双体道祖神紀行上州その他
    
   






















    
勘場木道祖神
   
群馬県長野原町
  草津への道の途中
    にある素朴な
     双体道祖神
   双体道祖神と言えば信州
  が中心なのだが、実は上州
  (群馬)、甲斐、相模などに
  も、幾分粗野ながら魅力的
  な道祖神が多数分布してい
  る。
   武蔵以東や西国には、ご
  く例外的な事例を除いては
  存在しない、というのは大
  きな謎ではある。
   諏訪信仰との関係を重視
  した説もあり、そのルーツ
  を推理するのは楽しい。
   しかし何より、旅の中に
  あって、これらの愛らしく
  も素朴な神々と出会える喜
  びは格別である。
   美しい双神への旅をお楽
  しみください。
         

    
    
     長平道祖神 (群馬県六合村)
    
    
   随分と昔になるが、尻焼温泉で泊まった翌日に、こ
  の道祖神を訪ねた記憶がある。強烈な印象を受けたに
  もかかわらず、再訪の機会がなかなか無く、すぐにで
  も会いに行きたいとずっと思っていた。その願いがこ
  の春、友人に誘われた沢渡温泉行きの翌日に叶った。
   10年以上も前の経験だったので、現在は鉄柵の中
  にでも入ってしまったのではないかと心配だったが、
  嬉しいことに道祖神は昔のままだった。写真は以前撮
  ったものである。
   上州の双体道祖神には大層個性的な像が多く、その
  中でもこの像は私が最も好きなものの一つである。
   ほのぼのとしたユーモラスな意匠であり、素朴な中
  に見事な彫像技術を発揮している。朝顔と桔梗の花か
  と思われる基礎石の彫りは珍しいが、男女神の怪しげ
  な雰囲気も見事に捕らえている。
   信州ほどではないが、上州でも徳利と盃の祝言像が
  多く、握手だけのものや肩抱きも見られる。笏や御幣
  や蓮を持つ事例は幾つか知っているが、小道具として
  扇が用いられている例は上州では大変珍しい。
   土地の親爺が貴族の衣装を纏ったような男神の、だ
  らしなく恍惚とした表情には、不思議な友情すら感じ
  てしまう。
           

    
   
     中村道祖神 (群馬県中之条町)
     
    
   この双体道祖神を形態別に分類すれば、最も一般
  的に見られる肩抱き握手像ということになる。中之
  条地区にはこのような肩抱き握手像が非常に多いと
  のことだったが、私はこの愛らしい道祖神を、その
  様な単純な種類分けで済ませてよいのだろうかと思
  った。
   彫りが稚拙で頭でっかち、肩を抱く手が異常に大
  きくて不自然で、石の隅っこにちまちまと彫られて
  いるのだから、一瞥しただけで見過ごされてしまう
  のが普通だろう。

   私がこの像に惹かれたのは、夫婦和合、豊穣祈願
  として造立される道祖神としては珍しい、恋人同士
  の雰囲気に満ちていたからだった。強引かもしれな
  いが私はシャガールの絵を連想していた。
   現代の目で見れば洒落た図案であり、とても自由
  な造形意識が感じられる。だが、
江戸時代末期の作
  であり、制作当時には余り誉められ作品ではなかっ
  たのかもしれない。
   中之条の道祖神だけでもページが作れるほどの密
  集地だが、その中に有っても出色の像である。
           

    
    
     馬滑道祖神 (群馬県中之条町)
    
    
   前出の中村道祖神と同様、中之条町の旧伊参
  村に在る。中村より少し山間部へと分け入らね
  ばならない。
   それにしてもこの中之条周辺には、何と魅力
  的な神々の多いことであろうか。信州の名作の
  ような一流の石工の作ではないのだが、素朴な
  信仰と愛らしい美意識とが見事に融合した傑作
  ばかりである。
   幼い兄妹のようにチャーミングなこの双体道
  祖神は、寛延2年(1749)の銘が有り、集落の入
  口に近い叢の中で、咲き乱れる野菊に囲まれ、
  埋もれるようにして立っていた。
   姫神が徳利を、男神が盃を持った並立祝言像
  なのだが、単なる並立ではなく、姫神が少し体
  を斜めにしながら男神に寄り添っているところ
  が芸の細かいところかもしれない。
   豊穣や多産を願い、村や旅人の安全を祈願し
  た道祖神は、民俗学的には性神の意味が強く、
  露骨な表現をしたものも多いが、この神はその
  対極に位置する清純な美しさを見せている。
            

    
    
     菅田道祖神 (群馬県中之条町)
    
   
   これも中之条では最も好きな道祖神の一つで、
  旧沢田村と呼ばれた里に在る。
   中之条から沢渡温泉に向かう街道脇のちょっと
  小高い場所に立っている。
   昔は判り難い場所だったと記憶しているが、近
  年、沢渡温泉へ行った際に見ると、双体道祖神の
  所在を示す看板が立っていたので驚いた。
   天保12年(1841)の銘が刻まれており、遠くか
  ら見ても、全体の姿が実に美しい肩抱き握手像で
  ある。
   優しい切れ長の目で見つめられると、こちらま
  でが思わず微笑んでしまいたくなるような和やか
  さが感じられる。
   厳しい境遇の中に生きる山里の人々が、この像
  に一体何を祈ったのだろうか。神々が理想や希望
  の姿であったとしたら、微笑みかけることで祈る
  人々に安らぎを与えることが出来たのだろうか。
   当節のような御時世にこそ、この道祖神が与え
  てくれるような静かな癒しの眼差しが必要なのだ
  と思うのだが、立ち寄る人はいない。
          

    
    
     田中道祖神 (群馬県東吾妻町)
   
    
   この田中という集落は榛名山の遥か西側山麓に
  位置しており、倉渕村から群馬原町に抜ける途中
  に在る。岩櫃山を吾妻川越しに望める、まことに
  牧歌的な山里である。
   集落からちょっとはなれた所から山道を少し登
  ると、土手の上に一本の大きな栗の木が見えてく
  る。写真の道祖神は、その木の根元の斜面に隠れ
  るようにして立っていた。
   像の右に宝暦八年(1758)と銘があり、左に寅六
  月吉日、施主一場□と刻まれている。
   双神の顔は丸で兄妹の様にあどけないのだが、
  その手はそれとは全く正反対の、なんとも大胆で
  積極的な愛情の表現をしている。
   上州には愛情表現をストレートに描いた像が多
  く、なかにはそればかりを興味本位に見て歩く向
  きもお有りと聞くが、私は余りその手は好きでは
  ない。
   その点、この田中の道祖神からは、こんな形の
  愛らしくも大胆な双体像を彫り上げ、奉納した土
  地の人達の、むしろ情愛豊かな節度や知性が感じ
  られる。上州で気に入った双体像の中でも、五指
  のひとつに入るほど気に入っている。  
          

    
    
     矢久道祖神 (群馬県東吾妻町))
    
    
   親友のM夫妻と始めた双体道祖神探
  訪の旅の第一回目は、上州榛名山の西
  側、吾妻町の旧坂上村を流れる温川と
  今川という二本の川の流域に点在する
  山里一帯であった。
   温川上流の鳩ノ湯温泉三鳩楼での宿
  泊も忘れ得ぬ思い出となっている。昭
  和53年(1978)3月のことで、なんと
  27年前のことだ。
   この里は温川のかなり上流で、鳩ノ
  湯の浅間隠温泉郷からは至近である。
   破風の付いた立派な彫りの双体道祖
  神で、この旅では最も印象に残った像
  の一つである。春まだ浅い草むらに、
  数体の馬頭観音像と並んで立っていた。
   頬を軽く寄せ合い、手を握り合って
  優しく寄り添う姿は、初めて見る双体
  道祖神に対する新鮮な感動を私達に与
  えたのだった。
   それ以後今日まで、上州・信濃・甲
  斐に分布する道祖神のほとんどを見て
  歩くこととなる、大きなきっかけとな
  った重要な道祖神である。
   明和六年(1769)という銘が見える。   
           

    
    
     御園道祖神 (群馬県東吾妻町)
     
    
   川中温泉に泊まった翌日、吾妻川沿いの榛名山
  側街道を渋川に向かって車を走らせながら、そこ
  に点在する双体道祖神を探訪したことがある。
   その中で最も感動したのが、この東村御園で見
  た写真の像だった。
   前日の夜に降った雪がまだ残っており、像の首
  から下は完全に雪に埋まってしまっていた。凍り
  かかった雪を払って、どうやら写真を撮ることが
  出来た。
   文政十二年(1829)の作で、横長の自然石をくり
  抜いて双神を浮き彫りにし、菊の紋の付いた三角
  の破風を彫り込んである。
   珍しいことに、男神が瓢箪徳利を捧げ、姫神が
  盃を差し出している。このスタイルは、上州では
  何箇所かで見たので、決して間違いではなかった
  のだろうが、信州などでは余り見かけなかったよ
  うに思う。
   装束も髪型も平安貴族のように優雅で、顔つき
  も気品に満ちている。菊の御紋が影響しているわ
  けではないだろうが、とても道祖神とは思えぬほ
  ど気位の高い美しい像である。
   当時は像の背後に古自転車などが積み上げられ
  ていたりしたが、現在はどうなっているのかやや
  心配である。
           

   
   
     箕輪道祖神  (群馬県みなかみ市新治)
     
    
   上州最北部に位置する新治村には、彫りのしっ
  かりした双体道祖神が各集落に残されている。
   法師温泉に泊まった翌日、これらの中から名品
  を選んで見て歩いた。
   旧道に面した布施という宿場から、少し南に入
  ったところにこの集落が有る。神社の手前の小高
  い茂みの中に、この優雅な像が立っていた。
   横に延享四年と刻まれており、額が華麗な彫刻
  で飾られた破風になっており、洒落た石工の仕事
  であったに違いない。
   双神は両手で、男神が台付きの盃を、そして姫
  神は瓢をそれぞれ持ち、静かに並んで立っている。
  牧歌的な風景の中、背後の茂み、周囲に咲く可憐
  な野草などに溶け込むようにして、この苔むした
  道祖神はまことに絵になっていた。

   道祖神に限らず、石仏や石塔の価値は、その置
  かれた場所の環境に相当左右されるだけに、情緒
  に満ちたこの辺りの素晴らしい雰囲気を、いつま
  でも後世に伝えたいものである。
         

     
    
     伽立道祖神 (群馬県みなかみ市新治)
    
    
     この日、私達は湯宿温泉の共同湯である大湯の
  風情を楽しんだ後、そこから北側に点在する里に
  伝えられる道祖神を探訪した。
   同じ新治村でも、前述の箕輪とは国道を隔てて
  反対側の、山深い地域である。

   伽立の里から少し離れた道沿いの斜面の、鬱蒼
  と繁った草むらの中に、妙な双体道祖神が立って
  いた。
   何故妙かと言うと、第一はその体躯のなんとも
  ひょろ長いことだろう。まるでゴシックの円柱像
  みたいに見えるし、いやもっとシュールな表現が
  なされているかもしれない。
   第二は、双神が離れて並立しているのに、互い
  に抱いた相手の肩に手が彫られていることだ。様
  式の名残とはいえ、奇妙に謎めいている。
   この一帯は破風付の道祖神が多いが、丁寧に三
  層に彫られている。おまけに梅の花の咲いた枝ま
  で彫って飾るという本格派なのだが、その割には
  双神が余りにもとぼけた表情をしている。
   どちらが男神でどちらが姫神なのかが判然とし
  ないが、顔の表情と髪型などを比較してみた結果、
  瓢箪を持つ方が男神ではないだろうかと感じた。
         

     
    
     市之瀬道祖神 (山梨県身延町下部)
    
    
   隠れた道祖神の密集地である甲州で、そのたた
  ずまいに惹かれた像の一つである。本栖湖方面に
  下部の市街を抜けた辺りの、牧歌的な風景の中の
  街道沿いにポツリと立っていた姿がとても気に入
  っている。

   像の彫りそのものは大それたものではないが、
  男神が扇を、姫神が笏を持っており、上部に菱紋、
  左に寛政四年の銘の有る珍しい像である。
   よそ行きの衣装を身に纏い、慣れない姿格好で
  お互い少し離れて記念写真を撮っている老夫婦の
  様でもあり、ほのぼのとした叙情に満ちている。

   願望や欲求がそのまま露骨に表現されたものよ
  り、抑制されデフォルメされた表現の方がより深
  く訴えてくる力を感じることがある。優れた芸術
  というものの究極は、この比喩であり抽象なのだ
  ろうと思う。
   その意味で双体道祖神という石像は、農民の豊
  作や子孫の繁栄への切なる願いが、造形という行
  為を通じて、かくもシュールな形へと昇華された、
  見事なる芸術と言うことが出来る。
          

    
    
     八王子道祖神 (山梨県身延町下部)
    
    
   今は身延町と合併したが、元は温泉で知られた
  下部町だった。本栖湖から山を下った所から、北
  側の谷間へと入ったあたりが大磯小磯という面白
  い名前の字である。
   その八王子という集落の、丸石を積んだ法面の
  中段に、数基の馬頭観音などと共にこの道祖神が
  祭られていた。
   下から見上げなければならないことと、像全体
  が余りにも苔むしていたので、その像容がはっき
  りと見えなかった。
   双眼鏡でのぞいて見ると、右の男神は左手に笏
  のような物を持ち、右手で綱のようなものを握っ
  ている。
   左の姫神は左手で、男神の持つ綱を共に握って
  いる。そして最も珍しいのは、右手で小さな子供
  を抱いているのである。
   写真では苔が邪魔して良く見えないが、姫神の
  顔の下の黒くなっている部分が子供の顔である。
   川口謙二氏の写真集で見た記憶があったが、苔
  むす前のものだったような気がする。
   日本にも聖母子像の在ったことに感動したが、
  子連れの道祖神を彫り、里の辻に祭り、そして一
  体何を祈念したのだろうか、という疑問が湧いた
  のだった。
           

     
    
     新倉道祖神 (山梨県大月市)
    
    
   相模湖から甲州街道を甲府方面に下ると、上野
  原市と大月市との境界線を越える。その辺りから
  北側へと右折し、急峻な斜面を登っていくと、そ
  こが新倉の里である。
   里の鎮守である有倉神社の正面鳥居脇に、この
  何とも愛くるしい双体道祖神が立っている。
   先ず気が付く特徴は、従来の道祖神と比べると、
  余り神様らしくないという印象を受けるという事
  だろう。
   付けている衣装が江戸町人の着流し風であり、
  男神はちょん髷、姫神は島田のような髪を結って
  いるからだろう。
   肩を抱き合い、頬を寄せ、手を握り合っている
  この二人の恋人像は、従来からの双体道祖神のイ
  メージからは余りにもかけ離れている。近代の作
  かと思って調べてみると、延享四年(1747)卯月吉
  日と彫られていて江戸末期とはいえ結構古いので
  ある。
   いくら自由な恋愛などといった概念が薄い時代
  の中だったとはいえ、庶民の願いを表現するのに
  衣冠束帯の平安貴族風では余りにも現実離れして
  いたのかもしれない。
   ささやかではかない庶民の本心が吐露されたよ
  うで、愛らしさが切なさに変わってしまった。  
         
     
    
     大倉道祖神 (静岡県富士宮市)
    
   
   富士山の西裾野に在る有名な白糸の滝は、芝川
  という流れになって富士川へと合流する。富士宮
  の市街から西北に向かい、芝川のほとりに出た辺
  りに発電所がある。
   そこからさらに細い道を登った所の崖の窪みに、
  この何とも奇妙で珍しい表現の双体道祖神が在っ
  た。
   実はこの像は道祖神愛好家の間ではとても有名
  な像だったので、足がむしろ遠のいてしまってい
  たのだったが、初めて実物を見て大いに驚いてし
  まった。
   どちらが男神なのか姫神なのか、さっぱり見分
  けがつかない。
   おまけに、現実離れした長さの手が、首の後ろ
  からぐるっと回っていて、綱のような物を押さえ
  ている。胸を押さえているようにも見える。
   もう片方の手は一体どこに向いているのやら、
  そして足の指まで彫られているのも面白い。
   風変わりとしか言いようの無い道祖神ではある
  が、全体像をしみじみと眺めてみると、図像とし
  ては稚拙極まりない中に、子供が描いた絵のよう
  に純粋な、普通の庶民の祈りの姿が浮かんできた
  のである。
   安永九年(1780)の銘が入っていた。
         

    
    
     中丸道祖神  (静岡県御殿場市)
    
    
   富士山の裾野に広がる御殿場市と裾野市は、知
  られざる道祖神の宝庫である。十年ほど前の五月
  連休に、箱根の宿を根城にして、この一帯の道祖
  神や石仏を探訪したことがある。
   この写真の道祖神は御殿場市の北端、小山町と
  の境界に近い山里の小さなお社の境内に、白椿の
  横で隠れるようにして立っていた、双体道祖神の
  傑作である。

   信州や上州で頻繁に見かける肩抱き握手像でも
  なく、勿論祝言像でもない。姫神が何かを持って
  いるが、笏なのか繭玉なのか判然としない。
   頭に着けているのが冠なのか頭巾なのかもよく
  判らない。信州の山奥で、雪国らしく、防寒頭巾
  を着けた道祖神を見たことがあった。だが、ここ
  ではそうした生活感よりも、寄り添う双神の仲睦
  まじさを強く感じさせる。
   まさか忍び逢うための頭巾だ、というほどドラ
  マチックではないとは思うが、なにやら密やかな
  逢瀬を感じさせるほど、切ないいじらしさが滲み
  出ている。どうも俗な鑑賞に走りすぎるようだ。
         

    
   
     宮城野道祖神 (神奈川県箱根町)
    
   
   神奈川県、つまり昔の相模の国は隠れた道祖神
  の分布地帯である。武蔵の国にはほとんど無いこ
  とが謎とされるが、諏訪神社系列の分布と関係が
  有る、といった学説を読んだことがある。
   相模西部の箱根が、双体道祖神の密集地帯であ
  ることを知る人は少ないだろう。仙石原・木賀・
  大平台・二の平・小涌谷など、広く分布している
  が、宮城野の集落は格別で、ここだけで五基の双
  体道祖神を見た。
   写真は部落上部の諏訪神社東のもので、やや摩
  滅したもう一基と一緒に並べて祭られていた。
   珍しいことに、右の男神は笏を持っており、左
  の姫神は合掌している。冠を戴き、僧のような衣
  服を纏いながら、素朴に並立している姿が何とも
  言えず、すっかり気に入ってしまった。
   ずんぐりした体躯にしては耳が異様に大きいの
  だが、理由は解らないし類例も知らない。
   この像には大正十二年の銘があり、以外に新し
  いのにびっくりしたのだが、箱根には同時期に制
  作されたものが多く、特定の石工の集団の存在が
  推定できるだろう。
          

     このページTOPへ  韓国の石仏石塔へ  信州の道祖神へ 

    石造美術TOPへ  日本庭園TOPへ  ロマネスクTOPへ 

    古代巨石文明TOPへ 世界の建築  総合TOPへ 掲示板へ