双体道祖神紀行信州1)

                 松本/安曇野
     
     


 
 
 信州では、松本や安曇野を中
  心とした中信地区に分布する、
  個性豊かな双体道祖神を探訪し
  たい。

   そこには中信ならではの、巧
  みな技術と豊かな信仰に支えら
  れた、美しくも愛らしい像が見
  られ、幸福や豊穣を祈る庶民の
  素朴な信仰心が伝わって来る。

   道祖神は全て江戸中期以降の
  もので、さほど古い作品ではな
  いが、微笑ましさに胸打たれる
  ものが多い。

   
 本村の双体道祖神
 
安曇野市(旧穂高町地区)
 美しい傑作が集中している地域
 弘化三年 (1846)
 似た像がもう一基在る
     

   
    
     藤井道祖神  (松本市里山辺)
   
   
   松本市から美ヶ原山麓へと広がる裾野一帯は、
  古来より山辺の里と言う。美ヶ原寄りは入山辺、
  松本寄りは里山辺と呼ばれる水清い山里である。
   現在は果樹栽培などで豊かだが、当時は養蚕か
  炭焼き程度の産業しかない厳しい雪国だっただろ
  う。
   その厳しい生活を反映してか、種種の願いを込
  めた道祖神が山辺地区には多い。美ヶ原温泉に近
  い里山辺の藤井で見た写真の像は、その中でも抜
  群の完成度にドキっとするほど美しく感じられた。
  高遠の石工が彫ったとされる、有名な入山辺中村
  の像は余りにも完成され過ぎで風情に欠けるので、
  その点からもこの像には親しみが持てた。

   よく見ると造立が明治十五年とかなり新しいの
  が意外だったが、他の同時期の作に見られる下劣
  な写実が全く感じられないのである。
   良質の石材をくりぬいて彫られた肩抱き祝言像
  であり、衣冠装束に太刀まで帯びた男神に、寄り
  添うようにして酒を注ぐ姫神も堂々としている。
  庶民のささやかな願いという趣とはややかけ離れ
  ているものの、明治時代の像立としては珍しい品
  位と自信の表現の一端かもしれない。
    

     
        
     東桐原道祖神 (松本市入山辺)
      
     
   里山辺から入山辺へと向かうと、谷間にかか
  る少し手前に東桐原の集落が在る。道祖神は県
  道から少し入った、葡萄園の棚を背景にして立
  っていた。
   写真で見るとおり、優雅な気品に満ちた肩抱
  き握手像である。
   姫神の長い髪、双神の長い袖とその装飾、な
  どが特徴だが、何よりも両側に彫られた徳利の
  ような花瓶が珍しい。後で調べたのだが、これ
  はこの地方の慣習で、竹製の飾りを徳利に挿し
  て神酒を供えたことに由来するらしい。
   板碑などでは、本尊荘厳を意図して左右に花
  瓶(けびょう)が彫られることがあるが、ここ
  では双神への崇敬の念が示されたものだろう。
   明和五年(1768)という古い年号が刻まれてお
  り、この一帯では最古の部類に属す、とのこと
  であった。
   訪ねたのは夏の初めで、汗だくになりながら
  写真を撮った。双神の美しいたたずまいに感動
  して立ち去りがたく、葡萄の陰で双神と並んで
  氷水を飲んだ記憶は今でも鮮明である。
    

     
       
     中村道祖神 (松本市入山辺)
     
     
   何という美しい双体道祖神なんだろうか。い
  や、美しすぎるし、デッサンも彫刻も、非の打
  ち所の無いほど完璧なのである。
   ここは先述の宮原とは、薄川を隔てた対岸の
  集落で、同様に入山辺の西の入口に当たる。
   一見して現代の作だろうと感じたが、像の右
  側にはっきりと「天保十五年(1844)と彫られて
  いるので驚き、改めて思わず見惚れてしまった
  のだった。
   高遠の名工であった藤森吉弥の作だと聞かさ
  れて、納得はしてみたものの、路傍の道祖神と
  は思えぬほどの高度な技術が発揮され、双神を
  実際に写生したかの如き写実的な表現が成され
  ていることに感動した。
   余りにも欠点が無いと逆に愛嬌が感じられな
  いということがあるが、道祖神の伝統的な様式
  である、貴族の衣装と肩抱き祝言像というスタ
  イルからくる安心感がこれを救っている。
   また、お互いに見つめ合い、微笑み合ってい
  る姿に親近感が抱けるからだろう。
   おおよその芸術が抽象と写実とを繰り返すの
  に似て、ここでは近代の写実の萌芽が見られる
  と解釈するべきなのだろうか。或いは、吉弥ひ
  とりが、飛び切り進んでいたのだろうか。
   

     
     
     宮原道祖神 (松本市入山辺)
     
     
   里山辺から薄川に沿って上流へと向かうと、川
  の対岸のこの静かな集落がほぼ入山辺の入口とな
  っている。
   この道祖神は数多くの本にも掲載されているの
  で、御存知の方も居られるだろうと思う。
   ただ、注目される理由が、双神像の下に彫られ
  た、人間の性的行為を直接的に表現したような小
  さな像にある点が気に入らない。
   石工の、当時としては大層自由な発想の表現で
  あり、とんでもなく遊び心いっぱいの洒落である
  と解釈できる。
   であるからこそ、それだけを目的にした、興味
  本位の観光は慎むべきだろう。

   像全体からすればそんな部分は実は枝葉末節、
  本体の双神は写真のごとく、まことに優雅な天明
  六年(1786)造立の肩抱き握手像なのである。
   像は社殿の中に立っている様に彫られており、
  漂う穏やかな相愛の雰囲気とその像容がなんとも
  好ましい。
   風雨による磨耗からの保護と、盗難を防止する
  目的で、覆屋が設けられている。写真撮影は可能
  だった。
    

    
        
     奈良尾道祖神 (松本市入山辺)
       
     
   松本市郊外の一軒宿入山辺温泉霞山荘に泊まっ
  た翌朝、私達は宮原・中村などの入山辺地区に祭
  られた双体道祖神を探訪した。
   上手町のバス道から南へ下ると、そこは薄川に
  沿った低い断崖の上で、石垣を背にして二基の双
  体道祖神が並んで祭られていた。
   左側は素朴な肩抱き握手像で、これはこれで味
  があるのだが、やはり右側に立つ写真の像を黙っ
  て見過ごすわけには行かない。
   一目見ただけで、これは容易なものではないな、
  と感じさせるだけの存在感と情感を抱かせたので
  ある。
   この像には造立年銘は無いのだが、里山辺の中
  村に在る像と共に、幕末に活躍した高遠の石工の
  作である。中村のものは藤森吉弥の作品であり、
  こちらには藤森隆成という名が刻まれている。
   衣冠束帯のややよそ行きの上品な雰囲気の中に、
  ほのぼのとした山里の生活観がにじみ出たような
  朴訥さが感じられる美しい双神である。特に双神
  の顔の表情が優しく、中村の作品より大らかで好
  感が持てる。
   里山辺からここ入山辺の谷にかけては、まこと
  に個性豊かな双体道祖神が多く、探訪していて飽
  きることを知らない。   
    

  New    
       
  New    
        
 
   矢崎道祖神 (松本市里山辺)     駒越道祖神 (松本市入山辺)   
         
       
      
 葡萄畑を背に立っている。
     
     
 文政七年 (1824)
       
 

  New    
       
  New    
        
 
   原(下)道祖神 (松本市入山辺)     原(上)道祖神 (松本市入山辺)   
         
     
     
 天保六年 (1835)
      
     
 鳥居の額に「道祖神」。
      
 

  New    
       
  New    
        
 
   上手道祖神 (松本市入山辺)     湯ノ原道祖神 (松本市里山辺)   
         
     
     
 原村 (上) と同一作者か?
      
      
 松本地方では最古の像の一基。
      
 

  New    
       
  New    
        
 
   四ツ家道祖神 (松本市)     林道祖神 (松本市里山辺)   
         
     
      
 天保三年 (1832)
     
      
 文化二年 (1805)
     
 

  New    
       
  New    
        
 
   放光寺道祖神 (松本市蟻ケ崎)     蟻ヶ崎道祖神 (松本市蟻ケ崎)   
         
     
     
 明治四十四年 (1911) 祝言像
     
     
 文政六年 (1823)
     
 

  New    
       
  New    
        
 
   荒町道祖神 (松本市里山辺)     伊深道祖神 (松本市岡田伊深)   
         
     
     
 年号不明。繭玉奉持。
      
     
 文政六年 (1823)
      
 

     
       
     神沢道祖神 (松本市岡田)
           
        
   松本城から北へ2Km行くと、その辺りからはい
  きなり山里の風情を感じさせる集落が多くなる。
  一帯は岡田と呼ばれる地区で、その西側にこの集
  落がある。
   家並みの中程にある辻に面してこの像は立って
  おり、「道祖神御守」と書かれた札が何枚も貼り
  付けてあった。何を祈ったかは知れぬが、庶民の
  素朴な信仰が現代にも生きているのである。
   双神は従来の祝言像や握手像ではなく、珍しい
  格好をしている。まず目に付くのは、姫神が繭玉
  のような餅花を持っていることだろう。
   さらによく見ると、男神の右手は姫神の肩に、
  そして左手は何たることか、姫神の着物の裾に手
  をかけめくろうとしているではないか。
   とんでもない像なのだが、地元の農民そのもの
  といった朴訥な風貌の双神からは、猥らな厭らし
  さは少しも感じられない。
   品位をかろうじて保った、ぎりぎりの表現とも
  言えるが、むしろとても大らかな美しさに満ちて
  いる。
   寛政七年(1795)の銘があり、道祖神としてはま
  あ古い方だろうが、彫りも大胆で形式にとらわれ
  ない遊び心に溢れた傑作だろう。
                          

  New    
       
  New    
        
 
   稲倉道祖神 (松本市岡田)     杏道祖神 (松本市岡田)   
         
     
      
 寛政十年 (1798)
     
      
 杏(からもも)明治二十一年 (1888)
     
 

  New    
       
  New    
        
 
   峠口道祖神 (松本市岡田)     島内道祖神 (松本市島内)   
         
     
      
 何を持っているのだろうか。
     
     
 享和三年 (1803)
     
 

     
            
     島立町道祖神 (松本市島立)
      
     
   松本市のこの一帯には、奈川から高山へと抜け
  る野麦街道に沿って開けた、比較的裕福な農家の
  集落が並んでいる。
   永田という集落の双体道祖神もそうだったが、
  ご覧の通りここ島立の町という集落の道祖神も彩
  色された化粧神だった。
   色の塗り方は不細工なので、きっと村人の手に
  なるものだろう。だが、そのおおらかさが、像の
  彫りの美しさと相まって、かえって優しく親しみ
  やすい神像となっている。
   作者の銘が刻まれており、入山辺中村の傑作を
  彫った藤森吉弥の作だそうだ。希代の名工作品に
  べたべたと色を塗れるのは、それだけ庶民の信仰
  が純粋で素朴であり、生活と一体化している証な
  のかもしれない。
   肩抱き祝言像だが、よく見るとさすがは吉弥、
  彫りの質の違いが良く分る。
   不思議なことに最初から町に作られた神ではな
  く、江戸末期に当時流行した盗み道祖神で、どこ
  か別の村から運ばれたものだったらしい。なんと
  もおおらかで悠長な話である。
   天保十三年 (1842) の作。
  
    

  New    
       
  New    
        
 
   巾上道祖神 (松本市巾上)     渚道祖神 (松本市渚)   
         
     
     
 安永二年 (1773)  在銘像では市内最古
      
     
 珍しい衣装、横向きの姫神が特徴。
      
 

  New    
       
  New    
        
 
   永田道祖神 (松本市島立)     荒井道祖神 (松本市島立)   
         
     
     
 弘化二年 (1845)
      
     
 江戸初期の作と考えられる。
      
 

  New    
       
  New    
        
 
   和田道祖神 (松本市和田)     衣外道祖神 (松本市和田)   
         
     
     
 和田町の中心四つ辻
      
     
 寛政三年 (1791)  相合傘の握手像
      
 

  New    
       
  New    
        
 
   蘇我1道祖神 (松本市和田)     蘇我2道祖神 (松本市和田)   
         
       
     
 弘化四年 (1847)
      
     
 寛政十年 (1798)  素朴な握手像
      
 

  New    
       
  New    
        
 
   下二子道祖神 (松本市笹賀)     南荒井道祖神 (松本市神林)   
         
     
     
 年代不明 面白い形の石の握手像
      
     
 文化五年 (1808)
      
 

  New    
       
  New    
        
 
   町神道祖神 (松本市神林)     小俣道祖神 (松本市笹賀)   
         
     
     
 文化五年 (1808)  
     
     
 年代不明 (江戸初期か?) 座像は珍しい。
      
 

  New    
       
  New    
        
 
   柳原道祖神 (松本市今井西耕地)     堂村道祖神 (松本市今井)   
         
     
     
 明治四十五年 (1912)   
      
     
 年代不明。像下に蓮華模様。
      
 

  New    
       
  New    
        
 
   上今井道祖神 (松本市今井)     花見1道祖神 (松本市梓川上野)   
         
       
     
 両側にお神酒、束髪が美しい。
     
     
 花見は「けみ」と読む。
      
 

  New    
       
  New    
        
 
   花見2道祖神 (松本市梓川上野)     藤ノ木1道祖神 (安曇野市三郷)   
         
     
      
 寛政八年 (1796) 「華見邨」と彫られている。
                
     
 寛政十年 (1798)  
                              
 

  New    
       
  New    
        
 
   藤ノ木2道祖神 (安曇野市三郷)     南北条道祖神 (松本市梓川)   
         
     
     
 寛政十一年 (1799)  
                 
     
 文政九年 (1826)  
                    
 

  New    
       
  New    
        
 
   北北条道祖神 (松本市梓川)     小室南道祖神 (松本市梓川)   
         
     
     
 文政七年 (1824)  
                
      
 文字碑の下に彫られた双体道祖神像。
                  
 

     
        
     小室下村道祖神  (松本市梓川)
      
     
   双体道祖神の質の高さは石工の技量しだいだが、
  信州安曇野一帯には、格別の出来栄えのものが非
  常に多い。幾多の名工を輩出した高遠が至近とい
  う条件が、比較的豊かな収穫、人一倍厚い信仰心
  などという条件とうまく重なった結果だろう。

   かなり広範な小室の里には、三体の双体道祖神
  が祭られている。いずれも高度な技術と感覚を持
  った石工の傑作ばかりだが、中でも写真の下村の
  像が最も気に入っている。

   跪いて男神の持つ盃に、取っ手のついた酒器か
  ら酒を注ぐ姫神の姿がいい。よく見ると、男神の
  右手が姫神の肩を優しく抱いている。衣冠束帯と
  十二単という現実離れした装束は、往々にして田
  舎芝居の衣装みたいに見えてしまうのだが、ここ
  では神の装束として堂々と見え不自然さがかけら
  も無い。

   周辺の田園風景に溶け込んで、一際美しさを増
  している魅力的な双体道祖神である。
    

      
          
     中塔道祖神 (松本市梓川)
      
      
   現在は松本市に併合されてしまったが、かつ
  ての南安曇郡梓川村の北端の集落であった。同
  じく併合されて安曇野市となった、旧三郷村に
  隣接していたのである。
   歴史的には、戦国時代の山城として著名な中
  塔城跡で知られている場所だ。
   この像は細長い三角形の石の中央部をくりぬ
  いた形で彫られており、村外れの小高い場所に
  さりげなく建っていた。
   双神が向き合い抱き合っているので、何らか
  の短絡な直裁的表現が成されているのかと思っ
  たが、全くの杞憂にすぎなかった。
   直立不動の男神に対して、片足を爪先立ちさ
  せた姫神の表現は一体何を意味するというのだ
  ろうか。
   姫神が締めた帯が可愛いし、顔をやや外側に
  そむけたポーズからは、現代では全く失われて
  しまった“乙女の恥じらい”が感じらる。それ
  はきっと死語になっているに違いない。
   やや危険な表現であるにもかかわらず、少し
  の抵抗も感じられないのは、稚拙とも見える抽
  象が、からっとしたおおらかな表現となってい
  るからだろう。
    

  New    
       
  New    
        
 
   小室北道祖神 (松本市梓川)     南小倉道祖神 (安曇野市三郷)   
         
     
      
 安山岩自然石に彫られいる祝言像。
                
        
  寛政期の素朴な祝言像。                    
 

  New    
       
  New    
        
 
   小倉1道祖神 (安曇野市三郷)     小倉2道祖神 (安曇野市三郷)   
         
     
     
 慶應二年 (1866)
                           
   明治十年 (1877) ?   

  New    
       
  New    
        
 
   新田1道祖神 (安曇野市豊科)     新田2道祖神 (安曇野市豊科)   
         
     
     
 天保十年 (1839)
                 
     
 天保十二年 (1841) 
     
 

    
      
     細萱道祖神 (安曇野市豊科)
      
      
   現在は合併して安曇野市となってしまったが、
  この道祖神の祭られた諏訪神社は旧豊科町の北端
  に位置し、旧穂高町と旧堀金村に接していた。
   この地域には後述する二基も含め、まことに秀
  麗な道祖神が多く、安曇野巡りを楽しむ際の上質
  な点景となっている。
   それらは、貴族の衣装や髪型をした優美な容姿
  が共通しており、ここの像が天保十二年(1841)と
  古いことから“細萱型”と呼ばれる元となった。
   肩抱き握手像なのだが、私には男神が盃を持っ
  ているように見えてならない。これは私の新説だ
  ろうが、瓢箪を暗示させる着物の裾の表現も気に
  なるところだ。
   とまれ、豪華な破風、流れるような姫神の長い
  髪と男神の烏帽子、着物の裾の広がり、などなど
  典雅な風貌と品格のある所作は、他の作品に大き
  な影響を及ぼすこととなった独特の豊かな表現で
  あったといえる。
   この狭い地域に、これだけの見事な道祖神を集
  中的に生んだ背景には、開墾による豊かな水田、
  住民の厚い信仰心、優れた技巧の石工の存在、と
  いう諸条件が揃っていた事が挙げられる。   
   

     
        
     成相本村道祖神 (安曇野市堀金)
      
      
   信州の安曇野を歩くと、ふくよかで優雅な双体
  道祖神に数多く巡り会う。背後の北アルプス、豊
  かな水田や果樹園などの風景とよく溶け合って、
  和やかな雰囲気を醸し出している。
   ほとんどの場合、集落単位で造立されているの
  で、像からはこの地域が比較的裕福な農村だった
  という印象を受ける。
   しかし、道祖神が当時の農民達の夢の夫婦像だ
  とすれば、夢の裏返しに、年貢の取立や飢饉とい
  った厳しい環境が有ったこともまた現実であろう。
   写真の像は、やはり貴族の装束姿をし、流麗な
  美しさを持つ、典型的な肩抱き祝言像である。衣
  装の描写も細やかであり、顔の表情も気品に溢れ
  ていて、並々ならぬ技巧を持った石工がこの地域
  に居たことが想像出来る。
   祝言像ではほとんどの場合、男神が円い盃を持
  ち、姫神がひょろ長い瓢箪の徳利を持っている。
  道祖神は元来豊穣や多産を祈念した像なので、中
  には幾つか直接的な性的表現をした像も有るのだ
  が、これはまことに上品な作と言える。
   もっとも、盃と瓢箪は、女性と男性のシンボル
  が抽象化されたもの、と解釈する向きもある。
   弘化三年(1846)の作である。
    

  New    
       
  New    
        
 
   本村2道祖神 (安曇野市堀金)     中堀1道祖神 (安曇野市堀金)   
         
     
     
 弘化三年 (1846) 
                 
     
 天保四年 (1833)
                    
 

     
        
     中堀2道祖神 (安曇野市堀金)
      
      
   堀金村は安曇野の中心で、穂高町の南、豊科町
  の西に位置している。前掲の豊科町成相本村とこ
  の中堀とは、行政区分は違うが隣り合う里なので
  ある。
   文化年代に拾ケ堰という水路が安曇野を貫流し
  て以来、この一帯には豊かな水田が約束され、大
  農家の多い里には立派な道祖神が建立された。
   写真の双体道祖神は、村の中央の辻の見事な台
  座の上に悠然と立っていた。
   石の材質は花崗岩で、自然石を円形にくり抜い
  て、双神を浮き彫りしてある。
   成相本村と全く同じ祝言像で、男神が盃を持ち、
  姫神が瓢箪徳利を持っている。男神が優しく姫神
  の肩に手をかけているところも同じであり、こち
  らは嘉永二年(1849)の作であることから、かなり
  の影響を受けたか同じ系統の石工の作になるのか
  もしれない。
   双神像の輪郭に、達筆な草書体の添え彫りが刻
  まれている。右から「嘉永二丙年」、左に「正月
  吉祥日」、下に右から「中堀村連中」と読める。
   この日はまだ春浅い雨上がりの午後で、しっと
  りと落ち着いた南安曇野の風情は格別だった。
   材質の感じを出すために、わざわざ水で濡らし
  てから撮影をすることもあるのだが、今回は全く
  必要なかった。
   その晩は、山寄りに湧く、有明温泉に泊まった。
    

  New    
       
  New    
        
 
   橋爪道祖神 (安曇野市穂高)     下柏原道祖神 (安曇野市穂高)   
         
     
     
 天保十三年 (1842)
                 
     
 天保十三年 (1842)
                    
 

  New    
       
  New    
        
 
   長野道祖神 (安曇野市穂高)     神田道祖神 (安曇野市穂高)   
         
     
       
 安政六年 (1859)  
               
       
 慶應二年 (1866)  
                            
 

  New    
       
  New    
        
 
   柏原道祖神 (安曇野市穂高)     柏矢町道祖神 (安曇野市穂高)   
         
     
     
 文政十年 (1827)
               
     
 元治元年 (1864)
               
 

  New    
       
  New    
        
 
   等々力1道祖神 (安曇野市穂高)     等々力2道祖神 (安曇野市穂高)   
         
     
       
 天保八年 (1837)  
                         
   年代不明                   

  New    
       
  New    
        
 
   常盤町道祖神 (安曇野市穂高)     穂高道祖神 (安曇野市穂高)   
         
     
     
 寛政十年 (1798) 
                 
       
 明治十九年 (1886)  
                              
 

       
            
     本郷1道祖神 (安曇野市穂高)
     
                
   信州に道祖神多しと言えど、かつてはここ旧
  穂高町が最も多く、七十数体を数えていた。ま
  してや道祖神のふるさととも言うべき豊科町や
  堀金村が合併した安曇野市は、信州一いや日本
  一の道祖神の里と言えるだろう。
   穂高の集落のすぐ西に位置しているのが本郷
  の里で、ここには三基の双体道祖神が祭られ、
  いずれも個性的な彩色が成されている。
   中でも写真の上手(わで)地区の神は安政五年
  (1858)の作で、同じように彩色された恵比寿・
  大黒さんと一緒に横一列に並んでいて壮観だ。
   彩色は毎年秋に行われるそうだが、ここでも
  余り褒められた塗り方が成されていない。
   良く見れば、なかなか優雅な肩抱き握手像で
  あり、純粋に彫刻を鑑賞しようとすれば、彩色
  はかなり邪魔になるだろう。
   しかし、その里人を中心として伝統的に行わ
  れてきた行事にこそ、素朴でおおらかな信仰心
  が表現されているところが美しいのだ。
   双体道祖神は決して“美術品”ではなく、里
  人たちにとっては日常的に同居する“里の神”
  なのである。
   
    

  New    
       
  New    
        
 
   本郷2道祖神 (安曇野市穂高)     本郷3道祖神 (安曇野市穂高)   
         
     
     
 安政五年 (1858)
                 
      
 天保四年 (1833)
                               
 

  New    
       
  New    
        
 
   古厩1道祖神 (安曇野市穂高)     古厩2道祖神 (安曇野市穂高)   
         
     
      
 慶應三年 (1867) 彩色のセンス抜群。
                
     
 嘉永四年 (1851)
                    
 

  New    
       
  New    
        
 
   立足道祖神 (安曇野市穂高)     新屋1道祖神 (安曇野市穂高)   
         
     
     
 安政七年 (1860)
                 
     
 文政六年 (1823)
                    
 

  New    
       
  New    
        
 
   新屋2道祖神 (安曇野市穂高)     矢村道祖神 (安曇野市穂高)   
         
     
     
 明治二年 (1869)
                 
     
 文化七年 (1810)
                    
 

  New    
       
  New    
        
 
   宮城道祖神 (安曇野市穂高)     小岩岳道祖神 (安曇野市穂高)   
         
     
     
 慶應元年 (1865)
                 
     
 文化七年 (1810)
                   
 

  New    
       
  New    
        
 
   嵩下1道祖神 (安曇野市穂高)     嵩下2道祖神 (安曇野市穂高)   
         
     
     
 嘉永二年 (1849)
                 
     
 明治十五年 (1882)
                    
 

  New    
       
  New    
        
 
   耳塚1道祖神 (安曇野市穂高)     耳塚2道祖神 (安曇野市穂高)   
         
     
     
 元治二年 (1865)
                 
     
 慶應二年 (1866)
                    
 

  New    
       
  New    
        
 
   耳塚3道祖神 (安曇野市穂高)     耳塚4道祖神 (安曇野市穂高)   
         
     
     
 明治十二年 (1879)
                 
     
 文政十年 (1827)
                    
 

      このページTOPへ  信州 (2) の道祖神へ  地方の板碑へ 

    石造美術TOPへ  日本庭園TOPへ ロマネスクTOPへ

   古代巨石文明TOPへ  世界の建築   総合TOPへ  掲示板へ