石仏・磨崖仏紀行 
     
京・大和の石仏
        
         
    仏教美術の中心であった奈良・京都には、
 歴史的に重要な木像や金銅製の仏像が数多く
 残されている事で知られる。
  実は石仏の分野も同様で、日本最古の石仏
 である奈良時代前期に造られた滝寺磨崖仏、
 飯降磨崖仏、石位寺三尊石仏などは、全て大
 和の国に存在している遺蹟なのである。

  京都府の旧加茂町や笠置町は大和との国境
 に近く、奈良の影響を受けた仏像や石仏も多
 い。特に、岩船寺や浄瑠璃寺のある当尾(と
 うのお)地区では、多くの魅力的な石仏や石
 造美術を観ることが出来る。

  京都は知られざる石仏の宝庫であり、鎌倉
 時代を中心とした阿弥陀仏などが密集してい
 る。京都で石仏巡りをする人を見ることは余
 り無いのだが、密かにお薦めをするものであ
 る。





      当尾石仏群の内の「唐臼の壺」阿弥陀磨崖仏」
                
京都府木津川市加茂町
 
               

      
    
     大原弥陀石仏 (京都市左京区)
    
    
     大原勝林院の墓地に阿弥陀如来石仏が在る、と
  聞いて訪ねてみた。しかし、境内の何処を探して
  も墓地らしきものは見当たらず、途方にくれて拝
  観受付の女性に聞いたが知らないと言う。
   無住の寺を管理する塔頭の宝泉院で尋ねてみる
  と、親切な御住職が案内すると言うではないか。
   その場所へ行くには、美しい宝篋印塔の脇を抜
  け、三千院の裏山へと少し登って行かねばならな
  かった。自分だけでは絶対に判らない場所である。
  三千院の境内にもつながっているらしい。

   石仏は覆屋の中に安置された堂々たるお姿で、
  御住職も久しぶりのお参りと喜んでおられた。
   昼なお暗い谷間なので、石仏の像容がよく見え
  ない。かなり摩滅しているようだが、それでも頭
  部の螺髪は繊細に彫られ、優しく美しいお顔をな
  さっておられることは判った。

   まるで木彫の仏像を思わせるような見事な彫り
  であり、鎌倉期の石仏が多い京都でも屈指の阿弥
  陀像だと思う。技術的な表現に走る前の、鎌倉中
  期の大らかさが感じられるのが嬉しい。
   大原を何度も訪ねたことがあるのに、この石仏
  の存在すら知らなかったのは不覚だった。
 
              

        
    
     戸寺弥陀石仏 (京都市左京区)
    
    
       洛北八瀬から大原へと向かう街道を行くと、高野
  川に架かる花尻橋を渡ることになる。少し先に江文
  神社の御旅所があり、そこにこの美しい石仏を祀る
  小さなお堂が建っている。
   
   単弁の蓮座に座しているのは石像の阿弥陀如来で、
  二重になった円光の光背を背にしながら定印を結ぶ
  お姿は、何とも優雅で格調の高い像容となっている。
  光背と石仏は一石から彫りだされたもので、石質は
  花崗岩である。
   総高は105cmとさして大きくは無いが、木彫の
  ようなすらりとした美しさが魅力的である。

   鎌倉中期的な写実性に満ちており、先述の大原石
  仏や後述の石像寺阿弥陀三尊石仏と共に、京都では
  最も端正な阿弥陀石仏の一つであろう。
   これらはいずれも、比叡山西塔香炉岡の弥勒石仏
  を源流とした系列に属していると考えられる。
   品格のある面相、流麗な衣文、二重円光式の光背、
  光背に彫られた梵字などが共通する特徴である。
   もっとも、ここ戸寺石仏の光背は無地で、梵字は
  彫られていないが、十分に叡山系としての影響を受
  けているようだ。
          

        
    
     恵光寺石仏群 (京都市左京区)
    
    
       著名な石仏関連の著書に「専光寺」と誤記
  され、それが波及して誤記のまま転載された
  事例を幾つか知っている。現地へ行ったこと
  のない人が、資料として使用したからなのだ
  ろうか。「恵光寺」が正しい。
   場所は洛北、鞍馬街道に面しており、小野
  小町の遺構として著名な小町寺と呼ばれる補
  陀落寺の真向かいに当たるお寺である。 

   石仏は参道の石段を登ったあたりに、大小
  六体の石仏が横一列に並べられている。
   写真はその内の大きな二体で、左は施無畏
  印の如来、右は定印の阿弥陀如来である。
   いずれも端正な彫りの石像であり、像容の
  格調の高さからも鎌倉後期は下らないものと
  思う。
   
   この辺りは死者葬送の地であったそうで、
  浄土に救いを求めた庶民の願いを、こうした
  石仏たちはずっと聞き続けてきたのだろう。
          

        
    
     北白川石仏 (京都市左京区)
    
    
       今出川通りを百万遍から銀閣寺方面に向かうと、
  右手に京都大学の校舎がしばらく続く。
   それが途切れたあたりを少し入った所に吉田神社
  へと上る石段があり、その前に覆屋があって二体の
  石仏がまつられている。

   石仏は二体とも阿弥陀如来坐像で、写真は特に優
  れた右側の像である。
   高さは1.5mほどの花崗岩製で、お顔が大きく愛
  嬌があって、とても優しい表情をしている。
   衣文の様式や二重円光に梵字の配された光背など
  は、明らかに叡山式石仏の系統であることを示して
  いる。
   蓮台から下は埋まってしまったようだが、下半身
  の表現がやや稚拙に思える。しかし腕のすぐ下に、
  組んだ足の裏と指が彫ってあるのが、何ともユーモ
  ラスに感じられてならなかった。

   比叡山の慈覚大師円仁が伝えた念仏行法の叡山浄
  土教は、源信や空也へと受け継がれて市井へと下っ
  たのである。極楽往生を願った大衆の間には、あっ
  という間に浄土教を通じた阿弥陀信仰が広がってい
  った。
   京都に残る一連の叡山系阿弥陀石仏の数々は、そ
  うした民衆の浄土信仰を背景にして生まれたものだ
  ったのであろう。
          

  New    
    
     霊鑑寺石仏 (京都市左京区)
    
    
     鹿ケ谷の哲学の道から、東山山麓へと入った突
  き当りに在る臨済宗の禅寺である。但し、門跡尼
  院としての格式が高く、通常は一般公開されてい
  ない。
   私たちは特別公開の日に、江戸期の庭園を見学
  させていただき、それに併せてこの愛らしい小石
  仏を見せていただくことが出来た。

   磨耗が進んでいるために、やや印象が散漫にな
  ってしまうが、大らかな表現の中に質感が感じら
  れる古仏独特のオーラが感じられた。
   左手は施無畏印で、右手次第では薬師如来も考
  えられるが、どうやら手のひらは伏せられている
  ので弥勒如来像かと思われる。

   光背に月輪が五つ彫られ、更に中に梵字が彫ら
  れており、前述の北白川石仏と同様に比叡山系の
  影響を受けているようだ。
   後日、文献などからこの梵字は大日法身真言で
  あると知った。とすれば、板碑などでも良く目に
  する真言であり、ア・バン・ラン・カン・ケンと
  記されているはずなのだが、ほとんど判読するこ
  とは不可能だった。
   寺格同様に、品性と風格に満ちた石仏である。
                                 

        
    
     聞名寺石仏 (京都市左京区)
    
    
       東大路通りに面しており、二条通りから少し下が
  った仁王門に近い東側にこのお寺が建っている。元
  は市街中心に在った寺だが、火災が原因で江戸初期
  にこの地に再建されたのだという。

   境内にある墓地には、無数の無縁仏の墓碑や小石
  仏などが並べられている。そうした中で、写真のよ
  うに一段高く、この石仏がまつられていた。
   
   端正な顔立ち、流麗な衣文、大きく組んだ膝頭、
  梵字を刻んだ二重円光式の光背、等を伴った定印阿
  弥陀仏であることから、ここでも叡山系の石仏であ
  ることが知れる。
   光背に刻まれた梵字は、弥陀を象徴する種子「キ
  リーク」であり、陽刻された月輪の中に陰刻されて
  いる。また、その配列が頭光部分に五個、身光部分
  の左右に三個づつ、合計十一個の月輪が彫られてお
  り、こうした様式だけは後述の石像寺阿弥陀三尊石
  仏の阿弥陀像にとてもよく似ている。

   技巧的な彫りの良く残った石仏だが、鎌倉中期頃
  の大らかでのびのびとした表現からはやや後退して
  おり、鎌倉後期から南北朝あたりに石像寺石仏を参
  考にして制作されたことを示しているのではないだ
  ろうか。
               

  New    
    
     般舟院阿弥陀石仏 (京都市上京区)
    
    
     千本今出川の交差点から東へ少し行くと、北側に
  中学校に隣接して般舟(はんじゅ)院という小さな
  お寺と御陵が並んでいる。
   後土御門天皇などの御分骨所として格式ある寺格
  を誇っていたが、明治の神仏分離令によって歴代尊
  牌は東山泉涌寺へ移されたという。境内の大半も中
  学校になってしまったのだそうだ。
   近年、住職によって土地や建物が競売にかけられ
  たり、仏像が隠匿されたりといった醜聞もあって、
  寺の衰退は極まっているようだ。

   寺の西側に御陵があり、その築地壁の西側に樹木
  の繁った塚がある。式子内親王(後白河天皇の第三
  皇女)の塚であると伝わっている。

   写真は、その塚の前に祀られた阿弥陀如来石仏で
  ある。花崗岩製ながら、かなり磨耗している。定印
  が無ければ、どういう仏像かすら判断できなかった
  だろう。
   それでも、蓮華座に結跏趺坐し定印を結んだ姿に
  は肉厚の剛毅な表現が見られ、鎌倉期らしい勢いを
  感じることが出来る。

   この寺がたどった激動の歴史が生んだ波乱を思う
  と、その総てをじっと見つめていたこの石仏が一体
  何を語っているのだろうか、と聞き耳を立ててみた
  くなってしまった。  
                                

      
    
     石像寺阿弥陀三尊石仏 (京都市上京区)
    
    
      現在でも厚い信仰を受けている、釘抜き地蔵と
  して知られる町の中の小さなお寺である。
   しかし、石仏愛好家にとっては、その地蔵堂の
  背後に建つ石仏堂がとてつもなく重要なのだ。
   なぜなら、そこには卓越した美意識を感じさせ
  る、別格の石造阿弥陀三尊像が祭られているから
  である。

   重要文化財に指定されたほどの傑作で、昔から
  ものの本で写真を見て知っていた。しかし、何時
  訪ねても、信仰篤い線香の煙と花や垂れ幕などが
  障害となって、石仏の実際のお顔すら見えない状
  態だったのである。
   今回近くを通ったので、久しぶりにお参りをし
  て驚いた。線香以外一切の障害が無く、暗いのだ
  けれどともかく、石仏全体の詳細を初めてじっく
  りと拝見することが出来たのである。

   写真は中尊の阿弥陀如来像で、蝋燭と線香の煤
  によってお顔が真っ黒になってはいるものの、端
  正な顔立ちや光背の梵字で表した弥陀の種子「キ
  リーク」などが大変美しい。
   脇侍は右に観音菩薩、左に勢至菩薩が立ち、中
  尊と同じ意匠の種子をあしらった二重円光光背の
  立像である。
   元仁元年(1224)という、鎌倉中期の魅力的な年
  号が記されているそうだ。
          

  New    
    
     善想寺阿弥陀石仏 (京都市中京区)
    
    
     二条城の南、三条商店街の更に南、六角通大
  宮から西へ入った寺町の中に在る浄土宗の寺院
  である。
   洛陽地蔵巡りの札所で、泥足地蔵と呼ばれる
  地蔵立像が一般的には知られている。
   本尊は華麗な仏像として知られる阿弥陀三尊
  である。

   本命は別の石仏で、本堂の前から墓地へ入っ
  た直ぐ右手に、写真の阿弥陀石仏が覆屋の中に
  祀られている。

   自然石を舟型光背とし、定印を結んで結跏趺
  坐した像容は、圧倒的な存在感を示している。
   古仏であり、本来は露天の雨ざらしであった
  が故の磨滅は致し方なく、それはむしろ風格と
  すら感じさせられる。
   全体的に流麗で柔和な印象を受けるが、横か
  ら眺めると胸は厚く、肩や両膝も大きく張った
  力強さも見せている。
   平安期の象徴的な阿弥陀像に比べ、明らかに
  写実的な表現へと移行していく過程が見えるよ
  うだ。磨耗が激しいので断定は出来ないが、鎌
  倉期を下がる事はない写実性が感じられる。

   中世の石仏に何と阿弥陀仏の多いことかを、
  改めて感じてしまう。庶民の目線まで降りて来
  た仏教が、浄土信仰という形で深い信仰を集め
  ていたからだろう。   
                        

      
    
     善導寺石仏 (京都市中京区)
    
    
      鴨川に沿って建つホテルに隣接する小さなお寺
  の境内に、この愛らしい石仏が立っている。
   高さが1mにも満たない小さい作なのだが、弘
  安元年(1278)の銘が入った美術史的にも貴重な釈
  迦三尊像である。

   中央の釈迦像で先ず気が付くのは、衣の流れる
  ような襞の美しさである。翻波式とも言われ、室
  生寺や嵯峨清涼寺の釈迦像にその原形が見られる
  が、元来は大陸からの影響だろう。
   左は文殊菩薩で頭上に五髻(ごけい)というマ
  ゲを載せ、宝剣や梵篋という箱を持つ珍しい像だ
  が、写真では細部がよく見えないのが残念である。

   更に珍しいのは、従来脇侍として右側には普賢
  菩薩が描かれるが、ここでは如来像になっている。
  弥勒仏とのことであるが、余り見かけない三尊形
  式である。

   小作品ながら卓越した鋭い美意識が感じられ、
  並々ならぬ意匠感覚と奔放な発想に満ちた、京都
  の鎌倉期石仏の中では小生一押しの傑作である。
          

      
    
     安養寺石仏 (京都市東山区)
    
    
      京都円山公園の背後、東山山麓に位置するこの
  寺を訪ねたのは、弁天堂に在る美しい宝塔を見る
  ためだった。
   折角なので本堂へお参りをしたのだが、境内に
  安置されたこの阿弥陀如来石仏が、この存在は知
  っていたものの、かくも美しい傑作であったとは
  知らなかった。

   東山一帯に分布する鎌倉期の石仏に関しては、
  既に聞名寺阿弥陀、慈芳院薬師などを見てはいた
  のだが、今まで見逃していたこの石仏にこの日巡
  り会えた幸運に感謝しなければならないだろう。

   全体のフォルムが見事であり、細部の描写も端
  正である。特にきりりとした表情の面貌は木彫の
  ような写実性を見せ、衣の襞や蓮座の表現も鎌倉
  期の作風を明確に示している。

   元来は鎌倉期以後の写実的な石仏より、平安期
  の茫洋とした大らかな表現が好みなのだが、この
  鎌倉ならではの力強く、しかも品格を保った美意
  識の前では、評価の力点をやや幅広くしなければ
  ならぬと感じさせられたのだった。
   格狭間の意匠された台座は、
宝篋印塔からの転
  用だが違和感はそれほど無い。
          

        
    
     慈芳院石仏 (京都市東山区)
    
    
     五条通りと東大路が交叉する五条坂から、南へ下が
  った次の小路を西へ入った所にこじんまりとしたこの
  お寺がある。
   石仏は本堂の直ぐ左手の覆い堂の中に、堂々とした
  お姿で祀られていた。今でも生きた信仰の仏様らしく
  花や線香が絶えないようだ。

   右手が施無畏印で、左手に薬壺を持っていることか
  らも、この石仏が薬師如来像であることが判る。
   かなり摩滅が激しいのが残念だが、舟形の光背など
  全てが花崗岩の一石から彫り出された全体像からは、
  品格のある端正な面相や美しい衣文の襞、ふっくらと
  した仏身など、写実的な像容表現が想像できる。
   鎌倉中期とも思われる、比較的大らかな写実が成さ
  れているこの石仏は、何度も訪ねたことのあるかなり
  昔からの小生のアイドルでもあった。

   薬師如来が座している蓮華座に、大きな特徴が見ら
  れる。それは蓮座が通常より厚く造られていることで
  あり、また、そこに三段に重なった蓮弁が彫り出され
  ていることである。
   国東半島で最も美しい宝塔とされる岩戸寺の国東塔
  の蓮華座にも、三段のウロコ状の蓮弁が彫られている
  が、それに匹敵するほどの見事さである。
          

  New    
    
     京都国立博物館(阿弥陀三尊石仏) (京都市東山区)
    
    
     東山七條の国立博物館前庭に
  は、各種の石造美術品が展示さ
  れている。
   覆屋に入っているこの三尊石
  仏は、本来は伏見竹田の安楽寿
  院に祀られていた三基の三尊像
  の一つである。かつてその近く
  の成菩提院が在った旧跡の田圃
  の中に埋まっていたという。
   中央は定印結跏趺坐の阿弥陀
  如来で、右は蓮台を捧げる観音
  菩薩、左は合掌する勢至菩薩で
  ある。首を中央へ傾けた姿が何
  とも魅力的である。
   凝灰岩製のため磨耗が激しい
  が、平安後期の優れた作品だっ
  たことが伺える。
   安楽寿院には、残りの二基が
  祀られている。
          

  New    
    
     油掛石仏 (京都市右京区)
    
    
     嵯峨天竜寺油掛町の、有栖川に沿った辻に小
  さなお堂があり、そこに「油掛地蔵」と呼ばれ
  る石仏が祀られている。
   現在でも深い信仰を集めており、常に新しい
  花や香の煙が絶える事は無いようである。

   石仏に油を掛ける風習は伏見や奈良にも残っ
  ているそうだが、石仏をよく見ると「地蔵」で
  はなく定印結跏趺坐の阿弥陀如来像である。野
  辻の石仏は、一般的には全て「お地蔵さん」な
  のだろう。
   頭部光背の左右に梵字が刻まれており、右が
  サ(観音)左がサク(勢至)の阿弥陀三尊を象
  徴しているのである。

   像の左右に積もった油層を削った所から、貴
  重な銘文が発見されたのだそうだ。左に「願主
  平重行」、右に「延慶三年(1310)鎌倉後期」と
  彫られており、市内の在銘中世石仏は前述の石
  像寺、善導寺に次ぐ貴重な存在となった。

   油がこびりついているために像容がはっきり
  としないが、石像寺の阿弥陀如来の端正さを想
  像させるような風貌である。
                              

  New    
    
     広沢池石仏 (京都市右京区)
    
    
     大覚寺や名古曾滝で知られる大沢池と共に、
  嵯峨野の自然に満ちた風光を彩る静寂な雰囲気
  を残している。観月の名所であり、遍照寺山の
  山影を写す池畔には、芦が生い茂っている。

   池の西側に小さな観音島が浮かび、橋が渡さ
  れて半島のように突き出ている。かつては、遍
  照寺という寺の堂塔が並んでいた場所である。
   島には兒(ちご)神社が建っており、遍照寺
  に仕え池に身を投げた稚児の伝説を残す。
   
   写真の石仏は島の先端近くに立っており、明
  らかに千手観音であり、また頭上に十一面の化
  仏を備えている。
   何とも愛らしい石仏で、まるで入水した稚児
  の生き写しとすら思えるほどである。
   銘文からは、寛永十八年(1641)江戸初期の造
  立で、作者は龍安寺近くの蓮華寺に伝わる五智
  如来石仏の作者と同じ樋口平太夫という人であ
  ると知れる。
   千手を象徴する腕が丹念に彫られており、近
  世の石仏ではあるが、昔から愛好する石仏のひ
  とつであった。このサイトでは、中世の石仏を
  主体に掲載しているので、趣旨には反するのだ
  が、この愛すべき像容から是非にもご紹介した
  かった次第。
                   

      
    
     大沢池石仏群 (京都市右京区)
    
    
     大覚寺の裏手、平安前期には嵯峨院離宮
  の苑池であった大沢池の池畔に護摩堂があ
  り、その前にこの石仏群が並んでいる。苑
  池庭園石組の遺構である、名古曽の滝も近
  い。
   写真は、最も重要な五体の内の三体で、
  右から薬壺を持つ薬師如来、釈迦如来、宝
  冠を頂いた胎蔵界大日如来である。花崗岩
  の自然岩前面に彫られており、いかにも鎌
  倉中期らしい古仏の風格と、滅び行く野仏
  の風情とを備えていて美しい。

   この三体の左側には、阿弥陀如来像や弥
  勒菩薩像が並んでおり、大日を中心とした
  四方仏ではないかと考えられそうである。

   石の持つ永遠性が石仏という造形を生ん
  だのだろうと思うが、迫真の表現が成され
  る木彫の仏像に比して、穏やかで親しみ易
  い表情を示す石仏は、庶民の信仰に最も近
  い位置に目線を据えて造立されたのかもし
  れない。
           

         
    
     化野念仏寺二尊石仏 (京都市右京区)
    
    
       嵯峨野の果てに位置する、古来より葬送
  の地とされた化野(あだしの)にある寺で
  あり、風葬され野晒しとなった遺骸を埋葬
  し菩提を弔うために創設されたという。
   その墓碑ともいうべき夥しい数の五輪塔
  や石仏が並べられた境内の景観は、死の連
  想と背中合わせの壮絶な景観である。
   写真の二体の石仏は、門前の参道左側の
  崖地に埋め込むようにして置かれている。
   右の石仏は、膝の上で定印を結ぶ阿弥陀
  如来坐像であり、左の像は、右手を施無畏
  印とし、左手を与願印とした釈迦如来坐像
  である。
   二体共かなり磨耗してしまっているが、
  品格のある面相、肉付けの美しい仏身、優
  雅な衣文、二重の蓮華座などからも、まこ
  とに優れた鎌倉期の石仏である事が判る。
   特に釈迦如来の石仏については類例が少
  なくとても希少なのだが、化野に隣接した
  嵯峨二尊院の本尊が釈迦・阿弥陀二尊であ
  ることに倣ったのだろうか。
   いずれにしても、京都では屈指の優しく
  美しい石仏であり、嵯峨野を訪ねる楽しみ
  の一つである。
          

        
    
     北之庄二十一尊磨崖仏 (京都府亀岡市千代川町)
    
    
     千代川町の山手の北之庄という集落の
  外れに、嶺松寺という寺院がある。その
  左手から石段をしばらく登ったところに
  覆屋があって、その中に石仏の彫られた
  巨石が祀られている。
   巾は5
、高さは1.5mもある大き
  な岩で、写真のような月輪が20個横並
  びに彫られた珍しいものである。写真右
  端の月輪にのみ二体の仏像が彫られてい
  るので、全部で二十一尊ということにな
  るのである。
   詳細に眺めたが、像容がはっきりとし
  ているのは阿弥陀、薬師、如意輪観音く
  らいで、あとは全く判らなかった。
   従前は背後の山の上に八王子権現とし
  て祀られていたものが、昭和中期の台風
  の際に山崩れで落下したものだそうだ。
   近江の日吉大社山王二十一社の本地仏
  を表したものとされるが、武蔵の慈恩寺
  等で二十一仏の板碑を見たことがある。
   南北朝の作とされ、神仏習合の典型で
  もある本地垂迹説を石仏として具現化さ
  せた、最も古い事例の一つであると考え
  られている。   
          

      
    
     和束弥勒磨崖仏 (京都府和束町)
    
    
     宇治田原町の南に位置する和束(わづか)町
  は、まことに山と谷の深い京都でも最辺境の
  町のように見えた。
   だが、急峻な山のほとんどの斜面は見事な
  お茶の段々畑になっており、高級な宇治茶と
  して出荷されている。

   木津から伊賀上野への国道を進み、海住山
  寺あたりで和束方面へ分岐する県道を行く。
   町の中心となる家並の少し手前、白栖とい
  う集落辺りの川を隔てた対岸の崖に、この磨
  崖仏が見えた。
   至近距離まで近付くには、橋を渡って対岸
  の畦道を山伝いに歩いて行かなければならな
  かった。

   上げられた右手は施無畏印、下げた左手は
  与願印の、なんとも大らかで見事な彫りの弥
  勒菩薩立像である。
   光背が深く彫り込まれているので、像は量
  感豊かであり、雄渾な面容、流れる衣紋、ま
  ことに堂々たる石仏像である。
   右の岩壁に正安二年(1300)の刻銘があり、
  鎌倉後期を代表する傑作だと言えると思う。
    
 
          

      
    
     当尾阿弥陀三尊石仏 (京都府木津川市加茂町)
    
    
     奈良坂の般若寺から柳生へ
  通じる道を行けば、そこは南
  山城である。岩船寺から浄瑠
  璃寺へと、のどかな山道の旧
  道を下っていくと多くの石仏
  が点在する当尾(とうのお)
  石仏群に出る。
   一願不動、藪の中地蔵、唐
  臼の壺、首切り地蔵など、見
  るべき石仏は枚挙に暇が無い
  ほどだが、中でも特に美しい
  のが写真の阿弥陀三尊坐像で
  ある。
   大きな花崗岩に彫られてお
  り、阿弥陀如来を中心に蓮華
  を捧げる観音菩薩が右、合掌
  する勢至菩薩が左、いずれも
  蓮台の上に座している。
   永仁七年(1299)、大工伊行
  末の在銘であり、鎌倉中期の
  大らかで温かみのある作風が
  滲み出ている。
   「笑い仏」と称される三尊
  の微笑は、飛鳥時代の法隆寺
  や中国北魏の仏像以来絶えて
  いた「古代の微笑」の復活と
  でも言ってみたいような気が
  している。
 
                                 

        
    
     当尾薮の中地蔵磨崖仏 (京都府木津川市加茂町)
    
    
     先述の“笑い仏”から“唐臼の壺”を経て、風情の
  ある山道を浄瑠璃寺へと下った所が東小(ひがしお)
  の集落である。
   バス道を少し浄瑠璃寺の方へ戻った辺りの崖地に、
  “薮の中地蔵”と呼ばれる磨崖仏群がある。
   写真は、右の岩に彫られた地蔵菩薩と十一面観音像
  で、右岩に接した左岩には、定印の阿弥陀如来坐像が
  彫られている。

   写真左の地蔵菩薩立像は、右手に錫杖、左手に宝珠
  を捧げている。優しく穏かな表情が魅力の地蔵像で、
  安定感のある体躯が堂々としていて素晴らしい。

   また右側の十一面観音は、左手に花瓶を持つのは普
  通だが、右手に地蔵菩薩と同じ錫杖を持っている。こ
  れは桜井長谷寺の観音像と同じ“長谷型”と呼ばれる
  形式で、石仏では珍しい例かもしれない。
   少しうつむき気味の観音像は何とも優美で、胸に抱
  くようにして花瓶を持つ姿はまことに女性的である。

   左側の岩面に「弘長二年(1262)」という鎌倉中期の
  銘があり、在銘石仏としては南山城随一の古さだ。
   また「大工橘安縄」という作者名や、大勢の願主名
  が彫られている。
   浄瑠璃寺観光の際には必見、と申し上げておく。
          

      
    
     笠置寺磨崖仏 (京都府笠置町)
    
    
     木津川に沿った峻険な霊峰が、数々の伝説や逸
  話を伝える笠置山である。
   巨大な岩石が累々と横たわる様は、何等かの見
  えざる神秘的な力の存在を予感させるに充分な雰
  囲気に満ちている。

   写真は、高さ10mもの線彫り大磨崖仏で、弘
  法大師が刻んだ虚空蔵菩薩とも、或いは像容から
  見て弥勒菩薩とも言われている。
   前面が目もくらむ岩場であるために、真正面か
  らの撮影は不可能で、誰が撮ってもこのアングル
  になってしまうだろう。
   頭上に宝冠を載せ、切れ長な目、豊満な相貌、
  胸の瓔珞、壮大な蓮台に結跏趺座した姿は大変美
  しい。

   法隆寺の金堂壁画を連想させるほどの完成度を
  見せる線画であり、まして磨崖仏であることを考
  えると、およそ類例を見ないほどの傑作であると
  言える。
   揺るぎの無い線が、何と美しいことだろうか。
   木漏れ日の中に立ち上る霊気のようなものを感
  じた私達は、しばらくこの場から立ち去ることが
  出来なくなってしまった。
 
          

  New    
    
     洞の仏頭石 (奈良市高畑町)
    
    
     奈良東大寺大仏殿の入口から県新公会堂の前
  を抜け、通常は車両通行止めの春日山遊歩道を
  月日亭という料亭近くまで登っていくと、左手
  の山裾に数基の石仏や板碑・仏塔などがまとま
  って祀られている。

   最も注目すべきは、板状の自然石に彫られた
  建長六年(1254)鎌倉中期の薄肉彫地蔵菩薩立像
  なのだが、倒れたままで写真が上手く撮れなか
  った。

   もう一つの見所が、写真の仏頭石である。
   花崗岩製の六角柱の上に、阿弥陀如来かと思
  われる仏頭が彫られている。今までに全く見た
  ことのない様式であろう。
   六角の各側面には、蓮華座に載った六観音立
  像が半肉彫されている。写真は、左が十一面観
  音、右が准胝観音である。他の面には、如意輪
  ・聖観音・千手・馬頭が彫られており、端正で
  繊細な彫りは見事である。
   観音像の下に、向き合う狛犬の像が配されて
  いるのも珍しいだろう。

   塔身部分に永正十七年(1520)室町後期の年号
  が彫られており、阿弥陀如来の写実的な表現か
  らも想定は出来ていた。古仏の風格は見られな
  いが、優れた彫りの表現力と独創的な形態意匠
  の感覚は特筆に値するだろう。   
                       

         
    
     頭塔石仏群 (奈良市高畑町)
    
    
     近年復元された「頭塔」は、古墳のよ
  うな円形を形作っていた土が除かれ、石
  垣を重ねた階段ピラミッドの様な衝撃的
  な姿になってしまった。
   石仏愛好家にとっては、かつて石仏の
  数々が円墳のような土盛りの四方に置か
  れていた時代が懐かしく思い出される。
   写真は土盛り当時のもので、現在22
  基ある石仏の中で最多のモチーフである
  「浮彫如来及び両脇侍像」の一つである。
   豊満な像容、優雅な宝相華の天蓋や飛
  雲など、大陸の影響も感じられるほど大
  らかで優美な表現が見られ、凡百の石仏
  とは次元の違う造形性が感じられる。
   それもその筈で、奈良時代後期の神護
  景雲元年(767)に、東大寺良弁の高弟実
  忠和尚が建立した土塔であり、石仏も同
  時代のものと推察できるからなのである。

   この土塔を初めて見て感じたのは、イ
  ンドのサンチーなどで見られるストゥー
  パ形式の仏舎利塔だったのではないか、
  ということだった。当然ながら、石仏は
  仏舎利塔を荘厳する意味で、塔の四方に
  置かれたものだろう。
   
             

      
    
     地獄谷聖人窟磨崖仏 (奈良市高畑町)
    
    
     私達は奈良市内からタクシーで春日奥山周遊道
  路を登り、地獄谷入口で下車した。聖人窟と春日
  山石窟を見てから、旧柳生街道を歩き再び奈良へ
  と下ろうという算段だった。

   かつては山岳密教的な聖地であり、修行僧の本
  尊であったと考えられる中尊は、右手を施無畏印
  に結び、左手を与願印としている。線彫りされた
  像容は至極荘重であり、全体に彩色され、金箔の
  痕跡も見える、まことに美しい仏画像である。
   かなり古そうだな、とは感じたが、よもや奈良
  時代説まで有るとは知らなかった。小生の第一感
  では、鎌倉初期から平安末期まで遡れるか、とい
  ったところだった。

   そもそもこの中尊が釈迦なのか弥勒なのか、ま
  た廬舎那仏ではないかとも言われ、学会でも謎の
  石仏だそうである。素人の出る幕は、全く無い。
   右に十一面観音、左には薬師如来像が彫られて
  おり、唐招提寺の金堂諸仏の配列と同じだという
  ことから、天平近くまで遡れるという説が出たそ
  うだ。たとえ何時代であろうとも、その価値を些
  かも下げることはない。
 
          

      
    
     春日山石窟磨崖仏 (奈良市高畑町)
    
    
     旧柳生街道の石切峠に在り、穴仏と
  も呼ばれる聖地で、東西二つの石窟か
  ら成り立っている。

   写真は、東窟西側の壁に彫られた四
  体の地蔵菩薩像である。蓮華座に立ち、
  何かを捧げ持つ姿は大らかで優美な雰
  囲気を醸し出している。
   石窟の一部から、保元二年(1157)と
  いう墨書きの銘が出たそうで、崩落や
  修復が有ったとはいえ、制作年代は平
  安末期と判明しているとのことである。

   東壁には三体の観音像が彫られ、西
  窟には金剛界五仏や多聞天などの諸仏
  が彫られている。大半が面を喪失して
  いるが、優美な表現はここでも平安期
  の特徴を示している。

   私達はここから石畳の柳生街道を歩
  き、朝日観音や夕日観音を拝してから、
  高畑の集落へと下って行った。
 
          

         
    
     滝坂道弥勒磨崖仏 (奈良市高畑町)
    
    
     新薬師寺で知られる高畑の里から、春日奥山の石
  切峠を越えて柳生の庄まで通じる古道は柳生街道の
  一部で、滝坂道と呼ばれている。
   私達は春日山石窟から石畳の滝坂道を、高畑へと
  のんびり下って行った。
   途中には、首切り地蔵、朝日観音、夕日観音、寝
  仏などが在り、苔むした古磨崖仏が次々と現れて楽
  しかった。

   写真はその内の「朝日観音」と呼ばれる三体の磨
  崖仏の内の二体であり、左が中尊、右が地蔵像であ
  り、中尊の左にもう一体の地蔵が彫られている。
   よく見れば、中尊は観音像ではなく如来形の弥勒
  仏であり、その両側に地蔵が配されているのだった。
   朝日が当たると美しく映えるところから、そう呼
  ばれるようになったそうだ。

   中尊の弥勒仏は像高
2.3mの薄肉彫り如来形立
  像で、像の左右に彫られた銘文から文永二年(1265)
  の造立であることが判る。
   二重円光背の中に立つ中尊は、鎌倉期らしい荘厳
  で剛毅な表情をしている。右手は下げた与願印、左
  手は胸前の施無畏印で、如来の吉祥相卍が胸に刻ま
  れている。
   
   写真には無い中尊左の地蔵像は、中尊と同一の作
  者によるものと思われるが、写真の矢田寺型地蔵は
  室町初期頃の追刻と考えられる。  

  New    
    
     二条町地蔵堂石仏 (奈良市二条町)
    
    
     平城宮跡の北側を車で西大寺方面へ走った際に、
  二条町交差点の道中央に小さなお堂が建っており、
  何やら石仏が数体祀られていることにかなり昔から
  気が付いていた。
   車を停めにくい場所だったので、毎回横目に見な
  がら通過していたのだが、今回平城京跡をくまなく
  歩く機会があったので、懸案のお堂へも行くことが
  出来た。

   そこには地蔵堂と弘法井戸があり、数基の板碑な
  どと並んで、写真の地蔵石仏が安置されていた。
   2m弱という大型の舟形光背に、蓮華座に立つ姿
  で厚肉彫りされている。

   何とも穏やかで優しい表情に、信仰心の薄い小生
  ですら思わず引き込まれてしまいそうな魅力が感じ
  られる。ごく自然体で立っておられるお姿からは、
  全ての衆生を救済するという力みや誇張された表現
  が全く感じられない。
   左手に宝珠を捧げ、右手で錫杖を持っている。光
  背に浮彫された錫杖の柄を、右手を捻った形で握る
  という珍しい表現が成されている。
   大らかさの残る写実といった作風から、鎌倉期は
  下がらないだろう、と想像した。

   弘法井戸の奥に、天文十六年(1547)室町後期の板
  碑が建っている。不動を中心にした五尊が彫り出さ
  れている。   
                                  

  New    
    
     尼ヶ辻阿弥陀石仏 (奈良市尼ヶ辻町)
    
    
     尼ヶ辻の旧暗越奈良街道が三条大路と分岐す
  る地点に、伏見崗という旧跡が整備され、写真
  の阿弥陀如来石仏が安置されたお堂が建ってい
  た。伏見崗は、東大寺大仏造立を守護した聖人
  の遺跡、とのことだった。

   約2mの大きな舟形光背に蓮華紋の頭光を刻
  み、厚肉彫りされた阿弥陀如来の立像である。
  印相は、右手を上げ左手を下げ、両手共に一指
  と二指で輪を作る弥陀来迎印で、動きの感じら
  れる写実的な仏像と言える。鎌倉期の作品だろ
  うと思う。

   頭部の螺髪は風変わりな表現で、五劫院の五
  劫思惟像の髪の毛伸び放題の頭を思い出してし
  まった。
   端正だが親しみやすい面相で、重厚さよりも
  庶民の方へ目線を送る優しさに溢れている。
   印を結んだ右手の表現がとても印象的だった
  のは、胸前に浮き上がる様に彫られていたから
  だろう。柔らかな衣服の線、瞑想するが如き柔
  和な顔など、均整の取れた意匠となっている。

   尼ヶ辻にはもう一体、重要な石仏が在る。三
  条大路のお堂に祀られた、文永二年(1265)鎌倉
  中期の地蔵立像石仏である。技術的にも繊細な
  表現が成された傑作である。
                           

        
    
     王龍寺磨崖仏 (奈良市二名町)
    
    
     奈良の西部、近鉄富雄駅の北西にあるゴルフ場に近
  い、静寂な雰囲気に満ちた森の中にある黄檗宗の禅寺
  である。しかし、荒廃の時代を経たとはいえ、創建は
  聖武天皇の勅願とも伝えられる古刹だ。

   本堂の内陣に、高さが5mもあろうかと思われる巨
  岩が取り入れられており、そこに本尊の十一面観音立
  像が彫られている。
   舟形に彫り込まれた光背の中に半肉彫りされた、美
  しい磨崖仏だった。
   暗闇の中に照らし出された観音像は、ハッと息を飲
  むような新鮮な感動を与えてくれた。

   繊細に彫られた頭上の十一面化仏は見事で、写真で
  はよく見えないが、頂上仏背後の岩面に円形の頭光が
  線彫りされている。
   右手はさげて与願印を示し、左手は胸前に上げて三
  茎の蓮華を挿した花瓶を持っている。

   写真でも確認出来るが、光背内部の左下に銘文があ
  り、南北朝の初めである建武三年(1336)に造立された
  ことが判る。
   面相などに鎌倉期の大らかな表現の名残を留めつつ
  も、衣文の表現などにやや様式化してしまう時代へと
  移行しつつある気配を感じてしまうのは、銘から制作
  年代を知ってしまった先入観からなのだろうか。
          

  New    
    
     北出橋磨崖仏 (奈良市阪原町)
    
    
     柳生街道(国道369号)の阪原集落北
  側に、白砂川に架かる北出橋がある。橋の
  東南岸崖面に、写真の磨崖仏が彫られてい
  る。来迎印の阿弥陀如来立像で、壺型の深
  い二重光背の中に厚肉彫りされている。
   像の右に文和五年(1356)南北朝初期の年
  号が確認出来る。
   像の高さが1m足らずという小振りなが
  ら、蓮台に立つ姿がとても流麗で、周辺の
  清流や牧歌的な風景に溶け込んでいるよう
  に思えた。
   しかし、野の仏と言うには勿体ない程の
  出来栄えの石仏で、民間信仰の域を超えた
  大和ならではの石工文化の高さを伺い知る
  ことが出来る。
   北出橋のたもとには、明応五年(1496)室
  町中期の銘がある一石六地蔵石仏が建って
  いる。
                                  

        
    
     南田原磨崖仏 (奈良市田原町)
    
    
     奈良高畑から名張へと通じる県道を行き、田原の分
  岐を福住方面へと折れてしばらく進む。路傍に大きな
  岩が露出した場所があり、そこに「切りつけ地蔵」と
  呼ばれるこの磨崖仏が残されている。
   ここには室町期に制作されたと思しき弥勒仏や六地
  蔵もあるが、見るべきはこの阿弥陀如来立像である。

   深くくり抜かれた石龕に置かれた石仏像のように見
  えるが、実は像は岩と一体であり、ほとんど丸彫りに
  近い厚肉彫りであった。
   蓮華座の上に立つ像高1.7mの堂々たる阿弥陀像
  であり、右手を挙げ、左手を下げた来迎印を示してい
  るお姿は、とても磨崖石仏とは思えぬ程の見事な像で
  ある。
   木彫の仏像にも劣らぬ程の技量が発揮されており、
  かくも見事な石仏を通りすがりの路傍で拝むことが出
  来るのが不思議に感じられた。
   
   実は像の両側に銘文が刻まれており、そこには元徳
  三年(1331)という鎌倉後期の年号と、願主東大寺大法
  主定詮、石大工行恒という名前を読むことが出来る。
   何故このような場所に東大寺の僧が磨崖仏を造立し
  たかは不明だが、旅人も含め遍くこの地方の人々に弥
  陀の慈悲が伝わることを祈念したものだろう。
   伊派の石大工の一人として、その優れた技巧で知ら
  れる伊行恒の作品は、紀州藤白峠の地蔵峰寺に安置さ
  れた地蔵石仏を見て知っている。
          

  New    
    
     実相寺石仏 (大和郡山市矢田町通)
    
    
     大和郡山市街を東西に走る矢田町通りの中間
  あたりに建つ浄土宗の寺院である。
   本堂にお参りをし、石造十三重塔を見学した
  後、本堂の前に建つ小堂の中に安置された写真
  の石仏を拝見した。
   堂内は暗く、光線の具合も悪かったので、写
  真の出来栄えは最悪だったが、魅力的な石仏ゆ
  えに御紹介をした次第である。

   方形の石に輪郭を巻き、内部を彫り込んで仏
  像を半肉彫りしてある。
   来迎印の阿弥陀如来立像で、やや様式化され
  た像容ではあるものの、親しみやすい面相と柔
  和な衣紋の線に惹かれるものが在る。
   左右の脇侍は丸で童子のように愛らしいのだ
  が、右は蓮台を捧げる観音菩薩、右は合掌する
  勢至菩薩で、阿弥陀三尊来迎の場面が彫られて
  いる。
   肩肘を張らずに彫られた安らぎが感じられ、
  剛毅な鎌倉期の影響から完全に脱皮したかの印
  象を受ける。おそらくは南北朝後期の作品では
  ないだろうか。
                            

  New    
    
     藤尾阿弥陀磨崖仏 (生駒市藤尾)
    
    
     生駒の暗峠へと続く旧奈良街道の、藤尾集落
  を過ぎた辺りに左へ入る旧道が残っており、少
  し入った路傍に阿弥陀堂が建っている。
   堂内には写真の阿弥陀石仏が祀られている。

   祭壇があるので見難いが、単弁の素朴な蓮華
  座に載る阿弥陀如来立像である。
   光背の上部が欠落しているが、楕円形の板石
  に薄肉彫りされている。昔見た時には、もう少
  し目鼻がはっきりしていたと記憶するが、磨耗
  は石仏の宿命であり誇るべき年輪と考えるべき
  だろう。

   印相は阿弥陀来迎相で、衣服の衣紋などが線
  彫りされた優雅な石仏である。
   先達の著書や、堂前に立てられた案内板によ
  れば、板石の両側面に刻銘があり、左に「南無
  阿弥陀仏」右に「文永七年(1270)鎌倉中期」と
  記されているそうである。

   この街道周辺は魅力的な石造美術の宝庫であ
  り、円福寺宝篋印塔、興融寺五輪塔、輿山往生
  院宝篋印塔、石仏寺、西畑磨崖仏など、一級品
  が密集しており、何度足を運んだことだろう。
  この阿弥陀様へのお礼参りは遅過ぎた感が強か
  ったかもしれない。
                                

      
    
     長岳寺石棺仏 (天理市柳本町)
    
    
     石造美術の宝庫であるこの寺の境内を、じっく
  りと歩くのはとても楽しい。

   写真は、寺域のちょっと小高い場所に在る高さ
  2.5m余の石棺仏で、弥勒菩薩が厚肉彫りされたも
  のである。材質は凝灰岩かと思われる。

   確固たる彫像技術に裏打ちされた見事な彫刻で、
  下から見上げた姿は大変美しかった。細部の表現
  は大胆かつ端正であり、面相や衣の襞は壮麗で、
  鎌倉時代の作品であろうと確信した。

   活気に満ちた鎌倉時代の彫刻も、時代の経過と
  共にその大胆さを失い、微細な技術や様式へと推
  移していった。その意味では、この石仏は鎌倉後
  期は下らないものと思う。

   境内には鎌倉期の笠塔婆、五輪板碑、宝篋印塔
  などが、また山門前には阿弥陀石仏や五輪塔、奥
  の院には地蔵や不動石仏が在り、さながら石造美
  術館の様相を呈している。
   本堂の本尊、秀麗な阿弥陀三尊像は見逃せない
  し、庭園好きの方には、客殿に面した江戸中期の
  瀟洒な池泉庭園も見所となっている。
 
          

        
    
     専行院石棺仏 (天理市柳本町)
    
    
     柳本の古い家並みの続く旧道を纏向(まきむく)方
  面へと歩くと、ほぼ町外れの辺りにこの専行(せんぎ
  ょう)院という小さなお寺がある。

   門を入ると塀に沿って、かなりの数の小さな地蔵石
  仏などが並べられていた。
   その中で一際目に入るのが写真の石仏で、これも長
  岳寺の弥勒仏と同様、近隣の古墳から出た石棺を利用
  して彫られた石棺仏である。
   真逆光だったために、像容がはっきり見えないのが
  難点だが、随所に様々な特徴の見られる興味深い石仏
  であろう。

   舟形にくり抜いた深さが大きく、丸彫りに近いくら
  いの厚肉彫りが成されている。
   首が摩滅のためか極端に細くなっているので、顔の
  部分が異様に浮き上がったように見えるのが面白い。
   舟形下部の蓮華座の表現がユニークであり、衣の裾
  が広がった来迎印相の阿弥陀の立ち姿には、古仏を思
  わせる格調が感じられた。

   この石棺仏は無銘なのだが、写真右端の地蔵石仏に
  は建治二年(1276)という鎌倉中期の年号が彫られてお
  り、作風が阿弥陀石棺仏と類似していることから、同
  一作者によるものとする説が有力である。小生もこの
  点に注目してみたが、反証出来そうな材料は見つから
  なかった。   
          

      
    
     別所双仏石 (天理市福住町)
    
    
      一般的に野仏というのは地蔵や馬頭観音、道祖
  神や庚申といった江戸期のイメージが強いが、さ
  すがは大和で、山里の路傍に明徳元年(1390)と彫
  られた石仏がさりげなく立っている。南北朝最末
  期、約六百年前に彫られたものである。

   天理市と言っても大和高原の山の中、まるで絵
  に描いたような村の辻で、周辺の景色とすっかり
  一体化している。

   石棺仏のようでもあり、まるで双体道祖神のよ
  うでもあるが、右がれっきとした阿弥陀如来、左
  が地蔵菩薩である。この組み合わせによる二尊並
  立像は珍しいほうだが、極楽へ導いてくれる阿弥
  陀様と、例え地獄へ落ちようがそこから救い上げ
  てくれるお地蔵様の両方にお願いすれば完璧だ、
  と考えた結果なのだろうと思う。
   涙が出るほどいじらしく感じられる、庶民の素
  朴な信仰の発露が生んだ石仏である。

   石仏が美しいのはその造形美もさる事ながら、
  この短絡だが純真な祈りの姿が背景に秘められて
  いるからこそなのであろう。その意味で、大和高
  原は美しい野仏の宝庫である。
          

  New    
    
     下入田石仏 (天理市福住町)
    
    
     名阪国道の福住インターから北へ向かうと、
  左手に下入田の集落が見え、右手には田圃と森
  が開けて見える。その牧歌的な景色に溶け込む
  ように、写真のような風変わりな形の石仏が立
  っていた。
   近年、周辺と共に整備されたようだが、以前
  の野に埋まった石仏の滅び行くかのような風情
  は失われ、むしろとても立派になったような気
  がする。

   自然立石に二重光背を彫りくぼめ、その中に
  蓮華座に載る阿弥陀如来立像が半肉彫りされて
  いる。応長元年(1311)鎌倉後期という、石造美
  術全盛期の年号が発見されているそうだ。
   かなり風化が進んでおり、面相はもちろん印
  相も明瞭ではないが、どうやら来迎印を結んで
  いるようだ。
   それでも、捨て難い魅力が感じられるのは、
  やはり古仏が放つ格別の風格が、美しい田園の
  風景と見事に融合しているからだろう。
   笠石は両端が反った自然石で、次掲の的野の
  笠石仏に似ているが、ほぼ隣接しているので笠
  を載せるという意匠からは、何らかの影響を受
  けた可能性は強い。

   下入田の公民館脇には、南北朝期の五輪塔な
  どの旧八幡寺跡の石造物が祀られている。
                                 

        
    
     旧常照院石仏 (奈良県山添村的野)
    
    
   大和高原の都祁村や山添村は、誠に石造美術の密
  集地であり、旅する私達に美しいものを見る喜びを
  感じさせてくれる、取り分け魅力的な一帯である。
   この寺の在る的野の集落には、多くの石仏や石塔
  が保存されている。

   中でも的野八幡神社に隣接するこの寺には、板碑
  などと共に、写真のように風変わりな石仏が在る。
   何よりも自然石の笠が載っているのが珍しいが、
  当初からのものである。像は阿弥陀如来立像で、肉
  厚の彫りが並々ならぬ技術を示しており、像容も端
  然として優美な美しさを見せている。

   上品下生の来迎印で、当時の熱烈な阿弥陀信仰を
  物語っている。円形の光背には、後光が線彫りされ
  ており、全体にバランスのとれた傑作である。
   おまけに、像の側面には、建長五年(1253)という
  年号銘が見られ、れっきとした鎌倉中期の石仏であ
  ることが証明された。

   路傍の野仏のような風情を持った、何とも好まし
  い珠玉の石仏であると言える。
   的野では、南北朝の不動明王や鎌倉後期の阿弥陀
  像なども是非見たい。
                                  

  New    
    
     金屋石仏 (桜井市金屋)
    
    
     桜井駅の北、三輪山の山麓に金屋という集落
  が在る。山の辺の道の終点に当たり、集落の中
  程に建てられた収蔵庫に、写真の石仏二基が収
  められている。
   写真は扉格子の隙間からの撮影なので最悪の
  出来だが、光線の具合で浮彫の線がもっとくっ
  きりと出るだろう。

   石棺、厨子扉などといった諸説があるようだ
  が、2m余の板石に彫られた二体の如来形像は
  圧倒的な迫力と美術的な完成度を示している。

   向かって右が釈迦如来、左が弥勒仏とされて
  いるが、かつて読んだ美術史関連の書物では、
  複雑な説法印の弥勒、施無畏・与願印の釈迦、
  と記されていたと記憶していた。
   実物を見ると、右が説法印になっており、そ
  れが釈迦だとなっている。左右が入れ替わって
  しまったのではないか、と感じてしまった。小
  生の記憶違いだろうか。

   いずれにせよ、太線による二重光背の表現、
  複雑な衣紋の線条、重厚な面相、堂々たる体躯
  や複雑な印相などが、温和で量感に満ちた見事
  な手法で表された稀代の傑作、と考える。小生
  が大好きな、興福寺の板彫十二神将像(国宝)
  を想起させられていた。   
                           

        
    
     石位寺三尊石仏 (桜井市忍坂)
    
    
     重要文化財としてお堂の中に祀られており、我が
  国石仏中最古の白眉であるといえる。
   それにしても、何と美しく、洗練された造形であ
  ろうか。

   三角むすび形の硬質砂岩に、椅子座に腰掛けた中
  尊と、両脇に合掌して立つ菩薩の三尊が半肉彫りさ
  れている。
   どういう三尊なのかは不明だが、童顔にもかかわ
  らず清冽な、しかも聖なる少年のような面相には限
  り無い魅力が感じられる。
   古拙な美を湛えた飛鳥仏から、写実的な力強さを
  示す天平仏へと進展する時代が白鳳であり、興福寺
  仏頭の純粋な美しさにも似た印象を受けるところか
  らも、白鳳の石仏と言われる所以が理解出来る。

   天蓋の下で二重の光背を負い、両手を膝上で結ぶ
  中尊の座した椅子や、三尊の乗る蓮華座が見下ろし
  たような奥行きを感じさせる表現になっているとこ
  ろも、白鳳時代の塼仏や押出仏に似ているという。
   確かに、先般東京国立博物館で見た法隆寺関連の
  三尊塼仏の中に奈良時代前期のものがあり、石位寺
  三尊石仏にとても似た様式のものがあった。

   左右に流れる菩薩の着衣の裾の美しさや、唇など
  に微かに残る朱の鮮やかさ、左端に彫られた謎の水
  瓶など、下世話な話題も含め、この傑出した石仏が
  白鳳の時代から千四百年以上も伝えられたことは奇
  跡にも近い、と言えるだろう。   
          

        
    
     飯降多尊磨崖仏 (宇陀市室生)
    
    
     ここは向淵(むこうじ)の飯降(いぶ
  り)という寒村の集落近くにあり、針か
  ら室生寺への道のほぼ中程である。向淵
  はすずらんの群生地として知られる。

   北側の山裾の岩に彫られた、地元では
  「石薬師」と呼ばれる磨崖仏である。
   奈良時代前期の遺構とされ、余りの荒
  廃剥落の激しさに、前述の石位寺の石仏
  との対照的な運命の差を感じてしまう。

   像容はほとんど不明だが、中央に椅子
  に座した二如来像があり、その両側に茎
  の付いた蓮華座に立つ菩薩像が彫られて
  いるらしい。
   その他にも、菩薩や羅漢、四天王像も
  配されており、壮大な多尊仏の構図が示
  されているらしいのだが、写真で見るよ
  うな状況が現実である。
   滅び行く野仏の如き哀れさと、燃え尽
  きそうな美の末路を見る思いが忘れられ
  ず、暗闇で撮った唯一の写真を掲載した
  次第である。
                  

      
    
     下笠間磨崖仏 (宇陀市室生)
    
    
     笠間川流域に在る笠間の集落は、上笠間と下笠
  間とに分かれている。
   そのいずれにも、中世に制作された阿弥陀如来
  磨崖仏が残されている。上笠間のものは天文三年
  (1534)だから、室町時代後期のものである。

   写真の下笠間のものは、永仁二年(1294)の刻銘
  から鎌倉後期のものと判る。
   全体的に体躯の均整がとれており、決して技術
  にばかりは走らない、質実かつ優美さを秘めた表
  現がいかにも鎌倉らしい。

   頭光背には、四方へと放たれる放射光が美しく
  線彫りされている。阿弥陀の穏やかな表情は慈愛
  に満ちており、笠間川に在る滝に由来する滝山阿
  弥陀という名で親しまれた理由もうなづける。

   向淵の穴薬師三体地蔵と飯降多尊磨崖仏、辻堂
  (つちんど)墓地の阿弥陀三尊など、この地域には
  古い石仏が多く残されており、優れた石工の存在
  とその伝統が継承されたことを物語っている。
   室生寺も近く、忘れられたようにひっそりと佇
  む、美しい磨崖仏を是非訪ねていただきたいもの
  である。
 
          

        
    
     専称寺石仏 (明日香村祝戸)
    
    
     明日香の岡寺の南、石舞台のさらに少し南に祝戸
  の里がある。集落の街道沿い、一段小高い所にこの
  小さなお堂が建っている。

   厨子の中に祀られた石仏は、自然石の表面に薄肉
  彫りされた如意輪観音像である。黒い蛇紋岩の色が
  個性的な像容を、より印象的なものにしている。
   石全面に二重円光背を彫り、その前に左右三本づ
  つの手を持つ六臂という姿で表現されている。
   右膝を立てた上に、第一番目の右手で頬杖をつい
  た思惟瞑想の姿も、よく見かける様式だろう。

   蓮座も大らかに描かれており、全体的に至極妖艶
  豊満でありながら、通俗的な下品さを少しも感じさ
  せない優美なお姿である点が誠に好ましい。
   如意輪観音像はその天衣無縫なお姿から、得てし
  て品位を失った下劣な表現の像が多く、余り好きな
  尊像ではないのだが、ここだけは全くの別物である
  と思う。
   像高僅か40センチという小像ながら、鎌倉初期
  とも思われる造形的な表現の傑作だろうと思う。

   東大寺に鎌倉期慶派の傑作が在る如く、飛鳥の遺
  蹟にも鎌倉期の秀逸な石仏が存在している。
          

   このページTOPへ  日本の石仏 (豊後・近江などの石仏) へ  前のページへ 

       石造美術TOPへ  日本庭園TOPへ  ロマネスクTOPへ 

       古代巨石文明TOPへ  世界の建築  総合TOPへ  掲示板へ