板碑紀行 (武蔵の板碑)

           

   板碑は、いつ死ぬか分からぬ
  戦国の世に生きた鎌倉時代の豪
  族や御家人達が、生前に極楽往
  生を念じて建立した供養塔とさ
  れ、美しい梵字で如来や菩薩を
  象徴している。
   図像を刻んだものもあり、当
  時の信仰の深さがいかに大きか
  ったかを物語っている。
   緑泥片岩という青石を産する
  武蔵と阿波が中心だったが、安
  山岩などを彫った素朴な板碑に
  も捨て難い魅力が有る。






 瑞光寺跡にて
 正中三年の大日板碑
 と文保二年の阿弥陀三尊板碑が有る。
 
埼玉県小川町下里

             


     
     慈光寺板碑 (埼玉県ときがわ町)
                     
     

   坂東九番札所の慈光寺へと登る参道の右側に、青
  石塔婆とも呼ばれる板碑が七基堂々と立っている。
  その全てが、武蔵の板碑を代表する名品である。
   鎌倉の御家人であった、武蔵の豪族達の間に信仰
  された阿弥陀浄土への願望から、逆修という生前供
  養として建立されたものだ。秩父荒川産の緑泥片岩
  という青石に、梵字で表された種子という本尊が刻
  まれているものが多い。
   写真の板碑はいずれも蓮座に載った「キリーク」
  という梵字で、阿弥陀如来を象徴している。その下
  に文字が彫られており、右が元亨四年(1324)、左が
  貞治四年(1365)造立だが、他からも鎌倉末期から南
  北朝にかけての年号が読める。
   「キリーク」は絵画的とも思える梵字であり、薬
  研彫りと呼ばれるV形に溝を切る手法により、一層
  鋭く引締まった美しさが強調されている。青石の扁
  平な薄さと彫りの深さとの対比が、繊細さと剛直さ
  の同居した緊迫感を演出している。
   石を立てたことから生じてくる力学的な迫力が板
  碑の美しさを支えているのだが、全て塔というもの
  は立っていることそのものが美しいのである。
         

     
  
     霊山院板碑 (埼玉県ときがわ町)
     
    
   慈光寺や当霊山院の在る旧都幾川村は、現在旧
  玉川村と合併して“ときがわ”町となった。平仮
  名の薄っぺらさが気になって、旧村名が無性に懐
  かしく感じられる。
   この寺へは慈光寺から、車の通れる山道伝いに
  行くことが出来た。緑濃い山寺、といった風情が
  感じられた。
   写真の板碑は山門を入った、参道の右側に建っ
  ている。美しい青石の堂々たる板碑で、高さは約
  2mある。
   主尊の種子は筆記体になっているので判り難い
  が、阿シュク如来を表す「ウーン」である。ウー
  ンはまた五大明王の内の、降三世明王を表しても
  いるのだが、ここのものは大変珍しい書体となっ
  ている。
   空点を加えた、上部の仰月点もユニークな表現
  となっている。阿シュクの憤怒像の背後に、燃え
  上がるような炎の光背を見る思いである。
   蓮華座の下に、永仁四年(1296)の銘と、造立の
  趣旨、梵字の随求真言などが彫られている。
   深い薬研彫りの豪放な種子と、繊細な輪郭線と
  の対比がまことに美しい。立っている事そのもの
  にも魅力の感じられる、素晴らしい板碑だった。   
           

       
     願成寺板碑 (埼玉県飯能市)
                 

   名栗川を望む高台の墓地の一角に、大小七基の板碑
  が屋根の下に集められている。塔婆は本来有るべき場
  所に立っていてほしいが、保存などのためで致し方は
  無い。屋根は有るが柵等は無く、鑑賞や撮影には支障
  が無いのが嬉しい。これはむしろ幸運で、珍しいケー
  スである。
   撮影した二基の板碑は時代はやや違うが、種子はい
  ずれも「キリーク」である。
   右は建長五年(1253)の鎌倉中期のものであり、板碑
  としてはかなり初期の造立である。重量感に溢れた青
  石の厚みと大らかな筆致の梵字には、技術以前の力強
  い剛毅な精神が感じられる。
   左の板碑は南北朝末期の永徳二年(1382)で、様式も
  確立した最も完成度の高い時代のものである。技術的
  には絶頂期のものだがやや形式的になっており、右の
  建長板碑と比べると少々技巧的で綺麗過ぎ、図太い個
  性に欠けるかもしれない。
   塔には本来四方が有り、宝篋印塔や五輪塔の東西南
  北各面には四方仏の種子または仏像が彫られた。その
  意味で、板碑は表のみの一面の塔である、という見方
  も出来る。
 
        

    
   
     長念寺板碑 (埼玉県飯能市)
     
     
   飯能から正丸峠を抜けて秩父へ通じる国道に面
  した集落に在るお寺で、背後の墓地には多くの板
  碑が見られる。中でも中村家墓地に立っている写
  真の板碑は、釈迦三尊の種子が彫られた珍しいも
  のである。

   種子は中央に釈迦如来を現す「バク」、右下に
  文殊菩薩を表す「マン」、左下に普賢菩薩を表す
  「アン」が、月輪に囲まれ蓮座に載っている。
   146
cmというかなり大きな板碑で、銘は延文
  三年(1358)である。
   「是人行邪道不能見如来」といった文字も見ら
  れ、善根を施し極楽往生を求めた庶民の切ない願
  いがこの一文に込められていて面白い。

   文殊を表す梵字「マン」の右肩に、三日月型の
  ひげのようなものが付いており、厳密には「マー
  ン」と読むのだろうが、これは一体何だろう。文
  殊を表したくて余分なものを付けたのか、或いは
  別の三尊を表現する種子なのであろうか。

   深閑とした古い墓地に在って、一際毅然とした
  威風を放つ美しい板碑だった。
           

     
  
     宮岡氏墓地板碑 (埼玉県入間市)
      
      
   鎌倉時代の名板碑を多数収蔵している元加治の
  円照寺とは、入間川を隔てた対岸にこの小さな墓
  地が在る。
   高さは170
cm強の大型板碑で、阿弥陀三尊の種
  子(キリーク・サ・サク)が大らかな筆致で彫られ
  ている。
   それもそのはずで、紀年銘は建長五年(1253)と
  いう鎌倉中期の板碑なのである。
   鋭い山形、幅広の二条線と切り込み、浅く幅広
  の薬研彫り梵字、などがこの時代の特徴である。
   種子の下には蓮座が無いので、何やらさっぱり
  とした印象を受ける。
   建立の趣旨が横線の下に彫られているらしいの
  だが、線が細くかなり摩滅して読めない。

   それにしても、こうした板碑が何故ここまで私
  を惹きつけているのだろうか。
   緑泥片岩という青石そのものの材質の美しさ、
  供養塔婆としての形態、薄い板状の細長い石が立
  っているという緊迫感、薬研彫りで表現された梵
  字種子の美しさ、などが重要な要素で、そこに生
  前供養によって浄土を夢見たこの時代の人々の思
  いが込められ、特異な美的表現へと昇華されたも
  のと考えている。
      

        
   
     吹上板碑 (埼玉県毛呂山町)
      
       
   地面からすっくと立った青石板碑の魅力は格別だ
  が、ここ毛呂山町の雑木林の中に立つ吹上板碑を見
  た時には、思わず息を呑んでしまった。
   高さが3メートルある緑泥片岩の厚さは10セン
  チ弱であり、際立って鋭い武蔵型板碑の美しさはそ
  の石の薄さに有ると再認識させられたのだった。

   中心の種子は梵字の「アーンク」で、胎蔵界大日
  如来を意味しており、蓮華座に乗り月輪の中に深く
  豪快な薬研彫りで表されている。
   種子の下には、延慶三年(1310)という年号と一緒
  に、この塔建立の趣旨が綿密に彫られている。
   鎌倉時代中期の力強さに溢れた雄渾な筆致で、書
  としても卓越した美しい梵字である。

   板碑は元来、山形の頭部、二段の切り込み(二条
  線)、額部、梵字のある塔身、根部の五段で構成さ
  れいて、五輪塔に共通した塔婆だと考えられている
  という。
   高さが3メートルを越えて完全な美しい姿の板碑
  は、全国でも数えるほどしか残っておらず、大変に
  貴重な遺品である。
          

     
  
     六地蔵堂板碑 (埼玉県越生町)
     
      
   梅林で名高い越生町の北部、鳩山町との境界に
  近いところに在る大谷という集落に、この小さな
  お堂がある。観梅の折に立ち寄ったのだが、藪の
  中にぽつんと立つ板碑を発見するのにちょっと時
  間がかかってしまった。

   損傷や摩滅のほとんど無い完璧な状態で、やや
  様式化しているとは言え、まことに端正で美しい
  板碑だった。
   そう感じたのは、折から西日が真横から当たっ
  て、梵字がその陰影をくっきりと見せたからかも
  しれない。
   梵字種子は、阿弥陀三尊を表す「キリーク・サ
  ・サク」である。
   イ点と呼ばれる上から右へ下がってくる線の先
  が、涅槃点と呼ばれる二つの点の間に入っている
  けれども、これはそれほど珍しいものではなく、
  事例はかなりあちこちで見られる。
   中央に、嘉暦三年(1328)という紀年銘、そして
  両側に「光明遍照....」の光明四句の偈が彫られ
  ている。
   鎌倉末期の建立であり、高さ172
cmという大型
  板碑で、地面にすっくと立った姿はまことに荘重
  な雰囲気に満ちていた。
         

      
     
     浄光寺板碑 (埼玉県東松山市)
               
     
   画像板碑は珍しくは無いが、破損の無い作品の数
  は稀少である。
   この板碑は大正末期までは、田んぼの畦道で石橋
  として使われていたと聞く。明治の廃仏毀釈の影響
  で打ち捨てられていた大和三輪神宮寺の観音像が、
  これを哀れと聖林寺住職が拾い祀ったものが、時を
  経て天平の絶品と判明し、国宝十一面観音像となっ
  た話は多くの示唆を含んでいて興味深いが、この板
  碑も同様の宿命であったらしい。

   頭光から放射光を放ち来迎印を結ぶ阿弥陀如来が
  中央で、右が観音菩薩、左が勢至菩薩という、典型
  的な阿弥陀三尊来迎図である。三尊共浮彫りだが、
  彫られた像の周囲が光背のように見えて印象的だ。
  両手で蓮華を捧げる観音と、合掌する勢至の両菩薩
  像が清楚であり、三尊のバランスが実に見事な傑作
  である。
   建長二年(1250)という年号がこの板碑の風格を物
  語り、全ての芸術において、技術や体裁よりも造形
  に対する意欲と美意識の方が大きく優先する、とい
  う持論の証左となっている。   
           

     
  
     香林寺板碑 (埼玉県東松山市)
     
    
   このお寺は東松山市の南端、坂戸市との境を
  流れる越辺川に面した宮鼻という静かな集落に
  在る。
   五基の大小板碑が一列に並べられ、土台はコ
  ンクリートで固定されていた。やや味気ないが、
  盗難などを考慮すれば、鑑賞者にとって最良の
  保存方法と言えるだろう。
   左から、建武五年(1338)の阿弥陀種子(キリ
  ーク)板碑、銘年不明の阿弥陀一尊図像板碑、
  仁治二年(1241)の阿弥陀一尊図像板碑、嘉暦三
  年(1328)の名号小板碑、そして心字座に乗る胎
  蔵界大日種子(ア)の順に並んで壮観である。
   最左の阿弥陀種子板碑が107
cmであり、最も
  小さい名号板碑が43
cmである。
   それぞれ捨て難い特徴があるのだが、中央仁
  治二年の図像板碑が特に気に入った。光明遍照
  十方世界念仏衆生摂取不捨、という光明四句の
  偈が彫られた素朴な造形が、かえって信仰の強
  さを表現しているようにも見えて好ましい。
   もう一つの大きいほうの図像板碑は、紀年銘
  等すっかり摩滅しているのだが、阿弥陀像だけ
  は見事に残っている。とりわけ、顔の表情、衣
  のひだ、蓮弁などが美しい。
         

          
          
     須賀広板碑 (埼玉県熊谷市江南)
            
              
   私が板碑行脚を始めた20年前には、この板碑は須
  賀広大沼公園内の中島に、屋根を架けて保存されてい
  た。
   ただでさえ上部が欠落した、嘉禄三年(1227)という
  飛び切り古い阿弥陀三尊図像板碑であり、これ以上風
  雨に晒されて摩耗していくであろう無残な姿を想像す
  ると、想いは誠に複雑であった。かと言って、ガラス
  ケースに入って博物館の奥深く陳列されたのでは、折
  角の板碑の魅力が喪失してしまう憂いも残る。
   その後何処かへ移転されたという噂を聞いたが、実
  際の現在の境遇を知らないままでいる。

   主尊阿弥陀如来像はほとんど欠けており、坐像か立
  像かが論争の的となったが判明していない。右の観音
  菩薩像と左の勢至菩薩像は、阿弥陀来迎に従う脇侍と
  して、たおやかな表現で彫られている。
   中央の嘉禄三年という年号を挟んで、四文字四行、
  合計十六文字の偈が彫られている。「諸教所讃多在弥
  陀、故以西方而為一准」と手帳に控えてあるが、意味
  はうっすらとしか分からない。他の板碑で、同じ偈を
  見たことがある。
   関東の図像板碑を代表する名品中の名品であろう。
         

      
      
     野上下郷板碑 (埼玉県長瀞町)
        
        
   大きければ何でも良いという訳ではないけれど、
  想像を絶する大きさというものが示す迫力には意味
  がある。本質とは違った意味でありながら、価値観
  をより高める効果があるのだ。
   その意味で、この日本一高いとされる板碑には、
  初めて見た時、その5.3mというあまりの高さに
  圧倒されてしまった。しかし冷静に眺めると、大ら
  かな梵字など、面白い板碑だとすぐ気が付く。
   上部二条線は彫りが鈍く、鎌倉からはやや時代が
  下がることを伺わせるが、銘には応安二年(1369)と
  あるから南北朝時代である。
   上部三つの円は「イ」で地蔵菩薩を表すこともあ
  るが、通常は「イの三点」とも呼ばれて、主尊種子
  を荘厳するために添えられる面白いしるしである。
   主尊は「バク」で釈迦如来を象徴し、蓮華座に乗
  っている。太い梵字だが、やや彫りの切れ味が鈍い
  感じで、鎌倉最盛期のものと比べるとかなり大仰で
  大味な印象は否めない。
   中央に梵字で光明真言が彫ってあるが、やや摩耗
  していて判読できなかった。
           

      
     
     大梅寺二連板碑 (埼玉県小川町)
       
      
   連碑の事例は少ないとはいえ、同じ小川には円
  城寺の二基、西光寺のものが在り、また下総や国
  東でも見かけたことがある。しかし、写真の大梅
  寺二連碑は他の追随を許さない。やや小型だが、
  山形が完備し、しかもこれほど彫りの美しいもの
  は他に無いからである。
   暦応四年(1341)の年号が中央に、そして両側に
  梵字で光明真言が彫られている。主尊阿弥陀の種
  子キリークや蓮台の彫りも見事で、全体に華奢で
  はあるが均整のとれた完璧な美しさである。
   南北朝初期の造立らしく、鎌倉期の剛直さがか
  なり失われつつあり、替わって様式が固定化して
  いく室町期との間にあった、南北朝の特色を備え
  始めていることが良く分かる。
   同じ単体板碑を二基造立する事例も多いが、い
  ずれも夫婦が生前供養としての逆修を目的として
  いるケースが大半である。
   板碑では、年号の「四」は「死」を連想させる
  ために忌み、写真にも写っているように「二二」
  と表現するのが一般的であった。
         

    
  
     伊藤家墓地板碑 (埼玉県小川町)
     
     
   伊藤家のお内儀からお許しを頂戴し、裏山の
  墓地を見せていただいた。昼なお暗い林の中の
  古い墓地は、余り気色の良いものではないが、
  そこに立てかけられていた板碑の数と質の高さ
  には圧倒されてしまった。
   ざっと見ただけでも、大小15基が確認出来
  たのである。
   両脇に花瓶の彫られた永仁二年(1294)と徳治
  三年(1308)のものなどが最初に目に付いたのだ
  が、オン・ア・ボ・キャ....という梵字の光明
  真言が美しく彫られた、この建武五年(1338)の
  板碑が一番印象的だった。
   樹林の葉陰から差し込む夕陽が、板碑の左側
  から丸でライティングしたかのように、主尊阿
  弥陀の種子キリークや蓮座、真言や紀年銘など
  をくっきりと浮かび上がらせていた。

   「薄気味悪いね」という家人に、「これは墓
  碑ではなく、生前の供養塔なのだから意味が違
  う」とは言ってみたものの、薄暮の雑木林の墓
  地は霊気に満ちている。板碑や石塔を追いかけ
  ていると、どうしても墓地を巡ることになって
  しまうという、なんとも因果な趣味ではある。
           

     
 
     大聖寺板碑 (埼玉県小川町)
      
     
   この寺は小川町の東南下里地区に在る。小高い
  丘の上の、まことに閑静な場所である。
   板碑などは資料館に展示されていたので、やや
  がっかりだったが、ゆっくりと鑑賞するためには
  支障のない展示だった。
   写真は、重要文化財としても有名な、六面石幢
  と呼ばれるものである。立川普済寺の国宝に指定
  された石幢が最も著名だろう。
   六枚の板碑を正六角形状に並べて立て、上部に
  笠と相輪が載せてある。
   主尊は六面とも蓮座に載る阿弥陀(キリーク)だ
  が、各面には開山上人を筆頭に五十人ほどの願主
  の名が刻まれている。
   「康永三年(1433)、一結之衆生敬白」とあり、
  この時代の阿弥陀信仰がいかに地元の団結力とな
  っていたかが想像されて興味深い。
   梵字キリークは鎌倉期の剛毅さを少し留めた、
  いかにも南北朝初期らしい完成度を示している。
  前掲の伊藤家墓地のものに近いかもしれない。

   もう一基在る胎蔵界大日の種子(ア)を主尊とし
  た、同じ康永三年の板碑は187cmの高さで、圧倒
  的な存在感を示していた。   
          

     
  
     日蔭薬師堂板碑 (埼玉県嵐山町)
       
     
   嵐山町北部の上吉田という集落に祀られた薬師
  堂で、板碑はその参道の途中に建っている。
   何より目に付いたのはその2mという高さと、
  主尊種子が比較的珍しい金剛界大日如来を象徴す
  る「バン」であったからである。
   また、裏へ突き抜けてしまうのではないかとさ
  え思えるほど、その薬研彫りが深く豪快であるこ
  とも印象に残った。
   蓮座の下中央に「南無妙法蓮華経」、右に「南
  無釈迦牟尼佛、一結衆」、左に「南無十羅刹女等
  五十三人」とあり、どうやら法華信仰の民衆が集
  まって建立したものらしい。
   一般的に法華宗の板碑には「南無妙法蓮華経」
  のみを刻んだ題目板碑が多いのだが、主尊種子が
  彫られたものは余り見たことがない。
   しかし、大日如来種子「バン」の意味合いや、
  日影薬師堂と法華の関係については解明できなか
  った。
   中央下部に、暦応三年(1340)という銘が刻まれ
  ており、ここでも種子の彫りに見られる南北朝初
  期の特徴を確認することが出来るまことに豪壮な
  板碑であると言える。
         

      
        
     大英寺板碑 (埼玉県騎西町)
         
       
   騎西町や行田市近辺が武蔵型の板碑の発祥地で
  はないか、と言われるほど年代の古い傑作がこの
  一帯に数多く集中している。

   大英寺には八基の重要な板碑が保存されている
  が、写真はその内の二基である。
   右は、阿弥陀如来種子(キリーク)の文永十二
  年(1275)板碑である。青石いっぱいに彫られた梵
  字は剛毅な大らかさを示しており、輪郭線や蓮台
  など大変美しい。
   年号の両脇に、光明遍照十方世界、念仏衆生摂
  取不捨という観経真身観の経文が彫られている。
  事例は多く見られるものだが、素直に造立者の信
  仰を表現した素晴らしい文言であろう。なお、碑
  の両側面の細い部分にまで、光明真言や種子が彫
  られている完璧な供養塔である。
   左の板碑は、複雑怪奇な種子であるが、阿弥陀
  (キリーク)の上に、イの三点の筆記体または三
  弁宝珠と思われる記号が載っているのである。前
  出の野上下郷板碑のものと同じ、丸三つが荘厳の
  意味で使われている。嘉元元年(1303)の銘が彫ら
  れている、美しい荘厳体の阿弥陀板碑である。
         

   
        
     大福寺板碑 (埼玉県騎西町)
       
      
   古い板碑の多いここ騎西町の中にあって、この
  大福寺墓地に建っている写真の板碑は、紀年銘の
  有る中では全国十指に入るほどの名品である。
   正面を見ていても年号は発見できない。右側の
  厚さの薄い青板石側面下方に、天福二年(1234)と
  彫られているのが辛うじて確認出来た。
   高さは191cmという大型の板碑だが、写真では
  そう見えないのは幅が80cmと広いからだろう。全
  体の大らかな印象も、ここから発しているように
  も見える。
   主尊は胎蔵界大日如来の種子「ア」で、薄い線
  で描かれた月輪に囲まれている。
   梵字の薬研彫りを見ると、V字の角度が浅く、
  字幅が広く彫られており、これはいかにも古式を
  示しているのだと思える。
   摩滅したのかその下方は空白で、半分地面に埋
  まった格好の蓮座が下部に見える。
   ここでも、蓮座の描き方が大らかで、技術的に
  は未熟ながら、古碑特有の風格のようなものが感
  じられる。
   風雨に晒されたまま風化していく末路は石造品
  の宿命であるが、だからこそこの姿は限りなくは
  かなく美しく感じられるのである。収蔵庫に置か
  れた板碑は、骨抜きになった抜け殻である。
         

     
        
     真名板薬師堂板碑 (埼玉県行田市)
          
         
   厚さ13cmの緑泥片岩が、幅87cmで高さが3m
  50cmの板状で立っているという場面を想像して
  ほしい。写真でその真の迫力を表現するのは、
  私の腕では至難だ。
   スコットランドの環状列石や、映画「2001年
  宇宙の旅」の石板などが連想されるが、立って
  いる石が表現する緊張感に意味合いが感じられ
  るのは、そこに見えざる絶対性や美意識が存在
  するからであろう。
   主尊は阿弥陀の種子「キリーク」で、上部の
  三つの円形は「イの三点」とも「三弁宝珠」と
  も呼ばれる荘厳のための梵字なのである。
   キリークはやや崩れた筆記体で、一見壮麗で
  は有るが、反面きっちりとした律儀さも見て取
  れる。
   中央に南無阿弥陀佛の六字名号、その両側に
  線彫の五輪塔が刻まれている。かなり摩滅して
  いるのは、かつて放置されていたこの板碑の上
  で、子供が遊んでいたからだそうだ。
   最下部の偈文ははっきりしないが、拓本によ
  れば、建治元年(1275)に、出家した家臣が主君
  のために建立したそうだ。さぞ名君だったのだ
  ろう。
         

    
  
     観福寺板碑 (埼玉県行田市)
     
      
   近年行田市に編入された、利根川に近い旧南
  河原村に有る素晴らしい図像板碑である。
   私が訪ねたのは二十年も前のことで、その時
  はもう一基の図像板碑と共に倉庫のような場所
  に収納されていた。現在の状況がどうなってい
  るのかを、知りたいと思っている。

   写真は当時のもので、阿弥陀三尊の図像板碑
  である。上部に阿弥陀種子が刻まれており、そ
  の下に三尊の画像が描かれている。
   放射状の光明や衣服のひだなどが繊細に彫ら
  れていて、観音・勢至菩薩を従えた阿弥陀如来
  の荘厳な来迎を表現している。
   銘文ははっきりしないが、文応二年(1261)と
  のことで、国の史跡に指定されている。
   高さ2m60cm近い大型板碑だが、繊細な図像が
  さらに板碑空間の広がりを感じさせる。
   隣に保存されているもう一基は地蔵菩薩の図
  像板碑で、文永二年(1261)の銘がある。
   かつては寺の墓地に二基並んで立っていたそ
  うで、その荘厳な姿を想像するだけでわくわく
  してしまう。  
         

    
       
     千手院墓地板碑 (埼玉県羽生市)
     
    
   東武伊勢崎線が利根川の鉄橋を渡る手前に本川俣
  という集落があり、そこの千手院という寺の墓地に
  三基の板碑が立っている。
   写真はその内の二基で、注目するべきなのは右側
  の板碑である。
   主尊として、種子が二つ並列して彫られているの
  は珍しい。右は胎蔵界大日如来を表す「ア」で、左
  はお馴染の阿弥陀如来「キリーク」である。
   高さは144cmで、このあたりがまあ最も親しみ易
  い大きさかもしれない。
   銘は嘉暦三年(1328)と彫られており、鎌倉末期の
  剛毅さと洗練されつつある時代ならではの美しさを
  備えている。
   阿弥陀種子の下に、大日報身真言が梵字で「ア・
  ビ・ラ・ウン・ケン」が彫られ、その横に「後見之
  人念佛十遍」とあり、この板碑を見た人は十回念仏
  を唱えなければならないらしい。
   大日種子の下には妙法蓮華経とも書かれていて、
  厳密な宗旨はさほど問題ではなかった大らかさが感
  じられる。
   「逆修善根乃至法界」という文字も見られ、実に
  欲張りな板碑ではあるが、意地らしいほど正直な庶
  民の渇仰が表れている。
          

      
      
     法台寺板碑 (埼玉県新座市)
      
     
   周囲がすっかり宅地化されてしまい、かつて
  の武蔵野の面影は失われつつある。そんな中に
  この寺は、人知れず建っている。
   かつては林の中に立っていた九基の板碑が、
  全て参道脇の収蔵庫の中に移されている。しか
  し、写真のように背後がコンクリート壁で味気
  無いものの、無粋な囲いや柵は無いので、鑑賞
  にはほとんど支障は無い。
   南無阿弥陀佛の六字名号板碑の名品が多く、
  120〜200cmクラスの堂々たる板碑が七基並んで
  壮観である。中では、正和二年(1313)のものが
  ここでは最古である。
   写真の名号板碑は嘉暦四年(1329)のもので、
  壮麗で流れる様な筆致は見事と言うしかない。
  開基である遊行僧他阿上人の念仏が聞こえてき
  そうだ。
   阿弥陀三尊種子の板碑はここには二基あり、
  よく見ると瓜二つであった。どうやら夫婦が逆
  修を意図して同じ板碑を建立した、双式の板碑
  のようだ。
   いずれも元亨二年(1329)壬戌十月という紀年
  銘が入り、両側に梵字で光明真言が彫られてい
  る。
         

     
        
     護国寺板碑 (埼玉県富士見市)
      
      
   護国寺は富士見市の勝瀬という場所に在り、
  重要な板碑が多数保存されていることで知られ
  るお寺である。
   境内に三基の大型板碑が並んでいた。建長四
  年(1252)の阿弥陀三尊板碑、高さ3m余の阿弥
  陀三尊板碑が在るが、写真の不思議な梵字が気
  になったので取り上げてみた。
   紀年銘は摩滅して不明である。頭部山形、二
  条線、額、そして技術に頼らない梵字の大らか
  な表現からみて、建長からそれ以前のもののよ
  うな気がするが如何だろうか。
   梵字種子の解明だが、上部は「バン」だから
  当然ながら金剛界大日如来であろう。しかし、
  良く見ると、「タラン」もしくは「ラン」とも
  読めるようでもあり、そうだとしたら一体何を
  表しているのかは判らない。
   問題はその下の「ウン」だが、転法輪金剛薩
  タと共に金剛界大日三尊の脇侍である教令輪降
  三世明王だろう。この組み合わせの板碑を見た
  のは、全く初めての体験だった。
   梵字の解明はともかく、290cmの板碑全体に
  漂う泰然たる雰囲気がとても気に入ってしまっ
  たのである。
         

    
    
     龍宝寺板碑 (東京都台東区蔵前)
   
   
   東京の都心、それも下町のど真ん中に、青石を用
  いた武蔵型のかくも見事な板碑が保存されている事
  に驚いた。
   厩橋に近い寺町の一角に在る、小さなお寺の裏庭
  に、柄井川柳の墓と並んで立っている。

   造立年号は正応六年(1293)という、れっきとした
  鎌倉中期の逸品であった。「カー」「アーン」「マ
  ン」などの梵字を複合させた「カーンマン」という
  種子で、不動明王を象徴した珍しい板碑である。
   碑面下部は写真ではちょっと見難いが、蓮台に乗
  る「父」の字と真言密教の偈が彫られ、年号の下に
  孝子敬白とある。どうやら尊父の霊を供養した孝行
  息子が建立した板碑のようである。
   不動の種子は、見事な薬研彫りで鋭くくっきりと
  彫り込まれており、この時代の揺るがぬ美しさの質
  の高さを証明している。蓮台にすっくと立つ梵字そ
  のものが、あたかも不動明王の図像のように見えて
  くるから不思議である。

   豪壮な筆致はこの時代の特色だが、いざ鎌倉とい
  う剛毅な時代背景が梵字ひとつにも表れていて面白
  い。
             

  New  
    
     普済寺六面板碑 (東京都立川市柴崎町)
   
   
   JR立川駅の南西1キロ強の閑静な場所に建つ臨
  済宗建長寺派の寺院で、板碑などの文化財で知られ
  る。特に、六角の石幢は国宝にしてされた名品で、
  現在は覆屋の中に収蔵されている。
   幸いなことに、硝子越しながら格子の間から見る
  ことが出来る。

   六枚の青板石(緑泥片岩)に夫々四天王と仁王像
  を陽刻し、正六角柱形に組んだ石幢である。
   写真は仁王像で、右が阿(あ)左が吽(うん)像
  である。時計回りに、増長天、広目天、多聞天、持
  国天の各像が続く。板彫りに似た薄肉彫りは絵画的
  で美しく、上辺に施された宝珠や散華、下辺の岩座
  などの演出が効果的である。

   仁王像の筋肉など、写実的な描写は鎌倉期の慶派
  彫刻の影響も見えるようだ。光背の円環に火焔が描
  かれているのも迫力に満ちている。

   広目天像の脇に、延文六年 (1361) 南北朝中期の
  年号が確認出来る。鎌倉期の図像板碑の様な、素朴
  ながら優美な表現とは程遠い写実だが、六枚の傑作
  が六角石幢に仕立てられた驚異的な至宝と言える。
                          

        
           
       その他各地の武蔵板碑名品巡歴    
        
         
西円寺板碑 (埼玉県騎西町)  善応寺板碑 (埼玉県騎西町)
建長の板碑。
梵字はキリーク(弥陀)
仁治三年 (1242) 鎌倉中期。
  蓮弁のあるものとしては最古。
種子キリーク。
         
         
  毘沙門堂板碑 (埼玉県羽生市)    宝蔵寺板碑 (埼玉県行田市)    
         
     
         
  建長八年 (1256) 鎌倉中期。
 左:キリーク(弥陀)
 右:バク(釈迦) 二仏併座遣迎思想
 
  左:ウン(阿しゅく)延応二年(1240) 鎌倉中期 
右:キリーク(弥陀)宝治二年(1248) 鎌倉中期
 
         
         
  総願寺板碑 (埼玉県加須市)    清見寺板碑 (埼玉県東松山市)    
         
     
         
  種子キリーク(弥陀) 
銘文不詳 左右に五輪塔
  周囲の散蓮華が特徴
  左:ア(胎蔵界大日)心字座
  建長元年 (1249) 鎌倉中期
右:キリーク(弥陀)サク(勢至)サ(観音)
  宝治元年 (1247) 鎌倉中期
 
 
         
         
  智観寺板碑 (埼玉県飯能市)     高正寺板碑 (埼玉県入間市)   
         
     
         
  左:キリーク サ サク(弥陀三尊) 
  永仁六年 (1298) 鎌倉後期
右:キリーク(弥陀)
  仁治三年 (1242) 鎌倉中期
  左:バク(釈迦) 
   観応二年 (1351) 南北朝前期
右:キリーク(弥陀)サク(勢至)サ(観音)
   年号不詳
 
         
         
  林昌寺板碑 (埼玉県小川町)     瑞光院跡板碑 (埼玉県小川町)  
         
     
         
  種子キリーク(弥陀)
弘安七年 (1284) 鎌倉中期 
  左右に光明真言 
  左:アーンク(胎蔵界大日)
   正中三年 (1326) 鎌倉後期
右:キリーク サ サク(弥陀三尊)
   文保二年 (1318) 鎌倉後期
     天蓋・花瓶ほか銘文一部
 
         
         
  円城寺二連板碑 (埼玉県小川町)    大橋堂脇板碑 (埼玉県小川町)   
         
     
         
  左:キリーク(弥陀)連碑 光明真言
   延文六年 (1361) 南北朝中期
右:キリーク(弥陀)連碑 光明真言
   正中二年 (1325) 鎌倉後期   
 
  キリーク(弥陀)サク(勢至)サ(観音)
弥陀三尊種子
 
正慶二年 (1333) 鎌倉末期
 
         
         
  仏蔵院板碑 (埼玉県所沢市)    高蔵寺板碑 (埼玉県越生町)   
         
       
         
  弥陀三尊種子(キリーク サク サ)
文永三年 (1266) 鎌倉中期 
  弥陀三尊種子(キリーク サク サ) 
徳治二年 (1307) 鎌倉後期
 
         
         
  興禅寺板碑 (埼玉県越生町)    妙光寺板碑 (埼玉県鳩山町)   
         
     
         
  左:キリーク(弥陀)正安二年 (1300) 
中:バン(金剛界大日)
    建武元年 (1334) 南北朝初期 
右:キリーク(弥陀)正安二年 (1300) 
 
  種子バン(金剛界大日)
弘安九年 (1286) 鎌倉中期
 
         
         
  葛貫板碑 (埼玉県毛呂山町)    喜多院板碑 (埼玉県川越市)   
         
     
         
  種子キリーク(弥陀)
嘉元四年 (1306) 鎌倉後期
  光明真言 銘文多数 
 
  キリーク(弥陀)
暦応五年 (1342) 南北朝前期
 
  供養者名多数
 
   
                     
     
  宝泉寺板碑 (東京都青梅市)    延命寺板碑 (東京都板橋区)   
         
     
         
  左:種子アーンク(大日)
    建武四年 (1337) 南北朝初期
右:弥陀三尊(キリーク サク サ)
    応安七年 (1374)   
 
  ア(胎蔵界大日)
  建長四年 (1252) 鎌倉中期
 
  「心」字座
 
   
                 
     
  龍福寺板碑 (東京都板橋区)    浅草寺板碑 (東京都台東区)   
         
     
         
  左:弥陀三尊(キリーク サク サ)
   建長七年 (1255) 鎌倉中期
右:弥陀三尊(キリーク サク サ)
   延慶二年 (1309) 鎌倉後期 
     光明真言  
 
  種子バク(釈迦)
  図像(釈迦または地蔵)
    蓮座 花瓶
    鎌倉中期?
  
 
         

     このページTOPへ  東日本(武蔵以外)の板碑へ  九州の石塔へ 

     石造美術TOPへ   日本庭園TOPへ ロマネスクTOPへ 

        古代巨石文明TOPへ 世界の建築  総合TOPへ 掲示板へ