New 
   
    インドの仏蹟サンチー仏塔
                       
     無宗教の小生にしても、神社
  に初詣をし、仏教で墓碑を立て
  法事を行う。中世のキリスト教
  教会に興味を抱き、せっせとヨ
  ーロッパへ足を運ぶ。
   八百万の神を信じる日本人の
  寛容さなのか、それとも真の信
  仰心を失った節度の無さの表れ
  なのだろうか。

   ツアーのお手軽さに乗って、
  インドの釈尊八大遺跡巡りに参
  加した。余り知られていないお
  釈迦様の生涯を巡ることから、
  何かが見えてくるような気がし
  たからであった。

   仏蹟とは言うが、釈迦が誕生
  したのは紀元前6世紀(又は5
  世紀)とされ、日本では縄文時
  代、西欧ではギリシャ古典文化
  の全盛期に相当するのであり、
  当時の建築物や遺物はほとんど
  残っていなかったのは当然のこ
  とであった。  
 
     
                     ブッダガヤの金剛宝座
                      
釈尊が菩提樹の下に結跏趺坐し、深い
                     瞑想の後悟りを開いたとされる。欄楯に
                     囲まれ、幾代かを経た菩提樹が繁る。
                   
  

          
             
    ルンビニ
    Lumbini
                 
         ルンビニ州 (ネパール) Lumbini (Nepal)
                                                                  
     釈迦の生誕地とされるルンビニへは、イ
  ンド北部のナウタンワという町から国境を
  越えてネパールに入らねばならない。
   国境から数キロ西へ走ったあたりに、釈
  迦誕生の地を伝えるルンビニ園があり、数
  々の遺構が残されている。

   釈迦族の王妃マーヤー(摩耶)夫人は、
  白い象が胎内に入る夢を見て懐妊をする。
  出産のために実家へ急ぐ夫人が、休息のた
  めに立ち寄ったこの地で、サーラ樹の枝に
  手をかけた時に右脇から釈尊が誕生したと
  いう。

   写真は、遺跡に建つアショーカ王の石塔
  で、頭部は欠損しているが、下部に貴重な
  文字が刻まれていた。アショーカ王は3世
  紀の人だが、仏教を深く擁護していたらし
  く、釈迦生誕の地として租税を免除する、
  と記していたのである。
   後世、ここが釈迦生誕の地である、とい
  う決め手になったそうである。
   石塔の向こうに見える樹は、マーヤー夫
  人所縁のサーラ樹として、小さな祠堂を建
  てて祀られている。勿論、2500年も前の話
  であり、歴史と伝承の壁は厚そうではある
  のだが、心地良い話として抵抗は全く無か
  った。

   7世紀前半にこの地を訪れた玄奘三蔵に
  よれば、仏跡はこの時すでにかなり荒廃し
  てしまっていたらしい。
                              

          
             
    カピルヴァストゥ遺跡
   Kapilvastu 
                 
         ビハール州 Bihar
                                                                   
     釈尊の父王の都城カ
  ピラヴァストゥ、即ち
  釈尊が育った居城の位
  置は定まっていない。
   ルンビニの北西ティ
  ラウラ・コットが候補
  なのだが、今回は行け
  なかった。

   国境を隔てたインド
  側に、カピルヴァスト
  ゥと呼ばれる遺跡があ
  り、今回立ち寄ること
  が出来た。
   ブッダに言及する舎
  利容器の出土や、古い
  僧院群が発掘されてい
  て、どうやらこちらが
  本命視されつつあるら
  しい。
                                            

          
             
    ブッダガヤセーナー村
    Buddha Gaya
/ Sena Village
                 
         ビハール州 Bihar
                                                                   
   王族の王子として何不自由無い生活をして
  いたであろう釈尊は大変聡明であり、娯楽や
  快楽よりも沈思瞑想を好んだのは、思慮深い
  天性によるものだろう。
   しかし、長じるに及び、世俗の弱肉強食の
  あさましさ、老い・病・死という逃れられな
  い人間の苦悩が動機となり、出家・求道への
  決断へと至るのである。

   城を出た釈尊は、幾人かの修行者に教えを
  乞うたが納得出来ず、ガンジスを渡って南下
  し、更にナイランジャーナ河(尼連禅河)を
  越えて前正覚山に至った、とされている。
   ここで六年間、あらゆる煩悩や誘惑を克服
  するための過酷な苦行を行ったという。
   釈尊の修行には五人の従者(比丘)が従っ
  ていたとされる。

   しかし、衰弱の極にあった釈尊は、前正覚
  山での苦行を突然中止し、山を下りると尼連
  禅河で沐浴し、セーナー村の長者の娘スジャ
  ータの捧げた乳粥で蘇生をする。
   苦行は必ずしも悟りの境地への真の道では
  ない、と知ったからなのだろうか。
   こうした釈尊の姿を堕落と見たのか、五人
  の比丘は釈尊を見限ってサールナートへと去
  って行ったのだった。

   写真は、今は実り豊かなセーナー村から、
  遥か前正覚山を望んだものである。
   尼連禅河の対岸がブッダ・ガヤである。  
                              

          
             
    ブッダ・ガヤ大菩提寺
    Buddha Gaya
/ Mahabodhi Temple
                 
         ビハール州 Bihar
                                                                   
   前正覚山から下りた釈尊は、尼連禅河畔に
  緑陰を広げていた菩提樹の下に至り、ここで
  結跏趺坐し深い瞑想に入る。
   あらゆる悪魔の誘惑を退けて、成道とも言
  うべき悟りを開くに至ったのである。
   この場所は現在、菩提樹と共に金剛宝座と
  して、格別に保存されている。(このページ
  の表紙を参照)

   写真は、金剛宝座の前に立てられたマハボ
  ディ寺院(大菩提寺)で、起源は3世紀にア
  ショーカ王によって精舎として建造され、そ
  の後繰り返し改修された寺院ではある。

   四角錘形九層の大塔は、ジグソーパズルを
  思わせるような怪奇な壁面が特徴である。特
  大のストゥーパと考えられる。
   7世紀にこの地を訪れた玄奘は、菩提樹の
  東に精舎がある、と記しており、大塔の原形
  は既に存在していたことが知れる。

   寺院を囲む石柵は欄楯(らんじゅん)と呼
  ばれ、様々な彫刻で装飾されている。
   
   悟りの後、釈尊は説法を断念する。だが、
  真理が釈尊の心の中だけに埋もれてしまう事
  を危惧したブラフマー神(梵天)の勧請によ
  って、釈尊は人々に説法をするための宣教伝
  道を決意したのだった。梵天という仏(神)
  については、東寺の傑作彫刻でしか知らなか
  ったので、認識を新たにしたのだった。
                              

          
             
    ヴァーラーナスィーガンジス河
    Varanasi
/ Ganga River
                 
         ウッタル・ブラデーシュ州 Uttar Pradesh
                                                                   
   英名 Benares のロ
  ーマ字読み「ベナレス」
  として知られるヒンドゥ
  ー教の聖地。
   仏蹟ではないが、初め
  ての伝道を志した釈尊が
  最初に目指したのは、こ
  のヴァーラーナスィー郊
  外にあった鹿野苑であっ
  たので、この近くでガン
  ガーを渡ったのではない
  か、と考えられる。
   沐浴の歴史は古いと聞
  いたが、釈尊の時代にこ
  こが現在の様な法悦に満
  ちた信仰の場であったか
  どうかは不明である。
   この地が示す信仰のエ
  ネルギーは、インドにお
  いてヒンドゥー教が仏教
  を凌駕していった力の差
  を見る思いであった。
                              

          
             
    サールナートチャウカンディ
    Sarnath
/ Chaukhandi
                 
         ウッタル・ブラデーシュ州 Uttar Pradesh
                                                                   
   説法の場として考えた
  場所は、前正覚山で共に
  修行をしたが、下山後に
  釈尊を見限って去った五
  人の比丘の居る鹿野苑で
  あった。
   写真のストゥーパは、
  サールナート郊外チャウ
  カンディに建っており、
  釈尊と五人の比丘が再会
  した場所とされている。
   苦行を放棄した釈尊を
  当初は蔑視をしていた比
  丘たちも、釈尊の尋常で
  はない毅然たる偉容に打
  たれ、自ずと首を垂れて
  いたのだった、という。
   ストゥーパ上の八角塔
  は、仏教とは関係のない
  イスラム(ムガール朝)
  のものである。
                              

          
             
    サールナート鹿野苑
    Sarnath
/ Deer Park
                 
         ウッタル・ブラデーシュ州 Uttar Pradesh
                                                                   
   釈尊の初めての説法を耳にしたのは、五人
  の比丘たちと鹿野苑の森に住む鹿たちだけだ
  った、という案内人の話がとても斬新に感じ
  られた。
   法の輪(説法)が初めて転じられたことか
  ら、これを「初転法輪」と呼ぶ。

   仏教徒ではない小生には、説法の内容まで
  踏み込むことは不可能だが、釈尊の教えが初
  めて言葉として語られた事実は、この後ここ
  から体系化・組織化された教えとして世界各
  地へと広まり、果ては日本の中枢にまで伝わ
  った歴史を思うと、感動めいたある種の興奮
  を覚えていたのだった。

   写真は現在の鹿公園(鹿野苑)で、広大な
  美しい遺跡公園として整備されている。釈尊
  や弟子たちが、何処でどうしていたかといっ
  た痕跡は全く不明で、礎石や遺跡の年代につ
  いても一切明示されていない。
   7世紀の玄奘、8世紀の慧超がこの地の全
  盛を記しているが、その頃までは盛況を呈し
  ていたことは確かである。

   背後に建つストゥーパはダーメーク塔と呼
  ばれ、グプタ期(6世紀)に建てられたもの
  である。
   遺跡の中には、アショーカ王が建てた王柱
  が保存されている。柱頭に彫られた四頭の獅
  子像(考古学博物館蔵)は、インドの国家紋
  章に用いられており、基礎部の法輪は国旗に
  もデザイン化されている。
                                              

          
             
  シュラヴァスティー(サヘート)祇園精舎跡
  Shravasti (Saheth)
/ Jetavana Vihar
                 
         ウッタル・ブラデーシュ州 Uttar Pradesh
                                                                   
   平家物語の序章「祇園
  精舎の鐘の声、諸行無常
  の響きあり」で、知って
  いたのはその名前だけだ
  ったと知った。
   ここは、仏教に篤く帰
  依したこの地の長者スダ
  ッタが、布教を行う釈尊
  のために寄進した精舎の
  跡であった。
   遺跡に残る遺構は当然
  ながら後世のものだが、
  この地で釈尊が布教活動
  を行っていたことは間違
  いないだろう。
   これ以後、布教の拠点
  としての定住的な僧院か
  ら、教団としての伽藍が
  各地に形成されていく発
  端となったのである。
   写真の遺構は、釈尊が
  説法を行った台座のあっ
  た場所、と伝えられてい
  る。  
                              

          
             
  シュラヴァスティー(マヘート)舎衛城跡
 Shravasti (Maheth)
/ Stupa of Angulimala
                 
         ウッタル・ブラデーシュ州 Uttar Pradesh
                                                                   
   シュラヴァスティー
  は、当時のコーサラ国
  首都として栄えた城郭
  都市だったが、現在は
  跡形なく林野の中に埋
  もれてしまっている。
   唯一マヘートの遺跡
  に残る二つのストゥー
  パが、その跡を示して
  いるとされる。
   釈尊の奇跡が数多く
  伝えられるが、極悪非
  道を重ねたアングリマ
  ーラが悔悛し、釈尊に
  帰依した話は著名であ
  るらしい。
   アングリマーラのス
  トゥーパと呼ばれる遺
  構は、舎衛城跡の面影
  を伝えているようだ。
                              

          
             
    ラージキル竹林精舎跡
    Rajgir
/ Venuvana
                 
         ビハール州 Bihar
                                                                   
   釈尊の時代にはマガタ
  国の首都で、ラージャグ
  リハと称されていた。悟
  りの地ブッダ・ガヤへは
  70キロの場所である。
   国王によって寄進され
  た精舎で、城門の近くに
  あったとされるが、現在
  はわずかに竹林の残る公
  園に整備されている。城
  壁や城門の名残以外、当
  時の精舎の痕跡は全く認
  められなかった。
   祇園精舎と共に、釈尊
  にとっては重要な布教の
  中心だったのだろうが、
  どちらも権力者(金持)
  の寄進による、というの
  が何か心に引っかかって
  いた。インドにおける、
  仏教の弱点が見えたよう
  な気がしたのである。   
                                         

          
             
    ラージキル霊鷲山
    Rajgir
/ Griddhakuta  
                 
         ビハール州 Bihar
                                                                   
   ラージキル郊外にあ
  る岩山で、グリドラク
  ータ山と呼ばれる。
   釈尊はここに好んで
  逗留し、法華経を説い
  たとされ、頂上に煉瓦
  積みの祠堂跡が残され
  ている。
   法華経には、釈尊が
  説法していると、地中
  より巨大な宝塔が出現
  し、塔中から多宝如来
  が釈尊を招き入れた、
  という記述がある。
   塔内に二尊が並座し
  た図の描かれた石造宝
  塔の事例は、京都・安
  養寺など事例は多い。
   信者ならずとも、こ
  の場面を想像し得るよ
  うな荘厳な空気に満ち
  た場所であった。
                              

          
             
    ナーランダ仏教大学遺跡
    Nalanda / Ruins of University
                 
         ビハール州 Bihar
                                                                   
   ラージキルからはほど
  近い場所に、世界最古の
  大学の一つとされるナー
  ランダの仏教大学の遺跡
  が残されている。
   大学が創建されたのが
  5世紀なので、釈尊の時
  代からは千年以上も後の
  話となる。
   しかし、7世紀にここ
  を訪れた玄奘によっても
  たらされた大乗仏教の教
  典は、後世の中国や日本
  に多大な貢献をすること
  となったのである。
   玄奘が来た時には、一
  万人の学僧がここで学ん
  でいたそうである。
   煉瓦の連なる遺蹟に吹
  いていた風は、諸行無常
  の風だったのだろうか。
                              

          
             
    ヴァイシャリー都市遺跡
    Vaisali
/ Ruines of Ancient City
                 
         ビハール州 Bihar
                                                                   
   釈尊がこの後、生涯に
  おける最後の説法の旅と
  して、北へ向かって旅立
  ったのは、誕生の地ルン
  ビニを意識していたから
  なのだろうか。
   ガンガーを渡った釈尊
  は、ここヴァイシャーリ
  ーで奇特な信者の寄進を
  受け、しばらくの間ここ
  に滞在した。齢は八十歳
  であったという。
   写真は、公園として整
  備された町の遺蹟で、多
  くの礎石やストゥーパ、
  アショーカ王の石柱など
  が写っている。
   自己の入滅を意識した
  釈尊が、最後の旅に出る
  までを過ごした場所なの
  である。   
                              

          
             
    クシナガル涅槃堂
    Kushinagar
/
Nirvana Temple  
                 
         ビハール州 Bihar
                                                                   
   最愛の弟子アーナンダ
 (阿難)を伴ってこの地ま
  で来た釈尊は、二本の沙
  羅双樹の下で入滅した。
   現在、遺蹟にはアショ
  カ王が建立したストゥー
  パと、涅槃堂が建てられ
  ている。後代の建築遺構
  も共に、サーラ樹に囲ま
  れて残されていた。
   写真は、涅槃堂に横た
  わる釈尊の涅槃像で、各
  地からの僧侶などの参詣
  が絶えない。像はグプタ
  朝時代(5~6世紀)の
  彫刻だそうだ。
   この日も、ミャンマー
  から遣って来た僧侶の一
  団の読経の声が堂内に響
  いていた。
                              

          
             
    クシナガルラーマーバル塚
    Kushinagar
/Ramabhar
                 
         ビハール州 Bihar
                                            
   釈尊の葬儀は、地元
  のマッラ族によって手
  厚く供養された後、香
  木の上で荼毘に付され
  た。写真のラーマーバ
  ル塚が、その場所であ
  ったと伝わっている。
   
   釈尊入滅後に起こっ
  たのが、舎利(遺骨)
  を巡る争いだった。八
  つの部族で分配するこ
  ととなり決着する。
   それぞれが舎利を祀
  ったストゥーパを建立
  するのだが、現在その
  ストゥーパの存在はほ
  とんど確認出来ていな
  いそうだ。分骨・盗掘
  などで失われてしまっ
  たのだろうか。
                              

          
             
    サンチー第一ストゥーパ(東トラナ)
    Sanchi
/ Stupa 1 (East Torana)
                 
         マディヤ・プラデシュ州 Madhya Pradesh
                                                                   
   紀元前3世紀頃にア
  ショカ王によって舎利
  が再分され、数多くの
  ストゥーパが建てられ
  るようになった。
   サンチーのストゥー
  パは紀元前2~1世紀
  に建造されたもので、
  ほぼ完全な形で保存さ
  れており、アショーカ
  王の再分を立証する貴
  重な資料でもある。
   釈尊との接点は無い
  が、歴史は十分に伝承
  されている、と実感さ
  せられる。
   ストゥーパの前に建
  つ鳥居状の門はトラナ
  と呼ばれ、紀元前後の
  仏教美術を今日に伝え
  ている。
                              

          
             
    サンチー第一ストゥーパ(南トラナ)
    Sanchi
/ Stupa 1 (South Torana)
                 
         マディヤ・プラデシュ州 Madhya Pradesh
                                                                   
   四方向の各トラナの
  表裏には、密度の濃い
  浮彫装飾が施されてい
  る。写真は南トラナの
  表側で、一部修復が見
  られるが、彫りの深い
  美しいレリーフだ。
   三段の梁上部には、
  象に水を掛けられるラ
  クシュミー女神(吉祥
  天)が、中段には、分
  骨した八基のストゥー
  パの内の一基から、更
  に分骨しようとするア
  ショーカ王の姿が彫ら
  れている。
   最下段には、口から
  蓮華を吐き出すヤクシ
  ャ神が描かれている。
   ストゥーパが釈尊そ
  のものであり、トラナ
  にはその荘厳という役
  目があったのである。  
                              

          
             
    サンチー第一ストゥーパ(西トラナ)
    Sanchi
/ Stupa 1 (West Torana)
                 
         マディヤ・プラデシュ州 Madhya Pradesh
                                                                   
   上部梁には、仏塔と聖
  樹を礼拝する人々が描か
  れている。仏塔はストゥ
  ーパであり、聖樹は釈尊
  を象徴しているのだが、
  仏教美術初期には釈尊を
  直接的に描くことはなか
  ったのである。キリスト
  教初期美術における、象
  徴紋「クリスモン」と同
  様に、まだ偶像化にまで
  至らない時代の表現だっ
  たのだろう。
   中段は、サールナート
  の鹿野苑で法輪(釈尊)
  を礼拝する人々や多くの
  鹿たちの姿である。
   美しい構図と、造形的
  で精緻な彫刻には、ただ
  驚愕するばかりだった。
                              

          
             
    サンチー第一ストゥーパ(北トラナ)
    Sanchi
/ Stupa 1 (North Torana)
                 
         マディヤ・プラデシュ州 Madhya Pradesh
                                                                   
   遺跡に入り、ストゥーパの偉容に驚愕しつ
  つ通路を行くと、最初にこのトラナに突き当
  たる。四基のトラナの中では、彫刻の完成度
  が最も高いのだが、全くの逆光で写真は上手
  く撮れなかった。

   柱から梁の裏側まで、余すところ無くびっ
  しりと彫刻で埋め尽くされている。
   釈尊の前世物語である本生譚や、釈尊の生
  涯を伝える仏伝図などが中心となっている。

   彫刻の密度の濃さを感じながら、アイルラ
  ンドのケルト十字彫刻を思い浮かべていた。

   本生譚に関しては、にわかの知識では理解
  出来ない。卓越した秀麗な彫刻群であること
  は肌で感じられるのだが、浅学の身には内容
  まで理解が及ばない。

   比較的近付き易いのが柱に彫られた仏伝図
  で、王子の出家や降魔成道、父王との再会、
  などといった場面は直ぐに馴染める。
   側柱では、地母神ヤクシーや象が、梁を支
  えているのが、いかにもインドらしい。
  
   森林に埋もれて眠っていた古代のストゥー
  パが、ほぼ原形のまま姿を現したことは、正
  に25世紀後に起こった釈尊の奇跡とも言え
  そうである。

   サンチー最古のストゥーパである第二スト
  ゥーパ見学は、時間の関係で断念した。
                              

          
             
    サンチー第三ストゥーパ
    Sanchi
/ Stupa 3
                 
         マディヤ・プラデシュ州 Madhya Pradesh
                                                                   
   小振りなストゥーパ
  が、北側参道の脇に建
  っている。第一ストゥ
  ーパをモデルにして建
  造されたようだ。
   内部から、釈尊の弟
  子(舎利弗ほか)の舎
  利容器が発見されたそ
  うである。
   トラナには、アショ
  カ王の紋章とも言うべ
  き、三頭の獅子に乗る
  転法輪や、無数のスト
  ゥーパや聖樹を礼拝す
  る人々の姿が彫られて
  いる。
   規模は小さいが、第
  一ストゥーパに匹敵す
  る、内容の濃い彫刻を
  見ることが出来る。
   ストゥーパとトラナ
  のバランスが美しい。
                              

        このページTOPへ  次のページ    前のページ (エローラ)

     ロマネスクTOPへ 日本庭園TOPへ   石造美術TOPへ

   古代巨石文明TOPへ   世界の建築TOP  総合TOPへ  掲示板へ