫られてお
  り、特に空輪はふっくらとした古風な姿をしている。
   火輪(笠)は、やや急な傾斜の屋根、厚めの軒口と
  両端の反りは、いかにも鎌倉後期の様式を示している
  様に思えた。残念ながら銘文などは一切無いようで、
  素人判断の出番がやってきたようである。
   水輪(塔身)は、やや扁平な球形で、全体的にはや
  や大き目かもしれない。バランス的には地輪(基礎)
  の大きさが、水輪に比べやや小さいのだろう。
   水輪の正面に彫られた梵字は“バン”で、金剛界大
  日如来を象徴する種子として、月輪の中に薬研彫りさ
  れている。
   地輪の載る基盤は小さすぎて別物だろう。
                                               

    
     
     金王五輪塔 (長野県上田市舞田)
            
           
     上田から別所温泉へ向かうコスモス街道の東側、山
  裾のやや小高くなった場所に覆屋が在り、そこにこの
  五輪塔が祀られている。
   高さが2m強という堂々とした石塔で、見るからに
  歴史を感じさせる古風で重厚なオーラを放っている。
  これは“本物”のみが示すものであって、滅多に感じ
  ることはない。
   平安末期から鎌倉初期に、この地に寺を建立したと
  伝わる地元の豪族渋谷氏の墓とされるが、銘文などの
  確証は一切無い。しかしこの塔が示すフォルムのずっ
  しりとした風格には、鎌倉初期の作と思わせる様式美
  が備わっている。

   空・風輪は一石彫りで、大らかに膨らんだ曲線が美
  しい。宝珠の先端が尖った形式は鎌倉らしさを物語っ
  ている。
   火輪の屋根の降棟はふっくらとした膨らみを感じさ
  せる程たおやかで、薄い軒口と両端の緩やかな反りは
  鎌倉初期を表明しているようにすら感じられる。
   水輪はやや扁平な球形で、四方に同じ梵字“バン”
  が薬研彫りされている。金剛界大日如来を象徴する種
  子で、雄渾な書体は鎌倉初期の大らかな気風を物語っ
  ているようだ。
   地輪は均整のとれた大きさで、高さも程良く、文字
  通り基礎を固めているように見えた。
                                                 

    
     
     実相院宝篋印塔 (長野県上田市真田町傍陽)   
            
           
     上田市の北側、旧真田町の傍陽という地区に在る天
  台宗の寺院である。
   奈良時代の神亀年間に創建されたと伝わるほどの古
  刹なのだが、移転再建を繰り返し、現在地に治まった
  のは足利時代とされている。

   伽藍の並ぶ境内の中央に、写真の宝篋印塔が象徴的
  な佇まいを見せていた。
   石塔の表面には夥しい苔がこびり付いているため、
  崩壊寸前のように見えるが、相輪から基礎・基盤まで
  が完存しているのである。貞治六年 (1367) 南北朝中
  期の年号が確認されているそうだ。
   相輪は、先端の宝珠から請花、九輪、請花と揃って
  おり、二区を設けた露盤に載っている。
   笠は、上四段下二段で、輪郭を巻いた二弧の隅飾は
  やや外側に反っている。
   塔身には、輪郭を巻いた中に四方仏と思われる梵字
  が彫られているが、彫りが浅すぎて判読が難しい。キ
  リーク(阿弥陀)やウーン(阿閦)が確認出来たので
  金剛界四仏であると思われる。
   基礎部分は二区の中に格狭間を飾ってあるが、迫力
  には欠けるようだ。
   塔全体が基盤上の反花座に載っており、輪郭の多様
  と併せ、関東形式の特徴を示している。
   信州の宝篋印塔の地方性を良く表した貴重な遺構だ
  と思う。
                                          

    
     
     中原地蔵堂宝篋印塔 (長野県上田市真田町本原)
            
           
   上田から菅平へ抜ける上州街道の東側に、旧真田町
  の本原という地区が在る。
   延命地蔵、身代わり地蔵として地元の信仰を集める
  中原地蔵堂という愛らしいお堂が、本原の中心に近い
  中原という集落に建っている。
   
   宝篋印塔は地蔵堂の前の一画に、花に囲まれて建っ
  ていた。全体にやや破損が目立っており、特に笠の崩
  落は悲惨なほどだった。
   塔身部分に銘文が刻まれていたそうだが、現在は銘
  文はおろか、四方仏を表す梵字すら削られたかの如く
  判読は困難だった。資料によれば、かつての採拓によ
  って貞治五年 (1366) 南北朝中期という、前述の実相
  院宝篋印塔に似た年号が確認されていたそうである。
   相輪は下部請花が欠落、露盤は別物となっている。
   笠は隅飾の大半が崩落という悲惨な状態だが、上四
  段下二段で、隅飾は輪郭を巻いた二弧だったことが判
  別出来た。
   基礎の輪郭を巻いた二区格狭間や基礎下の反花座な
  どは、実相院とうり二つの関東形式である。

   上田一帯には似たような宝篋印塔が、洞泉寺、村松
  入道塔、などにも在るので、次回には訪ねてみようと
  思っている。
                               

  
    
     明泉寺五重塔 (石川県穴水町明千寺)
     
    
   木造五重塔を模した美しい石造五重塔が能登に
  在る、ということは各種の本で知っていた。実際
  に自分の目で見たこの塔の壮麗さを、一体何に例
  えれば良いのだろうか。

   初層軸部には木製の扉の付いた板石囲いの部屋
  が設けられており、金剛界大日如来坐像が置かれ
  ていた。

   屋根の軒裏には、木造五重塔のような隅木や垂
  木などが彫り出されている。何とも精巧な造りで
  あり、石造層塔としてこれほど精緻で、なおかつ
  優れた作品は他に無いだろうと思う。

   倒壊欠落していたものを1970年に修理補修した
  そうなので、部分的には後補の手が入っているの
  だろう。良く見れば何となく新しいか、と思わせ
  る部分はある。
   しかし、総体的に見ると、まことに秀麗な五重
  塔であり、様式的には鎌倉時代後期の特徴をよく
  表している。

   同様式の五重塔が輪島の白山神社にあるが、先
  般の能登大地震で崩壊している。一刻も早い修復
  を祈念している。
                  

    
   
     八幡神社三重塔 (石川県珠洲市宝立町)
    
                   
     輪島の白山神社を訪ねたのは2007年の能登
  地震直後で、境内の石造五重塔は三層目より上
  が崩落してしまっていた。その後訪ねた穴水の
  明泉寺と当社の層塔が無事であったことに感動
  したものだった。
   珠洲市の南、絵葉書の写真で知られる軍艦島
  (見付島)の近くに在る小さな神社である。
   完璧な明泉寺五重塔を観た直後だったので、
  不完全な保存が目に付いて仕方がなかった。

   大胆な複弁の反花座の上に初重軸部が載って
  いる。前面は開き、板石で囲んだ三方の壁面に
  は輪郭と十字の桟が意匠されている。中には阿
  弥陀石仏が置かれている。
   初層屋根の反りはかなり堅苦しい感じがする
  が、軸部に刻まれた銘に永和二年 (1376) とい
  う南北朝後期の年号があり、いかにもと納得し
  た次第。時代が示す美意識の変遷というのは、
  何とも不思議なものである。
   第二重軸部が大き過ぎる、第三重軸部が喪失
  している、屋根の幅の逓減率が不揃い、相輪は
  別物などの理由から、元来は五重塔だったので
  はないかという説が有力である。

   白山神社五重塔・明泉寺五重塔と共に、能登
  に残る貴重な層塔の遺構である。
                

    
     
     宗円寺宝篋印塔 (愛知県名古屋市昭和区御器町)
            
           
     市内の町中に建つ曹洞宗の寺院で、写真の宝篋
  印塔は本堂の脇の部屋の中に祀られている。
   突然の訪問だったが、快く見学を許していただ
  くことが出来た。
   高さが84センチという小型の塔で、寺の案内
  板には、かつて旧広見池畔(現在の桜山中学校付
  近)にあった野墓から移築したもので、市内最古
  の石塔)と記されている。

   基礎の正面に輪郭を巻いた部分があるが、中に
  は近江模様の蓮華らしき痕跡が見えたが、ほとん
  ど消滅してしまっている。基礎の左側面に、応安
  三年 (1370) 南北朝中期の年号と、「右為道安」
  という銘文を確認出来た。
   反花座と一段の上に塔身が載っているが、明ら
  かに石の材質が違うように見える。最初から意図
  されたものなのだろうか。かなり摩耗してしまっ
  ているが、輪郭を巻いた中に金剛界四仏の梵字が
  彫られているのが判る。
   笠は上五段下二段で、隅飾は輪郭を巻いた二弧
  で中は無地。やや外側に反っている。
   相輪は完存しており、宝珠から伏鉢まで時代性
  に見合った様相を呈している。

   あらゆる石塔に共通する問題として、違った部
  材が組み合わされているケースが多い。
   私見だが、ここでも塔身の材質が明らかに違っ
  ており、また見方によっては相輪も別物ではない
  かという疑問も抱かれる。それでも、全体的に大
  きな違和感さえ無ければ、歴史的な変遷として許
  容出来る範囲内、とするべきなのだろう。
                                                    

    
     
     浄明院宝篋印塔 (三重県津市乙部町)
            
           
     津市街の中心から海寄りの市街地に、藤堂家の
  菩提寺として江戸初期に建立された臨済宗の寺院
  である。
   この寺の境内に、どのような経緯で鎌倉期の宝
  篋印塔が祭られたのかは不明である。

   ここでも、一見しただけで、各部材の色も材質
  もバラバラであると気付くだろう。特に、塔身と
  相輪の先端部分が、別物であることは明らかであ
  る。江戸時代の後補と伝わるが、フォルムとして
  は色彩ほどの違和感は感じられず、モノクロ写真
  であれば気が付かないかもしれない。

   基礎は、背面以外の三面に、輪郭を巻いた中に
  格狭間が意匠されている。鎌倉期らしい大らかな
  形である。背面は無地で、本塔造立の趣旨と、文
  保二年 (1318) 鎌倉後期という年号が刻まれてい
  る。上二段に塔身が載る。
   塔身は砂岩系の材質で、全体の花崗岩とは全く
  異質である。敢えてこの石を用いたのだろうか。
  月輪の陽刻内に、金剛界四仏の梵字を彫る。
   笠は上六段下二段で、輪郭付き二弧の隅飾の中
  には、陽刻された月輪の中に梵字ア(胎蔵界大日
  如来)が彫り込まれている。隅飾がほぼ垂直に立
  つ端正な笠である。
   相輪は、伏鉢から宝珠まで、一応役者は揃って
  いる。
                                               

   
     
     国津神社十三重塔 (三重県津市美杉町太郎生)
            
           
     津市と言ってもかつては一志郡美杉村という山
  里だったところで、太郎生は伊賀へ通じる伊勢本
  街道に面した集落である。
   神社の縁起は不明だが、巨杉や欅に囲まれた山
  里の社らしい森厳な雰囲気に満ちている。

   国の重要文化財として保存されている写真の十
  三重塔は、現在でも石仏群や板碑が残る同地区の
  日神(ひかわ)山王権現社から合祀の際に移築し
  たものである。制作年代に関する銘文は無い。

   初重軸部(塔身)の四方には、顕教四仏(阿弥
  陀・釈迦・薬師・弥勒)の坐像が、舟形に彫りく
  ぼめた中に半肉彫りされている。優雅な美しい像
  で、各像の特徴もはっきりとしている。
   各層の屋根は、軒口が厚く両端に力強く反り上
  がっており、この辺りからも鎌倉後期に造立され
  たものと推察出来る。また、各屋根の四隅の降棟
  も先端が反っており、躍動感にあふれた像容を創
  り出している。
   軒の裏側には、一重の垂木型が彫り出されてお
  り、優れた石工によって丁寧な仕事が成されたこ
  とを立証している。
   相輪は完存しているが、余りにも小振りであり
  明らかに後補された別物である。
   紀年銘の無い石造品を、美術的な価値から文化
  財に指定をしたお役所に敬意を払う次第である。
                                             

    
     
     大五輪五輪塔 (三重県伊勢市楠部町大五輪)
            
           
     伊勢外宮の東、伊勢インターを出て西北へ少し
  行った辺りに楠部町がある。そこに、五輪塔に由
  来すると思われる大五輪という一画があり、赤い
  鳥居が目立つ清丸稲荷という可愛らしい社が建っ
  ている。
   見上げるばかりの五輪塔が、社前の空地に設け
  られた基壇の上に堂々と建っていた。

   材質は花崗岩で、3m余りの豪壮な五輪塔であ
  る。県の文化財に指定されているという。
   塔には、梵字や銘文など一切の表記は見られな
  いのだが、火輪(笠)の軒口の厚さや、水平から
  両端で急に反り上がるっていることなどから、南
  北朝以降であることは間違いなさそうである。

   現地の説明板には、この地は大和西大寺の興正
  菩薩叡尊により中興された弘正寺の跡地であり、
  この五輪塔は西大寺奥の院の五輪塔をモデルとし
  た西大寺の石工集団との関連があると思われる、
  と記されていた。
   確かに、広い横幅で微妙に裾広がりな地輪(基
  礎)、扁平な水輪(塔身)、高さなどは西大寺五
  輪塔に似ているような気がする。
   先端が三角錐で固い偏平形の空輪(宝珠)は、
  典型的な南北朝の様式である。
   全体に大味な印象は拭えないが、完存する大型
  五輪塔として、また西大寺との関連も考えると誠
  に貴重な遺構と言えるだろう。
                                                 

    
     
     滝仙寺九重塔 (三重県伊賀市滝)
            
           
     滝地区は従前は名賀郡青山町だったが、現在は
  伊賀市に併合されている。青山町の中心の駅は近
  鉄「青山町」で、集落は阿保(あお)という町で
  ある。滝へは、阿保から伊賀上津を経由して、県
  道を北東へ5キロほど入る。

   山門を入った境内の右手、墓地への登り口に写
  真の九重塔が建っている。
   屋根の幅の低減率が少ないので、すっきりとし
  た印象だが、鎌倉期のものでないことだけは素人
  にも判る。案の定、基礎部分に、造立目的の銘文
  と共に、観応二年 (1351) 南北朝前期の年号が確
  認出来た。
   層塔の基礎上に反花座というのは珍しいが、ど
  うやら大和式五輪塔の部材の転用らしい。
   初重軸部の四方には、顕教四仏と思われる坐像
  が、舟形光背の中に半肉彫りされている。線彫の
  蓮華座が繊細である。この部分だけが白いのは、
  洗浄をしたのだろうか。軒裏に垂木型が彫られて
  いるのは良い仕事だろう。
   各層の屋根には、微妙な反り曲線などは見られ
  ず、やや不器用な固さが感じられる。これも南北
  朝と言う、やや定型化しつつある時代性なのであ
  ろうか。
   相輪には水烟や伏鉢などが完備しているが、余
  り美しいと感じられないのは何故だろう。   
                                               

    
     
     安楽寺十三重塔 (三重県伊賀市青山羽根)
            
           
     阿保の集落からは、川を隔てた南側に広がる地
  域である。現在は真言宗豊山派の鄙びた寺だが、
  かつては伽藍を誇った大きな寺院だったらしい。

   十三重塔は、本堂前庭の左手に建っている。
   残念なことに、塔身(初重軸部)は明らかな後
  補であり、またちょっと古い写真では十二重にな
  っていて一層が欠落していたようだが、どうやら
  近年屋根を一層(最下層のように見えるが)後補
  したと思われる。

   基礎部分には、元応三年 (1321) 鎌倉末期の年
  号と共に、祐禅という人が「億衆や法界の平等利
  益を祈願」した旨の銘文が彫られている。どこか
  の権力者にも聞かせたいような願文である。

   十三重塔などの層塔の屋根幅の低減率について
  は、格別の法則があるわけではないが、鎌倉から
  南北朝にかけて低減率が減っていく、つまり立ち
  姿がほっそりとしていくということなのである。
   前出の滝仙寺の塔に比べると、ここでは低減率
  はやや多くなっている。元応三年という年号との
  矛盾は無さそうである。後出の蓮徳寺塔や射手神
  社、延寿院の各塔と比較すると面白いだろう。

   相輪の上部と塔身本体が喪失しているのは惜し
  いが、端麗な塔であったことを十分伺わせてくれ
  る秀塔だろう。   
                                              

    
     
     天照寺宝篋印塔 (三重県伊賀市青山霧生)
            
           
     青山町の阿保から南東へ、川上川に沿って布引
  峠方面へ向かって8キロ程登っていくと霧生の里
  に着く。曹洞宗の名刹で、桜の名所としても良く
  知られているそうだ。
   境内奥の歴代住職の墓と並んで、写真の宝篋印
  塔が建っている。相輪の九輪部分に欠損がある以
  外は、全てが完備した整然とした像容である。
   相輪は、宝珠、請花、九輪(現在は五輪)、請
  花、伏鉢と、形よくまとまっている。
   笠は、上六段下二段、輪郭付き二弧の直立した
  隅飾、で構成されており、やや様式化された傾向
  はあるものの、鎌倉末期から南北朝初期にかけて
  の美しい宝篋印塔の特徴を備えている。
   寺の案内板には、「隅飾が直立しているので南
  北朝」と記されていたが、やや認識不足だろう。
  隅飾が直立する鎌倉期から南北朝に時代が下がる
  程、両側への反り具合が大きくなる、というのが
  定説だからである。

   塔身には金剛界四仏を象徴する梵字種子が、や
  や彫りは浅いものの、薬研彫りで刻まれている。
   基礎の四方には、輪郭を巻いた中に格狭間を意
  匠している。
   蓮華上部の花弁が水平状であるのは鎌倉期の特
  徴でもあるので、総合的に鎌倉の性格を有した南
  北朝初期とするのが適正かもしれない。
   崖地の上部に建つ、正平十七年 (1362) 南北朝
  の銘のある五輪塔も見逃せない。
                                                 

    
     
     蓮徳寺十三重塔 (三重県伊賀市湯屋谷)
            
           
     伊賀上野から名張へ通じる国道中程から、ちょっと
  西側へ入った所に建つ真言宗の寺院である。平安期に
  行基が開基したと伝わる古刹で、本尊は薬師如来(秘
  仏)とのことであった。残念ながら、脇侍の日光・月
  光菩薩像(重文)も拝観できなかった。

   写真の十三重塔は、新装成った大石段を登った境内
  の直ぐ右手に建っている。材質は花崗岩である。
   基礎は、銘文や年号など、一切の文字は刻まれてい
  ない無地である。

   塔身(初重軸部)の四方には、金剛界四仏を象徴す
  る梵字が、線彫りの月輪内に彫られている。ちなみに
  正面は、阿閦如来を象徴する「ウーン」である。左隣
  は「タラーク」で、宝生如来を象徴する梵字である。

   各層の屋根は、やや厚めの軒口で、両端の反り方は
  やや穏やかに見える。軒下に垂木型が見える。
   屋根幅の低減率は、上へ行くほどほっそりとする低
  減率を示しており、前出の安楽寺十三重塔より低減し
  ていることから、少なくとも鎌倉後期という推定は成
  り立つのではないか、と思う。後出の射手神社の塔に
  似ているような気がする。
   相輪は、伏鉢、請花、九輪の四輪目までしか残って
  おらず、上部は完全に喪失している。
   伊賀・名張地方には、中世の十三重塔が多く分布し
  ており、石造品愛好家には興味尽きぬ一帯である。  
                                                  

    
     
     市場寺五輪塔 (三重県伊賀市菖蒲池)
            
           
     前述の蓮徳寺から北へ2キロほど、伊賀上野から名
  張へ向かう名張街道から東へ入った所に建つ真言宗の
  寺院である。
   本堂が民家と屋根続きで、やや荒廃したイメージが
  あるが、宝物庫には国の重要文化財に指定された平安
  期の仏像(木造阿弥陀如来坐像、木造四天王立像)が
  保存されていることで知られているのである。

   五輪塔は、境内の一画に、鎖で囲った芝地に、写真
  の様な端麗な姿で建っていた。
   五輪塔自体は、数枚の石を寄せ面を取った基盤と、
  その上の大和様式を思わせる反花座に載っている。丁
  寧な仕事をした基盤に載る「容易ならざる五輪塔」と
  推察したが、銘文など一切無いので由緒は不明のまま
  である。
   やや背の高い矩形の基礎(地輪)、少し偏平だが張
  りのある球形の塔身(水輪)、軒口が洗練された曲線
  で、両端がやや強く反った笠(火輪)、均整が取れて
  ふっくらとした請花(風輪)と宝珠(空輪)は、五輪
  塔の方形、円形、三角形、半円形、団形を象徴してい
  る。これは仏教の五大元素(地水火風空)を表すもの
  とされるが、ここでは全ての部材が見事に調和がとれ
  たフォルムとなっている。
   言い方を変えれば、無難に様式化されている、とも
  言えるので、鎌倉期の特徴を伝える南北朝初期の作品
  である、と勝手に決めていた。どこかに書いてあった
  事柄を転写しても意味が無いので、見て感じたことを
  そのまま書かせていただいた。
                                                 

   
   
     仏土寺多宝塔 (三重県伊賀市東高倉)
     
     
   この寺の境内には二基の石造多宝塔が並んで建っ
  ており、どちらも5m前後の堂々たる姿を誇ってい
  る。作例の少ない石造多宝塔として、まことに貴重
  な遺構である。
   写真は比較的改修の少ない東塔だが、相輪と基礎
  の大半は江戸中末期に地震による修復が成されたら
  しい。
   紀年銘は無いのだが、屋根の勾配が比較的ゆるい
  ことと、軒反りが屋根の先端にあることから、本体
  は鎌倉後期の作と推定出来る。
   基礎が五段であることと、上層に加え下層の屋根
  の下にも二段の段型が作られているので、とても大
  きな塔になっている。
   塔身の梵字は金剛界四方仏の種子で、写真には左
  側の阿シュク(ウーン)と右側の不空成就(アク)
  が写っている。
   下層屋根上の饅頭型は、独特の丸味を帯びた鏡餅
  のような別石で造られているので不思議な印象を受
  ける。石工の創造であったのだろうか。
   それにしても、多宝塔といい宝篋印塔といい、妙
  な形態でありながら、石塔としての本質的な美しさ
  を今日まで伝えて来れたことは、何とも不思議とし
  か言いようがない。
   
          

    
      
     射手神社十三重塔 (三重県伊賀市長田)
     
     
     旧上野市中心街から真西へ3Km行ったあたりが
  長田で、その集落の外れにこの古い社が鎮座して
  いる。祭神は応神天皇で、創祀が天武天皇の御世
  と伝えられるほど、由緒深い古社である。
   西行が当地で詠んだ「あづさ弓、引きし袂(た
  もと)も力無く、射手の社に、墨の衣手」という
  歌が気に入っている。

   朱塗りの鳥居をくぐり、参道に入って直ぐの左
  右に各一基づつ、南北の石造十三重塔が建ってい
  る。年代、手法、形状などほとんど同じだが、何
  故か写真の南塔だけが国の重要文化財に指定され
  ている。
   無地の方形基礎の上に初重軸部が載っており、
  月輪の中に金剛界四仏の種子(梵字)が薬研彫り
  されている。写真はウーン(阿しゅく)である。
   全体的には屋根の幅の逓減率が程々で、つまり
  下と上の差がまあ中くらい、ややほっそりとした
  姿に見えるのは、かなり鎌倉末期的ではある。
   しかし、軒の反り具合には鎌倉後期の力強さが
  見え、軒の厚さもしっかりとしていることから、
  限りなく鎌倉末期に近い後期、と勝手に推察して
  おくことにする。
   銘文さえ無ければ素人の出番であり、これが楽
  しみでやっているとも言えるのである。
   相輪が後世の補充であることも含め、北側の塔
  もまったく同様であろう。
                

     
      
     来迎寺宝塔 (三重県伊賀市上友田)
     
     
     滋賀県の甲賀市に接する旧阿山町の集落で、現
  在は合併して伊賀市となっている。
   法然上人伊賀新二十五霊場の一つで、近年改修
  された近代的な本堂が建っている。

   門を入って直ぐ左手に、この瀟洒な宝塔が建っ
  ており、はっとするような美しさに思わず惹き付
  けられてしまった。
   堂々とした相輪は完存しており、露盤に載る姿
  は素晴らしい。
   笠は、屋根の四隅に降棟が意匠されており、緩
  やかな傾斜が軽快な印象を創り出している。軒裏
  に二重の垂木型が彫られており、両端の反りは微
  妙である。
   首部には高さが有り、端正なイメージを醸し出
  しており、その下に柱や欄干を彫った勾欄が円形
  に巻かれている。
   塔身軸部の四方には、宝塔ならではの扉形が刻
  まれている。
   基礎三面には、輪郭を巻いた格狭間が彫られ、
  判読は出来なかったが、応長二年 (1312) 鎌倉後
  期の年号が刻まれているそうだ。
   基礎の載る基壇には反花座が意匠されているの
  だが、これが何とも剛毅な複弁の蓮座である。
   全体に均整のとれた美しい宝塔で、伊賀ではい
  ち押しのとても気に入った石塔のひとつである。
                                   

    
     
     西光寺宝篋印塔 (三重県伊賀市槇山)
            
           
     伊賀市の最北西端、甲賀市との市境に近い山里
  である。余り知られてないが、この寺には市文化
  財に指定された五輪塔と写真の宝篋印塔がある。
   鎌倉後期と思われる五輪塔はやや崩壊が見られ
  るが、大和系の反花座に載る豪快な塔である。

   ここでは、気に入った宝篋印塔を掲載する。
   境内の五輪塔の横から登って行った、裏手の高
  台にある墓地の中に、写真で見る通り、秀麗な宝
  篋印塔が建っていた。
   三段の基壇と大和様式の反花座に載っており、
  ひと目で重要だった人物の供養塔だったであろう
  ことが想像される。

   基礎には銘文などは彫られていない。
   二段の上に塔身が置かれ、四方に金剛界四仏の
  梵字が剛健で雄渾な書体で薬研彫りされている。
  写真の梵字はタラークで、宝生如来を象徴してお
  り、左回りでウーン(阿閦)アク(不空成就)キ
  リーク(弥陀)と続いている。
   下二段上六段の笠は、輪郭の付いた無地で二弧
  の隅飾が四隅に立っている。微かに外側へ傾斜し
  ているようだが、ほとんど垂直と言えそうだ。
   相輪は、上の宝珠から下の伏鉢まで、見事に揃
  っていて美しい。
   全体にはやや整い過ぎた力弱さが感じられ、力
  強い梵字や直立する隅飾などから、鎌倉後期の末
  期に近いあたりではないかと推量した。   
                                             

    
     
     穴石神社宝篋印塔 (三重県伊賀市石川)
            
           
     前掲の西光寺の南、山道を数キロ行ったここも
  かなりの山里である。
   鄙にも稀とも言うべき神社だが、実は延喜式に
  も載った由緒ある社だった。
   入口の鳥居の脇、植栽に囲まれてこの宝篋印塔
  が建っていた。当然ながら、何時の頃か、近隣の
  仏教寺院から移築されたものと思われる。

   基礎にずんぐり形の風変わりな格狭間が彫られ
  ているのだが、摩滅してよくは見えない。更に、
  延文四年 (1359) 南北朝中期の年号が彫られてい
  るらしいのだが、全く判読できない。
   二段上の塔身四方には、金剛界四仏の梵字が、
  輪郭を巻いた中に陰刻された月輪内に薬研彫りさ
  れている。力弱い書体は、いかにも南北朝という
  時代を表しているのだろう。
   下二段上六段の笠、直立する輪郭付二弧の隅飾
  り、完存する相輪など貴重な遺構と言える。ただ
  笠の背の高さや屋根幅の細さなど、随所に力弱さ
  が見えているのは、これも時代の流れだったのだ
  ろう。

   実は、小生共がこの宝篋印塔を訪ねたのは、平
  成28年の5月だったのだが、同年10月にこの
  宝篋印塔の相輪部分が盗難に遭ってしまったそう
  である。全体が揃ってこその石塔であり、一刻も
  早く相輪を元へ戻していただきたいものである。
                                       

    
     
     丈六寺五輪塔 (三重県名張市赤目町丈六)
            
           
     名張市の赤目滝へと向かう近鉄赤目口駅近くに、
  丈六という集落が在りその西端にこのお寺が建って
  いる。周囲が妙に明るく整備されているが、8世紀
  初頭に空海が開基したとも伝えられる古刹である。
   本堂前の境内左手に、写真の様な堂々とした五輪
  塔が建っていた。

   基礎(地輪)に彫られた梵字アクの横に、正応四
  年 (1291) 鎌倉後期の年号が確認されているのだが
  はっきりとは判読出来なかった。
   水輪のふっくらとしてやや扁平な球形、屋根の落
  ち着いた傾斜や、軒口両端の古式で緩やかで重厚な
  反りを見せる火輪、はちきれそうに大らかな形の空
  風輪など、年号に相応しい力強さと均整の取れた美
  しさを感じさせてくれた。

   五輪の各面に梵字が彫ってある。これは五輪塔四
  方門という種子で、東の発心門(キャ・カ・ラ・バ
  ・ア)、南の修行門(キャー・カー・ラー・バー・
  アー)、西の菩提門(ケン・カン・ラン・バン・ア
  ン)、北の涅槃門(キャク・カク・ラク・バク・ア
  ク)が各面上から順番に彫られている。
   上記が正しい配列で、例えばアーの上はバーでな
  ければならないところがバになってしまっている。
  欠損した箇所を背後に回してしまったため、各門の
  梵字の配列が狂っているのだった。本末転倒、何を
  か言わんや、だろう。即刻元通りの姿に戻してほし
  いものである。
                                                                   

    
     
     延寿院十三重塔 (三重県名張市赤目町長阪)
            
           
     赤目四十八滝への登り口に建つ天台宗の寺院で、
  本尊は赤目不動として知られている。
   本堂手前の小高い所に、この十三重塔が建ってい
  る。苔むし、かなり崩壊も進んでいるらしい。

   塔身は全くの無地で、梵字や銘文は一切見られな
  い。時代考証は難しいが楽しみである。
   各層の屋根は、軒の厚みもしっかりとしており、
  軒裏には垂木型が彫り出されている。軒口両端の反
  りは品格ある力強さを示しており、鎌倉後期を想定
  するに十分だろう。明らかなのは八層目だが、何層
  かの屋根に後補部分があるらしい。詳細は調査不足
  であり、調べる必要はありそうだ。
   屋根の最上部に露盤が見える。相輪が失われてい
  るのが残念である。深い老樹を背景にして、きっと
  壮麗な建ち姿であったのだろう。
   ずっと問題にしてきた屋根幅の低減率だが、ここ
  では前出の安楽寺の低減率に似ているように思われ
  る。つまり、鎌倉後期と南北朝初期の真ん中あたり
  と推察できるのだが、あくまで低減率という要素だ
  けが根拠なので、確定とまではいかない。限りなく
  南北朝に近い鎌倉末期、というのが小生がの出した
  結論である。

   境内には、国の重要文化財に指定された、徳治二
  年 (1307) 鎌倉後期の年号を持つ石燈籠が在る。装
  飾の美しい名品、と言えるだろう。
                                                  

  このページTOP 石造美術TOPへ 次ページ (近江東部の石塔) へ 

       前のページ (東日本<関東以北>の石塔) へ 

     日本庭園TOPへ  ロマネスクTOPへ  世界の建築
   
      古代巨石文明TOPへ  総合TOPへ  掲示板へ