オーヴェルニュ地方のロマネスク紀行
      Auvergne Romane
       
     フランス中央山塊の大部分を占める
  地方だが、それだけ伝統的風物が今日
  まで伝えられた地域である。
   中世サンチャゴへの巡礼路に当るの
  で、巡礼教会と共にロマネスク聖堂が
  数多く建立され、今日まで伝えられた。
   オーベルニュ特有の周歩廊の有る祭
  室は壮麗で、柱頭彫刻も質の高いもの
  ばかりである。
   ロワール川の上流地域もオーベルニ
  ュ地方なので、中流とも言えるロワー
  ル県も同じ地域と解釈して加えた。従
  来の地理的区分とは若干異なっている
  点は御容赦願いたい。
   アリエ
県はブルボネ
Bourbonnais
  地方とも称される。

                  
 
       
    タンパン彫刻
  ノートルダム・デュ・ポール教会

  クレルモン・フェラン



















 
県名と県庁所在地
   
1 Allier (Moulins)
   
2 Puy-de-Dôme
     
(Clermont-Ferrand)
   
3 Cantal (Aurillac)
 
  4 Haute-Loire (Le Puy)
   
5 Loire (St-Etienne)
 
 
       

       
    
     シャップ聖アンヌ教会
       Chappes/Église Ste-Anne

                      1 Allier     

                      
   この町はモンマロー (Montmarault) の真北に位
  置している寒村で、夕方訪ねたからなのか、教会の
  場所を尋ねたくても人影ひとつ見えなかった。
   しかし、八角形の鐘塔が目に入ったので、教会へ
  は比較的容易に着く事が出来た。
   聖堂の外観を眺めてみると、建築は全体的にゴシ
  ック的な改修が行われてきたように思える。
   しかし、半円形の後陣や聖堂の側面、さらに西側
  正面ファサード周辺を詳細に観察すると、ロマネス
  クらしい意匠がかなり色濃く残ってもいたのである。
   正面の入口は半円の三重ヴシュールで飾られてい
  たが、タンパン部分に彫刻は無かった。
   従来の扉は消失しており、鉄パイプ製の扉が付け
  られていて開かない。隙間から中を覗くと、三廊式
  の身廊や数多くの柱頭の彫刻の存在が確認出来る。
   鉄パイプ扉を無理矢理引っ張ったら、何と少し隙
  間が出来て中へ入ることが出来たのだった。神が与
  えてくれた絶好の機会だったのか、或いは単なる不
  法侵入だったのだろうか。
   写真は数ある柱頭彫刻の内の、最も古そうなもの
  の一つである。正面や両脇に、手を挙げたり棒のよ
  うなものを持っている人物が五人彫られている。
   どんな場面なのかは想像もつかなかったが、夢に
  満ちた柱頭彫刻の展覧会のようだった。
          

       
    
     ブルボン・ラルシャンボー聖ジョルジュ教会
       Bourbon-l'Archambault/Église St-Georges

                      1 Allier    

                      
   ブルボン (Bourbon) 地方のロマネスクを巡る拠
  点として、温泉町ネリ
(Neris-les-Bain) とこの町
  の両方に数泊づつ滞在した。
   この町のホテルからこの教会までは散歩の範疇だ
  ったので、まだ朝靄が煙っている中を一番に歩いて
  行ってみた。
   鐘塔が朝日に輝いて美しかったが、塔の先端はす
  っくと尖ったゴシック風のものだった。
   聖堂は三廊式十字形で、基本的にはロマネスクが
  基盤となっているので、部分的な尖頭アーチやリブ
  ヴォールトは気にならない。
   何時の時点で色が付けられたのかは明確ではない
  が、円柱や柱頭、壁面の一部に彩色が施されている。
   写真は、塔の下の交差部の円柱にある古い柱頭彫
  刻の一つで、とても気に入ったものである。
   楽団の演奏風景なのだろうが、どう見ても聖歌や
  賛美歌を演奏しているようには見えない。庶民の通
  俗的な民謡が聞こえてくるようだ。
   箱型の妙な楽器を吹く男、縦笛を口にした小さな
  男、そして弦楽器を弾く髭親爺。
   ロマネスクの教会というのは、なんでこんなヘン 
  チクリンな彫刻で飾られているのだろうか。
          

    
    
     ヌイイ・アン・ドンジョン聖マドレーヌ教会
       Neuilly-en-Donjon /Église Ste-Madeleine

                      1 Allier     

                      
   ブルゴーニュのブリオネーからロ
  ワール河を渡ると、そこはもうオー
  ヴェルニュ地方である。しかし、こ
  のタンパン彫刻は、明らかにブリオ
  ネーの文化圏に属している。

   半円形のタンパンに収めるための
  図像は、極端に細長い人物や無理矢
  理押し込んだような動物像を創出し
  た。しかしそれが、むしろ抽象的で
  暖かく、写実を超えた楽しいデフォ
  ルメを生んだのである。
   上部は、聖母子に拝謁する東方三
  博士と、これを祝福してラッパを吹
  く天使であり、下部はアダムとイヴ
  の原罪と、最後の晩餐である。
   見事な配列の意匠で、彫刻の技術
  も秀逸であり、小さなタンパンだが
  ロマネスクを代表する彫刻と言って
  も良いほど気に入っている。
 
            

    
     
     サン・デジーレ聖デジーレ教会
       St-Désiré/Église St-Désiré

                      1 Allier    

                      
   モントルソン(Montluçon) の西北25Km
  にある、ブルボネ地方北西端の町である。
   朝一番に訪ねたら、教会の扉はまだ閉まって
  いたので、何処へ訊ねたものかと途方に暮れて
  いた。しかし、少し離れた所に小さなキャフェ
  が在り、そこの奥さんが鍵を持ってやって来る
  と直ぐに開けてくれた。

   三廊式十字形が基本となった聖堂で、西側の
  塔のある正面部分は後世の建築らしい。現在の
  入口は、この後補部分の北側に取り付けられて
  いる。
   身廊と側廊の天井はどちらも半円筒ヴォール
  トで、最もプリミティブでロマネスクらしい雰
  囲気に満ちていた。三本の横断アーチが、四つ
  のベイを構成している。
   小さな窓があるだけの壁面や、盲アーケード
  で仕切られた祭室などが簡素な美しさを見せて
  いる。

   中央祭室は一段高くなっており、下はクリプ
  トになっていた。祭室の両サイドに細長い礼拝
  堂が設けられており、聖堂の背後からは、袖廊
  両端の小礼拝堂と併せて五つの半円形後陣を見
  ることが出来た。
   写真は後陣の眺めで、中央祭室とその北側の
  小礼拝堂である。
                     

     
     
     ドメラ聖母教会
       Domérat/Église Notre-Dame

                      1 Allier    

                      
   この地方には素晴らしい地下祭室
 (クリプト)が多く分布しているが、
  ここもその一つである。
   モントルソン郊外の大きな町で、
  教会は広場に面して建っている。

   西側に三つの扉口のある三廊式十
  字形の聖堂である。
   聖堂の背後に回ると、中央の祭室
  と袖廊の小礼拝堂、併せて三つの半
  円形後陣を見ることが出来た。

   身廊の柱頭彫刻は奇想天外なモチ
  ーフが多く、彩色された痕跡が残っ
  ているのだが、どうやら後世の手が
  入っているようだ。

   写真のクリプトは11世紀創建時
  のもので、三廊式四本づつ二列の円
  柱と素朴な柱頭とが、天井の交差ヴ
  ォールトを支えている。   
              

    
     
     メイエール聖ジュリアン教会
       Meillers/Église St-Julien

                      1 Allier    

                      
   この地方の中心都市であるブルボン・ラルシャ
  ンボウ
(Bourbon-l'Archambault) の町に数日
  宿泊し、ブルボネイ地方をのんびりと歩いた。
   ブルボンの南に広がるメッサージュの森の入口
  にこの静かな村があり、教会は森へと通じる道の
  脇に建っている。

   聖堂は三廊式バシリカ形式で、身廊の小さい割
  りに太い角柱が側廊との間に左右二本づつ立てら
  れており、半円筒ヴォールトの天井と共にロマネ
  スク建築の素朴さを演出している。
   聖堂後方からの眺めは美しく、交差部に相当す
  る部分に立つ鐘塔と半円形の後陣がとても絵にな
  っている。どうやら創建時には十字形だったが、
  後世になって翼廊が取り外されたものらしい。

   ここでは西正面扉口の彫刻を見逃してはならな
  いだろう。
   タンパン部分には、まぐさ石のようなやや不自
  然な形の彫刻がはめ込まれている。クレルモン・
  フェランの聖母教会に見られる、タンパンの形に
  似ているようだ。
   栄光のキリスト像と光背を支える二天使、両側
  のアーケードには左右五人づつの使徒の群像が彫
  られている。
   左右円柱の柱頭彫刻が面白い。特に写真右端の
  柱頭には、竪琴を弾くロバが彫られていて注目さ
  せられる。
           

    
     
     オートリー・イサール三位一体教会
       Autry-Issards/Église de la Trinité

                      1 Allier    

                      
   前述のメイエールから北へ7Km行った所に、
  この小さな教会の建つ集落がある。
   花盛りの広場に面して建っており、メイエール
  の扉口に似たタンパン彫刻を見ることが出来る。
   まぐさ石のような様式は同じで、中央にアーモ
  ンド形の光背が見える。しかし、そこに居るべき
  キリスト像は崩落したらしい。
   光背を支える二天使は同じだが、両側のアーケ
  ードには使徒は彫られておらず、ウサギか羊のよ
  うな形をしたものが彫られている。解説書による
  と、それはどうやらランプであるらしい。何を意
  味するのか、までは書いてなかった。

   聖堂は単身廊の素朴な建築で、半円筒ヴォール
  トの天井と半円ドームの祭室がいかにもロマネス
  クらしい美しさだった。
   しかし、素人の感性など当てにはならず、西フ
  ァサードと身廊、聖堂中央に建つと思われた鐘塔、
  半円形の祭室とが、何と一直線にではなく少し平
  行にズレて繋がっていたのだった。
   当初からの筈はなく、つまりこれは後世に建て
  替えられたか、または移動されたことを立証する
  もので、プリミティブなロマネスクらしさとは別
  物ということになってしまうのである。
   
            

    
     
     サン・ムヌー聖ムヌー教会
       St-Menoux/Église St-Menoux

                      1 Allier    

                      
   スーヴィニー (Souvigny) の小修道院教会が
  完全工事中で、何一つ見る事が出来なかった。重
  要な目的の一つであっただけに、すっかり落胆し
  ていたのだが、それを救ってくれたのがこの素晴
  らしい教会だった。

   スーヴィニーの北6Kmの国道に面した町で、国
  道はこの教会の建物を迂回するように湾曲して通
  じている。

   東西62mという大きな聖堂で、玄関間、四つ
  のベイ、そして長い馬蹄形の祭室を有する三廊式
  のバシリカ様式である。
   側廊はそのまま祭室の周囲を巡る周歩廊になっ
  ており、五つの小祭室が外側に向かって放射状に
  配置されている。
   写真は祭室の馬蹄形部分で、六本の円柱が半円
  形に立てられ、二層の優雅なアーケードを構成し
  ている。柱頭の彫刻は主に植物模様が多く、見事
  に彫りの深い立派なものである。

   背後から眺めた後陣の景色は、放射状祭室、中
  央祭室の上層、そして身廊との接合部に建つ鐘塔
  が三段に連なるオブジェのように見えた。
                

     
     
     アゴンジュ聖母教会
       Agonges/Église Notre-Dame

                      1 Allier    

                      
   この村は前述のサン・ムヌーから、
  牧草地の中を北へ2
Km行った隣村
  である。この小さな村にも、ロマネ
  スクの鐘塔が建ち、半円形の後陣が
  美しい中世の聖堂が残されていた。
   建築プランは単身廊十字形という
  至極簡素なもので、中央祭室の両隣
  に袖廊の小祭室が配されている。
   写真は聖堂の北側で、扉口と鐘塔
  の下部が写っている。
   朱色のレンガ積みが美しいのだが、
  注目していただきたいのが塔壁面の
  レリーフ彫刻である。
   レンガのブロック一個大の彫刻が
  十一個はめ込まれているのが確認出
  来る。図像は走っている動物で、犬
  か狼のように見える。
   解説には
Scène de Chasse
  書いてあるので、狩猟の場面である
  らしい。何を意味するのか解らない
  ところがロマネスク的である、と言
  えないこともない。
               

    
     
     スヴィニー聖ピエール聖ポール小修道院教会
       Souvigny/Église Prieurale St-Pierre-et-St-Paul

                      1 Allier    

                      
     11世紀に創建された小修道院で、
  クリュニー (
Cluny) III をモデルに
  したのだそうだ。
   2008 年に訪ねた際には完全な修復
  工事中で、内部は勿論外観すら見るこ
  とが出来なかったが、今回の再訪の結
  果は惨憺たる失望だった。聖堂内の全
  てが漆喰のような塗料で塗り立てられ
  ている。柱は濃い黄色、他の壁や天井
  は真っ白、だった。写真の様に、柱頭
  彫刻ですら一律に真っ白に、である。
   これは「キリストの祝福」が主題だ
  が、他にも優れた表現の柱頭が多く見
  られた。陰影さえあれば鑑賞に耐えら
  れるが、無ければ最悪だろう。当節の
  この修復方法には、きっと意味が在る
  のだろうと信じているのだが。
   現在見られる建築は、度重なる修復
  を経験しており、おおよその印象は、
  構造はロマネスク、ヴォールトはゴシ
  ックと見える。
   三つの塔、二つの翼廊、五つの梁間
  など、壮大な建築プランが歴史を物語
  る。美術館に保存された「十二か月の
  仕事」の石柱彫刻は見逃せない。
                                        

    
     
     ル・モンテ聖ジェルヴェ聖プロテ教会
       Le Montet/Église St-Gervais-et-St-Protais

                      1 Allier    

                      
   ル・モンテはスーヴィニーの町か
  ら南西に18
Km行ったところにあ
  る、高台の上に発展した比較的大き
  な町である。
   聖堂は三廊式バシリカで、祭室は
  側廊の正面二つの小祭室を入れて三
  つ並んでいる。
   身廊の天井やアーケードは全て尖
  頭アーチで、柱頭から上はゴシック
  に改造されている。
   この教会で注目したいのは写真の
  扉口装飾だろう。
   ロワール川沿いの一帯に幾つかの
  類例を見る事が出来るのだが、複雑
  な幾何学模様や多様な図案をアレン
  ジした意匠がタンパンに応用されて
  いる。
   干菓子の型みたいだと家人が言う
  ように、本当によく似ている。図柄
  のモザイク、と言った小生の方が陳
  腐に感じられてしまった。
   このデザインはタンパンだけでは
  なく、半円ヴシュールから柱頭、円
  柱や中央の角柱に至るまで、びっし
  りと広がっているのである。   
                 

    
     
     ベルナーヴ聖マルタン教会
       Bellenaves/Église St-Martin

                      1 Allier    

                      
   この辺りはアリエ県の南端部分で、
  隣県の首都クレルモン・フェランの
  町までは50
Km以内とはいえ、ま
  だ山深いといった立地である。
   三廊式十字形のプランではあるが、
  交差部の鐘塔や天井はゴシックに改
  修されている。
   聖堂建築には正直余り興味を惹か
  れなかったのだけれど、西正面の見
  せ掛けファサードの意匠にはちょっ
  と注目した。
   三つの扉口があり、その上部に五
  連の半円アーケードが意匠されてい
  る。アーチの縁飾りや円柱など、な
  かなか洗練されたデザインだ。
   写真は、中央扉口のタンパン彫刻
  で、二天使に光背を支えられた玉座
  のキリスト像である。まぐさ石のよ
  うな横石部分には、最後の晩餐の場
  面が彫られている。
   ブルボン特有のはめ込み式タンパ
  ンで、何故か半円形いっぱいには彫
  られていない。
             

    
     
     ヴォース聖クロワ教会
       Veauce/Église St-Croix

                      1 Allier    

                      
   前述のベルナーヴから南へ6Km
  畑の畦道のような細い道を行った雑
  木林の中にこの教会が建っていた。
  別荘地のような、静かで落ち着いた
  集落だった。

   写真で見る通り、聖堂はまことに
  チャーミングでとても壮麗である。
  しかし、写真右側の後陣や翼廊との
  交差部に建つ鐘塔の立派な割に、左
  側にちょっと見える身廊は5mくら
  いの長さしかない。三廊式の側廊と
  の境界に、左右一本づつの柱しか立
  っていないのである。
   当然ながら、従来はもっと規模の
  大きな身廊があったものと思われ、
  少なくとももう10mは長かったは
  ずである。
   半円形の祭室の周囲に、巡礼教会
  のような周歩廊が設けられている。
   六本の円柱と簡素な柱頭、二層の
  半円アーケードが構成する空間は清
  楚で、11世紀創建当時の身廊がい
  かに荘厳さに満ちていたかが想像出
  来る。
                  

    
     
     エブルイユ聖レジェール教会
       Ébreuil/Église St-Léger

                      1 Allier    

                      
   シウール (Sioule) の流れに沿った緑濃い美し
  い町で、石橋の上からこの教会の鐘塔や赤い屋根
  が眺められた。
   細い路地を抜けて行くと、突然この教会の建つ
  さして広くない広場に出る。
   ちょうど聖堂の北側の壁を横一文字に見ること
  となり、写真の西正面から後陣まで、およそ60
  m弱はありそうな規模にびっくりしてしまった。

   現在の身廊は三廊式バシリカで、方形の列柱は
  11世紀のものらしい。しかし柱頭の無いのっぺ
  らぼうのまま上部壁面となってしまうアーケード
  には、正直余り感動は無かった。
   放射状に構築された祭室は13世紀ゴシックで
  あり、身廊の外壁は近年の修復によるものだ。

   写真の鐘塔のある玄関間は12世紀の建築で、
  中の空間に二本の円柱が立っている。
   このナルテックスと身廊との間を仕切る壁があ
  るのだが、身廊側にはバルコニーが作られており、
  その壁面にフレスコ画が描かれている。
   受胎告知や聖ヴァレリー
(Ste-Valérie) の殉教
  場面などが描かれているのだが、階上へは上るこ
  とが出来ず、遠目にしか見る事ができなかったの
  は残念だった。
                

    
     
     ビオザ聖シンフォリアン教会
       Biozat/Église St-Symphorien

                      1 Allier    

                      
     ヴィッシー (Vichy) の西南15キロに在る町
  の中心に建つ教会で、表通りから眺められる写真
  の後陣と鐘塔の佇まいを見ただけで、ここが一級
  のロマネスク寺院であると判る。

   西側正面のファサードは平板な意匠で、後世の
  手がかなり入っていると思われた。
   しかし、身廊に入った瞬間に身の引き締まる思
  いがしたのは、三廊式の聖堂で天井が横断アーチ
  の無い半円筒ヴォールトだったからである。12
  世紀創建時の様式のまま、と思われたのだった。
   側廊は幅の狭い空間なので、天井は四分の一円
  筒ヴォールトになっている。

   翼廊との交差部分から祭室周辺の円柱や壁は、
  大半が彩色されているのだが、ドームのフレスコ
  画は後世の作だろう。
   交差部円柱の柱頭に彫られた彫刻には、オーベ
  ルニュの伝統的主題である羊担ぎの図や、山羊に
  乗る男、猿使いなどが見られた。

   鐘塔は八角形で、上部に二連アーケードの窓が
  各面に付けられている。三後陣に鐘塔というのが
  ロマネスクの典型的様式の一つとなっているが、
  詳細に眺めると人の顔が違うようにそれぞれが個
  性的であるからこそ面白いのだろう。
   建築様式としてのロマネスクに聖堂の規模は無
  関係だが、好き嫌いを言えば、この位の規模が最
  も親しみ易いと思う。  
                                        

     
     
     シャテル・モンターニュ聖母教会
       Châtel-Montagne/Église Notre-Dame

                      1 Allier    

                      
   昔オーベルニュの写真集を見た時
  からの憧れの聖堂だったので、今回
  この秘境ともいえる聖地を訪ねられ
  たのは無上の喜びだった。
   花崗岩の荒々しい風貌と簡素な建
  築とが見事に融合して、質実とも言
  える特異な聖堂空間を創出している。
   写真の玄関間とファサード、三廊
  式バシリカの身廊、四つのベイを持
  つ二層のアーケードと半円筒ヴォー
  ルト、交差部のドームと鐘塔、周歩
  廊のある祭室と四つの放射状小祭室
  など、どこをとってもオーベルニュ
  ・ロマネスクの様式なのである。
   交差部以外は、おおむね12世紀
  中頃に創建されたものである。
   身廊と側廊の間の束ね柱の柱頭に
  は、ロバや馬などのユーモラスな動
  物像や、股を広げた人魚のような像、
  両手を広げたり、ラッパを吹く奇妙
  な人物像などが彫られており、ロマ
  ネスク病患者にとっては正に病原菌
  の巣窟とでも言えそうである。
              

    
         
     トゥーレ聖リマン教会
       Thuret/Église St-Limin

                      2 Puy-de-Dôme  

                   
   この旅で訪ねたフランスの友人が
  くれた雑誌にこのタンパン彫刻の写
  真が載っていたのを見て、即座にコ
  ースに入れてしまったのだった。
   大天使ガブリエルとミカエルに光
  背を支えられた栄光のキリスト像が、
  あたかもまぐさ石のようにタンパン
  にはめ込まれている。ブルボン地方
  に類型の多い様式である。
   三人の妙な表情や、仏像の翻波式
  にも似た衣の襞の表現など、かなり
  レヴェルの高い彫刻だろう。
   聖堂は三廊式十字形で、天井以外
  は見事なロマネスク様式である。
   最も注目すべきは、下地が赤く塗
  られたユニークな柱頭彫刻だろう。
  かなり抽象化された人物や動物像が
  大半で、まるで近代彫刻を見るよう
  な気分になっていた。
   特に興味深かったのがアダムとイ
  ヴで、奇妙な形のリンゴと蛇や蝋人
  形のような二人の姿は、他に類の無
  い図像かもしれない。単なる稚拙な
  のか、卓越した抽象なのか悩ましい。   
           

    
         
     エヌザ聖ヴィクトール聖クーロンヌ教会
       Ennezat
/Église St-Victor-et-St-Couronne

                      2 Puy-de-Dôme   

                   
   首都クレルモン・フェランの東北20Km、リ
  オム
(Riom) の東10Kmという場所なのだが、
  この町へ至る周辺は田園風景が続いてまことに牧
  歌的である。

   教会は町のほぼ西の外れに近く、北側に展望の
  開けたやや高い場所に建っている。
   西側には青い石を縞模様に使ったファサードの
  ある玄関間があり、四つのベイを持つ三廊式の身
  廊が続く。十字形の交差部があり、その上に鐘塔
  が建ち、本来祭室のあった部分にさらに新しい身
  廊と祭室が繋がっていた。
   つまり、翼廊と交差部より西側が古いロマネス
  クであり、東側は全く新しいゴシック様式の別物
  だったのである。

   写真は11世紀建造になる身廊と側廊で、半円
  形の横断アーチと交差ヴォールトによる天井、さ
  らに階上のトリビューンによって、やや修復の痕
  跡は目立つものの、見事なロマネスクの構造的空
  間を創出している。
   玄関間との仕切りに設けられた横断アーチと、
  その上部階上部分のアーケードが特に美しい。
   柱頭彫刻にも見るべき作品が多く、守銭奴に罰
  が与えられる場面などはかなりの傑作だろう。
             

     
     
     モザック聖ピエール教会
       Mozac /Église St-Pierre

                      2 Puy-de-Dôme   

                   
   クレルモン・フェラン市の北西リオンの西部、
  ドームという特異な山脈の続く山麓の、ミネラル
  水で名高いヴォルヴィック (
Volvic) の近くにモ
  ザックの町が有る。

   側廊が有るとはいえ、教会はそれ程大きな建築
  ではなく、静かな祈りの場にふさわしい規模であ
  る。だがここは15世紀頃に改築されており、旧
  修道院時代の柱頭だけが誇らしげに内陣に飾られ
  ていた。

   初めてこの彫刻を見た時、これはどう見ても具
  象のデフォルメを生命としている筈のロマネスク
  とは思えない、と私は戸惑った。図像の全てが写
  実的で、余りにも生々しいからだ。
   しかしよく見ると、頭の異常な大きさや体形の
  不自然さが見え始め、それは写実的に生々しいの
  ではなく、制作者の造形に対する情熱そのものが
  強く溢れ出ている事によるのだ、と気が付いたの
  だった。

   写真は、キリストの墓に詣でる三人のマリア達
  の横で、これを祝福する天使の像である。それに
  しても、こんなに清々しく穏やかな天使の像が他
  に有るだろうか。鋭い視線を放つマリア達や、墓
  の脇で眠
る兵士達の像も魅力的である。

      

      
     
     リオン聖アマブル聖堂
       Riom/Basilique St-Amable

                      2 Puy-de-Dôme     

                      
     クレルモンの北にある大
  きな都市で、この地方を代
  表する町のひとつである。
   旧市街の中心に建つ聖堂
  は、12世紀に創建された
  歴史を持っているが、大半
  は近世になって再建されて
  いる。平面プランは創建時
  のロマネスク様式だが、随
  所にゴシック様式が取り入
  れられている。
   写真の身廊が最も古い部
  分で、後期ロマネスクのア
  ーケードとトリビューンが
  残っている。身廊の天井は
  尖頭ヴォールトだが、側廊
  には尖頭横断アーチが用い
  られている。
   翼廊より東部分は、祭室
  や周歩廊部分の改築が際立
  っている。
                                        

       
     
     マルサ聖母教会
       Marsat/Église Notre-Dame

                      2 Puy-de-Dôme     

                      
     リオンの南西に隣接する村で、モザックへは北に
  2キロ、ヴォルヴィックへは西へ3キロとロマネス
  ク関連の教会が密集している。

   この教会は村のほぼ中央に建っており、半円アー
  チのロマネスク門が南側に設けられている。
   堂内に入って先ず違和感を覚えるのは、身廊の北
  側に側廊が設けられているが、南側には無いからな
  のだろう。つまり二廊式の聖堂なのであった。
   身廊は交差穹窿のゴシック様式で、余り面白くな
  い。ところが、北側の側廊、というかもう一つの身
  廊は、11世紀後半のロマネスク様式だったのであ
  る。天井は、横断アーチの付いた半円筒ヴォールト
  で、太い角柱ながら仕切りのアーケードは半円アー
  チが連続しているのだった。

   ここでは、北側身廊の祭壇に置かれた写真の聖母
  子像に注目したい。
   オーベルニュ地方には特に多い、いわゆる“黒い
  聖母像”のひとつだった。6世紀にはこの地の聖母
  信仰の記録が有り、かなり古い像であることは間違
  いない。土俗的な神秘性と、この地の風土とが合致
  して信仰を増幅させたのだろう。
   近世に塗り直されたことと、衣装が金ピカである
  ことで、やや浮ついた感があるが、とても優れた表
  現の彫刻だと思う。聖母マリアというよりは、何や
  らこの村土着の婦人像のようにも見えてくる。
                                        

       
     
     ヴォルヴィック聖プリースト教会
       Volvic/Église St-Priest

                      2 Puy-de-Dôme     

                      
     “円錐状の火山”(Puy de
  
Dôme) が県名となった一帯
  で、その中心にあるミネラル
  水で知られた村である。
   教会の歴史は古いが、現在
  残った建築は12世紀の祭室
  の一部だけで、ロマネスク様
  式ながら大半は19世紀に修
  復されたものである。
   三廊式の更に南北外側に、
  礼拝堂が設けられている。
   身廊の天井は横断アーチの
  付いた半円筒ヴォールトで、
  側廊との仕切りは半円アーチ
  のアーケードになっている。
   写真は、周歩廊に三つの小
  祭室の付いた内陣で、六本の
  円柱が祭壇を囲んでいる。夫
  々の柱頭彫刻には、見応えが
  ある作品が含まれる。身廊の
  柱頭にも傑作が多い。
                                        

     
      
     クレルモン・フェランノートルダム・デュ・ポール教会
       Clermont-Ferrand/Basilique Notre-Dame-du-Port

                      2 Puy-de-Dôme   
  
                   

   サン・ネクテールやオルシヴァル、イソワール
  などと共に、この地方を代表する巡礼教会の一つ
  である。教会も町も、全てが黒い色調であるのが
  印象的だが、地元産の黒色安山岩が用いられてい
  るからだそうだ。

   巡礼教会の様式である周歩廊の付いた祭室を列
  柱が円形に囲み、それぞれの柱頭には、眼を見張
  るほどの美しい彫刻が施されている。美徳と悪徳
  の象徴が戦う場面が鮮烈だが、ノートルダム(聖
  母)にふさわしい主題であるこの写真の「訪問」
  が特に気に入った。
   イエスを受胎した聖母マリアが、同じ様に洗礼
  のヨハネの受胎を告知された従姉のエリザベート
  を訪問する場面である。
   神聖なテーマに似合った荘重な彫刻であり、細
  部の表現も溢れるばかりの図像の密度の濃さも、
  他に類を見ぬ見事な柱頭だった。

   教会入口のタンパン彫刻も含め、教会全体が彫
  刻美術館と言えるほど充実した図像ばかりで、知
  らぬ間に時間を忘れて夢中になってしまっていた
  のだった。
    

       
     
     ティエール聖ジュネ教会
       Thiers/Église St-Genès

                      2 Puy-de-Dôme     

                      
     クレルモン・フェランの東方35キロ、デュロール
  (
Durolle) 川の蛇行する段丘に開けた町である。伝
  統的な刃物工業で知られ、坂道が多く入り組んだ家並
  がとても美しい。

   この教会は段丘の上の旧市街先端部あたりに建って
  おり、11〜12世紀の創建ながらまるで要塞の様な
  姿を見せている。
   小石段を上る西扉口は、ロマネスク様式の半円アー
  チ門だった。かなり修復されているようだ。
   三廊式の聖堂で、写真は、身廊の中程から交差部と
  祭室方向を眺めたものである。リブ交差穹窿からも、
  天井から上はゴシック様式となっていることが判る。
  身廊との境のアーケードは半円アーチで、角柱に円柱
  が束ね柱のように組み合わされている。
   側廊には、半円横断アーチが設けられた四分の一円
  筒ヴォールトと多彩な様式が混在している。
   身廊と交差部のドームとの仕切りアーチ上部に意匠
  された三連アーケード窓がとても気に入った。交差部
  鐘塔八角ドームは力強いもので、オーベルニュ地方で
  は最大級の部類に入るらしい。
   主祭室の後陣は半円形で、ロマネスクらしい様式美
  を示している。翼廊の南北両小祭室も半円形の礼拝堂
  になっているのだが、聖堂背後から眺めると、なぜか
  方形の壁で覆われており、円半形の後陣は中央のひと
  つだけだった。  
                                        

       
     
     ティエールムーティエ教会遺構
       Thiers/Vestiges de l'Église du Moutier

                      2 Puy-de-Dôme     

                      
     町の南端から坂を下り、デュロール川を渡った対
  岸に、この古い教会の遺構が残されている。
   元来は隣接する聖シンフォリアン修道院の附属教
  会だったが、現在はその歴史的遺構として保存され
  ている。

   正面から見ると、明らかに修復された痕跡が顕著
  な鐘塔と、殺風景な扉口に落胆させられる。
   しかし、身廊へ入った途端に、その杞憂は吹き飛
  んでしまった。11〜12世紀に創建されただけの
  事はある、ロマネスクらしい風格を見事に示してく
  れたのだった。
   三廊式身廊の半円アーケード、半円筒ヴォールト
  に横断アーチ、という建築様式を見るだけでも心が
  落ち着く、という精神構造は一体どこからくるのだ
  ろうか。
   側廊は、半円横断アーチに交差穹窿という組み合
  わせだった。
   残念なことに、祭室が方形に改造されているため
  に、後陣には全く魅力が無かった。
   ここで見逃せないには、柱頭彫刻に傑作が多いこ
  とだろう。柱頭が低い位置にあるので、鑑賞や撮影
  には最適である。内容は不明だが、不思議な姿の植
  物の葉に絡まる人物、怪しい鳥、人魚などが興味深
  い。比喩的な暗示なのか、単なる石工の余興なのか
  が、ロマネスク柱頭彫刻の謎である。
                                        

       
     
     クールピエール聖マルタン教会
       Courpière/Église St-Martin

                      2 Puy-de-Dôme     

                      
     ティエールから南へ15キロ、ドール (Dore)
  川に沿って開けた町である。
   教会は旧市街の中心に建っており、随所に改築
  の痕が見られるものの、11世紀に創建されたと
  いう歴史に相応しい荘厳さを見せている。

   聖堂は三廊式で翼廊との交差部に鐘塔を設け、
  半円形の三後陣を意匠した理想的なロマネスク様
  式のプランとなっている。
   アーケードは角柱で、内側に円柱アーチを束ね
  た格好になっているので、とても重厚な印象を受
  ける。身廊の角柱部分が11世紀のもので、円柱
  や翼廊、後陣は12世紀のものである。
   半円形祭室には三つの開口窓があり、翼廊の小
  祭室とで、均衡のとれた三後陣を形成している。
   最大の見所は、身廊の柱頭彫刻である。特に、
  様々な種類のシレーヌ
(Sirène) 像が彫られてい
  て飽きない。写真はその内の一基で、両手で両方
  の尻尾を掴む姿は共通している。本来は下半身が
  鳥であったのだが、中世から人魚像とイメージが
  混同されたようだ。一体何を叫び、誰を誘惑しよ
  うというのだろうか。ギリシャ語では“セイレー
  ン”と呼ばれる海の精である。
                                        

       
     
     グレーヌ・モンテギュ聖ジャン教会
       Glaine-Montaigut/Église St-Jean

                      2 Puy-de-Dôme     

                      
     クールピエールからは西へ
  15キロ、次掲のビヨムから
  は東北へ5キロの村。狭い範
  囲に重要な教会が集中する。
   教会は村外れの緑の中に建
  っている。
   12世紀の建築で、派手な
  彩色が成されているが、建築
  は伝統的なロマネスクの三廊
  式で、天井は半円筒ヴォール
  トである。側廊は、半円横断
  アーチ付き四分の一円筒ヴォ
  ールトという構成が素晴らし
  い。三つの半円形後陣は、内
  陣も外観も絵になっている。
   柱頭彫刻が見事で、アトラ
  ンティス、セイレン、ケンタ
  ウロスといった伝統的なモチ
  ーフが中心になっている。
                                        

       
     
     ビヨム聖セルヌフ教会
       Billom/Église St-Cerneuf

                      2 Puy-de-Dôme     

                      
      クレルモンの東20キロに
  位置する小都市である。教会
  の起源は11世紀まで遡るの
  だが、現在の建築はロマネス
  クの基盤の上に建ったゴシッ
  ク聖堂、と言えるだろう。
   創建時の痕跡を、写真の地
  下祭室
(crypte) に見ること
  が出来る。
   正面の祭壇の周囲を、周歩
  廊のように太い円柱が囲んで
  いる。細い円柱と太い角柱が
  交互に、縦に二列に並んでい
  る。天井の大半は交差穹窿と
  いう構造になっている。
   これといった装飾も無い、
  武骨だが素朴な林立する柱だ
  らけの空間。これがロマネス
  クの原点なんだろう。   
                                   

       
     
     シャマリエール聖母教会
       Chamalières/Église Notre-Dame

                      2 Puy-de-Dôme     

                      
     クレルモンの町の西側に衛星都市の様に密着した町
  で、教会は市街の中心に建っている。

   西側にナルテックス(玄関間)を備えた三廊式で、
  柱頭の無い角柱のアーケードが側廊との間を仕切って
  いる。天井は尖頭ヴォールトで、上部に採光窓が付い
  ている。周歩廊の付いた祭室は四本の束ね柱に囲まれ
  ており、外側に四つの小礼拝堂を張り出している。
   聖堂背後から眺めると、四つの半円形外陣がいかに
  オーベルニュらしい様式が見事である。
   しかし、残念なことに、この祭室から外陣に至る部
  分は鐘塔も含め、革命で破壊された建築を19世紀に
  なって修復改築されたものだそうだ。

   写真は、祭室側から身廊とナルテックス方向を撮影
  しもので、この部分が10〜12世紀に建築されて今
  日まで生き残った部分であるという。
   カロリングに起源を持つと言われており、確かに両
  サイドの壁面や採光窓、正面ナルテックスのアーケー
  ドの雰囲気などは、北ドイツで見たクベドリンブルグ
  
(Quedlinburg) やコルヴァイ (Corvey) の雰囲気にと
  ても似ているように感じられた。柱頭彫刻などの装飾
  が全く無いところまで似ているのが、やや物足りない
  感は拭えないが。ナルテックス下部のアーケードに残
  された二基の柱頭にはアカンサスの葉の変形と抽象的
  な植物模様が残され、当初の面影を今に伝えている。  
                                        

       
     
     ロワイヤ聖レジェール教会
       Royat/Église St-Léger

                      2 Puy-de-Dôme     

                      
     シャマリエールから2キロ程南西へ行ったクレルモ
  ンの衛星都市だが、ローマ時代以来の温泉地として知
  られていた。
   教会は町の中心を少し離れた閑静な住宅街の高台に
  建っているが、教会というよりも要塞のような堅固な
  イメージの方が強い。
   10〜11世紀に創建されたのだが、自衛の意味で
  12〜13世紀頃に要塞のような建築で守りを固めた
  のだという。
   単身廊の十字形で、半円筒ヴォールトの天井に横断
  アーチが施されている。微かに尖頭形が見られるが、
  この部分はロマネスクの名残なのだろう。残念ながら
  後陣はゴシック様式の方形だった。

   ここでの目的は写真のクリプトで、祭室下に保存さ
  れている10世紀の遺構である。
   東側の祭壇を挟んで二列、三本づつ計六本の円柱が
  地下の空間を形成している。かなり綺麗に整備されて
  いるので、修復の手は当然入っていると思われるのだ
  が、クリプト好きにはこの上ない魅力を保っていると
  思えたのだった。柱頭の彫刻は、全て植物模様をアレ
  ンジしたものである。
   祭壇に対面する壁際に、黒マリア像が立っていた。
  幼子イエスを抱いた聖母子の立像で、その土俗的な風
  貌はどこか神秘的に感じられた。オーベルニュという
  特異な風土が、そうした概念を生むのかもしれない。
                                        

    
                 
     サン・サテュルナン聖サテュルナン教会
       St-Saturnin/Église St-Saturnin

                     2 Puy-de-Dôme   

    
   今回の訪問は、83年に始めてオーベルニュを旅
  した時以来のものであった。教会やその前の小さな
  広場の雰囲気はそのままだったが、町は城を中心と
  してかなり綺麗に整備されていた。

   教会では部分的な修復工事が行われており、特に
  後陣にはテントが張られていて全貌を見ることが出
  来なかった。
   しかし、内陣には交差部に足場が組んである以外
  は、見学には全く支障は無かった。
   この教会の魅力は、構造的にほとんど改修されて
  いない落ち着いたロマネスク建築である、というこ
  とだろう。典型的なオーベルニュの様式を見ること
  が出来る。
   聖堂は三廊式十字形で、六本の円柱が半円形に並
  んだ祭室の周りに周歩廊が設けられている。放射状
  の小祭室は、ここでは見られない。
   翼廊の左右に小礼拝堂が付けられている。
   身廊のアーケードの上層はトリビューンになって
  おり、一つのベイに三連のアーケードが設けられて
  いるので、とても開放的な構成の美を感じることが
  出来る。

   地下の祭室クリプトへ降りてみると、太い円柱が
  密度濃く並んでおり、高さの低い天井の交差ヴォー
  ルトが初期の質実剛健な建築様式を伝えている。
      

        
       
     オルシヴァルノートルダム教会
       Orcival
/Basilique Notre-Dame

                        2 Puy-de-Dôme   

     
   古い町並みの残る、谷間の牧歌的な風景に溶け
  込むようにして、この教会が建っているのが見え
  た。
   巡礼路としては支道ではあったが、クレルモン
  からスイアックへと通じる重要なルート上に建っ
  ていたのである。

   深い緑を背景にした後陣からの眺めは、十字形
  の堂宇、中心の鐘塔、祭室の周歩廊と放射型小祭
  室、といったオーヴェルニュ特有の形式を見せて
  くれるが、何よりもその重厚で荘厳なたたずまい
  が感動的であった。

   聖母信仰の強いオーヴェルニュにふさわしい聖
  母子像が祭壇近くに祀られており、溢れるほどの
  蝋燭の光に輝いていた。
   聖母子の土俗的ではない高貴な風貌が、この教
  会の格式を物語っているようにも思えた。

   柱頭彫刻が豊富で、悪魔や奇怪な動物が大活躍
  できる場面を与えられている。
   聖書の具体的な場面ではなく、その精神が抽象
  化された主題ばかりでとても難解なのだが、図像
  としての面白さには文句なしに魅せられてしまっ
  た。
   

    
               
     シャンボン・シュル・ラック墓地円形礼拝堂
       Chambon-sur-Lac/Chapelle circulaire du Cimetière

                        2 Puy-de-Dôme   

       
   ドール山塊 (Monts Dore) の北
  東麓にシャンボン湖
があり、同名の
  町が西側湖畔にある。
   夏にはリゾートとして賑わうこの
  辺りも、紅葉の色づく季節には行き
  交う人の姿すら無かった。
   町の中央にこじんまりとした教会
  が在り、単身廊十字形の素朴なプラ
  ンと後陣の佇まい、そして扉口のま
  ぐさ石彫刻が好ましかった。
   しかし、塔も含め、やや後世の改
  修が顕著なのが残念だった。
   町外れの墓地に、写真の円形礼拝
  堂が在った。洗礼堂かと思ったが、
  独立した教会であるらしい。
   扉口と後陣部分に方形の出っ張り
  が取り付けられているが、堂内は完
  全な円形だった。窓の部分にアーケ
  ードが造られ、柱頭には聖人の群像
  らしき彫刻が彫られている。
   素朴で愛らしい建築だった。
   写真の左端に、町の教会聖エティ
  エンヌの塔が見える。   
      

       
     
     サン・ネクテール聖ネクテール教会
       St-Nectaire/Église St-Nectaire

                    2 Puy-de-Dôme   
    
   サン・サトゥルナンから峠を越え、麓へ下る途
  中で教会の全景が眺望出来た。やや霞んではいた
  が、三本の塔や複合した祭室の後姿は周囲の爽や
  かな風光と同化して、正に絵のようであった。
   サンチャゴへの巡礼路の枝道上に有る教会なの
  で、祭室は二重の歩廊で巡拝出来る設計になって
  いる。古びた石の色合いが、落ち着いた空間を創
  出していた。
   ここでは、祭室の内側に円弧状に連なっている
  六本の柱の上部に彫られている、彩色の施された
  柱頭彫刻を見なくてはいけない。
   彫刻の主題として、最後の晩餐、キリストの笞
  刑、ゴルゴダへの道行き、墓所の三人のマリアな
  ど、キリストの磔刑前後の物語が順番に展開して
  いく。聖ネクテールの逸話も、間に入っている。
   写真は、キリストの復活を疑って傷の痕跡を確
  認する「トマの不信」の場面である。
   節度有る彩色が決して邪魔にはならず、巧みな
  図像構成がむしろ親しみを感じさせてくれるよう
  だ。

   従前は内部が撮影禁止で、礼拝の場としてはむ
  しろ当然かと諦めていたが、近年撮影は自由にな
  った。啓蒙のための寛容な精神が大らかに働いた
  のか、或いは修復資金調達を目的とした観光の功
  徳であるのかは判然としない。
          

    
   
     イソワール聖オーストルモアヌ教会
       Issoire/Église St-Austremoine

                     2 Puy-de-Dôme   
    
   イソワールの町に有る旧修道院付属教会だが、
  外壁も内陣も全てがやや過剰に装飾された建築で
  ある。
   壁の幾何学模様は余り良い趣味とは思えないが、
  建築の構造そのものは、オーベルニュに共通した
  特徴である周歩廊付きの祭室を持っている。

   一歩教会の内部に足を入れて先ず驚くのは、側
  廊の有る身廊や祭室の柱や壁の全てが彩色されて
  いることである。
   色とりどりの様々な模様が修道院時代からのも
  のかどうか私には分からないが、ロマネスクの意
  匠とはやや異質に感じられた。
   だが、サン・ネクテール教会と同様に、祭壇を
  半円形に囲む柱頭群の彩色は落ち着いていて、彫
  刻の質を些かなりとも損ねてはいないようだ。
   写真の柱頭は最後の晩餐の図像であり、ぐるり
  と四面全てを使ってキリストと十二使徒を表現し
  た意匠は卓越している。
   キリストにもたれかかるヨハネが愛らしく、丹
  念に彫られた聖人達の像一つ一つが、かぐわしい
  ばかりの芳香を放っている様に感じられた。
   その他の柱頭にも傑作が多く、聖書物語が中心
  で、
抽象的にデフォルメされた図像には興味は尽
  きない。
       

     
    
     モーリアックノートルダム・デ・ミラクル教会
       Mauriac/Église Notre-Dame-des-Miracles

                             3 Cantal   

                  
   格別美しいサレール (Salers) の町を筆頭に、
  この地方は黒色玄武岩を使用した建築が大半の黒
  っぽい町ばかりだ。
   モーリアックも例外ではなく、町全体がこの聖
  母教会も包み込み真っ黒だった。
 
  八角の鐘塔が象徴的な聖堂建築は十字形で、内部
  の側廊付き身廊は円形アーチの美しさが印象的だ
  った。
   祭壇に祀られた聖母子像は、俗に言う黒マリア
  だった。全てが黒い町には最もふさわしい存在な
  のだが、初めから黒を意識して制作されたものな
  のかは判然としなかった。
   写真は正面入口の門で、上部半円形壁面のタン
  パン彫刻を見ることができる。
   中央に昇天するキリスト像があり、両側にこれ
  を祝福する二人の天使が飛んでいる。
   大天使ミカエルとガブリエルの像なのだが、体
  を弓なりに反らせたフォルムは、いかにも躍動的
  で美しい。
   この限定されたスペースの中に、天使を収める
  ための苦肉の策であったにせよ、常識にとらわれ
  ない自由な発想が感じられる。
   制約を超越してこそ真の自由が生まれるという、
  茶道の精神にも通じる面白さである。
   

    
         
     ブラジャック聖母教会
       Brageac/ Église Notre-Dame
    
                          3 Cantal   

     
   前述のモーリアックの町とはオーズ
  
(Auze) 川の谷を隔てて3Km程だが、
  橋が無いのでぐるっと17
Km遠回り
  をすることになる。
   建築は写真で見るようにとてもチャ
  ーミングであり、渓谷に向かって眺望
  の開けた絶好のロケーションに建って
  いる。ロマネスクらしい、小柄で落ち
  着いた静けさが感じられた。
   聖堂は三廊式バシリカで、翼廊と交
  差部は有るが、側廊と小礼拝堂がその
  まま繋がっていて、全体のプランは十
  字形ではない。
   身廊の柱は左右に各三本づつ、交差
  部のドームも含め四つのベイを構成し
  ている。柱は黒っぽい石と白い石のツ
  ートーンの縞模様で、聖堂の雰囲気を
  躍動的なものにしている。
   柱頭部分には勿論だが、柱の台座部
  分にも彫刻が施されている。デッサン
  のしっかりした、陰影の濃い彫刻ばか
  りである。
              

   
    
     イド・ブール聖ジョルジュ教会
       Ydes-Bourg / Église St-Georges
    
                         3 Cantal   

     
   イド・ブールはモーリアックの町の北東15キロ
  に有る、観光的には全く無名の寒村である。

   私は或る年の夏にここを訪ねたのだったが、余り
  期待もしていなかったので、入口の側壁を飾るこの
  受胎告知の彫刻に出くわした時には、感動するとい
  うよりもむしろびっくりしてしまっていた。

   正面左の壁を三本の柱で区切っているが、見せか
  けアーチの装飾である。それぞれの柱の間に、マリ
  アと大天使ガブリエルが浮き彫りされているのだが、
  まるで単体の彫刻のようであり、壁と一体であるこ
  とが不思議なくらいである。
   この彫刻部分は、説明書によると12世紀末の作
  とあるが、ゴシックへの過渡期とも思えるほどの写
  実味と、ロマネスクならではのデフォルメとが並存
  している。
   特に、マリアと大天使ガブリエルの顔の素朴な表
  情には、痺れるほどの深い感銘を覚えたのだった。

   対面する壁には、穴の中のライオンとダニエルの
  像が彫られているが、これも味わい深い作品であり、
  半円アーチのバジリカ式内陣と共に見逃せない。
       

    
         
     ブレスル聖ピエール教会
       Blesle
/Église St-Pierre

                         4 Haute-Loire   

    
   次掲のブリウードの真西20キ
  ロの山の中にある、美しい家並み
  の残るやや大きな町である。
   教会は役場の奥、入り組んだ町
  並の真ん中に隠れるようにして建
  っていた。
   聖堂は十字形建築だが、単身廊
  部分は創建時のものではなく、袖
  廊や祭室部分も11世紀から12
  世紀の間だけでもかなりの増改築
  が成され、現在見る聖堂はこの上
  なく不規則でユニークなプランと
  しか言いようが無い。
   写真は南側の民家の庭から、聖
  堂の南側面を眺めたものである。
  二つの半円形祭室は南袖廊に取り
  付けられたもので、手前の方は特
  に不規則なものである。12世紀
  初頭の建築で、現存する建築の中
  では最も古い」部分である。
   窓の周囲に飾られた円柱の柱頭
  に、幾つもの秀逸な彫刻を見るこ
  とが出来た。
         

    
    
     ブリウード聖ジュリアン教会
       Brioude
/Église St-Julien

                         4 Haute-Loire   

    
   八角の鐘塔と赤色の石を用いた外観が壮麗な、
  ロマネスクとしては規模の大きい立派な教会だっ
  た。
   イスラム様式のように色違いの石を交互に用い
  た柱が目に付いたが、どうやら聖堂上部はゴシッ
  ク的な様式で改造されているように見えた。
   写真は、ナルテックス(玄関間)の階上から身
  廊を眺めたもので、その華麗な建築を容易にご想
  像いただけるものと思う。

   特筆するべきものは、柱上部の柱頭彫刻である。
  かなり高い位置にあるため、望遠鏡がなければ彫
  刻を詳細に見る事は不可能であり、私は望遠レン
  ズで撮影した。
   ここの柱頭彫刻もオルシヴァルと同じ様に、聖
  書の物語にその主題を求めてはおらず、大半が一
  体何を描こうとしたのか分からないような抽象的
  な図像ばかりだった。
   人魚の尾の先が次第に植物の枝に変わってしま
  っているものや、悪魔や怪獣に足の先から食べら
  れてしまっている人物など、怪奇で幻想的なテー
  マの中で様々な動物や植物や人物が無数に乱舞す
  る、狂気とも思える理解を超えた感覚に満ち溢れ
  ていた。
   中世の精神の奥に潜む、深層心理の抽象的表現
  なのだろうか。
   

    
    
     ラヴォーディユ旧聖アンドレ・ド・コム小修道院
       Lavaudieu /Ancienne Prieuré St-André de Comps

                          4 Haute-Loire    

                          
   ブリウドの南東10Kmのところに
  有る鄙びた村で、その中心広場に面し
  てこの素朴な教会が建っている。石畳
  の広場を、牛舎へ帰る牛の行列が糞を
  落としながら通過して行った光景が、
  妙に親しみ易く印象的だった。
   身廊と祭室との境目のアーチ壁に描
  かれたフレスコ画が見逃せない。キリ
  ストの磔刑と、聖アンドレの殉教がテ
  ーマのようだ。14世紀初頭の制作ら
  しい。
   写真の回廊はその上部が農家の納屋
  のような粗末な建築だが、柱頭彫刻の
  あるアーチ列柱は鄙びた中にストイッ
  クな雰囲気の有る美しい空間だった。
   ここでも奇怪な動物や、淫乱や守銭
  奴といった悪徳を主題とした妙な彫刻
  が多い。この頃になると、どれだけ妙
  かを楽しむ余裕が出てきていた。
   隣接する食堂に、13世紀のロマネ
  スク壁画が残存している。荘厳のキリ
  スト像で、天使の像なども興味深かっ
  た。
   

    
         
     ペイルス礼拝堂
       Peyrusse
/Chapelle

                          4 Haute-Loire    

     
   この礼拝堂に関する資料が全く無いために、フ
  レスコ画があるという情報だけを頼りに行って見
  た。ブリウードからアリエ川に沿って地方道を約
  27Km車を進め、そこから更に山道を2Km登って
  行くとこの小さな集落に着く。
   崖の上の礼拝堂は鍵がかかっていて中へ入る事
  が出来なかったのだが、途方に暮れた私たちを救
  ってくれたのは、丁度通りかかった村人だった。
  彼が鍵を管理する牧場の親爺を教えてくれ、親爺
  はパスポートを預かる代わりに鍵を手渡してくれ
  たのだった。
   
   写真はお堂の内部で、長椅子が数列並んだだけ
  の小さな村の礼拝堂なのである。
   フレスコ画は祭室の壁や天井一面に描かれてお
  り、ようやく中へ入ることが出来た喜びが大きか
  ったこともあって、涙を流さんばかりにすっかり
  感激をしてしまったのだった。
   だんだんと落ち着いてくると、フレスコ画の修
  復がかなり激しく、色の劣化も進んでいることに
  気がついた。
   しかし、ロマネスク絵画の持つ大らかな抽象は
  随所に残っていて、それだけでも十分満足をする
  ことが出来た。
   四福音書家のシンボルに囲まれた玉座のキリス
  トや、聖母昇天など魅力的なモチーフばかりであ
  った。
         

    
         
     シャントュージュ聖マルスラン教会
       Chanteuges
/Église St-Marcellin

                          4 Haute-Loire    

     
   10世紀に創建された修道院の中に、
  12世紀になってから建てられた教会
  である。アリエ川に沿った断崖の上に
  建つ要塞のような建物なのだが、近付
  いて見るとそれほど荒々しいものでは
  ないことが判る。
   修道院の礎石などが残る遺跡に建つ
  聖堂は、三廊式バシリカで六本の柱が
  四つのベイを構成している。まるでビ
  ザンチンの聖堂に居るような錯覚を感
  じていた。
   身廊の天井は交叉オジーブだが、側
  廊部分は交叉ヴォールトだった。創建
  当初のままという建築など、そう在る
  ものではないのだろう。
   最も注目したのが柱頭彫刻である。
  彫りの美しい、象徴的な彫刻ばかりで
  あった。写真はその中でも白眉と言え
  る作品で、羊を担ぐ男が二人彫られて
  いる。他に、植物と絡み合う人間像や、
  説話の世界を描いたものなどが目に付
  いた。
                    

     
    
     ル・ピュイノートルダム大聖堂
       Le Puy-en-Velay /Cathédrale Notre-Dame 

                          4 Haute-Loire    

     
   ル・ピュイの町を遠望した人は、その不思議な景
  観に胸打たれるに違いない。小高い岩山の頂上に建
  つ大きな聖母子の像、小さな岩山と一体になった聖
  ミッシェルの礼拝堂、そして大聖堂の塔とドームが
  林立する様は、モン・サン・ミッシェルの奇景に匹
  敵するかもしれない。

   聖ミッシェルの礼拝堂も興味深いが、ここでは先
  ず大聖堂に詣でてみることにした。石畳の急坂を登
  ると次第に見えてくる、アラブ風のファサードがと
  ても華麗な印象を与えてくれた。
   写真は内部の翼廊とドーム部分で、円形アーチや
  交差穹窿を駆使した複雑な構造ながら、軽快な統一
  感に満ちていて大層美しかった。
   重厚な図像の柱頭彫刻やフレスコ壁画が所狭しと
  施されており、サンチャゴ巡礼の出発点である巡礼
  教会の一つとしての風格と荘厳さが漂っていた。
   ここにも黒いマリア像が保存されている。直接ロ
  マネスクとの関連は無いが、なぜか心に残るのが不
  思議であり、調べて見る必要がありそうだ。

   少し離れて回廊がある。イスラム的な要素が感じ
  られる素晴らしい空間で、聖地としての多様な魅力
  が秘められているようだ。
   

     
         
     ル・ピュイ聖ミッシェル・デギュイーユ礼拝堂
       Le Puy-en-Velay /Chapelle St-Michel-d'Aiguilhe 

                          4 Haute-Loire    

     
   奇岩のてっぺんに建てられた教会堂として有名
  なこの場所は、83年のオーベルニュ旅行以来二
  度目の訪問だった。前回は夏の盛りで、大勢の観
  光客がいたために内部の写真を撮ることが出来な
  かった。しかし今回は、幸運と言うべきか激しく
  雨の降る寒い日だったため、私達夫婦の他には長
  い石段を登る訪問者はいなかった。

   高さ85mの溶岩の上に、10世紀に創建され
  た奇跡の聖堂だ。現在祭室になっている方形部分
  が最も古く、写真のアーケードのある周歩廊のよ
  うな側廊部分は12世紀に建てられたという。
   岩山のスペースに合わせて、楕円形のような不
  規則なプランである。
   天井部分を中心にして、フレスコ画がびっしり
  と描かれている。写真の左上に白馬に乗った人物
  像が残っているが、どんな場面かは判らなかった。
   祭室の天井に描かれた栄光のキリスト像は荘厳
  で、四福音書家のシンボルと多くの天使達に囲ま
  れ、左手を掲げて立つ姿は“幽玄な威光”といっ
  た印象だった。
   四方の壁面を埋めるフレスコに描かれた聖人や
  使徒達の様々な姿が、薄明かりの中でそれは丸で
  天上へ昇って行く陽炎のような揺らめきに見えて
  いた。私達自身が浄化されていくような、不思議
  な至福を味わっていたのである。
                      

    
         
     シャマリエール・シュル・ロワール聖ジル教会
       Chamalières-sur-Loire
/Église St-Gilles

                          4 Haute-Loire    

     
   ル・ピュイの町の東を流れる大き
  な川が、あのロワール川なのだと知
  って驚いたことがある。そもそも県
  の名前がオート・ロワール、つまり
  “ロワール上流”と言うのだ。
   ロワールの渓谷に沿って約30Km
  下った所に、このチャーミングな集
  落が在り、川面に教会の塔が美しく
  映えていた。
   聖堂は写真で見る通りバシリカ形
  式で、身廊は三廊式。ほんの少しだ
  け翼廊部分が突き出ているが、ほと
  んど方形に近い。
   レンガ積みのシックな建築で、こ
  の地方の風土にとてもマッチしてい
  るように感じられた。
   後陣は半円形で、放射状小祭室が
  四つ飛び出しているのだが、周歩廊
  はあるものの、祭壇部分に通常見ら
  れるアーケードらしきものは無い。
   実はこれはアーケードが失われた
  わけではなく、最初から無いドーム
  状の祭室であったらしく、近くのサ
  ン・ポーリアンの聖ジョルジュ教会
  にも見られる様式なのである。   
              

    
         
     ロジエール・コート・ドーレック旧小修道院教会
       Rozier-Côtes-d'Aurec
/Église Ancien Prieuré

                          5 Loire    

     
   ロワールの谷をさらに北へと下って行く内に、
  いつの間にか周囲は川面から立ち込める霧の真っ
  只中に入ってしまった。この村は完全に霧の中で、
  教会の鐘塔も真下に寄ってようやく微かに見える
  ほどだった。

   11世紀に創建された、見事なほど愛らしい規
  模の聖堂だった。東西20m、南北10m足らず
  の、村の礼拝堂といった存在だった。現存の建築
  は12世紀のものらしい。
   単身廊バシリカで、中央祭室のほかに小さな翼
  廊の小祭室が設けられている。
   聖堂の規模に比して、交差部の鐘塔は意外と立
  派に見えた。

   最も印象に残ったのが、写真のタンパン彫刻だ
  った。西正面の扉口はまったくの質素な門だが、
  素地のまぐさ石の上にタンパンのような格好では
  め込まれているレリーフと言う方が正しいかもし
  れない。
   何とも素朴な風貌の聖母子と、礼拝する東方三
  博士の像である。久しぶりにロマネスクらしい、
  巧まざる抽象図像を観た思いだった。
   写真上部の像は、祝福を与える
St-Blaise
  レーズという聖人とのことであった。
                   

     
         
     サン・ロマン・ル・ピュイ旧小修道院
       St-Romain-Le-Puy
/Ancien Prieuré

                          5 Loire   

     
   葡萄畑に囲まれた城跡の残る岩山
  の上の聖堂は、この時期は閉鎖され
  ているとの事だった。町役場でそこ
  を何とかとダメ元で交渉すると、親
  切な係の女性が教会の管理者に連絡
  し、何と見学許可を貰えたのだった。
   教会では貴族然とした紳士が待っ
  ていてくれ、鍵を開けてくれた。単
  なる管理人とは思えず、この城山全
  体のオーナーだったのかもしれない。
   単身廊十字形が基本で、翼廊の祭
  室も含め三つの半円形祭室が並んで
  いる。10世紀から11世紀の建築
  で、内部は美術品販売のギャラリー
  にも使用されているようだった。
   交差部や祭室の上品な円柱や、そ
  の柱頭に描かれた深い彫りの図像は、
  高い水準の知性が構築した聖堂であ
  ることを物語っている。
   地下のクリプトや後陣外壁のレリ
  ーフなど、見るべき物で埋め尽くさ
  れていた。
   美術品を売るための言葉を一言も
  言わなかった紳士に、敬意を表した
  礼を述べ、私たちは山を下った。
                

     
         
     シャンデュー聖セバスティアン教会
       Champdieu
/Église St-Sébastien

                          5 Loire   

     
   私達がロマネスクを旅していると言うと、サン
  ・ロマンの紳士は「近くに素晴らしいクリプトが
  在る」とこの教会を教えてくれた。
   そこはサン・ロマンの北
15Km、モンブリゾ
  ン
Monbrison の町を抜けて直ぐの小さな町だ
    った。
   聖堂は小修道院
(Prieuré) に付属しているら
  しいのだが、門と交差部に二つの鐘塔の立つ、ま
  るで要塞のように堅固なイメージの教会だった。
   しかし、内部に入ると全くの別世界で、角柱と
  円柱を組み合わせたアーケードながら、三廊式十
  字形の簡素で明快な聖堂だったのである。
   円柱部分の柱頭に、ロマネスクらしい図像が彫
  り込まれていて楽しかった。足を広げた頭でっか
  ちの人間、草の蔓に絡まった人物、下半身が人魚
  のようになった女性、植物の若芽の間から生えた
  人間の首などなど、まるで見世物小屋のような面
  白さだ。

   目的の地下祭室は、一転して荘厳で厳粛な雰囲
  気に溢れていた。六本の円柱と交差穹窿、それを
  繋ぐ柱頭が、創建当初の神聖な空気を今日まで伝
  えているのだ。
   ここではクリプトこそが、その教会の精神のオ
  リジナルを象徴している場所なのだ、と言ってい
  るように感じられた。
           

    
         
   ポミエール・アン・フォレ聖ピエール聖ポール教会
    Pommiers-en-Forez
/Église St-Pierre-et-St-Paul

                         5 Loire   

     
   ロワールに沿ってさらに下り、このあたりま
  で来るともうロアンヌ
(Roanne) の町も近く、
  緯度はクレルモン・フェランとほぼ同じ位置ま
  で北上していたのだった。

   修道院を中心にした集落で、城壁のような石
  垣に囲まれている。城門のような入口から中へ
  入ると、時間が止まったまま動いていないよう
  な、しかし妙に生活感のある空間だった。

   写真は門から眺めた教会の後陣と鐘塔で、聖
  堂内部は角柱の並ぶ三廊式の質実なアーケード
  が印象的だった。従来は十字形だったのだろう
  が、写真の塔の左側、つまり南側の翼廊は側廊
  の壁と一直線で、外側へ突き出していない。
   建築全体は11世紀のもので、西正面の入口
  から、身廊の柱一本分のスパンまでが15世紀
  に修復されたらしい。
   身廊の天上は横断アーチも無い蒲鉾形の半円
  筒ヴォールトで、在りそうでなかなかお目にか
  かれない逸品だ。
   側廊の天上は交差ヴォールトで、これも古式
  の良い雰囲気である。
   角柱には柱頭が無いのでロマネスク彫刻好き
  には少し寂しいのだが、それがかえって修道院
  の教会に相応しい簡潔で清々しいイメージを抱
  かせてくれたのだった。
            

       
    
     シャルリュー旧聖フォルトゥーナ修道院
       Charlieu/Ancien Prieuré St-Fortunat

                      5 Loire   

                      
   ロマネスク愛好家でこのシャルリュ
  ーを知らない人はいないであろう、と
  思える程重要な場所なので、今更とい
  う観は間逃れないだろう。理由は簡単
  で、最初の訪問時には撮影に失敗し、
  良い写真が無かったのであった。
   今回も褒められたものではないが、
  何とか御容赦願いたい。
   ここも様式的にはブリオネーなのだ
  が、ロワール県の北端に位置してブリ
  オネーに接している。
   ベネディクト会修道院の跡で、ここ
  には重要なタンパン彫刻がいくつかあ
  る。写真はその内の一つで、北表門の
  タンパンである。
   玉座のキリストを二人の天使と四福
  音書家のシンボルが囲む図は、明らか
  に「黙示録のキリスト」である。二十
  四人の長老に代わって、十二使徒が下
  段に彫られているのは、アルルなどに
  共通している。
   彫刻の技術は卓越していて目を見張
  らされるが、上部の神の羊像の表現が
  忘れられないでいる。
   
            


 このページTOPへ 次のページ (Ill-de-France) 前のページ (Berry)  

    
ロマネスクTOPへ  日本庭園TOPへ 石造美術TOPへ

     古代巨石文明TOPへ  総合TOPへ   掲示板へ